最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 三位一体(英文ウィキペディア参考) | トップページ | 一年後の技能検定基礎2級 »

2010年9月26日 (日)

意外と面白いトマス・アクィナス

「Body&Soul」
スタンフォード百科事典は非常に長く、興味のある部分だけ読んでみた。たまたま、アイドルグループSPEEDに同タイトルの曲があったからだが。トマス・アクィナスは、霊魂と肉体の関係を考察するに当たって、二元説に立つとされたが、トマスは興味深い描写をしている。たとえば、「腕」を人間から切り離したら、腕は存在するものの人体として機能しないだろうということから、人間の霊魂も、これと同じように考えるというアプローチをとる。さらに、人間の理性を動物と比較する。合理性という意味では、神も天使も決して合理的な存在ではない。しかし、理性という意味では人間は動物とは一線を画し、神や天使に近いとする。トマスは「食事」「出産」の側面では人間と動物は同じではないかという問題意識があったようだ。トマスは霊魂と肉体の議論では、二元論に立ちながら物理主義者だったとされているようだ。英語文献は、決して衒学的ではなく、非常に読みやすい。それにしても、トマスは少年の頃「主要7科目」の教育を受けたとされるが、その中に「音楽」があるのだ。チャイコフスキーを聴きながら奇妙な気分になってしまったな。一体どんな教育を行っていたのだろうか。
「知覚と思考」
まだ最初しか読んでいないので、あとでちゃんとまとめておこうと思うが、トマス・アクイナスは、見る・聞く・触るなどの知覚に関しては独特の考えを持っていた。見るというのは、見ていない状態に比べると「色を認識している」とする。触るというのは、例えば手で物を触ると「体温の移動がある」とするのだ。実に独特の考えで、現在の通説とは思えないが、たとえば、靴の裏にガムがついても我々は気がつくが、あれは体温の移動はないだろう。非常に興味深い人物だ。知覚に関しては、人体の器官によって行うということをトマスは上記のたとえで表現したが、物質的でないものをどのように知覚するかということを、アリストテレスを引用して「考える」という知覚の方法をとるとした。しかし、これでは、キリストが死んで、再び肉体を得たことを説明できない。ギリシャ哲学とキリスト教の接合はまさにこの部分に存在する。人間の「魂」(Soul)という概念を生み出しているのだ。これが「Body&Soul」の議論の基盤になっている。
「キリスト教と哲学」
トマスが哲学者であり理論家であるという部分には疑いはないが、キリスト教信仰は、ときに、考えることをやめてしまう。信仰には考える余地はない部分がある。しかし、トマスは哲学者であった。彼に信仰への忠実さがあったのは事実だが、トマスは「批判に耐えうる」哲学を構築しようとしたのだ。それは、それまでの議論の蓄積を踏まえていなければならず、彼にとってそれはアリストテレス哲学だった。物質主義的に物事をとらえ、ギリシャ哲学の「考える」ということばの意味を探求しながらも、彼は、人間が不朽の存在であるというキリスト教の教義を踏まえていた。それが彼の哲学の基盤だったのだ。
「トマスとアリストテレスの関係」
トマスの業績を哲学と理論学に分類した場合、哲学の分野ではアリストテレスの影響がきわめて強い。しかし、彼は新プラトン学派にも造詣が深く、哲学の蓄積を踏まえていた。そうでなければ、彼が「哲学者」として歴史の一ページに刻まれることはなかった。しかし、トマスはアリストテレスに直接影響を受けていたのだ。
「哲学の探求の意味」
トマスにとって、哲学は「科学を覆う傘」であった。数学にせよ、理論物理学にせよ心の働き=考えるという作業が基盤になければならないとした。しかし、トマスは理論物理学にも「経験」を要求していたのだ。実践がなければ科学は意味を成さない。一方で、トマスは形而上学を、神聖なるもの、の発見をするうえで、哲学のゴール地点ですらあるとする。
「物理的存在について」
この、トマスの物理学に関しては、時代の制約もあり、かなり陳腐化しているのは否めない。しかし、アリストテレス哲学にもとづいて物理的存在の定義を行っている。物体がどのような過程を経てどのように変化するかは、我々の認識にかかっているとする。物があることが知覚でき、その「物」が我々の知っている法則によって支配されていることを物理学と呼んだようだ。物が混乱の中から分類可能になるのは、まるで赤ん坊がすべての男性を父親だと思い、すべての女性を母親だと思うことから、やがて特定の男女を、父親・母親と見分けがつくようになるようなもので、人間は物体をそのように認識しているのだろう、とする。この記述は、トマスもアリストテレスの解釈で非常に悩んだそうだ。時代の制約というものだろう。
「神」
トマスは「神は存在する」ということばを問題にする。神が存在するかは「分かるわけがない」。しかし、この「神は存在する」という言葉自体が神の存在を前提にしているではないかとする。神の存在がどのように証明されるかは「5つの方法」をトマスは発表しているらしいが、結局は、キリスト教であれ、ユダヤ教であれ、イスラム教であれ、各自の「信心深さ」に求める以外にないとするのだ。世の中にはいろんな経験が満ち溢れている。その中で各自が見出せばいいだけのことだとする。
非常に頭のいい人ですね。
「トマス道徳哲学」
人間は、どんな職業についていようが、その役割をしっかりと果たそうとする。その職業においては、彼の健康状態がいいか悪いかなどは問題にならない。役割を立派に果たすことが「良きもの」とされる。人間は良き人間になろうと思うし、幸せになろうと願う。しかし、忘れてはならないのは、現世での幸福は不完全であるということだ。人間は理性と美徳にしたがって生きることにより、現世では不完全な「幸福」が、来世では完全な幸福になる。しかし、どんな人間も完璧に理性と美徳にしたがって生きることは出来ないのだ。それは人間が天使に劣る部分でもある。誰だって間違いは犯すものだ。聖人君子のように生きれば来世に完全な幸福が得られるとまでは要求しない。もっと緩やかに「理性と美徳」を念頭においておけば、来世には完全な幸福が得られるようになっているのだ。
これが「トマス道徳哲学」の概要だ。
参考:トマス・アクィナス(スタンフォード哲学百科事典)

« 三位一体(英文ウィキペディア参考) | トップページ | 一年後の技能検定基礎2級 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外と面白いトマス・アクィナス:

» 太っ腹にいきたい(*´鐔�`*) [いろんな子GOGO!!のブログ]
藤丸です。飛び石連休ってキライです。何か疲れる・・・。寒いし・・・。暑いのも嫌ですが・・・。あらっ?もうこんな時間!明日お休みだからいいけど・・・。それでは太っ腹なお話を。世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「Facebook(フェイスブック)...... [続きを読む]

« 三位一体(英文ウィキペディア参考) | トップページ | 一年後の技能検定基礎2級 »