最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 血液型鑑定~混ぜると固まる血は輸血できない | トップページ | 「悪い奴はたくさんいるじゃないか」~マルサの女 »

2010年6月 9日 (水)

「公園デビュー」と「ダーリンは外国人」

小樽温泉訴訟という事件がある。小樽市の温泉が、ロシア人のマナーの悪さに嫌気がさして「ジャパニーズ・オンリー」という看板を掲げて、外国人を入浴から排除したのだ。もっとも、日本国籍を持った外国出身者も排除されていたので、外見で判断していたようだ。この事実をマスコミにアピールするために、施設を訪問し、実態をマスコミに公表し、訴訟になったのがこの事件だ。日本国籍を持った外国人である有道出人による「ジャパニーズ・オンリー」という著作をベースに、「ダーリンは外国人」という漫画にもなった。結局、「公衆浴場」の「公衆」という意義が問題となり、100万円の慰謝料が認められた。公衆の場といえば「公園」もそうだろう。この「公園」から人を排除する行為が「ママさん」グループでも行われているだろうが、この小樽温泉訴訟から明らかになったのが、「公共空間」においては「人は合理的な理由からのみによって」排除が可能だということだ。たとえ私人間によるものでも、この合理的理由のない排除が「公衆」にむけて「公開」の形で行われたら慰謝料請求が可能となるのだ。「ママさん」たちも「公園」という場所の意味を今一度問い直さなければならない判例だった。
なお、最高裁判例は未公表である。有道氏のホームページ本件訴訟に関するホームページ
参考:法学教室2010年6月号「不法行為判例に学ぶ~社会と法の接点」大村敦志

« 血液型鑑定~混ぜると固まる血は輸血できない | トップページ | 「悪い奴はたくさんいるじゃないか」~マルサの女 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「公園デビュー」と「ダーリンは外国人」:

« 血液型鑑定~混ぜると固まる血は輸血できない | トップページ | 「悪い奴はたくさんいるじゃないか」~マルサの女 »