最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

2020年7月13日 (月)

法律学と宗教。

日本弁護士連合会のサイトの中に、
「反社会的な宗教的活動にかかわる消費者被害等の救済の指針」 という日弁連が出したPDFファイルがある。
(1999年3月26日)


思ったことを書こうと思います。
まず、アメリカ合衆国の相続法がどのようなものかは、存じませんが、基本的に「年寄りは。死ぬ前に女性の愛情に飢えて散財してしまい、財産を残そうとは考えていない」というのが英米法の考え方です。
そのような意味では、「やしきたかじん氏に遺産などなかった」というのが私の考えです。
日本国においても、案外納得のいくものです。
遺産目当てで「死なねえかな」という発想は、宗教を「男らしさを語り合う」ものとする以上、決して褒められたものではありません。
また、一方で、「他人の家庭の財産を吸収し、自分達のものとする」というヤマギシズム(無所有共用一体社会なるもの)に類似した考え方を、日本の在日が持っていることは、それは「迷惑だ」と私は思います。
他人の土地を盗むことを「カニバリズム」と呼び、日本語では「人食い」と訳されています。
いろんな論点が日本国の宗教史・法律学の歴史にはあります。
やしきたかじん やっぱ好きやねん


子供たちは「楽しんで過ごしたい」という時期を通りすぎると「ルールを守らなければ異性に好かれない」ことを知り、やがて「権威に頼りたい」と思うようになります。
偏差値というものはアリストテレスが考えた「完璧なゲーム」であり、権威ですが、それよりも「ルールを守らない・宗教に頼りたい」という子供たちがいるとするのならば、「宗教を信じる子供たちの方が反則」という側面があります。
子供たちには、異性にモテるための「ルール」「権威」があります。
それらの出来事も大人になったら「そのような夢を見た」としか覚えていません。
十代が「アレグロ」ならば二十代は「アンダンテ」です。
それ以降は、アレグロ・アンダンテの繰り返しにすぎません。
そこで反則をする子供たちに対して、文部科学省は「国親思想」(パレンスパトリエ)というものを持っているのです。
偏差値BOY


私も、十代の若者は当然、読者として持っていますが、偏差値というアリストテレスが考えたゲームを否定するつもりはありません。
自衛官合祀拒否訴訟についてですが、メソジスト系の大学(男女同数入学させる大学)が存在し、その方が「キャンパスライフが楽しい」ということからそのようなことを行います。
日本国の経済はいまだに世界経済を支える力を持っており、原油安はメソジスト系の大学(青山学院大学・関西学院大学)の力によるものが大きいのです。
つまり、成績が悪くても有名私立大学に入れた、という恩義を自衛官の妻はキリスト教に対して持っていたわけです。
しかし、山口県隊友会は、神道の護国神社(天皇を敬え・政府にしたがえという宗教)に祀ったという通知を妻にたいして行ったわけです。
宗教の「教義にわたる判断」は、板まんだら事件において否定されましたが、現在は、それでは教団が分裂してしまうという指摘があり、教団のコンセンサスを探っていこうという考え方もあります。
しかし、司法というものは「世論のおおむねの支持」のもとに成立しており、世論の支持を、教団が求めるのは困難ということから、司法判断には馴染まないと考えられます。
今日を越えて


監禁などを用いる事例があるため「インフォームドコンセントが必要」とのことですが、今の日本国憲法において「お前、この椅子に座れ」ということが認められているのは「団体交渉権」においてのみです。
労働組合が、使用者に言えることなのです。
ところが宗教家に「説得力への確信」があった場合はどうなるでしょうか?
説得力への確信のことを「インフォームドコンセント」と言うのであり、決して「説明にもとづく同意」などと訳してはなりません。
医者に求められているのも「説得力への確信」だけであり、その方が有効に人の命が救えます。
女性はまだ「私の体を人類の進歩に用いてください、お医者様」という気持ちがありますが、男性である医者が、男性である患者から「おカネをとる」ということは、女を奪うような行為であり、求められているのは「説得力への確信」だけではないでしょうか。
たとえば、私は、体の凝りがひどく、それでも整形外科医は、レントゲンをとって「これでも腰が痛いなら来てください」と言っていましたか、知り合いの女性看護師に体を触ってもらったら「こんな酷い体の凝りは見たことがない」と言うのです。
足つぼマッサージをやって「最高でーす」と言ってはいけないでしょうか?
インフォームドコンセントとは、説明にもとづく同意と訳すのではなく「説得力への確信」のことを言うのです。
日弁連は、この事の認識があまいことだけは自覚しなければなりません。
平成の、重要判例を3つ挙げろと言われたら、
沖縄、ブラック企業、マイノリティ宗教の3つを挙げたいと思います。
沖縄とは、大江健三郎の、「沖縄ノート」をめぐる争いです。
沖縄は、今でも「セブンが食料を確保してくれた」などと公表していますが、昔は、アメリカとの地上戦のためには、島民に食べさせる食料よりも軍が優先とし、島民を自決させたと大江健三郎が記したのです。
このことに守備隊長二名が「名誉毀損である」と訴えを起こしました。
ブラック企業とは、「電通」のことであり、残業つづきで「僕はダメな人間だ」と言って自殺してしまった社員の遺族が起こした訴訟です。
マイノリティ宗教とは、エホバの証人輸血拒否訴訟です。 
エホバの証人は、公では「血を避けることです」という聖書の一句を引用しましたが、裁判では「他人の命を借りてまでいきようとは思わない」と言っています。
つまり、人間は猿から進化したものではない、他人の血を輸血されたら「恋もできなくなる」という信念があったものと思われます。
実際は「輸血とは危険なものである」ということは医学の世界では知られていますが、医学は「恋の心配」などしてくれません。
モーニング娘。


なお、マイケル・ジャクソンも、この論点をよく理解しており、スリラーがヒットしたあとにも変装して、戸別訪問をしていたそうです。
「汚い言葉を使わなかった」などとマイケルは語られていますが、基本的には「恋への崇拝」でしょうね。
極めて裾野の広い世界なのです。
シャワールームに電話 酒井法子


 

2020年7月 8日 (水)

三国志。

三国志とは、「子供を天皇にしたら何が起きるか?」という物語である。
令和法皇は、劉備玄徳であったし、メディアは孫権であったし、安倍晋三は曹操であった。
曹操が、子供(太祖)を擁し、三国志のテーマは「愛国心」となった。
太祖は、呂布に殺されているが、呂布は、父親を長安で殺されたことから愛国心に目覚めたとされる。
太祖の命を狙う呂布など山ほどいるが、劉備玄徳の「蔵書」は必要であったし、孫権も影響力があった。
隋の煬帝が出てくるまで今の「三国志」を続けた方が落ち着きがいいし、私も、中国の古典を紐解くことができる。
曹操の、軍の展開は「速くて広い」とも言われた。
曹操は、太祖を養子にしたが、太祖の放蕩ぶりは「それでも王の器か?」と批判された。
太祖は「世界を平和にしてくれ」などと無責任なことを語っていた。
黄巾の乱が常に曹操を悩ませた。
太祖には董卓のような安易な政治家が近づいてきた。
娘を嫁に、これが董卓の考えであった。
董卓は、袁紹などの暗躍を許した。
数々の内戦があったため、孫権(メディア)を掌握するのは「夢のまた夢」のように思われた。
袁紹は、劉備を攻め落とさなければ活路が開かれないと煽られたが、劉備は、いい年したおじさんの割には「白馬に乗っている」とされ、女子たちに人気だったため、袁紹も、「口ほどにもない」有り様だった。
ひたすら「孫権に構ってもらいたい」だけの争いが続いた。
孫権は「劉備しか見ていなかった」し、曹操は劉備憎しという行動をとっていた。
この「天下の大乱」が、治まるときが来るとはにわかには信じられなかった。
大理には、賢い子供がいて、太祖をはるかにしのぐ叡知を養っていた。
いずれ劉備の娘の婿に行ったなるわけであるが、孫権は太祖よりも大理の子供たちの方をクローズアップしていた。
秋篠宮(明帝)は、征蝦大将軍にはなれたが、それでも孫権は関心を持たなかった。
メディアの寵児である劉備玄徳みたいになりたいと考えていたものたちの体たらくを描いたのが三国志だった。
神社の一宮会のような斎王もいたが、孫権は「政治力がない」とし、話題にも上らなかった。
人物伝がひたすら列挙されているのが三国志であるが、それにしても「メディアの遠さ」だけが分かった。
それにしても、日本という国を治めるためには、くだらない人間を「中国人」として描けばいいのかね。
ぺピン ブランキージェットシティ


 


 


気長に書いていきます。


 

2020年7月 4日 (土)

法王庁とユダヤ教。

天皇引退声明

令和天皇は、今後、「令和法皇」となるわけであるが、バッキンガム宮殿のコンウェイ嬢を参考にしている(17世紀)。
まず、「予言」を行うこと、そして「男」について語り合うこと。
天皇家の「世襲」を行う上でも、本来、法王庁は必要とされていた。
アマテラスについて語る王子はあまりにも国を暑くする。
それは、宮内庁の専権であるが、法王庁が「神・男の完全性」を語り合わなければ天皇制そのものが国にとって有害となる。
「男」について語り合う、法王庁の女たちには、多くの男たちからの献金が絶えなかった。
バチカンのシスターたちはそれで豊かな宗教を構築していった。
大正天皇の妃の貞明皇后は「裕仁には信心が足りない」などと言って、自ら法王庁としての役割を果たしていた。
法王庁のシスターたちの考えと、令和法皇の「見方」の違いはアキレスと亀と呼ばれるものであり、「女は男を永遠に追い越せない」ことを示していた。
それで法皇は、男が務めるものとなっていた。
日曜はダメよ 三浦理恵子

今は、令和法皇の息子に関する「予言」や、プロ野球の予言なとに限定される法王庁であるが、その予言能力、男を見る目は、今後相当程度、養われていくものと思われる。
女の唇に魅力を感じるのは幸せな男であり、女の胸に魅力を感じるのは不幸な男であった。
「その境遇で唇を見ていたのか?」
など、男を判断する材料は実に多岐にわたる。
リリーマルレーン

ひも理論にしたがって、宇宙の始まり以前は「逆転写された」宇宙の歴史があることを認め、何が宇宙の始まり以前に「逆転写」されているのかを探ることが重要だった。
つまりは「お天道様はお見通し」「宇宙がその日その時に地球にどのような意味を与えていたか」などを語ることから始まり、すでに逆転写されている「人類の永遠」や「国益」などを見ていかなければならない。
これは、もはやユダヤ教の基本であった。
女たちが「人類の永遠」「国益」を模索していかなければならないのだ。
ひも理論は、「証明するかどうか?」であった。
ribbon wish

ひも理路は、「寸分たがわず」左右対称というわけではなかった。
時には東京大空襲や、原爆投下、沖縄地上戦のように「女たちの誘導ミスによる微調整」がなされてきた。
特に、女は「アウトロー」な男を好んだため、「若い女のアウトロー好き」が微調整をかなりセンセーショナルな形でもたらしていた。
違法な連中の人事を間違えると、それは特に大きな調整を受けなければならない。
おニャン子クラブ ショーミキゲン

「黄色いユダヤ人」であるアラブ諸国が、今までは、このような「微調整」を行ってきたが、今は、日本国女子も、令和法皇の「シスター」「シナゴーグ」のメンバーとしてそのような微調整を行うことが可能となっている。
週刊誌の読者がそもそも「令和法皇のシスター」だったため、週刊誌も「微調整」に協力してきた。
人を欺きながら生きるものに国を委ねるわけにはいかない。
ひも理論を知らずに、毒樹の果実をむさぼるものは、必ず令和法皇のシスターたちの受けを狙ったメディアに潰された。
センセーショナルな「微調整」は、悪からもたらされていた(悪人正機説)。
自分の「善良さ」だけ見ていれば将来が予測できる、これがユダヤ教のひも理論である。
夏目漱石は、「こころ」において、女を友人から卑怯な手段を使って奪い取り、友人を自殺させた「先生」を描いている。
先生は、友人の墓参りにいかなければ妻に浮気をされてしまうし、卑怯な手段を使ったこの自分がのうのうと生きている限り、ひも理論の観点から、この国は「滅びるね」と語っている。
明治の文豪は、明治天皇が生前退位して「法皇」にならなかったことを、「お天道様はお見通し」「ユダヤ女ネットワークの欠如」と見なし、
ひも理論が機能していないとして国が世界の「微調整」の枠内で「滅びる」と考えたのだ。
令和天皇が「法皇になる」ことは夏目漱石も支持するところであり、女を卑怯な手段で奪い取った自分が、女たちから最終的に見放され、自殺に追い込まれたところに、
「宗教の祖先」「女ネットワーク」「ユダヤ教」「神・男の完全性」を見いだしている。
松田聖子 スウィートメモリーズ

「勃つ男」のなかには「排除しなければならない」男が必ずいるため、悪人や卑怯者を、女たちはあえてセックスの時に「侮辱」し、勃たなくさせていた。
これが、女のユダヤネットワークであった。
女二人に男二人ならば必ず「割りきれる」が、女二人はからだを比べあい、男二人は知性を比べ合う。
知性に負けた男は、必ず卑怯な手を使って「神」=勃つ男ではなくなる。
割りきれるのはその場かぎりであり、長い目で見たら二対二でも割りきれないのだ。
避暑地の森の天使たち

善人でも救われる、ましてや悪人をや、と言うが、親鸞は「顔を美しくする方法」を明らかにし、このような女のユダヤネットワークにおいて、顔さえ良ければ女はセックスの時に男を侮辱しないと考えた。
男は、勃たなくなったら、文字が読めなくなるし、貧しくなる。
仕事は「盗むこと」となり、しかし、処女にはモテなくなる。
女もおらず、口説き方も知らない。
出世もできない男となる。
小男ならば、ずる賢さを持っているだろうが、メジャーにはなれない。
それを知ることが「違法な連中の人事」を考える上で必要になってくる。
悪口をいっていても「お上」には逆らえないのだ。
常務会が、夢を託す男は当然いるだろうが、「見識をもって批判する」ことと「勃つこと」が必要になってくる。
見識をもって批判すれば、名誉職に祭り上げられる。
いじめをやらない、男らしい、特定の女を愛するということが減税増収につながるとしたが、「勃つこと」「豊かなこと」と同じ意味であった。
彼、ギンギンに勃つよ?と女が言うだけで、ライバル女が玄関のベルを押した。
だいたい「頭のよさ」で勃つかどうかは分かった。
頭のいい令和法皇はそれだけで人気があった。
Wink 愛が止まらない

男と女が電話で話し、知恵と対話の疑似セックスを行ったら、電話を切った後に女がマスターベーションすることがある。
このような場合は、女は「アーッ、頭の良さが自分の中に入ってくる!」と言って喘ぐか、男の側も、必ずしもちんちんは大きさではないことを理解しなければならない。
若さが魅力という男もいるが、知性が魅力という男もいる。
ribbon 愛してジャスティス

「アーッ、頭の良さが私の中に入ってくる」という事例を愛の第六感と呼ぶ。
令和法皇は今後も「言葉」を売り続けるであろうし、愛の第六感を増やして回るだろう。
モーニング娘。独占欲

愛の第六感を、電話で自在に操る男を「哲学者」と呼ぶ。
愛の第六感を自在に操るためには、時代の最先端の学問に通じていなければならないが、
父親と息子では「システムの違い」が生じることがある。
父が「俺、このやり方マスターできなかったんだよな」というようなことが哲学の世界では常に起きつづけていたのだ。
アイザック・ポルカーは、そこで「父と息子のモーゼ五書の共有」だけはいつの時代も変わらないとした。
それを前提に「浮気をしない」「浮気をしたら禿げる」「禿げたら結核の薬を売り付ける」「タバコをやめる」などのモーゼ五書を踏まえて、
時代の進化は、愛に詳しいキリスト教のものなのか、男に詳しいユダヤ教のものなのかを論じた。
世界史は、女の子たちに「女になってくれ」と言ったが、アダムがリンゴをかじったときに女たちに満ち溢れ、「男を論ずるユダヤ教」が生まれている。
レスボス島から、西洋史は始まっているし、ユダヤ教もその流れを汲んで「男を論ずるのが宗教」とされている。
そこで、女に詳しいキリスト教と、男を論ずるユダヤ教は優劣を決しようとした。
どうやって?
それは「予言」で競いあったのだ。
松田聖子 ハートをロック

僕の前に道はない、僕のあとに道はできる、私は「主」である(創世記)、私は何者にも動じない(マダイ)など、イエス・キリスト以前も、それ以降も「一貫性のある男」が男のモデルとして描かれた。
神・男・聖霊という概念以外に、「化身」という表現で「憧れの人」という概念が生まれた。
君主の誕生であった。
日本国でも「天皇は君主である」とされているが、法皇も「憧れの人」であった。
主というのは「憧れの人」という意味である。
そこで、主の「化身」となれば「アーッ、知性が私の中に入ってくる!」と女が言った。
天皇は「君主」であったが、他にも多くの「主」がいて、とにかくその世界で「つづけること」が、戒律にしたがった気持ちのいいセックスにつながった。
ユダヤ教は「主」という男概念を生み出し、キリスト教は「憧れの人」を生み出した。
主は、堅物な男社会の人間であったが、キリスト教は「女への詳しさ」という「政治」を含むようになっていた。
女に疎い方が気持ちいいんじゃないの?とユダヤ教は考えた。
松田聖子 赤いスイートピー

東大法学部は、女なんて分からないというユダヤ教の立場からバブル経済を生み出した。
しかし、スタンフォード大学は「女心」をどんどんクリエイトし続けたのだ。
ここに、スタンフォード大学>芸能界>東京大学という図式が生まれた。
新カント派がスタンフォード大学を作り、西田幾多郎が芸能界を作り、ユダヤ教が東京大学を作った。
偏差値Boyは、思いきり私で喘いでくれる、そのようにユダヤ教は考えていた。
偏差値BOY

しかし、ユダヤ教の中枢である東京大学は、世界ランキングで、キリスト教の中枢であるスタンフォード大学に後塵を拝した。
芸能界に迷いをなくした(公物管理)のは、キリスト教だ。
しかし、かつてのバブル経済を引き起こしたユダヤ教には敵わないではないか?
 

アーッ、知性が自分の中に入ってくる!と女が言っても、その知性は「偏差値」でもよかった。
しかし、東大法学部政治学科(キリスト教)・公法学科(芸能界)・私法学科(ユダヤ教)という具合に東大法学部も「新しい国のかたち」として変容していった。
カチンカチンにフル勃起したヤーヴェがいいのか?
女に詳しい堕天使イエス・キリストがいいのかはいまだ結論は出ていない。
どの男を「侮辱する」かという女たちのコンセンサスが得られていない。
「つづけること」
それ以外に女たちは求めていなかったようだ。
続けていればどの世界でも適当に生きては行ける。
芸能人女たちを手玉にとるキリスト教への憧れはユダヤ教にもあった。
しかし、「バブル経済には敵わねえな」という気持ちはキリスト教にはいまだ存在する。
それで、ユダヤ教の世界にメシアは現れたのかい?
東大が「新しい国のかたち」に軸足を移した時点で、大企業や官庁は令和天皇をメシアとみなしていたのだろう。
なにしろ事務次官経験者も警視総監も、まるで凝り固まったユダヤ教徒として扱われたからである。
そこで、ユダヤ女ネットワークとは、セックスにおカネを要求する存在であること、ムカつく男を性的に侮辱すること以外に公約数的見解はない。
アーッ、私の中に知性が入ってくる!という点も同じだ。
男(ファースト)が、女(セカンド)を用いて、予言(サード)を行うという図式はたしかにユダヤ教が作ったものだ。
しかし、男社会で有名、というようなことしか想定されておらず、本当に、「女心」にまで立ち入ったキリスト教的世界観が構築されたのは令和法皇によるものである。
出世する男は、セックスの時に女を叩いている。
夜の生活が先か、社会生活が先かと言われると「夜の生活」と言うしかない。
女に侮辱されたら「文字が読めなくなる」「勃たなくなる」のである。 
ユダヤ女ネットワークも「セックスの時に女を叩く」男を侮辱することはない。
デニーロ ボーイズライフのシーン

なんのための「ひも理論」なのであろうか?
宇宙の始まりからそれ以前の姿が逆転写されて「すでにある」のである。
未来は「どのように女たちが微調整するか?」にかかっている。
英字新聞を読むと、メジャーリーグの野球のわずか一試合でも大々的に報じている。
女たちの「微調整」のおかげで「値しないのにその地位にいる」男が抹殺されたことを報じているのだ。
「値しないのにその地位にいる」人間を抹殺するためにユダヤ女ネットワークはあった。
アーッ、知性が私の中に入ってくる!というユダヤ教は、マスメディアも無視できず、「値しないのにその地位にいる」人間をプロ野球の勝利により抹殺した。
秋篠宮とか小室圭さんとか、ムカつくやつがいれば、ユダヤ女ネットワークが黙ってはいなかった。
男に、秋篠宮とか小室圭さんをどう思うかを聞いて、ムカついたら男を侮辱してやればよかったのだ。
食事中に話したことで、ユダヤ女ネットワークは動く。
野球は「微調整」ではあったが、「値しないのにその地位にいる」人間を抹殺した。
ムカつく有名人を支持する男を侮辱し、プロ野球を見れば、ムカつく有名人がいなくなる。
逆に、ムカつく有名人を批判してくれる男ならば知性に喘いだ。
松田聖子

食事の時の「話題」と、セックスとプロ野球の勝敗だけでムカつく有名人がいなくなった。
ユダヤ女ネットワークにはそれだけの力があったのだ。
胡散臭い平成の皇室を生き残ったのは令和天皇だけであった。
皇太子だの秋篠宮だのいう男をユダヤ女ネットワークは、ことごとく侮辱し、自分の好きなプロ野球チームが勝つのを見て、「値しない人間」を消していった。
神は自分に似せて人間を作った。
それならば、胡散臭い神を信じる男をは侮辱してやればいい。
プロ野球やサッカーの勝敗を笑ってみていればいいのがユダヤ女ネットワークだった。
セックスの前のディナーにおける話題から「胡散臭い」名前は消える宿目にあった。
人類学的側面を見るのならば「一理ある」人間ばかりである。
秋篠宮だの小室圭さんだのの話題をディナーに持ち込むのならば「部落民としての悲哀」まで語らなければならない。
かなりの貧乏セックスにはなるが、ユダヤ女ネットワークがどの男を侮辱するかのコンセンサスはない。
チューリップのアップリケ 岡林信康

部落民の秋篠宮はヤクルトスワローズを支持し、ハイカラな令和法皇は横浜DeNAベイスターズを支持し、長いものに巻かれるタイプの雅子さまは読売ジャイアンツを支持している。
発言や行動がこれらの球団の「ファン」に影響を与えるのだから、卑怯な真似は慎まなければならない。
令和法皇は横浜DeNAベイスターズの球団経営に参加しているが、秋篠宮にせよ雅子さまにせよ、業績の「横取り」的側面がある。
ユダヤ女ネットワークが果たして、部落民を支持するかは分からないが、「おカネをくれること」「知的であること」なとが要求され、ヤクルトスワローズというものは「そういうものだ」というかたちで、読売ジャイアンツと比較されなければならない。
山谷ブルース 岡林信康

球団経営に参加しないのならば「好きな球団を明らかにしてはならない」というのが皇族である。
応援してくれているファンや、経営努力をしているフロントのエネルギーを「盗む」行為であり、褒められたものではない。
雅子さまは「朝青龍」「琴光喜」などのファンのエネルギーを「盗んで」いたのだ。
このような「盗み」行為は陣営の崩壊につながりかねない。
フランスのパリという都市は13世紀の、ユダヤ女ネットワークが作った。
リラという人物が作ったのだ。
リラと言うと「ユリ」という植物を意味するし、「子宮」をも意味した。
小泉今日子 私の16歳

パリは「男選びの宗教」の中枢となり、複雑な「占い」が発展した。
ユダヤ教カバラもパリで作られた。
星座占いで瞳を閉じて

モンゴル帝国は、この頃にヨーロッパの都市の造成に影響を与えたし、日本国がモンゴル帝国を撃退したということも、噂になった。
神・男は「女が語るもの」ということか明確になり、セックスの時に叩かれたら、女たちは「神・占い」で応じた。
男を侮辱してやれば男は勃たなくなるが、叩く男もいたため、パリで宗教が発展したのだ。
「ファンのエネルギーを盗んでいる」という指摘は、政敵を倒すのに有効だ。
さらに、実績のある人が山に登り、「誰よりも高い山に登った」ことを象徴的に表現することも、政敵を倒すのに有効だ(山上の垂訓)。
他の連中が到達できなかった境地を「山」に例えている。
富士山 ご来光 

近所でヤクザによる借金の取り立ての声がするというのでは平和とは言えない。
指導者が山に登ったのならば「豊かさ」が市民に約束され、街には「静けさ」がなければならない。
国中が「山頂の静けさ」に満たされなければならないし、負け犬が騒ぎ立てる行為は誰からも感謝されない。
つまり、読売ジャイアンツやヤクルトスワローズに「ご迷惑」をおかけするのが「騒ぐ」という行為だ。
答えは必ずプロスポーツから帰ってくるし、ファンからも帰ってくる。
「暴力」とは、政治的勝利者に対して「負け犬」が行うものだ。
それならば、「騒ぎ」は、敗者への罰とならなければならないし、雅子さまがの読売ジャイアンツファンであり、秋篠宮がヤクルトスワローズファンであることを明らかにした時点で、彼らは「フロントとして働くか敗北者になるか?」の二択しかなくなっている。
好きな野球チームを答えた令和法皇はフロントとして働いている。
ガンディーは、ヨーロッパで学んだ政治的勝者であった。
「誰よりも高い山に登った自分」に対して、騒ぎを起こす連中を「プロスポーツ」で地獄に突き落とした。
雅子さまは読売ジャイアンツとともに、秋篠宮はヤクルトスワローズとともに地獄を見るであろうし、そもそもファンからエネルギー(おカネ)を盗んで、しかも「騒いで」球団に悪夢を見せた以上、「皇族が好きな球団を明らかにする」という行為にはメリットはない。
大の大人が「暴れる」という行為に罰が下ることは、プロスポーツも当然、理解しなければならない。
読売ジャイアンツも、雅子さまというお子ちゃまにとんだ迷惑をこうむったものだ。
ユダヤ女ネットワークは、暴力を嫌う。
神や占いはそのためにあった。
しかも、政治的敗者が、勝者に対して暴れているのだ。
各球団は「バックにいる政治家たち」の力量を見ているし、負け犬ならば出ていってもらいたがった。
モーニング娘。セクシーボーイ

プロスポーツがある限り、国の指導者は「外国国家に国民の関心をそらす」必要はなかった。
国の指導者が「負け犬」になったときにそのようなことを行う。
北朝鮮は「ブラックメール」を日本に送るタイミングをいつも見ている。
女たちの「支持」があればフロントとして仕事ができる。
しかし、支持もなく、ファンからおカネを盗み、自ら「暴れる」ことでファンに迷惑をかける。
朝青龍で懲りなかったのだろうか?
ジェーン・アダムズは、このような「女ネットワーク」とプロスポーツを平和と結びつけることでノーベル平和賞をもらっている。
国内で支持基盤を固めきれなかった政治家も「国外に」関心を向けたがる。
家庭内の弱者には「中国・韓国・北朝鮮」が必要だった。
「大学で頭を空っぽにしてきた奴」を採用するという国際政治学者もいた。
安倍晋三には「自分の派閥」はない。
常に、家庭内の弱者(しばき隊)を基盤としてきた。
慢心・環境の違いなどという家庭の事情は、メジャースポーツには通用しない。
しかし、「汝、殺すなかれ」という言葉は政治的勝者に向けられて発せられた。
負け犬が暴れる理由を暴き出し、ファンからおカネを盗み、ファンに迷惑をかける皇族や政治家の「仕組みを明らかにしろ」という意味だ。
その上で「証明」しなければならない。
今は読売ジャイアンツは強いから、アハハ、という政治家に悪夢を見せなければならない。男らしい、仲間が多い、その上でユダヤ女ネットワークを持っているのならば、国内のメジャースポーツで、政敵を倒す力を持っているし、なにしろ平和的だ。
戦闘員(政治家・皇族)はこのようにして消すことができる。
しかし、普通の「ファン」(非戦闘員)まで巻き添えになるではないか?
負け犬の暴力が、非戦闘員を巻き添えにしたのだ。
不服従(時の権力者を越える力をもつ)ことしか読売ジャイアンツファンに救いはない。
つまり、連敗がつづくようであれば「雅子さま批判の声をあげる」ことしかできない。
メジャースポーツというのは「政治そのもの」としたのは令和法皇であり、「ファンからカネを盗むやつがいる」ということを指摘したのも法皇だ。
真剣勝負ってのは、カネなんだと考えていたし、平和を訴えるのならば「恋のはなし」でも人に語って、ファン心理を巧みに利用して、出来の悪い指導者に退席していただくしかない。
瀬能あづさ 秋

現在、読売ジャイアンツは首位であり、横浜DeNAベイスターズは二位である。
三位にヤクルトスワローズが続く。
過去のプレーは、振り返る必要はないが、女子たちの動きは、振り返らざるを得ない。
令和天皇をいじめている、という奴を「カッコいい!」と思ってはいなかったか?
令和天皇がいざ、去ってしまうと、いじめていた男が急にみすぼらしく思えなかったか?
女子たちの「予見能力」は案外場当たり的だ。
先のことは男に頼りきっている。
その男が、「先を見通していなかった」のである。
ユダヤ女ネットワークを、令和法皇はあっという間に構築した。
さてさて、「あの時、あなたはどこにいたのよ?」という女の裁きが始まる。
どんどん「新しい企画」を立ち上げる令和法皇に対して、「歴史の審判」をユダヤ女ネットワークは始めるのだ。
先のことは分からないが、神の見ている風景(過去)は女も見ることができる。
晴れときどき殺人

1950年代には、地位にしがみつく者と、学術法則にしたがうものの「ズレ」が明らかになっていた。
彼の権力は必ずしも「天皇という地位」に由来するものではなかった。
そのあたりの「勘違い」を女たちは裁き始めたのだ。
地位と、学術法則は時に連動しているが、地位にしがみつく男もいた。
時計の針は「すべての方向」を向いている。
しかし、学術法則は一定の方向を見ている。
素人はまた、「すべての方向」を見ているのだ。
このあたりに、人気を維持しつづける令和法皇の力量があったし、他のプレイヤーを、勃たなくさせる、あるいは女日照り(懲役)にさせる力があった。
魅力的な女がいて、しかし、射精したあとに「思い出にしよう」という男がいる。
ブートストラップと言われるものであり、女も男も「射精したあと」を予測していないという現象だ。
付き合っていたとしても「愛の言葉」は記録に残さない。
射精する前とあとがだんだん分かるようになる。
そんなことを繰り返していくうちに、「過去の裁き」を行われたら、男もたまったものではない。
BoA Is this love

クイズミリオネアも、一億円払えば、「一千万円当てた英雄」になれる。
これが、芸能界であり、政界であり、スポーツ界であった。
「カネ目当て」「すべての方向を見ている」素人を消すためには、あくまでも学術法則にしたがわなければならない。

マキャベリは、「王子」というものを、親父が持っている「ユダヤ女ネットワーク」つまり、「世界の女を支配する父親」とどう向き合うのか?
という意味において、「世界」が家庭にとどまる普通の男子とは異なり、本当に「ユダヤ女ネットワーク」を父親が持っているということから「王子」(プリンス)であるとした。
プリンス

 
マキャベリズムは、「頼みもしないのに自分の利益になる行動をとってくれる」父親(パターナリズム)を背景に、それでも「いるもんだね、あんなスーパーマン」と言われて、自分に厳しい課題を課さなければならない息子のことをいう。
メディチ家は、ユダヤ女ネットワークをフローレンスが持っていたし、息子のコズモは、父親のユダヤ女ネットワークに、周囲の男子を「おさめて」回るのが仕事となった。
コズモは、女という資産には困らなかったし、男の子たちも「女目当てで」コズモに群がってきた。
フローレンスは、コズモのために犠牲になるダースベーダーであったし、息子はルークだった。
コズモは、ユダヤ女ネットワークを掌握しなければならないという必要性に駆られてフローレンスの書物を読まなければならなかった。
ユダヤ女ネットワークを持たなかった平成天皇にとって、息子たちの選民思想は「機能しない」ものであったし、令和天皇は、「世襲とは何か?」を徐々に明らかにしていった。
プリンス

イギリスのイートン校などは「Virtue&Ritual」と表現し、オックスフォードに進学したら何をすればいいのかを明らかにしていたが、女子高出身のサッチャーが、「亜流」と呼ばれても仕方のないものがあった。
いろんな「世襲制のかたち」は示されたが、父親がユダヤ女ネットワークを持っているという世襲制は、もっとも人気があったし、マキャベリの発明であった。
日本国の天皇制も、学ぶべきことが多い。
このような「マキャベリズム」以外に「戦術」「作戦会議」などなかったし、どの王子も「父の死」など望んではいなかったが。
このような「王子」に、お手元金が必要であるかは明らかではないが、国立大学に進学させる程度の「予算」は必要だろう。
他に代わりがいない、その人にしかできない、という意味では警察と何ら変わることのない公共財であったからだ。
ニュートンの「プリンキピア」は、メジャースポーツを作ったが、
「ゲームセット」「ノーサイド」の瞬間に「光の速さ」が紛れ込んでしまった(ローレンツ変換)。
そのため、アインシュタインは「男女が突き合う」(一般相対論)「離れていても時は同じ」(特殊相対論)の二つに、つまり「セックス」とサードパーティに活路を見いだした。
宇宙においては、物の重さは地球の重力よりはるかに軽く、光の速さよりはるかに遅い。
つまり、淡々としたゲームの方が「最後の瞬間」よりも大事であり、「サヨナラ逆転満塁ホームランの研究」(相対性理論)をしても意味がなかった。
それでも、ニュートンの作ったメジャースポーツに「セックス」(相対性理論)は容赦なく入り込んだ。
笑顔でノーサイド 宮前真樹

法王庁としては特殊相対論の立場から、他人のセックスを眺めて、歌にしたいところだが、一般相対論は、セックスの当事者として「宇宙」を問題にした。
蛍の草原 松田聖子

 特殊よりも一般の方が難しいと語られる理由も「セックスの当事者として歌を歌う」ことの困難さを言った。
女たちの一般・特殊相対論への論評と、さらには宇宙の始まり以前は、始まり以降の姿を「逆転写」しているというひも理論、さらには、「指導の誤り・論評の誤り」から生まれる歴史の「微調整」さらに、2024年に完成するタイムマシーンでも原子爆弾投下(文明批評の指導者による誤り・微調整)までは「歴史の文脈」においては介入できないことなどを示している。
今のイギリスが「ダンケルク撤退」を遂行する資金力がないのと同様、歴史の「微調整」さえアメリカ合衆国が生み出せば、原子爆弾を、作ることは可能であった。
法王庁は、文民統制を、プリンキピア(メジャースポーツ)、相対性理論(セックス評論)、および、ひも理論から行うが、微調整は、「地震・噴火」レベルでも引き起こそうとは思っていない。
カントの「永久平和のために」を踏まえ、日本という国を愛するもの、日本語を話すものを不幸にするつもりはない。
しかし、「微調整」を、どの球団を愛し、どのようなときに人は「重さに耐えられるのか」に関しては介入しつづけるつもりだ。
しかし、「月」の介入だけは、なんとかならんもんか?
どの国の指導者も「月」の介入だけは人間にはどうすることもできないと感じていた。
熊本の豪雨もそうだろう。
月および「誕生日」までは、なかなかこれらのひも理論の「微調整」ではコントロールできない。
そもそも、人類の運命の「逆転写」が、宇宙の始まり以前になされているのか?
それとも、「天体の動き」だけが逆転写されており、人類は「ただ、いるだけ」なのかは明らかではない。
しかし、天体が「その日その時」地球にどんな意味を与えていたのか?
を踏まえて、ひも理論の「微調整」も、サルにはできない高度な文明批評だった。
令和法皇の、「音楽作品の論評能力」は少なくとも日本国で最高レベルであるし、それを法王庁職員に読んでもらうことにより文民統制の強度を増すことは、プリンキピア・相対性理論・ひも理論を踏まえて可能であるし、「月・天体」の介入を予測することも一定程度、可能である。
憲法第九条の「前項の目的を達するために」とは、このような「文民統制」を認めることを意味している。
しかし、芸能界の負の側面まで社会が引き受ける「自衛隊の憲法明記」を行っていいかは明らかではない。
ケプラーは、「月」の介入といっても、取り巻きの女の「月経」にすぎないとした。
それでも、相対性理論(セックス評論)にとっては重要な意味を持っている。
ケネス・ヘーゲンは、取り巻きの女に手を出すから月経が問題になるんだ、とし、少なくとも大学に受かるまでは恋愛禁止にした方がいいのではないか?としている。
シルバーリングに口づけを Melody

ヘーゲンは、女性アスリートは、月経の時にタンポンをしてゲームをした方が、「女性らしさ」を失い、いいパフォーマンスをするとし、あの人のことを思うと力が出た、という女の発想を否定した。
自転車通学 森高千里

さらに、「自分の顔が好き」という人もいいパフォーマンスをするとされている。
タンポポ 私の顔

一番小さなミジンコのような人間にも「重さ」があるとするのが量子論であり、なんでも「微調整」の範囲内にしてしまうひも理論と対立した。
すべての人間は神に作られた作品であるというのならば量子論に軍配が上がるだろうが、歴史は必ずしも量子論の立場には立っておらず、神に作られた作品に脚光を浴びせる量子論と、微調整でアプローチするひも理論は「方法論上の」対立を続けた。
ミジンコのような人間ですら愛せるという量子論は、医者には必要な才能であったが、そのような存在に光をあてるというのは案外難しい。
アドニスのために泣けるというようなアメリカ合衆国は、ひも理論の「微調整」と量子論が共存している。
少なくとも国が「死ね」と言ったら死んだ時代には量子論はなかった。
パリは燃えているか

ニュートンがプリンキピアで、メジャースポーツを考えなければ、セックス理論(相対性理論)も、ひも理論も、量子論もなかった。
「だって勝ちたいんや!」
これがなければ、物理学の発展はなかった。
女の多様性を研究する化学もなかった。
物理学は常に「新しい説明を」求めていたし、化学は、「すでにあったもの」の説明を求めていた。
マドンナ フィジカルアトラクション

月による介入をなくすために「19歳まで恋愛禁止」というのはエジプトの言い伝えであり、ナイルの賜物であった。
新田恵利 トラディション

乙女の祈り、災害をなくす。
瑠璃色の地球

乙女の祈り、災害をなくす。
高橋由美子 おみくじ

乙女の祈り、災害をなくす。
ロマンスかくれんぼ 

熊本の豪雨を、女の子たちの「微調整」が防いだということから、場合によっては自分の健康も「微調整」によって治ることがあることを知りました。
まあ、品行方正に近い生き方をすることだね。
女の子たちの祈りとは「恋」のことばかりかい?と思ってはならない。
それでも国や自分にとって意味のあることなのだ。
売春のことを「世界最古の職業」と呼ぶことが知られているが、「古代バビロニアの寺」に奉仕した女たちのことをいう。
売春かどうかは明らかではない。

宇宙および社会、あるいは自分自身の健康に影響を与える「女の子たち」は恋にしか興味がないではないか?
宮本顕治はこのことから「敗北の文学」において「恋は日本共産党の縄張り」であると主張した。
宮本綱領は、一世を風靡した「革命へのプログラム」であった。
19歳まで処女だったという「ナイルの賜物」の女の子たちを基盤にする自由民主党・原理研究会の浜田幸一は、中曽根内閣総理大臣に、「共産党・民青にもっと敵意を持ちなさい」と野次った。
かつては「一中・一高・東大」の一貫に組み込まれていた麹町中学で「恋を煽った」として内申書に「反体制活動」と記された生徒が最高裁まで争った事件もあった。
「楊子一本で学校というものは崩壊するんだよ!」という厳しい学校の総本山が一中であった。
学校を管理する側としては「宇宙や社会、人々の健康を預かっている」という思いがあり、一部の生徒のことを「腐ったミカン」と呼ぶ憂国の士もいた。
麹町中学事件を参考に「金八先生」は作られている。

レーマ運動とは、端的に「叱られていた花火を試した」「次の台風が北上すると伝えてた」というところにある。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ

バアル信仰とは、この「微調整」をメジャースポーツに持ち込むところにある。
かつては、「反共労務管理」というものがあり、共産主義を信奉する者は「企業にとって致命傷」と考えられていた。
普通のサラリーマンならば「芸能界か、俺は反対だな」と言っていた。
反対どころか、出世に悪影響を与えてしまうのだ。
すべては「レーマ運動」「台風撲滅」「被災者撲滅」が理由である。
嵐にさらされたら「共産党を弾圧せよ」というのは当然であった。
お父さん、やめてください。これは当然のリアクションではなかったか?
おもひでぽろぽろ

学生時代に、左翼のアジを聞いたり、ビラを配ったりする「若気の至り」は誰にでもある。
しかし、三菱樹脂内定取り消し事件において、「左翼活動歴」つまり、「セックス歴」を理由とした内定取り消しを、最高裁は「合憲」と判断している。
親の子育て方針のみならず、子供たちにも「襟をただす」ことを求める企業が存在していいことになった。
この事件においては、差し戻し審において「和解」が成立し、後に、原告は子会社の社長にまで出世している。
このことは、セックス禁止を「19歳まで」とするレーマ運動から、さらに、過度の義務を己に課す「22歳まで」を要求することを意味し、三菱樹脂という企業が「宇宙や社会、人々の健康」を預かる宗教企業であることをも意味する。
私は、先ほどカトリック中央協議会に電話したら風邪が治った。
企業体としても、それは十分、成り立つ論法であった。
いちご白書をもう一度 バンバン

アプリ「マドンナたちのララバイ」
カトリック女たちがあなたのために祈っています。
CoCo 夢だけ見てる

CoCo 夏空のドリーマー

CoCo ちいさな一歩で

集中豪雨、止んでください。
あなたの願いをここに書いてください。
「                」

私が、「集中豪雨、止んでください」と書くと、各テレビ局が大げさに被害を報道する。
しかし、「死者の数だけは正確にカウントしなければならない」(交戦権の否認)とされ、中国では地震の時でもこれは達成されていない。
交戦権の否認は「先進国の義務」とされている。
プロレタリアートの特徴として「自分で考えない、おカネ目当て、仲間を求める」という三つの要素が指摘できる。
テレビ局の「赤化」とは、しかし、日本共産党の躍進は必ずしも連動はしていないようだ。

神道の永遠を決めた四人。
柳田国男、葦津珍彦、折口信夫、小野光太郎。

エジプトのピラミッドには「宇宙の秘密の書」が置かれている。
ジャスミン革命の嵐が吹き荒れたときに、アメリカ軍は「カイロ美術館」を守った。
エジプトだけは、アメリカ合衆国は、「アフリカ」とは呼ばずに「中東」と呼んだ。
エジプト(サブサハラン)には、多くのピラミッドが見つかったが、ナポレオンは、ヘロドトスの歴史書が「事実であった」ということを証明したものの、イスラエルにまで向かうと「ピラミッドは一切なかった」のだ。
まるで、令和法皇だけが偉大であり、息子は「大したことない」と言わんばかりだった。
薬指は「ハートから一番近い場所」というのもエジプトの言い伝えであるが、心臓の小さい私は、「覇権国家の学問に魂を売る」という「パワーボリティクス」を行っている。
シルバーリングに口づけを

日本カトリック中央協議会に伝えておきました。
処女たちの「不老長寿の祈り」の一位を私の父とし、二位を私とするように、不老長寿とは、歴代天皇に名を連ねることであり、それでいながらこの祈りの対象から「女」を除外すること。
女は塵から生まれ、塵に帰っていくこと。
女は「死んでも私のことを覚えておいてもらいたい」(サヴァイブ)、「繁栄するとはどういうことか?生きるとはどういうことか?を証明しない息子を生け贄に捧げる」(サクリファイス)
さえあればよく、この名簿の一位と二位は、すでに埋まっており、しかし今後はおカネ次第で名簿を作っていくこと。
妨害するものの処分を祈りに含めること(反射効)。
つまり、目的も持たない、名前も持たない、愛されもしない1号2号を殺処分とする反射効を持つこと。
乙女の祈り

なお、ひも理論には、微調整をする力があるとしたが、「女になりきれない女」という抵抗が存在する。
恋をしない女の子は「立方体」であり、微調整の抵抗となるのだ。
「心の動きだけは、誰にも止められない」
これが「不老長寿の祈り」の原動力となる。
松田聖子 スター

つまり、乙女の祈りとは「太陽への衝動」を利用するのだ。
太陽に火をつけて ribbon

地球の重力に引き寄せられるように、乙女の祈りは、「原罪」とともに一定の方向に誘導されるのだ。 
反射効は、空間がある限り加速していくし、自分の人生が落下していくのを悟るだろう。
絶対空間においては、カトリック中央協議会が「不老長寿の祈り」を行ったら、敵は加速度をつけながらどんどん落下していくだけであるが、相対空間においては、敵にも様々な人間関係があり、落下に抵抗する。
しかし、「卑怯者の名前はディナーで名前を出されるのも不愉快」というあたりでまとまっていくのだろう。
ケネス・ヘーゲンは「女たちもなかなかまっすぐ想いを伝えることはできないため、不老長寿の祈りといっても紆余曲折あるだろう」としている。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ

あるいは、乙女の祈りに逆らった男でもネームバリューが大きければ、かなり大きな円弧を描いて落下するだろうという推測はなされた。
どのみち、乙女たちの祈りには紆余曲折があっても逆らえないとも思われる。
流体力学も、風の吹かせ方は一定程度、コントロール可能だ。
太陽への衝動(日の丸)が嵐を引き起こし、月が介入する。
このあたりの「女の子の気持ち」をよく理解しないと「流れ」というものはできない。
惑星や衛星の「3分の2」パワールールがというものがある。
金星や木星、土星は「太陽の3分の2」のパワーであり、月は地球の3分の2のパワーであるとするものだ。
いずれにせよ「恋をするパワー」のことを言っているものと思われ、女の子宮から沸き上がってくる「友達にも言えないもの」のことだろうと考えられる。
うれしい たのしい 大好き ドリカム

女の子たちの「恋するパワー」は重力に人間が逆らう力をもつ。
これをうまく利用することになる。
あとは、「予言を証明」することだ。
酒井法子 トライアゲイン

プロ野球選手も、結果を出し、モテるようになり、さらに結果を出すという形で、女の子たちのパワーを利用していかなければならないし、それは政治家でもサラリーマンでも同じである。
肉声のない政治家など誰も望んでいないし、器が大きければ大きいほど「4乗」になって世論や批判に耐えられるようになる。
もはや、秋篠宮など誰も望んでいない。
【華厳宗について】
中国の「仏教史」も予言によって成り立っていた。
端的に、予言を的中させると「私は日本人であり、日本人は私である」
「ワンフォーオール・オールフォーワン」と呼ばれる現象を引き起こし、円が高くなり、国力が強まる。
円高になると、人々は外食をし、仲間を作る。
予言の話題をしたいから外食をするのか、それとも円高を背景に外食をするのかは明らかではない。
女たちは、男と恋に落ちて、別れたあとにも「聞きたい言葉」があった。
それは「ナイスおっぱい」という言葉であった。
CoCo なぜ

仏教は、そもそも紀元前6世紀から紀元前4世紀頃にかけて作られたものだ。
ダッカ「苦」から自由になりたい人間の欲望を利用して広まった。
「頭からっぽ」
これがもっとも苦から自由である状態であるため、「涅槃とはどのようなのか?」という問いに仏教界の中枢は沈黙した。
「長くはつづくまい」
このような「涅槃への愛の言葉」は記録には残さなかった。
BoA Is this love

国民全員が「頭からっぽ」になる幸せな時代に「ダッカ」を背負った「予言者」は出てこざるを得ない。
幸せな時代は、ひとつの出来事で簡単に大混乱に陥るからだ。
円安基調とアジア経済の発展が、小泉政権を支え、国民は「頭からっぽ」になっている。
この時に、アジアの一角をなす、北朝鮮(日本は国家承認していない)から、ブラックメールが届いた。
政権の安定感を見たというよりも、国民の頭がからっぽという「円安」を見ていた。
「日本国に北朝鮮予言者を作る」
これを狙ったのだ。
私は「ノストラダムス予言者」出身である(1999年)。
幸せな時代への「愛の言葉」など誰も記録には残さない。
中森明菜 禁区 

幸せな時代は国民全員が「頭からっぽ」であった。
涅槃、それは記録には残らないものであり、「空」であった。
ダッカ(苦)が、私は日本人である、日本人は私であるという予言者を生み出し、為替は常に上下している。
「幸せ、頭からっぽ」と「大混乱、予言者」の間を行き来していた。
幸せな人たちは、「いざ」というときには、誰を「予言者」と認めればいいのかを考えたし、ダッカ(苦)に満ちた状態では、円高になった。
株高・円高・土地高のバブルの頃は、「予言者」(東大文一に受かった私)もいたし、国民は涅槃にいたし、ディズニーランドを作る政治家もいた。
バブルとは「苦しみ」(ダッカ)と、涅槃「苦のない世界」が共存した、「偶然の産物」であり「国中が個性のかたまり」であった。
私は、円高が進むたびに自分の注目度が高まるのを感じた。
円安の時は「心にダムを抱えた嫌われもの」であった。
努力は、円高の時にディナーで話題になるものである。
ミスター円、それは「ダッカ」(苦)を抱えた榊原英資のあだ名であった。
なにしろ、仏教史には、ダッカを抱えた人物しか記録に残らないため、「涅槃とは何か?」を後生の人は、知るすべもない。
カート・コバーンは、自殺してパフォーマンスをした。
全米が「クリントンの夢」に酔ったときのことだ。
目立ちたいから自殺するというのでは三島由紀夫もコバーンも仏教徒であり、夏目漱石の「こころ」の先生のように「ユダヤ女ネットワークが機能していない」「自分のような悪人でも生きていけるのならば国は滅ぶ」というユダヤ教的自殺とは異なるものだ。
ニルヴァーナ

 
少なくとも「華厳宗」(東大寺)の教えだけは、歴史に残らない「幸せだった」人々や、ダッカを抱えた歴史上の人物の存在を理解していたし、「頭からっぽ」の男をバカにはしなかった。
「幸せなおつむしてるな」
これが華厳宗の教えであり、涅槃を表現していた。
株高・円高・土地高を支えるのは「民族の複雑さ」であり、「後の世に苦労を残したくない」という私の発想がバブル経済の実現を困難なものとしている。
女を口説くというよりは「国家統治の全体像」を仏教は見ていた。
また、若者の「ダッカ」も大人たちは見ていた。
日経平均株価チャート

どの国も「通貨安競争」をしたがる。
しかし、「世界にメシアを」と言ってこれをやめさせようという動きも起きる。
ダッカに満ちた男が「くだらない人生」と言われるのは通貨安の時だからだ。
ブランキージェットシティ ぺピン

そもそも「苦しむ民衆」と言っているうちは、歴史が分からないことになる。

令和法皇、宇宙を語る。その一

その二 その三

実は、なぜ「華厳宗」(東大寺)と予言の関係を話したかには理由がある。
世の中には「肉」(怠け者・ただ生きているだけ・いじめっ子・涅槃)と「魂」(ダッカ・苦に満ちた人・苦しむいじめられっ子)の二種類がいるのだ。
羽毛田信吾が「肉・涅槃」にいるいじめっ子ならば、令和法皇は「ダッカ・いじめられっ子」である。
宮内庁内部では、羽毛田信吾は、「令和法皇に毒物を盛りいじめている」として人気を誇っているが、組織内部の「世論と隔絶した体質」をダッカは「町内会の話題にすることができる」のである。
いじめっ子・ただ生きているだけ、の人間をすみづらくするのが「円高」であり、それはもはや「国レベルでの予言」であった。
実生活においても、いじめっ子は、「円高で世間で肩身が狭くなる」のだから、為替と株はいじめっ子・ただ生きているだけの人間を社会が受け入れるかどうかの指標となる。
皆さんも、華厳宗にしたがって、組織の内部告発を「株や為替で」行う、ということをすれば、いじめっ子は居場所を「実生活でも」失うことになる。
宮内庁のハメハメハ大王、羽毛田信吾の実生活を「貧しく、肩身の狭いものにする曲」
世論に訴えるのではない。本人に「おカネの面での」罰を与えるのだ。
南の島のハメハメハ

ただ、「内部告発」をするのではない。
事実上、「民事訴訟における損害賠償請求勝訴」を意味する行為が華厳宗と「株と為替」にはある。
メカニズムは明らかではないが、皆さんも「ネット民事訴訟」を活用してみてはいかがだろうか?
「令和法皇のユニークさ」があなたを救うかもしれない。
社会の膿を出しきったら「バブル経済到来」ということにもなりかねない。

母と「男を奪い合うから」女の子は男に挨拶をする。
男は「父と戦うために仲間がほしいから」男に挨拶をする。
「仲間作りやおカネの対象」でなければ挨拶をするメリットはない。
「こんにちは」と言われたら「儲かった」と思うのが人間だ。
昔は、校門に立って「おはようございます」と挨拶をする政治家の卵もいた。
父がその人を知っているから、母がその人を知っているから息子や娘は挨拶をする。
それでも「おカネ」にはなる。
世の中の「資金メカニズム」をよく理解しなければならない。
家計簿・小遣い帳は、「タバコ代」を調べるためにある。
しかし、それとは異なる「裏帳簿」は概念せざるを得ない。
女は、本当は「ナイスおっぱい」という言葉を聞きたがっているが、そのような関係ではないのならば「普段着」を褒めるしかない。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

私は、アメリカイルミナティのメンバーとして、2017年にロサンゼルスドジャースをワールドシリーズ制覇に導いている。
仲間が多い、何かやってくれそう、というのが「恋をする理由」であることを踏まえて、私はロサンゼルスドジャースのシャツを買うことにした。
政府も、定額給付金を国民にばらまくのならば「錬金術」も教えなければならない。
世の中において「新参である」ということは「失敗するパターン」と呼ばれ、そのために、自分の父や母が「知っている人」ということは重要な要素となる。
「挨拶をされる」
そのためには「普段着」までしっかりしなければならない。ましてや、ドジャースのワールドシリーズ制覇に貢献してドジャースのユニホームを着るということは「失敗するパターン」を逃れるためには必須であった。
みんなが、「常に同じ場所」にいるわけではなく、全員が転勤や転職、配置転換などを繰り返していたため、みんな「失敗するパターン」というリスクを抱えていた。
そのためにメジャーリーグなどが必要になったし、時には芸名も必要となった。
新参であるという「失敗するパターン」を克服するためには、すでにいたメンバーにとって「父と息子」「母と娘」ときには「カップル」のような「戦い」において戦力と見なされなければならない。
そうでなければ「こんにちは」と言われることもないのだ。
「打ち合いになったら職人」
そのように呼ばれるためには、時には「将来性」すら利用しなければなるない。
「他に戦わせたい奴がいる」となるとかなり打ち合いに有利に働く。
大関が陥落すると、しかし、「選ばれることを待っている処女」が大勢すでにファンとして存在したり、父や母が「知っている」ため、平幕で続けるのが困難となる。
ましてや横綱となると「勝てないのならば出ていく」しかない。
何が「射精の原因か?」をかなり男性中心主義的に見ていかないと、無責任に「大関・横綱昇進」を認めることは難しい。
時には政治生命(力士生命)すら縮めてしまう。
北の富士 語る

双羽黒失踪

雅子さまに「おカネを盗まれた」朝青龍や琴光喜のようなものもいれば、北の富士や双羽黒のような「力のない者」もいる。
一方で、下手に平幕が優勝すると「勝ち逃げは許さない」という男たちの「女をめぐる争い」に巻き込まれる。
横綱には横綱の大関には大関の力があるけれど、ケガをしたくないから八百長をやってしまう。
徳勝龍

しかし、平幕優勝をすると、毎日毎日、メディアをチェックするため、その世界の常連になる。
パチンコも「勝たせること」からお客さんへの入り口を作っている。
力士は、まぐれ(フロック)を引き起こしたら、女たちが寄ってくる。
しかし、いかんせん「中卒ヒエラルキー」の頂点に過ぎないため、無口な方がモテる。
つまり、右四つ失語症が「王道」なのだ。
朝乃山はそれで大関になったし、徳勝龍は、突き・押しとたまに左四つを用いる「バカなおしゃべり男」だった。
無口で話を聞いてくれる歴史上の人物、これが力士に求められた才能だった。
「男が無口で、女がおしゃべり」というのは「心のルール」と呼ばれた。
心のルール 穴井夕子

心のルールさえ成立すれば、学歴社会という「秩序」さえ無視する、そのため、彼氏が右四つの力士だということは100%の恋人とも呼ばれた。
酒井法子 100%の恋人

案外、女社会は、ガチガチのヒエラルキーがあり、女は「男運」だけが頼りだった。
他の女を抜き去る瞬間、世界は自分のためにある、と考えた。
高橋由美子 だけどI love you

蒸気船も、電車も飛行機も、インターネットも電報も電話もいまだ「共存」している。
「情報を載せる量」が違えば、値段も安くなる。
インターネットがなければ「格安航空チケット」もなかった。
つまり、男社会の「序列」も、女にとっては「男のお手頃感」という序列で成り立っていたのだ。
しかし、若い女の子に「男のこのような予言」をする力があるであろうか?
AKB48 ノーカン

北の富士が、「栃の心が大関になることは一年前には分からなかった」と語っていたが、昇進とは「技術の向上」をいい、どのような技術が用いられているかは解説がなされているものの、「失敗から学ぶ」以外にその方法はない。
そのためには、部屋が官僚的なものであってはならず、「失敗しても予算を切らない」という発想が必要になってくる。
失敗に罰を与える、と言うよりは、「学んでもらう」という姿勢が指導者には求められる。
のちに栃の心は、大関から陥落しているが、ケガをしたら技術以前の問題となる。
読売ジャイアンツや、阪神タイガースのような「巨大組織」には、失敗しても予算を減らすなという「のびのび野球」は通用しない。
組織の「巨大さ」の問題なのである。
GG 佐藤

おカネとは、「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」ものである。
彼女にフラれるのが確定している「管理野球」のもとでは、とんでもない「呪縛」にはまってしまう選手もいる。
守備で失敗し、予算が減らされると、打撃に関する「情報を買うおカネ」もなくなる。
エラーをしたあとにバッティングで「汚名返上」が必ずしもできるわけではない。
失敗したときはこのことを熟知している「プランナー」に頼るしかない。
「汚名返上」をするようであればプランナーがうまく機能している。
中堅どころは、プランナー次第で昇進が決まる。
北の富士にも「分かるわけがない」部屋の事情があるのだろう。
番付表とは、決して「偶然の産物」ではない。
「自分が何を得たのか?」を端的に表現したものなのである。
ノイズの少ない「部屋」という空間でどれほど多くの情報を得たかが重要だ。
ぶつかり稽古するのが怖いと思われて、ちゃんこに毒物を混ぜられることや、靴下を履かないと糖尿病になることなど、いろんなことがすべて「情報」なのだ。
相撲とは「神(天皇)の見えざる手」が介入しやすい世界である。
天皇の言うことを女に話して、作家として売れば「星が買える」のである。
私も、優勝した力士に「賜杯」を出している。
神(天皇)が考えていることは常に「配分的正義」(他人のセックスを気持ちよくすること)であり、かつては「ハワイ勢」が、今はモンゴル人が自分の本国を豊かなものにしている。
高見山のスポンサーはニクソンであったが、昭和天皇(私の祖父)とニクソンの関係は明らかではない。
ニクソンは自らの自伝「指導者とは」において吉田茂のことは記しているが、昭和天皇の「神の見えざる手」に関しては沈黙している。
夢に向かって大渋滞である大相撲やプロ野球の世界で、「失敗しても予算を減らさない」というプランナーは、どのスポーツにおいても必要であったし、プランナーもその代わり、どこからか資金調達してこなければならなかった。
私がハイスクールの時にホームステイしたユダヤ人家庭のファーザーは「スーパーソニックスのプランナー」であった。
男は、「学んだこと」に対してはなんの報酬も受けない。
「どのように生かしたか、女たちに話したか?」に対してGDPは反応する。
つまりはインプットではなくアウトプットが大事なのだ。
東大生のような偏差値BOYは、模試で有名だったという人が多いだろうが、大人になったら「女たちに有名」というかたちに切り替えていかなければならない。
司法試験に偏差値を持ち込むことがナンセンスなのである。
「我輩は猫である。名前はまだない」
これは、女たちが「あんな男になってみたい。想像の世界で私を従属させたい」という「一人上手の癖」を意味する。
ribbon さよなら  

エラーしたあとに打席に入って「汚名返上」というわけにはいかない理由は、案外、ベンチで落ち込んでいるときに、「自分の内臓」となっている「落ち込んでいるときに歌う曲」を、チームメートが隣で口ずさんでくれなくなるなどの理由がある。
この行為も「おカネになる」「チームプレー」だとするのならば、仲のいい「カラオケ仲間」にしか分からない「情報」である。
女性ボーカルは「処女」を演じる「お約束」がある。
周囲が、「この処女を譲ってやる」という意思表示をしなければならない。
歌うだけならば簡単だろう。
審判までもが「処女を譲る」かは明らかではないが、プランナーやノムさんの「資料」に何が書いてあったかは、これを探るしかない。
プロ野球の監督が「経営学」を講義できるようになる理由も、あくまでも「人間らしさ」(ヒューマニズム)を知っているからであり、今後の、メジャースポーツのあり方として「処女の歌を歌う」という可能性は指摘していい。 
ノムさんの「資料」に何が書いてあったかは墓場まで持ってかれてしまった。
ニュートン物理学って何?と思うだろうが、重力に抵抗する「処女の力」の研究だ。
英国王室のアイデンティティでもある。
どの選手がどの女の子を好むかは明らかではないし、そもそも「アイドルファンは視力が悪い」ことを考えると、案外、監督の方から一方的に押しつけることが可能である。
愛の炎 モーニング娘。

そもそも、英国王室の王子は「オランダ美人か貴族院議員から」嫁をとることになっていた。
それならば、「男は別の男の、女の存在、に嫉妬する」ことを踏まえて、令和法皇が好きな曲を歌ってもいいことになる。
ノムさんの「データ」というのは日本国の歌謡曲の歴史に満ちていたのだろう。
角ピッチングコーチは少なくとも、ノムさんのもとで、石井一久に「おい、うのが見てんぞ」と、「女の話題を出した」とテレビで発言している。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

女とはオレンジ公ウィリアムから賜るものである、とも言われ、案外、選手のプライベートまで知らずとも、「国王」(天皇・法皇)さえ知っていればよかった。
しかし、ノムさんのデータは「天皇制の混乱」を基盤に複雑化し「ID野球」と皮肉られた。
中森明菜 リフレイン 

さて、「資格を取って手に職をつけて」と言っていい「肉」(いじめっ子・ただ生きているだけの人)と、教会を導く側である「魂」(いじめられっ子・努力家)の違いを指摘したい。
「勉強します」とは、肉のためにある言葉であり、魂にとっては「当然のこと」であった。
「肉」の方が「地位にしがみつく」という特徴があり、資格のために勉強した。
魂は、筋骨隆々としており、性欲があり、放っておいてもモテた。
そこで、フィリップ牧師は、「資格」というものを作り、勉強する内容は「女心である」とした。
平成を生きた官僚は、平成天皇が「地位にしがみつく肉」だったため、なんのテキストも与えられなかった。
そこに令和天皇(法皇)が、官僚たちを「天皇を補佐するもの」としてしまう温床を作った。
魂に資格など関係なかったし、どんどん「女心」をクリエイトしていった。
花になる 奥田民生

政治家は魂であり、官僚は肉であった。
顔が、肝臓の、リバーフルークにやられてどす黒く、歯がボロボロになっていた20代の東大法学部出身者の「才能」をいち早く見抜いたのは小沢一郎だった。
令和法皇の出生の秘密はここにあった。
「あいつにはなんの資格もやるな。経典を書かせよう」
中曽根康弘も同じ考えであった。
肉が官僚であり、魂が政治家である。
人間には二種類しかないのよ?
時代を創る人、その中でいきる人。
人を感動させる人、感動させられる人。
舞台に上がる人、それを見ている人。
「月下の棋士・かをり」
魂が「いつ」時代を作り、人を感動させ、舞台に上がるか?
「その時」を人々は待った。
神社仏閣・教会なども平成の時代には「資格を持っただけの肉」が横行した。
天皇が「教科書を書かない」というのは君主制にとって致命傷だった。
肉・魂・人間(資格と女心)だけが、世界の「ムーブメント」だった。
華厳宗も、この「ダイナミズム」を利用して株価をつり上げていた。
若者を見たら肉か魂かをよく見極めることだ。
地位にしがみついてなんの経典も書かない奴を政治家にしても仕方がないからね。
氷室くんは知らない。三段の人間がどれほど勝ちたいかを。
「月下の棋士・鈴本」
有識者は、鈴本を「俗物」「肉」と呼んだ。
女性ファンが大勢いればプロであることを鈴本が知らなかったからだ。
さて、東大法学部を私法学科(一類・クリエイター養成所)、
公法学科(二類・一流芸能コース)、
政治学科(三類・キュレーター、評論家養成所)
と位置付けることがここで可能となった。
「ネット民事訴訟」を考えた華厳宗東大寺は、肉と魂の妥協点を「令和法皇」(女心を語る政治家)に見出だしていた。
今日は本当に日経平均株価が「500円近く」値上がりしたため、地位にしがみつく肉が震え上がった。
仏は時には「命」まで取るものだ。
そこで、肉と魂は妥協点を見いだそうとしているが、「次のアタック」はすでに起き始めている。
本当に「アメリカにいるような感覚」を日本人が味わうまで株価は上がり続けるだろう。
「肉と魂」は、英語で「Body & Soul」と呼ばれている。
SPEED Body&Soul

「欲しいものはいつも溢れているから」(肉)
「バッドデイからラッキーデイ、続いていくもののさ」(魂)
「あまい恋の駆け引きは言葉だけじゃ足りないから」(天皇の人間宣言)

steady(特定のパートナー)も、「魂」が想定されている。
SPEED Steady

いつもの仲間(肉)
変わり始めている私、世界中でたった一人の(魂)
偶然ではなく運命(天皇の人間宣言・宇宙論)

さらに、欲望に正直なだけ、満たされてたい(肉)
今が旬の毎日だから(魂)
Go Go Heaven(天皇の人間宣言)
SPEED Go! Go! Heaven

とも、表現される。
東大法学部は「芸能界と同じである」という考え(天皇の人間宣言)に清宮四郎は「梯子をはずされた」という衝撃を受けている。
肉と魂と天皇が一体(天皇と国民はひとつ・国体概念)というものとともに株価を見ていくしかない。
だんだん「魂」が「肉」を圧倒していくのが分かる。
SPEED White love

「ITバブルは部落民女のポルノによるもの」とされているが、「SPEEDが時代の空気を作った」ものと考えられる。
SPEEDとは、「魔女裁判を経たあとのルター派」だった。
なんだかパッとしない毎日(肉)
やりたいことモタモタしてたら乗り遅れちゃう(魂)
シャワーしてメイクしてラズベリーのパン頬張って(天皇の人間宣言)
SPEED Wake me up

肉(ただ生きているだけのいじめっ子)が株価を押し下げ、ボートフォリオの世界では「悪魔」とよばれている。
一方で、株価を押し上げる「魂」は、ポートフォリオの世界では「天使」と呼ばれている。
繰り返すようであるが、肉=悪魔に居場所を「円安」として用意しながら、魂=天使が株価を上げていく、時には肉=悪魔の居場所すら奪ってしまう。
これを「ネット民事訴訟」「華厳宗」と呼ぶ。
日経平均株価チャート

あの空を越えて生まれゆく「魂」よ。
自分に負けないで。
誰にも(肉)負けない。
True love(天皇の人間宣言)
SPEED All my true love

ヨゼフ・アルボは、「怒ると怖い」ではなく、「怒らせて判断を間違えさせよう」と考えた人物だ(怒りの哲学)。
魂は、怒っていた。
肉は、怒らせていた。
魂の判断の誤りから、株価は常に上がり続けるものではないことが分かった。
本日は「200円近く」株価を下げた。
怒りをどのように沈静化させるかが課題となった。

絶え間なく打ち寄せる波(肉・いじめっ子)
まぶしかった過去(魂)
愛を止めないで(天皇の人間宣言)
SPEED Alive

アルボのアラゴン・カスティリャ朝も、イングランド銀行およびシティの株価に国運を委ねていたし、「肉・魂・人間」というトライアングルから富を生み出していたという意味ではカトリック国であった。
魂の沈静化、いじめられっ子の「怒りの救済」が課題となった。
大阪パフォーマンスドール 笑顔に大接近

いじめられっ子(魂)の怒りさえ鎮めれば、国の経済が右肩上がりなのが分からないかな?
モーツァルトのレクイエムはそのようにして書かれた。
モーツァルト レクイエム

アルボは、怒りを「原則」(女をめぐる問題)と、「根っこ」と、「枝」に分けた。
根っことは「過去の成功体験」てあったし、原則、つまり、そのことに対して正当な評価を与え、女を与えれば、怒りが治まると考えたのだ。
原則(人を正当に評価し女を与える)さえ間違えなければ、怒りは枝として枝葉末節な問題となった。
大阪パフォーマンスドール チェリーパレード

家庭内での怒りも「高校・大学にいけば女なんて山ほどいるだろう」という思いが親にはあるし、社会人としての「原則」も、なにも「24時間、プライベートまで拘束しているわけではない」という考えがあった。
経営者には「従業員がどんな恋愛をしているのか興味を持つ必要はない」というのが労働法の考え方であり、元長野県知事の田中康夫は、この「原則」を間違えていた。
まだ何者でもない、何者にもなっていない男に「口説き文句」を教えるのが天皇の仕事であり、執筆活動そのものがレクイエムであった。
カトリックの「怒りの哲学」は、しかし、「アイドル女」(偶像崇拝)よりも「実物の女の方が優れている」としている。
霊「魂」の不滅と、「肉」体の消滅のために「神(天皇)の見えざる手」は存在し、いじめがなくなることは「革命」を意味するが、
それは世界史では「失敗したもの」とし、君主制が「正解」であろうと現在でも考えられている。
右肩上がりの経済とはこのような美学から生まれているのだ。
松浦亜弥 美学

コーデモイは、どんな小さな男にも「可能性」を見出だしたというという意味では、現在の「ビッグバン」=量子論の先駆けとなり、「カップルの発信力」は、卑怯ものにはないとし、霊魂の不滅のために音楽作品を作った。
かぐや姫 神田川

量子論は、ひも理論に比べると「予言・微調整が困難」という指摘があり、実際に、量子論の立場に立脚する論客は「計算でごまかす」という特徴がある。
これは、論理学(仕事学)にも言えることで、変な記号で「仕事とはなにか?」をごまかしてしまうのだ。
私は、量子論や論理学とは「距離をおいている」というよりも、そもそも「何を言っているのか分からない」という感想を持っている。
それでも、量子論の意味は、「一番小さなミジンコのような命を愛する」というものであり、論理学は、「令和法皇の文章を読む」ということであった。
コーデモイは、ここで「量子論」「論理学」とは、「肉」の惨めな人生を富に変えようと思ったんだよ、
と衝撃的な発言を行った。
「肉」体の不滅こそが量子論・論理学であり、霊魂の不滅を信じながらも、肉体、つまり滅びる宿命にある「いじめっ子」のことを歌っていたとしたのだ。
霊魂は常に「メディアの寵児」であり、「あなたの彼女」になりたいと歌われた。
松浦亜弥 あなたの彼女

量子論、論理学は「演歌」の特権とされ、日本海であった。
肉体が日本海ならば、霊魂は太平洋であった。
ここに、世界のスーパーパワーである日本国が誕生した。
いじめはなくならない。
しかし、量子論・論理学として、銀閣寺と位置付けられ、霊魂は金閣寺と呼ばれた。
金閣寺は何度も放火された。
北の宿から 都はるみ

デカルトがJ-POPならば、コーデモイは演歌であった。
デカルトが霊魂ならば、コーデモイは肉体であった。
デカルトが「いじめられっ子」ならば、コーデモイは「いじめっ子」だった。
コーデモイは、女たちに「どうでもいい」と皮肉られた。
避暑地の森の天使たち

コーデモイは「そりゃ、デカルトは乙女の祈りを握っているから、私も敵わない」と語った。
しかし、「いじめる側」も根強い信者を持ち、のちには「左翼」さらには「仏教」を形成していくことになった。
「ひも理論による微調整」だけはデカルトが握った。
肉(いじめっ子)は、たしかに日経平均株価を相手にしていると、「下げ圧力」「悪魔」と呼ばれるほど強かった。
しかし、天使・上げ圧力は、天皇という「人格的統治者」の力量に頼りきっていた。
天使か悪魔 高橋由美子

いじめられっ子(魂)は、デカルトの縄張りであり、処女たちを味方にしたが、なにしろいじめっ子(肉)よりも「頭を使う」ため、精子が出た。
女の子たちは、これを見ていたのだ。
「精液って美しいものよ?」
この心理が分かるだろうか?
天使の館 酒井法子

人間社会は、時に「工業高校」のように「肉と肉」の潰しあいがなされることがある。
このようなときに「女の子達の支持」が必要となるため、演歌に詳しい、都会に近い必要があった。 
田舎では怖いもの知らずでも、越境したら「通用しない」ことがある。
修二と彰 青春アミーゴ

肉と肉ならば、カマを掘りあって終わるだろう。
他人を蹴落とす東大生もいたが、体が貧弱で社会人としては落伍者として終わっている。
精液がでない男は、男たちにはモテる(荷が重くない)だろうが、所詮、処女たちの関心の的にはならなかった。
天使のアリバイ うしろゆびさされ組

なぜ、女子高生は、令和法皇とその父の不老長寿を祈るのだろうか?
女は「死んでも私のことを覚えておいてもらいたい」(サヴァイブ)という祈りと、息子が「生きるとはどういうことか?繁栄するとはどのようなことか?」を証明しなければ生け贄に捧げる(サクリファイス)という二つの「人生を謳歌する方法」を持っており、
塵から生まれ、塵に帰っていく存在てある。
杉田二郎 息子

熱く燃えたセックスも、永遠の友情も、国の治め方も、高貴さも、すべて「天皇の記憶」に残るのだ。
永遠に友達 瀬能あづさ

令和法皇の父はソクラテスであったし、令和法皇はプラトンであった。
恋人たちを「情報に満ちたもの」にし、自殺を禁じた。
昔は、練炭自殺というものがあったが、今は令和法皇の読書会となった。
真冬の恋人たち 松田聖子

ヨーロッパ中世にせよ、イスラムにせよ、令和法皇の「記憶」によって成り立っていたし、タイムマシーンは2024年に完成する予定である。
不老長寿となれば「知識」は増えるであろうが、どのみち日本人は普通の国民であるのならば「一回限りの命」ではあっても、死というものはなかった。
タイムマシーンと、乙女の祈りはこのように「国民」と「天皇」というものを区別した。
国民は「肉」であり、一回限りの命であったが、「魂」は天皇となった。
魂に「知識・記憶」が生まれ、そこでようやく「男を崇拝する」宗教が誕生した。
赤いスイートピー 松田聖子

「国民の方がセックスが気持ちいい」という「一回限りの命」のメリットも指摘されている。
ここで「天皇と国民はひとつ」という国体概念も成立した。
天皇は国民の「もう死んでもええ!」「アーッ、知性が私の中に入ってくる」というものに奉仕する存在であった。
「知性」それはセックスを気持ちよくするものであったし、天皇陛下からもたらされるものであった。
「乙女の祈り」というものもこのことから生まれているのだ。
普天間かをり 祈り

子供ができたら令和法皇の言っていることの意味が分かるとも言われる。

ケプラーは、「女の追っかけがいる男」が勝つだろう、としている。
女たちは「追っかけ」のために時間を浪費している。
だったら、目的の男を勝たせるために「体」さえ使うだろう。
女社会の「序列」とはすでに固まっているものであり、その壁をぶち破るために女たちが暗躍したのだ。
三井愛佳 私の魅力に気付かない鈍感な人

 
もちろん、「彼のブログ」は熱心に読んだ。
間違いなく、「彼」はクリエイターであったし、東大法学部が喉から手が出るほど欲しがる人材だった。
そのため、追っかけとブログの読者と、体を使う応援団を兼ねていた。
結局、「私を人類の進化に使って?法学者さま」という境地だったのだろう。
待たせておくのも申し訳ないのでしっかりと「ブログの更新頻度」は維持した。
松浦亜弥 S君

「彼」が成功して、女に与えられたのは「芸能界の役」であった。
あるいは、すでに「役」が与えられている女は「この人は」と思う男を常に探していた。
地球のマントルには丸があり、周囲を三角が取り巻き、地表では四角となっていた。
つまり、「地球の奥底に沈める」悲しいバロック音楽をマントルで聞き分け、女の三角関係がうまく均衡を維持し、地表では「仲良し芸能人」を演じていた。
深津絵里cm

 
いじめられっ子(魂)は人の痛みが分かる。
失恋したときに「彼」の才能に気がついた。
人間の悲しみを地球の奥底に沈めたのはバロック音楽であるが、それを解釈したのは「彼」だった。
音で「悲しみ」を表現したときに、政治コミュニティは、「最後の審判」を恐れなくなっていた。
肉(いじめっ子)といじめられっ子(魂)の明暗を分けたのも音楽であった。
あなたよりも愛していたい 国生さゆり

地球の奥底に沈んでいる人間の悲しみ(ユダヤの悲しみ)を掘り起こして「評論する」この作業は「肉」(いじめっ子)にはない才能であり、魂(マハトマ)にしかできないことであった。
パリは燃えているか

真剣勝負を「彼」はやっていたし、多くの後悔から学習もしていた。
人生には「失敗」の方が多く、傷ついていたが、それでも「神」を信じていて陽気だった。
おそらく「世界最高の教師・アリストテレス」と出会ったのだろう。
アリストテレスと出会ったかどうか?
それだけを問題にしていたのであり、「儀式」などどうでもよかった。
失敗の数の多さ、そして勝負師であること、そして「陽気さ」を問題にした。
書く文章はたとえ「重く」とも、彼を愛した。
近くにいる女は速く、離れている女は遅い、ケプラーはそのように表現したが、速い女から遅い女へと情報は確実に伝わっていた。
「のんきに構えてる」
八月、最初の水曜日 渡辺満里奈

実は、これらの考察を踏まえて、株式会社DeNAに、モバコインの裏付けのあるDeNAエンジェルチャペル(女子高生教会)を作ったらどうか?と企画したのだが、読売ジャイアンツやヤクルトスワローズなどの「東京の」球団の方にニーズがあったようだ。
砂漠には「家庭内に病人が」いたりして、横浜よりも現在、本気度が高い。
サンドベージュ 中森明菜

はじめに言葉ありき、少年は、「ユダヤの悲しみ」を知っている女たちにこれを後の人生で理解しないと生け贄(サクリファイス)にされることを知った。
女にモテなかったじいさんが家に火をつけたのを目撃したからだ。
父と息子はライバル関係にあった(神は死んだ)。
母は、息子か父に勝たなければ「戦争で死んだ」と言って自慢するだろう。
女社会の序列は息子を生け贄にすることで成り立っていたし、息子は父に勝たなければならなかった。
マザーファックするような柔な人生ではなかった。
東大生のなかにも「坊や、白いもの出た?」という育ちをする坊やもいたが、「神は死んだ」「サクリファイス」の二つこそが両親との関係であり、「はじめに言葉ありき、なぜなのパパ」と少年は、錯乱したじいさんを見て語った。
女たちの取り巻きを作るとは、それほど困難なものなのであった。
サクリファイス エンディング

はじめに言葉ありき、とは、失恋した女たち(悔い改め)が言葉を作ったことを意味し、植えたばかりの木も、「50年生」になれば立派になる。
日本の林業も、50年生を迎える木が多く、外国の樹木に決して見劣りはしない。
シネマのヒロインが、少年には「救い」になるだろうが、19歳まで恋愛禁止とされているのがシネマスターだったため、妹や母親に逃げる者も多い。
「強さ」を求めるものにはないものであり、「精液とは美しいものよ?」という女たちがいるのも「強い男への男性崇拝」(宗教)だった。
子供のいない男は、「肉」であり、病人であり、株価が下がるのはなかった「取り返しのつかない社会の病気」(いじめ)であった。
少年愛は、これらを正確に理解した上でなりたっているものである。
美少年が失っていくものの代わりに得るものが男の魅力とも言われ、「肉」の正体を明らかにするのも有効な経済政策であろう。
1986年のマリリン 本田美奈子

男にとって「仕事」とは、家庭で育ち、学校で学ぶことなのだ。
男になって「ザーメンちょうだい?」と女に言われるようになれば、どんな仕事でもできる。
どの企業も設立当初は「AVメーカー」だからである。
精液が出るだけで女二人の奪い合いになる。
Wink 愛が止まらない

男の人生ってのは「神は死んだ」「サクリファイス」と常に向き合っており、精液すら出ない男(肉・いじめっ子)というのはどうしても株価を下げざるを得ない。
誰もが「明るい社会」「いじめのない社会」を望んでいるわけでない。
このような「精子のでない男」の研究を「物象化論」と呼ぶが、その実態を明らかにしても必ずしも株価にはいい影響は与えない。
「売り豚」の実態を明らかにして経済効果があるのかどうか?
今のところ「日経平均株価を千円以上下げた」という記憶しか私にはない。
「貧乳」「精子が出ない」など、「サクリファイス」「サヴァイブ」「神は死んだ」という概念の前での「弱者」のことを「芸能人」と呼ぶが、「神はゲイを憎んでいる」と発言するわけにはいかないものの、彼らの「生態」を明らかにした新左翼も「人間に知らないことはない」という状態になるにとどまり、必ずしも「革命」=いじめのない社会の実現にはつながらなかった。 
肉は努力をしないため、プロレスは盛り上がるかも知れないが、女心「ユダヤの悲しみ」は、1999年には日本国でもその全体像が出尽くしたとされる。
植松被告のように「性倒錯」=「芸能人」=「障害者」を「いない方がいいと思った」というような事件(相模原施設殺傷事件)もあったが、植松被告の控訴取り止め、死刑確定により、真実は闇に葬られた。 
おそらく司法取引によって植松氏の死刑執行はなされないものと思われる。
「肉」は、性倒錯を持っており、なんら生産性のない存在であったため、「地位にしがみつく」という特徴を持っている。
利上げはそのような者を退けるために行われているが、今は政策金利が機能しない。 
肉の居場所を。なくすためには円高しかない。
あるいは物象化論を研究することで、「肉」の生態を明らかにするなど、いまだ有効な経済政策はある。
東京ディズニーシーが「同性愛カップルの結婚式」を認めたが、物象化論の研究の深まりを待って行われたものてある。
性倒錯を、その実態を明かにせず「応援」することは経済には悪影響を与える。
涙にはしたくない モーニング娘。

それにしても「肉」と「魂」のぶつかり合いはすごいね。
肉は人口の「8%」とされるが、フェラーリやマッキントッシュみたいなものか。 
チョコレート魂 松浦亜弥

ケツが性感帯にはなるのは、子供の頃の虐待が原因であるし、足を揺すりながら取引しているので売り豚だと分かる。
彼らは「カマ掘ったろか」という言葉を極端に恐れ、男なのに「いいケツ、いい胸、スレンダーな体」を指摘されると喜ぶ。
オカマはそうであるが、両刀遣いは、「精子」という言葉を極端に恐れる。
ぼくをぶたないで 高橋由美子

プロ野球選手や政治家と、「自分も政治生命を共にする」芸能人女性は多い。
いろんな芸能人女性はいるし、女たちの「男の値踏み」は間違えることが多い。
そんなときに必要なのが「人を裁くなかれ、あなたが裁かれないためです」という聖書の一節だ。
部下を庇うのは、他のニヤニヤしている連中の反発を買うからやってはならないが、自分の取り巻きを「許す」寛大さがなければとてもキャリアは長期間はつづかない。
横浜DeNAベイスターズは、なぜ投手が短命なのだろうか?
「許し」を教えていないのだろうか?
女性芸能人が三人取り巻いて、四人が芸能活動をする世界においては、「許し」というものが必ず必要になってくる。
女に一度見捨てられても「次」というときには許さなければならない。
野球なんてものはその気になれば40才近くまで続けられるのではないだろうか?
大野幹代 許して

1999年の異様な世相(ノストラダムスの大予言)の中で、私は「カリスマ」と呼ばれた。
宇多田ヒカルもモーニング娘。も、私と政治生命を共にするように出てきた。
宇多田ヒカルは、母に勝つために、私の取り巻きをやったが、「小野くん」の「許しってなに?」と歌っている。
嵐の女神 宇多田ヒカル

酒井法子はもっと早く、私の1990年東大文一合格に遡る。
酒井法子 昨日の今日なのに

 CoCoもそうであったが、私は宇多田ヒカルが「許しってなに?」とのちに歌うことになる人生のどツボに入った。
CoCo 君の歌 僕の歌

我々は「仲間」を作りながら生きている。
偏差値や野球、サッカーが大事な時期もあるだろうが、大人になってしまえばそうではない。
「司法試験に受かって弁護士に?」
その無意味さにいつ気がつくかが大事だ。
女の子達が夢を託せるのは「仲間の多い男」だからである。
宇多田ヒカルやモーニング娘。がブレイクしたら、私は司法試験を受けるのをやめた。
モーニング娘。21世紀

私が天皇になる前に、宇多田ヒカルさんと、バスで同席し、10分ぐらい英語で話した。
このような歌として記録されている。
二時間だけのバカンス 宇多田ヒカル

「許しってなに?」と宇多田ヒカルは歌ったが、私は「人生の見通しが良くなったから許した」のだ。
イチローが「セカントゴロでキャリアの永続を確信した」ようなものだ。
アウトになっても「イチローさーん!」とでも言われたのだろうか?
実力で打ち勝ったのならば「本音からすべてを許せる」ものであるが、実力がまだ未知数であるのならば「理論上の許し」に過ぎない。
本当に「本音から許す」のならば、それは「己を許す」ことを意味する。
「神聖な許し」というのは時に人生をも変えてしまう。
「このやり方でいいのか!」「この先生にしたがっていればいいのか!」
それが分かった時に「神聖な許し」が生まれる。
先生そのものが成功者でなければならなかったし、「小野くん」は、日本国の天皇にまでなっている。
多くの政治家たちが「謝罪」「引責辞任」してきても「令和法皇」は、そのような問題を起こしてはいない。
令和法皇が育てた「読者たちの自尊心」こそが神聖な許しにつながるのである。
先生がいなくて「怒っている」者は、父や母に潰されるだろう。
仲間がいれば「許せる」のだろうか?
ラッヘ(復讐)をするのならば、よく仲間と相談すべきだね。
たった一人で怒りを抱えていても、神聖な許しにはつながらない。
下手な「先生」についたら人生はおしまいだ。
「アイドルだから許して」
神聖な許しができる人に女性芸能人はそう言った。
フィロソフィーのダンス

哲学は永遠であるが、「神・男」への愛を語る「宗教」は永遠ではない。
どのミスターも、どのシスターも「永遠ではないもの」つまり「愛」を信じていた。
哲学を語るのならば「評論家」に過ぎない。
渦中にいる人は「宗教家」であり「プレイヤー」であり権力者だった。
フィロソフィーのダンス シスター

目で見たものは、「哲学になって蒸発する」とされる。
天皇だった男、内閣総理大臣だった男、プロ野球の男、どんな男の前でも、女たちは「ダンス」をするしかなかった。
フィロソフィーのダンス ダンスオアダンス

そして、哲学者の話を聞いて、彼氏との「明日」を考えた。
別れる気などさらさらなかった。
フィロソフィーのダンス はじめまして未来

彼氏は「神(天皇)の見えざる手」や、プロ野球などのメジャースポーツを好んだが、それでも、実際に快楽を与えてくれる「彼氏」の方が大事だった。
フィロソフィーのダンス ニューアタラクシア

19歳まで恋愛禁止(ドグマ)という教えから引き起こされるものはドラマだった。 フィロソフィーのダンス ドグマティック・ドラマティック

 

2020年6月29日 (月)

新左翼~自民党の犬(エッチな溝川幸二)。

さて、予算の「3%」が成功につながればいいとしたが、産業(男らしさを語る宗教・女心を定義する政治)というものは、資本主義(男主義)および帝国主義(膨張する宿命にある国)および、社会主義(国の財政が潤沢にある国)および共産主義(いじめのない理想郷)とどのように関わるのかは説明が必要だ。
少なくとも「イデオロギー」を電話で語り、最後まで聞けた女性は今のところいない。
イデオロギーについて 小野光太郎講演

マルキュースは、イデオロギーをなぜ「音楽」に用いないのかを不思議がった。
女が全員「イク」のならば、誰か歌ってもいいのではないか?
しかし、廣松渉にせよ清水幾太郎にせよ、若者に「簡単に教える」ことを憎んでいた。
イデオロギーをより簡単に若者に教えたのは令和天皇であった。
しかし、芸術の基本は「男による女の支配と従属」にあったし、実際に芸術に昇華した作品もあった。
Be my baby Complex

性欲のあり方と、「女心」にはズレがある。
女の経験をかなり歪めてしまうのが「男と女の性欲」だったのだ。
このことから「性欲ベース」でスイングしても(ヒュポダイム)、ボールがバットにうまく乗らないことも分かった。
恋愛とはもっとロマンディックなもの(パラダイム)だったのだ。
Majestic baby Complex

性欲どおりにヒュポダイムとして音楽作品を聴くことはあっても、女性アーティストは、「女心」をパラダイムとして表現していた。
紅白歌合戦では、パラダイム(紅組)とヒュポダイム(白組)が戦うが、最近は「性欲」が、「女心」に連戦連勝だ。
紅組が勝てばインフレ経済(女が感じない)であるが、白組が勝つのならばデフレ経済(女が激しく喘ぐ)である。
ここに、資金の裏付けをうまく合わせなければならない。
感じないのならば、いろんなものを買ってやったり、言葉を考えたりする必要があるが、今は、令和天皇の治世であり、言葉は潤沢にある。
株価も適当に安定しているが、バブル経済ではない。
女も、男が欲しいから、あまりわがままを言わないのだろう。
ヒュポダイム圧力と、パラダイム圧力をうまく使い分けることが可能となっている。
レーニンは「女心」をたくさん考え、パラダイム圧力を生み出したが、男女の性欲を背景とするヒュポダイム圧力は、相当、破廉恥な女を大量生産し、彼女たちは「無人島に行きたい」と言い始めた。
産業革命(宗教・政治革命)を経た資本主義(男主義)と、帝国主義(膨張する国家)、さらには社会主義(国の財政が潤沢にある国)、いじめのない理想郷(共産主義)の図式が全く想定していない「財政が潤沢にある世界政府」が見えてきたのだ。
レーニンは、パラダイム圧力とヒュポダイム圧力を自在に使い分けるトロツキーを後継者に望んだが、スターリンは「ゲイカルチャー」という粗暴な側面から支持を広げていった。
バラダイムともヒュポダイムともつかぬ「相対主義」が、かなりコンセプトに迷いながら広まった。
しかし、日本国はその「理論の不安定さ」に少子化が予測された。
尾崎豊 シェリー

竹原ピストルも、相対主義の立場からかなり不安定なかたちで人気を誇った。
スターリンが、ヒトラーとの戦争で彼のマンションの「リトルコーナー」で集中し、人を離さなかったのはさすがというしかない。
ヒトラーの孤立を待ったスターリンであったが、英米の動き次第ではスターリンはこれほどまでに不安定だったのだ。
竹原ピストル

つまりは「4Kだの8Kだの」と令和天皇が結びついたら、当然、「世界政府」は見えるわけであるが、アメリカ合衆国が「アリューシャン列島、朝鮮半島、台湾、満州」までは容認できても「南部仏印」つまりベトナム・ラオスまで行くのならば天皇の退位を意味することも歴史の教訓として覚えて置かなければならない。
おそらく「小乗」(一部の人しか車に乗れない)の国に、日本車が走るようならば、世界のハンドルを日本に渡さざるを得ないというアメリカ合衆国の考えがあるものと思われる。
このような、シンプルな経済政策も、女たちの「性の経験の多様性」を生み出し、政界は「戦う民主主義」(多党制)を生み出し、芸能界も党派に別れた。
経済学者がシンプルに考えた道州制も、公物管理(芸能界管理)によって「実現しない」のだ。
男は青年期に「男女の支配と従属」(性欲・ヒュポダイム)にばかり満ちていて、恋愛論(バラダイム)には疎い時期がある。
このような「ユダヤ系の若者」には、モーゼ五書を読むまで城に帰ってくるな、と言うしかない。
街をさまよったりして、孤独なレースが続くのだ。
ミスチル

「競争」+いじめが存在するのならばカトリックであるし、このユダヤ系の若者に「いじめのない楽園」を提供するのならば共産主義である。
国の財政の豊かさにかなり依存したものとなる。
国の財政に依存する社会主義国家ならば、エリート主義の立場に立たざるを得ない。
「教育の独裁」というかたちで三位一体を否定し、いじめを否定したロシア正教会は、このようにしてキリスト教が指導する社会主義国家をソビエトに構築した。
テレビを見て、パラダイムに詳しくなるのならば、それは君主制の否定ではあるが、インターネットの世界にカリスマ(君主)はいないものの、ソビエトという国はユダヤ人をうまく体制に組み込んでいった。
ロシアの民族運動は必ず「反ユダヤ」という色彩を持つ。
「競争」+いじめというカトリックが、指導者を作り、ロシア正教会に反旗を翻すのである。
体制選択は「国家財政の問題」と言うしかない。
財政が潤沢になれば帝国主義(膨張する国家)に移行してしまうのだ。
いじめをなくせば財政は豊かになるが、エリート主義の立場からテレビを面白くする必要があり、「いじめがなければ指導者は育たない」宿命にあった。
共産主義は、世界史においては「失敗」したのである。
いじめがなければ、いじめられる側は「いじめをやる側の論理」を学ぼうとしない。
「いじめられる側に原因がある」と言うが、目的を持っているという「原因」はあるだろう。
しかし、なんの目的も持てない「いじめる側」には、「病気持ちである」などの理由があり、医学や人類学は常にカトリックがリードしてきた。
いじめられる側(魂)は、いじめる側(肉)から学んでいたのだ。
いじめっ子が。「お兄さんよりも醜い」のならば癲癇である。
デパゲンなどの薬を隠れて飲んでいる。
CoCo 夢だけ見てる

そのような世界で「いじめをなくすのが税理士の仕事」と言っても無理じゃないかな?という感想しかない。
しかも、中学高校時代に、「いじめる側」「目的を持てない側」に 「キス」が流行したのだ。
それは、「全人類の平等」を志向した動きであった。
渚の・・・・ うしろゆびさされ組

いじめをなくそうと考えたマルクスと、女心に詳しいフロイトはここで合流した。
目的を持つ人間が、女心に詳しくて、モテるのならば、「いじめっ子・病気持ち」のキスの流行に立ち向かえることを知ったのだ。
持てるものと、持たざるものの区別が生まれ、ポストモダニズムの時代となった。
「面白いことをやった奴が神」
これがポストモダニズムであったが、持てるものの行動原理を、持たざるものは理解できなかった。
「面白い」
これがエリートだったのだ。
シドニー・フックは、自由民主党が財政出動し「箱物・公園・森林」などを
作ったことから「自由民主党の犬」として、「そのコンテンツを充実させる」のが新左翼であるとしている。
人間は、猿から進化したものではない。
動物の肉を食わなければ恋もできない。
そして、植物による失恋ソングの版権など、芸術を愛することを基本とし、日本人の中にも「国家一種試験を受けるから美術館めぐりをした」というような新左翼を生み出した。
マルキュースは、「普段は、森の裁判をやっているカップルでも、一線を超えるときは支配と従属の関係になる」ということをヒュポダイム(性欲メカニズム)と、パラダイム(恋バナ)として区別したが、フックは「太陽は膨張していない、地球は永遠」として「箱物・公園・森林」を豊かなものにしようとした。
ribbon wish

新左翼の若者たちは、天皇の話を好み、肉を食い、自らを「恋する天皇」と位置づけていた。
まず、大学に入ることは基本中の基本であった。
そして、「アカデミズムの向こう側」を見るために熱心に講義も聴いた。
フックの成功体験は常に「環境問題」にあったし、シドニーという名前はオーストラリアの都市にもなっている。
シドニー・フックの、経済閣僚抜擢は、「無駄な箱物」をなくしてくれるからであったし、その原点が、環境問題にあったのだ。
ヒュポダイム(性欲)は、笑いの起源であったし、労働も「支配と従属」から成り立っていた。
しかし、環境問題を恋愛論の一部として組み込んだのはシドニーであった。
ribbon さよなら

1930年代に、ナチズムとスターリニズムが台頭してきたが、アメリカ資本主義は、イギリスとともに「国家社会主義か共産主義か」という2つの選択肢を抹殺した。
ナチズムも「ドイツの限界を踏まえてアメリカを知る」というものであったが、アメリカ資本主義はシドニー・フックがいてこそ成り立ったのであり、環境問題で打ち勝ったシドニーの力に負うものが大きい。
当たり前のようにアメリカ合衆国が強かったわけではない。
「アドニスのために泣くアメリカ人」が背景にあった。
私も「日本国の限界を踏まえてアメリカを知る」という立場であり、国家社会主義の立場だ。
いじめをなくせば税収が上がり、潤沢な国家財政で「さらにいじめをなくす」という好循環を夢見た共産主義は、シドニーの「環境問題」の前に抹殺された。
共産主義は、新左翼であるシドニーおよびアメリカ資本主義に敗北したのだ。
フルメタルジャケット ミッキーマウス

ウォルト・ディズニーは、ミニーマウスをミッキーマウスに対して従属的に描き、これは「ディズニーファンの女性たちはウォルトにとって、美の探求のパートナー」であることを意味した。
私もスマホの契約で、ディズニー作品が見放題となっているが、日本国の神道は、J-POPに続き、ディズニー作品も吸収しようとしている。
ミニーマウスは、アマテラスであったし、ヒュポダイム圧力(性欲)と、パラダイム(恋愛論)に満ち溢れていた。
アメリカ資本主義は、ディズニー作品を「経済政策」として用い、それがそのまま「日本語」に翻訳されている。
西側諸国には「ムーンリバー」が流れ、東側には何もなかった。
「これが繁栄だ」
星に願いを

アメリカ合衆国は、都市部に住宅地が広がり、田舎は軍事要塞となった。
二人のカップルがいるとすると「男は男に嫉妬し、女は女に嫉妬する」のだ。
神田沙也加 堂本光一

あくまでも、女から見た「男性崇拝」が「神は死んだ」「おお父よ!」という息子の言葉であり、ジョージ・サンタヤーナは、「姉がいたこと」からパラダイム(恋愛論)に興味が持てた、と説明している。
Madonna Oh father

 

 

 

 

 

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月27日 (土)

公園。

公園とは、「市民が計算するためにある」とされる。
1920年代から作られ始め、1940年代から1950年代にかけて、「政権を支える計算をした人」が、我が物顔で公園を利用した。
子供を「公園デビュー」させるのも親と政権の都合があり、簡単ではない。
バスケをやる、サッカーをやる、野球をやる、すべて「市民が計算するため」のものであるし、時の政権を支えている親の子供が「エースで四番」を務めた。
最初に、公園に自分の家を建てたのはビートルズのメンバーたちだとされる。
そういう意味では、なぜ、松田聖子や中森明菜は中曽根政権に「公園」を自分の家として要求しなかったのか、明らかではない。
テキサス州のブッシュ一族は公園に居を構え、レンジャースのみならず、全米のビルボードを支える存在であり、常に「評論家」だった。
高橋由美子 大宮公園


第二次世界大戦は、コンピューター時代の到来をもたらし、「政権の支え方」が複雑化したし、計算能力も高まった。
初期の「コンピューター時代」とは、電話のことを言った。
さらに「ラジオ」もこれに加わった。
ラジオと電話があれば「電話リクエスト」が成立し、歌の評論が可能となった。
バスルームでキャッチホン 高橋由美子


 
「ラジオと電話の電リク」が成立した時に、時の政権は安定感を増し、背景には常に「公園」があった。
地権者が国や県に土地をレンタルし、そこにラジオと電話が関わってくるという形で「誰もが時の政権を支える」仕組みが出来上がった。
アナログが「0と1」を1024桁並べる記憶力を持ったらようやくインターネット時代が見えた。
ユーチューバーの誕生だった。
ユーチューバーは常に「計算をし、時の政権を支え、公園を借りて家にする」ことを考えていた。
日本国のジェンダー差別は、先進国の中でも広く知られている。
これを解消するのも「経済政策」=公園行政次第である。
日本国の「女性ポテンシャル」は、末恐ろしいものがあり、政治経済の発展と、農地の3分の1を占める耕作放棄地および公園のあり方が今後の日本国の発展の鍵を握っている。


アベノミクス三本の矢のひとつ「構造改革」


さて、権力に近づいた者が「公園」に出ることが許されるが、もし、公園を「自宅兼宗教施設」とするのならば、当然、教会を作らなければならず、そこで「どのように権力に近づいたのか?」を人々に語らなければならない。
女たちが「この男は偉い」と判断したから、権力に近づけたのだ。
だったら「パーク系」の教会というものを当然女たちも望んでいるはずだ。
すでに社会での「セレクション」を終えたから「パーク系」の教会を持てるようになったのだ。
政権をどのように守ったのか?
女たちは知りたがったし、学生さんたちも知りたがった。
しかも、牧師(権力者)は、たとえ多忙であろうと、ヘビースモーカーであろうと、自宅兼宗教施設の教会であったため、コンデショニングの心配も必要なかった。
公園を利用した「パーク系」の教会は世界初の試みであったし、牧師に外れはない。
いろんな「城跡」は残されているが、パーク系の教会は「エスタブリッシュメント」と呼ばれる男のやるところであり、バカ一代というのがエスタブリッシュメントの現状だ。
どの神社仏閣も「後継者不足」には悩まされている。
國學院大學や皇學館大学に任せてはいられないのが「パーク系」教会の土地の権利というものだ。
高橋由美子 ETUDE


マリー・ウォルストンクラフトや、ハンナ・アーレント、シモンデ・ボーボワールは、「パーク系」教会がなければ哲学者にはなれなかったとされるほど、一流の牧師が育つ仕組みであり、1967年には哲学の世界においてはこのような「教会の作り方」が主流になっている。
松田聖子 ブルージュの鐘


女性たちにおカネを、それはひとえに「心の豊かさ」「ある意味、男が創造した女心」に頼っている。
案外、「女心」というものは男がクリエイトしているのだ。
それが精緻化されれば女たちはおカネを手にできたし、構造改革とはそのような歴史だった。
「私たち」をどう思うのか?
女たちは、明らかに「女心」を男に聞きに来ていた。
ルソーは子どもたちを公園で遊ばせた。
いつしか、それは大人たちの遊び場となることも分かっていた。
男らしさは女が決める、それはひとり上手の都合があったが、女心は男が定義するもの(政治)というフォーラムを確立したのはデカルトであった。
デカルトは「プリンセスエリザベス」(ボヘミアの女王)と文通し、腕を磨いたが、私は、いろんなアイドルとの電話で腕を磨いた。
知恵と対話は疑似セックスであった。
それで、令和天皇は即位できたのだ。
ribbon さよなら


デューイは、自由民主党に「いいから、とにかく箱物を作れ」と発破をかけた。
アメリカ合衆国がのちに「どうにかする」のが目に見えていたからだ。
いまだ、喘がないでマルクスの「イデオロギー」を最後まで聞いた女はいなかった。
自民党と共産党だけは「兄弟」みたいなものだった。
プリンセスエリザベス(ボヘミアの女王)は、ジェームズ一世の娘であり、チャールズ一世の妹である。
日本でいうと、ジェームズ一世は伊東四朗であり、チャールズ一世は木村拓哉である。
鈴木亜美 Love the island


フリードリッリ5世(デカルト・織田信長)は、ボヘミアの女王と文通(今でいう電話)をして腕を磨いたが、おかげで30年戦争に打ち勝った。
女たちが男の序列を決める、ということはデカルト以外知らなかった。
信長にとっては駒が、令和天皇にとっては鈴木亜美がその役割を果たした。
信長も令和天皇も正室がいることは忘れてはならない。
デカルトは、ボヘミアの女王が「髪が短い」ことを見て、「だから貴女はヘルス止まりなんだよ」と言って側近を笑わせたことからボヘミアの女王に付きまとわれている。
デカルトはボヘミアの女王が「3人目の男と別れた」といったのを聞いて、貴女には「絶対」がないから出会いと別れを繰り返すわけですね?とも言った。
絶対とはのちにカントがもたらすものであった。
いじめをやめろ!というのが税理士の仕事であるとしたトマス神学(カトリック)が税制を作ったことや、セックスに税金を課してコスト意識を国民に感じさせないこと(デカルト税制)、そして、キリスト教アタナシウス派(正統)として、女たちの「フラレた理由」に版権を見出し、世界の哲学者に「これ以上に何を研究しろと言うんですか?」と言わせたカント(印税)なども、日本国には令和天皇が持ち込んでいる。
正統派アイドルは聖子ちゃんでも明菜ちゃんでもなく、キョンキョンであった。
小泉今日子 あなたに会えてよかった


ボヘミアの女王は、男が出世する方法をデカルトに教えたし、税金で公園を運営し、それを「減税増収政策」でお返しするほど「場数を踏んだ」哲学者を生み出した。
さらに「パーク系」の教会を作るために公園を運営するようにデューイは自由民主党に教えた。
ボヘミアの女王に通用する話は、どの女も聞きたがる、この図式が欲しかったのだ。


 
【環境】
人間というものは、「遺伝以外はすべて環境によって」作られるものだ。
まず第一に「多くの人間たちの夢のぶつかり合い」に晒される。
次に「試験などのセレクション」に晒される。
その過程で「親からの助け」を得て、人によっては心理学まで教わる。
環境保全というものは、親からの助けを得られない人が、癒やしを求めて訪れる森林のようなものであろうが、親に連れられて行くのが基本であろう。
「公園」と同様に1920年代に森林の整備は始まった。
「遺伝以外はすべて環境のせい」と言うのならば、できるだけ自然に触れさせて人間社会の競争から離れさせようという「親の願い」があった。
それならば、安息日は「自然と触れさせよう」という親の願いも、案外、子供の「医学的な問題」に帰するという側面があり、人間社会の競争から離れされようという発想は、「気軽に相談できる医者」の助けを得たほうが早いということも指摘できる。
「適応」するためには「情報」が必要なのだ。
競争から離れるために訪れた森林の教会で、健康に関する教えを受けたほうがいい。
瀬能あづさ 永遠に友達


雨が降る限り「主治医」は必要だ。
マラリア蚊にさされるだけでも「持病」は生まれざるを得ない。
「病は気から」ではないが、病は「マラリア蚊から」という側面があり、ドクトルジバゴは、ロシアの各地をマラリア撲滅をして回った。
人が多い、しかもセレクションがあるだけでも統合失調症患者は生まれる。
それならば、まずはマラリアを治すという「勝負強さ」を与えることから始めなければならない。
日曜日ぐらい自然と触れさせて休養させようという親の願いも、子は「月曜からのことが気になって休んだ気がしない」ものだ。
それならば、教会で「マラリアこそが万病のもと」ということを踏まえて健康の相談に乗ったほうがいい。
「蚊にさされたことがない」という人はいないのだ。
rebecca moon


お育ちのいい息子ほど、親に連れられて。休日に森林浴に来る。
しかし、遺伝による血の51%は、マラリア蚊によって汚染されているではないか?
このことを話しのきっかけにして、遺伝と人々のぶつかり合いと「人間が選ばれる条件」を教会で語った方がいい。
神社の人材供給源はなぜ、國學院大學と皇學館大学に限られるのだろうか?
メンデルによると、人々の夢がぶつかり合い、試験などのセレクションを経て、ときに親の助けを得たり、心理学を教わるという「遺伝以外の要素」においても、親が「ひたすら上を」目指さない限り、子供の伸びも限定的になるとした。
このことが明らかになったのは21世紀のことであり、日本国に心理学が紹介されたのが令和天皇によるものであることや、そのことが「子供たち」にどのような影響を与えるかの研究が進んでから、「パーク系」教会の「世襲は可能」という回答を得た。
父と息子の「戦い」(神は死んだ)の世界では、権力に近い親が日曜日に「息子に休養を」と言って森林浴に誘っても、父親は「動植物への造詣の深さ」によって息子を完膚なきまでに叩き潰そうとするだろう。
「自然は人間社会にとってあまりにも残酷だった」のである。
公園や森林をただ人間社会に与えるわけにはいかなかった。
1970年代には「人の道を説く教会」が、森林や公園と「ワンセット」とされるようになっていた。
息子が25歳を過ぎたあたりから、どの父親も「植物」に興味を持つようになっていた。
植物に詳しいのならばハーブにも詳しい。
息子はハーブでラリった頭で、父の「植物の講義」を聞いた。
教会における「救い」のない公園や森林はあまりにも危険すぎる。
生きている証 エレファントカシマシ


このことに気がついたウォルト・ディズニーは、シエラクラブと呼ばれる森林公園を「ディズニーランド」にすることを連邦最高裁に認めさせている。
「ハーブ園」は別料金でおカネを取る公園もあったが、いつ「神は死んだ」に気がつくかの問題であった。
ディズニーランドへ


ウォルト・ディズニーは、同じ論法でシエラクラブだけでなく、ミネラルキングバレーもディズニーランドにしてしまった。
アメリカ合衆国においては、しかし、「シエラクラブのトラウマ」から、木は規則正しく立っていなければならない、とされ、子どもたちに「街路樹」というものを見せることにした。
全米の国立公園が震え上がったシエラクラブの事件は、セコイア国立公園が、「街路樹を全米に広めよう」として沈静化させた。
植物とはどういうものかを人々に誘導的手法で教えたのだ。
事件の本質はウォルト・ディズニーという人物を知る一部のものだけが理解していた。
街路樹 尾崎豊


尾崎豊は「街路樹」において、それは恋人たちでも同じであるとし、このあたりに「コロナウィルス騒動」の本質も見え隠れしている。
ウォルト・ディズニーコーポレーションのロバート・アイガー社長は、「ウォルト・ディズニーの正体が日本でバレるのは確実」と見て、ディズニーランドの休館を早々に宣言している。
連邦最高裁の衝撃も強く、「それでも自然の森林は必要だ」としたのはダグラス判事、ブレナン判事、ブラックマン判事の3名にとどまった。
ウォルト・ディズニーとは何者か?
答えはシエラクラブ事件を知らなければ、ディズニーを理解したことにはならないのだ。
ファインバーグ判事は「自然はあくまでも法にしたがい、しかも仲間づくりに活かされなければならない」とし、法という観点からは、父と息子の対立、母と娘のライバル関係、さらには恋人たちの間でハーブを盛ってしまうのは「当然」としながら、道徳(仲間づくり)の観点からは「そんなことをしたら孤立するよ?そもそも孤立しているのだろう」と見解を述べた。


通常のインテリならば「植物・ハーブ」が脳裏をよぎるが、1970年代に、動物のフンにとうとう主婦層は気がついた。
年寄りが「家も犬も仕事も」愛するのは一見微笑ましいが、ユダヤ系の若者からしてみたらたまったものではない。
おじいちゃんis watching TV


しかし、ジョン・パスモアにせよ大出俊にせよ、ディズニーの野郎をこれで抹殺できる、と考え「動物愛護」の方向に世論を誘導した。
左翼や仏教界が、「ディズニーの野郎」の抹殺に同調した。
これらのことは「動物のフンで2週間寝込めばヒマラヤでは死ぬから」と言って登山家になれば、あるいは、冒険家になれば常識になる、とし、ディズニーの友達を標榜する右翼・山王が「ディープエコロジー」を考えた。
野口健 CM


ディープエコロジーは、そのまま「外国の奥深く」に入っていく「ディーブカントリー」となり、そのまま、ディズニー=登山家・山王・右翼=外交官と思想が結びついた。
ディズニーが、都市と農村の間の「調整区域」を高級住宅地にしてきたのではないか?
アメリカ合衆国の富裕層は、ディズニーの人生さえ理解しておけば、高級住宅地に住めた。
それはそのまま、右翼・外交官へと仕事がつながったのだ。
理解するかどうかだ。
コロナウィルスを「未知のウィルス」と煽るトランプ大統領は、自らの「ゴルフ場造成理論」を隠したかった。
ディズニーとさえ言ってくれれば高級住宅地に住める、それは「家族」というものをよく理解することであった。
どのみち、インテリにしか分からない。
アメリカ右翼は、調整区域の「宅地並み課税」を行い、これを煽った。
女たちよ、「動物のフン」すらタブーだぞ?
コロナウィルス騒動は、そのまま「アメリカ合衆国政治史」でもあった。
チャーリー・チャップリンの物真似をした芸人に「チャーリー! I need you!」と言ったり、巨木を切るなと言って木に立てこもる男を「I need you!」と言ったり、アメリカ人は常に「自分の家はどこから来たのか?」を理解している。
ディズニー系(右翼)か、そうでないか(左翼)である。
ウォルト・ディズニーが、アメリカに「身分・階級」をもたらしていたのだ。
家庭のない人が、そもそも左翼となっていた。
家庭があればディズニー作品に心躍らせ、いい家に住んでいる。
アメリカ合衆国政治史なのだ。
日本でも「他の候補者の縄張りを選挙カーで荒らす」という行為はよく見られるが、アメリカには「カウンティ」と呼ばれる政治基盤が存在する。
地元の新聞でも「カウンティ」単位で話題を提供している。
恋はいつでも真剣勝負。
工藤静香 琥珀のカクテル


調整区域の高級住宅地化は、「どの家族を選ぶか?」という困難な問題と直面する。
そんな時に必要なのが「天皇」という「比較の対象」である。
つんくが「松浦(亜弥)も最初はこんな感じだったしな」と語っていたのが印象的だ。
令和天皇もこんな感じだったしな、この口癖が「人選び」に用いられるようになった。
これが「統計学」である。
令和天皇は、コースレコードを持つ「ゴースト」だったし、その割にはノロかった。
サンプルスペースを開けて余裕を持って人を見なければならないが、高級住宅地にはそれなりの「品格」が求められた。
高級住宅地を国の予算で分け与える以上、役所からの「お茶のみ女性」(ティーテスティングレディ)の訪問を受けるのは当然としても、サンプルスペースだけはかなり余裕を持たなければならない。
最終的には「3%の男の子が」令和天皇に似ていれば仕事はうまく行ったと言っていい。
「いじめをやる奴」
これは、令和ファミリーにとって最も憎むべきものだった。
それ以外はかなり広いサンプルスペースを持つことが可能になった。
人をいじめる奴を排除し、サンプルスペースを広く持てば「武術を操る大男」は自然と生まれた。
国益につながらなければ国の予算は割けない。
いじめが好きな奴は自己都合で国を売る。
母の純潔を信じ、妻の純潔を信じる、それがのちに「武術を操る大男」を大成させるであろう。
この政策は、単なる「土地のバラマキ」ではない。
令和天皇による「明確な人生観の表現」が予算によってなされるものだ。
令和天皇を憎む者はウォルト・ディズニーを憎むものだ。
ウォルト・ディズニーと「笑顔、言葉、生き方」を比べることが可能なのは令和天皇だけだからである。
瀬能あづさ ふたつにひとつ


ウォルト・ディズニーコーポレーションは、留学の全日程を終え、ロサンゼルスのディズニーランドで日本人同士でつるんで遊んでいる連中を憎々しげに眺めていた。
さっさとホテルに帰った「武術を操る大男」だけをアメリカイルミナティのメンバーとして認めた。
留学の「積分」をディズニーランドでやったのに、「何もない」連中が大勢いたのだ。
積分を終えたら、「彼の発言」をウォルト・ディズニーコーポレーションは丹念に読んでロサンゼルスドジャースをワールドシリーズ制覇(2017年)に導いたら天皇即位を認めた。
ヘボンはローマ字を考え、ドモルガンは、「最強のコンテンツを乗せることができる」言語に育て上げた。
ドモルガンの法則にしたがわなければ、日本の政界でも勝てなくなっている。
賀茂馬渕が、現代文を作り、本居宣長が日本の政治を作った。
しかし、本居宣長の言語に「ドモルガンの法則」を効かせる才能だけは令和天皇だけのものだった。
植物や動物は決して「毒物」という負の側面だけでは語れないものがある。
たとえば、「ハムスターの肝臓」のように、「媚薬」として用いることが可能な動物がいるのだ。
ラットの肝臓は、「千年の媚薬」と呼ばれている。
千年の媚薬 三浦理恵子


麒麟がくる、においても「戦場で命を落とさない万能薬」として売る年寄りがいた。
つまり「敵に寝返る」として徳川家康に用いられた。
午前中に大使館に電話すると「午後2時に電話をくれ」とやんわりと拒絶される。
これも「女はいないよ?媚薬もないよ?」と言って、業務時間中でも電話を断るために言っている。
「女、毒物、無言電話」
23発殴られてペルソナノングラータ(歓迎されない者)にならないための最大限の悪態が「午後2時に電話をくれ」だった。
好きと言える気持ち ribbon


私は、小保方晴子さんに「媚薬」を盛られた。
おそらく「ラットの肝臓」であろう。
盛ったあとに、「ドカン」と派手に椅子を蹴って立ち去ると、もはや「惚れてしまう」のである。
ツンデレというのも「媚薬」と離れられないものだ。
小保方晴子さんが、何度も何度も派手に椅子を蹴るものだから「何でかな?」と思ったが、周回遅れでその正体を暴いた。
「恋」とは、自然ではなく「研究室」で作られるものだ。
つまり、食べ物やおカネも研究室で作られる。
私は「鳥のレバー」で新垣結衣にも恋したことがある。
メイドカフェ


群れのボスとにらんだら、ラットの肝臓を盛って、自分が生き残るという意味では、国家統治もフランクフルト学派などが作った。
研究室は「ポジディブな薬」を作り、自然はかなりネガティブな薬を作っている。
麒麟がくるで、薬草に詳しい駒が、「万病に効く」薬を作るおじいさんにどのようなメモを渡されたかは、のちのドラマの伏線となっている。
モーニング娘。レバニラ炒め


1975年以降、ローリング・ストーンズもビートルズも「恋は研究室が生み出すもの」とし、音楽作品を作った。
自然や環境といった「ハーブ系」ではなく、動物の肝臓系が「恋」を生み出すとし、松田聖子は「青い鳥」つまり「焼き鳥のレバー」を「ブルーヘブン」と歌い衝撃を与えた。
仲間が多い、なにかやってくれそう、そんな男子には「期待感」はあるだろうが、「恋」と呼ぶためには「動物の肝臓」が必要だった。
天国のキッス 松田聖子


 
焼き鳥のレバーばかり食べていられないのが人間だ。
失恋ソングの定番は「植物」であろう。
バターが動物系油脂ならばマーガリンは植物系油脂である。
食べ物を間違えただけで、男の心は離れていく。
すみれ色の涙 岩崎宏美


カントは、女が失恋した言い訳の版権を「植物」に求めることを「絶対的魂」と呼んだ。
版権の無限性、さらにはおカネの裏付けが、「植物の多様性」から得られたのだ。
杏里 オリビアを聴きながら


私は特別な女、とするキリスト教アリウス派は、肉食系であり、女は皆同じ、とするキリスト教アタナシウス派は、草食系であった。
動物をとるか植物をとるか?と言われたらキリスト教の世界は「植物」と答えた。
人間は「猿から進化したものではない」とし、少なくとも動物は人間に「恋」をもたらしてくれるものであったことから、版権(おカネ)争いで動物は植物に敗れた。
神は自分に似せて人間を作った、だからアドニスのために泣ける。
アドニスの失恋のために泣くのがおカネだとするのならば、キリスト教は植物を選択せざるを得なかった。
キリスト教アタナシウス派が正統とされた。
CoCo ひまわり


勉強する子には「恋」などいらないのよ?
全米の主婦層が「植物」を支持した。
このことから「ネイチャー」という英単語が「勉強」と訳されるはずが「自然」と訳された。
雑誌「ネイチャー」が「勉強」のことしか語っていないのが不思議だった。
SPEED Wake me up


私が、高校時代にオレゴン州でキャンプをしたときに、「星空がきれいだ。ヨコハマではこんな空は見れない」とホストファミリーに言ったらキョトンとしていた。
空の星を崇めてはならない、という聖書の真の意図は明らかではないが、逆に、アメリカ空軍に入隊して日本の上空を飛んだブラザーが「日本の紅葉はきれいだ」と言っていたのをこちらがキョトンとするようなものだったのだろう。
星空は「おカネ」にならないという旧約聖書の教えだろうか?
何かが道をやってくる CoCo


これだけの議論が出揃って、ようやくデューイは、自由民主党に「そのうちなんとかするから国定公園でも国立公園でも作れ」と発破をかけた。
国定公園とは、地権者がいて県が運営主体となるものであり、国立公園とは、国が運営主体となるものである。
自然保護・環境保全とは、常に「女の失恋」に寄り添うものだ。
それだったら「失恋ソングの美しさ」と「自然の美しさ」は区別がつかない。
風立ちぬ 松田聖子


木の枝を、ジーッと見つめるおじいさんもいるが、「アドニスのために泣く」行為は若者には理解困難だろう。
アメリカ合衆国が建国の資金を「アドニス」に求めていたのだから、日本も一部を参考にしなければならない。
日本の年寄りとアドニスを知らないのならば、環境・自然と言ってもかなり「謎の多い」政治活動となってしまう。
かなり「メジャー」に近い政治が環境・自然であるし、実際に人生においては「メジャー」な年寄りはいるのだ。
私がアメリカで「星空がきれいですね」といった元となった曲。
新田恵利 大人になんてなりたくない


太陽崇拝は、人それぞれだろうが、奥の深い世界だ。
SPEED  


 


 


 


 


なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月26日 (金)

コロナウィルス騒動と世界の指導者たち。

キリスト教総論は以下の通りです。
キリスト教総論

アメリカイルミナティが、日本を「アフェクティブセンター」(壮大な実験場)と見做して、考えたものだ。
カトリック(実力制・いじめの容認)の立場に立つブラジルのボルソナーロ大統領は、コロナウイルスを「ちょっとした風邪」と発言し、警察や病院が「真実」を大統領に伝えないようにしている。
今の令和天皇がカトリックの立場に立つのと同じという以前に、ブラジルは「アメリカに次ぐ世界第2位」のコロナウィルス騒動が起きている。
アメリカ合衆国においては、ローメーカーに対する不満(令和天皇みたいにファッショナブルな口説き方を教えて?)から、地方政府や零細企業のバランスシートが悪化し始めた。
トランプ大統領は、令和天皇を「君主としてのライバル」と見做して、「ちょっとした風邪」と発言したブラジルのボルソナーロ大統領の方が「大人」という側面がある。
FRBは、もし「GDPという統計のとり方をするのならば、アメリカ人の3分の2は口からクソを吐いている」と考え、令和天皇のような存在を「迷惑」と考えている。
令和天皇の「食べ物飲み物が問題」という発言に対し、ボルソナーロ大統領が同調し、警察や病院を敵に回し、トランプは「未知のウィルス」という立場に立っている。
「時間が証明する」と言ってもそもそも世界の指導者には「時間がない」人もいるのだ。
雨のコニーアイランド 松田聖子

安倍政権も東京都知事も、ブラジルのボルソナーロ大統領のような「権力闘争」を経た形跡はなく、ナイトクラブなどの「夜の仕事」に対し、1メートルから2メートルのソーシャルディスタンスを求め、フェイスガードやマスクを使用することをガイドラインとして作成した。
「みんなが知っていること」をまるで、「天皇よりも権力がある」と言わんばかりに政府やメディアが突っ走るかたちとなった。
専門家会議は「すでに誰にも責任はない」という姿勢を取り始め、「感染症というものがどういうものか分かった」という発言も出た。
将来を見通すのならば「総選挙」しかない。
大相撲や甲子園を中止にしてしまった「権力者たちの宴のあと」は、何らかの形で示されなければならない。
アメリカ市民は、「未知のウィルス」の話でなく、「令和天皇のような口説き文句」を聞きたがっていた。
しかし、黒人のジョージ・フロイドが警察によって窒息死させられた事件において、「アメリカ大統領の味方をする」警察に対して反感が生じた。
トランプ大統領は「警察によるチョークホールドはやめさせよう」などという癒着のような発言をし、自身が「何のために四年前に激しい選挙戦をやったのか?」を見失っていた。
トランプ大統領はカトリックの立場ではなかった。
ボルトン元国防長官は、このタイミングで「レストラン友達のトランプはウクライナのことしか興味がなかった」という本をリリースし、「レストランでの世界の話題」にイエローなど出てこなかったことを明らかにした。
この本は「バイデン候補を後押しするのに十分」とされている。
クオモニューヨーク州知事は、民主党の力を背景に、リベラル(毛並みのいい王子の下で自由に遊びたい)と考える黒人層、つまり「どのみち俺らは夢を見れない」という思想を背景に、トランプと癒着する警察改革の方針を打ち出している。
アメリカ合衆国においても、「大統領選」というかたちでコロナウィルス騒動の出口を作らざるを得ず、日米の「政権の都合」をより、なんらかの幕引きがなされるものと考えられている。
今夜もニュースホリック 酒井法子

イスラエルが、7月1日に「ヨルダン川西岸」を併合しようとしている。
アメリカによるガス革命以降、もはや日本国はOPECを恐れてはおらず、令和天皇も「イスラエルとは何か?」を語ってきた。
日本国における「イスラエル人気」は、国内向けには「パレスチナ難民支援のため」と報じられたが、140億円は実際はイスラエルによるヨルダン川西岸の併合のために用いられる。
アラブ首長国連邦などの湾岸諸国の反発は強く、それでも日本国は「イスラエルの側」についた。
原油安と、日本のキャンパスの楽しさが連動していることなどを明らかにしたのが令和天皇だった。
ミスターチルドレン

中国においては、精肉市場や魚市場が、「コロナウィルスの原因となっている」ということが明らかにされた。
警察もようやく「高級食材の問題」ということに気がついたのだ。
現時点では、コロナウィルスは、令和天皇の発言どおりに動き始めている。
中国が動けば日本も動く。
少なくとも、中国の警察には「真相を解明しよう」という意図が見える。

日本国では、「ガリガリ君」の「一本あたり」が出た場合、少なくともスティックを「水で洗い、ラップで包んで」店に持ってくるように、としている。
政権の思惑とは裏腹に、日本国の食品業界や警察はようやく「コロナウィルスの真相」と向き合おうとしている。

一方で、宜野湾の普天間基地を名護市の辺野古に移設しようという計画が、「コロナウィルスの感染者が出た」という理由で停止されるなど、日本国内ではいまだ「真相」ではなく「未知のウィルス」が必要とされているという現状がある。

普天間基地移設のための「障害物」としてコロナウィルスは用いられたし、一方で、イランに次ぐ世界第2位の国民監視システムを持っている中国の技術を日本国は「ISO」として採用しようとしている。
日本国はもはや治安の維持にしか興味がない。
日本国に国民監視システムが導入されるということが、コロナウィルスの目的となっている。

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月22日 (月)

ロングとショート。

株式投資をやっていて、必ず直面するのがロングとショートの問題である。
ロングというのは中国の名家に由来するものであり、たとえば、室町幕府の将軍が「官職を授ける」とか、野党の政党が「シャドーキャビネット」(影の内閣)を作るとか、選挙候補者がメダルを配るなどという行為がロングと呼ばれる。
一方で、ショートとは「日銀総裁の発言」「令和天皇の発言」など、周囲を興奮させる効果を持つものを言う。
時々刻々と情報とにらめっこするのが投資だと思うのならば、それはショートに限定された取引であり、そのうち権力を得るであろう人物から官職を賜るなどのロングと併用しながら人間というものは出世していくものだ。
儲かる投資はいい投資と言うのならば、人生そのものを己に投資していくためには、テレビなどでショートの情報を得ることも必要であるが、
天皇から叙勲を受けたり、野党のシャドーキャビネットに名を連ねることも必要となる。
市場価格が上がると利益が得られるのをロングと呼び、市場価格が下がると利益が得られるのをショートと呼ぶのが通常であろうが、株式投資から「人生」を学ばなければ意味がないのだ。
シャドーキャビネットは、執筆活動がうまく行けば行くほど、実際に各省庁で影響力を高めていくため、みんなが「神を信じて」いた。
中国特有の「王朝変遷」のやり方であった。
墨子は、シャドーキャビネット(名家)に、「お前ら、女を愛せるか?」「恋という議論、愛という議論は好きか?」と発破をかけた。
結局、好き嫌いで人間模様が変わったため、「いつもの喫茶店」で閣議は行われたし、「男は十人」いれば神学は成り立った。
あとは、女たちの「どうぶつの森」計画や、出入りする男の話し合いで物事は解決した。
中国の言い伝えでは、「男が8人では国が傾く」「10人でなければだめだった」とされ、女だけの社会の「貧しさ」が知られていた。
女だけの社会の貧しさを信長は「是非に及ばず」と言っている。
芸能界でも「昨日の今日なのに」と表現されている。
昨日の今日なのに 酒井法子


節税効果のある「男5人組」が2つ必要なため、今の安倍政権においても、菅官房長官と麻生財務大臣が「政権2つの鍵」と呼ばれ、私がどれほど政権に貢献しても「カフェー安倍」には入れない。
このことを熟知していた三島由紀夫は、作家としてセールスを伸ばし、しかし、市ヶ谷駐屯地で自決したときに、佐藤首相に「狂ってる」と言われ、激怒させている。
しかし、中曽根防衛庁長官は三島に対して「政治を教えてくれた人」という趣旨のコメントが残されている(美に殉じた人)。
昭和天皇は、尾道市のステーキハウスをこよなく愛したが、中曽根康弘は焼き鳥屋を好んだようだ。
内閣改造は「店舗改造」を意味したし、お世話になるメンバーも変わる。
たとえ天皇といえども、「政治家名」を持つためには、親孝行をし、充分なお小遣いを貰わなければ入閣(入店)は許されなかった。
二十歳のバレンタイン 酒井法子


忘れてはいませんか?
酒井法子は「ユダヤ教」だといった意味を。
「メシアの否定」「原罪の肯定」その他もろもろ、日本の歴代政権は飲食店ビジネスから始まっているのだ。
閣内不一致が起きたときは、テレビをつけて「野球賭博」を行った。
全員がひとつになることが分かった。
ロングというのはこのような「政権構想」の練り方であったし、ショートというのは「感動する表現選択」をすることだった。
「芸能界が国をつくる」という意味でもあり、かなり銀行と癒着しながら、飲食店ビジネスをやり、芸能人を生み出していった。 
論文が「おカネとの対価性を持っていること」が必要であった。
このような政界の歴史を「憲政史」と呼ぶのであり、ジャニーズ事務所なるものが今のところ「憲政史上最長」の内閣となっている。
私の祖母の小野(遊佐)道子(香淳皇后)が、このような政界の近代化を行ったものと考えられている。
私の母方の祖母・田辺元(はじめ)が、中曽根康弘と結婚している。
そのようなご縁から、「政界の真実」を知る機会に恵まれたのだ。
遊佐は、西田幾多郎というペンネームを持っていたし、大日本帝国憲法のもとでの「政界」がおそらく皆さんが想像する今の永田町であろうが、大日本帝国憲法はいまだ死文化はしていないものの、日本国憲法のもとでは、このような政界が作られた。
遊佐道子は、松田聖子や酒井法子のプロデューサーでもあった。
しかし、松田聖子は、前妻の子であり、「遊佐系統の顔」が嫌いだったと言われている。
SPEED Deep blue & truth


滝を一分間見ていると「石」が動いているように見える。
これはショートだ。
ナイアガラの滝


ビールを飲むとセックスが気持ちよくなる、これもショートだ。
スケルツォを聞いても、女を口説くのにちょうどいい、これもショートだ。
スケルツォ 


つまり、ショートとは「その日のうちに消費されてしまうもの」であり、「トゥモロー・イズ・アナザー・デイ」(ラミレス監督)というように、プロ野球の勝敗もその日のうちに消費されている。
つまりは、負けた試合でも、球場の外で落ち込んでいると「どう?真剣勝負は」と言って寄ってくるのならば消費可能である。
「下半身の使い方のうまい政治家」でなければならない。
松任谷由実 ノーサイド


 
私も、論文をどんどん書いて、消費を急かした部分があり、周囲は私の論文を「その日限りではなくロングで扱おう」と考えていたようだ。
どの政権も「株価連動内閣」である。
作家は「ショートショート」で書き、周囲はもっと余裕を持って私を見ていた。
ショートショートで株価をにらみながら腕を磨くのはいい修行だ。
ショートショートを経験していない作家ならば、政権を支える力量はない。
女を美しく描く、これが作家の力量であり、学のない男は「もう、アイドルファンには戻れない」「アニメにはあんなグロいものはついていない」などと語った。
学問の問題なのだ。
「女はマンガである」「そして原罪をともなうものである」
にんじゃりばんばん


「違うこと」「天皇を知っていること」「重いこと」「性欲を刺激すること」
このあたりに作家の力量があり、「天皇とさえ言ってくれれば」(三島由紀夫)などが知られている。
株価を背負うキーパーソンが天皇だった。
日本人女だけが「r」と「l」の違いに気づくのが早いとされ、欧米では「ショートの典型」とされ、「その日のうちに鞘に収めたいかどうかだろう」と語られている。
また、天皇に関しては「カネで結ばれた男友達」を「十人以上知っている」という特徴があり、源氏物語を書いて、資金力とし、男たちが群がってきた昭和天皇を知ってほしいと三島は考えていた。
重いこととは「スポーツの技術論を語れる」というところに表現されている。
語学力や国際関係論(どの国家に影響を受けて育つのか?)という問題である。
これらの才能があるのならば「どうか文学をやってください」と言われるだろう。
男の「射精の原理」もいうものはあんがい複雑だった。
思慮に欠けるものには子供がいない。
三島由紀夫 インタビュー


天皇といえばロングの中のロングである。
聖子ちゃんだの明菜ちゃんだのを完璧にマスターしなければ天皇にはなれない。
しかも、苦労して女に辿り着いた男は「椰子の実」と呼ばれる精子を出す。
椰子の実


精子というものがそのようなものである以上、挿入というものは「信念の発露」という側面がある。 本能の発露とは言い切れないのだ。
女に辿り着く「椰子の実」は、ロングではあるが出世は早い。


 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月20日 (土)

人事・労務。

人事とは従業員の健康を気遣う仕事であり、労務とは「ルールにしたがったチェス」を約束するものだ。
いずれにせよ「鉄・自動車・通信」に詳しい男は健康であるし、周囲には女性職員がいることを保障することも人事の一環である。
また、労務の場合は「賃金をもらう以上耐えて当然である」と考えたのではたちまち「荒廃した職場」となるだろう。
男女がどのように「交流」するかを考えるのが人事と労務の「ツボ」である。
ピンクのモーツァルト

従業員は各自が「組織の内蔵」であり、それが癌であってはならない。
早すぎる死というのは人事(周囲に女が大勢いる)ことと、労務(ルールが確立している)ことから防げるものだ。
人事と労務に、「いじめをやめさせる」税理士と、女をうまく利益(快楽につなげる)「会計士」が絡むことで、企業というものは成り立っている。
男同士ならば「同意」するだけで相手におカネを与えてしまうが、女が間に入ればそうではない。
マスターベーションは「ローコスト・ローベネフィット」であるが、セックスは「ハイコスト・ハイベネフィット」である。
問題は、経営者がこの仕組みにどれほど予算を削くかにある。
目的は「男が作家になること」にあり、「せいぜい健康的にやろう」というのが組織のあり方なのだ。
国同士の「首脳会談」などはこの文壇の仕組みを話し合うために行われる。
組織の何がいけなかったのかを熟知し、組織を批判し続けた私は、
「文学作品」の高評価によって名誉職に蹴り上げられている。
税務・会計・人事・労務が「機能していない」というのであれば、そもそも「神を信じる」理由はあるわけである。
コストとは「いじめ」であり「ベネフィット」とは、女性から得られる快楽である。
結局、文字というのは「最悪の人生」において「全人類の平等」を目指して書かれるものだ。
組織の何がいけなかったのかを文学にしてほしい、これが税務・会計・人事・労務の目的である。
このような、税務=いじめをなくす仕事、会計=女性を紹介する仕事、人事=職場に女性を配置し、男性の健康を守る仕事、労務=恋愛のルールを決める仕事、ということは、人事を経た男性が「小説を書く」ことを前提にしており、「本が売れない時代」には見失われていた仕組みである。
さらに、結婚前の「女の団結・いじめ」は、税理士も手が出せないことが多く、小説の「総売上高」から、税金を差し引いた「純利益」を踏まえると、
PER=ひと株あたりの純利益は、その企業の女性社員の「女流作家としてのクォリティー」を示している。
男は社会人としては「小説家であることが前提」であり、女は社会人としては「事実上の看護師であることが前提」となる。
労務を間違えると、男をめぐって二人の女が大喧嘩し、世界を敵に回す。
禁煙パイポ

政府の幹部はこんなことを考えているのか?というこの文壇の仕組みを
「ひらかれた政府」
と呼び、会社などの民間企業と同様に駒場や本郷の書店を豊かなものにしていくのだ。
あるいは、テレビのドラマであったり、音楽作品に強い影響を与える。
「誰にお中元を送ったらいいのか?」
「現在の最新テクノロジー」
「企業秘密」
「予言」
などに満ちているのならば、本が売れないはずはない。
今の本郷の総合図書館に見るべき本があるであろうか?
ビッグデータと呼ばれる本郷の総合図書館で読んだことを、女性たちに話して、それで、税務・会計・人事・労務につながるのであれば意味のあるものだ。
本郷を経験したから「公道最速」「柔道黒帯」などにつながるのならば、本を手にとってみればいい。
人事が「文壇」「小説」を想定していないと、なかなかGDPも伸びない。
中卒と東大卒の区別すらつかない。
少なくとも、私が学生の頃は「ボクシングの支配者」などの本は東大にはなかった。
検見川にはゴルフ場もあったが「どうやって?」までは情報がなかった。
ゴルフ

元少年野球選手で、ボクサーたった私一人で、これだけのものを書いた。
そうなると、当然、東大では「異なるソースが欲しい」ということになるだろう。

少なくとも「東大に入ったから、重さと速さを増した」と言えるほど、日本国の「人事」つまり「職場に女性たちがいて、健康な作家」というものが機能していなかったのだ。
とにかく、東大生はハンサムでスタイリッシュで、洗練されている、というようになるためには「人事」が機能していなければならない。
重さ、速さ、多様性、懐の広さ、など、学歴社会が本当に実現するためには人事から出てくる「小説」のセールスを見なければならない。
本郷の総合図書館を本当にビッグデータにしたければ、このような構造改革が必要になる。
税理士は「いじめをやめさせるのが仕事」
会計士は「女性を紹介するのが仕事」
人事は「職場に女性たちがいて、男の健康を維持し、小説を書く」のが仕事、労務は恋愛のゲームを決めるのが仕事、ということを明確にし、しかも、「減税+税収増」というかたちで「結果」を出さなければならない。
人事が「小説」「情報」を出すことが明確になったのはアメリカでも2011年のことだ。
このことを日本国で「マネージメント」と呼び、雅子さまからは何の「情報」も得られなかった。
どの企業の「人事」の本を読みたいかは、社会人、実業団が結果を出せばみんな知りたがる。
なぜならば「証拠(エビデンス)」を出したからである。
社会人、実業団のスポーツに「人事」の基本を見出したのもつい最近のことだ。
また、YouTubeなどのコンピューターが今は用いることが可能だ。
夫婦や恋人であったり、同じ職場の。女ならばTOPIX1600円程度で買える。
仕事の楽しみとはあくまでも「性欲」を帰結するものである。
男は、一晩に何人もの女を相手にできるわけではないから、TOPIXでおのずと「青天井」の物価も落ち着くところに落ち着いている。
仕事の楽しみをセックスに見いださないのならば「つづかない」であろうが、「あの上司、奥さんいるのに不倫して」と陰口を叩かれたら禿げてくる。
そのため、TOPIX1600円も、月の小遣い制の中では案外「高い」ものとなっている。
そのため、会社内部に「セックスの相手」を見出す株主利益最大化論が主流であるが、クライアント(お客さん)にまで手を出そうというステークホルダー論が登場した。
ステークホルダー論は、1984年に主張された「フリーマンの挑戦」であった。
デート注意報 後藤真希

女を職場に見出そうとした株主利益最大化論は、日本国でも通説であるが、企業の社会的責任の問題を解決するのであれば、クライアントに名前を名乗るステークホルダー論は、案外、有効性を見せるものと思われる。
渚のピテカントロプス 酒井法子

なにしろ資本(男)が、女を買うという構図に単純化させれば、ステークホルダー論は、マルクスが考えた革命に名を連ねるものであった。
マルクスは、殻に閉じこもって「はたしてこの企業は利益の最大化を望んでいるのか分からない」という株主利益最大化論を批判的に見ていたのであり、独身のクライアントの女性に関心を寄せるステークホルダー論は、フリーマンのみならずフリードマンも支持していた。
オープンな企業、ひらかれた政府を標榜していたのだ。
真冬のべらぼうなガス代も、集金のお姉ちゃんにやらせてもらったら一発でチャラになってしまう。
私の地元のプロパンガスの集金のお姉ちゃんも少なくとも「名前」を名乗っている。
女性社員が「魅力をふりまく」ことも、減税+税収増のための「いじめをやめろ」というのと同じように、セールス以上にお給料が出る秘密であるし、企業の利益につながる。
いじめをやめろというのが豊かさの秘密のひとつであるのならば、きれいなお姉ちゃんでマスをかけというのも、豊かさの秘密である。
バナナの涙 うしろゆびさされ組 

女たちの魅力を高める方法は色々あった。
トマス・アクィナスという「国王」を立てて、激しいいじめをやったこと、つまり、「夢、目的を持ったストイックな男」がいたこと。
さらには、ジョン・ロックが「女二人による男一人の奪い合い」(名目経済)というものを作ったことなどが挙げられる。
41日間にわたってスポーツ紙に取り上げられたアクィナスは、モーゼのようであったし、男らしさ(神学)を確立した。
女たちはアリストテレスによってすでに生み出されていたため、「女づくりが先、男づくりはあと」という世界史の基本は踏まえていた。
その後、ロックによって「女づくり」がなされたり、マルクスによって「男づくり」がなされたり、フロイトによって「女づくり」がなされたりした。
ちんちんがない(去勢・キャストレーション)の発見など、女の子の思春期の欝や、料理などの母の実践、美の探求がなされることなどが指摘された。
さよなら失恋ピエロくん

 
マルクスは、地主や実業家などの「男らしさ」および、君主の「神の見えざる手」を構築した。
神の見えざる手と君主を呼んだのはアダム・スミスであり、人口が2倍ならば繁栄は3倍と語ったのはリカードであった(比例原則)。
警察も「人口を守り、繁栄を守る」という意味では比例原則にしたがっている。
子供を女の局部で「割り算」し、女のからだそのものを局部で「割り算」した。
どう計算しても、子供は「富」の基本であった。
そこで、女が男に対して主導権を得る瞬間が「できちゃった」ということだと分かった。
抱いて 松田聖子

コロナウイルス騒動で、マスクやトイレットペーパーの買い占めをやってボロ儲けしようと思っても、女に払う金と、自分の性欲の限界から、おのずと「市場に出回るマスク」は出てこざるを得ない。
簡単に儲ける方法が分かっても、「神」=天皇にはなれない。
また、テレビが面白ければベーシックインカムが達成できるのではないか?
とも言われるが、インターネットとテレビの共存(二元論)がなくなれば、神=天皇はいなくなる。
そもそも、結婚とは、貧困層の女の子が「ブルジョワになりたい」と言ってするものである。
それならば、「人事」においてひたすら論文を書き、各省庁や大手ゼネコンなどの大企業、県や市の教育委員会に常に論文を送り続け、あいさつ回りを身内の女がするだけで、公園や森が「東大生のお城になる」ということが想定される。
人事において論文を書き続けることを「政財官に人脈を」持つと表現してもいい。 
私は、「教育と公園・森林の相性の良さ」に目をつけた。
子供たちは、2025年以降を想定していない日本国の財政のおかげで「努力をやめてしまった」ことから、経済政策や税務・会計の論点を整理した私に「公園や森林を」さらに議論を詰めていくのならば環境というものは「女の子が男の子の勉強の邪魔をするために持ち出す」ものであることから、「女の子とはどのようなものか?」を描いた私に「森林を」お城として譲ってくれることになった。
この計画が「環境よりも女性たちの支持を得られる」ことが分かったのが「あつまれどうぶつの森」の存在であった。

 

 

 なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月18日 (木)

会計。

税務(税法)は、「男らしくあれ」「いじめをやらない」「特定の女を愛せ」というが、税務だけでは世の中は回らない。
税理士は「節税・減税」の秘密を理解しておけばいいが、公認会計士は、「今のパートナーが壊れていく」「新しい女が女心を語る」ことに会計の存在意義を見出した。
Wink 愛が止まらない


会計は「売上高」を示すが、陰湿な職場ならば「税法」によって費用(税金)が差し引かれ、純利益となる。
ひと株あたりの純利益をPERと呼び、一人の女がどれほどの「女流小説家」になったかを示す。
女性従業員の質の高さを示すのがPERである。
税理士も公認会計士も企業の中にはいるが、税理士は「いじめ撲滅」のためにおり、公認会計士は、「新しい女の紹介」のためにいる。
弁護士はそもそも「ローメーカー」として「君主のような口説き文句」を考えるのが仕事であり、別格であるが、企業内で「いじめ」に直面したら顧問税理士に相談し「純利益に悪影響を与える」としてやめさせなければならないし、女に困ったら公認会計士に相談しなければならない。
コンビニが高いか安いかはともかく、少なくとも女性従業員は「名札」をしており、客と深い中になることは禁止はされていない。
デート注意報 後藤真希


逆に、女連れで入ることが想定されていない、病院内の喫茶店は非常に安い。
「竿竹屋はなぜ潰れないのか?」
女を紹介してくれるからだろう。
竿竹屋のバックに防衛省がいるというのはほぼ確実であり、国防の観点から、「どのようなスポンサーを得ればいいのか?」さらには「仲間づくりをしたらいいのか?」を示している。
引っ越してきたばかりで、仲間のいない人間がまっさきに購入するのが「竿竹」であり、世の中、生きているだけで「生きていける」ことを日本国の住民票を持った人は知らなければならない。
サルのパン屋・ロバのパン屋は、関わっても「なんのメリットもない」が、竿竹屋は、本当に「地域で神を見失った人」にいい助け舟を与えてくれるだろう。
「法律事務所は敷居が高い」と思った人は竿竹屋という便利な存在があることを知らなければならない。
税理士・公認会計士の存在意義は「勉強さえできれば選ばれる」という環境を作るというところにある。
税理士は「いじめをなくしてくれる」し、公認会計士は「女を紹介してくれる」ものだ。
3人の男に「カネ・競争・時間」を与えれば必ず「いじめ」は生じるし、「4つだ」と言いながら仕事をするのが税理士だ。
芸能界は「都会には綺麗な女がいる」と思わせてマザーファックさせないためにあり、精子が出る男ならば、現実を見なければならない。
アニメだのアイドルだの言っていても、現実の女を愛せないのならば、税金は最終的には安くはならない。
これがカトリックである。


進化した心理学は、人間を健康にするために「どうぶつの森」を理想郷とするようになるだろう。
なぜならば「1999年に女心は出尽くした」とJ-POPの世界で語られ、しかも、「男の子の勉強を邪魔するために女の子は環境問題を持ち出していた」ことまで明らかになったからである。
本来、「私は動物なのかな?子孫を残せないのかな?」という気持ちがメンタルに悪影響を与えていたが、今は、みんな「どうぶつの森」に住みたがっている。
メンタルに良い影響があることは何でもやろうとどの女たちも考えていた。
人間社会には「令和天皇」という神がいた。
ひたすら「女」を描いた。
ハードコアでプラスティックになった女たちは、令和天皇の登場で、とうとう「どうぶつ」になったのだ。
ブラーが2000年に予告していたとも、ホークスが1990年に予告していたとも言われている。
プラスティックの唇


人間ならば「神」に借金を負っている。
しかし、「どうぶつ」はそうではない。
コロナウイルスをめぐって、水と空気、そして家族を令和天皇と永田町、霞ヶ関、東京都庁などが争った。
女たちの逃げ場は「どうぶつの森」にしかなかった。
「どうぶつ」は、「選ばれる」ために生きていた。
それだけは明確であった。
女たちも「選ばれる」ために生きていたのだ。
それを見抜いたブラーもホークスも「卓見である」としか言いようがなかった。
「適応することと、選ばれること」
ルールは極めてシンプルだった。
「若者の神社離れ」とも指摘された。
なにしろ、「天皇に借金をしたくなかった」のだ。
「セントラルモジュール」さえ確立していれば「どうぶつ」として生きていけた。
しかし、それが「大量化」すると、やはり「神」が生まれた。
新時代の「会計」は、「適応し、選ばれることを待っているどうぶつ」を「お会計」につなげることであり、OCRもAIも見ていなかった。
我々は急ぎすぎたのだろうか?
みんな「どうぶつの森」で休みたがった。
人間の心は令和天皇の手によって、確実に「進化」していた。
しかも、かなり人為的にそれは行われたのだ。
それと「生物学」がマッチしただけであり、決して人間は動物に戻ったわけではなかった。
どうぶつでんわ 中嶋美智代


より「シンブルにデザインされた」幸せになるためのシナリオが「どうぶつ」にはあった。
人間は、賢すぎる、快楽が落ちる、そのようにも考えられる。
人間が猿から進化したとは思わない方がいい、というグールドやルウォンティンからの警告はあった。
しかし、豊かな心が「居場所」を探していただけであった。
それで「仕事」ができるようになればいいではないか?とされている。
我々は「どうぶつの森」の結果論だけを見ているのだろうか?
アメリカ先端哲学が日本国でこのような反応を見せたことを、本当に予測できた人はいたのだろうか?
世界が日本国の「会計」「女を紹介する方法」に注目しているし、IFERSとも呼ばれる世界標準の最先端を走っている。


 


 


 


 


なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

2020年6月 7日 (日)

税法。

減税・増収~財務省の夢 小野光太郎動画

基本的には「セックスに税金を課す」ことにより、大して国民にコスト意識を持たせずに税金を取り、各省庁に仕事として税収を分配する必要があるとしたが、「女と別れざるを得ない恐怖」「他の女に興味を移せるだけの充実感」「別れ話を切り出せるだけの寛大さ」など、「カップルには二人の敵の女がいる」「浮気をしたと騒ぐ女と、カップルを守るかどうか判断する女である」ということを理解し、この「窮屈さ」をはみ出たのならば「税金を払えばいい」と考えるしかない。
税金を払うと言っても「自然に手元から消えてなくなる」ものである。
しかし、瞳はダイアモンドを知らないのならば「財務官僚の共通認識」をいちから作っていくしかない。
「同じ女を愛せなかった」しかし「女たちにいじめられ」それでも「男らしかった」。
このあたりに減税増収の秘訣がある。
メッセージが大事なのだ。
松田聖子 瞳はダイアモンド

税法には「男らしさ」を深める側面と、「いじめ」を深める側面と、「女の趣味・選り好み」を深める側面がある。
おのずと「怒り」「処女」の研究などはあるわけであるが、経済政策と同様「マーケットへのメッセージ」が税収効果を上げる。
「男らしさ」「いじめ」「女の趣味・選り好み」が、法律(女の口説き方・経済)を発展させ、経済効果が税収を上げるのは当然であるが、女房子供を失ってすってんてん、という男は、最貧困層に身を落とすほど身ぐるみ税金をはがされて、「いじめ」に血眼になって再起不能になり、「男らしさ」すら失って再起不能になり、「女の趣味・選り好み」すらできなくなっていた。
「いじめをやめろ」「男らしくあれ」「女はみな同じ・今のパートナーを大事にしろ」これだけで豊かさを取り戻せるのだ。
女の取り巻きにカネをばらまいたら破産一直線である。
しかし、「いじめをやめろ」「男らしくあれ」「女はみな同じ・今のパートナーを大事にしろ」というメッセージだけで男は「フレッシュスタート」が切れる。
基本的には「ヨブ記」なんだよね。
人生のドツボで、周りの病人たちを見回すのだ。
派手な格好をした女・汗だくな女、いろんな女を見回して、「女の側にはメシア信仰などない」ということを知る必要がある。
本を読むのはいいが、その中の人間の喜怒哀楽への「かぶれがい」がなければ税金を取られるだけだ。
ルイマル 鬼火

小説を読むのは非常にいい節税効果がある。
怒りに満ちた人生は、たちまち自分をすってんてんにするであろうし、「ただ生きているだけ」のなんのかぶれがいのない人生も自分を貧しくする。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」
小説はそのようなメッセージを残して、読者に「豊かさ」をもたらし「心」だけでなく経済的な豊かさをもたらす。
最後に「ほんのりとしたもの」が心に残り、お金が手元に届けられる。
これが「読書」である。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」
ようするに「つまらない男は貧しい」とされ、財務省は国民に「個性」がなければ莫大な財政的損失を被ることになる。
そのような意味では「経済が上向きになれば税収は上がる」ということもあながち的外れではない。
怠け者が、寝て暮らして、体力を回復させることに税金を課すとも言われる。
「男らしくない」「人をいじめる」「女の選り好みが激しい」男が果たして聖書に出てきたであろうか?
世界最大のベストセラーは、「豊かさの秘密」「節税の秘密」を握っており、イエス・キリストは、世界で最高の「税理士」でありつづけた。
トマス・アクィナスは、「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」という3つから税制を構築した。
ストア派でもあり、無類の「音楽好き」「読書好き」であった。
ストア派あるいはトマス・アクィナスに沿革を持つのが税制であり、戦国武将の起源である。
瞳はダイアモンドの別バージョン。

今のパートナーを大事にしろ、と言うのはこれほどまでに窮屈なものだ。
そのため、財務省に届かずに「燃えてなくなった」税金は多い。
みんな、セッターにボールを返すためにレシーブする。
天皇がどのような発言をし、どのように女の口説き方を男たちに教えるかが大事だった。
なにしろ「自分以外の赤の他人にも自己愛がある」も言うことを知った者から豊かになっていったのだ。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」というのはトマス神学であり、そのまま節税効果へとつながった。
1080年のアフリカのコンスタンティンでの公会議で税制の基本は決められ、「貴族」階級が登場することとなった。
今のパートナーを大事にし切れなかった男は「愛してた」と言って必死で「男らしさ」を維持しようとし、最貧困層に落ちるのを食い止めようとした。
これが「ブルジョワ」のボーダラインだった。
プロスポーツを見たら、「喜びとガッカリ」は遅く、「怒りと恐怖」は速いのが分かる。
喜びは「欲望」に変わり、ガッカリは「恐怖」に変わる。
小説においては、このような回転にいかに「人々の自己愛」を混ぜていくかが大事だった。
時代遅れの酒場 加藤登紀子

怒りと恐怖から「他の女」へと走るのは速く、その後の「喜びとガッカリ」は遅い。
喜びは欲望に変わり、ガッカリは恐怖に変わる。
どの男でも「浮気」をすることぐらいあるだろうが、「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「今のパートナーを大事にしろ」という三つを守れて、財務省のファイルに「高額納税者」として記録される男は少ない。
みんなこの三原則のどれかを逸脱し、おカネが「燃えてなくなっている」のである。
税金の学問は、「愛・キリスト教」の学問であり、人生経験を糧に「仲間を作る」ことが節税効果として期待される。

「私はケインジアン」と発言し、大規模な財政出動を志向した宮澤喜一が「ケインズ研究会」で何を研究したのかはここに明らかになった。
人格が練れていて陽気なおっさんは豊かであり、営業の数字が伸びないと言って怒りっぽいおじさんは貧しい。
独身時代(ステージ1)に彼女との別れを経験し、既婚者になったら(ステージ2)「男らしい」「いじめをしない」「今のパートナーを大事にする」男が金持ちである。
二対一でいじめられたら「貧しい連中だな」「相当働かなければ割に合わないだろう」と楽観視するしかない。
税法には、アリストテレス、トマス・アクィナス以来の伝統がある。
独身時代(ステージ1)にこういう経験ぐらいしろとはストア派も言わないだろうが「原理」ぐらいは知っておかなければならない(原理研究会)。
ハートのイアリング 松田聖子

「愛・キリスト教に詳しい」それだけで税務署からのしつこい催促はなくなる。
「どうしたら今のパートナーを大事にできるんすか?」その答えを発信すれば十分に税収効果は期待できるからだ。
結婚生活が破綻したから「男らしくない」「いじめをやる」という側面が指摘できる。

また、「愛・キリスト教に詳しい」から金持ちであるというモデルとは別に、「経済政策」に詳しいから金持ちであるという側面も指摘できる。
実績があれば「娘や息子たちにも寛大である」とされ、経済が上向けば税収が上がるという主張はこれを背景にしている。
いずれにせよ、「キリスト教」「経済政策」こそが税収効果を上げるのであって、税務署からの催促は「このあたりの議論を詰めてくれ」という催促に過ぎなかった。

あるいは「男五人組」のメンバーになることも豊かさが約束される(ビッグファイブ)。
男同士は「カネと女」がなければつるむ理由がなく、それでいて「ビッグファイブ」を構築したのならば、結果論ではあるが節税効果がある。
ビッグファイブを作るのならば「女友達はもっと多い」ことは容易に想像がつく。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

キリスト教=神道という名の宗教および、経済政策を理解した上での結果論がビッグファイブであった。

さらには、日本という「自分の国の哲学」および「中華思想」を学ぶというVIAと呼ばれる節税効果も存在する。
「税金やって50年」という発言(山中貞則)は、「政治をやって50年」という意味と同じですらある。
キリスト教が税法を作ったのだから、キリスト教を学ぶのが一番節税効果・税収効果がある。
しかし、「経済政策」「経済優先」モデルもあれば、日本や中国の思想を経由した節税効果・税収効果も存在するのだ。

株高を背景にいきがっていると、原油高を背景にいきがっていたプーチンの気持ちがわかるようになる。
原油価格というものは日本の大学の「キャンパス」がどれほど楽しいかにかかっていて、日本国の政治家としては、「若者に甘え、女性に甘える」という「甘えの構造」を理解しなければならない。
日本国は、神社のアマテラスを背景に「女とは何か?」を明らかにしなければならないし、キャンパスを楽しいものにしてプーチンの権力を削ぐ必要がある。
どのみち、日本国の領土拡大は、アリューシャン列島を買うことから始まり、そこからようやく台湾や朝鮮半島、満洲が見える。
「ベトナム、ラオスなどの南部仏印はダメ」ということさえ理解しておけば、今の令和天皇に「できないことはない」という状態だ。
税法について「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」ということが節税効果をもたらすことを周知徹底すると「減税政策」および財務省の「税収増」につながることは指摘させていただいた。
しかし、「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」と口では言えても、「スポーツ(勝負)に強い」「12球団1の強いスイングを生み出す」「165キロの速球を投げる投手を作る」などの結果に表現されるものだ。
基本から考えるのならば、私は、「男らしい」「いじめをやらない」「酒井法子だけをアイドルとして愛した」から、資金力が充実し、東大に受かっている。
酒井法子 秘密のガーデン

私の若かりし日のささやかな成功体験であった。
「勝負の土俵づくり」のことを「数学」といい、それは「偏差値」であってもいいし、打率であってもいい。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」ことがこのような「結果」につながることを、「彼はお金に恵まれていた」「節税・減税効果の恩恵を受けていた」と説明するのが「税法」でもある。
イエス・キリストの真似をして生きる人は金持ちになる。
そのような教えがキリスト教であるが、その真の意図は、アベノミクス三本の矢の「金融緩和」(芸能界よ、焦るな)という政策で明らかにさせていただいた。
アベノミクスとて、金融ビッグバン(フェア・フリー・グローバル)の影響を受けざるを得ず、グローバル化としての側面であるキャスト教を受け入れざるを得ない。
愛・キリスト教に関してはすでにリンクを貼らせていただいた(再掲)。

「数学」には、「蹴落とし型」と「ゆとり型」の二つがある。
教室の三分の一が授業についてこれない「蹴落とし型」の現状から生まれたのが「ゆとり型」であった。
「蹴落とし型」の方が「ゆとり型」よりも、「勝負に負けてもいいプロデューサーになれる」「恋愛が経験できる」というメリットが実はあったのだ。
高橋由美子 負けてもいいよ

男の子は「お母さんの過去の男」を心ない叔父に聞かされるだけで潰されていくものだ。
しかし「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーだけを愛した」私は、両親の支持のもと、叔父二人に情報を巧みに伏せ、祖父母の支援のもとに東大文一に向かって突き進んだ。
rebecca when a woman loves a man

そこで、「蹴落とし型」の方が「ゆとり型」よりも優れているという側面は指摘していい。
蹴落とされても「愛」に詳しくなる。
蹴落とした方も、人生のチャンスが与えられる。
蹴落とされたものに「愛・キリスト教」を教えるのが税法であり、私の母校・横浜市立南高校は、昨年は8名の東大合格者を出したが、今年は東大から完全に「撤退」してしまった。
このことの背景に何があったかは知る由もないが、上位グループが「男らしくない」「いじめをやる」「特定の女を愛さない」などの「資金ショート」を起こしたものと推測される。
SPEED Another sweet field

あるいは、蹴落とされた側の方が「女の子の心理」に詳しかったということから、上位陣が夢が見れなかった可能性もある。

いずれにせよ「理論」さえあれば「蹴落とし型」には何の問題点もなく、一番危ういのは「自分は蹴落とす側なのか蹴落とされる側なのか?」が明確ではないというアイデンティティ問題が生じることだとされる。
蹴落とされる側の方が「女心に詳しい」「女子たちの支持を得ている」ということが問題なのだ。
現象学(女心に詳しく、東京進出が夢見れるという学問)と、道徳(多数派工作の学問)は明らかに異なる。
一部の上位陣だけが知っていればいいのが現象学である。
それが崩壊するとアイデンティティ問題と直面し、「男らしくない」「いじめをやる」「特定のパートナー(アイドルでも可)を愛さない」ということから資金ショートを起こす。
1980年代から2000年にかけて、アメリカ合衆国でこのような「国公立進学校の問題」が研究され、税金を投入して育てた子供たちから、大人が「情報」を得るようになっていった。
クラスのキーパーソン(ナンバーゼロ)が「蹴落とされる側」だったら東大も甲子園も夢を見ることは許されない。
税法において「アイデンティティ問題」が生じたら上位陣が資金ショートを起こす、このことを理解しなければ、円滑な「税収増」は財務省も望めない。
進学校は税収につながるから可愛い。
そのために、資金ショートを防ぐための予算を割くというスパイラルが起きていたのだ。
「偏差値」「打率」などといった数学はこのようなことを明らかにした。
税法とは、トマス神学つまり「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」という基本を踏まえながら、資金ショートを起こさないという「目に見えないおカネ」を相手にするものだ。
通常、おカネがなければ世界は灰色だ。
しかし、教室や家が「灰色」になるのならば現象学から見直した方がいいとレヴィ=ストロースは指摘している。
2000年までに国公立進学校の「秘密」を大人たちは研究し終え、アウディは、2004年に「自動車に乗る君主を育てる」ために国公立進学校は存在するとした。
ほぼ無償の学費を背景に、「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナー(アイドルでも可)を愛する」資金力の充実した大学生を「君主」とすることにしたのだ。
大航海時代は「鉄・拳銃・羅針盤」から生まれたが、今の日本経済は「鉄・自動車・通信」であった。
経済政策・財政政策を明確に打ち出した令和天皇はもはや「神学」「男性崇拝」の対象であったし、円高の象徴であった。
さらに、彼の語る「女性観」は株価を上げた。
「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「特定のパートナーを愛せ」
そのような「豊かになる秘密」「税法」を語った令和天皇には「私の方がサーヤよりもふさわしい女なのに」という女が大勢いた。
国家レベルの「企画立案」を行う男は本人の意に反するものであってもそれほどモテたのだ。
SPEED 熱帯夜

生物多様性は1993年つまり平成初期に「72回」起きたとされ、男たちの「生き方」がバラバラになった。
その後の15年間でも「19回」起きたとされる。
つまり、令和天皇のように国家の企画立案を行う生き方、など誰も行ってはいなかった。
ノーベル賞を何度もとれるような生き方があると人々が悟ったときには、もはや令和天皇の真似ができる人はいなかった。
「男は勃つか勃たないかの二種類」という割り切りも女たちにはあった。
そこで、この生物多様性が「どのようにしたら男は金持ちになれるのか?」という問いかけだけに変わっていた。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」
簡単に言うとそういうことだ。
あとは、別のレーンを走る令和天皇を横目でチラチラ見ながら走ればいいだけだろ。
A、AB、O、B、星座別で48人、デートだけでヘトヘトなので、SMSを活用した。
神のみぞ知るハートの行方 酒井法子

ノートンも、男は勃つか勃たないか?お金を持っているか?の判断の根拠をトマス神学に求めた。
ペテロの葬列は、令和天皇の身内の物語だ。
いわば48人の男が、令和天皇の生き方という「正解」にどのような反応をしたかを示したものである。
35歳までに子供を作り終え、55歳で定年を迎える。
そうすれば子供の成人を見届けられる、そのような生き方が「男」の常識だったのだが、1993年に生物多様性が引き起こされたのだ。
そのため「知識」は発展した。
令和天皇そのものが「破天荒が見つけ出した正解」だったのだ。
浜崎あゆみ To Be

トマス神学の原点は令和天皇にあったし、その核心部分の教えが「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「特定のパートナーを愛せ」ということであり、中国の舜と、トマス・アクィナスは、歌のモデルという意味では舜に軍配が上がるが、それは芸能界の都合に過ぎず、金持ちになる方法という意味ではトマス・アクィナスの方が強かった。
タンポポ 王子様と雪の夜

女の嘘と、男のマスターベーションは、「批評する精神」と呼ばれ、教育の目的となった。
批評とは常に「女の嘘」を相手にするものであったし、精神とは「そのような世界に溶け込みたい」という男の都合を意味した。
女が、社会から多くのものを家庭内に持ち込んでくるが、男はマスターベーションすることによって「そのような世界に溶け込みたい」と考える。
結婚前の女の団結に、男も「批評する精神」を持って道徳(仲間づくり)なり、現象学(世界を広げること)なりにつなげていかなければならない。
CoCo 横浜BoyStyle

さて、そもそも「記憶」というものが「よりシンプルな対人関係があった方が覚えておきやすい」ことから、家族や数人の友人によって形成されてきた記憶が大学受験でモノを言う。
つまり、「クラス全員が送り出す東大受験生」などいないし「ベンチが送り出すバッター」もプロ野球においてはいない。
そのため、私のブログをスマートフォンで読みながら、一方で参考書を読む受験生は極めて優秀であろうが、指導者を間違えると、とてもではないが東大合格も甲子園出場も実現しない。
「天皇とは誰もが務まるものではない」
そのことは若者たちが証明している。
「楽しい青春時代を」
それは天皇の力量であり、自動車に乗る「運転手」(君主)に与える天皇の影響力と、税法はここで結びつくが、大学受験・司法試験受験が「知識」「記憶」を要求する以上、天皇の書くテキストが「楽しい」というのは、税法の基本である。
とにかく、「孤立し、怒り、病んだ」受験生は貧しいし、おカネがいくらあっても「蒸発して消えている」としか言いようがない。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」というのは常に税法の基本であり、風景が灰色になったら「資金ショートを起こした」と考え、勉強・記憶という作業以外に「手を付けなければならないことがある」ことを意味する。
そもそも「忘れた、覚えていない」ということそのものに税収不足(おカネが蒸発すること)が存在し、「よく覚えているよ」というところに豊かさがある。
灰色の風景など覚えていても意味がない。
そのようなところに「時代の天皇の力量」が存在する。
仕事をする、試験を受ける時の記憶と、さらに、のちに論文を書くようになる時に必要になる記憶と、最後に「自伝」を書く時の記憶の三つがあるが、どのみち「記憶のない者」は貧しいのだ。
記憶こそが富であり、「灰色の時代」をなくしていくのが「最も注目された文学者」である天皇の器である。
世の中で「学歴」「専門的知識」がモノを言うのは事実である。
しかし、金融となると「人間らしさ」をよく覚えておいた方がいいという側面がある。
天皇だって「男」だろう。
カネと女を約束してくれる「おことば」「文学」以外、読んでも意味がない。
女の言葉は「そもそも期待されていないことができない」というような「ダメな側面」以外に覚えていない。
酒井法子が「ラモスって怪獣?」と言ったなど、何の富にもつながらないことを私も覚えている。
しかし、女の子にとっても「茶色、緑、赤」の三原色が揃わなければ、男たちの記憶に残るようなパフォーマンスはできない。
小泉今日子 なんてったってアイドル

税法がうまく機能して、世界が明るい金持ち男にもどのみち「貧乏男二人組」が登場してカネを吸い上げてしまうだろう。
そのような時に「男らしくあれ」「いじめをやるな」「特定のパートナーを愛せ」という三つを忘れたら、イエスキリストは一流の税理士とは言えない。
イエスキリストは、マタイ、マルコ、ヨハネ、ルカなどの「自伝」によく登場した「陽気な男」であった。
「なんであいつ、そんなにカネ持ってるのかな?」
その秘密はのちにトマス神学(カトリック)が明らかにしたのだ。
ESSと呼ばれる「宇宙人が持ってきた書物」(聖書)を本当に、体現したのはトマス・アクィナスであり、令和天皇も似たようなものだ。

税法と経済政策は似ていて、常に「美男美女」が金持ちだとされていることから、仏教が日本国では問題にならざるを得ない。
アブヒダルマが、「顔の美しさが世界の色を決め、税収効果を上げる」とした。
沖縄とアイヌ、そして在日朝鮮人以外、単一民族国家である日本国にも、インドの哲学は根深く入り込んでいた。
音楽作品(スートラ)をこよなく愛するものが美しくなり、子孫繁栄が約束された。
「都会には美人がいるな?」
そう思わなければ、精子の出ないマザーファッカーになってしまうだろう。
女の「美しさ」に対して、男の子は「賢さ」で対抗しようとする。
男の「賢さ」に対しては、周囲は「専門用語」「暗号」で対抗しようとする。
女の美しさはこのようにして、周囲にいい影響を与えていた。
美少女というものはクラスに一人はいたし、鉄・自動車・通信の議論は、最終的には仏教となった。
キリスト教は、日本国の金融を緩和させる(芸能界の緊張をほぐす)効果はあっても、「美男美女を生み出す教え」ではなかった。
キリスト教は「豊かさ」を約束したが、仏教もそれは同じであった。
のびのびと育てられた大男は、駆け引きを知らない分、キリスト教的な金持ちにはなった。
キリスト教の「安息日」がなければ、仏教も成立はしなかっただろうが、龍樹は早くから「エルサレムを尊敬しろ」と中論で語っていた。
日曜はダメよ 三浦理恵子

生・老・病・死をはじめとする「十二の苦の連鎖」(十二縁起)が存在する以上、苦のない世界(涅槃)とは何かに関しては仏教界は沈黙するしかない。
しかし、美少年が失っていくものの代わりに得るものが男の魅力だとも言われる。
私の小学生の時の卒業アルバムに周囲はため息を漏らした。
真言宗の婆さんも味なことをやるものだと思うね。
「私、疲れ果ててたのよ」というおばさんがいるとするのならば、パートナーの男の「男らしさ」「いじめ」「特定の女を愛する」のどれかが壊れていたと判断するしかない。

トマス神学が、税法の起源であるとするのならば、カトリックがもっとも豊かな教えであることになる。
カトリックの「七つの大罪」は「他の男の女」に抱く嫉妬を基盤に、「男らしさをもつこと」「いじめをやめること」「特定のパートナーを愛すること」を求め、隣人の妻を犯したら破産するであろうことを意味している。
リベラルの立場から破産者を大量に出したことをレベッカが歌っている。
実力主義の大統領制(カトリック)の方が、毛並みのいい王子による世襲(リベラリズム)よりも豊かであるとし、天皇制批判に用いられた。
肉声のない王子がこのような負の側面を税法にもたらしていたのだ。
rebecca trouble of love

君主が妃に宝石を買い与えることそのものが「他の男の嫉妬」を引き起こす。
しかし、それならば「君主の肉声」をよく研究して自分もパートナーに宝石を買い与えればいいだけである。
「肉声のない君主」がそもそも問題になるのである。
大統領制は天皇制よりも「豊かさ」で勝っている。
毛並みのいい王子のもとで自由に遊びたいというリベラリズム(英国王室)は、チベット仏教などと結びついて、自動車産業や税法と密接にかかわるが、「人格的統治者とは疑わしいもの」(西原博史)という指摘もある。
大嘗祭を自分のポケットマネーで行った令和天皇に周囲は、「一生に一度のこと」として祝ったが、天皇制に「次」があるかは明らかではない。
天皇の妃に嫉妬し、時には「怒り」を感じる人もいるだろう。
そのため、天皇は常に国民に「メッセージ」を語らなければならない。
どのようにしたら豊かになれるのか?を明らかにしなければならないのだ。
妃のいる天皇への嫉妬というものは実に「男らしい」感情である。
それならば「全人類平等主義」の観点から、天皇は自分の肉声を「国民全員に」周知徹底する機会があることになる。
平成の時代には神道=モーニング娘。の側も「天皇に肉声がない」ことを認めていた。
「他の男の女を奪うと貧しくなる」
それは実質経済とも呼ばれ、女一人に男二人という図式は「男を賢くさせる」という効果はあったが、経済の「伸び」となると、世界が灰色になるのならば嫉妬は「七つの大罪」の一つであり、貧しくなるということは理解しなければならない。
男同士の「競争」による効果を「実質経済の伸び」と呼んでいるのであって、天皇が常に肉声を発しなければ経済成長は見込めないのだ。
モーニング娘。インディゴブルーラブ

女たちは「神は存在するか?」「神・男の完全性に関する議論」以外に、議論の必要性を感じていない。
病気を治してくれる「神」、法律相談に乗ってくれる「神」、おカネで解決してくれる「神」以外に議論の必要性を感じていないのだ。
つんくはひたすら神道の立場から「神」論争をリードした。
ナビが壊れた王子様 松浦亜弥

令和天皇は「医学情報」に関しては出し惜しみは全くしなかった。
みずからの「腰痛の研究」もかなり深く明らかにしていたのだ。
「神・男の完全性」と言っても、お年寄りにまで通用する議論でなれば経済に悪影響を与えかねない。
自らが「神」の地位を望み、失意のもとにある人間を無神論者と呼ぶのならば、天皇は存在しても、身の程知らずの無神論者はいてもいい。
しかし、減税効果三原則からアプローチするならば、無神論者もまた「貧しい」し、褒められたものではない。
カネ、健康、パートナーを与えてくれる神を信じないのならば貧しい。
話していてもつまらない。
これが女の考えだった。
パラレルワールドに関して描きたければ版権が生まれるだけだ。
しかし、パラレルワールドと言っても「天皇が何を語り、何を人々に教えた人か?」を明らかにはできずにパロディで終わるだろう。
今、自分がいるワールドがもっとも豊かだからいるとしか言いようがない。

さらに、おカネが「金額が数えられる、女が買える、すべての女に通用する」ものである以上、女との待ち合わせ(約束)が税法において重要な役割を果たす。
主権(日本人女はだいたいこんな感じ)というものの強度を高めると税収は上がり、減税効果もあるという意味においては「通信」の果たす役割は強く、「約束」というものの研究は欠かせない。
高橋由美子 Will you marry me

女の美しさのみならず、「孤立した男との約束は果たさない」という道徳(多数派工作)的側面が約束にはある。
男の「仲間の多さ」と女の「美しさ」は似たような意味合いを持っているのだ。
国家レベルでの「約束」が納税である以上、しっかりと「税法」(豊かになる方法)や、美しくなる方法(仏教)、さらには「多数派工作の方法」を天皇が発信していかなければならない。
これらを踏まえて、どちらについた方が「セックスが約束されるか」を担保にしていく必要がある。
「男らしくない」「いじめをやる」「特定のパートナーを大事にしない」男ならば、そもそも「信用できない」ので貧しいのだ。
令和天皇は「ニュースのクリエイター」であるが、「文字がある、新聞のニュースがある、世の中が自然に流れていく」という決定論者は案外多いのだ。
セックスよりも寝ていた方が良かった?怠け者にとって「気持ちよさ」と約束はこのような意味を持つ。
ribbon 変な愛のカタチ

また、「約束」というものは「将来に対して行う」ものでもある。
「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーだけを愛する」男がAKBの取り巻きがいたのならば「将来を約束されている」としか言いようがない。
「国際社会で名誉ある地位を占めたいと思う」
これは、日本国の女性たちを大事にしようという憲法学の意思表示である。
簡単なんだよ。「男らしい」「いじめをやらない」「特定のパートナーを愛する」だけで「天皇」になれてしまうのだ。
その代わり「駆け引きをやる禿げた小男」はそのような存在にはなれない。
家庭(ゲマインシャフト)と契約を結ぶのは基本であるが、大学や会社と契約を結んだら、この三原則を踏まえて、女の取り巻きを増やし、自分の将来を「約束」されたものにしなければならない。
やはり「経済政策」こそが、将来を約束されたものにし、過去の記憶が鮮明であることも減税と税収増をもたらすのと同様に、将来が明るいことも同様の効果をもたらすものと考えられる。
将来が見通せない人物であるのならば、周囲も約束を守らない。
「時間だけは頑固者」
それは自分の将来と関わるものであるからだ。
初めてのハッピーバースデー カントリー娘。

AKBなどの「期待感」が異なるのが「将来を約束された男」である。
二人の男を比べるのは一人の女であるが、女の中にも「人をいじめる男は強い、守ってくれそう」と考えるお子ちゃまもいる。
渡辺麻友がそうだったが、どこかで「キャリアの限界」を迎えている。
女としても「いじめをやる男は貧しくなる」という認識を持つ必要がある。
トマス神学が「繁栄を約束する」というのはこのあたりに根拠がある。
グロチウスは、トマス神学がなければフランスはカトリック国として現在の領土を保持できなかったであろうと考えていた。
偶像崇拝に批判的なカトリックが、「戦場ではいじめをやらない」ことから強さを見せたのだ。
同期の桜

一方で、ドイツは「アイドルのセールスこそが戦争の強さである」「慣習こそが王である」とし、名プロデューサーがいてこそ戦争で強さを見せると考えていた。
女の子たちの間に「いじめ」が生じ、男同士の「いじめ」すら容認してしまったため、ドイツの「税法」が果たしてどのようなものなのかは分からないが、トマス神学のような「アブラハム宗教」を神聖ローマ帝国が持っていないはずはなく、
どのみち「男らしくあれ」「いじめをやめろ」「特定のパートナーを愛せ」という3原則は踏まえなければならない。
皇帝になるために「慣習」「売れた音楽作品」が必要であったに過ぎず、公法私法峻別論の立場から「芸能界は一般とは異なる」という割り切りがあったのだろう。
その代わりナントの勅令において「名誉と富は同時には手にできない」というメッセージが出された。
名誉を手にするのが女の子たちの鬱を解消するのであれば、おカネより大事なものとして「いじめ」「譲れない夜」は存在せざるを得ない。
SPEED All my true love 

安室奈美恵が、いじめの横行する芸能界で「愛」「ルール」を訴え続けたことが知られている。
金持ちになりたければ必要なのは「愛」「ルール」だったのであり、本質は繁栄の神学と何ら変わりはない。
安室奈美恵

安室奈美恵も引退をしたし、渡辺麻友も引退した。
これは「いじめをやる男は貧しい」ということから、彼氏が「男らしくない」「いじめをやる」「特定のパートナーを愛さない」というトマス神学への「コントラクトダメージ」(契約不履行)によるものだ。
おカネが割に合わなくなれば、引退するしかない。
おカネがなければプロとしては動けない、そのようなことから「健康のほうが大事」となって引退している。

 

 

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

 

«アベノミクス三本の矢~構造改革。