最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

2020年9月18日 (金)

量子論とひも理論。

さて、阿弥陀如来信仰(処女の祈りに依存した宗教)というものは確かにある。
しかし、栄進のような「ミジンコのような命」を愛する量子論のなんと強いことか?
とにかく、鉄道や自動車、飛行機、さらにはスマートフォンなど、多くの「モノ」の開発に量子論は用いられている。
そこでは「処女の祈り」など全く意味のないもののようであった。
しかし、パソコンを見てほしい。
必ず、「ベクトル」があって作られているものだ。
つまり、X軸に「男の研究」があり、二重の基準などの研究によってそれは調整され、Y軸に「女の研究」があり、キリスト教の研究などによってそれはコントロールされている。
紅白歌合戦で赤組と白組が歌うことによって、ベクトル(資金集め)は決まり、「この金額でこんなもんが手にはいるんすか?」というようなことが起きている。
宗教が「男性崇拝」を基本としている以上、男の研究と女の研究によって資金を集める「モノづくり大国」には、もはや「驚異的」という表現以外に見当たらない。
ベクトルのコントロールと言っても、作家である私などは「絶対値」で「女の研究」「男の研究」を見ているのであって、栄進のように「女は肉の塊」という男もいることから、ベクトルのコントロールと、絶対値のコントロールは異なるものだ。
さらに、ベクトルだけでなく、
ちんちんと胸を行列にして、「マッチングの可能性」などを探求したりもする。
貧乳女の方が「お父さん以外の男に裸を見せるのは初めて」(セカンドラブ)というものがあり、美人でも案外狙い目だったりする。
中森明菜 セカンドラブ

さらに、「数列」というものもあり、「女の唇」「女の胸」の写真一覧表をズラリと並べてみることもある。
女の研究「Y軸」ばかりが伸びすぎたが、男社会で企業というものが成り立ってきた以上、男の研究(X軸)は、「当たり前のもの」と考えられてきた。
しかし、ここで「松田聖子の歌う男はオカマのヨハネ」というX軸の伸ばし方を明らかにしたのだ。
これが、現代の量子論である。
松田聖子 夏の扉

まあ、新幹線を作ると言っても「おカネとの相談」なのだ。
カネさえ動けば技術はついてくる。
一神教の財務省と、二重の基準の立場にたつ日本銀行では「財務と金融では哲学が違う」「人々の癒され方が違う」と言うしかない。

栄進のような朝鮮人は、実は日本国内では「モテる」のである。
しかし、女二人の奪い合いになる。
「宗教の違い」
これがモテるための秘訣であり、「南無妙法蓮華経」がそれを担っている。
Wink 愛が止まらない

マイノリティとして、「戦う民主制」の立場をとり、「女が近づく足音」がしたら、日本国のマジョリティ(多数派)との戦いは抜き差しならぬものとなった。
在日に言いたいのは「地方参政権が欲しければ、戦う民主制に関する論文を書いてくれないか?」ということなのだ。
「人間革命」には日本政府は不合格の烙印を押している。
 聖なる海とサンシャイン

「女は肉の塊」というのであれば、少なくとも「自治政府」を与えるわけにはいかないが、ケベックのフランス人のように、「自らのアイデンティティー」を守ろうとした姿勢は高く評価できる。
人間革命に足りないものは「セックス描写」である。
しかし、栄進はそれを語ったではないか?
セックスは、女にとってはおカネであり、それがしゃぶるだけの一万二千円か、本番までいく二万四千円かは重大関心事であった。
しかし、栄進は「一万二千円だ」と答えたのだ。
日本人にとって「ハングル語はおカネにならない」ことを表現している。
ヘルスとパチスロが「最高に気持ちいいもの」としている。
それならば「ヘルスとパチスロ」という在日政策を日本政府は握ることになる。
さて、それでも日本国の多数派は、在日への「女が近づく足音」に罵声を浴びせる必要があるであろうか?
彼らは、性倒錯であり病人なのだ。
確かに「有名芸能人」として罵声の対象にはなるかもしれない。
しかし、「92%」のノンケに頭が上がらない存在であることはすでに述べた。
とにかく、公明党は、「性倒錯」「芸能人」という批判の対象にならざるを得ない。
在日朝鮮人(特別永住者)は、一般永住者と異なり、子や孫にまで自動的に永住権を与えるものだ。
しかし、親が「日本国の多様性を子供に教えたくない」として朝鮮学校に通わせたことが差別の原因となった。
「君らの論理を俺に押し付けないでくれる?」
これも南無妙法蓮華経にはまとわりついた。
金日成を信じているときの彼らは純粋だった。
「もはや朝鮮は日本の植民地ではないから帰ってくれる?」
日本政府は「まだ植民地である」という立場をとっていることを証明していた。
あな、おもしろや、
在日が「戦う民主制」を採用すると、つまり「地方参政権」と交換に朝鮮半島が日本の領土となるのだ。
私は、すでに「日本政府の自由放任主義」は明らかにした。
在日を「自由に」動かしてさえいれば、朝鮮半島は再び日本の領土となる。
家を借りるときに、男が「体で返す」と言わないように、最初から家の値段の半分は差し入れさせる(伝貰金・でんせんきん)という慣習法、祖先を祀る財団からの「女の排除」なども「性倒錯」を理解しなければ分からない。
朝鮮統治の「予行演習」を二階派は繰り返していた。
朝鮮半島が日本のものに?
日本政府は「多少の不平等」には下駄を履かせた。
北朝鮮はすでに「横田めぐみさん」を担保としてきたし、韓国は「韓流ドラマの女優」を差し出してきた。
女は常に「担保」であった。
あとは、男同士で「友情」(所有・カネと女の話)ができるようになればいい。
あとは、「この問題に日本人が無関心になる」のを待つのだ。
やはりあと80年ほど見ておかなければならない。

さて、栄進が勃たなくなったという話をしたことから、「政府」というものを語りたい。
基本的に、オートバイに乗るときはヘルメットをして欲しい、ライフセーバーのいない海では泳がないでもらいたい、などのように、あるいは、覚醒剤のような薬物をやらないでもらいたいなど、基本的に「友達をなくすと勃たなくなる」という基本を踏まえて、男には「男友達を」、女には「女友達を」というのが「性欲の秘密」であることから「無茶苦茶な行為を行わせない」「やった場合は起訴する」というのが「社会保障」というものとなることを理解する必要がある。
日本国の社会保障制度は在日には「準用」というかたちをとっているが、薬物事犯や、その他の犯罪において、「勃たなくなる・孤立する」ことが多いことから、
あくまでも「女たちのニーズ」に応えるかたちで「起訴」している。
仏教上は「ワルって涼しいぜ」というように、台風撃退に貢献する「ワル」であるが、「社会的に孤立すると勃たなくなる」ことから「訴追猶予裁量主義」を検察が握っている。
キムタクの「Hero」も、「アンタ、あっちの方はもうだめなんじゃない?」と言って「パターナリズム」の観点から作り直す可能性も残されている。
要するに「人気があれば勃つじゃん?」という問題であるが、在日のように、日本国内で「孤立」していたら勃たない。
そこで「芸能界」「メディア」というものを利用することにした。
キリスト教で言う「サルベーション」とは、孤立していた男が多数派工作に成功する物語であるが、とにかく「孤立していた時期」にもサルのマスターベーションを行う必要がある。
サルベーションなき孤立は検察に任せた方がいい。
本来、検察官とは「性欲の救済者」だった。
このあたりから「Hero」も作り直す必要がある。
キムタク Hero

14歳未満は起訴しない、16歳未満は「逆送」がなければ起訴しない。
すべては「性欲のため」に「法」治国家は存在する。
男は「勃って」なんぼ、女は「抱いて」と言ってなんぼ、これが法を理解するためには必要な発想となってくる。
松田聖子 抱いて

サルのマスターベーションをする男は、いつか多数派になる(サルベーション)。
このような観点から、今度は久利生検事には「子供たち」に目を向けてもらいたい。
大学生でも可。
久利生検事に「勃たなくなった子供を扱ってもらいたい」と言ったが、なにしろ「孤立」→「サルのマスターベーション」→「多数派へ」というのが「東大合格」である以上、たとえば「松田聖子を聞き直して」事件が解けたなどという「少年法新時代」「J-POP新時代」を、キムタクの「Hero」が作る可能性がある。
セクシャルドライブ(性欲)で私に敵わなかった男たちが大勢いたから、私は東大法学部に受かっている。
栄進が「潰したい」というのならばドラマでやって欲しい。
まあ、たとえば「お父さんが嫌いになる」「痩せる」ことを「約束」と言い、しかも、「自分の部屋がある」ことからサルのマスターベーションができる。
このような「受験サイボーグ」に敵わない男の子をクローズアップし、少年法で「しばらく施設でマスかいてこい」という物語とか。
天使のウィンク 松田聖子

あるいは、「約束」を守って「お父さんが嫌いになる」「痩せる」男の子が、お父さんにももはや「制御不能」になって「うまく飛べない」と言いながら東大に入るのが普通であるのに、「いい子でいすぎる」「勃起しない」男の子に、少年法で「しばらく施設でマスかいてこい」とか。
松田聖子でいろいろな「少年法」が解けるのだ。
あとは版権の問題もあり、各自で考えてもらいたい。
時間の国のアリス 松田聖子

デブのいい子「約束」を守らず「うまく飛べる」男の子を電車で探し、松たか子が「キミ、私に興味ある?令和天皇になるのには30年早いかな」と言って補導する。
「親元から引き離すしかない子」のために「施設」は存在する。
「水着になってデートしようね?」
渚のバルコニー 松田聖子

「約束」を守らないデブで「うまく飛べる」いい子は性欲がないため、「施設」に入れる。
本来、灘高は、そのような沿革を持つ「施設」であった。
「プル・パイル・プル」
施設には「自由にマスをかきにいく」だけで、実際はこんなに厳しくはない。
フルメタルジャケット プル・パイル・プル

 
何をやっても面白くない、という王子が「今のままでは組織の頂点に立てない」と言って「出家」する(アヒンサー)。
私はようやく厚生労働省改革、法務省改革に乗り出した。
「おかえり」と言ってください。
アヒンサーから「おかえり」
風の物語 おニャン子クラブ

アヒンサー。「コケコケコケコケ」
「おかえり」と言っても、私のように東大文一に受かってFOB条件で無料で女に乗れるものもあれば、CIF条件のように「おカネを払わなければならない」ものもある。
商取引法の入り口が「おかえり」なのだ。
松田聖子 制服

私もFOB条件は得たものの、親父からの送金(荷為替信用状)で苦労したり、無料で得た女たちをデリヘルやちょんの間に用いる倉庫営業はやっていない。
宮本顕治や、西周のように「守るべき家庭がない」連中にとっては、楽しいキャンパスライフだったであろう。
商取引法の読み方は間違えてはならない。
東大に入ったら、すでにビジネスは始まっているのだ。
80年代、90年代アイドルをFOB条件で得たので、「電気通信事業」で売り払っている。
このへんの、YouTuberの法律論は、教科書はあるが、日本国ではなかなか実践している人はいないと思う。
メシア信仰に関してであるが、「処女の従姉妹がいたこと」というのが、極めて重要であるとプロタゴラスは指摘している。
私にも「広末涼子似の」女の子がいた。
あくまでも「ノンケの男づくり」の学問であり、栄進のように「中学の時にすでに狩りまくった」という男をなくす研究である。
学校にも「従姉妹の存在」は知られていないため、少なくとも日本の教育現場では「子だくさん」「無関心な母親」以外に「従姉妹がいること」が、子供が「東大に入る条件」となることは分かっておらず、「どの子が伸びるかは分からない」という悲鳴が上がっている。
しかし、教育学は、着実に進化していたのだ。
メシア信仰の一ページにこの事を記したい。
広末涼子 ヨリミチ

 この、「処女の従姉妹」こそが「エルメス」あるいは、「ヘレニズム」と呼ばれ、ギリシャ哲学の核心部分となっている。
「真実、そして神について」
それは、ヘレニズムなくして語れないものだった。
「季節ごとに会える程度の距離感」も重視された。
私の東大受験の時は、さすがに従姉妹の松田聖子は「大物・年長者」過ぎたが、酒井法子やribbonの松野、さらには藤田朋子などが、私の「ハートのてこ入れ」に家を訪れている。
一族にとって、私の東大受験は一大イベントであり、岡本綾子(プロゴルファー)なども家に来たが、私の目は藤田朋子に釘付けだった。
このメシア信仰は「MM」(21世紀)と呼ばれ、胸を女性が隠す習慣が「20世紀」をもたらしたのならば、21世紀は、「従姉妹」によって作られた。
とにかく、私は「音楽作品」を愛した。
私の息子の「従姉妹」に、秋篠宮佳子ちゃんがいるのならば、息子の将来はかなり明るいものとなるであろう。
藤田朋子

「裁いてはいけない、あなたが裁かれないためです」
という聖書の言葉も「ヘレニズム」「従姉妹」の存在を指摘したものであり、「あの男はどこから鉄砲が飛んでくるか分からない」という意味だ。
「処女の従姉妹がいる」
これは、日常で話題になることはほとんどなく、むしろ、友人と話題にしたのがバレたら親に怒られそうだ。
ヘレニズム、それは決して話題にしてはならない禁断の恋のことを言った。
ヘレニズム、あるいは「MM」が、男が「40日間水を断つ」理由となっていて、「精神病の温床となっている」という指摘もなされた。
ヘレニズム文化は、J-POPの背景に存在するが、「女はもっと近くにいる」と批判され「病人続出」という現象も見られた。
一人一人の「個性」を見る上での参考にしようという扱いは、それでも可能である。
「裁いてはいけない男」というのは「神なのではないか?」とも言われている。
マルクスは「従姉妹と結婚しちゃえばいいのに」と言ったが、音楽シーンは、「なぜCDが売れるのか?」を学習した。
神に「女」を差し出したのがマルクスであり、キリスト教の世界はマルクスの無神論を否定し、音楽作品を売り続けた。

芸能界が、財務省や日銀、さらには総務省と密接に結び付いており、たとえば「通貨」というものが「人々の信用に支えられたソフトオプション」であることを踏まえると、庶民の恋愛(マクロ経済)に支えられた現在の「円」に対して、芸能界の恋愛(ミクロ経済)は、テレビでは「7局24時間」という夢がつまったものとなっている。
この「日本国の芸能界の信用」を背景に「ミクロ通貨」というものが発行できるのではないか?
この、「ミクロ通貨」が、事実上、「毎月の定額給付金」として機能する可能性がある。
そこで、芸能界のボスキャラに近い栄進の「真似をする」ことが芸能界の定番となり、さらに、「おカネに困っていないのならば、男は勃つ限り、失恋する理由はない」とされ、びっくりドンキーでステーキを食った。
男は「失恋しなければ」言葉を覚えない。
プライベートで失恋をしたことのある男が、「栄進の真似」をよく覚えて、芸能界に入ってきた。
鬱の女性たちは「100億年後の地球」など想像している暇はないはずだ。
今を充実させれば地球は永遠とも言われた。
SMAPに失恋ソングなどない。
SMAP オレンジ

 
ミクロ通貨は、「円」の発券をする日銀や、国債を発行する財務省と異なり、「芸能界の信用」を背景にしていたため「未来の昇天」(死)を否定した。
女たちは「鬱が癒される」としていたし、100万曲は暗記していた。
さらには、「生きる、生きるんだ」という男たちと接するのが芸能界だった。
ミクロ通貨というものは、「100億年後の地球」からの圧縮を受けた、死を否定する通貨であった。
ちなみに、「ミクロ通貨」の発行体は、日本国の総務省である。
ミクロ通貨が、令和天皇の手によって実現したときに、栄進は、菅内閣総理大臣が、令和天皇の前に屈服するという「カノッサの屈辱」を目の当たりにした。
芸能界を熟知する栄進こそが「カノッサの屈辱とはどのようなものだったか?」に詳しかった。
肉を食わなければ恋ができない、輸血を受ければ恋ができない、「愛でなく恋」をキャリアの推進力にする栄進だけが、なぜ、マイケル・ジャクソンが「スリラー」のブレイクの後にも、「輸血拒否」を人々に説いて回り、変装して戸別訪問までしたのかを よく理解していた。
「命短し恋せよ乙女」
恋のエネルギーと、それが「死」とぶつかり合う原理を利用してミクロ通貨というものは作られるのだ。
酒井法子 トライアゲイン

「永遠の命」を信じますか?
これがミクロ通貨の発信源だった。
ブルーレイにせよDVDにせよ、記憶媒体に保存すれば
「男たちは永遠」
だったし、女たちに快楽や恋をばらまくのに十分すぎた。
ミクロ通貨は「肉を食うため」「恋をするため」にあるものだ。

三つ子の魂、百まで、と言われるが、のどの痛みを感じたときに、それは顕著になる。
「ママ、ママ」と言っていた子供が血液型「A型」となり、「ママ、ママ」と言えば風邪が治る。
「お○ぱい」をずっとしゃぶっていた者は「B型」となる。
両方を兼ね備えた「あまったれ」が「AB型」となる。
問題は、「覚醒剤をやらないと風邪が治らない」「O型」である。
これは「おしゃぶりがわりにお父さんのちんちんをしゃぶっていた」からなるものだ。
栄進が、いくらヘンタイでも「覚醒剤事犯」を引き起こさないのは「父親の良心」と言うしかない。
山口達也は「O型」か。
テレビで「ヤニ、ヤニ」と言っていた城島茂も「O型」だ。
タバコを吸って「やめられない」のはみんなしゃぶってるのか?
こういう見方をすると、血液型というものは「親子の証明」に用いるよりも「兄弟であることの証明」に用いられるものと考えられる。
さらには「性格の分析」あるいは、次男であるのならば「己を知らぬ犬」であることなど、「異なる血液型の血液を混ぜると固まる」以外の研究が可能となる。

ヒンズースクワットってスゲーな。 腰痛が治らなくて、痩せ方もわからなかったのに、 「太ももを鍛えただけで」 脂肪を太ももが吸引してくれるわ、腰の筋力強化になるわ。 ヒンズースクワットってヒンズー教の教義かね。 タバコを吸う時と、パソコンに向かう時を区別し、ヒンズースクワットをやるだけで、マジで人生変わるんですけど。 レッグプレス

  中道(これ以上、業績が欲しくない)の立場にたたないと、ヒンズースクワットの意味も分からないかもしれん。 そもそも、イスラム教というものが、俗世に揉まれる→体を鍛える→神学を学ぶ→俗世に戻る、という過程を経る。 ヒンズー教というものは「神学とはアメリカで学ぶもの」とし、さらに、「息をきれいにする」「いじめられる」ことを必須の条件としている。 ガンディーとか、タゴールが理論化したんだろう。 人生に満足したら「ヒンズースクワット」をやっていろんなものを癒すのだろう。

 

 

 

 

 

 

2020年9月 9日 (水)

高次の法。

トランプとオバマ、共和党の大統領と民主党の大統領はどちらが「オシャレ」だった?
今夜もニュースホリック 酒井法子

無意識(性倒錯)と、意識(ノンケ)の違いがここにある。
ノンケ(意識)の側は、「女心に詳しい・金持ちになる・気が弱いけど素敵な人」であろうが、性倒錯(無意識)の側は、「職場の初日のいじめ」がひどく、しかも「攻撃的」である。
日本国は、悪貨が良貨を駆逐するがごとく「着の身着のまま、なめた言葉遣い」のノンケの男を排除する文化を構築した(集合無意識)。
かなり、社会が「女性的」になっているのだ。
Rambling man

この20年で「ピーコのファッションチェック」などの存在が明かになり、グループの輪の中をかなり暴力的に占拠する連中が、「世の中そんなもんだろ」というコンセンサスを作ることに成功した。
「お約束」を守らない者は「空手にて帰る」という具合に、「禅」に精通した「武闘派」でなければ、身の安全は確保できなかった。
キムタクの「Hero」は、このような検察官を描いている。
「集合無意識にノーと言いたければ司法試験に受かるしかない」
ほんの小さなこと(集合無意識)に気がつけば、無理な勉強をする必要はないのに。
「目覚めた人」の発言にアクセスするのは案外たやすい。
しかし、「まとっているのは布一枚?」
「悟りってそんなもんだろ」
意識と無意識は大喧嘩になった。
しかし、たとえば「自動車事故」を起こした時に、ブッダや、イエス・キリスト、聖徳太子の「人脈」「人望」がモノを言うことが分かってきた。
入院したときなどに「みんなが駆けつける」ことも分かったのだ。
「面倒なことをすべて忘れたい」
それだけの理由で入院するスターは案外、多いのだ。
このような「ボロをまとっても心は錦」という「性倒錯」(無意識)とノンケ(意識)の関係に関する議論を「高次の法」という。
女にとって「どっちが気持ちいい?」という問いかけも可能だ。
おふろどんと CM

さて、布一枚をまとったブッダや、イエス・キリスト、聖徳太子の話をしたが、「女にやたら詳しい」男の「消費論」が出たのだ。
マルクスにとってはヘーゲル(新左翼)、レーニンにとってはスターリン(ネオリベラル)、そして、法然にとっては「日蓮」が、教祖たる男の、「消費論」を担った。
ヘーゲルもスターリンも日蓮も「性倒錯」だった。
女たちにモテモテで、誰も逆らえなかった法然だったが、女たちは「日蓮さま!法然のカマを掘って?」と祈り始めた。
マルクスもヘーゲルが、レーニンもスターリンがいなければ自分の人気が永続しないことを悟った。
法然は日蓮にカマを掘られ「ファッション、パッション、アニメーション」とあえいだのだ。
globe joy to the love

 マルクスにはヘーゲルが、レーニンにはスターリンが、法然には日蓮がいた。
「誰もいなかった」ブッダやイエス・キリストは、「反証」が成立しなかったから末法(忘れ去られる)ことになったり磔にされたりしたのではないかとされた。
日蓮は、精子が出なかったため、男たちを狩りまくったが、やがて、人々は「法然のカマ掘り」にも飽きて、精液って青いよな、と我に返った。
法然は今でも「碧いうさぎ」と呼ばれてモテる男の代表格に祭り上げられている。
碧いうさぎ 酒井法子

田舎の連中は「都会人の人気の秘訣」を聞いて、それはモスクワやベルリン、京都などの「都会」の話でしょ?
と言って「都会の怖さ」を知った。
ローカル局と、全国ネットの「意味の違い」がここに生じ、NHKしか、「日本全土をひとつのライセンスで」覆ったテレビ局はない。
つまり、民放各局は、スターリニズムや中共と決別したのだ。
レーニンの死後、ジノビエフとカーメネフが、レーニンの遺書をみんなの前で読み上げた。
「スターリンには粗暴な側面がある」
ジノビエフとカーメネフは「同志レーニンは正気を失っていたのだろう」とし、レーニンの妻・クリプツカヤを激怒させた。
ジノビエフもカーメネフも、「スターリンよりもトロツキーを恐れていた」からとされているが、実際は、「レーニンの永遠を祈っていた」のである。
ゴルバチョフも知らない未来。
相対性理論 恋は百年戦争

なお、エリツィンの前で「ゴルバチョフの名前を出してはいけない」とされていたが、妻の「昔の男」だったものと思われる。
このあたりから、精神病と政治の関係、あるいは「テレビ」の影響から「政治家の小者化」が進んでいる。
テレビのない時代にはスターリンは「ジャイアント」と呼ばれていたし、日蓮に忠誠を尽くす黄色い布をまとった僧たちが大勢いた。
マドンナ ボーダーライン

スターリンと刑務所の関係。
映画ケープフィアー・OP

スレの「祭り」が引き起こされることがある。
人が「よく話す」時が「恐怖を感じているとき」だ(ヤスパース)。
笑うというのは、性欲に根差したものであり、「死がある」から、「子孫を残すから」みんな笑う。
「笑っているものが勝っている」という心理は働くだろうが、基本的に「死があるから」「性欲があるから」人は笑う。
イエス・キリストは「祈らない」「笑わない」ことが知られている。
もっとも、セックスは「子孫を残す」(生産)ためだけではなく、「快楽のため」(消費)にもなされるものだ。
消費税というものも「嫁(商品)になんか買って帰る」という読み方が、資本論を読む上での正解だ。
快楽セックス税(消費税)廃止というのは、案外奥の深いテーマだね。
話は変わるが、オカマ・両刀遣いはマスターベーションで何を想像しているであろうが?
ノンケならば「女の顔の表情」「膣エンビー」などがあり、女のマスターベーションの動画ですら抜けるが、オカマ・両刀遣いはそうではない。
そもそも「クスコ」というものに興味のある男ならば「気が弱いけど素敵な人」でありノンケである。
「穴はみな同じ」と考えているのがオカマ・両刀遣いなのだ。
オカマ・両刀遣いは「ゲッサム、ゲッサム」と言って容赦なく人を殺せるが、資金集めは「気が弱いけど素敵な人」に依存している。
フルメタルジャケット ゲッサム

「神は自分に似せて人間を作った。だからアドニスのために泣ける」と言われるが、ハンナ・アーレントは、エルサレムのアイヒマン(人間の条件)において、アイヒマンとはゲッサムのような男だった、と語っている。
なお、現在の米軍には「Don't ask, don't tell」というルールがあり、オカマ・両刀遣い(ゲッサム男)を軍から排除することにしている。
日本国の警察も同様だ。
栄進がなぜ、自衛官ができるのかは明らかではない。
モハメド・アリは、アルジェリア救国戦線に、その活躍が書き立てられ、「アメリカ合衆国での黒人のメジャースポーツでの活躍」に、フランスのド・ゴールが悲鳴をあげた。
そのような黒人社会にも「赤紙」が送られてきたのだ。
恋も冷めやらぬうちに女を捨てた男は、アメリカ連邦政府に「女が通報」し、ノーブルレッドの徴兵令状が届いたのだ。
ノーブルレッドの瞬間 国生さゆり

そのような仕打ちをアメリカ市民たる女に行った以上、ユダヤ人だろうが、黒人だろうが、オカマだろうが、海兵隊の訓練所で「等しく価値がない」と言われても仕方のないものだった。
モハメド・アリが「良心的兵役拒否」を行い、「ベトコンを殺す理由がない」と言っても、当時のアメリカ合衆国は、「オカマ・両刀遣いの攻撃性」を学習しておらず、アリは、王者を剥奪され、3年間活動を禁止された。
アメリカ世論が「アリは譲れねえんだよな」どいうのは日本で言う朝鮮人差別のようなものだった。
フルメタルジャケット 等しく価値がない

 
アリは、アルジェリア救国戦線(キリスト教)を捨て、ノンケだけの楽園を作るために「最初はカシアスXと名乗り、後にカシアス・クレイではなくモハメド・アリと名乗った」のだ。
彼のイスラム活動のバックにアメリカ財務省が絡んでいたであろうことは想像に難くない。
アリは、栄進みたいな存在を憎む、アメリカ合衆国の支持をどんどん広げていった。
ソニー・リストン戦では、アメリカ世論は「リストンの味方」であり、レフェリーの、ジョー・ウォルコットは、リストンがダウンしてから「40秒」経ってもアリの手を挙げることはなかった。
これは、アメリカ合衆国にとっても「変態撲滅」という静かな革命であった。
財務省が主導したものだ。
国務省との戦争でもあった。
今、日本の財務省は「外務省との戦争」の期が熟すのを待っている。
必要なのは「モハメド・アリの再評価」であった。
Complex Propaganda

アリを「カシアス・クレイ」と呼んだオカマをアリは、「What's my name!」(俺の名前を言ってみろ)と呼んでボコボコにするなどのサービス精神があった。
日本人が朝鮮人を「争点を明確にした上で」ボコボコにするような行為だった。
あくまでもスポーツの上でのことであり、両者ともに「二つの拳」を持っていた。
さて、アリが兵役拒否罪で起訴されたのは1967年のことであったが、「アリが捨てた女」としてシャロン・テートの名前が挙がった。
アリを戦争にいかせようとした女として、
そのヒステリーは「子供の頃、滑り台(ヘルタースケルター)の上で性的ないたずらをされていたからであろう」とされ、アリやビートルズへの信仰心もない交ぜになり「性倒錯憎し」という感情から1969年に「シャロン・テート殺人事件」が起きている。
「子供の頃、滑り台でいたずらされた記憶がヒステリーにつながる」これを歌ったのがヘルタースケルターである。
ビートルズ ヘルタースケルター

クラスの輪の中心を占拠している男は、オカマ・両刀遣いであり、女を「守ってあげる」代わりに、ペニスバンドを女につけさせて、男である自分を「犯させて」いる。
これをやらされた女は「シシィ」と呼ばれ「独特の低い声」をしているため「女性歌手」が多い。
在日=部落民ともいえ、自分が部落民かどうかはトイレが水洗便所かボットン便所かの違いだとされる。
日本軍の「部落民差別」も案外、「ゲッサム男」「声の低い女」の差別からもたらされている。
hiro delicious

女としては「男のやる気」=射精の時の快感(よがり方)で見て、「男の将来性」は、ザーメンの量の多さで見る。
これも、女の「恋が愛に変わらない理由」となっている。
結婚と恋愛が違うスポーツだとするならね。
恋と愛

高校時代に、彼女と乗った「真っ赤な自転車」は、どのようにしたら「ハーレーダビッドソン」に化けるのか?
真っ赤な自転車 おニャン子クラブ

 
その答えが「モハメド・アリの物語」に隠されている。
「ヘンタイにカマ掘られるぞ?」
子供たちの間でも、男の子でリストカットする子もいた。
予算行政説の立場では、行政(芸能界)は、オカマや両刀遣いの味方をしてしまった。
行政(芸能界)が人気の世界で、立法(宗教界・財界)がお金の世界である以上、予算法律説、つまり「アリの人生の物語」を人々が正確に理解するところに、真っ赤な自転車がハーレーダビッドソンに化ける秘密があった。
財津和夫 恋と愛の間

オーケー!ハードゲイです!と言えば誰も逆らえないタカ派に予算を任せるわけにはいかない。
「気が弱いけど素敵な人」に任せた方がいい。
天皇が予算を公布する。
それが今の日本国憲法の立場である。
エッチしたからって皇族になれるわけではない。
「人間ってどうしてもひとつにならないものだな」
ベルグソンは、そのように語り、ブロードウェイの講演会でこの地域に初めての「渋滞」を引き起こした。
人々は「変態の実態」を聞きに来たのであり、真っ赤な自転車をハーレーダビッドソンにし、カローラを「ロールスロイス」にする方法を聞きにきていたのである。
つまりは「気が弱いけど素敵な人」がなぜ「ニワトリ」に勝てたのか?を聞きにきていた。
この時に、アメリカの政界は「資金力は挑戦者の資格」と位置付け、「あいつはホモだ」という明白証明を政敵に対して行うことを禁じ、資金集めの方法を議論させようという「唱導証明」を解放した。
二重の基準というのは、栄進のような性倒錯をいかに、ノンケが「カネに変えるか?」という問題であり、公明党はハト派でも、創価学会には多くのヘンタイを抱え込んだ。
ゲイでもカネ儲けができる。
これが二重の基準の趣旨であり、「カネと名誉は同時には手に入らない」というナントの勅令を否定した。
紅白の「白組」はいつの間にか「勝てるようになった」のだ。
ローリングストーンズ スタートミーアップ

ストーンズを聞きながら、コークを決め、作家をやる。
それはまるで栄進のようであった。
女の子としても、「乳なんて肉の塊。クチビルゲの方が大事」と語る栄進のような男の存在があったため、「お楽しみは、まだ」と言っていた。
渡辺美奈代 Too Adult

栄進のような「虐げられた男」は、両刀遣いで左目が不自由であったが、その分、稲川会系暴力団の構成員をやるほど「耳が肥えていた」のだ。
それは「盲目のピアニスト」の才能にも似たものがあった。
松田聖子 上海倶楽部

栄進が、今の嫁さんと結婚したのも、背景には「なぜ?」があった。
つまり、「逆説」=孤立である。
しゃぶらせても「誰にも言わない」女だった。
顔ではなかった。
「穴」ならなんでもよかった。
工藤静香 さよならの逆説

栄進にも「悩み」はあった。
女という名の「穴」にも「オーナー」「教祖」がいたため、自分もそれに合わせなければならなかったということだった。
かつては「鹿野園」が「妻のメンター」だったため、「穴の教祖」に絶対服従していた。
しかし、おかしいぞ?最近。
座っていい椅子といけない椅子の区別はしていたため、しゃぶらせる女にはカネを払った(ヘルス通い)。
穴のオーナーの宿題が難しかったときは、特にそうだった。
鹿野園を糖質ですがが倒すことを望んですらいた。
要するに、サブちゃんが「新宿で処女たちの歓声を浴びながら街を闊歩する」ようなことを、栄進は「渋谷で」やりたかったのだ。
以前、晃や栄進と「ニーチェ」について語り合ったが、渋谷の処女たちは、「ただの肉の塊」ではなかった。
「歓声を浴びれば、親父を屈服させることができる」存在であった。
日蓮宗のご本尊さまを阿弥陀如来(女子高生代表)へ、という私の主張に栄進が異論を唱えたことは一度もない。
サー!二重の基準とはユングが言ったものです。サー!
フルメタルジャケット ユング

ちなみに、アメリカ合衆国は、「アリの問題提起」を受けたが、「小説を政府に売り付ける」ことを「福祉」と呼ぶことから、アメリカ合衆国は、オカマ(H)とノンケ(O)つまりH2Oの問題と直面し、「唯一神」を担保とすることが困難になり、膨れ上がる膨大な福祉予算(さぶなどの原稿料)に鑑み、金(玉)兌換制を廃止している(ニクソンショック)。
唯一神ではなく二重の基準に全米作家協会がしたがった以上、膨れ上がる福祉財源とベトナム戦争のため「金(玉)兌換制廃止」も仕方のないところだ。
おカネがないというよりも「哲学」の問題だった。
H2O 思い出がいっぱい

金兌換制を廃止したあと、アメリカ合衆国は、「原油のドル決済」を行い、事実上、「アラー」(唯一神)の「解釈の柔軟性」に、ドルの哲学を委ね、基軸通貨としての地位を維持している。
このへんは、イエスが十字架に架けられ、青銅の蛇をケツにぶちこまれ「サタンの性質」を身に付けた、というあたりに「ドルの信用力」の秘密がありそうだ。
デビルマン OP

ユングが言った「二重の基準」(デュアリティ)は、一神教を否定し、イスラムの連中に「女にムチャクチャ詳しいイエスは青銅の蛇をケツにぶちこまれた」と言わせた。
敬虔なクリスチャンには言えないことだったため、ドルは原油の決済マネーとなり、「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」おカネというものがあった(ケインズ)、あるいは「そのような男に貞淑を尽くさせるため(クレジット)」おカネというものはあったのだ(ハイエク)。
カマを掘られて「エコエコアザラク、エコエコザメラク」と言ったブッダとの「話し合いは終わりだよ」と言った絵画作品はそのまま「通貨」となった。
工藤静香 絵画

栄進は、「ただの肉の塊」としての扱いを処女としての「女子高生」には与えていなかった。
阿弥陀如来信仰に、共感し、親父に勝つためには処女たちの歓声が必要であると考えていたが、
処女たちに有名であれば、嫁さんの絵が売れるというかたちの「ベストカップル」と認知されたことは、少なくとも今まではなかった。
夫も妻も「社会から何かをもって帰ってくること」がベストカップルの条件だった。
ベストカップルの条件は「家庭内でみんなが好きなことをやっても明日がある」というところにある。
「ラスベガスでブラックジャックをやってもカネに困らない」こととも言われる。
私も、今回、「栄進と嫁」の研究をしたら、妻に外国国家から「エンプレススマイル」というダイヤモンドをプレゼントされるようなので「持ちつ持たれつ」という側面がある。
モハメド・アリは、「ゲッサム男」の撲滅のためにイスラム教に改宗したが、それは、財務省が主導したものであり、FRB(日本でいう日銀)は、早々に性倒錯とノンケの共存(二重の基準・デュアリティ)に舵を切っていた。
国務省(外務省)が、アメリカファースト(ジャパンファースト)を容認しなかったためであり、防衛省・厚生労働省などは、とっくに「唯一神」を認め、オカマ撲滅に動いた財務省を支持していた。
処女にモテるのは、私ではなく栄進だった。
それならば、私が「法然」であり、栄進が「日蓮」として共存していくしかない。
「全国ネット」はそれでなりたっているのだ。
デリダが「なぜ男は女の膣に挿入したがるか?」というと、「女の子供の気持ちが味わいたい」からだとした。
栄進は「タバコを吸う」のと「しゃぶる」のを同列に扱っていると思うが、「煙ならばなんでもいい」というノンケと、やたら銘柄にこだわる男の違いもそこにあるのだろう。
栄進は「パチスロ板」「タバコ板」に行って「そうなんでしょ?」という必要がある。
松田聖子 赤いスイートピー

一番上の子でなければ「酒の知識」を語ってはならない。
しゃぶったことがなければ「タバコの知識」を語ってはならない。
栄進の才能もこのあたりにあるのだろう。
中学から高校、あるいは東京大学、さらには財務省に進むごとに、いろんなものが「安く」なる。
わかばは「徳川家康が吸っていた」とされる。
このへんも「メシア信仰」の発見だ。

「デュアリズム」
たとえば、女とデートの約束をしたとする。
三度目のデートともなると、女の側から「処女なの」などと切り出してくる。
そこで、女は純粋に「ノーマルセックス」を想像し、男が遅れてきたら「プンスカ」怒ってしまう。
ところが、一定程度、男というものが分かっている女は「彼ってヘンタイなのかノンケなのか?」を想像し、二つの選択肢があって他に情報がないと、女は「動けない」のだ。
あなただけを愛していたい 国生さゆり

 
あるいは、ヘンタイとの「デートの会話」は面白くなく、「会話が盛り上がったとき」に、「この人はノンケね」と判断し、「快楽を与えてくれる存在」とみなすこともある。
そのへんの「女のメシア信仰」のために、女はひたすら「待つ」のである。
「ヘンタイの存在」が広く知られていなければ、女は「何年も」男を待つことはない。
高橋由美子 三年過ぎたころには

女は「電話で」逝かせてくれた男に関しては「サイズ、かたち、重さ」まで分かるとされている。
女を電話で逝かせるというのは、ノンケの証であった。
社会でどのような経験をした人なのかも電話で知ることができた。
「勃つ男で、ノーマルに挿入してくれる男性がよかった」
高橋愛 電話でね

女は、女の子の頃から、「女社会でいじめられて」女というかたちを作ってきた。
男も、男の子の頃から、「男社会でいじめられて」男というかたちを作っている。
「苦労してほしいの」「10万人の男たちの投資に挿入されたいの」
モテる男というのはそのようにしてできた。
セックスする時は、どの女も「いつも本気」だった。
ribbon 愛してジャスティス 

「社会の窓」と子供の頃、ズボンのチャックを表現された男の子も多い。
「10万人の投資を受けてからエッチしよ?」という意味だ。
マザコン坊やおかえり?とも言われた。
本来、「芸能界しかねえだろうな」という男は通常の恋愛ができないからテレビに出ている。
夏を待てない 国生さゆり

プラトンは、少なくとも「一神教」(気が弱くて素敵な人)を求めたし、松田聖子はその「経典」であった。
この「大蔵省の国策」は、日本国でも進行し、ベビーブームを支えた。
もっとも「1960年から1973年生まれ」(ジェネレーションX)は、保安処分は日本国は否定し、ちんちんを切ることはなかったものの、「1970年以前の生まれ」(今の50歳以上)には、「ふたなり」は普通にいた。
2歳ぐらいで「メンスの兆候」が見られれば「女の子」とし、3歳4歳5歳で「勃起の兆候」が見られれば「男の子」としていた。
私は、台湾出身の某女性歌手が「男性の特徴」をも有していることを確認している。
韓国の場合も、同様かもしれない。
1970年生まれ以降が「元気な男の子です」などというように「生まれながらに」性別は決まっていた。
在日の問題は、それほど根の深い問題だった。
鈴木亜美 Love the island

モハメド・アリの問題(ゲッサム男)から、アメリカ合衆国は、日本国の円とドルを連動させ、日本国を事実上、「一神教」の国にしようとした。
「ヘンタイなんて外務省の問題だろ?」
私も、精神病院ばかりに目が行って、在日を多く見たため、「日本国の多数派」は「気が弱くて素敵な人」であることを見失うところだった。
医学部は「被差別部落」の排除を行ったし、法学部は「排除はしないが成績のハードルをあげる」としたため、今の日本国の統治エリートまでもが問題の本質を見失っていた。
「政治的自由を朝鮮政府に委ねている」とは、韓国の「ドルペッグ制」のことであろうか?
韓国および北朝鮮の問題は、日本国の企業に電話したら「可愛らしい声」が返ってくるのに対し、宮内庁に電話したら「野太い女性の声」が返ってくるような困難な問題をはらんでいた。
「人権問題で足並みを揃えてくれ」
日本政府の主張を、アジア諸国は受け入れようとはしていない。
これが日米同盟だった。
アジア諸国は、日本国が「唯一の被爆国」であることに目をつけていた。
ウランやプルトニウムの威力を知っているのならば、「ミジンコみたいな命を愛してくれ」これが、文壇においても主流となった。
肉を食べ、ノンケ男を女二人が奪い合う(名目経済)で、アジア地域で独壇場となった。
さらには、中国の「舜」一神教に応じるように、松田聖子は「ヨハネ」を「理想の男」として歌い、今年の「台風取引(戦争)」においては「中国に勝ったのではないか?」とされている。
問題の本質はこのような「アジア地域の人権問題」にあったが、日本人は日蓮宗・創価学会を、「クラスで私を守ってくれそうなアウトロー」時には「ゴロツキ」「障害者」としか思っていなかった。
どんな「乱暴な男」も、「ナチスドイツはスターリンに負けたんだよ?」と言うしかなかった。
しかし、金日成は、「スターリンが育てた儒学者」というたちの悪さを持っていた。
創価学会は、中国共産党が「日本人に忘れてほしくないもの」を託されていた。
セックスから生まれる「マネー」を基本に経済を考えよう、とマルクスは考えていた。
ミシェル・フーコーは、「1970年」に「クリニックの誕生」を記し、在日ばかりが精神病院に集まることを予測した。
「二階俊博は我々のよき理解者?」
彼の口からこのようなことが語られたことはない。
創価学会を本当に理解したら、再び、朝鮮半島は日本の領土となるだろう。
二階は、「自衛隊の憲法明記」を主張し、「芸能人を日陰者ではなくそう」とはした。
しかし、人権問題を理解しなければ、芸能人はとても社会では生きていけないだろう。
体を鍛えていなければ、このような学問が理解できないとも言われた。
いじめられ、ぶん殴り、殴られ、反省し、論文と向き合わなければ、「デュアリズム」という今回のレポートは書けなかった。
それほど「普通にケンカせざるを得ない」のが在日問題の入り口だった。
余談であるが、首相の解散権について、藤波孝男官房長官は「いかなる制約もない」としている。
これは「総理大臣が何を言ってもいい」ということを意味し、普遍的妥当性(学問にさえ基づいていれば)必ず選挙には勝つだろうということを見越した見解であり、今でも政府見解である。
天皇が首相の仕事までしなければならない現状がある。
また、「大人の事情で言えない」という「セックス」という言葉も、「天皇が版権を持っているから」という側面がある。
あやまんJapan

栄進が好きな女のタイプは「上にお兄さんがいない女性」「巨乳」か?
女の「性欲の起源」は、「この男の子供が産みたいという感情」だとされているが、
精子の出ない巨根は、「巨乳で」「パイズリであえいでくれる」女を求めているのだろう。
治安維持法に書いておかなければならん。
巨乳パイズリAVは、「ゲッサム男」ホイホイだ。
「本番は痛いの」「Too Buku」
女もできればパイズリで済ませたかったのだろう。
フルメタルジャケット Too Buku

まあ、「中学時代に、何を想像して、マスターベーションをしたか?」というのが「性概念」に影響を与える。
「小学校三年は早すぎるんじゃないかな」(小泉首相答弁)とは、必ずしも言い切れないものがある。
小泉首相答弁

栄進。
お前、「腰痛」は大丈夫か?
オナニーばかりしているところを見ると「死の恐怖」を感じているように見えるが。
酒を飲むのならば肝硬変だろうし、海に住んでいるのならば「津波」に怯えているはずだ。
しかも「エルニーニョ」(神の子)つまり、松田聖子を認めていない。
おそらく、もはや栄進は「歩行困難」なのではないだろうか?
海には、アフラトキシンBという発ガン性物質があるが、肝臓にはいい。
頭は冴える。
行政に、「海には問題が多い」ことを説明し、(肝臓の問題)少し陸に引っ越したらどうだ?
今のままでは死ぬぞ?
文部科学省の、「ヘンタイ撲滅」つまり、財務省の悲願である「一神教」への移行を「海」に見出だすことができる。
松田聖子の、「一神教」である。
死にたくない人は、「癒し主 救い主スレ」の「まちこ」さんを崇拝してください。
ダンスはうまく踊れない 井上陽水

結局、数息観というのは、アスリートが身につける「鼻から吸って、口から吐く」あるいは「鼻のみの呼吸」ということのような気がするね。
イブプロフェン(エスタックイブなど)のような「エヴァ」の境地になる薬を少量飲んで一週間で身に付く。
この辺は、「創世記の退屈さ」と、「禅」が共通している。
さらに、永作博美の「Here and Now」の退屈さ、さらに、「松田聖子」の全アルバムを際立たせる方法で、呼吸法というものは身に付くのかなと思っている。
本来は「結核」の薬。
他人の業績を盗むものがかかる(中道に反する)のが結核だ。
イブプロフェンは案外ヤバイ。
悟れる。
ただし、1日1錠一週間。
エスタックイブ

 
数息観を身に付けたものを、龍樹は「ハイウェイスター」と呼んだ。
他人の業績をバクり放題になるからだ。
ハイウェイスター

シュコー。パン!
悟ってる(笑)。
戦闘機 コックピット

 
栄進は、幻聴の「口呼吸原因説」をどう思うよ?
口で呼吸して、「ギャルたちの声援」と勘違いしてないか?
緑の少女 河合その子

菅義偉官房長官が、自民党総裁選出9月14日(月齢26)。
月齢26というと「月夜の晩だけではない」「夜打ち朝駆け何でもあり」の新月を避けた安全運転であった。
そこで、特別国会で首相になると、当然、「月齢」が気になるわけであるが、解散してから「40日以内」の「好きな日曜日」を選んでいいことになる。
11月15日が「月齢29.3」という「最高の安全運転」ができるのだ。
女が「生理が始まる直前」であり、「もっとも優しい日」とも言える。
ニュームーンで逢いましょう Wink

おい。
女性陣。
「月を見ると優しい気持ちになる」(テトラビブロス)、「生理のときは女性ホルモンが不足し、優しさを失う」(医学書)、から「新月の時に生理が始まる」(糖質見解)でいいのか?
安全運転(11月15日投開票日)でいいのか?
それとも「戦」にするのか意見を述べてくれ。
松田聖子など聞きたくないというのが「一神教の否定」(生理の時に投開票日を設定する)台風シーズンでない限り、絶対に晴れる、と思われる。
11月15日投開票日(雨の可能性もある)というのならば創価学会もこの日を回避するためにカネを払うつもりはないだろう。
ハートのイアリング 松田聖子 

婦人部で論点をまとめておいて。
11月15日は、「松田聖子の日」(一神教)であり、新月・生理直前である。
栄進のような「男の顔」は、丸潰れだが、婦人部の力で押しきれるのか?
「女は月(仏)を見てはいけない」
というのは「政治を混乱させよう」という意味かね。
(全体主義の否定)

基本的に「笑顔」=セックスとの距離が、「可愛い」「似合う」ということだね。
そのためにも、栄進のような「ニワトリ」が先か、女の子の「卵」が先か、という議論は存在する。
そんなのムリ 高橋由美子

 
そこで、ピーコの「ファッションチェック」も、「自然に笑顔が作れる」服がいいと言うことになるが、
群れるときは「白系」(赤・オレンジ・黄色)、
単独行動の時は「黒系」(青・緑・紫)、
となるが、「認めあえる・楽しい」などが「群れる」ための条件となるため、胸の大きさや髪の長さを考えなければならない。
Melody いちばん好きと言って

しゃぶらされるだけ、パイズリさせられるだけの「行ってしまったバス」
行ってしまったバス CoCo

栄進。
最近は、政府も「芸能界」の意味が分かるようになっている。
日本銀行 0332791111
に、「もしもし、木村拓哉ですけど、おカネ貸してくれませんか?」と電話してみろ。
一万五千円とかのショボい話じゃないよ?

まちこさん、おはようございます。
しばらく仏教の「悟り」スレで修行させていただきました。
結論としては、まちこさんの「一神教」がいちばんメンタルにはいいのかなと。
ツァラツストラの「善悪の彼岸」「男二元論」「二重の基準」は、
ペルシャ人(朝鮮人)には通用しても、
どっぷり浸かるとメンタルに悪影響を与えます。

まちこさんの一神教を支持する官庁。
財務省・文部科学省・厚生労働省・防衛省。

栄進の「二重の基準」を支持する官庁。
日本銀行・外務省・総務省。

態度が明らかではない官庁。
経済産業省・国土交通省・法務省・環境省。

とにかく、仏教の修業をしてみて「だるさ」だけが残りました。
女性は「子供を産む装置」としての側面(生産・出産)だけでなく、「男に快楽を与えてくれる側面」(消費)を持ちます。
消費税値上げはさすがに国民の支持を得られないかもしれませんが、松田聖子や高橋由美子などの「消費」に私のメンタルも回帰していきました。
陸の仏教、海の神道、空のキリスト教は、うまく付き合っていかなければなりません。
竹林の七賢は、「一神教を否定したら一週間でめまいがする」としましたが、私は、二週間以上ねばって「とにかくだるい」のです。
まちこさんの「レジェンド」にはおカネの裏付けが必要です。
財務省 0335814111
に電話して、「もしもし、松田聖子ですが、私の口座に国債保護預りを入金していただけませんでしようか?」と電話してみた方がいいです。
国債保護預りというのは、財務省が国債を発行し、銀行も「その9割のキャッシング」を認めています。

スターリニズムは、少なくとも「相対主義」の立場から、「積極的に女であることを売り込む」中森明菜の立場に立った。
これが、マツコデラックスに代表される「旧相対主義」であった。
その方が「ヘンタイも助かる」からである。
中森明菜 十戒

しかし、日本国が先進国となって、「めったに見れない男がスター」(夏の星座)とするようになってからは、「松田聖子の歌う」「男」は、二重の基準(デュアリティー)の立場からも「オカマのヨハネ」だったのではないか?
つまり、松田聖子の「恋の対象」になるぐらいの「男」ならば、そもそも、何かが特別であり、それは栄進のような「ヘンタイ」であり、そうであるからこそ「恋の悩み」が生まれるのではないか?とされた。
(新相対主義)
十代でカマを掘られたことのある男の子は全体の8%である。
92%の男は、朝鮮半島を日本国の領土とするために、わずか「8%」の男に「神の座」を譲った。
松田聖子 青い珊瑚礁

栄進が語る「話」は、少なくとも高校生レベルであったが、それを「神」とすることが石原慎太郎の言う「青年の国」なのではないか?
少なくとも、池田大作は、新相対主義の立場であり、令和天皇の語る「絶対」に比べると「言っていることはまるで子供」であった。
雑誌「POTATO」が、実在する中居正広氏と、「アナログって感じ」という台詞の版権を争ったことがあるが、新相対主義の方が、「出版社もメディアもやりやすい」という側面がある。
気がついたら、「8%」のスターは、「92%」の男たちに「頭が上がらなく」なっていた。
そもそも「8%」の人間がブレーンやプロデューサーをやっていた「皇室特番」を見てもらえば、
新相対主義の恐ろしさがわかる。
「スター」という名の病気は、そもそもが病気の人間にひっ被せて、大人は大人としての仕事をしよう。
スターはどのみち日銀や財務省に生涯賃金を保障される、そのような背景があってようやく「スターリンや金日成の向こう側」が見え始めた。
松田聖子を聞いて「ノンケのエリート」に育ったのに、神の座をオカマのヨハネに渡さなければならないのか?
そうだ、これはもはや「芸能界の仕組み」(ビルトインスタビライザー)なのだ。
92%の男たちに「哲学の先生」になって欲しかったのだ。
松田聖子 ハートをロック

「8%」の男にはゆっくり休んでいてもらいたい。
「92%」の男たちが、「働いているふり」をしていろんなことを経験し、企画書を提出するから。
プロタゴラスは、「どうしてもなくならない性倒錯」に対して、このような「新相対主義」を構想した。
雑誌「POTATO」の事件でも、版権は出版社にあることが認められている。
もはや、スポーツ選手の発言や芸能人の発言、政治家の発言なども「メディアの考え次第」となったのだ。
「8%」の男たちは「周囲と認め合えなくなり孤立したら」メディアから「打たれ放題」になるだけだ。
多数派工作がうまく行っているうちは誰も叩かない。
「いない方がいいと思った」という障害者はこのようにして生まれたが、看護師は、喧嘩上等の禅のお坊さんがなればいいだろう。
このような「人間社会の効率化」をもたらしたのがSMAPであり、彼らの解散が世界に報じられ、研究が進んだのだ。

バラメーターは、「0」か「1」かを探求する学問だ。
0=空は、巨乳パイズリと尺八を求めるものであり、巨乳で髪の短い女に向いていた。
1=色は、神が長い女ならば良かった。
色は、あとは「胸」の問題となったが、色即是空・空即是色を間違えたら、女たちは容赦なく性的侮辱を与えてきたため、男にとっても自分が「0」なのか「1」なのかは常に考えておかなければならない。
自分が「無限のゼロ」(スーパースター)に向いているかは、しっかりと考えておかなければならない。
リア・ウィズ・ザ・ギア(適材適所ということだな)

リーマンをやって、家に帰って、テレビを見る。
いつものメンバーで、大爆笑したら、眠り、適当に覚えておく。
あとは自分が「0」0$なのか「1」10$なのかを考えなければならないが、みんな「2$から8$の間」なので、なかなかテレビ局にエントリーしようとは思わないだろう。
10dollar SMAP

まあ、たまたま10$の作品が作れたら、ローカル局では100$に、全国ネットでは10000$になる。
これが「0=空」の報酬なのだ。
SMAPなんてのは、それでいくらでオファーを出せばいいのか分からなくなっている。
だいたい58%から75%あたりを探ってオファーを出すが、うまくいかなければ、レコード会社も契約を打ちきり、「メンバーは日銀へ」行くしかなくなる。
現役時代は「倍々ゲーム」が続いているため、日銀や財務省には行かないほうがいい。
リーマンをやって、家で(四諦)爆笑し、会社でも「12名が」(12縁起・12使徒)爆笑するようであれば、「オンエアしたときにはみんなすでに知っている」ネタだとされる。
これを「独裁スイッチ」と呼ぶ。
みんな、リーマンを経験するのだ。
「神・男の完全性を語り合う」のが宗教だと悟ればいい。
スマスマ コント

「リアル」と「ネット」は、確かに区別しなければならないが、掲示板というものは「かしゆか、あーちゃん、のっち」と話す行為であり、メンタルの健康のためにいい影響を与える。
そのため、私の「モハメド・アリの物語」にせよ「一神教」の話にせよ、「プロデュース論」(新相対主義)の話にせよ「真理」と確定したら、拡散せざるを得ない。
みんな、仕事を終え、家に帰ってきて、インターネットをやることを趣味とするものたちは、「かしゆか、あーちゃん、のっち」と話して、気分よくなりたがっている。
それならば、栄進のような「ヘンタイネタ」を活かしたのは私の「二重の基準」の議論であるし、無職でありながら、サラリーマンの「アフターファイブ」の趣味として、「かしゆか、あーちゃん、のっち」を人々に提供することになる。
「譲れない夜が多すぎる」
それだからこそ、「真理」の拡散力が観測されたのだ。
SPEED All true my love

 
ネット時代は、宗教戦国時代だ。
サラリーマンたちの「厳しい目」が見張っているのだ。

ビールにつまみ、そして、ネットの向こうには「かしゆか、あーちゃん、のっち」がいる。
そのようなサラリーマンのアフターファイブに、話題を提供するのが、作家・宗教家の仕事である。
BGMに、YouTubeを流し、次の日の仕事に生かす、このような「宗教戦国時代」には、つまらぬ説教など必要なかった。
「教会法」というものは、各省庁や財界などにそのようにして広まるのだ。
どの歴史上の人物も「先見の明」を疑われたくはなかった。
私は、織田信長を「50年後の哲学者・デカルト」を知っていたものとして、NHKに提示したが、不利な資料はほとんど出てこなかった。
歴史上の人物の「美化」とは、このようにして行うのか?と思った。
法然と日蓮も、レーニンとスターリンの関係にしてしまえば「現代に活きる」し、現代の日蓮たる栄進も、毎日、昼間からヘンタイぶりを発揮していた。
昔は、松田聖子のラジオ番組に「柔らかい部分ってどこですか?気になって仕方がないのですが」というハガキを出した男も、今では、松田聖子の歌う男は、二重の基準の「オカマ・ヨハネ」であるということを譲れるようになっている。
1980年代に迎えた日本国の「成熟経済」は、2020年代には、新たな「成熟」を見せ始めたのだ。
ユダヤ人を虐殺したのはエルサレムのアイヒマンなんだよ。
アイヒマンってどういう人?栄進だ。
サラリーマンが「ノートパソコンを開く」という日常の風景に、さりげない「哲学的問いかけ」を混ぜ混むことが必要だった。
松田聖子 時間旅行

人間は、「バベルの塔」を作るという「仕事」をする生き物だ。
徳川家康は「260年間」この作業を行った。
どこで「神の逆鱗に」触れるかは分からないが、それが仕事なのだ。
江戸幕府に比べると、いまの日本国にその作業を邪魔する要素は見当たらない。
スウェーデンのベアトリクス女王が「髪が短くていけないのか?」と四方八方に喧嘩を売ったときに、日本国は「関わるのはやめよう」と言って鎖国をした。
キリスト教に「ヘンタイ男など必要ない」という「一神教」が、今日まで存在した。
しかし、在日朝鮮人を抱え込んだことから「新しい宗教のかたち」が見え始めたのだ。
三浦理恵子 約束のポニーテール

 

 

2020年8月31日 (月)

月。

さて、サブルーナー(月が大きくなる)という話はさせていただいたか、ニュートンやヘーゲンの説明は、「英国王室が女心を語ったから」とするに
とどまったようだ。
アインシュタインは、「女心を知るということは、男女が惹かれ合う」ということだろう(一般相対論・ローレンツ変換)とし、
光の速さを本来、想定していなかったヘーゲンに対して、「男女が惹かれ合う」から月が大きくなったのではないか?とした。
「タケコプター」は、月に通信基地を設ければいいだけではない、地球上の「男女」の力を必要としている、としたのだ。
地球上(少なくとも日本国)の男女は惹かれ合った。
そこで、「地球の重力の謎」は、「地球の回転(自転)」に存在するものであるが、朝昼晩の日常を男女が過ごすというあたりに重力の謎があるように思われる。
ベートーベン 月光

アリストテレスは「ナイル川を下って北極星を目指す男女」を仕組んだが、今の日本国は、合唱コンクールや学園祭、運動会などを「偏差値」と共に消化し、最後に「告白する」というゲームを仕組んでいる。
あるいは「社会人」でも、広告・引き合い・商談・契約・履行・決済・アフターサービスというような「仕事」を男女が共に消化している。
これをやらないと、ソープの女では「気持ち良くない」という指摘は可能である。
児童虐待という「遠心力」もいまだ健在であるため、月が落ちてくるようなことは世界規模でみれば決してあり得ないが、日本国では、どの男女も「優しい気持ちになれた」のである。
2050年には世界の人口は90億人になろうとしている。
しかし、日本国においては「いじめる側の論理」が明かになり、マザーファックをやって精子がでなくなり、やけを起こして男でも女でも犯しまくった、とかカマを掘られて便座が鮮血で染まったとか、人間の「幸福の関心」にまで遡って「優しさ」を生み出したのだ。
SPEED You are the moonlight

「春はあけぼの」(枕草子)は、いかにも当たり前のようなことを書いているが、1730年から1750年までの間に「大英帝国が発明」したことを、日本国が鎖国のもとで「美・風土」としたものなのではないだろうか?
ケプラーが、「貴方を想っているのは私一人じゃないから」と言って、1680年には、だいたい哲学の方向性は定まってきていた。
デカルトの「恋の発見」「処女の発見」を受けて、2分の3ルールと呼ばれる
「それは親がいただいてしまえ」という児童虐待の文化が存在し、さらに「養子」という制度を理論化したコペルニクスは、「親がいただいてしまえ」をさらに2分の3とし、月を遠ざけた。
家庭内にも、世代を越えた男女が共存しており、「親がいただいてしまえ」という発送は抜けきらなかった。
水星・金星・火星・木星・土星というシステムが作られ、熱い惑星、冷たい惑星などが地球に風を送った。
rebecca queen of venus

【仏教スレより】
栄進は「宇宙」に興味あるようだが、宇宙の始まりが「ビッグバン」だとすると量子論の立場にたつことになる。
つまり、「どんな小さな命にも重さがある」という立場だ。
一方で、「阿弥陀如来信仰」(女子高生代表)というのは「ひも理論」に立脚している。
つまり、「宇宙の始まり」以前は、現在の宇宙の姿が「逆さに映し出されている」しかし、必ずしも「左右対称のように正確に映し出されているわけではない」とし、
「処女たちの祈りによって」「微調整できる」というのが阿弥陀如来信仰だ。
そこで、革命とは「オカマや両刀遣いを撲滅することである」という財務省の悲願は現実的ではなく、また、晃が「父」なら栄進は「子」であり、私が「聖霊」という「いじめの構造」は治らない。
ところが「四つだ」という立場にたち、笑っちゃ魚さんあたりが「四人目」をやってくれれば、
「ひも理論」にしたがった「阿弥陀如来信仰」を日蓮宗が受け入れるのではないか?
ご本尊さまさえ「阿弥陀如来さまである」とすれば革命は達成されたと見るべきなのではないか?と考えたのだ。
たとえば、芸能人として成功したら、役所は「生活保護」を薦めてくる。
有頂天から奈落の底に突き落とされるがごとくである。
ところが「女子高生たちがあなたの不老長寿をお祈りしています」という「生命保護」(生活保護ではない)とすれば「車の所有禁止」なども理にかなった説明が可能である。
ベーシックインカムというのは、晃と栄進が私にやったように、
「入社初日のひどいいじめ」さえなくせば実現できる。
生命保護とベーシックインカムを私はこのように構想している。
全国に会社は300万社ある。
しかし、法人税を納めているのは3万社だ。
どの会社も「入社初日のひどいいじめ」があるから法人税を納められないのだ。
法人税を納めている会社は、納めていない会社が作ったものを安く仕入れて、「高く売っているだけ」なのだ。
このあたりにもベーシックインカム実現の秘訣がありそうだ。
そこで「カネ・競争・時間」をお金の面では、ベーシックインカムとして解決すれば、あとは「スターには生命保護を」庶民には「阿弥陀如来信仰を」あたりで収めることをもって、「革命へのプログラム」(綱領)としようと考えている。
いじめの原因は「気が弱いけど素敵な人」の方が金持ちになるため、オカマや両刀遣いが、ケツの痛みとない交ぜになっていじめているだけだ。
「カネ・競争・時間」が原因だ。
そこでやはり、生命保護とベーシックインカムあたりが無難だと思っている。
マルクスが「女」を語ったときには(唯物論)、晃や栄進のような「性倒錯」に、「どうしょもねえな」という目に遭わされた(新左翼)が、
レーニンが「女」を語ったときにも「性倒錯」に同じ目に遭わされている(ネオリベラル)。
性倒錯が多いと、一部の者しか車に乗れねえな、というのを「小乗」と呼び、実際に、東南アジアは「ネオリベラル国家」と呼ばれ、普通に「娘や息子の貞操は親がいただく」ことになっている。
日本は、そのような意味で「大勢の人が車に乗れる」大乗という国なのだ。
なお、私の「生命保護」「ベーシックインカム」などの議論は、必ずしも「朝鮮人」だけの問題とはしていない。
1997年のアジア通貨経済危機の時に、タイの外貨準備高が枯渇し、タイと同じ「ドルペッグ制」をとる韓国にそれが波及している。
タイの女は髪が長く、ドルの信用を背景に「虐待をされていなかった」のである。
同じく、大韓民国も本来、ネオリベラル国家ではない「先進国」であった。
この辺は「芸能界」(ミクロ経済)を見るか、「庶民」(マクロ経済)を見るかの問題であり、有効性の認められる経済政策を模索する必要がある。
日本語しかできず、日本で生きていくことを宿命付けられている「在日」も、「政治的自由」は朝鮮政府に求めている。
政治的自由とは、「異性との交遊関係」のことであろうが、「落とせない女などいないという境地が悟り」というのも難しい宿題であろうか。
なお、日本国の「社会保障制度」は、困窮外国人を本来想定しておらず、在日には「準用」というかたちをとっている。
福祉とは本来、「女性と電話で話して小説を書き、地方自治に貢献する」ものである以上、在日にも「悟ってもらわなければ困る」という側面がある。
特に芸能人のミクロ経済の世界ではそうであろう。
なお、現在の日本国は「もはや治安にしか興味がない」とされ、移民政策として「芸能界」を活用している。
「男作りが先、女作りがあと」というのが移民政策だとするのならば、大相撲の世界で初めての在日である「力道山」と、芸能界では和田アキ子などを先駆けとし、実にうまく「朝鮮政策」を打ったことになる。
もっとも「サンフランシスコ平和条約における国籍一斉剥奪」には、「国籍選択させるべきではなかったか?」という当局の反省の弁も残されている。
なお、在日朝鮮人というのは、日露戦争の時に「アジア初の近代帝国」である日本国が「国境線を画定した」とし、日本国に朝鮮人が渡ってきたことに端を発する。
戸籍法は朝鮮人には施行されていない。
しかし、独自の文化が誤解されることが多かった。
関東大震災の時に「井戸に漢方薬を入れている」のが目撃され、それが「毒」と誤訳され、陸軍に虐殺されている。
コロナウィルスのトイレットペーパー買い占めなどを見ていると、このような話は決して過去のものとはなっていない。
また、日本国が終戦を迎えたときに「領土問題は日露戦争で解決済み」とし、日本人を励ますために「民族学校設立運動」を行ったが、日本政府の回答は「国籍一斉剥奪」だった。
この辺の「朝鮮人の説明責任の欠如」は、てんかんなどの病気から由来するのだろう。
ゼロに関しては、まず、映像をみてもらった方が早い。
この二本の動画を重ねてみてもらいたい。
女子マラソン「ゼロの瞬間」 スーフィズム
パソコンでご覧になっている方は、是非、二本の動画を「同時に」見てもらいたい。
「これが、ゼロの議論だ!」
今日、ニッポン放送ショウアップナイターで創価学会がスポンサーをやるだろ。
ジャイアンツ対DeNAが戦う。
私は、すでに「ゼロとスーフィズム」の理論で昨年、DeNAを二位に押し上げている。
創価学会は「特定の球団を応援するコンセンサスが得られていない」と聞いている。
もっと研究して、やっちゃえばいいのに。
もう「暗号」が劣化して無力化したので、昨年、私がDeNAで用いた暗号を全部ばらす。
同点の場面で攻撃する場合は「ゲーム理論」を用いる。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ

大量ビハインドの時は「Qlair の 君住む街」つまり「女は男を追い越せない」というアキレスと亀を用いたが、ソニーに禁止権をかけられた。山崎康晃が出たときは「最後の瞬間は光よりも速い」(相対性理論)を用いた。 
相対性理論 恋は百年戦争

ミッドウェー海戦でも「ハヤシ」が暗号を乱打していただろ。
昨日、DeNA負けたな。
基本的には「ゼロ」アプローチにせよ「角度」アプローチにせよ、オペレーションを仕組んで「みんな仲良く観戦する」ことを「空」と呼ぶ。
あるいは、そのような「治める方法」を「道」と呼ぶ。
「処女たちの祈り」で結果を微調整するオペレーションは阿弥陀如来信仰と関わる。
微分というのは「現在のチームの勢い」を研究するものであり、
積分は「順位表」などのレコードとして新聞に載る。
ジャイアンツもライオンズも「球団経営会社」を立ち上げるそうだ。
まあ、私は「国家世俗性説」からこの世界に入ったので、喧嘩にならない「プロ野球の話」ができるようになればいいと思っている。 
誰もが、必ずしも栄進のように夢が叶うわけではない。
「志半ばで挫折して失意のもとにある」無神論者というのは本当にいる。
あまりいじめなさんな。
女でも「神に失望する」のは、レイプに遭ったときか、女嫌いの男に会ったときだとされる。
自分の局部を愛の概念で「管理」するのを「占有」(ポッセシオ)と言うが、栄進は「穴は皆同じ」と考えているため、無心論者には好かれるかも知れん。
自分のブラックホールで世界をコントロールするというのが「神を信じる」ためには必要だ。
MAX Give me a shake

まあ、呼吸をするためには「音楽作品」を聞くのが有効だ。
呼吸停止・心臓停止・瞳孔反応消失を「死」と呼ぶ。
音楽作品は、公約数的には「特定のパートナーを大事にする」「男は仕事をし、女は女ネットワークを作る」あたりを祝福している。
ブラックホールで世界をコントロールできない人は、無神論というかたちで、呼吸が弱くなり、失意のもとにいるのだろうか?
永作博美のアルバム「Here and Now」(英語で禅をこのように表現する)というのがある。
禅も、アムロ・レイの親父の酸素欠乏症のような病気を、「音楽を聴いて」治すのだろうか?
永作博美のアルバム「Here and Now」が聞きたければ、全曲、私がYouTubeにアップしている。
Feel Me

Drivin'

 エアメイル

Without You

 信じさせてください

恋と微笑と花

逢いにきて

このままでもう少し

 天使が胸に降りる時

アルバム「Here and Now」永作博美リリース1994年7月21日。
内藤大助デビュー1996年10月11日。
内藤大助は、トランクスに「永作博美」と刺繍している。
内藤大助は、ポンサクレック・ウォンジョンカムに勝ったボクシング世界王者であるが、彼の「心肺機能」を支えたのが「禅」だったのだ。

結局、日本国は「大学寮における成績で領土の広さを決める」という慣習から宗教というものが作られている。
女心に詳しい天台・真言、暴力的にクラスの輪を占拠している日蓮宗、「殴っちゃえばいいのに」という禅、女子会を繰り返す法然・親鸞。
各自が一理あるものであるが、「大学寮の成績で領土を決める」という歴史は踏まえないといけない。
「念仏無間地獄」「禅天魔」というのも「クラスの輪の中心の防衛のために」言われていることだと。
永作博美の「Here and Now」を、昨日、一日中聴いていたが、どうも眠りがよろしくない。
「退屈だから他の曲が名曲に聞こえる」あたりの扱いがいいのかもしれん。
なお、卒アルを見て、近所の生協に呼び出す先輩がいたが、 生協というと共産党か?
いずれにせよ、阿弥陀如来信仰も、「クラスの輪からはぐれていそうな奴」を狙っていたようだ。
「顔が左右対称」「声が低い」「笑顔」は避けていた。
笑顔を作るのがうまい男女は「セックスとの距離が近い」ことを意味する。
案外、電話が来ると不快感がぬぐえない。
もっと「趣旨を明確に」した方がいい。
菊池桃子 卒業

さて、布一枚をまとったブッダや、イエス・キリスト、聖徳太子の話をしたが、「女にやたら詳しい」男の「消費論」が出たのだ。 マルクスにとってはヘーゲル(新左翼)、レーニンにとってはスターリン(ネオリベラル)、そして、法然にとっては「日蓮」が、教祖たる男の、「消費論」を担った。 ヘーゲルもスターリンも日蓮も「性倒錯」だった。

 

2020年8月17日 (月)

ハイエク~定額給付金第二弾。

さて、いままで「文化と社会のありようをおカネに変える」方法を述べてきたが、それはすなわち、ノンケと性倒錯の研究がマルクス主義にあり、肉体を鍛えてぶっ飛ばせば問題にならないことではないかとするナチズムが存在した。

戦後になり、「おカネとクレジット」の研究が深まった。
ケインズは「おカネとは金額が数えられて、女が買えて、すべての女に通用するものである」としたが、ハイエクは「パートナーに忠誠を尽くすことからクレジットというものは生まれる」としている。
Cocco 強く儚い者たち

ケインズは庶民とおカネを重視し(マクロ経済学)、芸能事情通のように「熱愛報道・破局報道」など(ミクロ経済学)から「クレジットカード」というものを考えたハイエクと対立した。
ミクロ経済学とは芸能界の研究であり、マクロ経済学とは庶民の研究であることはここで明確にしておきたい。
「芸能界じゃなければ破局や不倫は問題になりにくい」ここにクレジットカードの秘密があった。
その代わり、芸能界は「言葉を選ばなければ」生き残っていけない世界だった。
芸能界は「公物管理」と呼ばれて、ソビエトは「計画経済」によって統制することで人々にクレジット(ルーブル)を与えたが、ケインズは庶民はおカネしか見ていないとしていた。
「彼氏」と呼んでセックスする相手を決めることそのものが「公物管理」(芸能界)によって強烈にアピールされ、クレジットを支えた。
松浦亜弥 元彼

「ノンケとか性倒錯は分かっていたけど、パートナーに忠誠を尽くすことがクレジットになることは分からなかった」世界はハイエクをそのように評した。
男は「勃起する限り」パートナーと別れることはないのに、なぜこのような詩を表現するのか?それがそのままクレジットカードにおカネとして流れ込んだ。
松田聖子 瞳はダイアモンド

女子高生にも分かる話をしようとしたケインズ主義に対して、ハイエクは「芸能界の交際や破局」を主婦層に提供し、「勃つ限り別れないようね」という立場(おカネ)と、失恋ソング(詩)の世界(クレジット)の世界を対置させた。
どの経済学者も名ゼリフを残している。
「社会の歯車になった方が国が豊かになる」(アダム・スミス)。
「果たしてこの企業は利益の最大化を求めているのかよく分からない」(フリードマン)。
ハイエクは30代中頃に「貿易をやる商社マンは外国でセックスしなければならない」ということを目の当たりにし、「クレジットの問題」に気付かされたとされている。
ケインズは「好景気と不景気の景気循環」を、政府のカネの量の違いに過ぎないと考えていた。
カントの「高校生金融」「女子高生への送金」の量(上からの革命)や、子供の虐待の防止からなる「下からの革命」などの動向によって政府のカネは決まってくる。
ハイエクはこれを「公物管理」(芸能界)による「特定のパートナーを大事にする」メッセージによってルーブルを支える(ルーブル委員会)という発想を持っていた。
「純潔」「交際」「結婚」「破局」など、クレジット(ルーブル)は常に芸能担当記者が支えていた。
誰もが若い頃は「漁り漁られ」を経験するだろうが、それでも公物管理は冷静にクレジットを見ていたのだ。
松田聖子 大切なあなた

「最後の制度的保障は皇室」とも言われている。
おカネとは「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用するもの」としたケインズと、「芸能界や皇室から由来するクレジット」としたハイエクは立場が明確に異なる。
「ブルーのインクはどこから来るのか?」
それは化学(多様な女)たちや、それを応援する野菜(男たち)からであろう。
高井麻巳子 約束

庶民(マクロ経済)はこれほど芸能界(ミクロ経済)に影響されやすいんだ。
ハイエクは笑った。
「特定のパートナーを大事にする」
これだけでルーブルは支えられるとソビエトの計画経済は語っていたのだ。
それは、性倒錯とかノンケとか、肉体派ノンケとか組織論などはあるだろうが、「大人の事情」「芸能界のありかた」に逆らうものは少なかった。
余談であるが、私は、ストレッチ運動をやっていて「呼吸ができない」と看護師に訴えた。
医学書を読んだら「音楽への感受性を磨け」と書いてあったが、「いろいろな女がいてもキョロキョロするな」という意味であることをハイエクに学んだ。
Melody you are only my love

「約束」「マーケットからの進退」を語る芸能人の方が日本国の「円」を強烈に支える力があった。
ケインズのように「女子高生にも分かる話をして、富を生み出す」「おカネとは金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」ものとする発想から、ハイエクは「芸能界による恋愛論の発信・哲学の発信」へと円の基盤を切り替えていった。
最後の制度的保障は皇室である。
私の息子が地上波で「哲学講義」をするだけで定額給付金第二弾は簡単に打てる政策なのである。
地上波は、ルイ14世やビクトリア女王、ジョン・D・ロックフェラーが想像していなかったようなことが可能になるものであった。
盗みや詐欺など「グレートソサエティ」は想定していない。
私の息子の「哲学講義」を10分ぐらい聞けば、クレジットカードにおカネが充填されるのだ。
ハイエクは「金利とは人々がどれほど時間を愛しているかで決まる」としている。
マルクスは「人々がどれほどおカネを欲しているかで決まる」とし、カントが「クビにしたい上司がいるかで決まる」としたのに対し、ハイエクは「時間への愛」を金利の根拠としたのだ。
つまりは、一日中退屈していても飽きない性倒錯男が金利を下げているとしたのだ。
「忙しい、忙しい」
これが金利を上げる。
「ゼロ金利とは時間が止まっている状態なのかね?」
時間が止まっている連中には「何かやれよ」と言ってマネーサプライを増やすしかない。
私、もう体を売らなくてもいいのかしら?(インフレ)というのは経済の病気だ。
おカネを増やす方法はいくらでも政府は知っているが、男女が愛し合わなくなるというのは経済の病気としか言えない。
「もう体を売らなくても食べていけるのではないかしら?」と考える女には高いものを売りつけるしかない。
虎の尾をつかんで、噛みつかれないようにくるくる回り続けるのが経済運営なのだ。
恒久的に国民のクレジットカードにカネをぶち込むことは可能である。
しかし、男女が愛し合わなくなるというのは経済にとっては致命的なのだ。
日本国というのは世界第三位の経済大国ではあるが、ある意味、まだ「貧しさ」を抱えた国だ。
オカマに「財務省に怒られんぞ」と言っているうちは、まだ、経済発展の可能性がある。

これから、私は「人気」について語りたい。
人気の代表格は「不勉強と孤立」からもたらされるものである。
ハリケーンも歯の痛みも「不勉強」からもたらされるし、「殺人」「嘘」は孤立からもたらされる。
全能であり、全知であり、すべての快楽を知っている「神」を否定するものであるからウケるのだ。
「勉強しなくていい」「孤立していてもいい」
オウム真理教は平成の時代にそのようなメッセージを送り人気を誇った。
オウム真理教 水槽

 
話はこれで終わらない。
「孤立しながら修行の道に入る」ことからプリンスが登場したのだ。
「おカネが違う」「本当に上達する」「強くなれる」
このあたりはオウム真理教とは異なるものがあった。
ナジーム・ハメド

我々は、「笑い」だけでなく「人生の上達」も求めている以上、いつまでも「勉強しなくていい」「孤立していてもいい」という笑いだけでとどまることはできなかった。
バンパイアや魔女などは「医者」「弁護士」「薬剤師」「政治家」など多くの職業を生み出した。
「説明できない力」
これは令和天皇が持っている力のことである。
オウム真理教など「不勉強」「孤立」でしかなかった。
なんの「上達」ももたらさなかったからである。
「広義の悪」とオウム真理教は呼ばれ、「狭義の悪」とプリンスは呼ばれた。
しかし、「プリンスはイラン、イラク、北朝鮮を生み出してしまった」
これを、ジョージ・W・ブッシュは批判したのだ。
個人レベルで真似をするのと、国家レベルで「修正困難な」真似をするのでは意味が異なった。
北朝鮮 ミサイル

「悪」と呼ばれて国全体を豊かにしたいのならば、まず、国際社会で議論してからにしよう。
石原慎太郎も「個人レベルでプリンスの真似をして親と和解できた事例を知らない」と狭義の悪すら批判した。
女の子たちも「悪」「ダークサイド」の側にいる時の男を遠巻きに見守っていた。
ましてや女子高生ならば、ハンナ・アーレントぐらいの才媛でなければ、「上達のために悪を演じる」ということの意味は理解できないだろうと考えた。
ただの「不勉強」と「孤立」からくるものと区別がつかないからである。
「ヒトラー」と言った途端、「いじめていいカモ」と周囲は判断した。
しかし、「アイヒマン」の裁判を見て、ブレンダン・イングルは「プリンスを育てよう」と判断していた。
キャロルも、アイヒマンに影響され、企業のセールスを伸ばし、クリスマスに人々に物を贈り、「成績を見ながら」悪を演じた。
しかし、キャロルにも「あんな人に後継者などいないのにね」と周囲は批判的だった。
「不勉強」と「孤立」との区別がつかなかったからである。
「いつ、キャラ変更を決断するかだね」とも言われた。
50歳過ぎているのならば、ただの「不勉強」と「孤立」からは抜け出せない。
シュタイナーは、ヒトラーに「今のお前ならばその時期だ」と教えている。
もっとも、ミュンヘン一揆を起こされたときに逃げだしたけどね。
映像の世紀 長い

一向に「上達」しない「悪」はとうとう「サイコパス」と呼ばれて、マクノートンルールで許された。
私も、世界の有名人になり、マクノートンルールで許されたが、レーガン大統領暗殺未遂事件を起こしたヒンクリーにこれを適用した時に、アメリカ世論は激怒した。
マクノートンルールの優等生が令和天皇だった。
「上達」
それは信仰心であった。
「不勉強」「孤立」を正当化するためには「悪」は都合がいい。
しかし、信仰心がないのならば、世界を敵に回すだろう。
プロデューサーの中には「視聴率さえ取れればいいんだろう」と言って、足を机に投げ出すものもいた。
そこで「パンチパーマにサングラス姿で東大コース?」という可能性が示されたが、実は、もうひとつ人気の秘訣があり、「ベンチや家庭の見方と同じ目線でゲームを総括する」ということが可能性として指摘できる。
そうなると、「ヒステリー母ちゃんを持ってカマを掘られたことのある学校大好きな男の子」と「母親の無関心にさらされた、あるいは心の弱い母親を持った男の子」という二つの「ベンチ」が存在することになる。
世論は、「ベンチ(家庭)は彼をこのように見ていたのか?」という「ヒステリー型、無関心型、心が弱い型、神経質型」の四つを見ることができる。
それでインターエデュは成り立っているのだ。
東大受験メディアのある国では、子供たちも勉強しやすいものだ。
彼には自分の部屋がある、ということがまず分かる。
そのあとに「物が盗まれる可能性がある」ことも分かる。
「人と比べられること」「女性がいること」「周囲がそれを認めていること」の三つが部屋には必要であり、それがなければどんな立派な部屋でも「居場所がない」ことになる。
人気とは相対的なものである。
「俺、小野君に負けちゃったよ」などという話題が私の予備校時代には普通にあった。
「気が弱いけど素敵な人」(タイプA)ならば、母親の無関心や心の弱さが必要になってくる。
セロリのKISS ハッカの煙草

普通に「ママ、ママ」と言っていた子供がA型で、「おっぱい」と言っていた子供がB型で、ちんちんをしゃぶっていた子供がO型である可能性が指摘できる。
世の中には「お前がその部屋にいることは容認できないぞ?」ということが現実にあるのだ。
このあたりは、女性たちの支持や男友達に配るおカネなどで調整するしかない。
メディアや世論が「どのような背景を持った男なのか?」を支持しない限り、勉強や学問は成立しない。
「君主としての証拠をみせろ」
そのようなニーズがあるためブログというものはある。
証拠をみせて 工藤静香

どのみち人間は「自分の部屋」にいる限り、世論からいじめられている。
それを、女友達・女兄妹・カネでどのように認めてもらうかが勉強や学問の始まりである。
豪邸や城となると「女友達・カネ」が、その部屋にいることを認めてもらうために大変な作業が求められることになる。
クレムリン宮殿では「リトルコーナー」と呼ばれる一室に大統領はいるに過ぎない。
「女子高生にも分かる話をする」というケインズ主義は、このような意味で「自分の部屋」を女の子に持たせ、成績を向上させたのだ。
女たちは「マスターベーション」を「美しい経験」にしたがっている。
そのため「男の美しさ」は常に人気を持っていた。
「パンチパーマにサングラス姿の東大受験生」が成立しない理由も「女の子たちが美を男の子に求めている」ことが背景にある。
こう考えると、東大合格というのは案外難関である。
率直に言うと「令和天皇よりもGACKT?」とどの女たちも考えていた。
「オーガズムの強烈さ」
これを比べていたのだ。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

詩とメロディー、そして哲学に女たちは耳を傾けていた。
女たちの一番人気はモーツァルトであり、次にベートーベン、さらに、シューマン、最後にブラームスがいちばん「感じる」「セクシー」という証言があった。
どのアーティストも、アンディ・ウォーホールのような「ドキュメンタリー」を作っていたため、誰がもっともセクシーかを競い合っていたのだ。
男には分かりづらいが、このような動画が女にとっては「セクシー」だった。
笑顔、言葉、生き方が分かったからだ。
ウォーホール セクシー動画

ピカソのあまりにもストイックな、女日照り状態で描かれた「ゲルニカ」にも女たちは「素敵!」と言った。
ピカソを知っている女たちは「やっぱりGACKTじゃなく令和天皇だよね」と語り合った。
「歴史ってのはただのオーガズムじゃないのよ?」とも言われた。
セックスとは男にとって、女の「子供の気持ち」を味わうためにするものだ。
その「子供」が、GACKTであろうが令和天皇(おじさん・オーディン)であろうがどちらでもいい。
令和天皇(おじさん・オーディン)が日本国の、財務・金融を支えているのだ。
「おじさん」の気持ちを味わいたいというのも男が女におカネを払って行うのは当然であった。
森高千里 臭いものにはふたをしろ


さて、フロイトは「ヒステリーとは自分のおとぎ話を侵害されたときに起こすものだ」としていたが、ユングは「子供の頃に女の子が、性の対象として見られ、そして、アンソニーが落馬して死んだときのトラウマ」がヒステリーの原因であるとした。

9e8aa1f5807b47a0a11af4bacdcce523 アンソニー 動画

ユングは、「精神分析」という本の冒頭で「必ずしもすべての民族に捧げるものではない」としているが、子供の性概念は「2歳でメンスの兆候を確認し」「3歳4歳5歳で勃起の兆候を確認する」という性概念を「歴史上のもの」としていた。
このあたりは、先進国として1970年のミシェル・フーコーの「クリニックの誕生」を日本国が受け入れたことを知らないといけない。
なぜ、保育園・幼稚園はあるのだろうか?
夕日

「女という名のノイローゼをどのように枠にはめていくか」が文化の役割となった。
となると、キャンディキャンディを描いた人は、「原作者」と「ライター」は異なるが、原作者は「ミシェル・フーコーの日本名」として問題はないだろう。
保育園・幼稚園・小学校・中学校は「15歳での性概念の確立」をじっくりと攻めることになった。
目的は日本民族の「種の保存」以外にない。
一斉共同体主義と、男女別コース制(合憲)が確立した。
男女の違いは「栄養とトレーニング」の違いからもたらされる。
このような方法を「オナニズム」と呼び、日本国においては、生まれた時に何らかの「施術」を行っているのではないかと私は考えている。
「欲望のままに生きていきやすい」
それは義務教育が終わるのを待たなければならなかった。
男女は「歌が喧嘩していいと言っている」から喧嘩した。
松浦亜弥 そう言えば

さらに「男になるためには」「飢え」(リビドー)が必要であるとし、ホモセクシャルを排除することの困難さだけは課題として残された。
しかし、それも「気が弱いけど素敵な人」という概念をキケローが考えた時に解消に向かった。
ちんちんのデカさだけは「病気」みたいに扱う必要がある。
松田聖子 赤いスイートピー

オカマや両刀遣いの攻撃性だけは、ケツが痛い、という理由も含めて、ちんちんをデカくする方向に向かった。
「処女」として義務教育から送り出すのが国の役割となり、案外、男の子の扱いはいい加減だった。
我が国は、1970年にミシェル・フーコーを受け入れてベビーブームを乗り切ったが、日本政府は「もう一度やろう」とは考えていないんじゃないかな。
「荒れる学校」は「ちんちん切るぞ」と言って1970年代には沈静化していた。
日本国は「ちんちんを切るなどの保安処分は採用していない」というのが公式見解であるが、生まれた時に「何か?」をやっている。
オカマになると「女心に興味が持てない」などの側面があり、出世と関わったが、「女心のクリエイト大歓迎」と考えたのは日本政府だった。
令和天皇も日本政府の優等生だったのだ。
モーニング娘。セクシーボーイ

これらの研究を知らないで「母に紹介できる美女」をテレビで物色していると、いい加減、気がついたらアイドルと同じ病棟にいることになる。
男の「飢え」(リビドー)は、少年野球や少年サッカーで養った。
感想としては「ノーマルになるって大変だな」ということなのだ。
知恵遅れになるのも簡単だし、灘・開成に入ってカマを掘られるのも簡単なのだ。
このような「国家レベルの企画立案」ができるようになるまでは「両親のシンプルさ」が必要であるし、自分が中心となって家庭が動いていた、というような環境が必要になる。
あとは、仲間を作って、眠りながら夢を見ることだ。
私も本ブログで今まで「女のクリエイト」を主に行ってきたが、自分がやってきた道を振り返ると「ちょっと単純化しすぎたかな?」というぐらいユングは「難しい年頃」を相手にしてきたのだ。
15歳ぐらいで「性概念」は確立するが、女子高生になっても「ノイローゼ状態」は続く。
いかに、ノイローゼ状態を早く脱するかで、私も18歳の時に東大文一に合格したが、女子校でなければ「女子が東大に入ることは困難」な現状もある。
上からマリコ AKB48

「女とは生まれるものではなく、なるもの」である。
男は案外シンプルに男になっている。
女の子の「ノイローゼ」を考えると、成績だけで判断する東京大学と、「男女同数」入学させるメソジストのどちらにも分がありそうだ。

東大生と言っても、ノンケでクラスの隅にいた者や、カマを掘られたものがおり、そのような奴隷扱いを経験した者たちが政府を構成している。
そのような連中が「女性アイドルのクリエイター」をやって、「日本人女はだいたいこんな感じ」(エヴァ)という主権概念を構築したり、「娘のいる父親」として「女心」というものを生み出している。
あるいは、女性アイドルも「美の探求」をやり過ぎて病気になったりしている。
普通の男も、学歴の序列(スクールカースト)の存在からは自由ではない。
だれもが「自由ではない」のがこの国の「かたち」なのだ。
酒井法子 ダイヤモンドブルー

誰もが自由ではないこの国で、女性アイドルの歌を聴いているときだけ自由になれた気がした(後塵を拝す)。
女は所詮、塵から生まれ塵に帰っていくものだ。
女性アイドルの歌を私の息子(王子)が評論しているときだけは「神聖なおカネ」が降ってくることが分かった。
エジプトでは、ファラオは息子を部屋に監禁し、たまに部屋を訪れて、息子が何か発言したら「エジプト中に資料を探させた」のである。
(ヘロドトス「歴史」より)
息子は、女性アイドルの歌の評論をする立場にあり、国の富を握っていたが、それでも「自由であってはならなかった」のである。
すべて、ファラオが語った「女性アイドルの歌の評論」の人生を正当化するために息子が存在したからである。
統治する側もされる側も自由ではないということを熟知し、どこに「おカネが降るか」を理解しなければ、国家財政は豊かにはならない。
景気の循環も国家財政次第である。
ナイル川の氾濫や、その緑に群がる牛など、エジプトでも経済のコントロールは極めて難しかった。
エジプトはこのようなかなり人気のある「君主制」を構築したが、息子は「カナーンの地」を目指して逃げ出してしまった(出エジプト記)。
加藤登紀子 息子

専制君主制(父が女性アイドルの評論の記録を残す体制)が崩壊した時に、アダムの権威は地に堕ち、エヴァは主権としては存在できなくなった。
しかし、アダムの「神との契約」は、アリストテレスからホッブスに至るまで、常にキリスト教社会で研究されていたのだ。
創世記3:16において、神はエヴァに「痛みとともに産めよ増やせよ」と語っている。
アダムが「女性アイドルの歌の評論」をマスターすることがキリスト教の教えとなった。
そうでなければ、無政府状態が続くものと考えられたのだ。
創世記1:18において、神は「鳥や魚を作った。アダムの歌のモチーフをどんどん作った」とした。
「すべての生物多様性が君主・アダムに奉仕するために」
ロマンスかくれんぼ

生物多様性は神は主に「9月」を主戦場に行ったため、「女は10月に美しくなる」という伝説が生まれた。
野獣から果実の成熟まで、9月というのは極めて重要な意味を持ったのだ。
神がアダムを捨てて、ノアに「フルパワー」を与えるまで「神の9月の楽しみ」は続いた。
詩篇第八章において「汝はデイビッドから生まれたものである」と王がノアに歌うまで、君主制は続き、ダビデの時代からは民主制の時代となった。
アダムとかノアとかダビデとか「男が増えただけ」というだけの話であるが、女たちが「どの男が最悪のエリートか?」が議論できるだけでも民主制というものは成立する。
ノアには子孫も約束されたし、「比較できる男」が民主制にはあったために「フルパワー」を神は与えたものと考えられている。
放課後に落ち込んだ少女 おニャン子クラブ

創世記3:26において、神は、エヴァに「夫をあなたの快楽としよう」とし、これが女たちが「神・男の完全性を語ると爽快感がある」という宗教の誕生であろうと思われる。
ところで、アダムに「父」はいるのだろうか?
王室の権威とそれを子孫に伝えるエネルギーのことを「父」と呼んでいるようだ。
「聖霊」とは子供たちのことを指しているのだろう。
マタイ15:4で、「多くの男たちがおり、それでもなおイスラエルの王となったのはイエスキリストである」とされ、宗教の乱立とその制覇を伴ったのがキリスト教であった。
アダムとイエスキリストの違いは「多くの男たちに勝ったかどうか?」の違いだった。
音楽作品の制作を民間に開放し、その評論の腕もそれぞれの男が持っていたが、それでも「令和」という時代が成り立つのだから大したものだ。

たとえば、センチメンタル南向きに関してであるが、「友達と恋人の境界線はセックスしたかどうかである」ことを知らない女であることを表現している。
プラトニックな関係を「恋」と呼び、「仲間が多い、なにかやってくれそう」な男との関係を「セックスの難しさ」を知らずに表現している。
女性をいかに美しく描くかは、映画の基本でもある。
センチメンタル南向き 矢口真里

ペッパー警部に関してであるが、「精子は男にとって青い」ことを踏まえ、「紫色」と女が言っていることから、フェラチオをしたことが明らかになる。
国は子供の親である。
「もしもし君たち帰りなさい」としか国は若い男女に言うしかないではないか。
世代間セックスではないからである。
それにしても、鶴見川の氾濫を抑え込んだことにより、東京は千葉方面ではなく横浜方面に広がっていったが、大洋ホエールズ(横浜DeNAベイスターズ)の青いユニフォームは、性倒錯をなくすための国策か何かかね。
ペッパー警部 モーニング娘。

さて、本ブログをお読みの方に「哲学をやると何が変わるか?」という問いかけを行いたい。
ラカンはこの答えを「夢の内容が変わってくる」とし、これを「脳内革命」と呼んだ。
本来、脳内革命という本はあったが(春山茂雄著)、マスターベーションやセックスの肯定というあたりで落ち着いている本であった。
「どうやったら脳内革命は起きるのでしょうか?」という問いに明確には答えてはいない。
それは「哲学を知ること」「人間を知ること」から「夢の内容を変えていく」というところに本当の答えはある。
学生さんや生徒さんでも、本ブログを読むことで確実に脳内革命は起こせるのだ。
誕生日の朝 タンポポ

「気が弱いけど素敵な人」というのはどのように生み出したらいいのかは「カマを掘られていないノンケ」としたが、体内から汚い便が出てくることと密接に関わっている。
夫のDVをなくしたければ、まず、トイレをウォシュレットに変えてみるしかない。
松田聖子 赤いスイートピー

 

Fae5cddea15943dbbef30d68c9f15436

2003年にアメリカ合衆国は、イラク戦争の備え、コリン・パウエルが、ピカソのゲルニカを大量に印刷している。
ナチスドイツが、スペインの内戦に介入し空爆した時の絵であるが、「誤った同盟を組むとどうなるか?」というメッセージが込められていた。
しかし、「なぜこの絵画が運気を上げるのか?」はCIAとKGBが「女ネットワークを発動するのに都合がいいからである」とその正体を明かしている。
クレア サマーラバー大作戦

ケビン・コスナーが、CIAでこの企画を立案したとされている。
絵画や映画を女たちが噂し合うことで女ネットワークを作ることが男たちの運気を上げるとしたのだ。
ケビン・コスナー

ピカソのゲルニカにせよ、私の「東大合格の条件」にせよ、女ネットワークを総動員したため、周囲の「子供のようにわがままな大人」は「ウープス!」と言ってカネを欲しがった。
「脳内革命」ができるようになれば周囲の「ウープス!」は増える。
「ウープス!」と周囲に言われる男は「新しい服を着た皇帝」とも呼ばれた。
主婦層を味方につけたため「女をだまし取ろう」という考えに満ちていた。
一度、「東大合格の条件」を書いてしまうと、あとは、金属を叩くハンマーが機械により行われ、水車が水で回るように自動的に物事が流れるため、周囲はひたすら「ウープス!」と言い続けた。
これを周囲に最初に言わせたのはユリウス・カエサルだとされる。
これは「従業員の誕生」とも呼ばれた。
Oops

「10月になぜ女の子が美しくなるのか」(伝説)を、概算要求時説からアプローチしたが、「概算要求の締め切りは8月31日である」という指摘を受けた。
そこで、新たなアプローチを考えた。
それは「就職あるいは進学の内定」説である。
元の曲。
放課後に落ち込んだ少女 おニャン子クラブ

 
これは、「アファーマティブアクション」と呼ばれるもので、1972年に「内定」という制度ができ、1980年代には「内定をもらった」ということが強烈な意味を持つようになったという沿革がある。
内定取り消しに「解雇権濫用法理」か適用されたり、HIV陽性のオカマが警察から内定取り消しを受けたことが合憲とされたりしている。
企業においては、「内定をもらう」ということは「セックス優等生」という承認を得たことになり、官庁の内定とは異なる意味合いを持つ。
企業の内定は「気が弱いけど素敵な人」という信仰の対象となる男であるが、警察はHIVの事件で「民間の側」に立つことを明らかにしている。
松田聖子 赤いスイートピー

一度、学生時代に企業の「内定」(アファーマティブアクション)をもらうと、いくらでも仕事があるため、なかには「内定の連絡を受けた」として記念撮影するものもいる。
1960年から1973年生まれを「ジェネレーションX」と呼ぶが、「内定」という制度は、日本国における「メシア信仰」と直結した。
「彼、学歴がなかったから」などという女たちの考えが、そのまま「終身雇用」となったのだ。
あるいは、アメリカ合衆国においては「黒人だから。ヒスパニックだから」時には「女だから」というかたちで、雇用とメシア信仰が「内定」をよって直結したのだ。
瀬能あづさ ジェネレーションX

アメリカ公民権運動や、ウーマンリブなどは「内定」(アファーマティブアクション)という名の、「男のセレクション」から排除された者たちが起こしたムーブメントである。
職場としては「セックスする覚悟がある。一生涯、付き合う覚悟がある」
ものであったから、採用には常に「女たちの目」があったし、病院や施設ではないのだから、わざわざ「トラブルメーカー」を抱え込む必要もなかった。
性倒錯の「攻撃性」だけはどこも歓迎しなかった。
そこで「女心を語るエリート」(政治家)は常に、「偏差値エリート、トラブルメーカー」としての官僚組織を叩き続けた。
女の子は「仲間が多い、なにかやってくれそう」な男に恋をしたが、いざ、そのような男の子と付き合ってみると、尺八ばかりやらされることになる。
この辺は「恋と愛のニュアンス」の違いというしかない。
「恋が愛にならないと知った」
三代目 J SOUL BROTHERS 恋と愛

 
アメリカ大統領選挙は、究極の「男のセレクション」であったし、日本国の天皇や内閣総理大臣もそうであろう。
「10月に新しい男が来るよ?」
この、アファーマティブアクションこそが「伝説」の答えだろう。
今は、「二月の勝者」のように、いかにも「セレクションは遅い」と考えられているが、「10月にはリストが組まれている」と考えるのが「伝説」を理解する上では必要な発想だ。
モーニング娘。好きな先輩

そこで、「医者や歯医者も」人々の「命の選別」をやっているのではないか?と噂になった。
「ジムクロウ法が東京大学の制服をなくした。電車のロイヤルシートをなくした」
これが、「内定」にまつわるアメリカの「命」への答えだったのだ。
医学部合格者を、事実上「内定」(伝説)で出しておきながら、患者には「命」を保障するというダブルトラックを採用した。
作家の世界にも、特許の世界にも「ダブルトラック」が存在するとされ、「大発見だ!」ということは事実上「ない」ことになった。
特許法上は、無効と取り消しの問題とされているが、「勝者は最初から決まっている」ことをダブルトラックと呼ぶのだ。
誰もが、医者に「命」を委ねていたため、クリントン政権は1994年から1995年にかけて会議を開き、「アパラチア山脈の黒人青年を救うべきか否か」を語り合った。
私は、オバマ=マイケル・ジャクソンという立場だったが、「クリントンが命を救った青年」説もあるのだ。
いずれにせよ、大統領になるぐらいだから、医学書ぐらい読めないと、簡単に政治生命は抹殺されるのが世界の指導者の現状である。

暑いですね。
やたら月が大きく見える。
rebecca Moon

 
これは、ニュートンや、ヘーゲン、ガリレオが予言した「繁栄の時代」の到来を意味する。
ちなみに、月が「サブルーナー」の軌道に入ったら、「ヘーゲンの時代」であり、イエスが存在する時代となる。
「月が大きい」「暑い」
で怯えているようならば人類に繁栄はない。
「サブルーナーの時代」
と割りきった方がいいのだ。
ラブ&ルーナーという伝説もある。
ちなみに、現在は2020年から「令和天皇の手によって」サブルーナーの時代となったが、世界史レベルでは1730年から1750年まで「ニュートン」(英国王室)の手によってこれが引き起こされている。
大英帝国の歩んだ道を、現在、日本国は進もうとしている。
「日本国は東洋のイギリス」
これは、国土交通省の立場でもある。
「月が大きくなった!」
これは、実は「太陽も月も楕円形の回転をしている」ということと関わる。
100年分のGLORY

夏の暑さ、冬の寒さも「人々の時間への愛」をコントロールしたければ「金利」を上げ下げするしかない。
ヘーゲンは「日本銀行の金融政策」と、気温や台風、大雪などを連動させることを「繁栄の神学」と呼んでいたようだ。
「男らしさ」(宗教)、「女心」(政治)が一体となって「産業」を構築しているのだとするならば、「工場が煙を吐き出す」時には男女の産業が過熱化するため、気温の調節のために金利を上げた方がいい。
恋をして、「夢中で春から冬を駆け抜ける」女がいるのならば「時間への愛」をしっかりと「金利」へと反映させなければ、暑すぎる、寒すぎるということになりかねない。
基本的には「上司の悪口」に夢中になったときに金利は上げる。
ニュートンは「人々は直線に動いている」という第三原則と、それでも「天皇」というセンターが確立することがある、ということから、月と太陽、そして「時間への愛」(金利)というものを考えていた。
基本的には「どのような経済政策が好ましいのか?」は、「海の潮の満ち引き」を見るしかない。

全知(All knowing)、全能(omnipotent)、オールパワフルな男も、思春期の女の子にはニーズがある。
基本的に「愛の対象となりたい」というものであり、この曲は秀逸。
田原俊彦 君に薔薇薔薇という感じ

 
さらに、愛の対象となりたいと思うだけでなく、時には「どのように生きたらいいか?」まで参考にすることがある。
夏の日差しにまっかっか、だけはやり過ぎた。
普通に「愛の対象になりたい」系の曲と「アイデンティティーを決める」曲の二つの流派がある。

Ninjin娘 田原俊彦

 
さて、ジャニーズや、男性ボーカルは「女の子を愛の対象にする」という流れと、「女の子に生き方(アイデンティティー)を教える」という二つの側面があるとしたが、一番、重要なのは「男の言葉がリズミカルであること」なのである。
フォークォータースリービート(4分の3)でなければ踊れないことをワルツは証明したが、小節ごとにリズムを変えて、女たちの歓声を浴びた曲もある。
Complex No more lies

洋楽のパクリを行わないと「名曲」というものは作れない。
DTIで適当に組み合わせるだけの金のあるブルジョアの道楽みたいなものだ。
技術面での評論にまで立ち入っても構わない。
シェークスピアの「ベニスの商人」において、「2024年に令和天皇の手によって」開発される予定の「タイムマシーン」のお陰で「死の概念が混乱する」とされている。
タイムマシーンの仕組みは「女は男に比べて快楽の記憶を鮮明に覚えている」ことから、空に戦闘機を飛ばし、女性たちの「記憶の回路」をつなげるというものだが、そのためには、ジャニーズの研究は欠かせない。
さて、ベニスの商人において、シャイロックは「殺してはならない。しかし肉一ポンド差し出せ」という「憎しみを込めた」判決を受けている。
なぜ「ユダヤ人への憎しみ」が込められているのだろうか?
それは「ユダヤ人は死の概念が混乱していて死なない」とされているからではないだろうか?
ましてや「ひも理論」を通じて不老長寿を女子高生に祈ってもらったり、案外、グローバルで見た「反ユダヤ」というのは皆さんが考えているものとは異なると思う。
「戦闘機」+「女性たちの記憶の回路」というタイムマシーンの仕組みも、完成したらドラえもんのタイムマシーンのように扱われるのだろうね。
他にも「地球の重力は地球の回転(自転)から生まれている」とし、それから自由である「月」に通信基地を設けて「タケコプター」を作ろうとか、月+水星・金星の三角形を用いて「どこでもドア」を作ろうとか企画しているが、スマホも「7G」ぐらいまでは見えている。
それでも「道路や鉄道」というものは必要だ。
「自分の心の地図」を見失わないためにも、道路や鉄道は必要なのだ。
しかし、コストは「情報を乗せる量」が重要であり、今でも電報というのはあるが、インターネット時代にならなければ「格安航空券」というのはなかったと思う。
さて、ジャニーズの音楽作品の特徴は、「女の子を愛の対象にする」「オールパワフルな男が女の子に生き方(アイデンティティー)を求める」さらに「男の言葉のリズムを用いる」という三つの方法があるとしたが、基本的に「ペニスエンビー」を背景にしたかなり暴力的な「去勢」が背景にある。
ところで皆さん、熱中症というものは「泥に感染するもの」とされているが、今日は「だるさ」を感じなかっただろうか?
「泥」とは「女社会」のことてあり、下手に「メランコリー」に共感すると、こっちまでだるくなってくる。
刑法というものは「モテる方法」を研究する学問であるが、「メランコリー」さえマスターすれば免許皆伝だ。
アジサイは「赤から紫へと」色を変えていくが、女になるために「ノイローゼ」になっている女の子は、「今、自分がどのような状態なのか?」を理解しないと成績も下がる。
孤立から「嘘」も覚えるが、女ネットワークの構築に失敗したらキャバクラで働くしかなくなる。
多数派工作のためにカネが動くのは女社会も同じである。
胸騒ぎのメランコリー 高井麻巳子

熱中症を治すためには「こまめな水分補給」は当然であるが、「天の声から変な声を聞いた」というのも案外有効だ。 スポーツの世界に「でたらめな指導者」がいても健康にはいいことになる。 「ママの小言百回」でもいい。 高橋由美子 わたし

 

 

2020年8月 7日 (金)

石原慎太郎の研究。

さて、「石原慎太郎の研究」と題したが、以後、「ニーチェ」と呼ばせてもらう。

ニーチェは「高校生金融の永遠のために」(キリスト教)奉仕するための教育を受けたが、令和天皇が「49歳の誕生日を」迎えるまで、世界と和解することはなかった。
その原点は「右翼であること」(カマを掘られたこと)つまり「悲劇の誕生」にあり、先生に恋し、令和天皇とのはるか遠い距離を感じ(自己疎外)、それでいて、「先生に裏切られて怒り狂った」(自己欺瞞)、若き日の怒りの日々を思い出す(自己批判)という世界であった。
右翼の世界にはとにかく「自己」という用語が多い。
ニーチェには「夜明け」つまり「太陽の季節」という小説があり、その後、「ゲイサイエンス」つまり「性倒錯」という論文があり、「ツァラトゥストラはかく語り」という本があり、さらに「善悪の彼岸」という本があり、最後に「仲間とは何か?」という本がある。
令和天皇は、着実にキャリアを積み重ねていったが、ニーチェは「22万文字読んだら踊るしかねえな」と語っている。
ニーチェの原点は「昭和天皇にカマを掘られる」(悲劇の誕生)ことにあったが、それ以降「恋した」先生に裏切られる(自己欺瞞)ことが彼のキャリアであり、ひたすら「天皇」を目指して絶望感に駆られ(自己疎外)、自らの生い立ちに怒りを感じる(自己批判)ものであった。
彼に必要なのは「自分の実績を点数にする」ことであり、みずからの「記録」を残すことであった。
今でもプロ野球の世界は、どんな「指導者」がいるか明らかではないため「記録」だけを丹念に残している。
モーニング娘。シャボン玉

医学の世界の「点数」もニーチェが作ったものである。
まるめ(包括払い)という介護保険制度とは全く異なるものが医者にはあった。
カントの「高校生金融」「女子高生の祈り」を信じるよりは、カマを掘られた男の「権力への意思」の方が強いと信じていた。
「自己欺瞞」「自己疎外」「自己批判」の三つから生まれる「怒り」を「アゴン」と呼んだ。
「青年の国を作る」
その石原慎太郎(ニーチェ)の言葉は「政府の手によって」国民に伝わった。
石原の言葉は「ゾロアスター」の言葉であったからである。
「青銅の蛇」という言葉もニーチェが考えたものだ。
令和天皇が王子の頃、ニーチェは「息子を天皇にするために」兄であるワーグナーと絶縁した。
ワーグナーは、平成から令和へと改元がなされる前日に命を絶った。
ニーチェにとって息子は、「カエサルでありナポレオンであり、ゲーテでありドストエフスキー」であった(超人)。
ワーグナーは「そういえば」などを作り、令和天皇を「息子へ」と望んでいたようだ。
ニーチェはワーグナーを殺した令和天皇のことを超人と呼んだのだ。
松浦亜弥 そういえば

ニーチェは「悲劇を知らぬもの」(ノンケ)を、「メシア」と見做し、女子高生たちに「彼は、エロビデオを見て女がセックスを嫌がっているじゃないかと考えやしないか、そのことに悩む女の子がいる」とし、これを端的に「アゴンの会」の資金源と見做した。
かつての、横浜ベイスターズは、CoCoが「応援する側」にまわり、私が「歌われる側」に回ることで運気が上がった。
CoCo メロディー

ワーグナーは、令和天皇を「養子に」するために多くの音楽作品を作り、ニーチェと大喧嘩している。
とにかく「歌のモデル」にするだけで、「男」が「領土を拡大」させていくのが分かった。
松浦亜弥 ナビが壊れた王子様

 男の子や男に「女子高生のように大人からカネを流せ」などというつもりはない。
「歌のモデルにするだけで領土を拡大させる」現象が観測されたのだ。
モーニング娘。セクシーボーイ

ただでさえ夢がぶつかり合っていて、境界線が確定しているのに、「アイドル」が歌のモデルにすると、「境界線画定」が有利に働くのだ。
タンポポ 王子様と雪の夜

妖怪みたいな男がうようよいる世界で、「アイドル」が境界線を確定してしまうのである。
モデルになった男は、その境界線の「実効支配へ」という行動原理をとった。 
平成の時代に、「令和」はすでに想定されていたし、秋篠宮や皇太子は「念頭にない」と判断されていた。
浜崎あゆみ To Be

繰り返しになるが、男子高校生や男に「おカネを送れ」とは言わない。
「アイドルが境界線を定めてくれ」というニーズがあるのだ。

ニーチェ(石原慎太郎)を深く理解する「アゴンの会」は今後も「歌のモデル」になり続けるであろうし、他の男よりも「広い縄張り」を持ち続けるであろう。
酒井法子 秘密のガーデン

「サクヤ会」「巫女会」「エンジェルチャペル」のアジア地域における覇権はこの曲で決まっていた。
アジアの純真

ニーチェとワーグナーの喧嘩がなければ令和天皇はいなかった。

小乗仏教の国を日本国が領土とすることはアメリカ合衆国が容認していない。
しかし、日本国はいまだ「世界経済を支える力を持っている」のである。
それも「サクヤ会」「巫女会」「エンジェルチャペル」があるからである。
ニーチェはあえて「アゴンの会」はプロ野球などのメジャースポーツの世界における予言とは何の関係もない、としている。
しかし、その「男」がどのような境界線を確定するかは「だいたい予測ができる」としている。
なにか「ふんわりとした感覚」で「ここまで進攻していいよ?」と言われるからである。
このような「境界線の確定」をアイドルが行うと、ときに「妥協の余地はない」として暴力沙汰が起きたため、ニーチェは「それはそのようなつもりはなかった」と言い訳めいたことを言っている。
しかし、当然、そのようなことは想定しなければならない。
案外、世の中は「やるかやらないか」に過ぎないという側面があり、アイドルによる「境界線の確定」の有効性はアゴンの会としても理解しているところである。
「青年の国を作るため」
石原慎太郎が想定していたのはこのような「若者の境界線画定」の問題なのだ。
今後、石原および「アゴンの会」のメンバーの境界線画定を歌った曲が量産されるであろうが、それはもはや「善悪の彼岸」にあるものであり、「ゲーテがヒトラーを生み出した」のと同じ意味を持つ。
それも「低きものを高みに引き上げる」女子高生の予言能力と言えばそれまでであるが。
酒井法子 エアメール

「アイドルの存在意義」ってそれしかないんじゃないか?とも言われている。

 

【宗教体験】
それは「深い経験」であるが「手順と苦労」のすえになされる経験である。
手順と苦労も経ずに、エレベーターを上ってスカイツリーからの風景を見ることは可能である。
令和天皇批判・安倍政権批判をするだけでも「深い経験」は可能である。
しかし、時の権力者はみな「手順と苦労」を経ている。
手順と苦労を経ないで深い経験をしようとするものは「プロレスかよ」と周囲に思われるだけである。
「大言壮語」(小林よしのり)というように「手順と苦労を経ないで深い経験をしようとするもの」は批判されてきた。
出雲大社や宮内庁が「プロレス体質」を脱却するまでに1000年以上かかるであろうし、天皇を輩出することもないだろう。
スカイツリー

ここで、「若者」と、その分野への適性について語りたい。
女性ピアニストならば「おじ」がいないことが挙げられる。
上原彩子でも、マルタ・アルゲリッチでも同じである。
ボクサーならば、「両親から自立しないと痩せられない」「両親がいないと眠れない」という具合に、世界への道は案外遠い。
勉強ならば「優秀な人に愛される(父・兄・先生など)」「兄弟の数が多いほどいい」「薬の量は少ないほどいい」「カネがあり健康である」つまりは「肝臓が元気」などの要素が指摘できる。
まあ、映画を見たり音楽を聴いたりして、「スランプ」を乗り越える「うまく成立したゲーム」が偏差値の世界なのである。
一方、「野球」は常に「胸の不快感」と向き合うスポーツであるため、「赤ん坊の頃、ギャンギャン泣いた」「手のかかる子だった」という親の証言を聞いてドラフトにかける。
心臓の脈というのは手首で触ると「ドッ、ドッ、ドドット」という五拍から成り立っている。
四拍目のの「ドッ」(Tウェーブ・QRSTUと脈は呼ばれる)が強いと「野球、サッカー、ラクロス、ホッケー」のどれかの選手だと分かる。
心配はいらない。
チキンハートでもやっていけるスポーツはあるからである。
ミスラブ探偵
いずれにせよ、「音楽、スポーツ。将棋」は「10年1万時間」という子供たちの時間で「指導者の腕比べ」がなされるものだ。
大人にとっても巨大ビジネスなのである。
「強心臓のスポーツに向いている男」を本来「Bタイプ」と呼ぶ。
酒井法子に「Bタイプが好き」という音楽作品もあった。
あとの「人生の酸いも甘いも」となると俳優になるしかないんじゃないだろうか。
歌手はもっと簡単で「BGMを聴く習慣」があればいいとされる。
しかし、「感受性の求められる仕事」は幻覚などの後遺症は強いとされる。
田中れいな 愛の炎

さて、日本国において21世紀に「民主党政権」というものがあった。
そもそもの原動力は「東京都白川区竹野町」に「原発を作る」という計画があったことから、古くは1980年代から馬場さん、太田さん、武田さんという三名が「レファレンダム委員会」というものを作り、公職追放つまり「近づく女を排除する」活動を行っていたことにある。
聖なる海とサンシャイン

それが、いよいよ21世紀になって「原発が東京にできる」となったら、日本中に大ブーイングが引き起こされたのだ。
小泉進次郎は「太鼓は鳴らされるは足は踏まれるわ」と当時の選挙活動を振り返っている。
この時に、日本政府は「原発に反対する勢力」を拉致し、北朝鮮のせいにしている。
小沢一郎が動いた。
小沢は、「仁義」ということを重んじるヤクザこそが最高の政治家であるとし、今の枝野だの玉木だのというヤクザを政治家にしている。
「仁義」がある以上、「ウケるから」というだけの理由でヤクザ社会の頂点にある小沢の批判は一切許さなかった。
そのような意味においては、財務金融の専門家である私・令和天皇の方がよほど民主的であり、自身を揶揄する連中を容認してきた。
しかし、「東京に原発を」「拉致」の二つが民主党政権を作ったのだ。
ポスト安倍に「石原慎太郎を」というのならば、もう一つエピソードを紹介したい。
「海を見たら裕次郎を思い出してください」という言葉があるが、日本国には「攻玉社」という中学高校がある。
これは「農業政策」であり、農家の次男坊三男坊を集めて、「メジャーリーグ進出」を行っていた昔で言う「海兵隊」なのだ。
アメリカ軍には日本人は軍曹までしか出世できない。
しかし、メジャーリーグとなるとどこまでも行ける。
アメリカのメジャーリーグにどこまで攻玉社が食い込んでいるのかの実態は公表されていない。
しかし、このことを知らないで「人間魚雷回転」などと言っているわだつみ会のメンバーがいるとするのならば「戦争を知らない」というほかはない。
メジャーリーグのベンチに「受け入れられる」キャラクターが重視され、大谷翔平や筒香とは一線を画する。
日本国の農業政策を理解する上でも「攻玉社」の存在は指摘しなければならない。
「日中韓の農業の全米並み」を目指しているからである。
日中韓FTAを締結することは優先順位は高いが、「対等であること、おカネになること、認め合うこと」が必要となってくる。
ところが、「対等」「認め合う」という要素は、「攻玉社という名の国策」が日中韓の農業を指導している以上、困難ではなかろうか?

フロイトの「夢判断」というのは、女の子たちに昨日見た夢を語らせ、ホワイトボードに「叶わぬ欲望」「法律・ルール」「罪」「少女時代の終わり」そして「外国」という五つの要素にストーリーを当てはめていく。
たとえば、私は「大学時代に戻りボクシングをやり、若い連中をのしていく、しかし、体重と年齢の違いに気がつく」という夢を見るが、「大学時代に戻る」というのが叶わぬ欲望であり、若い連中をのしていくだけの法則(法律・ルール)を身に着けたことを意味し、しかし、太った・歳をとったという「罪」を夢から見出すことが可能である。
スターダストメモリー 小泉今日子

そもそも、マルクスは「支配と従属こそが性欲の起源」であるとしていたが、レーニンは私のように「女」とはどのようなものかを鮮やかに描いた。
トロツキーは、マルクス・レーニン主義を背景に「ノンケだけの楽園」の税収効果を「クリスマス」などを通じて世界におすそ分けした。
しかし、スターリンの「粗暴な側面」とはクリミアで「オカマになった」というところにある。
人間は、悪いことがひとつあったら「いいことを三つ」欲しがる生き物である。
性生活・食生活・趣味などであろう。
しかし、性生活がうまくいかなかったスターリンは「いじめ」までをも「いいこと」に含めてしまうのだ。
これが「国民をいじめ、政治家を先生と呼ぶ」官僚機構の誕生の秘密であり、IKKOさんのように「どんだけ~!」(太いの?)という発言をテレビですると、「やめとけ、財務省が怒るで?」という突込みが可能になる。
これが、スターリンの「物象化論」であり、「ただひたすら文化的な」ものであった。
スターリンが第二次世界大戦で「リトルコーナー」から人の往来を絶やさず、ヒトラーの孤立を待ったのはさすがとしか言いようがない。
この「スターリンの相対主義」は、長いこと通説的地位を占めた。
IKKOさん

 
その後、フルシチョフが「豚追い」(女のケツを追っかけること)を告白するまでには物象化論は確立していた。
フルシチョフにも「流れ」はあったであろうが、その後、ブレジネフの時代には「両方を巧みに使い分けよう」という発想が芽生えたものと思われる。
尾崎豊 シェリー

ブレジネフは、「ヘンタイなど芸人にしてしまえ」と言って、基本的には「女」を語っていた。
しかし、「クローゼットとの向き合い方」「ヘンタイの惑星の恐怖」「性倒錯」などの研究を深めた。
マルクスが夢見た「税収効果200兆円」は、ブレジネフが完成させたのだ。
19世紀末に、マルクスの舎弟たちが「新左翼」と呼んでいたものが、ブレジネフの時代にはその富から「ネオリベラル」と呼ばれるようになっていた。
アメリカのバーモントの「コミューン」とはそのような「ある意味汚らしい」連中によって成り立っていた。
ハウスバーモントカレー

マルクスは「女」を語って「第一インターナショナル」を作ったが、共産党宣言は失敗した。
コミンテルン(第二インターナショナル)は「地方と都会の関係」に気がついていた。
「おかしい、なぜ男女の全体主義が機能しないんだ?」
それを明らかにしたのがスターリニズムだった。
マルクスは新左翼に、レーニンはスターリニズムに「芸能界でいじめられて」この問題に気がついたのだ。
プロレスを容認する民主主義と、「男女の圧力で押し切る」ナショナリズムなどを経て、国家社会主義とスターリニズムは「全体主義」を志向した。
産業革命(いい男談義・宗教、女談義・政治)から排除された連中が、新左翼を作り、革命を目指したという経緯もあった。
マルクス・レーニン主義は、単純に「ノンケの優等生」であり、IKKOさんのような存在が税収効果を阻害し、「財務省が怒る」程度の議論しか行っていなかった。
「オカマや両刀遣いが社会の底辺にいる」
このことと「階級闘争」がそのまま結びついてしまった。
国立大学は少なくともそのような連中に心を開いた。
階級闘争に敗れた者たちは「はた迷惑」な存在でしかなかった。
サルトルは、階級闘争の勝者であるオカマや両刀遣いを「右翼」と呼び、その他の「不老長寿を約束されたもの」を中道と呼び、普通の人を左翼と呼んだ。
それならば、市民としては「街宣車」を指差して笑っていいことになる。
1970年にミシェル・フーコーが「男の子と女の子」を生まれながらに明確にした(クリニックの誕生)。
セックスとは「産むため」(生産)ではなく「快楽のため」(消費)に行われるようになるとどうしてもこの問題と向き合わざるを得ない。
郷ひろみ 男の子女の子

レーニンの死後、ジノビエフとカーメネフは、レーニンの遺書を読み上げ「スターリンは粗暴な側面がある」としトロツキーを後継者にしていたことを「同志レーニンは正気を失っていた」とし、レーニンの妻・クリプツカヤを激怒させている。
それでも、スターリニズムはこのようなかなり強い基盤をもって体制がスタートしたのだ。

さて、話は前後するが、「夢」には「叶わぬ欲望」「ルール(今の方が詳しいのに)」「罪(歳をとった・太ったなど)」が反映されているとしたが、オーディン(応神天皇・ボディサットバ)は、これを「女の夢には三種類ある」とし「陸海空」を分けざるを得ないと考えていた。
貧乳女(空)・髪の短い女(海)・巨乳で髪の長い女(陸)の三つである。
陸の朝日新聞と、海空の読売新聞とも呼ばれた。
広島の原子爆弾はアメリカ陸軍が落としたものだ。
資金力や「ひも理論の微調整の力」が違ったのだろう。
日本でいうサクヤ会(陸)が、エンジェルチャペル(空)・巫女会(海)に勝ったことを意味する。
処女への祈りというよりも、「女たちの夢」を資金源にしたオーディンならば、サクヤ会・八幡ネットワークが「男をクリエイトする」のに都合がいい。
オーディンは、白馬の夢を女たちに見せ、軍の遠征の資金としていた。
また、オーディン(おじさん)というありふれた名前で呼ばれることで、いろんな「お父さん」に、妻とのまぐわいで「オーディン(おじさん)の気持ち」を味わわせた。
夢とセックスを手にしたという戦争の神(北欧の神話)であるが、どうやら20世紀の創作のようだ。
「フロイトに詳しすぎる」とされたのだ。
君の歌、僕の歌 CoCo

月と太陽も「陸海空の女たちがいなければ地球に落ちてくる」とし、ニュートンに詳しすぎるとされている。
月と太陽がなければ「地球に時間は存在しない」とし、人類以前の「地球」を想定せず、人類以前の宇宙も想定していなかった。
なぜ、私の文章はこれほどまでに洗練されているのだろうか?
人類の歴史とはそれほどまでに長いものだったからだ。
「平和とはおカネで買うものなのだ」
この記述も「カントに詳しすぎる」とされた。
いずれにせよ、「女の夢」「オーディン(おじさん)の気持ちを味わいたいから女とセックスるる」としたことから、戦争の神と呼ばれた。
オーディンは「男女に性欲があるから戦争ができる」とし、「つまりは死があるから、子孫を残したいから、性欲がある」とし、自分の「死んだときの姿」を木に首を吊った姿で描かせている。
性欲があるから人々は「笑う」のであり、「笑い」まで戦争に用いようとした。
志村けん コント

バルドゥールは、オーディンに「組織の頂点には情報など集まらない。おカネを払ってようやく断片的に聞こえてくるだけだ」と教えた。
インテリジェンスの始まりだった。
ロキは、オーディンに「あなたが戦争の神としての地位を維持できなくなれば、たちまち情報の渦に巻き込まれて庶民になるだろう」と教えた。
ラグナロックは「戦争で得た地域を食べ物で満たさなければ、それは神として失格を意味する」と教えた。
さらに、メイデン川で取れる「金」で「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」おカネというものを考え、すべての女に通用する口説き文句(絶対)もおカネであるとしたときに「ケインズに詳しすぎる」とされて、もはや神話ではねえな、と言われた。
また、オーディンは「他人にカネをやって損した気になってはならない」とした。
なぜならば「熱心な読者」を増やしただけだったからだ。
さらに「災害も戦争である」とし、「灯を絶やすな」と語っている。
「汝の住処はすなわち城なのである」とした。
新渡戸稲造は「武士道」においてこのことを語っていたようである。
「遊戯王」などというゲームの攻略法としても知られている。

仲のいい兄弟ほど人気のあるものはない。
しかも、兄弟の特徴として「同じ音楽作品を共有している」ということが指摘できる。
眞子ちゃん、佳子ちゃんにはこの曲を。
運命95 Melody

 
愛子ちゃんにはこの曲を。
少し自惚れて Melody

この二曲の特徴は「私がかつて聴いていた曲であること」「女の子が足を開く振付があること(御神楽)」という縁起のよさがある。
眞子ちゃん、佳子ちゃんは、お母さんが酒を飲まないため貧乳である。
愛子ちゃんは、お母さんが「保健室のアルコールまで飲んだ」ほどの酒豪であり巨乳である。
眞子ちゃん、佳子ちゃんは「巫女会」であり、祈れば願いが通じるし、愛子ちゃんは「男の夢を見る」ことから、男は資金調達が可能である(トリクルダウン)。
眞子ちゃんや佳子ちゃんは、ヘンタイのIKKOさんに同情的だったが、私の三人の娘や愛子ちゃんは「財務省が怒ってんぞ?」とIKKOさんに平気で突っ込みを入れた。
IKKOさんの「暴力的側面」を、サクヤ会は憎んでいたのだ。
眞子ちゃんや佳子ちゃんはIKKOさんの「暴力的側面」に興奮しやすい。
貧乳女は、男の強い腕、がなければ恋ができなかったのだ。
強引に連れていかなければならないのは貧乳女であった。
松田聖子 続・赤いスイートピー

ノンケ男は、オカマや両刀遣いの男をひたすら「治めようと」したため、女たちは、その「平和主義的姿勢」をみて「ノンケ」だと判断し、ノーマルセックスを想像した。
ノンケ男は非常にモテたが、性倒錯男は、その「戦っている姿勢」がモテた(階級闘争)。
潤沢な税収があれば所得再分配はできるわけであるが、オカマや両刀遣いの「暴力」が税収効果を下げるため、「どんだけ~」というと財務省が怒るのだ。
ニワトリ(性倒錯男)から先に手を付けても仕方がないため、卵(税収)から先に手を付けることにした。
アドルノは「叶わぬ欲望」「ルール」「罪」を夢の三要素としたフロイトを受けて、ニワトリが「俺も含めて誰の言うことも聞くなよ」と歌う「夢」をオンエアした。
竹原ピストル

「どの女にも通用する口説き文句」(絶対)はおカネである。
つまり、私のブログは、どのスマートフォンでも読めるが「おカネ」である。
しかし、スターリニズムの相対主義はそのことを見失わせた。
「本が売れない」
本来、おカネでおカネを買うような出版業界からそのような悲鳴が上がった。
スターリンは「小説に描かれている男」という研究において、ひたすら「本が売れない」という問題と向き合っていた。
「気が弱いけど素敵な人って何だ?」
松田聖子 赤いスイートピー

オカマや両刀遣いたちが「明菜」にこだわるのも、「気が弱いけど素敵な人って何だ?」という問いかけに答えられないからである。
歴史的評価は、25対16で聖子は明菜に勝ったのだ。
ノーマルセックスの勝利であった。
「これで治安が維持できる」
日本政府は安堵のため息を漏らした。
政治コミュニティーは「常にソビエト連邦の歴史を忘れるな」と言われた。
階級闘争をする暴力的な男は「プロレタリアート」と呼ばれ「自分で考えない、おカネ目当て、仲間を求める」という特徴が指摘できた。
東京大学は階級闘争の場ではあったが、早稲田・慶応は平和的であった。
「気が弱いけど素敵な人」が教室の隅に移動することも分かった。
「性倒錯男」「貧乳・髪の短い女」がかなり暴力的に「みんなでワイワイ」やっていたのだ。

IKKOさんは、精子が出ないから思春期に暴れて「男も女も」掘り続けたが、もし人工授精して子供を作ったら、奥さんは、「オペラ座の歌手」みたいなケバケバのおばさんになるだろう。
IKKOさんは、「財務省の嫌われ者」「オペラ座の怪人」だったのだ。
オペラナイト

「いい結婚」「悪い結婚」から組織では派閥ができるが、「暴力的な夫」「子供がいない」などという悪い結婚も案外「性格」をともなうものであり、組織の派閥を見るうえで重要な指標となる。
精神障害者を大人しくさせたかったら、前頭葉の手術ではなく「ケツの手術」をした方がいい。
フルシチョフは、スターリンの死後、「シークレットスピーチ」というものを行った。
「俺はお前らがオックスフォードやソルボンヌ、ハーバードでキャンパスライフを楽しんでいた頃、豚を追っていた」と発言し、「ノンケの逆襲」を図ったのだ。
キリスト教総論で「ノンケの世界」は明らかにさせてもらった。
あるいは、「税収200兆円という革命」は、「古びた壁の向こう側」の話に過ぎなかったのだろうか?
CoCo Newsな未来

女の声援を受けている奴を殴ってはいけない(義経)。
弁慶の方が強かっただろうが、弁慶は義経の舎弟になっている。
このあたりは、おカネの都合というほかはない。
弁慶の方が好きじゃ

 
小学校の「おどけ」、中学高校の「セックス」から、大人になると「おカネ」という事情が生まれ、いくら「弁慶の方が好きじゃ」と言っても通らないものがあった。
義経は「ノンケの帝国(ナショナリズム)」の逆襲を行っていた。
「男らしい父」「女らしい母」「母の純潔」
このシンプルな構図から令和天皇はエリートとなっている。
弁慶の「混乱した地図」は、貧しさを生み出していた。
弁慶はいわば「官僚の息子」であり、マザーファッカーであり、父親にカマを掘られ、中卒として生きていた。
工場で働くか、グーグル社で働くかぐらいの「労働環境の違い」があった。
ノンケのエリートが友達にいれば、中年ぐらいでよくて霞が関には入れたが、なにしろ「統制」というものを知らなかったため、天皇陛下にご迷惑をおかけすることとなった。
「男らしい父」「女らしい母」「母の純潔」
このシンプルさがいちばん学問に都合が良かった。
あとは、看板講師に教わり、兄弟が多く、薬を飲まなければいいだけだった。
映画や音楽を聴いて気持ちを維持した。
「そんな人生は無産階級にはない」
これが階級闘争を生み出した。
階級闘争の象徴がミッドナイトカウボーイであったが、みんな「飽きた」と言ったため、ジェームソンは街を去った。
ミッドナイトカウボーイ

階級闘争は「ノンケの友達」の出世次第で霞が関には行けたが、マックス・ウェーバーは「ようするに戦う民主主義の構図なんだよ」と言った。
テレビでブレイクすれば霞が関にまかり通る存在になれる。
東大は「坊や」の行くところではなかった。
「階級闘争の結論」だったのだ。
「無駄がない、シンプルさ」を磨き上げた者だけが通ることができる門だった。
rebecca moon

「男らしさ」「女らしさ」「女の純潔」とは「宗教」「政治」であり、出生技術の向上のためにあった。
無産階級には子供はいなかった。
女子高生たちは「精液の美しさ」を知ったし、無産階級にとって、ケツの精液は「荷が重い」ものだった。
世の中の「難しい教科書」を読んだ後に「女子高生にも分かるように話す」ことが芸能界の支持を集める(ケインズ主義)。

さて、私は平成天皇(今の上皇)及び皇后(今の上皇后)の養子になったわけであるが、士師記のサムソンは「身内の死者と同じ数だけ宮殿に死人を出した」とされている。
アウグストゥスはカエサルの養子であったが、それ以降、ナポレオン法典に至るまで「養子」という制度はヨーロッパから姿を消している。
実は、「兄弟の数が多いほど東大に受かりやすい」ということと、コペルニクスつまり「自分の自画像を描いた人物」は密接にかかわっている。
私は少なくとも「自分は宇宙の中心ではない」ことを理解していたが、私の実の姉や弟は必ずしもそうではない。
私の実の姉や弟は50歳前後で故人となった。
実の姉や弟は私ほど学歴がなかったため「自分は宇宙の中心だ」「鏡を見ても光太郎とは変わらない」と考えていてようだ。
海の音を聞いていると、地球は宇宙の中心ではないことが分かる。
SPEED I remember

 
私の謙虚な学問への姿勢を見て、当時の皇太子(徳仁)や秋篠宮も「自分は宇宙の中心だ」と考えていた。
「鏡を見ても光太郎とは変わらない」とも考えたであろう。
コペルニクスはクラカウ大学で学位をとった形跡がなく、教会活動で学士に認定されている。
このようなコペルニクスの「凡庸な」経歴を見て、兄のゴッホは「自画像」を描いている。

 

 

3a544c08fe774131a1379721db65e14e

ゴッホ 沢尻エリカ

 

自分を「宇宙の中心ではない」と理解していた私と、「宇宙の中心である」「顔が大して変わらない」と考えていた、私の実の姉と弟、そして徳仁と文仁は、「いつ死んでもおかしくはなかった」のだ。
地動説は人を生かし、天動説は人を殺す。
世界は、地球・空気・火・水からできており、地球の周りには、月・水星・金星・太陽・火星・木星があり星があった。
プトレマイオスは「地球は宇宙の中心ではない」ことには気がついていた。
しかし、コペルニクス(テオ)が王室の養子になった時に、ゴッホは「天動説」を採用したのだ。
印象派ルノアールのように エレジーズ

印象派は「不可能などない」「最高に気持ちいいセックスとは何か?」を探求した。
しかし、「最高に気持ちいいセックス」も私が「ノクターン」「ラカン」「デリダ(子供の気持ちを味わいたいから男は女とセックスをする)」などを明らかにした。
「神社仏閣などが養子をとると、兄弟が”不可能などない””自分は宇宙の中心””顔が大して変わらない”という天動説の立場に立つ」ことが明らかになった。
バチカンは、教皇を事実上の「養子」として扱ったため、天動説の立場に立っている。
つまり、「兄弟を殺してから来い」と言われたきわめて特殊な職業なのだ。
ローマ法皇の兄弟たちが「印象派」を形成した。
徳仁も文仁も、「死ぬまで勘違いが治らない」だろう。
ナポレオン法典は「革命」を容認した。
養子をとるということはそれほど重要な意味を持ったからだ。
向井亜紀さんが「代理母」に子供を産むことを頼んだことがあるが「特別養子にすることは案外難しい」という嗅覚だけは忘れないでほしい。
代理母に兄弟がいるのならばそれは致命傷となりかねないのだ。
小野家に死人が二名出た以上、徳仁・文仁が「屍のように生きる。最終的に屍となる」のは明らかではないか?
それでも、周囲は彼らを踊らせ続けるだろう。
今回は、「音楽の共有」という発想を提示させていただいたが、それでも「踊り続ける」宿命にある。
SPEED Go Go Heaven

モーニング娘。の印象派ルノアールのように、も「御開帳」(御神楽)の一部を構成すると言っていい。

これもお神楽。「あまい恋の駆け引きは、言葉だけじゃ足りないから」というくだりを見てほしい。
SPEED Body&Soul

余談であるが、デビ夫人に「弟の自殺」について聞いてみたことがある。
「とにかく食べ過ぎだった」という大人の答えが返ってきた。
「天動説」「宇宙の中心」もそのように表現されたわけである。 

これもお神楽。女性チェロ奏者。
新倉瞳 愛の挨拶

意外と根が深い「御神楽」の影響力。
松浦亜弥 プリッツCM

あやまんJapan

神道というものが「沈みかけた太陽」「冬・日食」などを「アナオモシロヤ」ということをやって「太陽をもとに戻す」という岩戸神話を基盤にしていることから、このようなことを行うものと考えられている。
天皇家の次男である聖徳太子を「仏教の世界の神に」としたのが本地垂迹であり、観音信仰となっている。
千手観音から始まる曲。
ribbon サイレントサマー

クラスの輪のど真ん中は「性倒錯の暴力的支配」に満ちていた。
そこで、「ノンケ男」はクラスの隅に追いやられ「表情が変わるのが分かった」のである。
酒に逃げてきた女、などは髪が長く巨乳であった。
性倒錯女の暴力的側面から逃げたのだ。
ノンケの男女の幸せは「酒」にあった。
ふたり酒 川中美幸

私は酒は飲めないタイプであったが、酒そのものは嫌いではなかった。
性倒錯男女の暴力的側面から逃げたかったからだろう。
ブランデーをちびったりしていた程度ではあるが。
酒井法子 エアー~サラダデイズ

貧乳女でも酒を飲む人はいるが、寒くもないのに「寒い寒い」と言って「酒が足りない」ことを表現していた。
こういうのは「酒に逃げる」とは言わないだろう。
男が「群れのボス」になるためには「ラフ&タンブル」つまり「暴力」が必要になるが、それは「オカマ・両刀遣い」であることをも意味し、それが果たして、「知性」や「幸福」につながるものであるかは明らかではない。
いずれにせよ、酒に関しては「ノンケ」の「逃げるタイプ」と、性倒錯のひたすら飲むタイプがいるのは事実であろう。
どっちもアル中ではあるが。
モーニング娘。のリーダーだった中澤裕子は、「常に輪の中心にいた」「大酒飲み」というあたりからリーダーとしての素質があったものと思われる。
高橋愛は、巨乳であり、「輪の中心にいる」タイプではなかった。
「次期リーダー」と言われても、性倒錯女の暴力的側面にしり込みする側面を見せ、伸び悩んだ。
案外、「大人たち」も見る目がないものだ。
モーニング娘。21世紀

キムタクが中卒の検察官の役をやって有名なドラマ「HERO」において、キムタクは週刊誌に「着の身着のまま、ナメた言葉遣い」と報じられている。
衣料品業界は、間違いなく「オカマ、両刀遣い、そして女性」によって支えられている。
これらの存在は、まず「体へのフェティシズム」を持つことから、そのまま、「ファッション」へと関心が向けられている。
新田恵利 恋のミスマッチ

「全体主義の克服」は、「女性たちがファッションによって」行ったものと考えられている。
性的欲望は「服装、身だしなみ」におよび、ファッションの多様性が体制を決めた。
セックスとは「子孫を残す」(生産)という目的だけでなく「快楽のため」(消費)という側面を持つ。
女性に快楽を与えた男は、女性が「身だしなみのすべてのファッションチェック」を行ってくれる。
男は家庭から出てくる。
服装で「ヒステリーや神経質な女性がいる家庭か、心の弱い女性がいるのか、無関心な母がいる家庭なのか?」が分かった。
兄弟が多いと必ず「親が関心を持たない子供」というものは生まれざるを得ない。
だからこそ「もう勉強やめる」などというわがままも通用しない子供が出てくる。
「もう勉強やめる」と母親に言ってみたところで、また、「母に褒められたくなる」のが男の子というものだ。
家庭内の「細胞」として、男は洋服を着て表に出てくる。
complex Rambling man

「ヒステリー、神経質、心が弱い、無関心」という四つの要素しかないのが「おかんの買ってきた服」なのだ。
「母のヒステリー」から自由な男をそうではない男は憎んだ。
「無関心」というのも「マスターベーションが自由にできる」ということを意味し、悪くはないものだ。
動画 おかんの買ってきた服

「親の愛情」などという子供じみたことを言ってはいけない。
「ヒステリー、神経質、心が弱い、無関心」のどれかなのだ。

東大生のファッションチェックをしてみよう

いずれにせよ、「息子は母の性的欲望の対象である」ことだけは認めざるを得ない。
母親がヒステリーだと、息子はカマを掘られているし、母親が無関心だと、息子は自由にマスターベーションをしている。
東大生はこのどちらかの流派に属し、「心が弱い母親」というのは最優秀層を生み出している。
「昼間から風呂に入れる」などのメリットがあるからである。
いずれにせよ「お母さん」というものを生み出したのは「結婚」という制度を考えたカントである。
マルクスは「女」を語ったが、ヘーゲルは「オカマはファッショナブルでイケメンである」としている。
ヘーゲルが「クラスに溶け込むためにはファッショナブルでなければならない」とし、それは端的に「髪型」に表現された。
オカマや両刀遣いの「階級闘争」をよく理解していたのはマルクスではなくヘーゲルであったし、「髪型さえ整えてくれれば」という思いが、クラスの輪の中心にはあった。
アクティブな女たちも、クラスの輪の中心のイケメンに群がったし、「母」という存在を踏まえ、カント、マルクス、ヘーゲルを経て、貧困や階級格差はなくなるものと考えられた。

親の愛情に飢え、自由にオナって育った大津くん

ジャズが流行った時に「安い、速い」という発想が生まれた(ユニクロなど)。
ジャズがなければ、このような発想はなかった。
雨のニューオリンズ 国生さゆり

結婚や家庭、母といったものは、プライベートにおける社会契約であったし、「卒業・夏休み」というのは公における社会契約であった。
家に帰ると母のヒステリーが待っている、それならば、卒業や夏休みは極めて重要な意味を持った。
「夏休みに大化けした」というような男の子は、母の「無関心・心の弱さ」を推進力にしている。
東大に入るために「兄弟が多い方がいい」というのはこのあたりに理由がある。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ

床屋・美容院、衣料品業界などが発展したため、「マルクスではなくヘーゲルを」という声が根強かった。
女たちが「風景がいい方がいい」としてこれを支持したのだ。
カントが「結婚」というものを考え、貧困撲滅のために動いてから、80年経過していた。
「ヒステリー母ちゃん」が「息子に合う服を」と言って洋服屋で一山あてたりもした。
新左翼やネオリベラルは「着の身着のまま、ナメた言葉遣い」の男が「試験に強い」ことに呆然とすることもあったが、ジジェクは「オカマや両刀遣いが階級格差をファッションによってなくしたことはもはや秘密である」とし、一億総中流社会の実現の背景に何があったかに沈黙を促した。
仕立てのいい洋服屋や、床屋は「ヒステリー母ちゃん」によって運営されていたし、創価学会の基盤でもあった。
「息子のファッションにうるさいヒステリー母ちゃんによって運営される洋服屋や床屋の富」がかつて貧しかった創価学会を豊かなものにし、共産党がマルクスだとするのならば創価学会はヘーゲルだった。
女子高生代表である阿弥陀如来ではなくファッショナブルな日蓮聖人がご本尊である、これにこだわる日蓮宗には彼らなりの理由があった。
夫が床屋や洋服屋という「仕事」をしていれば、妻は「女ネットワーク」を作ることで対抗した。
「ラカン派のジジェクって池田大作のことかい?」
フォーエバーセンセイ

「女の子特有の鬱、青年の鬱」を晴らすのは美の探求だろ?創価学会(ヘーゲル)にも分があった。
セオドア(テディ)・ルーズベルトは、「ファッションの大国」(米帝)の確立を経て、スペインと戦争しようとしていた。
スポーツによる体のフィットネスや肉体美なども鬱を晴らす。
「クラスの輪に溶け込むためにはファッションに敏感になることが必要」
本来、オカマや両刀遣いがそのようなルールを作っていたが、ノンケでもそれさえ理解できればよかった(精液経済)。
ルーズベルトは当然、「女子高生に祈ってもらう」(キリスト教)という発想を持っていたが、そこに「ファッション」を持ち込んだのだ。
カリスマ美容師・カリスマ店員などは「ヒステリー母ちゃん」に腕を磨かされている。
ティファニーで朝食を

ヒステリー母ちゃんを発信源とし、女子高生を資金源に、中学・高校・大学という「男女が一体となった」帝国主義が確立した。
ルーズベルトは「ペドロ・ロメロ」というボクサーをファッションリーダーとした。
鍛え上げられたロメロの肉体美と、ヨーロッパファッションブランドが結びついたからアメリカはスペインとの戦争に勝ち、国家の存続を決めた。
男なき「女たちによる女の消費」(読モなど)も進んだ。
リゾナントブルー モーニング娘。

アルチュセールは「国家の命運など所詮若者が握っているものだ」としている。
時間的・空間的制約(自然的関連性)を若者は持っているが、それでも「反対尋問する資格」を与えるなどして(法的関連性・伝聞法則)うまく生かしていかなければならない。
我々が恐れているのは、若者の才能を見落とすことであり(類型的誤判の危険性)、体を鍛えている若者の才能だけは見落とすべきではないと考えられている。
ヘンリー・フォードは「Do It Yourself」というノートを作って世界にばらまいた。
令和天皇が言っていることを簡単にノートにしてもらいたかったからである。
体を鍛えて、ノートに書いてあることを女の子に話すだけで「若者の才能の見落とし」(法的関連性)はなくすことができる。
ヘミングウェイは、「陽はまた昇る」においてニック・アダムズにそのような生き方をさせている。
ribbon 出逢えてよかった

「若者の才能の見落とし」は常に文学者が抱えている問題だったのだ。
石原慎太郎の苦悩はここにあった。
始業のベルが鳴り、ボクシングのリズムもよくなる、そのようにヘミングウェイは描いた。
ファッショナブルな服装や髪形をするだけで革命って起こせるではないか?これがヘーゲルの考えであった。
ニック・アダムズのように「体を鍛えていて、女を口説くのがうまい」男が「ファッション」を身に着ければいい。
ヘミングウェイは「究極のエリート」を描いていた。
「抱かれたい男ナンバーワン」はこうやってできるとしたのだ。
マルクスが「女」を語り、新左翼が「オカマ」としてマルクス主義者をいじめることから始まり、アメリカ合衆国は「ノンケで女に詳しく、しかも鍛えられた肉体を持っている男」を構築したのだ。
オカマや両刀遣いの攻撃性とは異なる、アメリカ資本主義的男性像が作られていった。
少なくとも、アメリカ資本主義のもとで育った私は、オカマの橋本真也をぶん殴っている。
橋本は「アメリカ危ない!アメリカ危ない」と言っていた。
新左翼とアメリカ資本主義は、勝ったり負けたりの乱闘騒ぎを引き起こしたが、最終的には「どっちが女にモテるのか?」ということから、共産主義と資本主義の勝敗が見え始めた。
キッシンジャーが「分厚いノート」を持っていたのに対し、周恩来は手ぶらで現れた。
「女の口説き方」に関する情報交換に現れたキッシンジャーは拍子抜けし、周恩来は日本国をアメリカに明け渡した。
キッシンジャーと周恩来の会談は「アメリカ帝国主義対スターリニズムのオカマ」の殴り合いであったが、周恩来に「その気」がなかったのだ。
大学生=ブルジョア=ユダヤ人の解放はここで達成されることになった。
ミスターチルドレン

アメリカ資本主義は、オカマ=右翼とは異なる「ニューライトだよ」とサルトルは語った。
アメリカ連邦最高裁の、ギンズバーグ判事もグッドマン判事も「若者の才能の見落とし」(法的関連性)だけに注意を払っていたとされている。
日本国は朝鮮半島とは異なり、アメリカ高等教育を「洗脳」とは考えてはいなかった。
米韓関係はあくまでもリンチピンであり、日米関係はコーナーストーンであり続けた。
新左翼(ネオリベラル)は、米帝と、それを学習する土壌にある東京大学(日帝)を恐れていたのである。
Queen of venus

最後には、新左翼とニューライトの乱闘騒ぎになったが、オルフェウスとナルシウスの戦いであるとされた。
性倒錯男の攻撃性も、ノンケ肉体派の攻撃性も、スターリニズムとアメリカ資本主義の戦いであり、ノンケが「ファッション」を学習すれば解消される問題であった。
「オルフェウスは何を言っているんだ?誰か翻訳してくれ」
これがアメリカ資本主義の立場であり、「肉体へのフェティシズム、服装や髪形へのこだわり」を性倒錯(オルフェウス)は言っていたため、メンズノンノ、Men's EXなどを出版した。
新左翼は、「子供のころから時間が止まった男」(一次元男)という具合に、ゲイの研究を深め、「永遠の少年」などと呼ばれセールスを伸ばしたこともあった。
同級生の女の子が恋に破れようが結婚しようが「常に変わらない」男というモデルである。
松田聖子 時間の国のアリス

1980年代に、「心理学」が歌謡曲の中に入り込んできた(J-POP)。
ゲイ解放運動も起き、「振り向けばいつもそこにいる友達」として女たちにも重宝がられた。
「戦争と平和」のヘンリー・フォンダが知られている。
これも「スターリニズム」であろう。
瀬能あづさ 永遠に友達

一方、アメリカ資本主義(ニューライト)は、スターリニズムに対し、「処女全体主義がオカマを容認しないだろう」としている。
処女にフェラチオをさせるオカマはいるだろうが、とにかく、処女たちのセックス崇拝からすると、そのような性倒錯は「伊豆の踊子」で憎まれ役を演じ、東京帝国大学の「学生さん」(日帝)を賛美したのだ。
ベトナム戦争時に、伊豆の踊子(日帝)は強烈なキャンペーンをスターリニズムに対して行っている。
しかし、「台風が来る」という非常に不人気な戦争として終わっているのだ。
スターリニズムと台風、とんだ超大国が中国であった。
もっとも、指導部をプロレスで揶揄する「民主化運動」だけは弾圧されている。
性倒錯はプロレスを好むが、民主化運動だけは天安門事件、中国民主党事件、法輪功ムーブメントを経て鎮静化している。
もっとも、香港などではプロレスは根強い支持を誇っている。
日本国への「台風攻撃」は、ちょっとした爆風が吹くものであり、それに集中したいのだろう。
高橋英樹はゲーリー・クーパーを参考にしており、年老いた学生さんを演じる宇野重吉はジョン・ウェインを参考にしている。
伊豆の踊子

とにかく、第二次世界大戦の時から、各国が「戦争に負けちまえ」と考えるオカマ・両刀遣いがいたことから、現在に至るまで「株価なんて下がってしまえ」という男がいることまで理解している。
「この状態(株価)で戦争なんてできるわけがない」とニールセンは容赦なく報道した。
男が「ファースト」で、女が「セカンド」で、それを利用した「予言」がサードというシンプルなユダヤ教の予言の世界を提示すると、居場所を失う性倒錯が必ず敗北主義(戦争なんて負けちまえ)を持ち出す。
「権力闘争の殴り合いでは済まない」「国の敗北につながる」
これが性倒錯であった。
ブラックパンサー党などがゲイの撲滅のために動いたりしたが(ベトナム戦争時)、「平和につながっていいんじゃない?」などと「さぶ」を称賛する人もいた。
フルメタル・ジャケット

ヒッピー、男の長い髪は平和の象徴、という論陣も張られた。
伊豆の踊子(フォーディズム)つまり「経験したかしていないか」という議論だけは根強く残った。
ジョン・ウェインという「モテモテの哲学者」なのか、ゲーリー・クーパー(学生さん)かはともかく、戦争に負けたくないからフォーディズムを作ったのだ。
吉永小百合さんは「白黒から始まる」伊豆の踊子に「違和感を感じた」と証言しているが、これは「ベトナムと日本の違い」を表現したものであり、まさに国策であった。
伊豆や大島という「東京とのアクセスを必要としていた」地域で道普請を描いたりして、「東南アジア諸国のアメリカとのアクセスの必要性」を訴えた。
しかし、べ平連は日本でかなり大規模にできた。
日本国で「いいスピン」が起きなければアメリカはアジアに進駐することは困難であることをケネディは学習した。
女子高生にも分かるように「戦争への支持を訴える」という意味ではケインズ主義的であり、宮澤喜一が、川端康成とどのような関係にあるかは明らかではないが、宮澤は虎視眈々と自らの地位を固めていった(ニューライトの旗手)。
ブレトンウッズ協定で「アメリカシンパ」は明らかになっていたが、マーシャルプランを一気に動かし、アメリカの戦争に有利に世界を動かす手法も明らかになっていた。
令和天皇の即位にもマーシャルプランは用いられたものと思われる。
「結婚」という制度を考えたカントや、「女」を語ったマルクス、そして「夢」というものを語ったフロイトを背景に、「予言」というものはかなり切れ味を増したが、それにしても分からなかったのが「性倒錯」であった。
「ファッションに気をつけろ」とヘーゲルは言ったが、結婚前の女の団結を狙ったマルクス・フロイト主義(ユダヤ教)は、新左翼やネオリベラルの抵抗を受けた。
性倒錯の男は「吉永小百合に興味がない」「偶像崇拝に興味がない」と言った。
さて、マーシャルプランの存在が日本国でも認知されたことになるが、そこから「性倒錯の階級闘争」は新たな局面に入った。
まるで日本国のオカマや両刀遣いが「アメリカ合衆国」を敵に回したことを悟り、自滅に向かっているがごとくである。
東南アジアはいまだ「性倒錯国家」(ネオリベラル国家)であるがために「アメリカ合衆国へのアクセスが死活問題」とされている。
ケインズ主義(女子高生にも分かる話をすること)も、性倒錯男には分からないのだ。
東京大学の「横のものを縦にする」だけの学者などアメリカも必要としてはいなかった。
ケインズ主義を有効に使いこなせる人物を求めていたのだ。
ワーナーは、学校・教会・企業・住宅地などを総動員する力を持っている。
これらは皆、タイムズスクエアやスタジオアルタを発信源に動いている。
タイムズスクエア ライブ

アメリカの金融がマーシャルプランでどのように回転しているのかを知りたければタイムズスクエアのライブ映像はチェックしておこう。
一人の女の純潔に頼りすぎること(フォーディズム)の危険性はクレジットクライシスで学習済みである。
また、アメリカンイーグル(アメリカ軍)に「オカマはいない」ことはかなり大々的にアピールしている。
なにしろ「世界の警察官」とその「おカネの動き」を映し出しているからである。
ここの情報を世界に漏らしたマタイ・シェパード殺害事件も1998年にあったが、それ以降はかなりオープンになっている。
アメリカ合衆国の金融の動きが分かるスポットとして「ナイフにいちばん近い場所」と言われているため、どこまでライブ映像が本物かは明らかではない。
35兆円は「ここのメッセージで動かす」ということは明らかであるため、命の危険も当然あるだろう。
ヘミングウェイの「陽はまた昇る」にせよ、石原慎太郎の「太陽の季節」にせよ、最後にはこのことを明らかにしたものと考えられている。
スタジオアルタのホームページを見ると、なんだか「必死さ」をアピールしているが、案外、その正体は「Google社」なのではないか?
あれほど連絡のつかない会社が「お気軽にお問い合わせください」などと言っている。

さて、日本国は、アジア通貨危機(1997年)の時に、タイの外貨準備高が枯渇し、タイと同じ「ドルペッグ制」を採用している韓国にそれが波及したのを目の当たりにしたが、「新宮沢構想」により韓国を救い「世界で独りぼっちではなくなった」という経験をしている。
「世界で独りぼっちにならないためには韓国と仲良くすればいい」「そのうえでヨーロッパから学べばいい」ことが明らかになった。
問題は、従軍慰安婦や徴用工のように、「日本への怒りで夜も眠れない」人が韓国にいることである。
人生の健全性を持った人とは異なる論理が彼(彼女)らには存在し、個別的請求権は放棄していない。
つまり、その人生を日本国に広く知らしめる権利は放棄していないのだ。
人種差別撤廃条約においても日本国は「文明批評を封ずるものではない」という留保をつけている。
彼らには「仲間が必要」であり「女心」をおカネにする必要があり、そのうえで「よく眠ってもらう」必要がある。
しかし、徴用工として働いていた時に「カマを掘られた」のならば、果たして「女心」=カネに興味がもてるであろうか?
石原慎太郎はこのような人々を「三国人」と発言している。
中華人民共和国も、サンフランシスコ講和条約の当事国ではなく、中華民国がこの条約に署名しており、日中平和友好条約を踏まえ「サンフランシスコ枠組み論」という形で、彼らの「人生を日本国に広く知らしめる権利」(個別的請求権)を残した。
徴用工判決においては原告9名に「1000万円」の賠償を認めたが、なぜ「文学」「版権」という形で解消しないのだろうか?
「オカマ」であることが子供たちにバレたくないからであろう。
オカマであるのならば「女心」=カネにも興味を持てなくなっているため、韓国の裁判所が「1000万円」を提示したのも穏当であろう。
この「徴用工判決」に群がってきた3千人の韓国人は全員オカマである。
そうでなければ、電子書籍のようにデッドコピーが無尽蔵にあるデータを無料で送ればいいだけだ。
しかし、そのような文学に「興味が持てない」のであろう?
文学に興味が持てないのならば、本国で「万年平社員」であったことも想像に難くない。
「金持ち」「政財官界に人脈を持つ」人生に劣等感を感じて生きたのも「日本でカマを掘られた」からである。
「貧しい、夜眠れない、孤独」このような嫌われ者になったのも徴用工になったからであろう。
中国人はこのような「人生を日本国に広く知らしめる権利」(個別的請求権)は行使していない。
しかし、韓国人にはそのような人が3000人いるし、従軍慰安婦は20万人いる。
従軍慰安婦像には私もさすがに土下座させていただいた。
従軍慰安婦たちには「文学」=カネ、出世の機会などという問題はほとんど生じないからである。
しかし、徴用工たちの「カマを掘られたから貧しい、夜眠れない、孤独」という論点は、日本で版権にして、300億円(3千人分)に変える努力が必要だ。
オカマ=「肉」と呼ばれた人生を強制したことは気の毒に思うし、私もこのことを「個別的請求権」(人生を日本国に知らしめる権利)として認識し、あえて、石原慎太郎が「三国人」と切り捨てた問題をここに記しておきたい。
globe Joy to the love

徴用工判決に関しては、「オカマになって失ったもの」に対して「1000万円」とはずいぶん韓国の裁判所も柔らかいリアクションをしたものだと思うが、「出世の機会を失った、おカネを失った、眠れなくなった、仲間を失った」ということを、日本人に理解させれば「個別的請求権」(人生を日本国に広く知らしめる権利)は果たされる。
その「版権」はおのずと300億円を満たすであろう。
原告にチョヨンピルがいれば、問題は極めて簡単になるのだが。
釜山港に帰れ チョヨンピル

外交保護権はいわば著作権であり、個別的請求権は著作者人格権である。
私のこの記述に「同一性保持」「公表」「表記」の三つで見解があるのならば述べてもらって構わない。
外交当局に「議論するつもりがあるのかどうか?」の問題であり、たたき台となる論文は私がここに書かせていただいた。
「三国人」の問題はほとんどこれで斬れるはずである。
出世するためには「女を語り仲間を作る」必要がある。
それが「一人一千万円」で済むのであれば、世界史を語ったことにはならないし、「すべての時代のすべての経済を分析できる」と言われる日本国の名誉にもかかわるものだ。
日本の形

徴用工判決に、日本国の「25の企業」が震え上がった。
問題は、この論点を理解できる文学者がいなかったことから各企業が震え上がったということである。
また、アメリカ議会、アメリカ軍、赤十字、大学、企業を敵に回したら、日本国でビジネスができなくなるのだ。
あるいは、オカマは「韓国にとっても売国奴」であるため、賠償金額は1000万円で済んだものと思われる。
日韓双方の外交官も「オカマ」であることが多く、しかし、「階級闘争の勝者」であることから、外交レベルでの調整は難しいかもしれない。
ましてや、芸能界が解決することも困難であろう。
それが、民間人同士の対立につながってしまうのならば「文学者の責任」と言うしかない。
あるいは、徴用工問題の背景に「芸能界の大物」がいるとするのならば、本当に、チョヨンピルが怒っているという問題かもしれない。
韓国の芸能界の年寄りは1000万円で妥協するのだろうか。
それならば、韓国の福祉の問題と直結してしまう。
「類は友を呼ぶ」
もし、徴用工たちが韓国芸能界を形成してきたとするのならば、韓国の厚生労働の話でもある。
日韓の芸能界同士の対立が徴用工問題であるのならば、両国での解決法が模索されているはずである。
AKB48 teacher teacher

 

 

 

 

 

 

2020年8月 2日 (日)

マルクス主義~税収200兆円という革命。

話はカントから始めざるを得ない。

処女たちに「予言能力がある」とし資金を大量に流し込んだからである。
そこから、恩恵は主婦層にまで波及し、そこで「実質経済」(女の豊かさ)は飛躍的に向上した。
マルクスはこれを目の当たりにし、「いじめのないノンケの楽園」を目指し始めた。
ソビエトは「官僚」という名の性倒錯指導層を残した社会主義国家であったが、共産主義とは「いじめのないノンケの楽園」のことを言った。
これが「税収200兆円時代」「子供たちが虐げられない社会」のことでもあった。
セックスの対価としておカネを払わないと、女がノイローゼになって子供が虐げられる。
ぼくをぶたないで 高橋由美子

生産手段(主婦層)の共有とはつまり「音楽作品で女たちの支持を取り付けることで、税収を増やす」という意味であった。
私の母の「階級闘争」とは「マザーファッカーの禁止」「妹ファックの禁止」「オカマの禁止」などに満ちたものであった。
オノヨーコとして世界では知られている。
ビートルズ イマジン

マルクスの「資本論」を読んでいると、延々と「支配と従属」に関して記されている。
これが人間の「性欲の起源」だったからだ。
学校や会社で「支配と従属」を経験しないものは性欲がない。
さらには、都会と田舎という関係の「支配と従属」を経験しないものも性欲がない。
若い頃のマルクスはイケメンであった。
しかし、カントが流した富の恩恵を受け「マザーファッカーの禁止」「妹ファックの禁止」「オカマの禁止」などを経験し、「芸能界」(中道)に憧れるノンケ(左翼)というものを作っていった。
「芸能界には美男美女がいる」
これを強烈にアピールし、家庭内の「身近な存在」をあえてブサイクに描くことで、これらの目的と税収効果を狙ったのだ。
「美男美女を生み出す鎌倉仏教・禅」と左翼が結びつくのは必然であったし、エンジェルチャペルのようなキリスト教カトリック女が「貧乳を見られたくないから処女」という性倒錯右翼であることともつながった。
フォイエルバッハが「メッセージだけ送れば市場にいい影響があるから」とマルクスを諭した。
今の日本国もそうであるが、子供たちがOECD最下位に位置付けられるほど貧しいのだ。
そこで「たとえ実現しなくともメッセージだけは送ろう」とマルクスは考えた。
夢だけ見てる CoCo

マルクスの「芸能界主義」(観念論哲学)と「唯物論」(女主義)はここに成立した。
「都会には美男美女がいるのよ?」「学校や家庭には何もないのよ?」
これは中国では「上海倶楽部」と呼ばれた。
上海倶楽部 松田聖子

しかし、芸能人女は処女(予言能力を持つ)という立場の週刊新潮に対して、文春砲は容赦なく襲い掛かった。
交換価値(セックスによりおカネを払うこと)は「優しくすればいい」という基本があった。
子供(利用価値)を作るのにもおカネが必要だったのだ。
発展途上国の女の子が「掛け算を覚えるより先にレイプを経験する」という無神論にある限り、「アフリカはとにかく暑い」ものだった。
文化の問題であり、「理想の男を語り合うフォーラム」が形成されにくい地域であったからである。
マドンナもマイケルも「アフリカのアメリカ合衆国編入」を構想した。
マドンナは「バージンツアーがあるから」と言ってレコーディングには参加していない。
We are the world

制服組は本当に「労働」というものを行っていたが「肉体労働者」と呼ばれたり「ブルー」と呼ばれたりした。
背広組は、一日中「女とは何か?」(政治)「男とは何か?」(宗教)を語っていた。
政教分離が一体となって産業を支えていた。
ここに、「マザーファックの禁止」「妹ファックの禁止」「オカマの禁止」を越えた「レイプの禁止」という発想が生まれた。
「予言」「恋」とは異なる「下からの革命」が進行したのだ。
「レイプの禁止」「女嫌いの排除」だけでも「神」は生まれた。
しかし、「神などいない」という「常識」も求められた。
なにしろ、イギリスの二倍「大陸から離れた」日本国の「革命」を目指していたのがマルクスだったからだ。
午前中に女性労働者は「眠って」いた。
午後になってやる気を出して「男について」語り始めた。
仕事が終わったら「剰余価値」(子供たち)のことを考え始めた。
もっと気楽に働こうよ?
ママ大丈夫?

「朝起きるのがちょっぴり苦手です。お昼を食べて目が覚めるの」(渡辺満里奈)
新会員番号の唄 おニャン子クラブ

ランチというものが労働においてどれほど重要な意味を持つかを理解しないといけない。
午前中、ちょっと頑張ったら「先に上がっていいよ?」と言われるのだ。
それ以外は、女は「眠って」いた。
「八時間働いて楽に暮らせる社会」(日本共産党)
そりゃそうだ。ノンケだけの楽園を作るだけで税収が200兆円になるからだ。
マルクスほど「カントを崇拝した」人物はいなかった。
あとは「カントのために」マザーファッカーをなくし、妹ファックをなくし、オカマをなくし、レイプをなくす「下からの革命」を実践するのみであった。
「史的唯物論」とは、「処女たちの祈りこそが歴史を作ってきた」という意味であり、マドンナがモデルであった。
マテリアルガール マドンナ

カントの富さえ「下から支えれば」いじめのないノンケの楽園ができると考えたのだ。
これをフォイエルバッハは「メッセージだけでも有効」であるとした。
産業(女とは何か?男とは何か?を語り合うこと)を経たうえで、「適者生存」がなされるのであれば、そこには楽園ができるだろうと考えられた。
天使の館 酒井法子

背広組と制服組の「賃金の水準の同一化」をベーシックインカムと呼ぶのであり、まあ、働かなくてもおカネがもらえるという意味と大して変わりはないが、それでも家の修理とかはしてもらわないとね。
マルクスは「カントほど偉大な先生を私は知らない」とし、今まで何も語らずに、「中流家庭」を気取っていたブルジョワを憎んだ。
これらのことは「人間の条件」とも言われ、ユダヤ金融資本を形成していった。
ヒュームが「メジャースポーツに処女たちの祈りを噛ませる」ことを考えたが、カントの実践理性批判を、ニュートンと出会わせただけとも言われている。

アルザスの領有権をめぐってフランスとドイツが喧嘩していたことが知られているが(最後の授業)、フランスのアルザス領有権は完全に「アルジェリア統治」に依存していた。
まるで、アメリカ合衆国が「We are the world」を作ってアフリカのアメリカ編入を試みたような話を、フランスはアルジェリアで行っており、その資金とカトリック思想を利用して、アルザスの統治を行っていたのだ。
「最後の授業」でも当然、「処女性とは何か?」が語られているはずである。
「この学校にいじめがある限り、この学校はドイツのものなのである」
いじめとは「カトリックのアイデンティティ」であり、共産主義が克服しようとしたものであったが、処女性から莫大な富が生まれ、ドイツには「芸能界」があり、ドイツで共産主義ムーブメントが起きるたびに、アルザスの「学校」は領有権の問題と教育の現場の現実と直面した。
これが、アルチュセールを生み出した「最後の授業」であった。
学校のいじめの実態が、アルジェリアの領有権と関わってしまうのだから、ドゴールも大変な思いをしたであろう。
Parisが聞こえる 河合その子

「いじめのない楽園か」
アルチュセールは、アルザスの学校でそれを夢見て、フランス共産党に入党した。
まるで、カトリック=マドンナ、フランス共産党=マイケル・ジャクソンという図式が出来上がり、どの国も二大政党制はこの仕組みで動いているようであった。
1978年に、フランス左翼は選挙で大敗した。
日本国もこの時期に、共産主義を見限ったとされている。
マルクスがどれほど「マザーファックをやめろ」「妹ファックをやめろ」「オカマをやめろ」「レイプをやめろ」と言っても、そんなものは絵空事であり、いじめられる側が「イデオロギー」を見限ったのだ。
「いじめさえなければ働かなくてもいいことは分かっていた」
それでも、「いじめ」=仕事の起源はなくなることはなく、労働とはもはや「精神史的文脈」と呼ばれた。
アメリカの民主党にせよ、英国労働党にせよ「処女たちの予言能力」をうまく活用しながら「恋」と向き合っていた。
しかし、共産主義は明らかに「処女性の否定」に動いたのだ。
マルクス・レーニン主義とは、「カントの遺産を尊敬しながら国家財政を潤沢なものにしていく」ものではなかったのか?
20世紀中頃には、「そんなものは絵空事だ」と考えられるに至り、共産主義とは「性倒錯の研究である」(物象化論)と説明された。
フロイトの「思春期の女の子の鬱」(去勢)や、ラカンの「セックスの作法」などの研究が進み、ヘーゲルは仏教の影響も受けながら、「美男美女の作り方」を明らかにしていた。
テレビでは「笑い」「失業」「片思い」などがクリエイトされ続けていた。
カントの遺産が「いじめ」によって崩壊していくのも観測された。
結局、一部の「腐ったミカン」のせいなんだよね。
マルクスは「メッセージさえ出せば市場にいい影響がある」としたが、100年間様子を見たところ、「腐ったミカン」に台無しにされただけだった。
学校の教育現場がそのまま「領土問題」になることになったアルザスロレーヌ地方であったが、「最後の授業」の伝説をモデルに、金八先生は作られた。
「教師はなぜ命がけなのか?」
それが日本国にも「国家教育権説」として紹介された。
日本国は、ようやく「カントの富」を手にした。
エンジェルチャペルやサクヤ会、巫女会などの女子高生サークルのおかげである。
しかし、カトリック対共産主義、処女性対いじめ撲滅という図式にしてはならない。
あくまでも「陸海空」の三面構造がなければ、つまり「神道」がなければ崩壊するのがカントの遺産なのである。
従来の民事訴訟においては、女子高生コミュニティーで「処女であること」を放棄・認諾すると、三面構造の中の「移動線」が残るとされてきたが、現在は「メリーゴーランド構成」(兼子理論)が通説となり、サクヤ会・巫女会・エンジェルチャペルの内部の移動が案外自由化されている。
春の森の回転木馬 中嶋美智代

関東地方は徳川家康が「東照大権現」となり、関西地方は豊臣秀吉が「豊国大明神」となり存続してきた神道であるが、三面構造を令和天皇は巧みに構築し、「100年限界説」を打ち破ろうとしている。
税収は早かれ遅かれ「プライマリーバランス黒字化」は達成するだろう。
最後の授業

ルールもないのに、都合がいいときだけ「さあゲームの始まりです」などというと孤立だけが待っている。
孤立するということは「金銭面で締め上げられる」という意味だ。
新入社員に対して「さあゲームの始まりです」という今までの社員がいたのならば、新入社員の勝利である。
初日ぐらい「卑怯者」の存在に耐えたらどうか?
やがて、卑怯者が孤立することが分かる。
「彼らの論理」は三日で分かる程度の仕事だ。
なかには「半年すれば慣れるから」などという卑怯者もいるが気にしない方がいい。
貧乏人の特徴が「搾取する」ことにあるのだ。
初日で「落とせなければ」「この程度」とばれるのはみんな分かっていた。
全国3万社の「法人税を払っている会社」ではありえないことが、法人税を払っていない「300万社」には存在する。
彼女や奥さんがすでにいて「ちんちんを売りつけるつもりのない」新入社員が来たらみんながこれをやってしまう。
法人税を払えるか払えないかはこれだけの問題なのだ。
新参を「騙せるうちは騙しておこう」とみんな考えた。
この問題をクリアーしたらようやく「株」(女性社員)の取引が始まる。
「どう?今のパートナーより魅力的でしょ?」
どの女性社員もそのようにメッセージを送り始めた。
女たちが「話をしてあげた対価」を求め始めるのだ。
小説を書けない社会人はいない。
税収が潤っているかどうかは本屋を見ればわかる。
ああ、「心ある」人はもういないんだな。これが平成のバブルの崩壊であった。
我々が日々、空気のように吸っている「哲学」の本が消えてなくなり、ヨースタイン・ゴルデルの「ソフィーの世界」などが流行した。
新入社員に「初日の社交儀礼」の存在を教えるものもいなかった。
東大に入って「新歓コンパ」をやったが、大学すでに慣れているのに「またやろう」などという二年生がいてどっちらけになったりもした。
初日の社交儀礼(搾取)を見物したければ新歓コンパに出てみればいい。
返さなければならない奨学金やローンがあるものは「人気取り」に一生懸命だ。
「初日の社交儀礼」をなくすためにセーフティネットというものはある。
ボーナスや、家族サービス、その他の福利厚生を「子育てに都合よく」利用しなければならない。
新入社員への搾取対策が周囲にいい影響をもたらすのだ。
新入社員や新入生には「ジュースが一万円で」売れる。
それをやらずに「一年生優先」で奢る連中がいるのならばまだ良心的だろう。
「やってはならないこと」に敏感であるし、リクルートメントを必要としているのだ。
東大ボクシング部では「あとで殴る」目的でこのような運用がなされていたが、殴り返すのに半年かからなかった。
一年たったら追い出された。
レベッカ ボトムライン

初日にこのような「搾取」の問題を指摘できる「細胞」は恐れられたし、どの職場でも生きていけた。
マルクスは「300万社」の会社にこのことを知ってもらいたかった。
理解するかどうかはいまだ「100分の1」という現状があるからである。
社長が率先して搾取をするのならば間違いなく倒産する。
人の心が離れていくからである。
ネット上では、私を罵倒するものが多ければ多いほど私は増長をつづけたし、敵は失業者となった。
私は天皇になっている。
私は「人を治めるって何だろう?」と試行錯誤と哲学の研究を進めたし、多くの論文を残した。
「さあ、ゲームの始まりです」と言って、私から「エネルギー」を奪い取ろうとした連中は失業するか病気になるか死んだ。
ベーシックインカムというものがもしあるのならば「新入社員への搾取」のポイントを押さえるだけでいい。
ハローワークでそのことを周知徹底させなければならない。
「300万社」が「初日の搾取」の問題に気がつくかどうかがベーシックインカムのカギを握っており、「細胞」はそのためだけに動いていた。
この「300万社」のスウィートショップで作られたものを、大企業が安く買い取り、高い値段で世界に販売している。
気がつくかどうかなんだよね。

親の人生や子供の今後の人生について何も知らされない「代理母」というのは案外、代理母に対する「ひどい搾取」だということを理解していない人も多い。
出産というものは「母としての聖域」であることから、日本国内では認められていない。

「学歴」というものは、自分と異性の「遠さ」からもたらされる。
知識というものも同様だ。
勉強するご褒美として「女が近づく気がする」というのは、おカネでキャリアをコントロールするのと同じ効果が認められた。
学歴社会の構築は「女嫌いの排除」「レイプの禁止」「マザーファッカーの禁止」「妹ファックの禁止」など、「下からの革命」に一定程度貢献するものだ。
マルクスが「入るのに難しく、出るのは簡単」な大学ヒエラルキーを作ったのである。
学歴のない者は「異性が近く、知識を得る土台のない」人間である。
本ブログの読者もおのずと「高学歴者」に限られてこざるを得ない。
口説かなくてもセックスさせてくれる女がいるのならば、読む理由がないからである。
税収200兆円という革命も、学歴社会がなければ成立しない。
学生こそが「革命」を論ずるのであり、その頃、蓄えた知識で一生生きていく宿命にある。

芸術は現在、「真剣勝負」にしか興味がない。
阿弥陀如来=マドンナ=処女の「予言」か、マイケル・ジャクソン=男の「恋」かのどちらかである。
「昨日好きなプロ野球チームが勝ったのはこの絵のおかげだよ」
と偉そうに批評しても、彼は「私の方が気持ちいい」ことを知っているのかしら?
芸術には、男は「勃つ喜び」は感じても、実物の女がいなければ意味がないのだ。
松田聖子 妖しいニュアンス

レディマクベスが処女だと言って、王がレディをカネで買って一晩で丸裸にされて追い出され、野球チームが負けた男たちは一晩、王の家の前で罵声を浴びせたが、徹夜した結果、「一人の女に頼っていた自分たちがみじめになる」というマクベスや、ハムレットの、「父の墓を荒らす男」が、地球がもっとも天国に近いということを示し、女子高生たちに不老長寿を願われることがもっとも幸せなんだよということを示した物語など、シェークスピアは常に「処女性」を問題にしてきた。
ワシントンDCナショナルギャラリーにはこのような芸術に満ち溢れていた。
私がいたオレゴンの田舎の高校では、適当にスポーツや勉強をやってバンキットに出て終わりであったが、権力の中枢とは何かをワシントンDCでは示していたのだ。
風のインビテーション

ホメーロスのイリアスは「理想の男」を描いていたが、歌うのは当然「女」となり、さらには「処女」となっていた。
この曲は本物の処女が歌っている。ガン牌に聞くんすよ。と言って、パチンコのメトロノームやマージャンに用いる「ガン牌の小野」もいた。
秋色協奏曲

「聖母マリアを信じるか?」
それは「セックスからの遠さ」を意味する問いかけであった。
ベートーベンの交響曲第七番は聖母マリアと真剣勝負の関係をモチーフにしており、ナポレオンよりも自分の方が皇帝にふさわしいと信じて疑わなかった。
これから、横浜DeNAベイスターズの試合の40分前からこの曲を流そうかな。
のだめカンタービレなどがこの曲を取り巻くドラマとして知られている。
ベートーベン 交響曲第七番

「10人目の選手」としてのベンチやフロント、ファンはこのようなことを考えており、神社・場外馬券売り場、レストラン、美術館など様々な場所からファンは球場に集まってきた。
バークレー音楽大学が演奏し、カリフォルニア大学バークレー校がこれをドジャースの勝利につなげた。
どの「処女芸術」もベートーベンの交響曲第七番に「ガン牌」「メトロノーム」でかなわなかったため「ガン牌の小野」も、「評論家の数が違うのかな?」と首をかしげていた。
ベートーベンがあればマドンナもマイケルもいらねえな、一党独裁はこのように成立しうるが、そのためには「証明」が必要であった。
瑞金から延安までの「布教活動」は今でも伝説になっているし、「長征」の物語は、「沼地を手と手を取り合って眠った」などと大げさに語られている。
毛沢東の出生の秘密が「ベートーベンの交響曲第七番」にあった。

5c1e0a28fab9403eb1695fcb233f7054 ラザロ ゴスペル

聖ラザロにお祈りしても「願いは叶う」とも言われ、「イエスの友達でも同じか」というリアクションが世界で引き起こされた。
大日如来はアリストテレスの友達であった。
真言宗の論理は理解できるものがある。
これも「ラザロは与えることを知っている人だったからな」と、ガン牌の小野は首をかしげた。
これならば、二大政党制でも一党独裁でもないではないか?
芸術が政党を決めるのであり、メジャースポーツに絡まない政治家はいない。
マドンナとマイケルのアメリカ二大政党制は、ベートーベンやラザロと言った芸術作品によって「これもメジャースポーツに有効だ、あれも有効だ」という論争になり、少なくとも宗教は多元化した。
「処女」の予言能力と「恋」という軸は維持しつつも資金力は多元化したのだ。
さらには「日本の銀閣寺みたいな木造二階建てに住んでいれば夢は叶うのではないか?」と世界で噂になるほど、日本人は世界で夢をかなえてきた。
木造二階建てを購入すると、「車がどんどんバージョンアップしていく」のである。
中国人は、成田空港から成田エキスプレスに乗って、「延々と続く二階建て住宅」を呆然と眺めていた。
メジャースポーツにおける「予言」は女子高生や主婦層にとっては「上からの革命」であったが、「子供の虐待の防止」は下からの革命である。
上からの革命は日本銀行を豊かにし、下からの革命は財務省を豊かにする。
しかし、ベートーベンの交響曲第七番を聞く子供、イエスの友達・ラザロ、二階建て木造建築などは「だったら革命でも何でもねえな」という反応を引き起こした。
また、周囲に誘われて気が進まないけどベートーベンの交響曲第五番を聞きに行ったら、むちゃくちゃ運気が上がったという人もいる。
カラヤンはそのようにサブマリン的に信者を増やしていったのだ。
ベートーベン 交響曲第五番

ハーバード大学はそのような「運がいいだけのイエスの友達(ラザロ)」ばかりだった。
イギリスは「もっとも運気が上がる」ユニオンジャックを国旗として提示したが、日本国の「日の丸」の方が運気が良かった。
国旗国歌法を作るのには時間はかかったが。
君が代

 

0e11e5f950364b21b7e1cf161fa54345 ゲルニカ 歌

誰かが、「ピカソのゲルニカを見ると運気が上がるんすよ」と言ったときに、メジャースポーツは「もうマドンナやマイケルの時代じゃねえな」と言い始めた。
まあ、「女から遠ざかって、処女に憧れた」というピカソの個人的な事情もあったであろうし、ラザロの場合は「運が良かったからイエスの友達になれた」ということもあっただろうが、芸術は運気を上げるとして、絵画の値段を一気に釣り上げた。
テレビが生み出すマネーもこれを理解しないとなかなかスポンサーはつかないだろう。
芸術はこのように「阿弥陀如来さま」=女子高生を取り巻きながら複雑に発展していった。

ルターは、阿弥陀如来に代表される「女子高生」の現状を赤裸々に語った。
「男性崇拝」を基本にしながら、「夢がぶつかり合っていて柔軟性に欠けること」や、「母とのライバル関係」「父親とクラスメートの男の子の比較の問題」などをSPEEDによって歌にしたのだ。
ノンケの女子(神の長い巨乳女・ソウル)と、レズビアン(貧乳女・神の短い女・ボディ)の存在を指摘し、ボディがソウルを「いじめている」ということも明らかにした。
SPEED Body&Soul

「行き交う人もまた罪人なり」
いつもの仲間も、令和天皇ほど賢くはなかった。
クラスの中心でみんなでワイワイやっている連中は「オカマ」「両刀遣い」「レズビアン」であり、それに気がついて「変わり始めている私」がいた。
SPEED Steady

「神」とは貧乳女が語るものであった。
その貧乳女(レズビアン)が、みずから「いじめ」をやるものだから、巨乳で髪の長い女は「いいも悪いも興味がな」かったのだ。
SPEED Go Go Heaven

「縁起物」の女子高生たちの「論理」を明らかにしたのがルターであった。
オカマや両刀遣いはSPEEDには興味がなかったが、多数派は実は「ノンケ」だったのだ。
SPEEDは一気にブレイクした。
女子高生であったSPEEDは、ファンとともに「運気が上がる」のを感じた。
女子高生サークルの間でも、巨乳で髪の長い女はいじめられるが、貧乳女の「神」や、髪の短い女からのいじめよりも「男運がいい」ことを知った。
SPEED Wake me up

SPEEDは、いわば「ジャックリーの乱」「ワットタイラーの乱」とも呼べるものであり、巨乳で髪の長い女たちが「ノンケ男の支持を受ける」かたちで進められたものだ。
ルターは、ノンケでSPEEDを支持するものは政治家に、性倒錯は官僚へと誘導した。
「仲間とは違うサイン」
それは、思春期の頃には多数派を演じていた「性倒錯」が、後退していくことを意味したし、SPEEDは、あくまでも、ノンケの男女を支持基盤とし、トロツキーの「下からの革命」「子供の虐待防止」「クリスマスのお祝い」とも結びついた。
SPEED White Love

女子高生の「男性崇拝」(宗教)をここまで強烈にアピールしたユニットはなかったし、大人たちは自分たちに「お辞儀」をする女子高生に「運気」が上がることを感じた。
ルター派のすべてがうまく回転し始めるのを感じた。
SPEED My graduation

ラザロ(イエスキリストの友人)にとって、青年ルターの「焦燥感」だけを見て、あまく見ていたという事実がある。
ルターと女子高生の「必要十分条件」(相思相愛)が成立したのが青年ルターの焦燥感なのであり、それに気がつかなかった者たちは「ルター」(令和天皇)よりも俺の方が頭がいい、と大変な勘違いを犯した。
SPEED Alive

性倒錯官僚機構に「ルター派」は決して浸透しなかったし、運気が上がるとお勧めすることはできない。
ルターは焦燥感を脱したら、ビッグマネーを手にした。
焦燥感だけを記憶していたラザロは、ルターのビッグマネーを手にしたいと考え、周囲にバカにされたが、ルターは「ラザロ騎士団」として生活保障をするだけの寛大さがあった。
SPEED All my true love

本来マイノリティの「性倒錯」「官僚機構」は平成の時代に「ノンケの撲滅」を試み、ノンケたちは株価の下落(日経平均株価7千円程度)に悲鳴を上げていた。
ところが「小野光太郎は焦燥感を乗り切った」のである。
SPEEDは、1999年に、小野光太郎の「ノストラダムスの大予言」を目の当たりにし、もうやることはないとし、解散を表明している。
ITバブルが到来した。
ところが、アメリカの通信産業の規制緩和の成功を目の当たりにしたプリンストン大学の研究員・竹中平蔵は、インターネットの世界を「恋」「民の力」に委ねた(新自由主義)。
そのキャッチフレーズは「政治家に任せても官僚に任せても駄目になるのならば、民に任せて駄目になろう」というものであり、令和天皇が到底容認できるものではなかった。
令和天皇は「神(天皇)の見えざる手」を行使し始めた。
どの政党も「官僚叩き」に大忙しであったが、令和天皇は「予算の獲得方法を指導する」というやり方で官僚機構と向き合った。
性倒錯を叩くノンケという図式は、大人社会ではウケるだろうが、それだけでは国家統治の全体像は見渡せないのだ。

ルターが哲学に与えた影響力は強く、とにかく「髪の長い巨乳女」の心理がいちばん「儲かる」ことを証明したため「グラビアアイドル」の定番も確立した。
なにしろ「心」が一番わかりやすかったし、セールスも伸びた。
官僚機構の研究は「ヘンタイの惑星の恐怖」などという物象化論という世界になり、主流はノンケであることも明らかになった。
物象化論は「官僚などの権力をいじめる方法」として研究が進んだのだ。
SPEED I remember

女たちに「精液とは美しいもの」という認識が広まり、青年実業家は常に「AV男優」として会社の資金集めを行い起業した。
カネと女が集まってこその会社であり、女が受付にいて、内部でAVを作ろうが、阿弥陀如来さまに祈ろうが、ビジネスとして成り立ったのだ。
起業したばかりの会社は「売春宿」と皮肉られたが、精神医学(錬金術)を知らなければそれ以外に「おカネになる理由」はなかった。
会社がうまくいけば献金して「罪の告白」をすればいいだけだろう。
「妻を犯した」などという平社員などカネにならない。
もっと多くの罪を犯した「政財界の大物」がカネになった。
牧師も「女は欲望と交換の対象である」という具合に、政財界の大物にうまく語りかけなければならない。
おのずと「口を割る」のが男というものだ。
「ツーシーターで彼女を夜明けの海に連れていくのも簡単だ」
SPEED Lovely friendship

神道の側は「天照大神」を前面に押し出し、巫女会を作ったし、キリスト教は「イエスキリスト」を前面に押し出し「エンジェルチャペル」を作った。
仏教は「サクヤ会」を作った。
エキュメニカルと呼ばれるものは「処女の支持基盤を持つ」というビジネスの方法であり、起業家はそもそも「学校」などの文部科学行政と癒着していなければならなかった。
AV男優出身という悪口も言われなかったし、「怖いバカ一代のオヤジ」と言われなくて済んだ。
いろんな「起業の形態」はあった。
発起設立と募集設立である。
発起設立は文教族がやることであり、募集設立は「街でのナンパ」から始まるものだ。
いずれにせよ、金融(精神医学)のドイツと、大企業のフランスは国を分けざるを得なかった。
エキュメニカル(女子高生パワーに頼る資金集め)が、ルターによって行われ、ドイツという国を作った。
フランスは「AV男優出身の起業家」が、カトリックに多額の献金を行うことから成り立っていた。
ドイツとフランスは常に戦争をしていたし、イタリアには職人が集まり、オランダには農場が広がり、ヨーロッパのかたちができてきた。
日本国は「韓国と仲良くし、その向こうにヨーロッパを見なければならない」国であり、アメリカ合衆国や中国とは本来仲が決していいものではない。
それは「お国柄」というものである。
「ヨーロッパを深めれば日本という国が分かる」「その入り口は韓国にある」ことを理解しなければならない。
韓国で躓いているうちは世界の指導者にはなれないのだ。
韓国に指導を仰いだ起業家は多い。
韓国の方が「ヨーロッパとは何か?」を理解するのが早かった。
「気象コントロールを学習する必要性に駆られていた」からであろう。
SPEED 熱帯夜

さて、カントの登場である。
「AVだけではメジャースポーツには勝てないよ?」
この一言が重く響いた。
エキュメニカルを基盤に女子高生に祈らないと勝てない世界が成立したのだ。
カントは「募集設立」つまり、街で女の子に声をかけてAVを撮影するという起業の方法を痛烈に批判した。
発起人組合というものを概念しながら引き受けられる債務を明らかにし法人というものを作っていくが、債権はAVや文教を基盤に明らかであった。
しかし、「新しい仕事を見つける」と債務が生まれざるを得ない。
引き受けられる、この仕事ならうまくいくと考えたら「法人格」を得て、利益を翌年まで持ち越せるようにし、子会社をどんどん作っていった。
オックスフォード大学が「ヨーロッパのすべてが分かった」とし、イギリスの「EUからの離脱」を考えたのだ。
今でも、ヨーロッパは「日本国の友人」であり、ビジネスの基本を教えてくれた恩師である。
日本国に「モーニング娘。」が誕生した。
神道である。
処女非処女論争をネットで行いながら、日本国の青年実業家に「募集設立したならば女の子をアイドルに」ということを教えた。
日本国にある外国製品はすべてWTOルールにしたがって輸入したものだ。
イタリアのブランド物もあれば、フランスの水もある。ドイツの車もある。韓国の家電製品もある。アメリカの車はない。
信用できる友人かどうかはWTOルールがそのまま示していた。
「永田町がビジネスを分かってくれない」
永田町の官僚化が進行していた。
官僚ってのは「性倒錯貧乏人がなるものなんだよ?」
田中れいな 愛の炎

ここで「官僚派」と「党人派」の違いを指摘しておきたい。
官僚派は、官庁同士の人材交流から「文教」とのつながりを持っており、発起設立に向いている。
党人派は、「女子高生の基盤」を持たず、「AV男優」から始める募集設立に向いている。
どちらにせよ、「官僚派と党人派のはざまで」女子高生をどのように扱うべきかを論じたのが「神道」である。
「犯される!」
このことから女子高生たちは団結し、巫女会を作ったのだ。
亀井絵里 片思いの終わりに

女が神に失望するときというのは「女嫌いの男に会った時」と「レイプに遭った時」だけだ。
そこで、レイプに直面すると「世界に終わりが来てしまえばいいのに」と考えてしまう女がいるのではた迷惑なのだ。
このことから、巫女会というものはできている。
そこで、そのような女の社会復帰のために「車」を用意した。
「私を助手席に乗せると、カローラもフェラーリに化けるわよ?」
このあたりは、インドチベット仏教の世界戦略を、神道も借用している。
「八百万の神」それは「車の部品の数」を言い、ナポレオンのキャリアの原動力は「量子論」であり、ミジンコみたいな人間、であり「恋」であった。
ナポレオンもマイケル・ジャクソンとなんの代わり映えもせず、純潔妻と予言をうまく使い分けただけであった。
モーニング娘。愛車ローンで

神道の、愛国心と関わった世界においては、どの男の子も「女を邪険に扱った記憶を持っていた」のである。
「個と公の明確な分離」「政策からの女の排除」が儀式において進行し、宮司さんは「ポリシーメイクは天皇の専権」と位置づけ、天皇の「女性観」をそのまま教義とした。
あくまでも、「どの神道系の男の子も女をキックダウン(邪険に扱った)したことのある愛国者である」ことからスタートしていた。
「それがカッコいいと思ったけど嫌われた」
このことから「天皇を師と仰ぐ」基盤が生まれた(八百万の神と愛国心の問題)。
晴れた日のマリーン 後藤真希

若き日の「愛国心という過ち」を、風流無譚事件において、16歳の少年が「中央公論社社長宅を襲撃し二名を殺害」した事件においては「昭和天皇の女性観ではこの少年の矯正は困難」とし、逆送および起訴を認めるという天皇家の屈辱が判決で下されている。
これを目の当たりにした西原博史教授は「人格的統治者とは疑わしきもの」と少年に慰めの言葉を送っている。
どの子供も「権威に頼りたい」と考える年頃はある。
野球もサッカーもできなければそれは「愛国心」へと向かわざるを得ない。
しかし、その子供の「矯正」も天皇の仕事となっていることを司法当局は認め、天皇とは「男がなるもの」「誰にでも務まるものではないもの」というハードルを設けた。
人間同士が同じ力で押し合うことの困難さを理解していなければ天皇は務まらない。
このあたりから、アベノミクス三本の矢の一つである構造改革も私は起案させてもらった。

女たちは、仲間に「男」が加わると、ボディ(レズビアン)を「子」とし、ソウル(ノンケ)を「父」とする習性を持っている。
セックスの時に痛がったり、貧乳をみせるのを嫌がったりする女の子を「子」とし「男」=聖霊の前に立たせるのだ。
これも女の自己防衛なのだろう。
「父と子と聖霊」を「男と勃起と女の癒し」としたのがフィリピンカトリックであるが、女社会では「勃起はみな同じ」という考えが根付いていた。
痛い・快楽はみな同じであったからである。
しかし、フェラチオしか求めない男もいる(オカマ)。
パートナーにするのならばそれは問題であるが、社会においては「勃起するかしないか」しか見えなかった。
名前も聞かずに「穴があったら入りたい」のがオカマである。
名前を聞いてきたのならば「ノンケ」だと分かる。
渚のピテカントロプス 酒井法子

レズビアン女が「しゃぶる分には痛くない」として「サイズ」を言いふらしたため、男の側も「アーッ!知性が私の中に入ってくる」という女の発想を見失っていた。

女が、「彼、子供過ぎんのよ」と語るだけで、口でしゃぶりに女が寄ってきた。
フェラチオとは「会話」である。
「子供と話したい」
女はそう思ったのだろう。
レインボーピンク

ここで「エンジェルチャペル」(貧乳)、「巫女会」(神が短い)、「サクヤ会」(髪が長く巨乳)という一応の区別は可能である。
セックスできる体に「するな」というつもりはさらさらない。
それでも「祈り」は通用するからね。
「神の短い女でも貧乳女でも、知性の前には、ちんちんを欲する」ものだ(10%の女性)。
足先から頭まで、なぜ高いヒールを履くのか(唇が自分よりも上にある男を女はカッコいいと思うこと)と、髪の長さの理解度までを満たすのが哲学であり本ブログの趣旨であるが、哲学を語れば女はエンジェルチャペルでも巫女会でも「落ちる」と考えられている。
SPEED Confusion

しかし、巫女会(神道)には、可愛らしいショートヘア女はいるが、仏教(サクヤ会)よりも難しい。
場合によっては、キリスト教(エンジェルチャペル)よりも難しいかもしれない。
どうしても痛がる女には、ヒスロン、プロベラ、ルトラールという薬を処方するしかない。
孫子の兵法においては「もつれた戦いにおいては高くて狭い道を制するように」とある。
戦をするうえで、将軍(天皇)は常に「巫女会」を念頭に置いている。
いちばん「高くて狭い」のがショートヘアの女だったからだ。
また、余談であるが、兵法の歴史の中でも「曹操ほど速くて広い」展開能力を持った将軍はいなかったとされている。
「女」を語るのも戦である。

B173433a50914d218c65b04b12d03377

さて、ここで、タージ・マハルについて触れておきたい。
ガンディーやタゴールが「ヒンズー教」というものを作ったが、国家元首となった自分が一番手を焼いたのが「ブラザー」(兄弟)の存在であった。
兄弟というと「音楽を共有する」「マンガを共有する」などの特徴があり、私のように「音楽作品」を仕事として扱うとなると、時には兄弟に教えられた音楽作品もあったりする。
逆に、私が、秋篠宮に教えた音楽作品もある。
秋篠宮が「オタク?」そりゃ運気が上がりそうだ。
兄弟は、音楽作品という「素材」を共有しているという意味のいては「資金力は同じ」と考えられた。
光太郎さんほどの学歴がないため、見たこと聞いたことすべてが運命。
それが秋篠宮家のアイデンティティである。
ベートーベンの交響曲第五番のオープニングからライブが始まった。
「目の前にあるものすべてが運命」「言葉数が少ない」「人気が先行し、あとは減点方式」
秋篠宮家の「資本・株式」(男・女)を自在に操ったのは光太郎であった。
Melody 運命95

同じ「兄弟」で同じ音楽作品を聴いていても、「キュレーターとしての才能」(学歴)の違いだけで、天皇になれるかなれないかが決まった。
兄弟というのは本来、このような「笑顔」で見守られるものであった。
眞子ちゃん、佳子ちゃんという「姪」もいた。
秋篠宮に足りないのは「周囲からの悪意」であった。
「ブラザー。売ってっくれよ。喧嘩」
アイドルグループ「Melody」は、シェークスピアの研究から作られており、作品を作るための資料はサザエさんと全く遜色のないものであった。
Melody 世界中の頬御笑みを集めてもかなわない

眞子ちゃん、佳子ちゃんが歌っても「運気が上がる」効果が明らかになったため、彼女たちは「本当は処女なのではないか?」と噂になった。
Melody 少し自惚れて

眞子ちゃん、佳子ちゃんの「ご利益」が有名になり、秋篠宮一家は「タージ・マハル」という居場所を見つけた。
Melody Oh Please

愛子さまも、お父さんが光太郎の「兄弟」だったため、この曲を歌った。
西田幾多郎が「皇族はみんな処女」と言ったが、もう「昔の愛ちゃん」はどこにもいないことを悟った。
雅子さんの方が案外「おおらか」であり、紀子さんが「モンスターペアレント」だったのかな?とみんなが噂し合った。
Melody 青空をあげたい

女の子たちに宿題です。
彼氏と別れても、女が「忘れないでね」と思うことはあるでしょうか?
忘れないでね 田中有紀美

「二度と思い出したくない」
そんな別れ方ばかりではないだろうか?
「カップルを取り巻く男友達や女友達が減った」りすると、カップルは「発信力」を失い、「すれ違い」が多くなる。
「愛」の真逆の感情が「憎しみ」である。
友情というものも「対等であること、楽しみの共有、認め合うこと」などが条件となってくる。
100%の雨が降る 酒井法子 

「女の方から別れを切り出せば傷つかない」とも言われ、さらには、ヒントとして「人間は不完全だから愛し合う」「絶対がないから出会いと別れを繰り返す」ことを指摘しておきたい。
「絶対」とは、すべての女に通用する口説き文句であり、おカネとは「金額が数えられる、女が買える、すべての女に通用する」というものであることから、絶対というものは「おカネ」でもありうる。
「よく覚えている」というのは節税効果をもたらし、「忘れないでね」というのも同様である。
仕事をしていておカネのある男は、知り合いの男女も多く、そこで「女から別れを切り出す」と金銭面で両者ともに破滅しなくて済む。
男から別れを切り出されたら、女はひたすら泣くしかない。
「仕事」対「女ネットワーク」の戦いがなされていたのだ。
男も女も「社会から何かを家庭内に持ち込む」ものである。
どちらも、引きこもっていてはいけないものだ。
斉藤由貴 情熱
「肉を食べなければ恋ができない」「対等でなければ男女は愛し合えない」などから、自分たちが「さま」と呼ばれている現状も娘たちに語り合ってもらいたい。
あなたよりも愛していたい 国生さゆり

ブルゾンちえみ キャリアウーマン 

民法学の世界においては「平井陣営」というのが知られており、「仕事の複雑性から給料の違いが生まれる」ことを率直に認め(裁量)、それを恋愛論に持ち込もうという発想もある。
真夏のフェミニスト ribbon

 
「恋」「女ネットワークの構築」と「おカネ」を連動させるものであり、強い論陣を張っているが、「おカネ目当てではない」という女も中にはいる。
しかし、ここにも「絶対」「口説き文句」=おカネという発想は入り込まざるを得ないのだ。
「仕事の複雑性」=「口説き文句を考えること」とすると、平井陣営に分があるだろうか?
SPEED Deep blue&Truth

大阪パフォーマンスドール Carnival 3:50から

松井須磨子 カチューシャの唄

カチューシャかわいや わかれのつらさ
せめて淡雪 とけぬ間と
神に願いを(ララ)かけましょうか
カチューシャかわいや わかれのつらさ
今宵ひと夜に 降る雪の
あすは野山の(ララ)路かくせ
カチューシャかわいや わかれのつらさ
せめて又逢う それまでは
同じ姿で(ララ)いてたもれ
カチューシャかわいや わかれのつらさ
つらいわかれの 涙のひまに
風は野を吹く(ララ)日はくれる
カチューシャかわいや わかれのつらさ
ひろい野原を とぼとぼと
独り出て行く(ララ)あすの旅

 

聞き取りづらいのであえて歌詞を全文記したが、「わかれのつらさ」と言っていることから、「男から別れを切り出した」ことが分かる。
さらに、「神に願いを」と言っていることから「靖国神社あるいは厚生省に報告した」ことが分かる。
「野山の路かくせ」と言っていることから「戦争で死んじまえ」と言っているのが分かる
今までの文脈から言うと、「仕事」を持っている男に振られた「女ネットワークの少ない女」が「厚生省に通報する」のが「赤紙」の仕組みであることが分かる。
「サクヤ会を大東亜共栄圏に広める」というのが第二次世界大戦の趣旨であるが、松井須磨子はおそらく「処女としての予言」に用いられたであろうし、「阿弥陀如来信仰」と結びつき、大日本帝国軍の「徴兵制」と深く関わり、その「強度」とも密接にかかわったものと考えられている。
「赤紙」は「ノーブルレッド」と呼ばれた。
ノーブルレッドの瞬間 国生さゆり

サクヤ会は明らかに南部仏印を見ていたし、巫女会は「中国朝鮮」を見ていた。
内閣総理大臣の靖国神社参拝は「中国韓国」を見据えたものであり、サクヤ会が「黙っては」いなかった。
中国韓国も、ベトナム・ラオスなどの国々や、南シナ海の問題を抱え、今だ存在する「巫女会」「サクヤ会」を刺激したくはなかったのだ。
小泉今日子 魔女

さて、同じ文脈で、男の「仕事」対「女ネットワーク」がパートナーには存在するが、男は「ひとつ」と言い女は「ふたつ」と言うということが指摘できる。
人口が二倍ならば「繁栄は三倍」(リカード)とも呼ばれ、女が「ふたつ」というところに「愛」の根拠を見出すことができる。
「CIAの起源」
サマーラバー大作戦

男が「何を想像して喘いでいるか?」に興味を持つのが「愛」ならば、男は「女を愛するほど弱くはない」とされ、それでいて、女は「男を愛していた」のである。
痛みが愛となっていたものと思われる。
ベットで情報を得ることを「デリカシー」と呼び、女は男から「情報」を引き出そうとした。
デリカシーがなくなった男はもはや「抜け殻」であった。
軽い気持ちのジュリア 酒井法子

女ネットワークに、巧妙に、男の「デリカシー」が混ざりこんだ。
女ネットワークの強度を増すために、女は「ふたつ」になる必要があったのだ。
禅というものは「ふたつ」から「ひとつ」へ、そして「ひとつですらない」という経過をたどるが、「女の愛」から「デリカシー」そして「女ネットワークへ」と男の「仕事」が拡散していく様を示している。
バスルームでキャッチホン 高橋由美子

 
「仕事」というものは精神史的文脈を持ち、他の男の「仕事」の方が面白いと、男は抜け殻となった。
「オックスフォードなんて入ると親が離婚するよ?」
そのように噂になったのが、「ふたつ」=女の愛と、「ひとつ」=デリカシー、さらには女ネットワーク(ひとつですらない)であった。
これはあくまでも「サクヤ会」(仏教)の論理であり、エンジェルチャペルや巫女会は「処女としての予言能力」を資金源にしていた。
男は、2万3千円の「日経平均株価」(セックス代)を言葉で支払っていたのであり、CIAと作家は密接に結びついた。
「女の話」が諜報と呼ばれ、「男の話」が文学と呼ばれた。
処女の予言能力をはるかにしのぐ「諜報・文学」ネットワークがサクヤ会にはあったのだ。 「諜報・文学ネットワーク」である日経平均株価と、「処女への祈り」(エンジェルチャペル・巫女会)に流れる富は、まさに双璧をなし、私も文学のみでは日経平均株価はなかなかコントロールしきれない部分がある。 「諜報・文学ネットワーク」はサクヤ会のものであろう。 それでも一日三兆円は動く。

 

 

2020年7月20日 (月)

日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん)。

王子が「天皇」になるまで、これほど多様な「男」たちを見た。

ぺテロの葬列(長いので読まない方がいいです)

男の多様性を知り、女のシンプルさを語る、これが宗教の基本なのだ。
韓国大統領も「皇帝」と呼ばれているし、アメリカ大統領は「宗教の王」と呼ばれている。
日限山(横浜市港南区)には、このようなメンバーが揃っていたし、それぞれの「男たち」が、自分を投影することができるキャラクターを持っていた。
「彼は善人だ、彼は悪人だ」と誰が言えるであろうか?
「気持ち良ければ善人」ということをなぜ悟らない?
女たちは「男」に出来事を語り(結果無価値論)、男たちは話を聞いた(行為無価値論)。
女たちを「優しく」する学問が刑法学であった。
女たちから話を聞いたら小説にして、これらの男たちにカネをやるしか「治める方法」はない。
これが国家統治である。
「味気ない言葉を救う」「優しさを育てる」
これが分かれば司法試験は合格だ。
hiro confession

この「ハムラビ法典」の「永遠の意味」を知ることを「刑法学」と呼ぶ。
すべての政治家は刑法学者であった。
男に「カネと女」を与え、カネと女の話をし、女からは「長話」を聞くのだ。
具体的(従姉妹や妹)では、今後の対人関係に悪影響を与えるので抽象的(クラスメート)のような距離感が必要だった。
出来事だけを語った曲。沈黙はセックスOKという意味である。
ホワイトラビットからのメッセージ 渡辺満里奈

男は、カネをもらったら「テレビに出る」だろう。
周囲に「魅力」をふりまいて、女によってはマスターベーションをするかもしれない。
「素敵なナイフ」
男のちんちんはそう呼ばれるし、小説を書く君主も、このような経験値がやがて「メジャースポーツにおける予言」につながることを知る。
女子高生の中には「君主の小説が好き」という子もいたからだ。
ギザギザハートの子守唄 チェッカーズ

保護司は、みんな「ハムラビ法典」にしたがって小説を書いていた。
政府が「小説」「芸能界」を「省庁横断」と判断する理由も、保護司や君主が「神」と見なされていて、女たちを「優しくし」時には「芸能人生命を支えた」からである。
恋愛ヤンチャ娘 浅香唯

日本国は、もはや「治安」にしか興味がない。
男たちがカネに満ちており、女たちが優しい、それをバックアップする人がいる国を福祉国家と呼び、男たちはカネを欲しがり、女たちは話を聞いて欲しがった。
中国では、ハムラビ法典は、「律令」と呼ばれた。
「カネで科挙に受かるのが当たり前」
それがアジアの伝統であった。
しかし、東京大学は、「アリストテレスの偏差値」を選択した。
「いるのはゲイやオカマやレズビアンばかり」
これが「官僚養成所」の実態だった。
体を売るか(華族)、殴るか(士族)しなければ東大には受からない。
ちんちんは気持ちいい、男の知性と指も気持ちいい。
しかし、「浮気」をしたら悪夢をみる。
友達と恋人の境界線は「ちんちんを挿入したかどうか?」にある。
グッバイフレンズ 三浦理恵子

男たちは「背の高さ、足の速さ」などを競いあっても「浮気」をして悪夢をみた。
ナチスの限界をここにみるのだ。
地蔵に刻印されたメンバーたちは、「恋ばな」に詳しく、バニララテをおごってくれる程度のカネがあり、横浜DeNAベイスターズを応援していた。
女の子たちは「おばあちゃん一系」の局部を持ち、「いい男選び」について考えた。
令和執行部は、日本カトリック中央協議会、世界統一平和家庭連合、株式会社DeNA(エンジェルチャペル)に不老長寿を祈られている。
あとは、日限地蔵尊の、施設を巨大化し、御朱印ガールを多く呼び込み、予言を可能にさせるだけであった。
男たちの「パーソナルディテール」は、私が明らかにした通りである。
魯迅と、モーツァルトってどのように関わっているのだろうか?
「旦那さま」とひざまづいたかつての友人たちと、どのように令和天皇は「和解」すべきなのだろうか?
日限地蔵尊は、魯迅とモーツァルトが作った。
目的は、日限山(ひぎりやま)出身です、という連中の「世界を広げる」ことにあった。
「地盤」というものはこうやって作るんだよ?ということを政治家志望の若者に示すことだ。
悪いことがひとつあったら「いいことを三つ」欲しがるのが人間だ。
恋が好きな女の子は「男」をいいことに含めるし、愛が好きな女子高生は「おカネ」をいいことに含める。
その他のいいこと二つが何かは人それぞれだろうが、「おいしいもの」そして「趣味」が持てることを意味する。
趣味は「友情」や「知識」と関わる。
いずれにせよ、女子高生の「いいこと」の最初が「おカネ」ならば、「おいしいもの」「趣味」が保障される、
いいことの最初が「男」であっても「おカネ」にはなるだろうが、実践理性の定言命令(処女たちの祈りに基づく予言)のない国では、女子高生が、コンビニでサービスしてくれることもない。
自由民主党は、令和天皇の指導のもとでの「共和党」と同格になる素質は持っているが、かなり君主に依存したかたちで、リベラルを取り入れて政権をとっている。
なぜ、ロールズは、「おいしいもの」「趣味」を「最小化」すれば「男が育つ」としたのかは、株や為替と関わる問題だ。
男が育てば「円高」になるし、おいしいものや趣味が充実する。
未来の思い出に 貴島サリオ

そこで、日限地蔵尊としては、横浜DeNAベイスターズなどの「エンジェルチャペル」と結び付いて、ぺテロの葬列の「男性崇拝」「おカネ」を
女たちに保障しなけれはならないし、
一方で、男たちは「仕事」が好きになるために、令和天皇を理解しなければならないし、「おカネ」「女」「趣味」に恵まれなければならない。
仕事が辛いから、女運に恵まれないから「カネを払って趣味を持つ」という側面がある。
令和天皇の金融工学を理解すれば、「仕事」「カネ」「女」「趣味」と人生の好循環が回り始めるが、性倒錯を引き起こしたら、株価を下げる方向に動きやすい。
いじめっ子には、「何が幸せなのか?」からアプローチしなければならず、カマを掘られるのか痛いなどの原因から「いじめ」をやっている。
これが「三位一体」「父・子・聖霊」の正体であり、父は必ず「性的にフラストレーションを」引き起こしている。
特に、両刀遣いの男や、免疫抑制剤を飲んでいる女は子供がおらず、「子供に伝えたいこと」があるから読書のモチベーションがあるのが人間であるが、これらの男女は「仕事がつまらない」のである。
ヤクルトスワローズや、読売ジャイアンツが「勝利」を必要としているのも、東京が「性の暗部」を抱えているからである。
「人生の好循環」から、横浜DeNAベイスターズを応援するのならば、適当に強い球団にはなるだろうが、性倒錯の「生活がかかった趣味」にどこまで対抗できるかは明らかではない。
趣味の世界は、必ずこのような「ヘンタイ」が切り開いてきたため、性倒錯を憎むわけにはいかないが、ケツや腟が痛いからという理由で経済の制御を困難にしている。
松浦亜弥 Love train

子供の貧困がOECD最下位の日本国は、「趣味の大国」ではあるが、経済のコントロールは案外、このような「島国根性」と向き合わなければならない。
我々は、「女子高生を利用した予言」という富を子供たちの世界に持ち込もうとしている。
いじめる側の多数派工作(売り豚・悪魔)と、いじめられる側の多数派工作(ノンケ・天使)が常に日経平均株価をコントロールしているが、「性倒錯」までは治しようがない。
現状を踏まえた上で、「フェティシズムの共通項」を探っていかなければならない。
それが「本物の聖母マリア」なのである。
物象化論の一部を構成しているものと思われる。
高橋由美子 ときめき

ジャービス・ペンデルトンは、それで金儲けをしていたのだ。
孤児の女の子たちと交流することによっておカネを送っていた。
ジャービスは、「本がどのように私を美化しようが、これは宗教であり、予言というビジネスなのだ」と語った。
予言というにとどまらず、ヘンタイとノンケの「共通項」が「美少女」にあったのだろう。
芦田愛菜

しかし、ノンケは「女の子の全体像」をみていても、ヘンタイは、「局部」しか見ていなかった。
「面食い」でノンケかどうかが分かった。
ブサイクは、ヘンタイにも愛されたため、ヘンタイにも当然、「言い分」はあったし、多数派工作における強みがあった。
「女の子として生まれ、男としていきることを宿命付けられた中居が背負ってきたもの」
近藤春奈

ヘンタイは、初体験のあと「僕はもうアイドルファンには戻れない」と言ったが、ノンケはそうは考えていなかった。
ヘンタイは、アイドルのことを「猫」と呼んだが、ノンケはそのような表現に違和感を感じた。
このような「共通項」を見つけることの困難さが指摘できる。
表現は、ヘンタイとノンケでは異なるが、「金額が数えられる、女が買える、すべての女に通用する」おカネの前では「同じ」だった。
「国士無双に聖母マリアが使える」と言ったらみんなが一丸となったのだ。
東京パフォーマンスドールの「秋色協奏曲」(TPD collection収録)
「恋のSexy moving」(Never Stop収録)
の二曲には、どんな官僚も興味を持った。

「表情でヌケるサディスティックな側面」をノンケは持っている。
ホモのモラレスと、ノンケのパッキャオの三部作が興味深い。
パッキャオ対モラレス

レナードとハーンズは、ノンケ同士で見つめあっていた。
 

男が、そもそも「ヘンタイ」「フェラ」ーリの可能性があるため、マッサージは「三千円」からである。
どこまでノンケが「This is YAKUZA. OK?」と言われて日経平均株価を押し上げるかの世界だ。
大阪地裁では、この売春の支払いの担保を「警察が引き受ける」とし、東京地裁のように「ヤクザに任せる」「踏み倒し可能」と判断が分かれた。
これは、セックスの値段の「裁量的判断」を、警察が引き受ける大阪と、民間に任せてもいいとする紳士の街・東京の違いである。
「あれほど贅の限りを尽くして、そりゃねえんじゃねえか?」という言葉は「民間警察・ヤクザ」が言ってはならないことである。
いじめをやる「ヘンタイ」は、売春婦たちにとっても「お得意さん」ではない。
女としても、本番で「突いて」くれる男の方を、口だけで淡白に済ませる男よりも、「奪い合う」のではないだろうか?
ウィンク 愛が止まらない

ヘンタイのことを業界では「三千円ポッキリ」と皮肉った。
まあ、ヘンタイにせよノンケにせよ、毎晩、男たちを鞘に治めるのが統治者の仕事だ。
ガン牌に使える曲に、「亜麻色の髪の乙女」島谷ひとみも加えたい。
なお、ヘンタイも、ヘルスでは1万2千円であり、ノンケの本番は2万4千円であることも指摘しておきたい。
女たちは「愛されてこその女」という側面と、「祈られてこその女」というもうひとつの側面を持つことになった。
挿入する以外にも「おカネを払う理由」がなければ、日経平均株価は「良くて2万4千円」となってしまう。
現在のように、株価が二万三千円近くになると、「あとは信仰と証明の世界」となる。
「恋のSexy moving」「秋色協奏曲」「亜麻色の髪の乙女」が本当にご利益があるんすよ、そのような境地にならないと株価は上がらない。
セックスは男にとって気持ちいいかもしれないが、それ以外の「いいこと」も、女子高生が叶えてくれることが証明されようとしている。
「成績の世界」がこのような「エンジェルチャペル」「サクヤ会」「巫女会」によって左右されるようになった。
松浦亜弥 From that sky

労働の世界が「灰色」だとしても楠田丘式のように「ルール」を決めようと努力はしている。
ファンデーションのある世界では必ずこのような、「エンジェルチャペル」「サクヤ会」「巫女会」は役に立つだろう。
Perfume ファンデーション

基本的に、女子高生は「セックスの対象」としての側面と「祈りの対象」としての側面がある。
日本国には「わだつみ会」という神道があり、天台は「空の下の陸」を意味する仏教であり、キリスト教が「天・空」を意味するものと思われる。
つまり、陸(仏教)・海(神道)・空(キリスト教)を統帥するのが天皇である。
仏教としてのサクヤ会・神道としての巫女会・キリスト教としてのエンジェルチャペルを統帥するのが天皇なのだ。
天皇・慰霊の旅

ちんこ(信仰)をぶちこまれた女子高生の局部は、その「子供の気持ち」をめぐって、女社会を陸・海・空に三分割した。
陸のソクラテス、海のアリストテレス、空のプラトンとも呼ばれた。
日本国は、仏教・神道・キリスト教がこのように共存したのだ。
スピッツ 空も飛べるはず

空のプラトンは、キリスト教の立場から、仏教と神道の関係を自在に描いた。
松田聖子 ロックンルージュ

プラトンは、キリスト教とは「ソクラテス・仏様」から見出だしたものに過ぎない、とも説明している。
松田聖子 蛍の草原

空のプラトンにとって、セックスは罪深いものに思えたが、陸のソクラテスや、海のアリストテレスの有り様が、よく観察できた。
中山美穂 天使の気持ち

愛とか友情とか、幸せ、快楽などを存分に「キリスト教が」描くことが可能となった。
中森明菜 ブルーミスティレイン

女子高生が、セックスして「これは私のおカネよ?」と言ったら、周囲は「もちろんだよ」と答えた。
しかし、権力の側は「祈り」について考えていた。
「挿入」って言う言葉の響きが人気があるのだ。
なんで、あぼーんされないんだろう。
皇室は、海から来た。
セックス崇拝を政治力として登場したのだ。
渚のハイカラ人魚 小泉今日子

しかし、祈り(美智子)は空から来る。
キルケゴールは、「空」に気がついていた論客を「読め」と言っただけだった。
これが「キリスト教」だったからだ。

勉強がつまらない、成績が伸びない、部活では全国に通用しない、おカネがない、趣味が楽しめない、
学校生活がうまく回らないと、「女の子とのセックス」しか逃げ道がなくなる。
それも内申書に書かれるため、中学三年の夏あたりがラストチャンスじゃないか?
そこでもやる気がでないのならば、人生は彼にとって厳しいものになるだろう。
女の子にとっても「初恋は実らない」のは理由がある。
斉藤由貴 卒業

「夢と音楽とカネ」だけで案外、やっていけるものだよ。
もっとも、「夢のぶつかり合い」で、負けて、夜の街に落ちていくものもいたけどね。
新田恵利 Only lonely boy

音楽とカネは動かないが、夢のぶつかり合いにおいては「女子高生たちが祈っている」というだけで強さが発揮できた。
「東大受験生を取り巻くメディア」もこの受験生活の回転だけは見ていかなければならない。
「上に行く奴なんだろうな」
このような「予言」も案外、簡単なのだ。
工藤静香 ミステリアス

小学校四年生から準備しているものの気持ちは分からないが、私の「一年八ヶ月」の東大受験生活は「人をいじめる必要のない」ものであった。
もっとも、「進路妨害」してくるものは容赦なく殴った(被害者二名)。
私は、アメリカ留学を経験しており、日本の土着民族はそのように見えた。
「夢とカネと音楽さえあれば大学受験生に恋などいらない」
社会はそのように「知っていて」も、カップルは何かを「信じていた」ようだ。
知ることと信じることの違いがここにあり、信じているものは「先生」も信じていたため、指導者としては、カップルに教えることには責任を持たなければならなかった。
信じることは危うい、下手すれば孤立と自殺につながる。
キリスト教(プラトンのメノ)は、自殺を禁じた。
孤立した人のために女子高生たちも祈ることにしたのだ。
「カップルは宗教の温床」とされ、「俺の理論」であっても女たちは電話だけで喘げることを知った。
社会人というのは「知っていることと信じていることが同じ」という意味であり、電話で話していても女は気持ちがよかった。
電話でね 高橋愛

カップルは孤立しやすい。
勉強や部活、おカネの面でうまくいかないから女を選んだというような「初恋」は実らないものだ。
セックスが愛に変わるのならば看護師になればいい。
瞳をとじて社会のことを考えるのであれば、いい「先生」を知っている男を選べばいい。
レベッカ 瞳をとじて

「サクヤ会」は、このようにして「実らぬ初恋」を抱えていた。
エンジェルチャペルとサクヤ会と巫女会のどれが「祈りが強烈」なのかは一概には言えないものがある。
サクヤ会の女も「祈り」を知っていたからである。
19歳になれば幸せになれる、それは「処女を守れ」という意味であるのかは明らかではない。
彼氏の「情報」が変わってくるのだ。
新田恵利 トラディション

エンジェルチャペルは、モバコインを資金源にしていたし、サクヤ会と巫子会は、dポイントを資金源にしていた。
サクヤ会は、「信じること」を知っていたし、巫女会は「知ること」を理解していた。
空軍・陸軍・海軍はこれで成り立っていた。
サクヤ会では「金持ちからおカネをもらって彼氏に貢ぐトリクルダウン」が起きたが、エンジェルチャペルや巫女会ではそれは起きない。
トリクルダウンが起きるかどうかは、女子高生の恋愛と「祈り」次第であった。
トラブル・オブ・ラブ

彼氏のいないエンジェルチャペルや巫子会の女の子は「知っていた」のだ。
令和天皇の教科書がなければ「心がもたない」ことを知っていた。
いろんな女の子がいるという意味では化学の一環であったが、
男子高校性は、「夢とカネと音楽」さえあればいいと割りきる硬派もいれば、「トリクルダウンが欲しい」という軟派もいた。
恋愛をしながら東大に果たして入れたかどうかは、私には分からないし、他の人の合格体験記を待ちたい。
朝日は「孫娘」であり、夕日は「おばあちゃん」である。
沈んでいく太陽をもとに戻す力を持ったもの「孫娘のハートを鷲掴みにするもの」「アマテラスに詳しいもの」は万物を司る。
これが神道である。
サンセットパーク

君、俺と相性がいいね(感度が最高だ)というものを「FA宣言」と呼ぶ。
FA宣言さえあれば、風俗嬢すら嫁にする連中もいる。
FA神学は、女の方から「したいの」と合図を送るほど仲のいい夫婦を作った。
ヨゼフとマリアだ。
のちに「この靴のサイズに合う女はいるか?」と大人たちが血眼になった予言者・ファラオのヨゼフならではの話だ。
酒井法子 おとぎ話のシンデレラ

「王様ゲーム」とはつまり、男たち、女たちの「FA神学」であった。
しかし、FA神学は仲のいいカップルは生み出せても、決して「周囲に友達の多い」カップルにはならなかった。
ヨゼフではないのならば、王様ゲームが始まったら退席するような節度が求められる。
ヨゼフの「FA宣言」の時に、多くの女たちが犠牲になり、ヨゼフは神通力を失っている。
仲間はおカネである、という道徳哲学の立場からもヨゼフは批判された。
観念論哲学は、「シンデレラ」を煽ったが、ドイツとフランスの違いだろう。
シンデレラハネムーン 岩崎宏美

7+5=12つまりサクヤ会と巫女会とエンジェルチャペルは、常にこの数式で表現される。
明るい放課後の過ごし方

ロウノミコとキケのいう区別が神道の女社会でなされている。
キケとは、「記録係」という意味をも持つが、ロウノミコ(巫女さん)との意味の違いは明らかであろう。
タイガー&ドラゴン

 
そこで、巫女みこナースにおいては、看護師とは「セックスが愛に変わる」という女がなる職業であることから、ロウノミコとキケを包含した「広義の巫女概念」が存在すると考えるしかない。
いずれにせよ、男は女子高生と性的関係を持ったら「うまく社会に返してあげる」必要がある。
巫女みこナース

 

B42659efae1f4ee0a8dc1e9e4360fca3

 

女子高生代表・阿弥陀如来。
アミダばばあの唄

南無阿弥陀仏とは「ああ!阿弥陀仏陀さま!」という意味である。
観音というものは、これらの企画を考えた「聖徳太子」のことであり、「僕、そのことをすでに知っていたよ?」という、「宮殿の南ウィング」で執務をとった人物であることから「観音とは撫でるものである」という信仰になっている。
ご本尊さまは阿弥陀である。
ブッダの弟子には「弥勒」と「菩薩」と「弥勒菩薩」がおり、弥勒は美男美女になる方法を知っておりインド・チベットに広まり、菩薩は「車に乗る方法」「助手席の女を口説く方法」を知っており、中国・日本に広まった。
弥勒菩薩は「南伝仏教」と呼ばれ、「一部の人しか車に乗れない」(小乗)という仏教を作っている。
日本国が「南部仏印進駐」を禁じ手とみなされたのも、このあたりに理由がありそうだ。
「ハンサムな自動車乗り」(弥勒菩薩)ならば、一部の人しか悟れないだろう。
頭文字D

大乗は、「産業革命で目覚めた」とされ、かつて法然が後鳥羽に弾圧された「馬力」が「東南アジアでは禁止」とされた。
「処女崇拝が仏教の本質だぞ?」
日本車を乗り回すイケメンは「南伝仏教の憧れ」であったし、日本国の「処女崇拝」が支配するのは明らかだった。
そのため、アメリカ合衆国は「ベトナムやラオス進出は退位を意味する」というメッセージを令和天皇に送ってきた。
なぜ「ご本尊さま」にお祈りするかを令和天皇が「悟るのは明らか」とされていたのだ。
「処女崇拝」は「ブッダフィールド」(日本国の領土)と呼ばれていたため、アメリカ合衆国が「歴史の教訓」として残した。
浄土宗(サクヤ会)は、後鳥羽に弾圧されるほど、天皇家と仲が悪かったが、浄土真宗(サクヤ会)は、天皇家と親しかった。
「車の運転席で真似をすることができる天皇がいるかいないか?」の解釈の違いが両者にはあった。

第二次世界大戦の南方での戦いにおいて、アメリカ軍は日本兵の亡骸をことごとく「ナムアミダブツ」と言って葬った。
日本国の悲願は「サクヤ会」が大東亜共栄圏に広まることであったし、メジャースポーツが背景にあった。
法然は、比叡山延暦寺で「常行三昧」を経験させられ、そのような境地に至ったが、令和天皇も「常行三昧」は経験した。
「一日六時間は音楽を聴いたね」
法然は笑って語った。
阿弥陀は「ステージから客席に頭を下げる」習慣があった。
社会経験においては、信者の方が「上」であることを示していた。
「頭さえ下げてくれれば」
これが日本国の伝統となる「お辞儀」であった。
「癒し効果から入った世界なのに恐ろしいな」
法然はそうも語っている。
決して、「大人たち」は処女に翻弄されてはならなかった。
「お辞儀さえしてくれれば」
鎮西学派の彰晃が、平成の時代にそのことに最も詳しかったとされる。
「メジャースポーツにめっぽう強い」
これが「サクヤ会」の力であり、巫女会もエンジェルチャペルも、カントの実践理性批判から学んだものであったが、サクヤ会だけは「仏陀から学んだ」と位置付けられている。
プレイバックパート2 山口百恵

普通ならば、昔、ヤンチャだった男の子は寺に入れられ「読んで覚えて、書いて覚えて」という般若心経を覚えさせられる。
しかし、私も「癒し効果」を求めて「曼荼羅」「垂加神道」を書いたが、常行三昧の結果、「予言」まで理解できるようになった。
サクヤ会のリーダーが「阿弥陀」であり、「予言」が見抜けるようになることを「シャングリラ」と呼んだ。
シャングリラの夏 河合その子

日本国の「侵略的意図」に気がついていたのが「カント」であり、日本国の神道である巫女会も、キリスト教であるエンジェルチャペルも、カントを知らなければ、仏教によるアジア地域の覇権は止められなかっただろう。
井上円了の「絶対世界」において「宗教」というものの定義がなされた。
清沢満之によって「東本願寺で」スポーツ賭博が行われている。
「新仏教」と呼ばれ、株価を上げる奈良仏教、音楽に感化される密教とも、美男美女になる鎌倉仏教とも異なる「メジャースポーツにおける予言」がなされるに至っている。
御神楽

ケルゼンは、私のブログの「音符でできた言葉」を「裁判所で作った」としている。
検察官が「いいか?俺の言うとおりゲロしろ」ということから始まり、大人社会のトラブルを「女子高生の支持の得られるもの」に変えていったのだ。
四月は風の旅人

大人社会のトラブルを女子高生にも分かるように「音符でできた言葉」に変えていく作業にこそ「祈り」が存在した。
サクヤ会にせよ巫女会にせよ、エンジェルチャペルにせよ、経典は「吉永小百合作品」であったし、男子でも医学部を目指すものはこれを見た。
あとは、音楽作品(CD)かな?
阿弥陀仏陀は「祈られる対象」ではあったが、ただのわがままなお嬢ちゃんであってはならなかった。
ケルゼンは「純粋神学法」において、女子高生の「心を豊かにすること」だけのために生涯をささげた。
イエス・キリストは、律法学者の法をどんどん「女子高生にも分かるもの」に書き換えていった。
それで「予言者」になったのだ。

女子高生パワーはカントが実践理性批判で語ったが、主婦層の気持ちが純粋理性批判に記されている。
「誰を歴史に残すのか?」を主婦層が決めるということと、「住宅ローンが返済不要であること」「マイカーローンが返済不要であること」を石原慎太郎と中曽根承太郎が背景に力をつけている。
主婦層が何よりも憎むのが「男女の支持をすでに失ったのにだらだらと続けること」(エンドのないこと)であり、「エンドの設定」は石原慎太郎はすでに「設定のし直し」を終えている。
中曽根承太郎も「エンドの設定」を「石原慎太郎と政治生命を共にする」というかたちで終えている。
私は安倍政権はすでに「エンドの設定の失敗を犯した」と判断し見限っている。
菅義偉はそもそも「エンド」という概念が主婦層の支持のために必要であるということも知らない。
政権を取るつもりのない政党は必要ない。
「エンドの設定を見失っている」からである。
販路改革を経ない老舗はそもそもないことも「エンドの設定」にある。
立憲民主党の枝野さんも安住さんも「エンドの設定」を明確にしていない。
どれほど「エンド」が主婦層に魅力があるかを理解していない。
私は次の総選挙で、自由民主党が「小泉進次郎を総裁に立て、エンドを設定しなおして」解散総選挙を打ってきても、「石原慎太郎と中曽根承太郎」が「女子高生パワー」「住宅ローン」「マイカーローン」「エンド」などの概念をめぐって最終的に政権を取ると考えている。
次の野党第一党のキャッチフレーズは「ジ・エンド」である。
代表は石原慎太郎で、副代表は中曽根承太郎である。
聖飢魔Ⅱ ロック・イン・ザ・キングダム

「人を悪者であるとだけ扱うのならば自分が損をすると思う」
いくら人気の世界でも、相手をディスるだけならば、自分の評価も下がる。
万年野党と呼ばれるものだ。
なぜ、相手に「女が近づく足音がした」ことを認めない?
そうでなければ「悪者である」と扱う理由がないではないか?
菅義偉や安倍晋三が、私の首を獲ればそれは「女が近づく足音」はするよ。
東京裁判史観はいまだに人気がある。
首を刎ねて「打ち取ったり」というのが人気があるのだから仕方がない。
菅や安倍が「女目当てで」私の首を刎ねようとしたことを率直に語らないと自分が損をする。
聖なる海とサンシャイン

相手を罵倒するとき、されたときに、この原理に気がつかないのならば相当鈍い。
女は男の「悪い噂」からその人のイメージを固める。
カントは、「菅や安倍のこのような心理」まで指摘してようやく相手をディスったことになるとしている。
相手を「悪者」としてではなく「人間らしく」扱うことだ。
それは国の指導者クラスでも変わらない。
そうやってようやく「ケプラーのように女に囲まれた男」は出来上がる。
浜崎あゆみ To Be

いつまでも「女が近づく足音」のトラウマに怯えて根に持っていると、他の女が「伝説」に気がつくだけだよ?
子供のように罵倒するのならば、相手に「女が近づく足音」がしたことをただ認めることを意味することを女たちは知っていた。
菅や安倍が、私の首を刎ねようとしたため、私はNHKに「総辞職しろ」と電話してしまったが、安倍政権に「何があったの?」と女たちが寄ってきただけだった。
喧嘩してようやく「アウトロー」が誕生した。
空爆しようが、マンションの柵にぶら下がった子供を守ろうが、とにかく「務め」であり、戦地で何があったのかは観光資源に過ぎない。
たしかに、日限山の連中とは大喧嘩したよ。
しかし、私に「女が近づく足音」が20年以上の長い期間にわたってあっただけであり、ペテロの葬列はそれで書いたのだ。
いじめがヒートアップした時に「皇位継承」という「エンドの設定」を私の周囲が私に対して行ったことを悟った。
天皇になってもいじめが治まらないことから、周囲が私の「首相就任」という「エンドの設定」を共有したことを悟った。
中曽根承太郎はそれを石原慎太郎に譲った。
ロッキー山脈に登ってみればわかる。
誰かが、あなたの「ノウハウ」を慕ってついてきているのだ。
女が近づく行為であることも理解しているのだろう。
ちいさな一歩で CoCo

女子高生パワーの説明で明らかであるが、処女は「返しきれないもの」を売ろうとしている。
「女帝」になりたいのだ。
亜麻色の髪の乙女 島谷ひとみ

「首を獲れ」はひどすぎるから反撃してしまったが、通常の罵倒ならば「女の声援を背景に」「エンドに到達する」ことも可能だ。
ここで「エンド」というものが「キャリアの終わり」という意味ではなく「最終地点・目的」と意味を変えていることを知ってもらいたい。
使い勝手のいい概念が「エンド」なのだ。
「東大までの人生」の方が楽だっただろう。
「東大からの人生」は今から思うと楽しかった。
「東大までの人生」は、同世代の酒井法子を呼んだが、「東大からの人生」は一回り以上下の松浦亜弥を呼んだ。
松浦亜弥 S君

アフガニスタンの農場では「名誉なこと」とされているが、死人が出るからだろう。
すべては「伝説」から始まっている。
女が近づく足音がして、みんなが罵倒し合っただけだ。
罵倒に耐えて「治めよう」と思ったのがトマス・アクィナスであり、「なんで女たちは彼のもとを離れていかないのだろう?」と考えたし、罵倒したスコトゥスは女日照りのまま死んでいる。
一方的に罵倒するスコトゥスが「王になる」と考えたオリオールは「女たちの動き」を把握していなかった。
とにかく、アクィナスは「治めよう」としたのだ。
モテモテの統治者とはこのようにして自然に生まれた。

ところで、なぜ「男たち」はメジャースポーツの勝敗にそれほどまでにこだわるのだろうか?
バイアグラやシアリス、レバチオ、アドルシカなどの「勃つための薬」が一錠1900円程度ならば、そのくらいの相場で「勃つために」勝敗にこだわっている。
いろんな「恋愛論」は哲学の世界にはあるが、あくまでも「ロマンティックラブ」の世界の話であり、医学の世界は「男が勃つ限りパートナーは別れない」という割り切りを行っている。
そのために「好きな野球チーム、サッカーチームに」勝ってもらわないと困るわけである。
「ああ、聞きたい!原監督の、参りました、の一言を!」
それだけで男は勃つのだ。
一錠1900円というのが保険適用外の場合の値段である。
彼女は「人生がかかった」男のためにジンやトニックを飲ませた。
負けたらビールを投げる観客の存在が知られている。
とにかく負けた試合のターニングポイントなどを振り返ると勃たないのだ。
セックス「週三回」ってのは常勝チームに近いだろう。
女は彼氏が勃起さえすれば「歯を抜く」ことすら決断できるかもしれなかった。
横浜スタジアムで阪神と戦うことの「難しい側面」って何だろう?
ホームなので途中で家族の話をし始めるもの、阪神ファンにカネを貸した横浜ファンの存在、などを考えたが、在日朝鮮人(アジアの虎)があんがい横浜に多いからという側面も指摘できる。
第三次世界大戦がはじまるとすれば「核のボタン」を押すことから始まるはずだ。
それならば「子供のいない、勃たない、狂人」が指導者になることがもっとも危険だ。
勃つ男は「勝って当たり前」という側面もある。
勝った喜びは「女」に向けられる。
「目的」を持つことは病気につながる。
しかし「到達点・エンド」を明確にすることは勃つことにつながる。
笑顔でノーサイド CoCo

メジャースポーツとはいつしか、男女の「欲望の神学」となっていた。
カントはこのようにして、メジャースポーツを構築したが、ヒュームは「福祉国家」を作り上げた。
「女から長話を聞いて、小説を書けば勃起するよ?」
ヒュームはそのように語った。
しかし、カントは「成績のいい奴しか、女の子を電話で喜ばせる力はないよ?」とし、メジャースポーツと福祉国家は同じ意味であるとした。
キルケゴールは、サッカー日本代表が勝ったときの渋谷のスクランブル交差点や、プロ野球チームが日本一になった時の川へのダイビングなどを「カントが喜ぶだろうな」と思いながら見ていた。
カントとヒュームのどちらが勝ったかは「スポーツに興味のない男」がいるかどうかであり、スポーツを見ないでも勃起する男がもしいるのならばヒュームが勝ったと言えばいい。
しかし、実際はカントが勝ったのかな?

高校生金融の全体像はこのようなものだ。
なお、立憲民主党と国民民主党の合流と「新党名」は、マイケル・ジャクソンの「恋」と、マドンナの「予言」の二つを包含するかたちで「共和民主党」とする予定である。
今回の「高校生金融」の規模と影響力は、皆さんも周知かもしれないが、「需要とは破壊的に創造するものである」(シュンペーター)とされ、
まるで「昔の日本にもともとあったもの」「アメリカにすでにあるもの」と考えてもらっても構わないが、世界レベルはなかなかそのようには動いていない。

ひも理論は、宇宙の始まりからそれ以前は、現在の宇宙の姿が逆転写されており、しかも、必ずしもそれは「左右対称」ではなく、女子高生の祈りによって「微調整」が可能であるとするものであるが、量子論は「ミジンコみたいに小さな命」をクローズアップしてスターにし、彼(彼女)の論理をみんなで語り合うという、主婦層を味方につけるものである。
国家レベルの戦争は「微調整」ではないため、女子高生の祈りにはさほど有効性はないかもしれない。
ミジンコみたいに小さな命(紀州のドンファンの妻や植松被告など)の論理を語り合うことを主婦層は好む。
植松被告は、芸能人=障害者を殺した。
相模原の障害者施設(実際は横須賀の「はまゆう」)において、オカマやレズビアンが「悪いことが一つあったらいいことが三つ必要」という観点から、シーツが汚れたなどの些細なことでも「食事、性生活、趣味」などから「いいことを三つ」見つけていくのが人間であるが、芸能人=障害者は「性生活で幸福が得られない」として「いじめ」を「いいことの一つ」に含めていたのだ。
「いじめ、盗み」など、植松被告がどんな目に遭ったかは想像に難くない。
このように、主婦層は常に「ミジンコみたいに小さな命」の論理を語り合っている。
女子高生の祈りの強烈なファイナンス力に比べると、主婦層の祈りは、量子論の世界も相変わらず「計算で誤魔化す」という側面があり、真理であるとは言い切れないが、それでも、ワイドショーネタは常に「外国国家」にぶつけなければならない。
外国国家も、お互いの「民度」をぶつけてきている。
障害者殺傷事件は、植松が死刑囚となったことから、風化の方向を見ているが、それでも、議論すれば「女が近づく足音」がして罵倒される。
どのような「スター」が、横須賀のはまゆうで惨殺されたかは明らかではないが、オカマやレズビアンとなるとジャニーズやAKBなどが殺された可能性が高い。
凄惨な死にざまを見て、戦争を恐れた司法当局が事件を闇に葬ったものと思われる。
小さな命をクローズアップして外国国家にぶつけるという方法は主婦層が好むものであり、エバレットの線形代数である。
相模原障碍者施設殺傷事件

阿弥陀如来崇拝に関しては、「セックス」という「パンパンアンアン」というノイズから自由であるから運気が上がるのではないかとされている。
セックスすると女の子は鬱になるし、いろんなしがらみができる。
そのため、音楽作品に関しては「レコーディング時の問題」と割り切ることも可能であるが、リスナーが必ずしもそのように割り切れるかは明らかでない。
たとえば、麻雀の「天下一武闘会」において、「処女芸術をガン牌に使う小野」が国士無双を連発しているところに、「アイドルをレイプした動画」を届けて果たして国士無双が維持できるであろうか?
東京パフォーマンスドールの「恋のSexy Moving」(Never Stop収録)「秋色協奏曲」(TPD Collection収録)、島谷ひとみの「亜麻色の髪の乙女」などがガン牌に使われている。
市井由理、穴井夕子、米光美保、島谷ひとみに依存した、永田町の「国士無双」がなされようとしている。
「音楽のホワイトノイズ」とも関わるものであり、私の研究生活にも関わるものだ。
カントは「判断力批判」において「国士無双」の問題と向き合い、女の子たちに、「ようするに知らないんですよ」と語った。
どんな恋愛ソングでも「意味を知らないで歌っていた」のだ。
「権威に頼ろう」という感受性は感じたが、恋愛論に関しては知らないで歌っていた。
この「アイドルの神通力」が人気があるというのだから、あるいは「出世に影響を与える」というのだから、CDもこのぐらいの値段が適正なのだろう。
おニャン子クラブも、CD収録時は「処女だった」とされている。
このあたりは、眼力とか情報力が問われるガン牌の世界だ。
おニャン子クラブ ファーストアルバム

 

B7e701381f6e48199ba042847244519c

システィナの聖母(マドンナ)は、とにかく絵画に向かって祈ると願いが叶うことから「芸術の終わり」と言われた。
マドンナ エンジェル

 
大天使ミカエル(マイケル)も、パートナーには処女性を求め、浮気したらぶち殺すタイプの保守派だったが、自身の成長と多数派工作を連動させ、「聖母(マドンナ)が人気を誇る共和党が許せない」として「恋」を強烈に推進した。
スリラーがヒットしても、マドンナを基盤とする共和党との戦いは続き、変装して「輸血すると恋ができない」と戸別訪問して回った。
民主党というものの基盤を明らかにしたのはマイケル・ジャクソンであった。
共和制・民主制・共産主義体制・ファシズム、すべてが「予言すら恋を利用しているはずだ」と主張した。
いわば「民主ファシズム」と言われるものが「恋」であり、徹底的に共和党(マドンナ)を批判した。
共和党の「マドンナ一人に男二人」という図式を嫌ったのであり、「マドンナと俺(マイケル)」というのがマイケルの立場だった。
マイケルはマドンナに男が近づくたびにこれを徹底的に糾弾し、都合よく「予言と恋」の民主ファシズムを楽しんでいた。
「マイケルの都合」から民主党というのはできていたし、当然、「黒人初の大統領オバマ」=マイケル・ジャクソンということは気がつかなければならない。
マイケル・ジャクソン ビートイット

マドンナが「ひも理論」(共和党)の立場であるのならば、マイケルは「量子論」(民主党)の立場であった。
「芸術の終わり」(共和党)を信じるのか?「宗教の誕生」(民主党)を信じるのか?という違いがあり、フランシスフクヤマは「歴史の終焉」を書いた。
しかし、9.11テロは起きたではないか?
ブッシュは「宗教の誕生」つまり「オバマ」に敗北した。
21世紀の世界史の「可能性」を切り開いたのが「オバマ」=マイケル・ジャクソンであった。
大天使ミカエルは「20世紀末」を克服した。
モーニング娘。21世紀

イギリスは、マドンナとマイケルの関係を「興味深い」と考え、「イギリスにも昔、そのような歴史があった」とし「ホイッグ党とトーリー党」というものを作っている。
マイケルはそのまま「ナポレオン」と呼ばれたのだ。
「予言がやたら的中するナポレオン」とは、大天使ミカエルのことであり、世紀末には必ず登場するのもだ。
世紀末を迎えるにあたって、19世紀末に登場した「セオドア(テディ)・ルーズベルト」を「テディベア」と呼んで「宗教の始まり」としていたアメリカ合衆国は「テディベア」に別れを告げ、マドンナとマイケルの時代へと向かった。
テディベアの頃 新田恵利

量子論は「もっとも小さな粒、ミジンコみたいな人間にも重さがある」とした民主党、マイケル・ジャクソンの立場であるが、たしかに「顕微鏡」ほど成功した研究はなかった。
しかし、マドンナや阿弥陀如来の成功(ひも理論)を前に、みんな「科学者」にはおなか一杯になってしまった。
手のひらを太陽に

そこで、民主党は「下からの革命」を志向したし、共和党は「上からの革命」を志向し、マイケルとマドンナは「膠着状態」になってキャリアを続けていた。
マドンナや阿弥陀如来は「資金集め」には都合が良かったが「予言が外れる」こともあった。
量子論の世界はブルーライトヨコハマを見ることでなんだか達成感に包まれた。
「マドンナや阿弥陀如来」は「証拠をみせる」という課題が残されたし、「顕微鏡」は「今後どこに向かおうとしているのか?」を示しきれない。
ブルーライトヨコハマ いしだあゆみ

あとは、この「サイエンスという名の男性社会」を、国家の政党としていかに組み込むかが課題となっている。
プロ野球やJリーグなどに目を向けない政治家はいないというぐらいの資金力があった。
人々の信仰心の前には、案の定、量子論は「計算」に逃げ始めた。
しかし、「今日の紙面は十分に埋まった」と各新聞社が考えたら、ナイトゲームでは「もうサプライズはいらないよ?」と量子論は突き放された。
いくら解説者が何かを言っても「運命的なもの」(微調整)の前にはなす術がなかった。
照明で照らされた「ヒルベルト空間」には確かに細かい技術論は存在した。
そのために、選手は絶え間ない努力を行ったが、「気持ちが切れた」だけでキャリアを無駄にすることもあった。
「マドンナや阿弥陀如来」と「マイケル・ジャクソンや恋」の世界は共存しながら、「ビーダッシュ」に翻弄され続けた。
渡辺美奈代 Too Adult

ラットの肝臓(肉)を食べれば「恋」をするとされ、小保方晴子さんは、これを「スタップ細胞」と呼んでいたようだ。
大河ドラマ「麒麟がくる」においても「ネズミの肝臓」は「なんにでも効く薬」として桶狭間の戦いにおいて駒は「家康」に母に恋をする薬として与えた。
「顕微鏡の世界」が最終的に、ウランやプルトニウムではなく「恋」に目を付けたという意味では、小保方さんは「顕微鏡の到達点」にはいただろう。
それでは、仏教の世界の「肉を食べるな」というのはどのようなものだろうか?
サクヤ会に、事実上の「恋愛禁止」を求めたのだ。
ヒルベルト空間には常に「スター選手」がいた。
私も中学時代に、横浜スタジアムの近くの吉野家で牛丼を二杯たいらげて球場に向かった。
「ディーアーナー」(DeNAベイスターズのチアガール)がどのようなルールを作ろうが勝手だが、「ミネラルウォーターとサラダでヘルシー」というのは恋愛禁止を意味する。
女はセックスが気持ちいいと、翌朝、「浮気をしないでね」と言って男にサラダを出した。
あなたにサラダ

住宅(建築物)とは「処女の産物」と言われ、マドンナや阿弥陀如来がもたらすものである。
しかも、「男の人気」に依存しているのが「ローンの返済不要」であり、男は現在では私のブログを読むしか「人気を維持する方法」はないものと思われる。
いろんな政党の長々とした文章を愛読したければ勝手にすればいいが、「ローンの返済不要も男の人気商売である」ということは理解しなければならない。
女性セブンを銀行に持参するというよりは、「スマホで本ブログを開く」のが正解だろう。
心配はいらない。
枝野だの玉木だのが「英雄になりたい」と考えるため、国民全員が私のブログを読んで高級住宅地に住むわけではない。
このあたりは、マイクロソフト社やグーグルの「秘密」ではないだろうか。
「男に人気があればローンを返す必要はない」
あとは「二人の女からの風」が男に吹いてくるように建物を作らないと、私のブログは「難しくて読めない」ものとなるだろう。
しかし、「二人の女からの風」もスマホで作れるようになっている。
「豪邸は男の人気」
素晴らしいことではないか。
デザインとは「楽しむものである」とされている。
そこで、女性を愛せるのはほぼ「男のみである」というところから、「男を英雄として」住宅というものは建てるものだと考えられている。
「地価が高い」というのはおのずと「災害に強い」と判断するしかない。
「英雄は強い」というのであれば、地価が高くても買うしかない。
ニューヨーク市庁は、建築の傑作だね。

 

Ccfa6533c7724272a9baa88a21e976fc

日本国は、アメリカ合衆国ほどのめちゃくちゃな災害は起きない方なので「コンクリート主義」は通常の住宅においてはとられていない。
雨のニューオリンズ 国生さゆり

建築物は「どの言語から作るか?」が問われたため、ヒトラーは絵の才能はあっても「語学の才能」がなかったものと考えられている。
たとえば、ゴシック建築は「ロックからのセックス排除」を行い、男の人気を高めて、建築物を作ることにした。
矢沢永吉メドレー ゴシック建築

イタリアの官僚や英国議会がゴシック建築を好んでいる。
オカマやレズビアンが多いのだろう。
東大に合格する人は「家がゴシック建築」という人が多い。
私も、すでに解体されているが、実家がギリシャ様式の建築であり、父の書斎で音楽を聴きながら勉強したら東大に合格した。
今思うと「広いマンション暮らし」などは非常に勉強にいい効果がありそうだ。
「部屋がセックスから遠いほど、東大は近い」とも言われる。
セックスが遠い部屋で「モナリザ」のような写真を飾ろう。

 

 

Ef8fa87fd82c4968abbc19031c03e17e マドンナ マスターピース

「セックスをどのように密室に封じ込めるか?」は常に建築学の課題であり続けた。
子供の「セックスとの距離感の調節」であんがい成績はコントロールできる。
また、「ご近所さん」に美しい娘がいることも必要となるだろう。
少年雑誌で「性概念」を確立したり、「ゴルゴ13の女性観が嫌い」と言って捨てたり、私の母は私とそのように向き合っていた。
まあ、女日照りで病気になったら「薬で微調整」するしかないだろう。
これが、「マドンナや阿弥陀如来」が生み出す富から作る建築学の一つの発想であり、常に「子育て」と関わることから少子化対策にはなるだろう。

今回、私の父が「一位」となり、私が「二位」となる、「女子高生たちの不老長寿の祈り」であるが、これは実際は、現在の「生活保護」ではないだろうか?
つまり、現在の「生活保護」とは本来「生命保護」とでも呼ぶべきものであり、有名になったらいきなり奈落の底に突き落とすのではなく「ライフプロテクションをかけましょうか?」というかたちで話を切り出した方がいい。
女子高生たちに不老長寿を祈ってもらうことを意味するからだ。
人間裁判と呼ばれた「朝日訴訟」の朝日茂氏が「吉田茂」であることは明らかではないか?
ライフプロテクション(生命保護)が、マドンナや阿弥陀如来のおかげで現実のものとなった以上、生活保護という制度そのものを見直さなければならない。
私は「香川真司と近藤真彦が生命保護について語り合っているのを見た」と言う方が、「生活保護」(ナマポ)よりもより現実に即している。
補助金と交付税の裏負担で運営しているから現在のかたちになるのであって、マドンナや阿弥陀如来が登場した以上、ライフプロテクションはその意味を変えていかなければならない。
どの芸能人も、生活保護から抜け出したいと考えている。
しかし、「生命保護」というと趣旨が異なる。
第二次世界大戦における、日本国は連合国側に従属する(サブジェクト・トゥ)を、「日本国は連合国側の女性たちに支持されている」というのが本来の意味であるのと同様、吉田茂は「ライフプロテクション」も大変な誤訳を犯していたのだ。

なお、ハイデガーは、右翼を「一回限りの命において、熱く魂を燃やす」と語っているが、これは「肉」(オカマ・レズビアン)が「魂」(ノンケ)を「燃やす」つまり「いじめる」ことを意味する。
今でいう「在特会」のようなものであるが、「生命保護批判」をする存在が「右翼」である。
「中道」とは「竜樹の中論」の信者を言い、生命保護を受けた人物のことだ。
公明党は、湾岸戦争の時に「中道の立場に立つことを明らかにした」とされている。
創価学会のご本尊さまが阿弥陀如来ではなく日蓮大聖人であることの真の意図は明らかではないが、「天皇陛下に山に来てほしい」という夢だけは持っていた。

「ライフプロテクション」(生命保護)を受けると、人間は、退屈するか大物狙いになるかのどちらかになりがちである。
そんな時に、「数の力」の中で一部の者が生き残るがなぜだろうか?
「小さな命を愛せる」
これが、自分が生き残るための条件であり、マイケルは「子供たち」を可愛がった。
小さな命を愛せなければ政治生命が絶たれるという意味においては、「ひも理論」(マドンナ・共和党)によって与えられた不老長寿も「量子論」(民主党・マイケル)の論理にしたがわなければならないことを意味する。
「庶民の感覚を失ったら人気を失う」
このことから、生命保護を受けた者たちは必死で庶民と接することになる。
「魂」(不老長寿)をいじめる右翼と、どのようにしたら「不老長寿」になれるのかが分からない左翼という図式が生まれた。
右翼はもはや「オカマ・レズビアン」なのでもう手遅れという側面があるが、左翼は「見てきたものが違う」「与えることを知る」などの要素が指摘できる。
なぜ、ライフプロテクションが与えらえたのか?
それは「見てきたものが違う」「与えることを知っている」人間に「ミジンコのような小さな命」を愛してもらいたかったからなのだ。
「おカネに満ちていて治安が良ければ不老長寿だろう」というのにとどまらない「女子高生の祈りの力」があることも知らないといけない。
マイケル・ジャクソン スムーズクリミナル

永遠の命(280億円の富)を手にした芸能人は「中道」と呼ばれ、彼らのキャリアの中でそれだけの富を生み出していたから「女子高生たちが不老長寿を祈った」のだ。
これを「人間」と呼ぶ。
それに対して「永遠の命」「不老長寿」をいじめる「肉」(オカマ ・レズビアン)が「右翼」と呼ばれ、「どのようにしたら永遠の命を手にできるのかが分からないノンケ」を左翼と呼ぶ。
これらの「右翼」「中道」「左翼」の関係は、中道が周囲を「うたかたの砂時計」と表現している。
瀬能あづさ 恋愛

量子論は「重力は女たちの太陽への衝動から生まれる」とし、木星の運命のもとにある女たちを皆殺しにすることで地球を救う「さよならジュピター」という映画もあった。
松任谷由実 守ってあげたい

そもそも「肉」と「魂」を見分ける眼力があるから「人間」(不老長寿・永遠の命を持ったもの)となれるのである。
従来の「日本人の死生観」は世界でも特異な地位を占めてきたのだ。
「永遠の無」「地獄」「天国」などを想定して、死ぬ瞬間に「光」が見えて無に帰っていくというのは必ずしも世界の常識ではない。
これは、株価が下がれば国が「右傾化」し、株価が上がれば「左傾化」することをも意味する。
マドンナ・阿弥陀如来つまり「制服」というのはそれほどまで「世代間セックス禁止」という意味を持った。
「私、もう制服じゃない」
100%の雨が降る 酒井法子

カントは、実践理性批判において「処女」の果たす役割を理解し、純粋理性批判で「主婦層」の役割を理解するという「批判哲学」を構築し、永久平和のためにを書いたが、「カント以前」と「カント以降」はキリスト教というもののありかたは明らかに異なる。
「永遠の命とはその第一号である石原慎太郎がその真の意味を明らかにするだろう」
私は「第二号」としてその行方をかたずをのんで見守っているところだ。
日本国において「カント以降」とは何かが証明されようとしている。
「霞が関」(右翼)や「永田町」(左翼)の論理だけではダメである。
「人間」として、オカマ・レズビアン・ノンケの連中と交友関係を持たなければ永遠の命は得られない。
まあ、プロ野球で勝って「勃たなければ」党派というものは生まれないのだ。
私も「カント以前」の発言を今まで行ってきたが、それでも2017年に横浜DeNAベイスターズは日本シリーズに進出したし、ロサンゼルスドジャースはワールドシリーズを制覇している。
もしかしたら、スタンフォード哲学百科事典はいまだに「アリストテレスが」「一人で」書いているのかもしれない。
私もその忠実な弟子ではあるが。
「処女と主婦層とタイムマシーン」が出揃ってきたのである。
カントの「批判哲学」は、マイケル・ジャクソンも「永遠の命を信じますか?」というかたちでエホバの証人として語ってきたが、人々は「マイケルから直接聞くまで信じなかった」のである。
なんにも言わずにI love you モーニング娘。

「今までの日本人ってどこに行ったのでしょう?」
潰しても潰しても出てくる蟻にでもなったんでしょう(蟻地獄)。
「カントの一番弟子って誰でしょう?」
小野光太郎(令和天皇・中曽根承太郎)だと思うよ?
カントは「目的的行為論」を作った。
メシを食ってタバコを吸って勉強していれば幸せ、という理論だ。
しかし、団藤重光はかたくなに「3時間半の短答式試験」を行い、このような理論家を排除した。
ルイ16世とカントの関係は?
喫茶店を活用して閣議を行ったルイ16世と、風俗店で閣議を行ったカントの違いだ。
自由裁量のルイ16世と、羈束裁量のカントともいえる。
政治家というのは「クラスメート(羈束裁量)を全員、従姉妹(自由裁量)にしたがるもの」なのだ。
風俗店でエッチなことをしても、真剣な交際がしたければ喫茶店で再び会うだろ。
「警察官立ち寄り所」では真剣な交際はできない。
なぜルイ16世はギロチンで処刑されたのでしょうか?
「傲慢で国会を持たなかったからだ」
国会で力を発揮しろとカントは令和天皇に言うだろうね。
カフェテラスの独り言 河合その子

広島・長崎への原子爆弾投下の記念式典を控えているが、日本国政府は「無防守都市への無差別攻撃であるが、敗戦国としての立場上、損害賠償請求は放棄する宿命にある」としている。
しかし、日本国は、連合国側に「サブジェクト・トゥ」と言われたのであり、これは「従属する」という意味ではなく「連合国側の女性たちに支持されている」という意味なのである。
それを踏まえると「敗戦国としての立場上」というものも考え直さなければならなくなる。
アメリカ大統領は少なくとも、歴代11人の大統領が「ヒロシマ」から逃げ続けたし、オバマ=マイケル・ジャクソンが初めて記念式典に出席している。
アメリカ側は「おカネを請求されるのは明らか」と考えているし、北朝鮮の核が「日本のどこに落ちるか分からない」という状況には少なくともないはずである。
まあ、「女性たちの支持がある」というのは、処女(実践理性批判)であれ、主婦層(純粋理性批判)であれ、「男の集中力を高める」という側面があり、本ブログも、動画を聴きながら読まなければ「難しい」という人もいる。
動画を聞いて集中力を高めて、読み、そして読んだことを女性に話すというのが本ブログの趣旨である。
スマートフォンとは相性はいいだろう。
右翼は、口もアナルも局部も区別せず、女を見た目では判断しなかったし、それでいて、女が失恋した時の救済の言葉を述べていたため、女たちは「右翼的発言」に飛びついた。
肉(性倒錯)が生まれた時に、神は「言葉をバラバラにしよう」と考えた。
左翼(ノンケ)の世界で「大きすぎる女心」が一気に開かれたのだ。
土曜の夜にレインボー

カントは、「女二人に男一人」という名目経済を語った(行為無価値論)が、ヒュームは「女一人に男二人」(実質経済)を語った(結果無価値論)。
「他人の正義で裁かないで」という結果無価値論が勝ったのならばヒュームはカントに勝ったことになる。
風俗店に「ホストクラブ」が含まれるのならばね。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

実質経済の伸びというものは「女が持っているカネ」に目をつけており、名目経済というのは「男が持っているカネ」に目をつけている。
「政治判断」(女心とはなにかを広める営み)が加わらなければ女にまではカネは行き渡らない。
女子高生たちは「肉まん」程度で満足するだろうが、スマホの家族割などを推進する必要がある。
女が持っているカネを増やそうとしたのはヒュームであり、カントをさらに発展させたものだった。
ヒュームは「プロ野球やJリーグという男社会」に「女」を噛ませるのがうまかったのだ。
おニャン子クラブ 好きになってもくれない

「定言命令」というのは「女子高生の予言」という意味と「レイプ」という意味の二つを持っている。
カントは少なくとも「男がカネに満たされること」を語っている(名目経済)。
女が「神に失望する」のは「レイプか女嫌い」に直面した時だけである。
そのことから「予言のできる女子高生」を愛してほしかったし、レイプをすることを「犯罪」「構成要件」と呼んだ。
CoCo ミスロンリー

女多数派社会はとにかく貧しくなったし、男が「神」でなければならなかった。
男が企画を練った「阿弥陀如来さま崇拝」であるが、ヒュームは「女多数派社会」という試みを行い、カントに敗北した。
カントとヒュームは「勝ったり負けたり」の好敵手であった。
カントは、「処女の用い方」において、「男はやり手の婆さんとは腕力が違う」と主張した。
やり手の婆さんならば「美人局」が関の山であるとしたのだ。
日本国の最高裁も行為無価値論を堅持し、カントを支持している。
前田雅英や山口厚?女たちはそんなにカネを持っているのかい?
実質経済(女たちがカネを持っていること)が伸びる結果無価値論の立場に立つならば、たしかに「平和的で強権的ではない社会」ができるだろう。
そのへんは「マドンナや阿弥陀如来信仰」の影響力を今後、見ていかなければならない。
なにもかもが「東京は世界のアフェクティブセンター(広大な実験場)」なのである。

 

 

 

2020年7月13日 (月)

法律学と宗教。

日本弁護士連合会のサイトの中に、
「反社会的な宗教的活動にかかわる消費者被害等の救済の指針」 という日弁連が出したPDFファイルがある。
(1999年3月26日)

思ったことを書こうと思います。
まず、アメリカ合衆国の相続法がどのようなものかは、存じませんが、基本的に「年寄りは。死ぬ前に女性の愛情に飢えて散財してしまい、財産を残そうとは考えていない」というのが英米法の考え方です。
そのような意味では、「やしきたかじん氏に遺産などなかった」というのが私の考えです。
日本国においても、案外納得のいくものです。
遺産目当てで「死なねえかな」という発想は、宗教を「男らしさを語り合う」ものとする以上、決して褒められたものではありません。
また、一方で、「他人の家庭の財産を吸収し、自分達のものとする」というヤマギシズム(無所有共用一体社会なるもの)に類似した考え方を、日本の在日が持っていることは、それは「迷惑だ」と私は思います。
他人の土地を盗むことを「カニバリズム」と呼び、日本語では「人食い」と訳されています。
いろんな論点が日本国の宗教史・法律学の歴史にはあります。
やしきたかじん やっぱ好きやねん

子供たちは「楽しんで過ごしたい」という時期を通りすぎると「ルールを守らなければ異性に好かれない」ことを知り、やがて「権威に頼りたい」と思うようになります。
偏差値というものはアリストテレスが考えた「完璧なゲーム」であり、権威ですが、それよりも「ルールを守らない・宗教に頼りたい」という子供たちがいるとするのならば、「宗教を信じる子供たちの方が反則」という側面があります。
子供たちには、異性にモテるための「ルール」「権威」があります。
それらの出来事も大人になったら「そのような夢を見た」としか覚えていません。
十代が「アレグロ」ならば二十代は「アンダンテ」です。
それ以降は、アレグロ・アンダンテの繰り返しにすぎません。
そこで反則をする子供たちに対して、文部科学省は「国親思想」(パレンスパトリエ)というものを持っているのです。
偏差値BOY

私も、十代の若者は当然、読者として持っていますが、偏差値というアリストテレスが考えたゲームを否定するつもりはありません。
自衛官合祀拒否訴訟についてですが、メソジスト系の大学(男女同数入学させる大学)が存在し、その方が「キャンパスライフが楽しい」ということからそのようなことを行います。
日本国の経済はいまだに世界経済を支える力を持っており、原油安はメソジスト系の大学(青山学院大学・関西学院大学)の力によるものが大きいのです。
つまり、成績が悪くても有名私立大学に入れた、という恩義を自衛官の妻はキリスト教に対して持っていたわけです。
しかし、山口県隊友会は、神道の護国神社(天皇を敬え・政府にしたがえという宗教)に祀ったという通知を妻にたいして行ったわけです。
宗教の「教義にわたる判断」は、板まんだら事件において否定されましたが、現在は、それでは教団が分裂してしまうという指摘があり、教団のコンセンサスを探っていこうという考え方もあります。
しかし、司法というものは「世論のおおむねの支持」のもとに成立しており、世論の支持を、教団が求めるのは困難ということから、司法判断には馴染まないと考えられます。
今日を越えて

監禁などを用いる事例があるため「インフォームドコンセントが必要」とのことですが、今の日本国憲法において「お前、この椅子に座れ」ということが認められているのは「団体交渉権」においてのみです。
労働組合が、使用者に言えることなのです。
ところが宗教家に「説得力への確信」があった場合はどうなるでしょうか?
説得力への確信のことを「インフォームドコンセント」と言うのであり、決して「説明にもとづく同意」などと訳してはなりません。
医者に求められているのも「説得力への確信」だけであり、その方が有効に人の命が救えます。
女性はまだ「私の体を人類の進歩に用いてください、お医者様」という気持ちがありますが、男性である医者が、男性である患者から「おカネをとる」ということは、女を奪うような行為であり、求められているのは「説得力への確信」だけではないでしょうか。
たとえば、私は、体の凝りがひどく、それでも整形外科医は、レントゲンをとって「これでも腰が痛いなら来てください」と言っていましたか、知り合いの女性看護師に体を触ってもらったら「こんな酷い体の凝りは見たことがない」と言うのです。
足つぼマッサージをやって「最高でーす」と言ってはいけないでしょうか?
インフォームドコンセントとは、説明にもとづく同意と訳すのではなく「説得力への確信」のことを言うのです。
日弁連は、この事の認識があまいことだけは自覚しなければなりません。
平成の、重要判例を3つ挙げろと言われたら、
沖縄、ブラック企業、マイノリティ宗教の3つを挙げたいと思います。
沖縄とは、大江健三郎の、「沖縄ノート」をめぐる争いです。
沖縄は、今でも「セブンが食料を確保してくれた」などと公表していますが、昔は、アメリカとの地上戦のためには、島民に食べさせる食料よりも軍が優先とし、島民を自決させたと大江健三郎が記したのです。
このことに守備隊長二名が「名誉毀損である」と訴えを起こしました。
ブラック企業とは、「電通」のことであり、残業つづきで「僕はダメな人間だ」と言って自殺してしまった社員の遺族が起こした訴訟です。
マイノリティ宗教とは、エホバの証人輸血拒否訴訟です。 
エホバの証人は、公では「血を避けることです」という聖書の一句を引用しましたが、裁判では「他人の命を借りてまでいきようとは思わない」と言っています。
つまり、人間は猿から進化したものではない、他人の血を輸血されたら「恋もできなくなる」という信念があったものと思われます。
実際は「輸血とは危険なものである」ということは医学の世界では知られていますが、医学は「恋の心配」などしてくれません。
モーニング娘。

なお、マイケル・ジャクソンも、この論点をよく理解しており、スリラーがヒットしたあとにも変装して、戸別訪問をしていたそうです。
「汚い言葉を使わなかった」などとマイケルは語られていますが、基本的には「恋への崇拝」でしょうね。
極めて裾野の広い世界なのです。
シャワールームに電話 酒井法子

 

2020年7月 8日 (水)

三国志。

三国志とは、「子供を天皇にしたら何が起きるか?」という物語である。
令和法皇は、劉備玄徳であったし、メディアは孫権であったし、安倍晋三は曹操であった。
曹操が、子供(太祖)を擁し、三国志のテーマは「愛国心」となった。
太祖は、呂布に殺されているが、呂布は、父親を長安で殺されたことから愛国心に目覚めたとされる。
太祖の命を狙う呂布など山ほどいるが、劉備玄徳の「蔵書」は必要であったし、孫権も影響力があった。
隋の煬帝が出てくるまで今の「三国志」を続けた方が落ち着きがいいし、私も、中国の古典を紐解くことができる。
曹操の、軍の展開は「速くて広い」とも言われた。
曹操は、太祖を養子にしたが、太祖の放蕩ぶりは「それでも王の器か?」と批判された。
太祖は「世界を平和にしてくれ」などと無責任なことを語っていた。
黄巾の乱が常に曹操を悩ませた。
太祖には董卓のような安易な政治家が近づいてきた。
娘を嫁に、これが董卓の考えであった。
董卓は、袁紹などの暗躍を許した。
数々の内戦があったため、孫権(メディア)を掌握するのは「夢のまた夢」のように思われた。
袁紹は、劉備を攻め落とさなければ活路が開かれないと煽られたが、劉備は、いい年したおじさんの割には「白馬に乗っている」とされ、女子たちに人気だったため、袁紹も、「口ほどにもない」有り様だった。
ひたすら「孫権に構ってもらいたい」だけの争いが続いた。
孫権は「劉備しか見ていなかった」し、曹操は劉備憎しという行動をとっていた。
この「天下の大乱」が、治まるときが来るとはにわかには信じられなかった。
大理には、賢い子供がいて、太祖をはるかにしのぐ叡知を養っていた。
いずれ劉備の娘の婿に行ったなるわけであるが、孫権は太祖よりも大理の子供たちの方をクローズアップしていた。
秋篠宮(明帝)は、征蝦大将軍にはなれたが、それでも孫権は関心を持たなかった。
メディアの寵児である劉備玄徳みたいになりたいと考えていたものたちの体たらくを描いたのが三国志だった。
神社の一宮会のような斎王もいたが、孫権は「政治力がない」とし、話題にも上らなかった。
人物伝がひたすら列挙されているのが三国志であるが、それにしても「メディアの遠さ」だけが分かった。
それにしても、日本という国を治めるためには、くだらない人間を「中国人」として描けばいいのかね。
ぺピン ブランキージェットシティ

 

 

気長に書いていきます。

 

2020年7月 4日 (土)

法王庁とユダヤ教。

天皇引退声明

令和天皇は、今後、「令和法皇」となるわけであるが、バッキンガム宮殿のコンウェイ嬢を参考にしている(17世紀)。
まず、「予言」を行うこと、そして「男」について語り合うこと。
天皇家の「世襲」を行う上でも、本来、法王庁は必要とされていた。
アマテラスについて語る王子はあまりにも国を暑くする。
それは、宮内庁の専権であるが、法王庁が「神・男の完全性」を語り合わなければ天皇制そのものが国にとって有害となる。
「男」について語り合う、法王庁の女たちには、多くの男たちからの献金が絶えなかった。
バチカンのシスターたちはそれで豊かな宗教を構築していった。
大正天皇の妃の貞明皇后は「裕仁には信心が足りない」などと言って、自ら法王庁としての役割を果たしていた。
法王庁のシスターたちの考えと、令和法皇の「見方」の違いはアキレスと亀と呼ばれるものであり、「女は男を永遠に追い越せない」ことを示していた。
それで法皇は、男が務めるものとなっていた。
日曜はダメよ 三浦理恵子

今は、令和法皇の息子に関する「予言」や、プロ野球の予言なとに限定される法王庁であるが、その予言能力、男を見る目は、今後相当程度、養われていくものと思われる。
女の唇に魅力を感じるのは幸せな男であり、女の胸に魅力を感じるのは不幸な男であった。
「その境遇で唇を見ていたのか?」
など、男を判断する材料は実に多岐にわたる。
リリーマルレーン

ひも理論にしたがって、宇宙の始まり以前は「逆転写された」宇宙の歴史があることを認め、何が宇宙の始まり以前に「逆転写」されているのかを探ることが重要だった。
つまりは「お天道様はお見通し」「宇宙がその日その時に地球にどのような意味を与えていたか」などを語ることから始まり、すでに逆転写されている「人類の永遠」や「国益」などを見ていかなければならない。
これは、もはやユダヤ教の基本であった。
女たちが「人類の永遠」「国益」を模索していかなければならないのだ。
ひも理論は、「証明するかどうか?」であった。
ribbon wish

ひも理路は、「寸分たがわず」左右対称というわけではなかった。
時には東京大空襲や、原爆投下、沖縄地上戦のように「女たちの誘導ミスによる微調整」がなされてきた。
特に、女は「アウトロー」な男を好んだため、「若い女のアウトロー好き」が微調整をかなりセンセーショナルな形でもたらしていた。
違法な連中の人事を間違えると、それは特に大きな調整を受けなければならない。
おニャン子クラブ ショーミキゲン

「黄色いユダヤ人」であるアラブ諸国が、今までは、このような「微調整」を行ってきたが、今は、日本国女子も、令和法皇の「シスター」「シナゴーグ」のメンバーとしてそのような微調整を行うことが可能となっている。
週刊誌の読者がそもそも「令和法皇のシスター」だったため、週刊誌も「微調整」に協力してきた。
人を欺きながら生きるものに国を委ねるわけにはいかない。
ひも理論を知らずに、毒樹の果実をむさぼるものは、必ず令和法皇のシスターたちの受けを狙ったメディアに潰された。
センセーショナルな「微調整」は、悪からもたらされていた(悪人正機説)。
自分の「善良さ」だけ見ていれば将来が予測できる、これがユダヤ教のひも理論である。
夏目漱石は、「こころ」において、女を友人から卑怯な手段を使って奪い取り、友人を自殺させた「先生」を描いている。
先生は、友人の墓参りにいかなければ妻に浮気をされてしまうし、卑怯な手段を使ったこの自分がのうのうと生きている限り、ひも理論の観点から、この国は「滅びるね」と語っている。
明治の文豪は、明治天皇が生前退位して「法皇」にならなかったことを、「お天道様はお見通し」「ユダヤ女ネットワークの欠如」と見なし、
ひも理論が機能していないとして国が世界の「微調整」の枠内で「滅びる」と考えたのだ。
令和天皇が「法皇になる」ことは夏目漱石も支持するところであり、女を卑怯な手段で奪い取った自分が、女たちから最終的に見放され、自殺に追い込まれたところに、
「宗教の祖先」「女ネットワーク」「ユダヤ教」「神・男の完全性」を見いだしている。
松田聖子 スウィートメモリーズ

「勃つ男」のなかには「排除しなければならない」男が必ずいるため、悪人や卑怯者を、女たちはあえてセックスの時に「侮辱」し、勃たなくさせていた。
これが、女のユダヤネットワークであった。
女二人に男二人ならば必ず「割りきれる」が、女二人はからだを比べあい、男二人は知性を比べ合う。
知性に負けた男は、必ず卑怯な手を使って「神」=勃つ男ではなくなる。
割りきれるのはその場かぎりであり、長い目で見たら二対二でも割りきれないのだ。
避暑地の森の天使たち

善人でも救われる、ましてや悪人をや、と言うが、親鸞は「顔を美しくする方法」を明らかにし、このような女のユダヤネットワークにおいて、顔さえ良ければ女はセックスの時に男を侮辱しないと考えた。
男は、勃たなくなったら、文字が読めなくなるし、貧しくなる。
仕事は「盗むこと」となり、しかし、処女にはモテなくなる。
女もおらず、口説き方も知らない。
出世もできない男となる。
小男ならば、ずる賢さを持っているだろうが、メジャーにはなれない。
それを知ることが「違法な連中の人事」を考える上で必要になってくる。
悪口をいっていても「お上」には逆らえないのだ。
常務会が、夢を託す男は当然いるだろうが、「見識をもって批判する」ことと「勃つこと」が必要になってくる。
見識をもって批判すれば、名誉職に祭り上げられる。
いじめをやらない、男らしい、特定の女を愛するということが減税増収につながるとしたが、「勃つこと」「豊かなこと」と同じ意味であった。
彼、ギンギンに勃つよ?と女が言うだけで、ライバル女が玄関のベルを押した。
だいたい「頭のよさ」で勃つかどうかは分かった。
頭のいい令和法皇はそれだけで人気があった。
Wink 愛が止まらない

男と女が電話で話し、知恵と対話の疑似セックスを行ったら、電話を切った後に女がマスターベーションすることがある。
このような場合は、女は「アーッ、頭の良さが自分の中に入ってくる!」と言って喘ぐか、男の側も、必ずしもちんちんは大きさではないことを理解しなければならない。
若さが魅力という男もいるが、知性が魅力という男もいる。
ribbon 愛してジャスティス

「アーッ、頭の良さが私の中に入ってくる」という事例を愛の第六感と呼ぶ。
令和法皇は今後も「言葉」を売り続けるであろうし、愛の第六感を増やして回るだろう。
モーニング娘。独占欲

愛の第六感を、電話で自在に操る男を「哲学者」と呼ぶ。
愛の第六感を自在に操るためには、時代の最先端の学問に通じていなければならないが、
父親と息子では「システムの違い」が生じることがある。
父が「俺、このやり方マスターできなかったんだよな」というようなことが哲学の世界では常に起きつづけていたのだ。
アイザック・ポルカーは、そこで「父と息子のモーゼ五書の共有」だけはいつの時代も変わらないとした。
それを前提に「浮気をしない」「浮気をしたら禿げる」「禿げたら結核の薬を売り付ける」「タバコをやめる」などのモーゼ五書を踏まえて、
時代の進化は、愛に詳しいキリスト教のものなのか、男に詳しいユダヤ教のものなのかを論じた。
世界史は、女の子たちに「女になってくれ」と言ったが、アダムがリンゴをかじったときに女たちに満ち溢れ、「男を論ずるユダヤ教」が生まれている。
レスボス島から、西洋史は始まっているし、ユダヤ教もその流れを汲んで「男を論ずるのが宗教」とされている。
そこで、女に詳しいキリスト教と、男を論ずるユダヤ教は優劣を決しようとした。
どうやって?
それは「予言」で競いあったのだ。
松田聖子 ハートをロック

僕の前に道はない、僕のあとに道はできる、私は「主」である(創世記)、私は何者にも動じない(マダイ)など、イエス・キリスト以前も、それ以降も「一貫性のある男」が男のモデルとして描かれた。
神・男・聖霊という概念以外に、「化身」という表現で「憧れの人」という概念が生まれた。
君主の誕生であった。
日本国でも「天皇は君主である」とされているが、法皇も「憧れの人」であった。
主というのは「憧れの人」という意味である。
そこで、主の「化身」となれば「アーッ、知性が私の中に入ってくる!」と女が言った。
天皇は「君主」であったが、他にも多くの「主」がいて、とにかくその世界で「つづけること」が、戒律にしたがった気持ちのいいセックスにつながった。
ユダヤ教は「主」という男概念を生み出し、キリスト教は「憧れの人」を生み出した。
主は、堅物な男社会の人間であったが、キリスト教は「女への詳しさ」という「政治」を含むようになっていた。
女に疎い方が気持ちいいんじゃないの?とユダヤ教は考えた。
松田聖子 赤いスイートピー

東大法学部は、女なんて分からないというユダヤ教の立場からバブル経済を生み出した。
しかし、スタンフォード大学は「女心」をどんどんクリエイトし続けたのだ。
ここに、スタンフォード大学>芸能界>東京大学という図式が生まれた。
新カント派がスタンフォード大学を作り、西田幾多郎が芸能界を作り、ユダヤ教が東京大学を作った。
偏差値Boyは、思いきり私で喘いでくれる、そのようにユダヤ教は考えていた。
偏差値BOY

しかし、ユダヤ教の中枢である東京大学は、世界ランキングで、キリスト教の中枢であるスタンフォード大学に後塵を拝した。
芸能界に迷いをなくした(公物管理)のは、キリスト教だ。
しかし、かつてのバブル経済を引き起こしたユダヤ教には敵わないではないか?
 

アーッ、知性が自分の中に入ってくる!と女が言っても、その知性は「偏差値」でもよかった。
しかし、東大法学部政治学科(キリスト教)・公法学科(芸能界)・私法学科(ユダヤ教)という具合に東大法学部も「新しい国のかたち」として変容していった。
カチンカチンにフル勃起したヤーヴェがいいのか?
女に詳しい堕天使イエス・キリストがいいのかはいまだ結論は出ていない。
どの男を「侮辱する」かという女たちのコンセンサスが得られていない。
「つづけること」
それ以外に女たちは求めていなかったようだ。
続けていればどの世界でも適当に生きては行ける。
芸能人女たちを手玉にとるキリスト教への憧れはユダヤ教にもあった。
しかし、「バブル経済には敵わねえな」という気持ちはキリスト教にはいまだ存在する。
それで、ユダヤ教の世界にメシアは現れたのかい?
東大が「新しい国のかたち」に軸足を移した時点で、大企業や官庁は令和天皇をメシアとみなしていたのだろう。
なにしろ事務次官経験者も警視総監も、まるで凝り固まったユダヤ教徒として扱われたからである。
そこで、ユダヤ女ネットワークとは、セックスにおカネを要求する存在であること、ムカつく男を性的に侮辱すること以外に公約数的見解はない。
アーッ、私の中に知性が入ってくる!という点も同じだ。
男(ファースト)が、女(セカンド)を用いて、予言(サード)を行うという図式はたしかにユダヤ教が作ったものだ。
しかし、男社会で有名、というようなことしか想定されておらず、本当に、「女心」にまで立ち入ったキリスト教的世界観が構築されたのは令和法皇によるものである。
出世する男は、セックスの時に女を叩いている。
夜の生活が先か、社会生活が先かと言われると「夜の生活」と言うしかない。
女に侮辱されたら「文字が読めなくなる」「勃たなくなる」のである。 
ユダヤ女ネットワークも「セックスの時に女を叩く」男を侮辱することはない。
デニーロ ボーイズライフのシーン

なんのための「ひも理論」なのであろうか?
宇宙の始まりからそれ以前の姿が逆転写されて「すでにある」のである。
未来は「どのように女たちが微調整するか?」にかかっている。
英字新聞を読むと、メジャーリーグの野球のわずか一試合でも大々的に報じている。
女たちの「微調整」のおかげで「値しないのにその地位にいる」男が抹殺されたことを報じているのだ。
「値しないのにその地位にいる」人間を抹殺するためにユダヤ女ネットワークはあった。
アーッ、知性が私の中に入ってくる!というユダヤ教は、マスメディアも無視できず、「値しないのにその地位にいる」人間をプロ野球の勝利により抹殺した。
秋篠宮とか小室圭さんとか、ムカつくやつがいれば、ユダヤ女ネットワークが黙ってはいなかった。
男に、秋篠宮とか小室圭さんをどう思うかを聞いて、ムカついたら男を侮辱してやればよかったのだ。
食事中に話したことで、ユダヤ女ネットワークは動く。
野球は「微調整」ではあったが、「値しないのにその地位にいる」人間を抹殺した。
ムカつく有名人を支持する男を侮辱し、プロ野球を見れば、ムカつく有名人がいなくなる。
逆に、ムカつく有名人を批判してくれる男ならば知性に喘いだ。
松田聖子

食事の時の「話題」と、セックスとプロ野球の勝敗だけでムカつく有名人がいなくなった。
ユダヤ女ネットワークにはそれだけの力があったのだ。
胡散臭い平成の皇室を生き残ったのは令和天皇だけであった。
皇太子だの秋篠宮だのいう男をユダヤ女ネットワークは、ことごとく侮辱し、自分の好きなプロ野球チームが勝つのを見て、「値しない人間」を消していった。
神は自分に似せて人間を作った。
それならば、胡散臭い神を信じる男をは侮辱してやればいい。
プロ野球やサッカーの勝敗を笑ってみていればいいのがユダヤ女ネットワークだった。
セックスの前のディナーにおける話題から「胡散臭い」名前は消える宿目にあった。
人類学的側面を見るのならば「一理ある」人間ばかりである。
秋篠宮だの小室圭さんだのの話題をディナーに持ち込むのならば「部落民としての悲哀」まで語らなければならない。
かなりの貧乏セックスにはなるが、ユダヤ女ネットワークがどの男を侮辱するかのコンセンサスはない。
チューリップのアップリケ 岡林信康

部落民の秋篠宮はヤクルトスワローズを支持し、ハイカラな令和法皇は横浜DeNAベイスターズを支持し、長いものに巻かれるタイプの雅子さまは読売ジャイアンツを支持している。
発言や行動がこれらの球団の「ファン」に影響を与えるのだから、卑怯な真似は慎まなければならない。
令和法皇は横浜DeNAベイスターズの球団経営に参加しているが、秋篠宮にせよ雅子さまにせよ、業績の「横取り」的側面がある。
ユダヤ女ネットワークが果たして、部落民を支持するかは分からないが、「おカネをくれること」「知的であること」なとが要求され、ヤクルトスワローズというものは「そういうものだ」というかたちで、読売ジャイアンツと比較されなければならない。
山谷ブルース 岡林信康

球団経営に参加しないのならば「好きな球団を明らかにしてはならない」というのが皇族である。
応援してくれているファンや、経営努力をしているフロントのエネルギーを「盗む」行為であり、褒められたものではない。
雅子さまは「朝青龍」「琴光喜」などのファンのエネルギーを「盗んで」いたのだ。
このような「盗み」行為は陣営の崩壊につながりかねない。
フランスのパリという都市は13世紀の、ユダヤ女ネットワークが作った。
リラという人物が作ったのだ。
リラと言うと「ユリ」という植物を意味するし、「子宮」をも意味した。
小泉今日子 私の16歳

パリは「男選びの宗教」の中枢となり、複雑な「占い」が発展した。
ユダヤ教カバラもパリで作られた。
星座占いで瞳を閉じて

モンゴル帝国は、この頃にヨーロッパの都市の造成に影響を与えたし、日本国がモンゴル帝国を撃退したということも、噂になった。
神・男は「女が語るもの」ということか明確になり、セックスの時に叩かれたら、女たちは「神・占い」で応じた。
男を侮辱してやれば男は勃たなくなるが、叩く男もいたため、パリで宗教が発展したのだ。
「ファンのエネルギーを盗んでいる」という指摘は、政敵を倒すのに有効だ。
さらに、実績のある人が山に登り、「誰よりも高い山に登った」ことを象徴的に表現することも、政敵を倒すのに有効だ(山上の垂訓)。
他の連中が到達できなかった境地を「山」に例えている。
富士山 ご来光 

近所でヤクザによる借金の取り立ての声がするというのでは平和とは言えない。
指導者が山に登ったのならば「豊かさ」が市民に約束され、街には「静けさ」がなければならない。
国中が「山頂の静けさ」に満たされなければならないし、負け犬が騒ぎ立てる行為は誰からも感謝されない。
つまり、読売ジャイアンツやヤクルトスワローズに「ご迷惑」をおかけするのが「騒ぐ」という行為だ。
答えは必ずプロスポーツから帰ってくるし、ファンからも帰ってくる。
「暴力」とは、政治的勝利者に対して「負け犬」が行うものだ。
それならば、「騒ぎ」は、敗者への罰とならなければならないし、雅子さまがの読売ジャイアンツファンであり、秋篠宮がヤクルトスワローズファンであることを明らかにした時点で、彼らは「フロントとして働くか敗北者になるか?」の二択しかなくなっている。
好きな野球チームを答えた令和法皇はフロントとして働いている。
ガンディーは、ヨーロッパで学んだ政治的勝者であった。
「誰よりも高い山に登った自分」に対して、騒ぎを起こす連中を「プロスポーツ」で地獄に突き落とした。
雅子さまは読売ジャイアンツとともに、秋篠宮はヤクルトスワローズとともに地獄を見るであろうし、そもそもファンからエネルギー(おカネ)を盗んで、しかも「騒いで」球団に悪夢を見せた以上、「皇族が好きな球団を明らかにする」という行為にはメリットはない。
大の大人が「暴れる」という行為に罰が下ることは、プロスポーツも当然、理解しなければならない。
読売ジャイアンツも、雅子さまというお子ちゃまにとんだ迷惑をこうむったものだ。
ユダヤ女ネットワークは、暴力を嫌う。
神や占いはそのためにあった。
しかも、政治的敗者が、勝者に対して暴れているのだ。
各球団は「バックにいる政治家たち」の力量を見ているし、負け犬ならば出ていってもらいたがった。
モーニング娘。セクシーボーイ

プロスポーツがある限り、国の指導者は「外国国家に国民の関心をそらす」必要はなかった。
国の指導者が「負け犬」になったときにそのようなことを行う。
北朝鮮は「ブラックメール」を日本に送るタイミングをいつも見ている。
女たちの「支持」があればフロントとして仕事ができる。
しかし、支持もなく、ファンからおカネを盗み、自ら「暴れる」ことでファンに迷惑をかける。
朝青龍で懲りなかったのだろうか?
ジェーン・アダムズは、このような「女ネットワーク」とプロスポーツを平和と結びつけることでノーベル平和賞をもらっている。
国内で支持基盤を固めきれなかった政治家も「国外に」関心を向けたがる。
家庭内の弱者には「中国・韓国・北朝鮮」が必要だった。
「大学で頭を空っぽにしてきた奴」を採用するという国際政治学者もいた。
安倍晋三には「自分の派閥」はない。
常に、家庭内の弱者(しばき隊)を基盤としてきた。
慢心・環境の違いなどという家庭の事情は、メジャースポーツには通用しない。
しかし、「汝、殺すなかれ」という言葉は政治的勝者に向けられて発せられた。
負け犬が暴れる理由を暴き出し、ファンからおカネを盗み、ファンに迷惑をかける皇族や政治家の「仕組みを明らかにしろ」という意味だ。
その上で「証明」しなければならない。
今は読売ジャイアンツは強いから、アハハ、という政治家に悪夢を見せなければならない。男らしい、仲間が多い、その上でユダヤ女ネットワークを持っているのならば、国内のメジャースポーツで、政敵を倒す力を持っているし、なにしろ平和的だ。
戦闘員(政治家・皇族)はこのようにして消すことができる。
しかし、普通の「ファン」(非戦闘員)まで巻き添えになるではないか?
負け犬の暴力が、非戦闘員を巻き添えにしたのだ。
不服従(時の権力者を越える力をもつ)ことしか読売ジャイアンツファンに救いはない。
つまり、連敗がつづくようであれば「雅子さま批判の声をあげる」ことしかできない。
メジャースポーツというのは「政治そのもの」としたのは令和法皇であり、「ファンからカネを盗むやつがいる」ということを指摘したのも法皇だ。
真剣勝負ってのは、カネなんだと考えていたし、平和を訴えるのならば「恋のはなし」でも人に語って、ファン心理を巧みに利用して、出来の悪い指導者に退席していただくしかない。
瀬能あづさ 秋

現在、読売ジャイアンツは首位であり、横浜DeNAベイスターズは二位である。
三位にヤクルトスワローズが続く。
過去のプレーは、振り返る必要はないが、女子たちの動きは、振り返らざるを得ない。
令和天皇をいじめている、という奴を「カッコいい!」と思ってはいなかったか?
令和天皇がいざ、去ってしまうと、いじめていた男が急にみすぼらしく思えなかったか?
女子たちの「予見能力」は案外場当たり的だ。
先のことは男に頼りきっている。
その男が、「先を見通していなかった」のである。
ユダヤ女ネットワークを、令和法皇はあっという間に構築した。
さてさて、「あの時、あなたはどこにいたのよ?」という女の裁きが始まる。
どんどん「新しい企画」を立ち上げる令和法皇に対して、「歴史の審判」をユダヤ女ネットワークは始めるのだ。
先のことは分からないが、神の見ている風景(過去)は女も見ることができる。
晴れときどき殺人

1950年代には、地位にしがみつく者と、学術法則にしたがうものの「ズレ」が明らかになっていた。
彼の権力は必ずしも「天皇という地位」に由来するものではなかった。
そのあたりの「勘違い」を女たちは裁き始めたのだ。
地位と、学術法則は時に連動しているが、地位にしがみつく男もいた。
時計の針は「すべての方向」を向いている。
しかし、学術法則は一定の方向を見ている。
素人はまた、「すべての方向」を見ているのだ。
このあたりに、人気を維持しつづける令和法皇の力量があったし、他のプレイヤーを、勃たなくさせる、あるいは女日照り(懲役)にさせる力があった。
魅力的な女がいて、しかし、射精したあとに「思い出にしよう」という男がいる。
ブートストラップと言われるものであり、女も男も「射精したあと」を予測していないという現象だ。
付き合っていたとしても「愛の言葉」は記録に残さない。
射精する前とあとがだんだん分かるようになる。
そんなことを繰り返していくうちに、「過去の裁き」を行われたら、男もたまったものではない。
BoA Is this love

クイズミリオネアも、一億円払えば、「一千万円当てた英雄」になれる。
これが、芸能界であり、政界であり、スポーツ界であった。
「カネ目当て」「すべての方向を見ている」素人を消すためには、あくまでも学術法則にしたがわなければならない。

マキャベリは、「王子」というものを、親父が持っている「ユダヤ女ネットワーク」つまり、「世界の女を支配する父親」とどう向き合うのか?
という意味において、「世界」が家庭にとどまる普通の男子とは異なり、本当に「ユダヤ女ネットワーク」を父親が持っているということから「王子」(プリンス)であるとした。
プリンス

 
マキャベリズムは、「頼みもしないのに自分の利益になる行動をとってくれる」父親(パターナリズム)を背景に、それでも「いるもんだね、あんなスーパーマン」と言われて、自分に厳しい課題を課さなければならない息子のことをいう。
メディチ家は、ユダヤ女ネットワークをフローレンスが持っていたし、息子のコズモは、父親のユダヤ女ネットワークに、周囲の男子を「おさめて」回るのが仕事となった。
コズモは、女という資産には困らなかったし、男の子たちも「女目当てで」コズモに群がってきた。
フローレンスは、コズモのために犠牲になるダースベーダーであったし、息子はルークだった。
コズモは、ユダヤ女ネットワークを掌握しなければならないという必要性に駆られてフローレンスの書物を読まなければならなかった。
ユダヤ女ネットワークを持たなかった平成天皇にとって、息子たちの選民思想は「機能しない」ものであったし、令和天皇は、「世襲とは何か?」を徐々に明らかにしていった。
プリンス

イギリスのイートン校などは「Virtue&Ritual」と表現し、オックスフォードに進学したら何をすればいいのかを明らかにしていたが、女子高出身のサッチャーが、「亜流」と呼ばれても仕方のないものがあった。
いろんな「世襲制のかたち」は示されたが、父親がユダヤ女ネットワークを持っているという世襲制は、もっとも人気があったし、マキャベリの発明であった。
日本国の天皇制も、学ぶべきことが多い。
このような「マキャベリズム」以外に「戦術」「作戦会議」などなかったし、どの王子も「父の死」など望んではいなかったが。
このような「王子」に、お手元金が必要であるかは明らかではないが、国立大学に進学させる程度の「予算」は必要だろう。
他に代わりがいない、その人にしかできない、という意味では警察と何ら変わることのない公共財であったからだ。
ニュートンの「プリンキピア」は、メジャースポーツを作ったが、
「ゲームセット」「ノーサイド」の瞬間に「光の速さ」が紛れ込んでしまった(ローレンツ変換)。
そのため、アインシュタインは「男女が突き合う」(一般相対論)「離れていても時は同じ」(特殊相対論)の二つに、つまり「セックス」とサードパーティに活路を見いだした。
宇宙においては、物の重さは地球の重力よりはるかに軽く、光の速さよりはるかに遅い。
つまり、淡々としたゲームの方が「最後の瞬間」よりも大事であり、「サヨナラ逆転満塁ホームランの研究」(相対性理論)をしても意味がなかった。
それでも、ニュートンの作ったメジャースポーツに「セックス」(相対性理論)は容赦なく入り込んだ。
笑顔でノーサイド 宮前真樹

法王庁としては特殊相対論の立場から、他人のセックスを眺めて、歌にしたいところだが、一般相対論は、セックスの当事者として「宇宙」を問題にした。
蛍の草原 松田聖子

 特殊よりも一般の方が難しいと語られる理由も「セックスの当事者として歌を歌う」ことの困難さを言った。
女たちの一般・特殊相対論への論評と、さらには宇宙の始まり以前は、始まり以降の姿を「逆転写」しているというひも理論、さらには、「指導の誤り・論評の誤り」から生まれる歴史の「微調整」さらに、2024年に完成するタイムマシーンでも原子爆弾投下(文明批評の指導者による誤り・微調整)までは「歴史の文脈」においては介入できないことなどを示している。
今のイギリスが「ダンケルク撤退」を遂行する資金力がないのと同様、歴史の「微調整」さえアメリカ合衆国が生み出せば、原子爆弾を、作ることは可能であった。
法王庁は、文民統制を、プリンキピア(メジャースポーツ)、相対性理論(セックス評論)、および、ひも理論から行うが、微調整は、「地震・噴火」レベルでも引き起こそうとは思っていない。
カントの「永久平和のために」を踏まえ、日本という国を愛するもの、日本語を話すものを不幸にするつもりはない。
しかし、「微調整」を、どの球団を愛し、どのようなときに人は「重さに耐えられるのか」に関しては介入しつづけるつもりだ。
しかし、「月」の介入だけは、なんとかならんもんか?
どの国の指導者も「月」の介入だけは人間にはどうすることもできないと感じていた。
熊本の豪雨もそうだろう。
月および「誕生日」までは、なかなかこれらのひも理論の「微調整」ではコントロールできない。
そもそも、人類の運命の「逆転写」が、宇宙の始まり以前になされているのか?
それとも、「天体の動き」だけが逆転写されており、人類は「ただ、いるだけ」なのかは明らかではない。
しかし、天体が「その日その時」地球にどんな意味を与えていたのか?
を踏まえて、ひも理論の「微調整」も、サルにはできない高度な文明批評だった。
令和法皇の、「音楽作品の論評能力」は少なくとも日本国で最高レベルであるし、それを法王庁職員に読んでもらうことにより文民統制の強度を増すことは、プリンキピア・相対性理論・ひも理論を踏まえて可能であるし、「月・天体」の介入を予測することも一定程度、可能である。
憲法第九条の「前項の目的を達するために」とは、このような「文民統制」を認めることを意味している。
しかし、芸能界の負の側面まで社会が引き受ける「自衛隊の憲法明記」を行っていいかは明らかではない。
ケプラーは、「月」の介入といっても、取り巻きの女の「月経」にすぎないとした。
それでも、相対性理論(セックス評論)にとっては重要な意味を持っている。
ケネス・ヘーゲンは、取り巻きの女に手を出すから月経が問題になるんだ、とし、少なくとも大学に受かるまでは恋愛禁止にした方がいいのではないか?としている。
シルバーリングに口づけを Melody

ヘーゲンは、女性アスリートは、月経の時にタンポンをしてゲームをした方が、「女性らしさ」を失い、いいパフォーマンスをするとし、あの人のことを思うと力が出た、という女の発想を否定した。
自転車通学 森高千里

さらに、「自分の顔が好き」という人もいいパフォーマンスをするとされている。
タンポポ 私の顔

一番小さなミジンコのような人間にも「重さ」があるとするのが量子論であり、なんでも「微調整」の範囲内にしてしまうひも理論と対立した。
すべての人間は神に作られた作品であるというのならば量子論に軍配が上がるだろうが、歴史は必ずしも量子論の立場には立っておらず、神に作られた作品に脚光を浴びせる量子論と、微調整でアプローチするひも理論は「方法論上の」対立を続けた。
ミジンコのような人間ですら愛せるという量子論は、医者には必要な才能であったが、そのような存在に光をあてるというのは案外難しい。
アドニスのために泣けるというようなアメリカ合衆国は、ひも理論の「微調整」と量子論が共存している。
少なくとも国が「死ね」と言ったら死んだ時代には量子論はなかった。
パリは燃えているか

ニュートンがプリンキピアで、メジャースポーツを考えなければ、セックス理論(相対性理論)も、ひも理論も、量子論もなかった。
「だって勝ちたいんや!」
これがなければ、物理学の発展はなかった。
女の多様性を研究する化学もなかった。
物理学は常に「新しい説明を」求めていたし、化学は、「すでにあったもの」の説明を求めていた。
マドンナ フィジカルアトラクション

月による介入をなくすために「19歳まで恋愛禁止」というのはエジプトの言い伝えであり、ナイルの賜物であった。
新田恵利 トラディション

乙女の祈り、災害をなくす。
瑠璃色の地球

乙女の祈り、災害をなくす。
高橋由美子 おみくじ

乙女の祈り、災害をなくす。
ロマンスかくれんぼ 

熊本の豪雨を、女の子たちの「微調整」が防いだということから、場合によっては自分の健康も「微調整」によって治ることがあることを知りました。
まあ、品行方正に近い生き方をすることだね。
女の子たちの祈りとは「恋」のことばかりかい?と思ってはならない。
それでも国や自分にとって意味のあることなのだ。
売春のことを「世界最古の職業」と呼ぶことが知られているが、「古代バビロニアの寺」に奉仕した女たちのことをいう。
売春かどうかは明らかではない。

宇宙および社会、あるいは自分自身の健康に影響を与える「女の子たち」は恋にしか興味がないではないか?
宮本顕治はこのことから「敗北の文学」において「恋は日本共産党の縄張り」であると主張した。
宮本綱領は、一世を風靡した「革命へのプログラム」であった。
19歳まで処女だったという「ナイルの賜物」の女の子たちを基盤にする自由民主党・原理研究会の浜田幸一は、中曽根内閣総理大臣に、「共産党・民青にもっと敵意を持ちなさい」と野次った。
かつては「一中・一高・東大」の一貫に組み込まれていた麹町中学で「恋を煽った」として内申書に「反体制活動」と記された生徒が最高裁まで争った事件もあった。
「楊子一本で学校というものは崩壊するんだよ!」という厳しい学校の総本山が一中であった。
学校を管理する側としては「宇宙や社会、人々の健康を預かっている」という思いがあり、一部の生徒のことを「腐ったミカン」と呼ぶ憂国の士もいた。
麹町中学事件を参考に「金八先生」は作られている。

レーマ運動とは、端的に「叱られていた花火を試した」「次の台風が北上すると伝えてた」というところにある。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ

バアル信仰とは、この「微調整」をメジャースポーツに持ち込むところにある。
かつては、「反共労務管理」というものがあり、共産主義を信奉する者は「企業にとって致命傷」と考えられていた。
普通のサラリーマンならば「芸能界か、俺は反対だな」と言っていた。
反対どころか、出世に悪影響を与えてしまうのだ。
すべては「レーマ運動」「台風撲滅」「被災者撲滅」が理由である。
嵐にさらされたら「共産党を弾圧せよ」というのは当然であった。
お父さん、やめてください。これは当然のリアクションではなかったか?
おもひでぽろぽろ

学生時代に、左翼のアジを聞いたり、ビラを配ったりする「若気の至り」は誰にでもある。
しかし、三菱樹脂内定取り消し事件において、「左翼活動歴」つまり、「セックス歴」を理由とした内定取り消しを、最高裁は「合憲」と判断している。
親の子育て方針のみならず、子供たちにも「襟をただす」ことを求める企業が存在していいことになった。
この事件においては、差し戻し審において「和解」が成立し、後に、原告は子会社の社長にまで出世している。
このことは、セックス禁止を「19歳まで」とするレーマ運動から、さらに、過度の義務を己に課す「22歳まで」を要求することを意味し、三菱樹脂という企業が「宇宙や社会、人々の健康」を預かる宗教企業であることをも意味する。
私は、先ほどカトリック中央協議会に電話したら風邪が治った。
企業体としても、それは十分、成り立つ論法であった。
いちご白書をもう一度 バンバン

アプリ「マドンナたちのララバイ」
カトリック女たちがあなたのために祈っています。
CoCo 夢だけ見てる

CoCo 夏空のドリーマー

CoCo ちいさな一歩で

集中豪雨、止んでください。
あなたの願いをここに書いてください。
「                」

私が、「集中豪雨、止んでください」と書くと、各テレビ局が大げさに被害を報道する。
しかし、「死者の数だけは正確にカウントしなければならない」(交戦権の否認)とされ、中国では地震の時でもこれは達成されていない。
交戦権の否認は「先進国の義務」とされている。
プロレタリアートの特徴として「自分で考えない、おカネ目当て、仲間を求める」という三つの要素が指摘できる。
テレビ局の「赤化」とは、しかし、日本共産党の躍進は必ずしも連動はしていないようだ。

神道の永遠を決めた四人。
柳田国男、葦津珍彦、折口信夫、小野光太郎。

エジプトのピラミッドには「宇宙の秘密の書」が置かれている。
ジャスミン革命の嵐が吹き荒れたときに、アメリカ軍は「カイロ美術館」を守った。
エジプトだけは、アメリカ合衆国は、「アフリカ」とは呼ばずに「中東」と呼んだ。
エジプト(サブサハラン)には、多くのピラミッドが見つかったが、ナポレオンは、ヘロドトスの歴史書が「事実であった」ということを証明したものの、イスラエルにまで向かうと「ピラミッドは一切なかった」のだ。
まるで、令和法皇だけが偉大であり、息子は「大したことない」と言わんばかりだった。
薬指は「ハートから一番近い場所」というのもエジプトの言い伝えであるが、心臓の小さい私は、「覇権国家の学問に魂を売る」という「パワーボリティクス」を行っている。
シルバーリングに口づけを

日本カトリック中央協議会に伝えておきました。
処女たちの「不老長寿の祈り」の一位を私の父とし、二位を私とするように、不老長寿とは、歴代天皇に名を連ねることであり、それでいながらこの祈りの対象から「女」を除外すること。
女は塵から生まれ、塵に帰っていくこと。
女は「死んでも私のことを覚えておいてもらいたい」(サヴァイブ)、「繁栄するとはどういうことか?生きるとはどういうことか?を証明しない息子を生け贄に捧げる」(サクリファイス)
さえあればよく、この名簿の一位と二位は、すでに埋まっており、しかし今後はおカネ次第で名簿を作っていくこと。
妨害するものの処分を祈りに含めること(反射効)。
つまり、目的も持たない、名前も持たない、愛されもしない1号2号を殺処分とする反射効を持つこと。
乙女の祈り

なお、ひも理論には、微調整をする力があるとしたが、「女になりきれない女」という抵抗が存在する。
恋をしない女の子は「立方体」であり、微調整の抵抗となるのだ。
「心の動きだけは、誰にも止められない」
これが「不老長寿の祈り」の原動力となる。
松田聖子 スター

つまり、乙女の祈りとは「太陽への衝動」を利用するのだ。
太陽に火をつけて ribbon

地球の重力に引き寄せられるように、乙女の祈りは、「原罪」とともに一定の方向に誘導されるのだ。 
反射効は、空間がある限り加速していくし、自分の人生が落下していくのを悟るだろう。
絶対空間においては、カトリック中央協議会が「不老長寿の祈り」を行ったら、敵は加速度をつけながらどんどん落下していくだけであるが、相対空間においては、敵にも様々な人間関係があり、落下に抵抗する。
しかし、「卑怯者の名前はディナーで名前を出されるのも不愉快」というあたりでまとまっていくのだろう。
ケネス・ヘーゲンは「女たちもなかなかまっすぐ想いを伝えることはできないため、不老長寿の祈りといっても紆余曲折あるだろう」としている。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ

あるいは、乙女の祈りに逆らった男でもネームバリューが大きければ、かなり大きな円弧を描いて落下するだろうという推測はなされた。
どのみち、乙女たちの祈りには紆余曲折があっても逆らえないとも思われる。
流体力学も、風の吹かせ方は一定程度、コントロール可能だ。
太陽への衝動(日の丸)が嵐を引き起こし、月が介入する。
このあたりの「女の子の気持ち」をよく理解しないと「流れ」というものはできない。
惑星や衛星の「3分の2」パワールールがというものがある。
金星や木星、土星は「太陽の3分の2」のパワーであり、月は地球の3分の2のパワーであるとするものだ。
いずれにせよ「恋をするパワー」のことを言っているものと思われ、女の子宮から沸き上がってくる「友達にも言えないもの」のことだろうと考えられる。
うれしい たのしい 大好き ドリカム

女の子たちの「恋するパワー」は重力に人間が逆らう力をもつ。
これをうまく利用することになる。
あとは、「予言を証明」することだ。
酒井法子 トライアゲイン

プロ野球選手も、結果を出し、モテるようになり、さらに結果を出すという形で、女の子たちのパワーを利用していかなければならないし、それは政治家でもサラリーマンでも同じである。
肉声のない政治家など誰も望んでいないし、器が大きければ大きいほど「4乗」になって世論や批判に耐えられるようになる。
もはや、秋篠宮など誰も望んでいない。
【華厳宗について】
中国の「仏教史」も予言によって成り立っていた。
端的に、予言を的中させると「私は日本人であり、日本人は私である」
「ワンフォーオール・オールフォーワン」と呼ばれる現象を引き起こし、円が高くなり、国力が強まる。
円高になると、人々は外食をし、仲間を作る。
予言の話題をしたいから外食をするのか、それとも円高を背景に外食をするのかは明らかではない。
女たちは、男と恋に落ちて、別れたあとにも「聞きたい言葉」があった。
それは「ナイスおっぱい」という言葉であった。
CoCo なぜ

仏教は、そもそも紀元前6世紀から紀元前4世紀頃にかけて作られたものだ。
ダッカ「苦」から自由になりたい人間の欲望を利用して広まった。
「頭からっぽ」
これがもっとも苦から自由である状態であるため、「涅槃とはどのようなのか?」という問いに仏教界の中枢は沈黙した。
「長くはつづくまい」
このような「涅槃への愛の言葉」は記録には残さなかった。
BoA Is this love

国民全員が「頭からっぽ」になる幸せな時代に「ダッカ」を背負った「予言者」は出てこざるを得ない。
幸せな時代は、ひとつの出来事で簡単に大混乱に陥るからだ。
円安基調とアジア経済の発展が、小泉政権を支え、国民は「頭からっぽ」になっている。
この時に、アジアの一角をなす、北朝鮮(日本は国家承認していない)から、ブラックメールが届いた。
政権の安定感を見たというよりも、国民の頭がからっぽという「円安」を見ていた。
「日本国に北朝鮮予言者を作る」
これを狙ったのだ。
私は「ノストラダムス予言者」出身である(1999年)。
幸せな時代への「愛の言葉」など誰も記録には残さない。
中森明菜 禁区 

幸せな時代は国民全員が「頭からっぽ」であった。
涅槃、それは記録には残らないものであり、「空」であった。
ダッカ(苦)が、私は日本人である、日本人は私であるという予言者を生み出し、為替は常に上下している。
「幸せ、頭からっぽ」と「大混乱、予言者」の間を行き来していた。
幸せな人たちは、「いざ」というときには、誰を「予言者」と認めればいいのかを考えたし、ダッカ(苦)に満ちた状態では、円高になった。
株高・円高・土地高のバブルの頃は、「予言者」(東大文一に受かった私)もいたし、国民は涅槃にいたし、ディズニーランドを作る政治家もいた。
バブルとは「苦しみ」(ダッカ)と、涅槃「苦のない世界」が共存した、「偶然の産物」であり「国中が個性のかたまり」であった。
私は、円高が進むたびに自分の注目度が高まるのを感じた。
円安の時は「心にダムを抱えた嫌われもの」であった。
努力は、円高の時にディナーで話題になるものである。
ミスター円、それは「ダッカ」(苦)を抱えた榊原英資のあだ名であった。
なにしろ、仏教史には、ダッカを抱えた人物しか記録に残らないため、「涅槃とは何か?」を後生の人は、知るすべもない。
カート・コバーンは、自殺してパフォーマンスをした。
全米が「クリントンの夢」に酔ったときのことだ。
目立ちたいから自殺するというということは三島由紀夫もコバーンも仏教徒であることを意味し、夏目漱石の「こころ」の先生のように「ユダヤ女ネットワークが機能していない」「自分のような悪人でも生きていけるのならば国は滅ぶ」というユダヤ教的自殺とは異なるものだ。
ニルヴァーナ

 
少なくとも「華厳宗」(東大寺)の教えだけは、歴史に残らない「幸せだった」人々や、ダッカを抱えた歴史上の人物の存在を理解していたし、「頭からっぽ」の男をバカにはしなかった。
「幸せなおつむしてるな」
これが華厳宗の教えであり、涅槃を表現していた。
株高・円高・土地高を支えるのは「民族の複雑さ」であり、「後の世に苦労を残したくない」という私の発想がバブル経済の実現を困難なものとしている。
女を口説くというよりは「国家統治の全体像」を仏教は見ていた。
また、若者の「ダッカ」も大人たちは見ていた。
日経平均株価チャート

どの国も「通貨安競争」をしたがる。
しかし、「世界にメシアを」と言ってこれをやめさせようという動きも起きる。
ダッカに満ちた男が「くだらない人生」と言われるのは通貨安の時だからだ。
ブランキージェットシティ ぺピン

そもそも「苦しむ民衆」と言っているうちは、歴史が分からないことになる。

令和法皇、宇宙を語る。その一

その二 その三

実は、なぜ「華厳宗」(東大寺)と予言の関係を話したかには理由がある。
世の中には「肉」(怠け者・ただ生きているだけ・いじめっ子・涅槃)と「魂」(ダッカ・苦に満ちた人・苦しむいじめられっ子)の二種類がいるのだ。
羽毛田信吾が「肉・涅槃」にいるいじめっ子ならば、令和法皇は「ダッカ・いじめられっ子」である。
宮内庁内部では、羽毛田信吾は、「令和法皇に毒物を盛りいじめている」として人気を誇っているが、組織内部の「世論と隔絶した体質」をダッカは「町内会の話題にすることができる」のである。
いじめっ子・ただ生きているだけ、の人間を住みづらくするのが「円高」であり、それはもはや「国レベルでの予言」であった。
実生活においても、いじめっ子は、「円高で世間で肩身が狭くなる」のだから、為替と株はいじめっ子・ただ生きているだけの人間を社会が受け入れるかどうかの指標となる。
皆さんも、華厳宗にしたがって、組織の内部告発を「株や為替で」行う、ということをすれば、いじめっ子は居場所を「実生活でも」失うことになる。
宮内庁のハメハメハ大王、羽毛田信吾の実生活を「貧しく、肩身の狭いものにする曲」
世論に訴えるのではない。本人に「おカネの面での」罰を与えるのだ。
南の島のハメハメハ

ただ、「内部告発」をするのではない。
事実上、「民事訴訟における損害賠償請求勝訴」を意味する行為が華厳宗と「株と為替」にはある。
メカニズムは明らかではないが、皆さんも「ネット民事訴訟」を活用してみてはいかがだろうか?
「令和法皇のユニークさ」があなたを救うかもしれない。
社会の膿を出しきったら「バブル経済到来」ということにもなりかねない。

母と「男を奪い合うから」女の子は男に挨拶をする。
男は「父と戦うために仲間がほしいから」男に挨拶をする。
「仲間作りやおカネの対象」でなければ挨拶をするメリットはない。
「こんにちは」と言われたら「儲かった」と思うのが人間だ。
昔は、校門に立って「おはようございます」と挨拶をする政治家の卵もいた。
父がその人を知っているから、母がその人を知っているから息子や娘は挨拶をする。
それでも「おカネ」にはなる。
世の中の「資金メカニズム」をよく理解しなければならない。
家計簿・小遣い帳は、「タバコ代」を調べるためにある。
しかし、それとは異なる「裏帳簿」は概念せざるを得ない。
女は、本当は「ナイスおっぱい」という言葉を聞きたがっているが、そのような関係ではないのならば「普段着」を褒めるしかない。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

私は、アメリカイルミナティのメンバーとして、2017年にロサンゼルスドジャースをワールドシリーズ制覇に導いている。
仲間が多い、何かやってくれそう、というのが「恋をする理由」であることを踏まえて、私はロサンゼルスドジャースのシャツを買うことにした。
政府も、定額給付金を国民にばらまくのならば「錬金術」も教えなければならない。
世の中において「新参である」ということは「失敗するパターン」と呼ばれ、そのために、自分の父や母が「知っている人」ということは重要な要素となる。
「挨拶をされる」
そのためには「普段着」までしっかりしなければならない。ましてや、ドジャースのワールドシリーズ制覇に貢献してドジャースのユニホームを着るということは「失敗するパターン」を逃れるためには必須であった。
みんなが、「常に同じ場所」にいるわけではなく、全員が転勤や転職、配置転換などを繰り返していたため、みんな「失敗するパターン」というリスクを抱えていた。
そのためにメジャーリーグなどが必要になったし、時には芸名も必要となった。
新参であるという「失敗するパターン」を克服するためには、すでにいたメンバーにとって「父と息子」「母と娘」ときには「カップル」のような「戦い」において戦力と見なされなければならない。
そうでなければ「こんにちは」と言われることもないのだ。
「打ち合いになったら職人」
そのように呼ばれるためには、時には「将来性」すら利用しなければなるない。
「他に戦わせたい奴がいる」となるとかなり打ち合いに有利に働く。
大関が陥落すると、しかし、「選ばれることを待っている処女」が大勢すでにファンとして存在したり、父や母が「知っている」ため、平幕で続けるのが困難となる。
ましてや横綱となると「勝てないのならば出ていく」しかない。
何が「射精の原因か?」をかなり男性中心主義的に見ていかないと、無責任に「大関・横綱昇進」を認めることは難しい。
時には政治生命(力士生命)すら縮めてしまう。
北の富士 語る

双羽黒失踪

雅子さまに「おカネを盗まれた」朝青龍や琴光喜のようなものもいれば、北の富士や双羽黒のような「力のない者」もいる。
一方で、下手に平幕が優勝すると「勝ち逃げは許さない」という男たちの「女をめぐる争い」に巻き込まれる。
横綱には横綱の大関には大関の力があるけれど、ケガをしたくないから八百長をやってしまう。
徳勝龍

しかし、平幕優勝をすると、毎日毎日、メディアをチェックするため、その世界の常連になる。
パチンコも「勝たせること」からお客さんへの入り口を作っている。
力士は、まぐれ(フロック)を引き起こしたら、女たちが寄ってくる。
しかし、いかんせん「中卒ヒエラルキー」の頂点に過ぎないため、無口な方がモテる。
つまり、右四つ失語症が「王道」なのだ。
朝乃山はそれで大関になったし、徳勝龍は、突き・押しとたまに左四つを用いる「バカなおしゃべり男」だった。
無口で話を聞いてくれる歴史上の人物、これが力士に求められた才能だった。
「男が無口で、女がおしゃべり」というのは「心のルール」と呼ばれた。
心のルール 穴井夕子

心のルールさえ成立すれば、学歴社会という「秩序」さえ無視する、そのため、彼氏が右四つの力士だということは100%の恋人とも呼ばれた。
酒井法子 100%の恋人

案外、女社会は、ガチガチのヒエラルキーがあり、女は「男運」だけが頼りだった。
他の女を抜き去る瞬間、世界は自分のためにある、と考えた。
高橋由美子 だけどI love you

蒸気船も、電車も飛行機も、インターネットも電報も電話もいまだ「共存」している。
「情報を載せる量」が違えば、値段も安くなる。
インターネットがなければ「格安航空チケット」もなかった。
つまり、男社会の「序列」も、女にとっては「男のお手頃感」という序列で成り立っていたのだ。
しかし、若い女の子に「男のこのような予言」をする力があるであろうか?
AKB48 ノーカン

北の富士が、「栃の心が大関になることは一年前には分からなかった」と語っていたが、昇進とは「技術の向上」をいい、どのような技術が用いられているかは解説がなされているものの、「失敗から学ぶ」以外にその方法はない。
そのためには、部屋が官僚的なものであってはならず、「失敗しても予算を切らない」という発想が必要になってくる。
失敗に罰を与える、と言うよりは、「学んでもらう」という姿勢が指導者には求められる。
のちに栃の心は、大関から陥落しているが、ケガをしたら技術以前の問題となる。
読売ジャイアンツや、阪神タイガースのような「巨大組織」には、失敗しても予算を減らすなという「のびのび野球」は通用しない。
組織の「巨大さ」の問題なのである。
GG 佐藤

おカネとは、「金額が数えられ、女が買え、すべての女に通用する」ものである。
彼女にフラれるのが確定している「管理野球」のもとでは、とんでもない「呪縛」にはまってしまう選手もいる。
守備で失敗し、予算が減らされると、打撃に関する「情報を買うおカネ」もなくなる。
エラーをしたあとにバッティングで「汚名返上」が必ずしもできるわけではない。
失敗したときはこのことを熟知している「プランナー」に頼るしかない。
「汚名返上」をするようであればプランナーがうまく機能している。
中堅どころは、プランナー次第で昇進が決まる。
北の富士にも「分かるわけがない」部屋の事情があるのだろう。
番付表とは、決して「偶然の産物」ではない。
「自分が何を得たのか?」を端的に表現したものなのである。
ノイズの少ない「部屋」という空間でどれほど多くの情報を得たかが重要だ。
ぶつかり稽古するのが怖いと思われて、ちゃんこに毒物を混ぜられることや、靴下を履かないと糖尿病になることなど、いろんなことがすべて「情報」なのだ。
相撲とは「神(天皇)の見えざる手」が介入しやすい世界である。
天皇の言うことを女に話して、作家として売れば「星が買える」のである。
私も、優勝した力士に「賜杯」を出している。
神(天皇)が考えていることは常に「配分的正義」(他人のセックスを気持ちよくすること)であり、かつては「ハワイ勢」が、今はモンゴル人が自分の本国を豊かなものにしている。
高見山のスポンサーはニクソンであったが、昭和天皇(私の祖父)とニクソンの関係は明らかではない。
ニクソンは自らの自伝「指導者とは」において吉田茂のことは記しているが、昭和天皇の「神の見えざる手」に関しては沈黙している。
夢に向かって大渋滞である大相撲やプロ野球の世界で、「失敗しても予算を減らさない」というプランナーは、どのスポーツにおいても必要であったし、プランナーもその代わり、どこからか資金調達してこなければならなかった。
私がハイスクールの時にホームステイしたユダヤ人家庭のファーザーは「スーパーソニックスのプランナー」であった。
男は、「学んだこと」に対してはなんの報酬も受けない。
「どのように生かしたか、女たちに話したか?」に対してGDPは反応する。
つまりはインプットではなくアウトプットが大事なのだ。
東大生のような偏差値BOYは、模試で有名だったという人が多いだろうが、大人になったら「女たちに有名」というかたちに切り替えていかなければならない。
司法試験に偏差値を持ち込むことがナンセンスなのである。
「我輩は猫である。名前はまだない」
これは、女たちが「あんな男になってみたい。想像の世界で私を従属させたい」という「一人上手の癖」を意味する。
ribbon さよなら  

エラーしたあとに打席に入って「汚名返上」というわけにはいかない理由は、案外、ベンチで落ち込んでいるときに、「自分の内臓」となっている「落ち込んでいるときに歌う曲」を、チームメートが隣で口ずさんでくれなくなるなどの理由がある。
この行為も「おカネになる」「チームプレー」だとするのならば、仲のいい「カラオケ仲間」にしか分からない「情報」である。
女性ボーカルは「処女」を演じる「お約束」がある。
周囲が、「この処女を譲ってやる」という意思表示をしなければならない。
歌うだけならば簡単だろう。
審判までもが「処女を譲る」かは明らかではないが、プランナーやノムさんの「資料」に何が書いてあったかは、これを探るしかない。
プロ野球の監督が「経営学」を講義できるようになる理由も、あくまでも「人間らしさ」(ヒューマニズム)を知っているからであり、今後の、メジャースポーツのあり方として「処女の歌を歌う」という可能性は指摘していい。 
ノムさんの「資料」に何が書いてあったかは墓場まで持ってかれてしまった。
ニュートン物理学って何?と思うだろうが、重力に抵抗する「処女の力」の研究だ。
英国王室のアイデンティティでもある。
どの選手がどの女の子を好むかは明らかではないし、そもそも「アイドルファンは視力が悪い」ことを考えると、案外、監督の方から一方的に押しつけることが可能である。
愛の炎 モーニング娘。

そもそも、英国王室の王子は「オランダ美人か貴族院議員から」嫁をとることになっていた。
それならば、「男は別の男の、女の存在、に嫉妬する」ことを踏まえて、令和法皇が好きな曲を歌ってもいいことになる。
ノムさんの「データ」というのは日本国の歌謡曲の歴史に満ちていたのだろう。
角ピッチングコーチは少なくとも、ノムさんのもとで、石井一久に「おい、うのが見てんぞ」と、「女の話題を出した」とテレビで発言している。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

女とはオレンジ公ウィリアムから賜るものである、とも言われ、案外、選手のプライベートまで知らずとも、「国王」(天皇・法皇)さえ知っていればよかった。
しかし、ノムさんのデータは「天皇制の混乱」を基盤に複雑化し「ID野球」と皮肉られた。
中森明菜 リフレイン 

さて、「資格を取って手に職をつけて」と言っていい「肉」(いじめっ子・ただ生きているだけの人)と、教会を導く側である「魂」(いじめられっ子・努力家)の違いを指摘したい。
「勉強します」とは、肉のためにある言葉であり、魂にとっては「当然のこと」であった。
「肉」の方が「地位にしがみつく」という特徴があり、資格のために勉強した。
魂は、筋骨隆々としており、性欲があり、放っておいてもモテた。
そこで、フィリップ牧師は、「資格」というものを作り、勉強する内容は「女心である」とした。
平成を生きた官僚は、平成天皇が「地位にしがみつく肉」だったため、なんのテキストも与えられなかった。
そこに令和天皇(法皇)が、官僚たちを「天皇を補佐するもの」としてしまう温床を作った。
魂に資格など関係なかったし、どんどん「女心」をクリエイトしていった。
花になる 奥田民生

政治家は魂であり、官僚は肉であった。
顔が、肝臓の、リバーフルークにやられてどす黒く、歯がボロボロになっていた20代の東大法学部出身者の「才能」をいち早く見抜いたのは小沢一郎だった。
令和法皇の出生の秘密はここにあった。
「あいつにはなんの資格もやるな。経典を書かせよう」
中曽根康弘も同じ考えであった。
肉が官僚であり、魂が政治家である。
人間には二種類しかないのよ?
時代を創る人、その中でいきる人。
人を感動させる人、感動させられる人。
舞台に上がる人、それを見ている人。
「月下の棋士・かをり」
魂が「いつ」時代を作り、人を感動させ、舞台に上がるか?
「その時」を人々は待った。
神社仏閣・教会なども平成の時代には「資格を持っただけの肉」が横行した。
天皇が「教科書を書かない」というのは君主制にとって致命傷だった。
肉・魂・人間(資格と女心)だけが、世界の「ムーブメント」だった。
華厳宗も、この「ダイナミズム」を利用して株価をつり上げていた。
若者を見たら肉か魂かをよく見極めることだ。
地位にしがみついてなんの経典も書かない奴を政治家にしても仕方がないからね。
氷室くんは知らない。三段の人間がどれほど勝ちたいかを。
「月下の棋士・鈴本」
有識者は、鈴本を「俗物」「肉」と呼んだ。
女性ファンが大勢いればプロであることを鈴本が知らなかったからだ。
さて、東大法学部を私法学科(一類・クリエイター養成所)、
公法学科(二類・一流芸能コース)、
政治学科(三類・キュレーター、評論家養成所)
と位置付けることがここで可能となった。
「ネット民事訴訟」を考えた華厳宗東大寺は、肉と魂の妥協点を「令和法皇」(女心を語る政治家)に見出だしていた。
今日は本当に日経平均株価が「500円近く」値上がりしたため、地位にしがみつく肉が震え上がった。
仏は時には「命」まで取るものだ。
そこで、肉と魂は妥協点を見いだそうとしているが、「次のアタック」はすでに起き始めている。
本当に「アメリカにいるような感覚」を日本人が味わうまで株価は上がり続けるだろう。
「肉と魂」は、英語で「Body & Soul」と呼ばれている。
SPEED Body&Soul

「欲しいものはいつも溢れているから」(肉)
「バッドデイからラッキーデイ、続いていくもののさ」(魂)
「あまい恋の駆け引きは言葉だけじゃ足りないから」(天皇の人間宣言)

steady(特定のパートナー)も、「魂」が想定されている。
SPEED Steady

いつもの仲間(肉)
変わり始めている私、世界中でたった一人の(魂)
偶然ではなく運命(天皇の人間宣言・宇宙論)

さらに、欲望に正直なだけ、満たされてたい(肉)
今が旬の毎日だから(魂)
Go Go Heaven(天皇の人間宣言)
SPEED Go! Go! Heaven

とも、表現される。
東大法学部は「芸能界と同じである」という考え(天皇の人間宣言)に清宮四郎は「梯子をはずされた」という衝撃を受けている。
肉と魂と天皇が一体(天皇と国民はひとつ・国体概念)というものとともに株価を見ていくしかない。
だんだん「魂」が「肉」を圧倒していくのが分かる。
SPEED White love

「ITバブルは部落民女のポルノによるもの」とされているが、「SPEEDが時代の空気を作った」ものと考えられる。
SPEEDとは、「魔女裁判を経たあとのルター派」だった。
なんだかパッとしない毎日(肉)
やりたいことモタモタしてたら乗り遅れちゃう(魂)
シャワーしてメイクしてラズベリーのパン頬張って(天皇の人間宣言)
SPEED Wake me up

肉(ただ生きているだけのいじめっ子)が株価を押し下げ、ボートフォリオの世界では「悪魔」とよばれている。
一方で、株価を押し上げる「魂」は、ポートフォリオの世界では「天使」と呼ばれている。
繰り返すようであるが、肉=悪魔に居場所を「円安」として用意しながら、魂=天使が株価を上げていく、時には肉=悪魔の居場所すら奪ってしまう。
これを「ネット民事訴訟」「華厳宗」と呼ぶ。
日経平均株価チャート

あの空を越えて生まれゆく「魂」よ。
自分に負けないで。
誰にも(肉)負けない。
True love(天皇の人間宣言)
SPEED All my true love

ヨゼフ・アルボは、「怒ると怖い」ではなく、「怒らせて判断を間違えさせよう」と考えた人物だ(怒りの哲学)。
魂は、怒っていた。
肉は、怒らせていた。
魂の判断の誤りから、株価は常に上がり続けるものではないことが分かった。
本日は「200円近く」株価を下げた。
怒りをどのように沈静化させるかが課題となった。

絶え間なく打ち寄せる波(肉・いじめっ子)
まぶしかった過去(魂)
愛を止めないで(天皇の人間宣言)
SPEED Alive

アルボのアラゴン・カスティリャ朝も、イングランド銀行およびシティの株価に国運を委ねていたし、「肉・魂・人間」というトライアングルから富を生み出していたという意味ではカトリック国であった。
魂の沈静化、いじめられっ子の「怒りの救済」が課題となった。
大阪パフォーマンスドール 笑顔に大接近

いじめられっ子(魂)の怒りさえ鎮めれば、国の経済が右肩上がりなのが分からないかな?
モーツァルトのレクイエムはそのようにして書かれた。
モーツァルト レクイエム

アルボは、怒りを「原則」(女をめぐる問題)と、「根っこ」と、「枝」に分けた。
根っことは「過去の成功体験」てあったし、原則、つまり、そのことに対して正当な評価を与え、女を与えれば、怒りが治まると考えたのだ。
原則(人を正当に評価し女を与える)さえ間違えなければ、怒りは枝として枝葉末節な問題となった。
大阪パフォーマンスドール チェリーパレード

家庭内での怒りも「高校・大学にいけば女なんて山ほどいるだろう」という思いが親にはあるし、社会人としての「原則」も、なにも「24時間、プライベートまで拘束しているわけではない」という考えがあった。
経営者には「従業員がどんな恋愛をしているのか興味を持つ必要はない」というのが労働法の考え方であり、元長野県知事の田中康夫は、この「原則」を間違えていた。
まだ何者でもない、何者にもなっていない男に「口説き文句」を教えるのが天皇の仕事であり、執筆活動そのものがレクイエムであった。
カトリックの「怒りの哲学」は、しかし、「アイドル女」(偶像崇拝)よりも「実物の女の方が優れている」としている。
霊「魂」の不滅と、「肉」体の消滅のために「神(天皇)の見えざる手」は存在し、いじめがなくなることは「革命」を意味するが、
それは世界史では「失敗したもの」とし、君主制が「正解」であろうと現在でも考えられている。
右肩上がりの経済とはこのような美学から生まれているのだ。
松浦亜弥 美学

コーデモイは、どんな小さな男にも「可能性」を見出だしたというという意味では、現在の「ビッグバン」=量子論の先駆けとなり、「カップルの発信力」は、卑怯ものにはないとし、霊魂の不滅のために音楽作品を作った。
かぐや姫 神田川

量子論は、ひも理論に比べると「予言・微調整が困難」という指摘があり、実際に、量子論の立場に立脚する論客は「計算でごまかす」という特徴がある。
これは、論理学(仕事学)にも言えることで、変な記号で「仕事とはなにか?」をごまかしてしまうのだ。
私は、量子論や論理学とは「距離をおいている」というよりも、そもそも「何を言っているのか分からない」という感想を持っている。
それでも、量子論の意味は、「一番小さなミジンコのような命を愛する」というものであり、論理学は、「令和法皇の文章を読む」ということであった。
コーデモイは、ここで「量子論」「論理学」とは、「肉」の惨めな人生を富に変えようと思ったんだよ、
と衝撃的な発言を行った。
「肉」体の不滅こそが量子論・論理学であり、霊魂の不滅を信じながらも、肉体、つまり滅びる宿命にある「いじめっ子」のことを歌っていたとしたのだ。
霊魂は常に「メディアの寵児」であり、「あなたの彼女」になりたいと歌われた。
松浦亜弥 あなたの彼女

量子論、論理学は「演歌」の特権とされ、日本海であった。
肉体が日本海ならば、霊魂は太平洋であった。
ここに、世界のスーパーパワーである日本国が誕生した。
いじめはなくならない。
しかし、量子論・論理学として、銀閣寺と位置付けられ、霊魂は金閣寺と呼ばれた。
金閣寺は何度も放火された。
北の宿から 都はるみ

デカルトがJ-POPならば、コーデモイは演歌であった。
デカルトが霊魂ならば、コーデモイは肉体であった。
デカルトが「いじめられっ子」ならば、コーデモイは「いじめっ子」だった。
コーデモイは、女たちに「どうでもいい」と皮肉られた。
避暑地の森の天使たち

コーデモイは「そりゃ、デカルトは乙女の祈りを握っているから、私も敵わない」と語った。
しかし、「いじめる側」も根強い信者を持ち、のちには「左翼」さらには「仏教」を形成していくことになった。
「ひも理論による微調整」だけはデカルトが握った。
肉(いじめっ子)は、たしかに日経平均株価を相手にしていると、「下げ圧力」「悪魔」と呼ばれるほど強かった。
しかし、天使・上げ圧力は、天皇という「人格的統治者」の力量に頼りきっていた。
天使か悪魔 高橋由美子

いじめられっ子(魂)は、デカルトの縄張りであり、処女たちを味方にしたが、なにしろいじめっ子(肉)よりも「頭を使う」ため、精子が出た。
女の子たちは、これを見ていたのだ。
「精液って美しいものよ?」
この心理が分かるだろうか?
天使の館 酒井法子

人間社会は、時に「工業高校」のように「肉と肉」の潰しあいがなされることがある。
このようなときに「女の子達の支持」が必要となるため、演歌に詳しい、都会に近い必要があった。 
田舎では怖いもの知らずでも、越境したら「通用しない」ことがある。
修二と彰 青春アミーゴ

肉と肉ならば、カマを掘りあって終わるだろう。
他人を蹴落とす東大生もいたが、体が貧弱で社会人としては落伍者として終わっている。
精液がでない男は、男たちにはモテる(荷が重くない)だろうが、所詮、処女たちの関心の的にはならなかった。
天使のアリバイ うしろゆびさされ組

なぜ、女子高生は、令和法皇とその父の不老長寿を祈るのだろうか?
女は「死んでも私のことを覚えておいてもらいたい」(サヴァイブ)という祈りと、息子が「生きるとはどういうことか?繁栄するとはどのようなことか?」を証明しなければ生け贄に捧げる(サクリファイス)という二つの「人生を謳歌する方法」を持っており、
塵から生まれ、塵に帰っていく存在てある。
杉田二郎 息子

熱く燃えたセックスも、永遠の友情も、国の治め方も、高貴さも、すべて「天皇の記憶」に残るのだ。
永遠に友達 瀬能あづさ

令和法皇の父はソクラテスであったし、令和法皇はプラトンであった。
恋人たちを「情報に満ちたもの」にし、自殺を禁じた。
昔は、練炭自殺というものがあったが、今は令和法皇の読書会となった。
真冬の恋人たち 松田聖子

ヨーロッパ中世にせよ、イスラムにせよ、令和法皇の「記憶」によって成り立っていたし、タイムマシーンは2024年に完成する予定である。
不老長寿となれば「知識」は増えるであろうが、どのみち日本人は普通の国民であるのならば「一回限りの命」ではあっても、死というものはなかった。
タイムマシーンと、乙女の祈りはこのように「国民」と「天皇」というものを区別した。
国民は「肉」であり、一回限りの命であったが、「魂」は天皇となった。
魂に「知識・記憶」が生まれ、そこでようやく「男を崇拝する」宗教が誕生した。
赤いスイートピー 松田聖子

「国民の方がセックスが気持ちいい」という「一回限りの命」のメリットも指摘されている。
ここで「天皇と国民はひとつ」という国体概念も成立した。
天皇は国民の「もう死んでもええ!」「アーッ、知性が私の中に入ってくる」というものに奉仕する存在であった。
「知性」それはセックスを気持ちよくするものであったし、天皇陛下からもたらされるものであった。
「乙女の祈り」というものもこのことから生まれているのだ。
普天間かをり 祈り

子供ができたら令和法皇の言っていることの意味が分かるとも言われる。

ケプラーは、「女の追っかけがいる男」が勝つだろう、としている。
女たちは「追っかけ」のために時間を浪費している。
だったら、目的の男を勝たせるために「体」さえ使うだろう。
女社会の「序列」とはすでに固まっているものであり、その壁をぶち破るために女たちが暗躍したのだ。
三井愛佳 私の魅力に気付かない鈍感な人

 
もちろん、「彼のブログ」は熱心に読んだ。
間違いなく、「彼」はクリエイターであったし、東大法学部が喉から手が出るほど欲しがる人材だった。
そのため、追っかけとブログの読者と、体を使う応援団を兼ねていた。
結局、「私を人類の進化に使って?法学者さま」という境地だったのだろう。
待たせておくのも申し訳ないのでしっかりと「ブログの更新頻度」は維持した。
松浦亜弥 S君

「彼」が成功して、女に与えられたのは「芸能界の役」であった。
あるいは、すでに「役」が与えられている女は「この人は」と思う男を常に探していた。
地球のマントルには丸があり、周囲を三角が取り巻き、地表では四角となっていた。
つまり、「地球の奥底に沈める」悲しいバロック音楽をマントルで聞き分け、女の三角関係がうまく均衡を維持し、地表では「仲良し芸能人」を演じていた。
深津絵里cm

 
いじめられっ子(魂)は人の痛みが分かる。
失恋したときに「彼」の才能に気がついた。
人間の悲しみを地球の奥底に沈めたのはバロック音楽であるが、それを解釈したのは「彼」だった。
音で「悲しみ」を表現したときに、政治コミュニティは、「最後の審判」を恐れなくなっていた。
肉(いじめっ子)といじめられっ子(魂)の明暗を分けたのも音楽であった。
あなたよりも愛していたい 国生さゆり

地球の奥底に沈んでいる人間の悲しみ(ユダヤの悲しみ)を掘り起こして「評論する」この作業は「肉」(いじめっ子)にはない才能であり、魂(マハトマ)にしかできないことであった。
パリは燃えているか

真剣勝負を「彼」はやっていたし、多くの後悔から学習もしていた。
人生には「失敗」の方が多く、傷ついていたが、それでも「神」を信じていて陽気だった。
おそらく「世界最高の教師・アリストテレス」と出会ったのだろう。
アリストテレスと出会ったかどうか?
それだけを問題にしていたのであり、「儀式」などどうでもよかった。
失敗の数の多さ、そして勝負師であること、そして「陽気さ」を問題にした。
書く文章はたとえ「重く」とも、彼を愛した。
近くにいる女は速く、離れている女は遅い、ケプラーはそのように表現したが、速い女から遅い女へと情報は確実に伝わっていた。
「のんきに構えてる」
八月、最初の水曜日 渡辺満里奈

実は、これらの考察を踏まえて、株式会社DeNAに、モバコインの裏付けのあるDeNAエンジェルチャペル(女子高生教会)を作ったらどうか?と企画したのだが、読売ジャイアンツやヤクルトスワローズなどの「東京の」球団の方にニーズがあったようだ。
砂漠には「家庭内に病人が」いたりして、横浜よりも現在、本気度が高い。
サンドベージュ 中森明菜

はじめに言葉ありき、少年は、「ユダヤの悲しみ」を知っている女たちにこれを後の人生で理解しないと生け贄(サクリファイス)にされることを知った。
女にモテなかったじいさんが家に火をつけたのを目撃したからだ。
父と息子はライバル関係にあった(神は死んだ)。
母は、息子か父に勝たなければ「戦争で死んだ」と言って自慢するだろう。
女社会の序列は息子を生け贄にすることで成り立っていたし、息子は父に勝たなければならなかった。
マザーファックするような柔な人生ではなかった。
東大生のなかにも「坊や、白いもの出た?」という育ちをする坊やもいたが、「神は死んだ」「サクリファイス」の二つこそが両親との関係であり、「はじめに言葉ありき、なぜなのパパ」と少年は、錯乱したじいさんを見て語った。
女たちの取り巻きを作るとは、それほど困難なものなのであった。
サクリファイス エンディング

はじめに言葉ありき、とは、失恋した女たち(悔い改め)が言葉を作ったことを意味し、植えたばかりの木も、「50年生」になれば立派になる。
日本の林業も、50年生を迎える木が多く、外国の樹木に決して見劣りはしない。
シネマのヒロインが、少年には「救い」になるだろうが、19歳まで恋愛禁止とされているのがシネマスターだったため、妹や母親に逃げる者も多い。
「強さ」を求めるものにはないものであり、「精液とは美しいものよ?」という女たちがいるのも「強い男への男性崇拝」(宗教)だった。
子供のいない男は、「肉」であり、病人であり、株価が下がるのはなかった「取り返しのつかない社会の病気」(いじめ)であった。
少年愛は、これらを正確に理解した上でなりたっているものである。
美少年が失っていくものの代わりに得るものが男の魅力とも言われ、「肉」の正体を明らかにするのも有効な経済政策であろう。
1986年のマリリン 本田美奈子

男にとって「仕事」とは、家庭で育ち、学校で学ぶことなのだ。
男になって「ザーメンちょうだい?」と女に言われるようになれば、どんな仕事でもできる。
どの企業も設立当初は「AVメーカー」だからである。
精液が出るだけで女二人の奪い合いになる。
Wink 愛が止まらない

男の人生ってのは「神は死んだ」「サクリファイス」と常に向き合っており、精液すら出ない男(肉・いじめっ子)というのはどうしても株価を下げざるを得ない。
誰もが「明るい社会」「いじめのない社会」を望んでいるわけでない。
このような「精子のでない男」の研究を「物象化論」と呼ぶが、その実態を明らかにしても必ずしも株価にはいい影響は与えない。
「売り豚」の実態を明らかにして経済効果があるのかどうか?
今のところ「日経平均株価を千円以上下げた」という記憶しか私にはない。
「貧乳」「精子が出ない」など、「サクリファイス」「サヴァイブ」「神は死んだ」という概念の前での「弱者」のことを「芸能人」と呼ぶが、「神はゲイを憎んでいる」と発言するわけにはいかないものの、彼らの「生態」を明らかにした新左翼も「人間に知らないことはない」という状態になるにとどまり、必ずしも「革命」=いじめのない社会の実現にはつながらなかった。 
肉は努力をしないため、プロレスは盛り上がるかも知れないが、女心「ユダヤの悲しみ」は、1999年には日本国でもその全体像が出尽くしたとされる。
植松被告のように「性倒錯」=「芸能人」=「障害者」を「いない方がいいと思った」というような事件(相模原施設殺傷事件)もあったが、植松被告の控訴取り止め、死刑確定により、真実は闇に葬られた。 
おそらく司法取引によって植松氏の死刑執行はなされないものと思われる。
「肉」は、性倒錯を持っており、なんら生産性のない存在であったため、「地位にしがみつく」という特徴を持っている。
利上げはそのような者を退けるために行われているが、今は政策金利が機能しない。 
肉の居場所を。なくすためには円高しかない。
あるいは物象化論を研究することで、「肉」の生態を明らかにするなど、いまだ有効な経済政策はある。
東京ディズニーシーが「同性愛カップルの結婚式」を認めたが、物象化論の研究の深まりを待って行われたものてある。
性倒錯を、その実態を明かにせず「応援」することは経済には悪影響を与える。
涙にはしたくない モーニング娘。

それにしても「肉」と「魂」のぶつかり合いはすごいね。
肉は人口の「8%」とされるが、フェラーリやマッキントッシュみたいなものか。 
チョコレート魂 松浦亜弥

ケツが性感帯にはなるのは、子供の頃の虐待が原因であるし、足を揺すりながら取引しているので売り豚だと分かる。
彼らは「カマ掘ったろか」という言葉を極端に恐れ、男なのに「いいケツ、いい胸、スレンダーな体」を指摘されると喜ぶ。
オカマはそうであるが、両刀遣いは、「精子」という言葉を極端に恐れる。
ぼくをぶたないで 高橋由美子

プロ野球選手や政治家と、「自分も政治生命を共にする」芸能人女性は多い。
いろんな芸能人女性はいるし、女たちの「男の値踏み」は間違えることが多い。
そんなときに必要なのが「人を裁くなかれ、あなたが裁かれないためです」という聖書の一節だ。
部下を庇うのは、他のニヤニヤしている連中の反発を買うからやってはならないが、自分の取り巻きを「許す」寛大さがなければとてもキャリアは長期間はつづかない。
横浜DeNAベイスターズは、なぜ投手が短命なのだろうか?
「許し」を教えていないのだろうか?
女性芸能人が三人取り巻いて、四人が芸能活動をする世界においては、「許し」というものが必ず必要になってくる。
女に一度見捨てられても「次」というときには許さなければならない。
野球なんてものはその気になれば40才近くまで続けられるのではないだろうか?
大野幹代 許して

1999年の異様な世相(ノストラダムスの大予言)の中で、私は「カリスマ」と呼ばれた。
宇多田ヒカルもモーニング娘。も、私と政治生命を共にするように出てきた。
宇多田ヒカルは、母に勝つために、私の取り巻きをやったが、「小野くん」の「許しってなに?」と歌っている。
嵐の女神 宇多田ヒカル

酒井法子はもっと早く、私の1990年東大文一合格に遡る。
酒井法子 昨日の今日なのに

 CoCoもそうであったが、私は宇多田ヒカルが「許しってなに?」とのちに歌うことになる人生のどツボに入った。
CoCo 君の歌 僕の歌

我々は「仲間」を作りながら生きている。
偏差値や野球、サッカーが大事な時期もあるだろうが、大人になってしまえばそうではない。
「司法試験に受かって弁護士に?」
その無意味さにいつ気がつくかが大事だ。
女の子達が夢を託せるのは「仲間の多い男」だからである。
宇多田ヒカルやモーニング娘。がブレイクしたら、私は司法試験を受けるのをやめた。
モーニング娘。21世紀

私が天皇になる前に、宇多田ヒカルさんと、バスで同席し、10分ぐらい英語で話した。
このような歌として記録されている。
二時間だけのバカンス 宇多田ヒカル

「許しってなに?」と宇多田ヒカルは歌ったが、私は「人生の見通しが良くなったから許した」のだ。
イチローが「セカントゴロでキャリアの永続を確信した」ようなものだ。
アウトになっても「イチローさーん!」とでも言われたのだろうか?
実力で打ち勝ったのならば「本音からすべてを許せる」ものであるが、実力がまだ未知数であるのならば「理論上の許し」に過ぎない。
本当に「本音から許す」のならば、それは「己を許す」ことを意味する。
「神聖な許し」というのは時に人生をも変えてしまう。
「このやり方でいいのか!」「この先生にしたがっていればいいのか!」
それが分かった時に「神聖な許し」が生まれる。
先生そのものが成功者でなければならなかったし、「小野くん」は、日本国の天皇にまでなっている。
多くの政治家たちが「謝罪」「引責辞任」してきても「令和法皇」は、そのような問題を起こしてはいない。
令和法皇が育てた「読者たちの自尊心」こそが神聖な許しにつながるのである。
先生がいなくて「怒っている」者は、父や母に潰されるだろう。
仲間がいれば「許せる」のだろうか?
ラッヘ(復讐)をするのならば、よく仲間と相談すべきだね。
たった一人で怒りを抱えていても、神聖な許しにはつながらない。
下手な「先生」についたら人生はおしまいだ。
「アイドルだから許して」
神聖な許しができる人に女性芸能人はそう言った。
フィロソフィーのダンス

哲学は永遠であるが、「神・男」への愛を語る「宗教」は永遠ではない。
どのミスターも、どのシスターも「永遠ではないもの」つまり「愛」を信じていた。
哲学を語るのならば「評論家」に過ぎない。
渦中にいる人は「宗教家」であり「プレイヤー」であり権力者だった。
フィロソフィーのダンス シスター

目で見たものは、「哲学になって蒸発する」とされる。
天皇だった男、内閣総理大臣だった男、プロ野球の男、どんな男の前でも、女たちは「ダンス」をするしかなかった。
フィロソフィーのダンス ダンスオアダンス

そして、哲学者の話を聞いて、彼氏との「明日」を考えた。
別れる気などさらさらなかった。
フィロソフィーのダンス はじめまして未来

彼氏は「神(天皇)の見えざる手」や、プロ野球などのメジャースポーツを好んだが、それでも、実際に快楽を与えてくれる「彼氏」の方が大事だった。
フィロソフィーのダンス ニューアタラクシア

19歳まで恋愛禁止(ドグマ)という教えから引き起こされるものはドラマだった。
フィロソフィーのダンス ドグマティック・ドラマティック

 まあ、「許し」の学問を理解したものに周囲は「道を譲る」わけである。
そのような意味では「キャリアがもはや下降線をたどることはない、女の子達の声援もあるし、神聖な許しを感じる」と言っても、本当に自信のある奴しか残らない。
しかし、「五回まで」が長いのか、「五回からが」長いのかの違いが生じる。
最初からリードする展開が多く、終盤にビハインドでも「じっくり攻めるのかな?」と思われるチームになることが必要だ。
芸能人女性の政治生命を保障している選手を先発に起用する、中盤は「許し」「ムードメーカー」を利用する、終盤は「エンジェルチャペル」を利用する、
これでジャイアンツ三連戦を迎えようとしている。
プロ野球の世界では「ひも理論」による微調整、つまり「エンジェルチャペル」は、負けることが多いため、あまり信じられていない。
それよりも終盤の「量子論」(セックス論)が主流となっている。
勝率五割のチームに果たしてひも理論(エンジェルチャペル)が浸透するであろうか?
相対性理論はこのようにしてメジャースポーツにおいては、確立したのだ。

このシステムを「横浜ボーイスタイル」と呼ぶ。
CoCo 横浜ボーイスタイル

なぜ、女子高生の「祈り」に意味があるのだろうか?
問題は「いまだ見つからぬ理想のパートナー」にある。
沈み行く太陽(おばあちゃんならどうする?)のことを常に考えており、「ばあちゃん一系」が強烈につながった瞬間「何か」が起きるのだ。
トイレの神様

リベラル層が予言を嫌ったが、英国王室の無力化と支持を表明している。
リベラル層は、予言を否定し、恋愛こそが富であるとしたが、民主党を基盤とした。
一方の、共和党にはロスチャイルドやロックフェラーが味方した。
マイケル・ジャクソンは「輸血を拒否し、恋する乙女」を作り出そうとしたバリバリの「黒人」民主党支持者であった。
マイケル・ジャクソン スリラー

エジプトの「ひも理論」なのか?イスラエルの「量子論」なのか?
共和党なのか?民主党なのか?
19歳まで恋愛禁止なのか?自由恋愛なのか?
ファラオなのか?ミジンコみたいな命なのか?
イスラム教なのか?キリスト教なのか?
少なくとも、イエス・キリストは「ミジンコみたいな命」を愛し、父・ヨゼフに反発している。
女の子達は「祈るって何を?」と問いかけたが、好きな男の成功を祈った。
どのみち「人の心」を知らなければ勝てなかった。
青空をあげたい

民主党には「偶像崇拝」「恋愛崇拝」があったし、共和党には「予言」「財閥」があった。
富は「ほぼ互角」とされている。
マドンナ マテリアルガール

芸能界は「キリスト教」=民主党が支配するかと思いきや、共和党の立場にたつ「ユダヤ教」も、ニューヨークを基盤に芸能活動を始めた。
キリスト教のマイケル・ジャクソンと、ユダヤ教のマドンナは、大喧嘩したが、アフリカを救えと言って和解したこともある。
キリスト教・ユダヤ教・イスラム教が「アフリカをアメリカに編入しよう」と考えたが、そこには「性倒錯」だけがあり、「アメリカ経済に悪影響を与える」と考えられるに至った。
We are the world

恋愛禁止?何のために?もう一度、問い直さなければならない。
恋するフォーチュンクッキー

神道においては、共和党派の女子高生は「ロウノミコ」と呼ばれてきたし、民主党派の子は「キケ」と呼ばれてきた。
聖徳太子を「神」と認めるのが本地垂迹というものであり、仏教と神道が「同じ神」を崇拝するものだ。
藤原道長も、源頼朝も「聖徳太子の化身」であるとされており、観音信仰となっている。
藤原道長はしかし「ロウノミコ」に殺されている。
共和党は、キリスト教の世界から「引き抜き」を行うかたちでカトリックというものを作った。
アメリカの農場に広まり、妻と夫は「85分に一度」顔を会わせると言う仲の良さだった。
財閥とは異なるかたちで「予言」と関与し、豊かさが知られている。
日本の農家も、自民党支持で一枚岩だったが、生産調整(減反政策)をめぐって、野党の切り崩しに遭っている。
「予言と関与する」という発想はなかった。
シーザースパレス

日本の農家には「妹ファック」が広まっており、フロイトの「トーテム&タブー」に触れる文化がある。
トーテム&タブーとは、「犯すな、殺すな」というものであり、人殺しが案外、農家から出てくる。
このあたりは、アメリカの農場との「文化の違い」と言うしかない。
「こらえてつかあさい」
妹のことを「サクヤムニ」と呼び、法然上人は経典を読んでいくにつれ、「サクヤムニを犯したい」と考えるに至っている。
また、現代では、柴又帝釈天の笠智衆さんが「妹を犯すなよ、お侍さん」と教え、「男はつらいよ」シリーズを作ったことが知られている。
なかなか「予言」とは結びつかない文化が日本の農業にはある。
また、日本の農家は、労働者とは異なり、土地が広く、赤ん坊がギャンギャン泣いても水分を与えないことから、小児麻痺の温床となっている。 
小児麻痺も「農家の風土病」という指摘が可能だ。
マルクス主義は、農業を基盤とする「労農派」が一割で、ライン工を基盤とする講座派が9割とされたが、通常、生産調整の「生産」とは、資本論の用語で「出産」を意味する。
つまり、生産調整とは「産児制限」と考えるのが自然である。
労農派の、「子だくさん」が知られており、何らかの制限が「41回」なされたと考えるのが自然であろう。 
性と文化の革命 岡林信康

男女がカップルになるためには「大雑把に対等」である必要があり、そのためにユダヤ女たちは芸能界に向かった。
芸能界か大企業か官庁かは問わないが、ユダヤ女たちは「19歳まで恋愛禁止」の戒律を守った報酬を求めた。
報酬とはおカネであったし、現在では株式会社DeNAが「モバコイン」を配ることが可能になっている。
ユダヤ女たちの「いい男選び」と「大雑把に対等」であることを志向して、ユダヤ系芸能人の基盤が作られたのであり、創価学会のように「予言をしない・恋愛をする」連中と、統一教会のような「ユダヤ系の」連中は抜き差しならぬ対立をした。
公明党と自民党は、なかなか「共和党として合流」というわけにはいかない。
日本国が本当に「二大政党制」となるためには「予言」と「自由恋愛」は明確に区別しなければならなかった。
自民党は「農業」の問題でバタついたため「共和党」にはなれなかったし、野党も「芸能界支配」を達成していないため「民主党」にはなれなかった。
マイケルがある・ジャクソンのような「男の魅力」(アクラシア)が野党にはなかった。
「輸血をすると恋ができなくなる」というエホバの証人こそが民主党・大衆政党・キリスト教であり、統一教会は、ユダヤ系・財閥系であった。
「女子高生」「ナイルの賜物」のスタンスが政党を作るのであって、現在は「選挙権は18歳から」という具合に先進国と足並みを揃えている。
「女子高生の政治意思」を永田町まで送り届けることは可能となったが、
「予言」対「恋愛」
という構図を作るまでには至っていない。
国家社会主義・予言を行う令和法皇だけが「二大政党制」とはなにか?を発信し続けている。
しかし、「55年体制打破」は確実に社会党の手によって進んでいた(土井ブーム)。
お先に失礼 おニャン子クラブ

政党の多様性は、そのまま、国民の「生き方の多様性」を意味した。
「予言」対「恋愛」
という構図にとどまらないものが日本国の文化をかたちづくった。
そもそも、王位継承で「どのようないじめに遭ったのか」を神学大全において記したトマス・アクィナスが「女子高生たちの支持」を集めた。
つまり「権力闘争とはなにか?」を刻明に記したものが「カトリック」「予言者」となっていた。
中国においてはそれは「舜」であった。
苦労をした「先生」以外に、女の子達の、キャストレーション(去勢)にともなう「統合失調症類似の」メランコリーは理解できなかった(必要十
分条件)。
さよなら失恋ピエロくん

「閨閥」というものを最初に作ったのもトマス・アクィナスだった。
女子高生に「嫌いなおばさん」が存在することを知っていたからだろう。
みみかきをしていると

中世に「大学」というものが出来はじめてから閨閥(貴族)というものは形成されていった。
「バラ戦争」とは、子供たちの受験戦争のことであった、
恋をしない優等生と恋をする劣等生という構図があり、劣等生が芸能界と結びついた。
レズビアン女子高生は、必ずしも「結果」だけをみている訳ではなかった。
途中経過の意味を知り、自分たちの「世界」を広げることを考えていたのだ。
そこで、結果だけを見て批判されたり、女嫌いと直面すると「神に失望」するのだ。
メジャースポーツの「結果」だけを見て罵倒されるのならば、「神への失望」しかない。
ミスロンリー 大野幹代

 
ウーダムは、中世ヨーロッパのオックスフォードで、常に「予言」のことを考えていたし、鉄・拳銃・羅針盤(鉄・自動車・通信)も常に「女の子」たちの心配をしていた。
序盤の哲学、つまり「選手と政治生命を共にしている女性芸能人がいる」というのはさほど説得力はなかった。
女たちの「夢のぶつかり合い」のなかではひとつの要素にしか過ぎなかった。
それよりも、中盤の哲学、つまり「テレビに出ている選手」から「僕のキャリアが下降線をたどることはもうない。女の子達の声援もあるし、神聖な許しを感じる」というメッセージが電話で来ることの方が大事だったし、
ベンチのムードメーカー(ミスをした選手を孤立させないように隣で歌を歌う選手)の方が序盤の哲学よりも大事だった。
しかし、終盤の哲学、つまり、「女子高生たちの、ばあちゃん一系」は一番恐ろしかった。
「スポーツを見ていると男が分かる」
女たちはそう思った。
オックスフォードの「学位記」は、男を見て決める「神学」であり、東大法学部のように「90単位」というようなつまらない計算などなかった。
自由民主党は、アメリカ共和党、英国保守党よりも「格下」と見られ、外交の世界でも日本の内閣総理大臣は辛酸を舐めた。
今、どの選手がベンチで孤立しているか?どの選手か家族や知人と和解したか?
などを女たちは見ていたのであり、それが分かったら、プロ野球は「男を見る目」を養うのにちょうどよかった。
ユニフォームシャツのセールスとも関わったし、仲間というものは「ゼロの発見」がなければできなかった。
小田原評定を始めた時点で「負け犬」だった。
「序盤・中盤・終盤」に男の力を見せなければならなかったし、なぜ「女子高生たちの祈り」はこれほど影響力があるのだろう?というと「必ず結論が出る」「白黒つける」という「男気」が一番カッコ良かったからだ。
「小田原評定は始めた時点で負け」
私は、羽毛田信吾が「最終回」「お別れ会」と発言するのを二万回聞いた。

メジャースポーツ(ニュートン物理学)は、多数派形成にもっとも都合が良かったが、ヒュームは、「巨人の優勝を信じなければ裏切られることもない」として、メジャースポーツの世界とは距離をおいた。
英国王室のメンバーは、プロスポーツの運営に過度にのめり込むことはなかった。
英国王室は「英国市民の恋愛の保障と、自身の無力化」にその富はあった。
保守党(予言)というよりは労働党(恋愛)にその基盤があった。
つまりは「芸能事情通」が英国王室の王子であった。
オックスフォードには「まともに戦ったら敵うわけのない」強者が大勢いたし、令和天皇のように「プロスポーツの世界での強さ」を発揮できる環境にはなかったのが英国王室だった。
そこで、「スポーツ中継の絶叫」から離れて「恋ばな」に戻っていった。
アメリカやイギリスにはオリンピックでは敵わない、これがオックスフォードと東大の違いだった。
ロンドンボーイ レベッカ

羽毛田信吾なんてのは、ただのオカマであり、「人をいじめなければ太ってしまう」のである。
このことから、「株価を下げなければブクブク太ってしまうオカマ」の存在は指摘していい。
スレンダーな体型を維持したいために「株価を下げなければならない」連中は大勢いる。
そればかりは「そういう性格なんだわ」と言うしかない。
人をいじめなければブクブク太ってしまう連中は官僚にし、そうではない連中は財界人にするしかない。
幼児体験にまで遡って、組織というものは編成していかなければならない。
エジンバラ大学は、労働党の基盤であったが、予言を行わず、官僚も多かった。
オックスフォードは、ノンケが多く、保守党の基盤で、財界人が多かった。
ここで、「予言」=ノンケの学問、「恋愛」=ヘンタイの学問、という構図も出来上がった。
「愛されて育った子は、勝手な自分を愛する」
「虐げられてきた子は、人をいじめることで親から自立する」
愛されて育った子は財界・オックスフォード・保守党と結び付き、虐げられてきた子は官僚・エジンバラ・労働党と結びついた。
ウィリアム王子やヘンリー王子がマンチェスターユナイテッドの経営など出来るわけがない。
なぜならば「虐げられてきた」からである。
プロスポーツや、戦争から目を背け、フォークランド紛争も、首相に任せる。
これが英国王室である。
それでいいのか?
全メディアが、タブロイド誌で「虐待」に血眼になっている。
所詮、英国王室は労働者・官僚のものなのだ。
英国紳士とは呼ばない。
日本国においては、どの政党(ノンケ)も、官僚(ヘンタイ)叩きで大忙しだ。
それはそれで最高の経済政策である。
ヘンタイが株価を下げ、ノンケが株価を上げるからだ。
パラダイム(恋愛論)は、ヘンタイにも女子高生にも人気がある。
ヒュポダイム(性欲・支配と従属)も、ヘンタイと女子高生に人気がある。
そこで、パラダイムとヒュポダイムで株価が上下しているわけではなく、ヘンタイとノンケで株価が上下していることを悟らなければならない。
松田聖子 抱いて

ここで、私の方から「典型的な東大生」の方に伺いたいのだが、
「衆道のもつれ(男色の世界の痴話喧嘩)とはなにか?」
という問いに答えられる人はいるであろうか?
優秀答案を書いた人には、年齢・資格を問わず、財務省・日銀・経済産業省・文部科学省・国土交通省・防衛省などの幹部候補生として就職を斡旋したい。
試しに私が、東大ボクシング部で経験した「衆道のもつれ」について書いてみたい。
四年生の、澤原さんが、やたら、一年生の阿部を褒めるのだ。
「阿倍のケツを見ながら走ると疲れない」
と言っていた。
私も一年生だった。
五人のメンバーが1991年1月号のボクシングマガジンに「新人戦デビュー」として紹介されている。
阿部は、ショボい判定勝ちをし、私は相手をなぎ倒し、失格負けとなった。
澤原さんが、二年進級次の時に「駒場主将」に阿部をと粘った。
「男の友達がいる。彼氏が出来そうなんだ」
何度も澤原さんは、私にほのめかし、私を追放している。
男友達 モーニング娘。

一年生の同僚の関野はもっとひどい。
澤原さんは阿部のカマを掘り「次期主将にしてやる」と言い、関野にも同じことを言ってカマを掘っていた。
阿部は関野を「あの人と別れてと彼氏から」という感じで追放した。
悲しみが止まらない 杏里

量子論において「重力(女の子達の恋)は光の螺旋」という説がある。
重力が「女の子達の男選び」によって作られるのは「太陽への衝動」(恋)によるものであり、「女たちがいなくなったら太陽系は消滅する」
という議論につながる。
ミジンコがどれほど影響力を持つかが量子論であり、アダムとエヴァが天地創造を行ったと考え、量子論を、ロックのタブララサ(ちんちんと計算以外、すべて白紙)という議論とつなげて、白紙のなかに「何を共有するか?どんなストーリーを描けばモテるか?」という「白紙に何を書くか?」をすべての男の共有を目指し、公約数的見解を探っていこうというのがタブララサである。
昼間、俳優の首吊り自殺が報じられたので、「DeNAの逆転サヨナラ勝ち」は、「白紙の容量オーバー」となっていて実現しなかったと言う説明も可能だ。
土曜の夜にレインボー

 
この記述「重力は光の螺旋」という議論は、かつての論敵、「記憶さん」の持論であるが、叩き方次第では、どんな議論もノーベル物理学賞につながってしまう。
あとは「証明」だね。
この「重力は光の螺旋」つまり「量子論」に関しては、かつて、シドニーオリンピックで、各メディアが「高橋尚子さん」(Qちゃん)のために「他の話題を抑えた」ことから金メダルをとったのが印象的だ。
作用反作用の法則とか、慣性の法則などがニュートンにはあるが、
本当に「カップルになることを目指したと女たち」には「時間切れ」がある。
しかし、「選手に政治生命を託した女性芸能人」は、案外、おおらかに「彼」のことを見守っていた。
女たちの「応援合戦」が作用反作用の法則をもたらし、豪速球でも打ち返すが、それも「ルーキーイヤーから女たちに人気があった」ことなどからもたらされる。
私のブログを読んでいる「選手」は、作用反作用の法則および慣性の法則を持っている。
しかし、地球の「運動量保存の法則」を、うまくスタジアムおよび自分に集めなければならない。
世界の「運動量」は、日本国では私が調達している。
放課後に落ち込んだ少女

国際社会には「あなたの得は、私の損」という発想があり、国際関係論(どの国の学問に育てられた人物か?)がなければ、一位のアメリカ、二位の中国にはとうてい追い付かない。
日本語しか理解せず、日本語で話す連中に、うまく「外国の運動量」を覚えさせる必要があった。
野茂やイチローは、「外国の運動量」を日本国に持ち込んだが、今の時代背景はそうではない。
社会人レベルにまで「メジャー化」が浸透しているのだ。
日経平均株価を見ていると「いじめっ子」=悪魔(ヘンタイ)の力は根強く、ノンケ=天使の力を時に圧倒することがある。
天使の気持ち 中山美穂

白黒つける世界はとにかく人気があった。
そのため、営業マンも「成績」が貼り出される企業もあるが、「女子高生たちがあなたのために祈ってます」というセールストークは確かに有効だろう。
そのために創価学会系企業、統一教会系企業などができる。
「女子高生たちを多く抱えた宗教」をバックにしていると、社会人として白黒つけなければならないときに「モンスター」と呼ばれる。
恋ING

ベサリオンは、女子高生が「男の歌」を歌ったらどうなるのかね?と語った。
彼の一言で、コンスタンチノープルは、オスマン帝国に滅ぼされた。
好きな先輩 モーニング娘。

 
東方教会は、そのような運命をたどったが、西方教会は、ヨーロッパの「予言」を一手に引き受けた。
ベサリオンは、女子高生が「男の歌」を歌うことによってなされる「予言」をアリストテレス的考えとし、星座占いというものをプトレマイオス的考えとして巧みに使い分けた。
星座占いで瞳を閉じて

いわば「終盤の哲学」である「エンジェルチャペル」を、芸能界に持ち込むことで「先発メンバー」に影響を与えようとしたのだ。
アリストテレスは、「北極星をめがけてナイル川を下る」という経験から、宗教というものを考えたが、空海もこの企画に日本代表として参加している。
私も、女子高生のようなアイドルに歌を歌われて、東大に入り、天皇になっている。
王子様と雪の夜 タンポポ

アリストテレスは、ナイル川の氾濫を抑えこみながらこの企画を成功させ、ニコマコス倫理学を書いている。
女子高生に自分の歌を歌わせながら、自身の命とキャリアを守ったのだ。
松浦亜弥 ナビが壊れた王子様

女子高生が歌にしている男は、無尽蔵に資金があり、それを何に利用しようが自由だった。
横浜DeNAベイスターズを応援しても、「お金を盗んでいる」という扱いにはならなかった。
酒井法子 エアメール

遊佐道子陣営は、私の東大合格に安堵し、酒井法子も「あれで楽になった」と語り「のりピー語」を封印した。
100%の雨が降る

多くの親戚や、友人が私をいじめ、「俺が天皇に」と名乗りをあげたが、サンミュージックの相澤会長は、「学のない輩」を嘲笑い、私を応援した。
松浦亜弥 From that sky

女子高生がいて、男がいて、「白黒つける世界がある」ことから、世の中の「不確実性の時代」は、確実性を持つようになる。
メジャースポーツがなければ、人々は「自信のある人」がどこにいるかが分からないのだ。
クリエイターや女子高生は、あくまでもセールスを見ながら作品を作るが、モチーフにされた男は、政治家としては、それを「時代の確実性」につなげなければ、かなり無責任な姿勢が問われても仕方がない。
乙女パスタに感動 タンポポ

女子高生と男とメジャースポーツ、この図式が明確になることを「確実性」と呼ぶ。
令和とは、そのような時代なのだ。
恋をしちゃいました タンポポ

最終的には「仲間が多い、何かやってくれそう」な男たちに女は恋をしたため、「令和法皇よりも俺の方がモテる」という他球団の男たちの資金力の前に、必ずしも横浜DeNAベイスターズは、勝てるわけではないが、
「皇室は祈りてありたい」(美智子)という立場は、「英国王室よりも日本の皇室の方が上」「皇室はエジンバラ大学ではなくオックスフォード大学」という意思表示であった。
労働党(恋愛)ではなく保守党(予言)という意味合いをも持つ。
フランスの元大統領サルコジは「農産物は値段の高さではなく変動幅(ボラティリティ)が問題」とし、アメリカの穀物メジャーと結びついたが、
シカゴコーン賭博を行っており、アメリカの農場カトリックと「女子高生に基づく予言」の話を理解しないと、その真の意図は明らかにはならない。
変動幅が大きいと、アメリカ穀物メジャーが損をしてしまう。
なぜだろうか?
「処女性」を大事にするアメリカ穀物メジャー(カトリック)は常に「ハードコアポルノ」の介入を受けつづけ、「どんなに男が偉くても、女の乳房には敵わない」というメッセージを受け続けていた(ツイッターなど)。
シカゴコーンギャンブルは、世界的流行を見せたが、アメリカのカトリックは弱体化したかな?という感想をサルコジは漏らしていたのだ。
明石家さんま 真っ赤な嘘

たとえば、AKB48の「神曲たち」を聴きながらマージャンをやることを「ガン牌」と呼ぶし、イヤホンで「自分のペースで」このアルバムを
聴きながらパチンコをやることを「メトロノーム」と呼ぶ。
第一章の「神曲たち」ぐらいは知っておいた方がいいだろう。
買わなくてもこのブログにある。
スマホがあれば、アルバムは買わなくて済む。
AKB48と仏教~私の記事

個人的には、東京パフォーマンスドールの「秋色協奏曲」「恋のセクシームーヴィング」
国生さゆりの「風のフラット」
河合その子の「避暑地のアンニュイ」
あたりを、閉鎖病棟の喫煙所で聴いたら、「周囲が私に怯えているのが」分かった。
聴き込むこと、愛着を持つこと、なども「ガン牌」のコツとなる。
河合その子の「避暑地のアンニュイ」ではなく「悲しみのトリスターナ」だったかな?
あんな経験は二度としないので、忘れました。

ガン牌の秘訣。
この二曲を聞くこと。
東京パフォーマンスドール「秋色協奏曲」(TPD collection収録)
東京パフォーマンスドール「恋のSexy moving」(Never stop収録)
パチンコの世界では「メトロノーム」と呼ばれています。

 

 

 

 

«新左翼~自民党の犬(エッチな溝川幸二)。