最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

2019年6月18日 (火)

行政指導と行政調査。

民法において、売買というものは「性病を治す」「男女の出会いの場を与える」ためにあるし、委任というものは「子供に職を与える」ためにある。
しかし、行政法には異なる論理があるだろう。
行政処分というものは「アイドルの姉妹を持った男」が「判断を下す」ものであるが、処分が下せなくても、「指導」というものはできる。
行政指導の根拠は「朝鮮人の排除」にあり、行政調査というものは「朝鮮人の研究」のことを言う。
公法私法峻別論というものがあるとするのならば、それは朝鮮人の差別を認めるものである。
「性病の治療にならないのに犬は買う」
これが、行政指導というものである。
清水章吾 CM


朝鮮人は犬を食う。
このことに端的に表現されたものが公法であり、行政指導はこのことの排除をし、行政調査とはその人類学的側面を研究するものだ。
犬を「殺処分」にするという「処分」の問題の背景には芸能界が存在し、行政指導と行政調査がこれを取り巻いた。
朝鮮半島には韓国と北朝鮮が存在するが、北朝鮮が存在しなければ日本国の公法つまり「憲法・行政法・税法・刑法・刑事訴訟法・道路交通法など」の研究が進まないのだ。
韓国は日本の「パートナーシップ関係」としながらも、北朝鮮の存在は必要だ。
「女たちの怒り(憲法)・朝鮮人の指導や調査、芸能界を背景にした処分・セックスを理由とした税法、犯罪、交通マナー」などの研究は北朝鮮が存在しなければ発達しない。
日本政府は、行政組織からの朝鮮人の締め出しと、参政権を与えないことなどから公法私法峻別論を堅持している。
つまり、「誰も北朝鮮の崩壊など望んでいない」のである。
日本が南北朝鮮の分断を行ったのであり、韓国側の「北朝鮮は潜在的に韓国の領土」という立場を否定し、「独立政府」の存在を認めている。
日本という国が一番大事であったし、日本国の東京大学は世界ランキングに名を連ねた。
東京大学は公法私法峻別論の立場に立つだけで世界ランキング入りを果たしたのだ。
灘・開成などの原理研究会・キリスト教・自由民主党の系譜とは異なる、中堅校出身の民青・仏教・共産党という系譜は存在し、原理研究会が朝鮮人の研究を行った(公法)が、民青は、仏教の立場から私法に与した。
私も東大法学部私法学科である。


朝鮮人は「自分で自分を選んだ」という強烈なスローガンをもっていた。
上からマリコPV


日本の仏教社会は、この「人類学」を排除する形となり、キリスト教社会が1883年に「プロテスタント伝道者会議」を開催するまでは、仏教と芸能界の強烈な結びつきはなかった。
細川ガラシャみたいな芸能人は皆、キリスト教徒だったのだ。
1860年代に「宗教」という用語が日本で生まれ、それは芸能界とともに「絶対世界」と呼ばれるに至った。
清沢満之(きよざわまんし)という東京帝国大学の哲学者が、「東大生は美男美女が条件」とし、仏教=民青の立場を主流とさせた。
曽我量深(そがりょうじん)という東京帝国大学の学者は「新世界」という概念を打ちたて、原理研究会とメシアというものを確立したのだ。
20世紀はじめの頃の話である。
この頃に、原理研究会と民青という軸は明確になっている。


行政調査とは「朝鮮人の研究」であるが、21世紀に入ってから、「2ちゃんねる」(5ちゃんねる)という巨大掲示板が作られ、「朝鮮人の本音」を日本政府が探り始めた。
これが、5チャンネルの正体であり、朝鮮人の本音が分かったため、外国人登録証の携帯義務を外した。
また、朝鮮人の「人間らしさ」を「基地のアンテナとFENのニュース」への反応で感じることもできた。
Qlair パジャマでドライブ


アメリカ合衆国は、パックスアメリカーナの到来を実現させたが、日本国も、インターネットにより「行政調査」を終えてしまった。
第二次世界大戦のときの「日本国の悲願、アメリカ合衆国の悲願」が2011年には実現したとされる。
「何を考えているのか分からない朝鮮人」像が、明確になったし、アメリカ合衆国との力関係も明らかになった。
トマス神学とは「小野光太郎の2ちゃんねるにおける経験談」に過ぎなかった。
「肉親ってこんなことを考えているのか」
トマス神学の裏づけが取れたため、小野光太郎はいかなる賞にも恵まれた。
小野光太郎は「生きろ、言葉を残せ」とした言われていなかったが、確実に「家族って何?」というデータはアメリカ合衆国も取っていた。
また、日本政府は「朝鮮人は何を考えているのか?」という行政調査を終了させた。
「基地のアンテナとFENのニュース」
それだけがインターネットで重要であるとされた。
FENを聴かせて おニャン子クラブ

2019年6月13日 (木)

背広組と制服組。

エリートの存在は「原罪」に由来するとされている。
背広組は、夜更かしをして力をつけ、いわば、ロシアの立場に立っている。
一方、制服組は「命令されてから動く」ことをポリシーとし、夜早く眠り、いわば、オーストラリアの立場に立っている。
事件は現場で起きているんだよ


しかし、「夜更かしをしない」「コンビニを真夜中に利用しない」方が「性に奔放」なのだ。
地方自治と仲が良く、オーストラリアの立場に立ち、性に奔放である、これが「リベラル」と呼ばれる立場だ。
地方自治と仲がいい方が就職しやすいし、「俺より先に寝てはいけない、俺より後に起きてはいけない」という男も自ずから、制服組となっていた。
当然、制服組にはそれ相応の豊かさが約束された。
レベッカ コットンタイム


ひとりで責任を負うリバタリアンの立場に関しては改めて詳細に述べたいと思うが、性概念も含めて「女同士認め合っている」リベラルの連中に命令する立場にリバタリアンの連中はいたのだ。
オーストラリア派のリベラルな連中はポルノにすら出演していたし、オーストラリアの圧力がなければ、堕胎すら日本では認められなかっただろう。
つまり、女が男に「さわらないで」と言えるのもオーストラリアのおかげなのだ。
米光美保 YADA


地方自治において人気がなければ集票マシーンも務まらなかった。
彼氏に満足させられるなり、月9を見たらさっさと眠ってしまった。
日経平均株価の時間外先物取引も同様の時間帯に取引は事実上終えてしまった。
深夜に株価を釣り上げる要素は何もない。
深夜の株価の動きならばリバタリアン(背広組)の動向の研究が必要だった。
夜6時過ぎはオーストラリア派の動きが重要であり、深夜にはロシア派の動向が重要だった。


背広組には彼らなりの論理があった。
「譲れない夜」「つらい夜」が背広組のアイデンティティであったのだ。
瀬能あづさ 永遠に友達


女の場合は、結婚に関する悩みや、寝ている間に男に暴行されたなどの理由から眠れなくなるが、男の背広組の場合は「譲れない夜」「つらい夜」が背景にあった。
ロシアのコンビニもそれに同調した。
ロックやヒューム、アダム・スミスやカントなども「地域住民の嫌われ者」として夜更かししなければ歴史に残る哲学者にはなれなかっただろう。
もう制服ではない、という女子高生も、夜更かしが可能となっていた。
酒井法子 100%の雨が降る


木星の力を背景に、深夜に株価を動かすのは背広組であったし、女同士が「黒革の手帖」(純粋理性批判)を奪い合ったので、深夜のロシア派の動向がこの時間帯の日経平均株価先物の主導権を奪った。
国生さゆり 雨のニューオリンズ


夕方六時の「株価の釣り上げ」を仕掛ける女が「リベラル」「オーストラリア派」の女であるとするのならば、深夜11時に株価の釣り上げを仕掛けるのは「リバタリアン」「ロシア派」の女であった。
当然、言論の世界も「夕方六時」に株価先物に介入するのか、深夜11時に介入するのかは「コンテンツ」の違いを理解しなければならないだろう。
夕方六時はかなりフリーセックスが横行しており、深夜11時には「真剣な恋愛」が幅を利かせているのだ。
ribbon 愛してジャスティス


お寺や神社のある街で「地方自治」は人気があった。
伊勢神宮の外宮の「たちんぼ」も、「勝負を仕掛けるのは早い」とされ、「女のすべてを知っている人」の前では、外宮のたちんぼすら地方自治にしたがっていた。
「美しい罰」も、からだを売るという悪も、女に目がくらむという罪も、一晩過ぎたら昔話だった。
そこで、「夜間先物」の安定化のために全国に神社仏閣を作った。
新橋の「深夜の11時の仕掛け」は地方自治とは異なる、「背広組」の論理があった。
受験戦争、モーレツ社員という東京の現状が新橋にはあったが、夕方六時の地方自治とどちらが人気があるかは、日経平均株価先物チャートをにらめっこするしかない。
日経平均株価リアルタイムチャート


「女のからだは男にとっては気持ちがいい」という共通認識があり、すべての男が必ずしも勃つわけではないが、気持ちよさ(善)とからだを売ること(悪)も、一晩眠ってしまえば善悪の彼岸であった。
酒井法子 今夜もニュースホリック


受験戦争、モーレツ社員の「モーレツ勃起」を支持する「深夜11時説」もある。
「譲れない夜」「つらい夜」を支持する声は根強い。
地方自治への人気とそれは匹敵するものがあった。
SPEED All my true live,


また「地方自治に人気があるなんて嘘だ」という人もいる。
あくまでも、受験であり仕事であり、深夜の帰宅が男であるとし、「夕方六時説」は「外国国家による作家の才能への投資」に過ぎないとしたのだ。


そこで、「夕方六時説」も、モーレツ社員=背広組が仕掛けているのであって、制服組の現金によって動いているのではないとし、
リバタリアンという概念が「背広組」としての「深夜11時説」を支えているのではなく、「夕方六時説」にすら介入する「自分を持っている人」のことであると言われるようになった。
地方自治は、夕暮れ時の逢瀬を想定し、夜早く眠り、朝早く起きることを念頭に自由恋愛を模索したが、これが「夕方六時説」を支えるリベラルでもあった(オーストラリア派)。
しかし、「深夜11時説」を支える受験戦争・モーレツ社員というモデルはロシアを背景に、仕事で「夕方六時説」すら、「先物」として仕掛けていたのだ。
酒井法子 サンクチュアリ


そもそも「警部」って何?とも言われた。
巡査、巡査長、巡査部長しか庶民は見たことがないほど、警部というのは偉いとされ、街で恋人たちに声をかけるほど身近な存在ではないという現状がある。
青島警部も実は、受験戦争・モーレツ社員というロシア派であり、オーストラリア派のカネを集めるために設定されたキャラだとも言われる。
モーニング娘。ペッパー警部


そこで、ロシアはオーストラリアを凌駕することができても、オーストラリアがロシアを凌駕することはないという指摘が可能になった。
「暑い国」「夜早く眠る国」「地方自治」「そもそもコンビニがあまりない」というオーストラリアは日本人の私の問い合わせにすら大使館員が心を閉ざしてしまった。


「地方自治」といっても「国」「中央省庁」には敵わないよね、と言われた所以である。
エリートは三世帯同居の孫や、公団住宅からは生まれないとも言われる。
松浦亜弥 The last night.


ツー・プラス・ツーが「4」になるのは、背広組と制服組の会談だけだった。
神だけが「夕方六時」派と「深夜11時」派の仲介役を務めるとした。
つまり、昼間の立会い取引は「夕方六時」派(オーストラリア派)と「深夜11時」派(ロシア派)の仲介をしていると位置づけたのだ。


ローマ人への手紙9:10-24 はたしてどちらが世の中の多数派なのだろうか。
マタイ26:24 ルカ10:20 昼間の間にイエスが答えるのを我々は待った。
これが昼間の立会い取引であった。
イエスの答えは「ベートーベンが流れるだけで双方が和解するだろう」というものであり、テレビ東京でベートーベンを流すことは基本的には行わない。
ベートーベン 月光


これらの対立に「仏教」が介入した。
誰が、キリスト教圏の「オーストラリア派」と「ロシア派」の関係を取り持つのだろうか。
そこに仏教圏が大きく広がった。
仏教の教えは、地方自治と「受験戦争・モーレツ社員」の仲介役を果たすことにその主眼があり、ただ「何もせず、何も考えず」に生きているだけでもありがたい人というのは確実にいるのだ。
株価が下がっても悲観することはない。
「もっと肩の力を抜けよ」というオーストラリア派のメッセージが支持を集めただけなのだ。
仏教やベートーベンは「働こうぜ」というロシア派と「肩の力を抜け」というオーストラリア派の仲介をすることしかできない。
私も、平成の「日経平均株価7千円台」のころが一番がむしゃらだったのだ。
酒井法子 ダイヤモンドブルー


この計算でいくと「オーストラリア派」「地方自治派」「ごみの分別派」を増やせば株価が上がることになる。
バブル再到来のためのテーマソングはズバりこれだ!!
瀬戸朝香 マイホームタウン


日経平均株価が上昇している局面ではこの曲を聴く。
貴島サリオ 未来の思い出に


下がっている局面ではこの曲を聴く。
瀬戸朝香 マイホームタウン


理論上は、プロ野球のBGMでこれを採用すれば全勝優勝も可能なのだ。


原油がジャブジャブ出たロシアでは「勝っている男」に謙虚さを持たせることが女性たちの支持につながった。
それもまた「繁栄教」と呼ばれ、アメリカニューヨークダウは青天井になって行った。
「未来の思い出に」
この曲を骨の髄まで思い知るとはどのような栄光に満ちた人生なのだろう?
しかし「将軍」はためらうことなく民にそれを歌わせた。
「勝って冑の緒を締めよ」ではなかった。
「ソーシャルミニマム」(社会の最小単位)とは「原油がジャブジャブ出る勝者」にだけ許されたものだった。
なぜ「未来の思い出に」なのか?
それは観客や投資家全員が「君主」であるからだ。
そういう球団・国と契約を結んだのが女たちであった。
つまりは「勝ち組」である。
女二人で男一人を奪い合うこともある。
つまりは「名目経済」とも呼べる現象が起き、常勝軍団を取り巻く女たちは常に美しい。
夜の街に落ちていく「美しい女」もいた。
負けているときは「マイホームタウン」、勝っているときは「未来の思い出に」という外角ギリギリのコースはあったが、それ以外は曲作りは自由である。
経済政策と「特殊」「結婚や芸能人」は異なるものだ。
SPEED Another sweet field.


男たち全員が「君主」であり、女たち全員が「美しい」ことを、常勝軍団は結果としてもたらした。
女子高生たちも続々と「契約」に参加してきた。
なぜなら「信頼できる大人たち」だったからである。
酒井法子 放課後のヒロイン


女子高生やそのほかの女たちが「政治参加」「球場に足を運ぶ」ためには、日経平均株価が強くなければならなかったし、球団は負けてはならなかった。
政治参加には「おカネという誘惑が必要」とされたのだ。
イギリス連邦やアメリカ合衆国で、このような「ロシアはなぜ原油がジャブジャブ出るんだ?」という研究が進んだ。
オーストラリアの「地方自治」「ごみの分別」などは当然、念頭にあったし、それはいかなる国においても前提であった。
しかし、「アウトコースギリギリのボールがマイホームタウンと未来の思い出にでは、飽きないだろうか?」という指摘があった。
そのへんはいろいろとボールの使い分けが必要であろうが、決めるべき時は決めに行かなければならない。


ファンに「勝ち方」「金の儲け方」「豊かさ」を学習させなければならなかった。
原油がジャブジャブ出ても謙虚であることが必要なのだ。
ロシアとオーストラリアは「口もきかない関係」であったが、その関係は「中国すらその緩衝地帯に過ぎない」とも言われている。


【予習復習】
日経平均株価が上昇している局面ではこの曲を聴く。
DeNAが勝っている時はこの曲をトランペットで鳴らす。
貴島サリオ 未来の思い出に


下がっている局面ではこの曲を聴く。
DeNAが負けているときはこの曲をトランペットで鳴らす。
瀬戸朝香 マイホームタウン


理論上は、プロ野球のBGMでこれを採用すれば全勝優勝も可能なのだ。


児童虐待の問題も、「女のノイローゼが原因」という割り切りはできても、夫としては「女子高生にモテる政府でなければしたがいたくない」と考えている。
つまり、日経平均株価の常勝軍団でなければ、女子高生が政治参加しないため、「俺の方がモテる」と考える夫は児童相談所を無視してしまうのだ。
児童相談所の職員であれ、児童虐待夫であれ、「男の器」が問われる。
パチンコで儲けるのも株で儲けるのも同じことだ。
「儲けさせてくれた方たち」にしたがわない男はいない。
株価はパチンコの出球に関わる問題なのである。
すべては、女子高生が「大人の論理って面白い」と思えるような経済政策を打つことにかかっている。
訳の分からない難しい資料は「仕事をしたくない」と言っているようにしか見えなかった。
もっと自信を持ったボールを女子高生も受けたがっていたのだ。
株価の上昇と女子高生の支持を背景に児童相談所は児童虐待夫に介入できるようになる。
「これが大人のアウトローいっぱい?」
マイホームタウンと未来の思い出にを聞いて女子高生は政府や児童相談所への支持を決めた。


守るべきルール(規範)は、女子高生にモテる男が作る。
女子高生にモテる男が「そりゃねえんじゃねえのか?」と言えばみんながしたがった。
しかも、「どのようにモテるのか」まで本に書いてあれば(純粋理性批判)みんな当然のごとくにルールにしたがうのだ。
日経平均株価が7千円台の頃はみんながむしゃらだった。
しかし、人格否定発言の頃は、犯罪が最多を記録し、日本国はアノミー状態に陥っていた。
児童虐待などの問題を「誰のせいに」すべきかが分かれば「父」という概念も明らかになるし、当然、「誰のせい?」が分かれば、誰が日経平均をコントロールすべきかも明らかになる。
なにしろ、「女子高生にもモテる」日本政府という前代未聞の作業だったのだ。
おニャン子クラブ 愛の倫理社会


ロシアの長い夜について語るのであれば、「譲れない夜」「運命」について語らなければならない。
私も、東大受験生だった頃は、家族が寝静まったあとに、台所でコーヒーを沸かして、静かに「運命」について考えたことがあった。
「今までどんな出来事があったのか?」はもはや誰にもコントロールはできない。
そして「何を信じているのか?」をお互いに攻撃しあう、そこに運命というものはある。
瀬能あづさ 永遠に友達


その「運命」の答えを知っているのは、周囲を取り巻く「女神たち」「天使たち」だけだろう。
モーニングコールをしてくれる女の子はいなくても、確実に「周囲を取り巻く女たち」にその「運命」の行方を左右されるのが男というものだ。
私も、瀬能あづささんの家庭教師をやって、彼女を泣かせたこともあった。
ひとつだけ「あっちゃん」に言うことがあるとするのならば「神は絶対に崩壊しない」ということだけだろう。
あの時あなたが夜中に何を考えていたかを後で知った。
うん、世の中は男性社会では必ずしもなかったよ。
女たちの支持がなければ男の「運命」すら実現しなかったのだろう。
「神は絶対に崩壊しない」ということの意味は、自分がからだで感じたことを文字にするしかない。
自分の体験談が支持を得られるのならば「マイホームタウン」「未来の思い出に」という二つの曲にみんなが興味を持つだろう。
女に見向きもされなかった青春時代でなければいいのだ。
瀬能あづさ クリスタルアイズ


過去は変えられない。
しかし、未来の日経平均株価やプロ野球の結果はコントロールできる。
私は「勝っているとき、日経平均株価が上昇したときは未来の思い出にを」「負けているとき、日経平均株価が下落に転じたときはマイホームタウンを」という人生経験だけは持っているのだ。


「運命」とは「決定」するものである。
運命論者は、何かが決定されるたびに暴れたり暴力を使ったりするしかできないが、決定論者は、自分の自由を制約して何かに没頭する。
「どのように?」を知っているか知らないかの違いが運命論と決定論の間に存在する。
「マイホームタウン」で医者に愛される感情を味わい、「未来の思い出に」で栄光に包まれた時に自分が何を考えたかを語らせてもらった。
「神は絶対に崩壊しない」
なぜならば、記憶があるからである。
「沈んでいく太陽を元に戻す力」
それは苦しみの結果身につけたものだった。
運命論者よりも決定論者の方が苦しみを知っている。
その分、未来をコントロールする力量がある。
長官の一面トップを「読む側」か「書かれる側」かの違いもある。
「長い夜」を経験しなければ無理だっただろう。
なにか得るものはあったのか?と聞かれると「音楽作品との出会い」「英語力」「法律の知識」などがあった。
今でもその才能は活用している。
「日経平均株価」と「プロ野球の結果」の二つしか今は見れないけど、それ以外にも論文は書き続けられる。
研究生活は難しい論文に満ちていたが、「難しさの嘘」も見破れるようになった。
さて、あとは人々が「結果」を見て「運命」というものを共有してくれればいいのだ。
自分ひとりの人生ではないのが作家というものだ。


作家は思ったことを文字にすればいいし、時にはテレビ局に番組を作ってもらえばいい。
しかし、ノートに何かを隠し持っているのならば、かならず、女が「話を聞かせて」と言って体を売ってくる。
それが「黒革の手帖」(純粋理性批判)である。
「猥談」だけで影響力というものは案外身につくし、それでいて、自分の好きな音楽作品を語る資格も得る。
「従姉妹」は決してからだを売っては来ない。
安すぎるのだ。無料の時もある。
しかし、「クラスメート」は高くつく。
クラスメートの女の子、職場の女と結婚するのならば、バックにいる「おじ」にまでカネを払う覚悟が必要だ。
結婚の障害物を一つ一つなくしていくとはそのような作業を言う。
おカネを稼ぐ力量を身につけることと、それでいて「ノートを見せてくれ」という女が出てこないように執筆活動をすることが必要だ。
亀井絵里 片思いの終わりに


執筆活動と言っても、国内最高の法学者の書いた論文のレポートをまとめるだけだよ。
上層部が読む「部下の用意したレポート」という奴だな。
国内最高の法学者に飽きたら、世界最高の哲学者の論文をレポートにしたらいい。
これが「執筆活動」の真実であり、これをやっているうちは女が「からだを使って」情報を聞き出そうとすることはない。
人間の「ものの考え方」には限界があるのだろうか?
どんな問題も「例の方法」で解くのならば信者も増えるだろう。
また、「テーマ」を選んで「例の方法」で解くことが必要であり、テーマはワイドショーなどをこまめに見ておく必要がある。
仲間が多い(プット)、女に優しい(コール)という二つはすべての基本だったけど、
どうやってその答えを導き出したの?という謎だけは残った。
それは「超勉強法」と言って、なかなか女には理解できないかもしれないね。
私の魅力に気が付かない鈍感な人


結局、世界最高の先生に指導を仰ぎ、予言し、笑いながら勝つ男というのが「抱かれたい男ナンバーワン」なのかもしれないね。


 
試合開始直前に流すBGM。ビジターの場合。
天国と地獄が見れること自体「勝っている」と言っていい。
そこで、ジョン・ロールズによると、これが良いとされている。
中盤に入ったら周知のとおりであるが、「入りの研究」は天国と地獄の研究が必要だった。
貴島サリオ 未来の思い出に


一番の神里がアウトになったら、地獄と位置づけこの曲を鳴らす。
攻撃権があるときしか鳴り物は鳴らせない。
そのあたりは、職業人としてのトランペット奏者の腕と経験次第だろう。
瀬戸朝香 マイホームタウン


 


デッドヒートと音楽(未来の思い出に、マイホームタウン)の関係はこの動画を見てもらいたい。
都道府県女子駅伝


トラック競技は音楽作品(未来の思い出に、マイホームタウン)を使うのならば、「クローズアップ、ナレーション、スローモーション、フラッシュバック」をもっと活用しなければならないね。
金栗記念選抜陸上


東京オリンピックでは、誰が強いのか、誰が人気があるのか、誰を勝たせるのか、誰のために日程を組むのか?まで考えて、映像を作る必要がある。


これは、パーソナルベストなどの予備知識がなければ映像が作れないが、興味深い。
ボルト世界新


「スターという勝ちゲーム」 「結婚という勝ちゲーム」 ドラマでは勝ちゲーム以外、誰も望んでいない。
無名独身役でブレイクすることは、「誰がスポンサーなのか、誰を勝たせるのか、誰のために日程を組むのか?」を明確にしなければならない。
朝ドラヒロイン抜擢は常にマイホームタウンと共にある。
昨日は、9回の選曲はマイホームタウンで正解だったが、6回、7回、8回と、無名独身や、既婚者、スター選手などの「ドラマの研究」がなされておらず、選曲は極めて難しかった。
「やっぱり、野球というものがわからん」(江夏豊)と言われるゆえんである。


一点ビハインドでも「攻撃権は権利である」とし未来の思い出にを流したら有効だった。
未来の思い出に 貴島サリオ


三時間もやるんだからな。
勝っていても空気を変える必要を痛感した。
記録に残しておこう。
瀬戸朝香 マイホームタウン


日経平均株価の高さや、国のスポーツの強さは、医療や食品、薬品、環境問題に影響を与える。
普天間基地の辺野古沖移設というのは「全国の女性たちの抑圧をなくす」ことから解決していかなければならないが、そもそも、それらの問題は「日経平均株価」「スポーツの強さ」で測定されるものだ。
児童虐待を防ぐためにスポーツや株は勝たなければならない。
女性たちの抑圧をなくすためにスポーツや株は勝たなければならない。
そのような趣旨から「アウトローいっぱい」のボール(音楽作品)はおのずと絞られてくる。
「夫が地域住民と仲良くしてくれる」(マイホームタウン
「夫が豊かで謙虚でいてくれる」(未来の思い出に
の二つはそのために選択されたものでもある。
「どーしてもって部分がある」
それは個人的な理由からくるものであってはならない。
児童虐待をなくすため、女性たちの抑圧をなくすため、つまりは「株やスポーツで強いこと」を必要条件とするものだ。
それ以外の「個人的理由」に国民の支持などない。


男が地域住民に溶け込み、豊かで謙虚であるという結論を株価やスポーツがもたらしたため、政府としては、株価やスポーツのおかげで政策が打ちやすくなる。
そのために、応援してやろうという気持ちが起きるのだ。
医療、食品、薬品、環境、この四つが主な政策の背景にある。
なでしこジャパンのワールドカップは、ただ国民の「夢」では済まされないものがある。
結果を「予言」するカリスマをもてはやすのは、医療、食品、薬品、環境の問題が解決してからだ。
女たちは「マイホームタウン」「未来の思い出に」だけで勝負に勝って国の問題を解決するカリスマに「面白かった」と言ったし、日常の悩みの解決にもつながった。
大勢の男たちの命運を「マイホームタウン」「未来の思い出に」つまり、地域住民に溶け込む、豊かで謙虚になると言う歌詞をイヤと言うほど聞かせて、結果につなげたのだ。
歌詞は男たちの「ソネット」(教科書)になったし、社会は健康になった。
これらの条件が整ってから、犯罪や戦争、自然災害と向き合えるようになる。
政府にも優先順位というものはあった。
タリバン(ギャンブルが好きなシーア派)はこれらの条件を満たしていたため女たちが軍門に下った。
花粉症対策、おいしい水道水、嫌煙ムーブメント、自転車のヘルメット着用義務付けはさらに優先順位が下がる。
株やスポーツに強い指導者というのは政府のすべての仕事を円滑に進めるのだ。
「男の条件」をソネットにする必要があったし、それで人生のピンチを救う必要があった。


スポーツ観戦が嫌いな男はほとんどいない。
さらには、「地域住民に溶け込む」「豊かで謙虚」な男を作ってくれるのならば、株もスポーツも政府として応援してくれたし、女たちもプライベートで「抱いて?」と言える男がたくさんいた。
松田聖子 抱いて


病気のない社会、食品や薬が行き渡った社会、環境が整備された社会というのは、たとえば、環境という問題が「勉強する環境」を意味することから、同和対策事業ともいえるものである。
「マイホームタウン」「未来の思い出に」の二曲に人生が制約されることに男たちはどうしても「飽きる」ことがある。
勝利を求める意味はこの二つにあっても、どうしても「勝つことにすら飽きる」ことがあるのだ。
それでも、結果は出さなければならない。
ゲームが終わったら、自由に音楽を聴けばいいが「スポーツ界からのメッセージ」や「常勝軍団」はこのようなところからしかもたらされない。
株高やスポーツに強いことは「指導者が父親として振舞う」ことから来るものだ。
多くのメリットの存在を知っているからなのだ。


国内だけでこのような「地域住民に溶け込む」「豊かで謙虚」な男作りを行うわけではない。
時には「国際試合」も行わなければならない。
世界レベルで戦う「メリット」も世界の指導者に見出してもらいたいし、ハーバードやオックスフォード、スタンフォードと関わったことのある指導者が多いことから、当然、理解しているものと思われる。


意思の自由は誰もが持っているよ。
でも、スポーツから逃げていたのでは、中国やインドの労働市場に「そもそも勝てない」のではないだろうか?
簡単なことではないか。
マイホームタウンや未来の思い出にを、三時間程度聞けと言っているだけだろう。
それで、勝ち組にはなれるし、社会というものを知ることができる。
そもそも野球とはなにか?サッカーとはなにか?を理解することもできる。
埼玉西部ライオンズや北海道日本ハムファイターズに喧嘩が売れないのに、小野光太郎に喧嘩を売るというのは見当違いなものだよ。


ローマ帝国では、王位継承で処刑が横行していたが、インドの「ゼロの発見」つまり「ゲームセット」の発見があったから、ヨーロッパでも、フェアプレー(デュープロセス)が成立したし、ビッグマネーが生まれたし、そもそも「王位継承がフェアなものになった」とされ、トマス・アクィナスは自分の時代を謳歌したのだ。
プラトンがどんなに音楽作品を書いても、アリストテレスがどれほど「有名なプロレスラー」になろうと、「フェアプレー(デュープロセス)」がなければ、王位継承と関与する資格はなかった。
perfume zero gravity


しかし、20世紀のアメリカ合衆国はすごかった。
メジャースポーツを続々と誕生させたのだ。
男には「メジャースポーツで戦う意思」と「アウトローを気取る意思」の二つがある。
アウトロー男というモデルは女の子たちの間でも確立していたが、シビアな局面で「あのときお前はどこにいた」と怒られた。
つまり、ノー天気な会社でなければ出世できなかったのだ。
また、アウトローな男は実際に喧嘩も弱かった。
かつてそのスポーツに親しみ、現在でもファンであり続ける、これがスポーツの世界を豊かにした。
アクィナスの才能は「その筋の人」にしか破壊力は理解できなかったと思う。


女の子が恋する理由は「仲間が多い、なにかやってくれそう」というところにあったが、今は、「適度なノイズ」も重視されている。
マイホームタウンと未来の思い出にを聞いたあとは、とにかく「ノイズ」が聞きたかった。
そこで「アウトロー気取り」も適当に必要とされたのだ。
「あのときお前はどこにいた」という言葉には怯えていたけどね。
会社やチームがシビアな場面を経験するたびに「アウトロー気取り」は排除されていった。
このあたりに「普段はモテる」男の扱いに苦労する理由がある。
私の「アメリカの行政学」にある「クリークの人事」とはこのことを言っている。
世界の「リバタリアン」(ロシア派)が「マイホームタウンと未来の思い出に、はどこから出たものだ?」と不思議がった。
私の祖母の遊佐道子(香淳皇后)らしい。


我々に意思の自由はあるのだろうか?
野球の話で喧嘩したり、そもそも勝負から逃げているうちはあまい。
「勝ち方」を語り合う分には喧嘩にはならない。
上司が「サッカーの決定力不足」を口にするたびに失望感を味わった。
「勝ち方」を知らないのだ。
いずれにせよ、プロ野球やサッカーのような「その筋」の人間がいなければ、アクィナスの偉大さも適当に誤魔化して終わっていただろう。


昨日、プロ野球で痛感したのだが、二曲のどちらかの選択になると、「7回」に戦況がこう着状態になる。
「7イニングストレッチ」として、「好きな曲を聴く」時間を作ったほうがいいかもしれないね。


今日みたいにゲームメイクができていると「7回」は非常に長くなる。
どうせすぐに「マイホームタウン」に戻っていく時間帯は来る。
7回に雰囲気がよくなるようであれば、すぐに「未来の思い出に」に戻ったほうがいい。
あくまでも「仕事」なのだ。


7回の確変が終わり、勝ちパターンに持ってくれば8回9回は勝負が見えているのだろうか。


9回はとにかく「ブレない」「焦らない」ことが重要だ。
未来の思い出にとマイホームタウンを的確に使い分ける必要がある。
マイホームタウンだけに逃げてはいけない。


最後の出来高はものすごいね。
わずか「7円」の勝利。
クローザーを発見するのに百年かかる。
ヒントは「最後の瞬間は光よりはやい」ということから、明日は「相対性理論 恋は百年戦争」を使わせてもらいます。
最後の瞬間だけは相対性理論にしたがいます。
3分ぐらいしか「跳ね返す」力はないため、何度も連発するものではないけどね。
相対性理論 (恋は)百年戦争


三浦コーチが出た場合に「マイホームタウン」にスイッチするが、ラミレス監督が出た場合は「相対性理論 (恋は)百年戦争」を使う。
継投の難しさもこれでクリアーできるだろう。


いい内容できているのに、ベンチがガタついてはならない。
多少のビハインドでも、先発投手に五回までは責任を負わせたほうがいいことがある。
今日は「4回で山崎康晃を使う」という実験を行い試合を台無しにした。


大量ビハインドの時は「チーム全体の利益を考えろ」と言われる。
AKB48 ティーチャーティーチャー


大量日ハンドの時に流行した「AKBグループ」。
AKB48 ヘビーローテーション


当然、この局面においてはAKBグループや坂道シリーズなど、皆さんの方が詳しい音楽作品を聴いてもいいことになる。


あるいは「ゲームに均衡が取れているのが現状である」としてオーディエンスを逃がさないという方法もある。
二人の女が「一人の男」に振られたことで認め合えたという曲だ。
酒井法子 平気!平気!

2019年6月12日 (水)

アジアの安定感とメールの記録。

ロシア大使館宛てメール。

こんにちは。
神奈川県に住んでいる小野光太郎と申します。
実は。私はロシアの研究をさせていただき、非常に興味深いことが明らかになりました。
注目すべきことは「ロシアのコンビニエンスストアのクオリティの高さ」だったのです。
エリートほど夜遅くまで起きていて、ラジオを聞いたりしながら勉強します。
そのために24時間営業のコンビニエンスストアが発展します。
この背景にはウォルマートの存在が指摘できます。
一方で、ロシアにはもちろん大学もありますが、一流大学に合格しても18歳ぐらいでは「誰を排除したらいいのか」「異性を遠ざけたらいいのか」が明らかではなく、29歳ぐらいで司法試験に合格する頃にはこのことがわかるようになっている、つまり、そのためにウォルマートというものはあり、一方で、ロイター通信が「エリートの政治生命を奪う女たち」のネットワークを持っています。
カントの純粋理性批判は、世界の指導者層の「口説き文句」を集めたものであり、ロイター通信によって作られたものです。
ロイター通信は、エリートに女をあてがうというネットワークであり、黒革の手帖(純粋理性批判)を作り上げるためにあります。

さて、ウォルマートとロイター通信は、原油価格を背景に、世界レベルで巨大な車輪を回していますが、北方領土問題に関しては、「日本の暴力が嫌い」「暴力をつかったものが歴史に名を残すという発想の否定」(東京裁判史観の否定)を行わなければなりません。

つまり、子供たちに歴史を教える時には「資金力は挑戦者の資格」ということを踏まえて、「お金を集めるのがうまかった人」が歴史に名を残していることを教えなければなりません。
北方領土問題というのは、ヨーロッパではない日本国に、そのことを理解してもらうまでは解決できないものと思われます。
つまり、文部科学省にそのことを周知徹底できる力量を持ったものにしか解決できないのです。
女の子は「幼い頃のセックス」でも髪が短くなりますが、「お金に酔う」ことでも髪が短くなります。
つまり、北欧ショートボブなどの女の子の髪型は、歴史を正確に教わったからこそ出来上がったものです。
是非、「暴力の否定」(東京裁判史観の否定)と子供にヨーロッパの歴史をしっかりと理解してもらうことを日本国内に周知徹底することで、北方領土問題の解決の方法として提案させていただきます。
今回は以上です。

 

中国大使館宛てメール。

こんにちは。
神奈川県に住んでいる小野光太郎と申します。
台湾という島は中国にとっては「おばさん」でありまして、しかもかなりその力は強いのです。
ただの婚約者とは異なり、「中華人民共和国が日本国やアメリカ合衆国と結婚するために天文学的数字の金額を支払わなければならない」おばさんなのです。
台湾がある限り、日本国もアメリカ合衆国も、中華人民共和国と結婚することはあり得ないし、もはやその金額は値段がつかない状態です。
それが日本国とアメリカ合衆国の魅力でもあるのです。
中国は南シナ海に進出した結論は「台湾を支配する」ことにありましたが、アメリカと中国が戦争になれば、中国は非核化された上で、日本やアメリカ合衆国と仲良くなれますが、習近平国家主席が「中国の歴代皇帝と同格」とされることはありません。
中国は台湾を先制攻撃してはならないし、あくまでもその解決法は平和的なものでなければなりません。
しかし、台湾に天文学的数字のお金を支払うということの目的は「日本やアメリカ合衆国と結婚するため」であることを理解しなければなりません。
今回は、台湾についてメッセージを送らせていただきました。

 

韓国大使館宛てメール。

こんにちは。
今回は竹島についてお話しさせていただきます。
アフリカに「バケツとはソクラテスの叡智である」という言い伝えがありまして、バケツをいろんな職場が奪い合うと、その見識の深さにバケツを奪い取った男は女たちの奪い合いになります。
そこで、竹島というものは、日本国と韓国の間にある「バケツ」と位置づけ、そこにはソクラテスの叡智が詰まっているものと考えなければなりません。
タワシなどは奪い合いの対象にはなりません。
竹島は日本国はタワシと考えているかもしれませんが、両国の共通認識として「バケツである」と位置付けなければなりません。
そこから、「お金になる竹島問題」というものが生まれます。
現在は、日本国は「国際司法裁判所に委ねる」「そうすれば日本国のものになる」と考えていますが、この考えを捨て、韓国と日本の間に存在する「バケツ」「ソクラテスの叡智の奪い合い」という認識に改めなければなりません。
つまりは、実効支配の問題ではなく、「お金で争う」という認識が必要になってきます。
現在の日本国の経済規模と韓国(アジアの虎)の経済規模を考えると、韓国は「日本国に挑戦する資格」を竹島に求めています。
この問題は、ソクラテスの叡智、バケツの問題であるということを両国の国民に理解してもらい、日本国の最も信頼できる友人としての韓国の経済発展に役立てなければなりません。
このことを今回はお伝えして終わりたいと思います。

 

インド大使館宛てメール。

こんにちは。神奈川県に住んでいる小野光太郎です。

インドは「アメリカの核兵器によってすべてが変わった」とされており、美男美女を生む仏教にしたがいながらも、「経済制裁のない核クラブ入り」をするための宗教であるヒンドゥ教を生み出しています。現在、私は日本とインドの関係を以下の論文で書かせていただきました。是非、読んでみてください。

インドについて

 

小野光太郎

 

現在、アメリカ合衆国は「2019年のはずだったのに2040年が来てしまった」と考えており、日本という友人は「もはや古すぎる友人」となるだろうと考えている。 本当の、2040年には、アメリカは「若い国」となっているため、「69歳の小野光太郎とは組めない」と考えており、インドネシアやフィリピンを「将来の友人」として期待している。 平成生まれの「40%が子供がいない、50%が孫がいない」状態になるとされ、アメリカ合衆国は「若きアメリカには若き友人を」と考えている。 一方、中国は、「小野光太郎の真似をする奴」を政府から排除し、草の根で日本批判をしていた人間を政府に引き込む作戦に出た。 中国が民主主義を否定したことから、世界の発展途上国から民主主義が失われた。 人間の半数は女性であるとする小野光太郎包囲網がアメリカと中国でこのように敷かれたのだ。 私は、中国には「台湾を買うのはあまりにもコストが高い」と中国にメッセージを送ったし、韓国には「竹島を国際司法裁判所に持っていくつもりはない。バケツを争うつもりで韓国を豊かにしてくれ」とし、従軍慰安婦問題を謝罪した。 一方、北朝鮮には「日本国は戦争のやり方を首相官邸が理解している。北朝鮮の核の半分は不愉快だ」というメッセージを出している。 日本の周りを見回すと「韓国とヨーロッパしか見えない」現状がある。 河合その子 青いスタスィオン

2019年6月 6日 (木)

矛盾と実践。

矛盾とは、男だけの社会で何の結果も出せず、堂々巡りすることを言う。
実践とは「処女の役割」という意味である。
結果の出せる連中ならば、処女などいなくてもギスギスはしないが、結果がでないと(矛盾)処女が必要になってくる。
成績の向上などの結果が出せると、「処女なんて必要ない」という雰囲気になるが、結果がでないと、「処女が寄ってくる」のだ。
毛沢東の、キャリアの推進力と言われる「矛盾と実践」とはこのような趣旨の論文である。
ビートルズ レボリューション

結果の出せない男に「男らしさ」などあるのだろうか?
松任や由美 ノーサイド

この毛沢東の論文は「中国という巨大な社会」の階層化を進めた。
高橋由美子 負けてもいいよ


クラスの上位の連中の中にも「結果を出せなくなる」男は確実にいたので、処女が虎視眈々と狙っていた。
下位の連中は簡単に女が落としていたので、中堅クラスが冷静に自分の時代が来るのを待った。
女の子たちは本当は「中堅クラスの冷静な男」が好きだったのだ。
そのため、上位陣の中の脱落者に「敗北の文学」を送り続けた。
下克上があったために、上位の中の上位と中堅クラスが東大で合流した。
高橋由美子 こんなにそばに居る

上位の中の上位は「大学に研究者として残る」という意味では優遇されている。
しかし、毛沢東や宮本顕治が考えていた「社会のダイナミズム」を「理解する立場にない」という意味では、金融には向いていない。
毛沢東、宮本顕治、さらには、チェ・ゲバラと言えば逆らわないのが年寄りだったからだ。

「男らしい」のは、負けた男ではなかった。
最終的には、「勝った男」が「負けた男と女の事情」を理解することが必要だった。
中堅校出身の男は「ベースライン」の存在によって人事で辛酸を舐めるだろうが、毛沢東や宮本顕治が味方ではないか?
子供の世界と大人の世界では「ベースライン」の扱いが違う。
社会人になってもそれは同様である。
何が男らしいのか?
それは「敗因を知っている勝者」であろう。
「女心を理解しつつ、中堅クラスから下克上を果たした」男の方が金融に向いている。
放課後に落ち込んだ少女 おニャン子クラブ

アメリカ合衆国では、共産党が非合法化された。
中堅クラスの高校からハーバードやスタンフォードに入ることが禁止されたも同然だったのだ。
毛沢東や宮本顕治、チェ・ゲバラの金融を禁止したのだ。
そこで、一流私立高校以外にアメリカ高等教育は門を閉ざしてしまった。

とにかく思春期の女の子はメランコリーに陥るのだ。
クラスメートの上位陣から負け犬が出てくると容赦なく狙った。
私のメランコリーをどの男子のせいにするかを考えた。
結婚する気なんてさらさらなかったわ。
なにしろ、私と同じように落ち込んでいる男の子と波長が合うだけだから。
思春期を通り抜ければ、そのような男子には用はなくなった。
高校というのはニューヨークのアッティカ刑務所ね。
出所(卒業)してしまえば事情は変わるのよ。
毛沢東や宮本顕治は、ベッカリーアやミシェル・フーコーを参考にしていた。
フーコーの「監獄の誕生」という監獄という意味は「高校」ということなの。
檸檬の年頃 AKB48

思春期の女の子の「メランコリー」に「罰の起源」があった。
「恋愛と結婚は違うゲーム」
それは、毛沢東や宮本顕治を起源とするものであり、思春期の女の子たちの「弱い男を罰する力」を背景に強烈な支持を得た。
どの年寄りも、毛沢東や宮本顕治といえば「若かりし日の自分」を思い出したし、逆らおうともしなかった。
あのゲームの勝者があなたなの?
中堅校出身の男を見てそう思ったのだ。
河合その子 緑のポインセチア

ほろ苦い「恋の思い出」を持たない年寄りはいなかったため、毛沢東や宮本顕治、チェ・ゲバラはその心理を巧みに利用した。

マザー・テレサは、自身の自伝において「とてもミステリアスな経験だったわ?」と、自分が思春期にメランコリーになって、男の子を「罰した」記憶を赤裸々に語った。
なにしろ「そういう夢を見た」としか覚えていなかったからだ。
雪が降りしきる中を神さまに盗み見されたみたいよ。
「愛とは奪うもの」と信じていたの。
私が好きになった男の子の人生がダメになっていくのも見た。
でも、もしあの時、私の方から行かなければ、男の子たちの争いは治まらなかったと思う。
毛沢東や、宮本顕治、チェ・ゲバラの噂を聞いたのもその頃かしら?
工藤静香 ミステリアス

この、ミステリアスな経験を知っているのならば、あなたは私たちの仲間ね。
年寄りはみんなそう考えた。
上位の中の上位ではない、中堅校出身の革命家が「高校という名の監獄」で何を見たのかを知っているのならばね。
マザー・テレサの証言を元に、ミステリアスな女の子の思春期を資金に変えた革命家は、彼ら自身がミステリアスな存在となった。
今となっては楽しかった思い出だったから、理解してくれる男性はみんなミステリアスな革命家となっていた。

アリストテレスは「偏差値」の計算方法を考えたし、どの男の子も偏差値をもっていた。
しかし、それと同時に「愛Qテスト」も考えていた。
偏差値だけではどうにもならないのが「女心」だった。
偏差値が高ければ、当然、「女心」にも詳しいはずである。
なにしろ、時代の教科書が変わってきたのだ。
毛沢東も、文化大革命において、「時代の教科書」を書きたかったのだ。
「女心に詳しいソクラテス」以来、世界の政治家で違うやり方をするものはいなくなっていた。
クラスの上位陣から脱落者をなくすのが、アリストテレスのやり方であり、中堅校の冷静な連中が、上位の中の上位と東大で合流することはアリストテレスは想定していなかった。
敗北の文学にせよ、矛盾と実践にせよ、共産主義というものはのちの時代の発明だったのだ。
うしろゆびさされ組 偏差値BOY

もはや、令和の時代は、平成の「失われた20年」の時代とは違ったのだ。
偏差値の高いものは当然、小野光太郎を読んでいたし、脱落者を出さなかった。
毛沢東や宮本顕治という「中堅校から東大に入る」ことをアリストテレスは想定しておらず、ヨーロッパの古典に回帰するか、共産主義を選択するかのどちらかだった。
イートン校などは完全にヨーロッパの古典にのっとっていた。
アメリカ合衆国も、毛沢東や宮本顕治、チェ・ゲバラを否定した。
ニューヨーカーも「カストロのすべてが許せるわけではない」と語った。
音楽作品を聞き、プロレスを見ながらも、偏差値の高い連中は誰も脱落しないのが反共ムーブメントだった。

D.T.スズキは、日本の主婦層に「美少女の写真」を大量にばら撒いて、日本人の女の子の顔と、朝鮮人の女の子の顔を明確に区別した。
日本の「処女マーケット」は明らかに変わったし、毛沢東や宮本顕治の立場から中堅校に東大に入ろうが、上位の中の上位の連中と東大に合流しようが、アリストテレスの立場から「女心」に詳しくなろうが、自由民主党(原理研究会)と共産党(民青)が東大で共存し始めたのだ。
ロマンスかくれんぼ

本来、灘や開成ではなく、横浜市立南高校出身の私は、原理研究会(自由民主党)ではなく、民青(共産党)つまり、キリスト教ではなく仏教の側に属すべきであろうが、スタンフォード大学にはそのような区別はない。
共産党系の私でも、政府与党に入ることが許されるのがスタンフォード留学である。

私も高校時代のアメリカ留学がなければ、キリスト教(自由民主党系)ではなく、仏教(共産党系)に位置づけられていただろう。
留学のおかげで、横浜市立南高校でも「灘・開成と同格」という地位を得ていたのだ。
酒井法子 エアメール

法然や親鸞、日蓮は、「可愛らしいジャパニーズビューティー」を生み出しており、灘・開成出身の東大生という「キリスト教系」のかなり暴力的な存在とは距離を置き、協調性と、学歴はなくても可愛らしい女の子に恵まれるという仏教を考えたのだ。
中堅校出身か、上位の中の上位かというのは、毛沢東や宮本顕治、アリストテレスの対立であり、アメリカを知っているのならばそのような軸はそもそも存在しない。
もっとも、「東大ではない」のならば各教団の指導者にはそもそもなれないのだ。

仏教は「集団指導体制」を好み、キリスト教は「君主制」を好んだ。君主制が民の支持を得たら共和制だった。
キリスト教と仏教を巧みに操る君主が共和制の背景に存在し、多くの懸案を解決して民の喝采を浴びた。
仏教の世界は「キスとスキ」が多く存在し、人気があったし、偏差値だけではない、英語だけがすべてではないという連中が仏教に集まった。
キリスト教とはエリートのものであったし、原理研究会というだけで、恋愛から排除されてしまう。
民青(仏教)の方が駒場では人気があったし、上位の中の上位の連中が中堅校出身者に一歩譲る慣習があった。
「キスとスキ」を知らない者は世の中を知らないと思われたのだろう。
高橋由美子 ウェルカム

仏教の世界では「法」というものはあるが、キリスト教においては「法」とは呼ばないだろう。
あくまでも「キスとスキ」の世界にこそ「法」というものは存在しえたのだ。
男女でみんなでワイワイやったほうが「査問」も行えるし、いろいろと勉強にはなる。
査問の時に「法」は生きるし、実務家としての才能も育まれた。
しかし、その世界を離れて「研究者として大学に残りたい」と考えたら、原理研究会に所属したことを明らかにして、「みんなでワイワイ」の世界からハブられた。

「行政処分」というものは学生時代に「査問」を行ってきた経験から下されるものである。
つまり、「みんなでワイワイ」やってきたものが国家一種試験に合格していた。
一方、大学の研究者は原理研究会から昇格するものである。
キャンパスでの「みんなでワイワイ」は女子たちにも人気があったし、その人気がなければ行政も実効性が担保できなかった。
自分は民青なのか原理研究会なのかの判断を明確にしないと、学生としては居場所がなくなるものだ。
学生のサバイバルは、そのようにしてなされたし、「親のカネ」もそれを背景にして大量に流すか、資金を引き上げるかが決まった。
子供なりの判断が学生には求められる。

仏教の世界には男女が満ちていて、「みんなでワイワイ」やり「法」にのっとって「査問」というものを行う。
私の叔父の一人に、「豊臣秀吉の末裔」という人がいて、豊臣秀吉が「刀狩を行う前の横綱」であったことから、平成天皇との関わりをそのように語っているものと思われる。
その叔父が「酒井法子の実父」であったことから、「男社会の堂々巡り」の世界に「処女が近づいてくる」というよりも「娘がトップアイドルである」ことから、飲み友達を増やしていく実態があった。
また、酒井法子の妹は、ribbonの松野有里巳であった。
私は、東大に受かった時に、酒井法子と松野有里巳の二人が家に遊びに来るというなんとも贅沢な経験をしている。
とにかく、私の叔父(豊臣秀吉の末裔)は、娘をアイドルにするということから仕事を成立させていたのだ。
自らの発言に「教科書レベルの」精密さを求め、それはつまり「処分性」となっていた。
また、娘二人が「処女ではない」という噂を立てられることは、自らの権力と関わったために、非常に敏感になっていた。
酒井法子、松野有里巳、そして私の妻がどのような血縁関係にあるかは明らかではないが、「娘こそが権力基盤」ということをもっともよく理解していた平成天皇の戦友だったようだ。
私も、3人の娘のうち上の二人を芸能界に送り出そうとしているが、すでに皆さんがCMクイーンとして知っている女の子が私の娘かもしれない。
酒井法子 涙が止まらない

年寄りの女性にとっては「ミステリアス」な経験であった、男社会の上位の中の上位と中堅校つまり、原理研究会と民青の関係であったが、高校時代が「ミステリアス」なのであり、原理研究会と民青はすでに大学であり、大人の入り口をくぐっていた。
アメリカ合衆国が原理研究会のバックにあり、中華人民共和国が民青のバックにある。
財界をバックにした男子校・女子校、そして男女共学はこのような関係にある。
私は、横浜市立南高校出身であり、お受験の事情を踏まえると、中国と結びつかざるを得ない。
しかし、高校一年の時に夏休みを返上して英語の勉強をしたらアメリカ留学が許可されている。
つまり、アメリカ合衆国と中華人民共和国の両方を見据えることが可能になったのだ。
英語の次の第二外国語は中国語であった。
民青の中から「大学に残る」と言い出した者は「民科」と呼ばれて差別された。
日本共産党や中国共産党は、年寄りの「思春期のミステリアスな経験」を資金源としている。
毛沢東の「矛盾と実践」、宮本顕治の「敗北の文学」からそれは明らかであった。
「娘がアイドルをやっている」「処女なのかどうかは重要な問題」と考える大人の事情とは別に、毛沢東や宮本顕治は「処女を失ったときの思い出」を資金源にしていた。
ribbon リトルデイト

 

余談ではあるが、「小野光太郎をいじめている」と自慢する者(山本信一郎宮内庁長官、西村泰彦次長、その他の宮内庁全職員、参議院議員の山谷えり子など)は医者が治療拒否をする必要がある。

男の子は「上位の中の上位」から脱落してくることがある。
女の子がだんだんキレイになってくるからだろうという側面があると思われる。
女の子よ、どんどんキレイになれ。
中堅校の冷静な連中はそのおかげで、東大で「上位の中の上位」と合流できるのだ。
しかし、上位の中の上位が原理研究会で、中堅校が民青であるという違いが東大で生まれた。
民青の連中が「大学に残りたい」と言ったら「民科」というレッテルが貼られる。
通常は、原理研究会=キリスト教=君主として大学に研究者として残るのが王道だった。
しかし、民青=仏教=衆愚制として研究者に残る方法もあったのだ。
赤い靴のバレリーナ 松田聖子

100メートル走、200メートル走など、メートルが数学できっちりと決まっていなければ、「男らしさ」を語る基盤がない。
「会期の延長」なんてものは本来想定されていないゲームなのだ。
ゴールの切り方に不満のあるものが会期の延長を主張するものだ。
カール・ルイスは、レースの途中でベン・ジョンソンを二度三度ふり向いた。
このような時に「首相の解散権」が抜かれる。
家庭内で「弟」が生まれると、長男は弟を二度三度ふり向かなければならない。
しかし、そもそも、原理研究会だの民青だのいうのは長男だろう。
社会から多くのものを家庭に持ち帰ってくる必要が長男にはある。
家庭内における「堂々巡り」もそれによって変わってくるのだ。
「バーモントのコミューン」のようなものを民青は持っていて、仲間も多い。
所属すれば、親も喜ぶだろうが、「不潔な連中」と言われても仕方がない。
なにしろ衆愚制なのだ。
君主制ほど高貴なものではなかった。
ハウスバーモントカレーCM

処女にとって、男らしい男とは「何かに傷ついている」男であった。
それは女の子が去勢をかなり暴力的に受けることから、同調行動が取れるからである。
学者として「君主制」の立場に立つか「衆愚制」の立場に立つかがキリスト教と仏教の違いであったが、どちらも「国民の人気」を必要としていた。
君主制が国民の支持を得られるのならば共和制であり、何か大きな仕事をして民を「アッ」と言わせなければふたたび君主制に逆戻りであるし、衆愚制ならば民に「考えるヒマを与えない」という側面がある。
いずれにせよ、君主へのハニトラとしての処女がいなければ、民青も成り立たないのだ。
鈴木亜美 Our days

上位の中の上位から脱落した男は、頭をつかってきた以上、「勃起した」のである。
そのようにして処女と、上位の中の上位から脱落した男は「ブルーな恋人同士」となったのだ。
すみれ色の涙 岩崎宏美

上位の中の上位の連中に、成績が思うように伸びずにギスギスしている男がいたら、ゲームの世界が巧妙に入り込み、女との出会いの場を与えた。
「女の口説き方ならば知っているよ」と考えた男の子は「ニンテンドー」の「インテンドー」(思う壺)にはまる仕組みになっていた。
高校時代から付き合っている女というのはそのようにして生まれたし、下手な別れ方をするよりも、ずっと付き合っていたほうが、成績は伸びるだろう。
一浪、二浪というのはそのようにして生まれたし、東大にも普通にそういう人はいた。
「二浪以上は信用できない」というのが企業の考えであり、原理研究会でも民青でもない就職組はそのようにして存在した。
彼女がすでにいるから、就職において「セックスサークス」に加われない、しかも、「仕事をする能力がまだ身についていない」のであり、それが「二浪以上は信用できない」という意味であった。
原理研究会は学者に向いており、民青は司法試験や国家一種試験に向いていた。
教会法を書く学者か、法を書く実務家かの違いがあるが、「彼女がいるのに新卒?」という扱いを二浪以上の男は受けざるを得ず、どのみち別れざるを得ないだろう。
いちご白書をもう一度 バンバン

上位の中の上位からこぼれおちた男は、それなりに有名だった時期がその筋ではあったため、女にとっても「気持ちがいいもの」だったのだ。
挿入だけが気持ちいいのではない。
とにかく、空気が気持ちよかった。
男にとっては「有名で女らしい」女への挿入は気持ちいいが「射精の時の感覚は同じ」であるとアタナシウス派は結論付けている。
もっと、「女の側から」「神=男を信じる」とはどのようなことかを理解しなければならない。
蛍の草原 松田聖子。

有名男ならば「ひとり上手」すら気持ちいいものなのだ。
世界一有名な男って誰?
それはイエスキリストだった。
イエスキリストでのひとり上手は気持ちがいい、これがカトリックであり、教会はイエスの肉体と呼ばれた。
ribbon さよなら

イエスキリストはとにかく強い政治家だったが、磔にされた時に、実況が「悪魔が倒れた!」と叫んだ。
こんなに気持ちのいい男は他にはいなかった。
世界の政治家が女の子をどのように口説いているのかを集めた「純粋理性批判」は、ロイター通信によって作られた「悪魔の書」であった。
カントは、ヒンドゥー教・仏教・ジャイナ教などの指導者の言葉すら網羅したのだ。
儒学もなかなかの強さを見せた。
女は、男の言葉を思い出しながら、ヨーガ(セクシャルポーズ)をやるだけで濡れ濡れになった。

東大生も、上位の中の上位だと、先生に進路を決めてもらっていたため、面白くない部分があった。
「そんなことを言っていると先生の印象が悪くなりますよ?」
そんな東大生がいるのは事実だったのだ。
それよりも「世界は広い。こんな小さい先生の言うことなんて聞いてられるか」という男の方が気持ちが良かった。
司法試験委員に逆らえないのでは、なかなか気持ちのいいセックスは難しいかな?
法律事務所の女の子は、そのような東大生を容赦なく不採用にした。
もっと「世界」を見てもらわないと、カントという「聞いたことのある名前」は「欧米の憧れのセックス」にとどまる。
普通にカントを理解していて欲しかったし、司法試験委員などという堅物に人生の命運を握られているうちは、欧米に劣等感を感じるしかなかった。
浅香唯 ピンクの結晶

さて、民青=仏教=中堅校の世界に、「可愛らしい女の子」がいるのは事実であるし、原理研究会=キリスト教=上位の中の上位の連中から脱落者が出ると、可愛らしい女の子がよってくるのは事実である。
なぜ、日本の女の子が可愛らしいのかは「禅」を理解しなければならない。
禅とは、中国語で「チャン」と言い、日本語で「ゼン」と言い、朝鮮語で「ソン」と言い、ベトナム語で「ティエン」と言う。
中国・日本・朝鮮・ベトナムの女の子が、「より可愛い」ことになる。
その秘訣は、妊婦さんが「美少女」の写真や映像を見て瞑想することにあるのだ。
「禅」にまで遡らなければ、上位の中の上位の連中がたとえ脱落しても「女の子に落とされる」という文化は生じないはずである。
松浦亜弥 絶対解ける問題

妻が「美少女の写真や映像」をまじまじと見て瞑想する背景には、パートナーの男の「苦しみ」がなければならない。
苦しみぬいた人生の中で癒しを求めていた男について、妻が「彼は何を考えていたのかしら?」と興味を持つことに「禅」の起源がある。
歳をとって出来た子供はブサイクだというが、周囲から「美少女」がいなくなっていただけであり、普通に、パートナーの男が「美少女」に癒しを求めていたのならば、妻も興味を持つだろう。
人生の若い時期には苦しみが必要であると仏教は考えており、それは、「美しい娘」の存在につながった。
男が苦しんだのならば、妻は「女の子が欲しい」と思うだろう(性)し、おのずと女の子が生まれる(自然)。
さらには、いずれは歌を歌うようになるほど可愛がられるだろう(道)。
苦しむがいい、苦しめ、いずれは「苦しみなんてものには意味がない」(ヘトロドクス)という境地になる。
ナガールジュナは、そのような「苦」の研究をする仏教の世界において「女の子の美しさ」というものを発見したし、それを踏まえて「エルサレムを尊敬しろ」とし、原理研究会と民青の共存を志向した。
娘が可愛ければ、自らの「処分性」「発言の重さ」につながる。
広瀬すず CM

中国の仏教も、いろいろ面倒な漢字がたくさん書かれているが、要するに、「苦しみの中に癒しを求めた男には必ず、いいパートナーが現れ、可愛らしい娘を授かる」ということだろう。
息子も案外ハンサムにはなると思われる。
普通に「禅」の世界を知らない大人たちからは「可愛らしい」「男前だね」といわれて済む問題であるが、父の苦しみが美につながったということは哲学者ならば理解しておかなければならない。

モニターに映し出される映像を撮っているカメラはモニターを写してはならない。
女の子に聴衆の視線を集めるためである。
片思いの終わりに

紀元前四世紀ごろには「マスターベーションの方法」は確立されていた。
とにかく異性を、イメージではなく「ガン見」する必要があるとされたのだ。
そのような習慣がないと、なかなか射精できなくなるし、成績が落ちてくると女の子に逃避しやすくなるのだ。

そもそも、「テンプレ」というのも、「女のルール」である。
テンプレにこだわる男の意味は明らかではない。
「くだらない男を取り合いしないように」
テンプレにこだわる男かどうかでくだらない男かどうかが分かった。
Anytime somokin' cigarett

「この条文に目をつけて」などと言われる男は、大所高所からの政治家にはかなわないし、宮本顕治勇退勧告の排除に成功した志位和夫は、宮本顕治には到底及ばない。
女の子のメランコリーの記憶と初体験(夢)を資金の出所にした宮本顕治に対して、条文に目をつけて勇退勧告を跳ね除けた志位和夫は「くだらない男」の仲間入りであった。

宮本顕治ほどの毛沢東に並ぶ政治家に「指導の誤り」が見え始めた。
組織に対して医学的にアプローチできなかった時代には「不必要な部分すら切除した」とした表現できない。
とにかく、勇退勧告が出たのは事実なのだ。

指導の誤りが見え始めたのならば、志位和夫は「組織の必要な部分とガンの区別」がつくだろうと考えたものと思われる。
宮本顕治勇退勧告を「条文」に目をつけて排除した志位和夫は、そのことが期待されていたのであり、今となっては「宮本顕治とは何者か?」が明らかにされており、日本共産党を豊かにした人物であることには変わりはない。

苦しみのない世界に身を置く者はガンになる。
これが医学であり、組織論も同じである。
しかも、苦しみのない人生には「美しい娘」がいないではないか?
仏教と民青、中堅校はこのあたりで非常に仲がいい。
キリスト教と原理研究会、上位の中の上位とは異なる論理があり、まるで職業人のように「受かった~!」と叫んでいた連中もいれば、私のように「生きるか死ぬか」の場面であったこともある。
それが東大合格者の発表であった。

原理研究会=キリスト教=上位の中の上位の連中と、民青=仏教=中堅校出身者という図式はあくまでも東京大学において想定されているものである。
自由民主党か共産党かという軸しかそこにはなく、また、研究者か国家公務員か弁護士しか想定されていない。
しかし、通常は「就職する」という道を歩むのではないだろうか。
そうなれば、立憲民主党なり国民民主党が存在する意義が見出せる。
あるいは社民党であろうが、とにかく「ブレないものが勝つ」のが労働の世界である。
恋も仕事も、これをより快適に保障する政党が強いのだ。
恋も仕事も

どんな仕事でも、続けていれば「ブレない」政党の政治家から情報が入ってきて儲かる仕組みになっていた。
離合集散とか野党共闘などというものは本来、「恋も仕事も」を選んだ人間には必要のないものだった。
「続けていれば仕事も儲かり、政党も大きくなる」
研究者としての私もそれは同じ気持ちであるが、読者である労働者も「何かいいビジネスモデル」は見つかるものなのだ。
「仲間を増やす可能性」(プット)と「女の子に優しくなる可能性」(コール)の存在や、「男女の出会いの機会を増やす」仕事か、「性病の治療をする」仕事かしか存在しない「恋も仕事も」の世界が、立憲民主党や国民民主党、社民党から「有効なメッセージ」を必要としていた。

お金を持っている男は、仕事というものをよく知っていたし、おのずと女もついてきた。
自分の会社の何が「男女の出会いの機会を増やす」あるいは「性病の治療につながる」のかをよく理解するようになっていたし、
テレビだけ見ていればいいから、という自由民主党=アカデミズムの都合とは別の「企業の富」というものが生まれていた。
離合集散・野党共闘など誰も望んではいない。
どの政党が「企業を豊かにするのか?」「労働者にお金を行き渡らせるのか?」が問われた。
ビジネスの研究や雇用の研究が雇うには求められ、自由民主党と共産党という軸は、東大生も社会に出てからいろんな政党に拡散していった。
「ビジネスの共通項は何か?」
これを探求する姿勢が大事だった。

テレビ番組の「スポンサー様」は企業であったし、芸能界も企業の富がなければ成り立たなかった。
しかし、自分の顔の美しさの起源は仏教にあったし、音楽の評論なども「宗教」の領域に入っていった。
ドラマは私は専門外であるが、ヒューマニズム(人間の瞬間のショット)は5分間のパフォーマンスを聞けば十分だった。
30分のアニメはメンデルスゾーンを聞きながら山場を作ったし、映画はバッハのブランデンブルグを聞きながら山場を作った。
45分のドラマは人それぞれだろう。
山場と言っても「女」か「障害者」が山場を作るものだ。
そのようにして、音楽を聴きながら編集したら、最後まで飽きない番組ができる。

ドラマにおいては「いじめられた者が」「肉声を語る」ことが許されている。
これは「三密」と言って、「歴史に残る名ゼリフ」が残るとされる。
ドラマを活用する理由はこのあたりであろうか。

仏教における、集団指導体制は、案外評判が悪い。
かつて日本軍が採用したのが「会議」であったが、今では世界に知られている。
しかし、「仲間を集める力量」だけが重視され、あとは「個人のプレゼン」を聞くというスタイルが確立している。
プレゼンにおいては「名目」(女の美しさ)が「実質」(男の労働)を引っ張るということと、「具体」(従姉妹の女の子)の方が「抽象」(クラスの女の子)よりも安く上がるということ、「特殊」(結婚生活)が「一般」(独身男女)を引っ張るということ、
などを理解する必要があり、それだけで、仲間を集めて、プレゼンをやると喝采を浴びる。
集団指導体制はあくまでも、個人のプレゼンの感想を語り合うにとどまり、みんなで堂々巡りをしながら何かを決定するものではないのだ。
大勢の人間が集まったのならば「映像を見てもらう」のが正解であり、集団指導体制というものは、その映像に関する議論を行うものに過ぎない。
「名目と実質」「具体と抽象」「特殊と一般」などの理解力を議論するのだ。
それが「ニアサイド」であり、何か言いたいことがあればトイレなどのファーサイドで囁く以外にない。
発言力のないものの話はトイレでも聞こうとは思わない。
プレゼンの機会を多く経験した者は、そのままテレビ局のプロデューサーにエントリーすることもある。
プランナー(審議官)というのはそのような仕事である。
一方、調査官と参事官は常に会議に参加している者だった。
これが「処女も憧れる」会議の実態だった。
いちばん、「事案の核心に迫る」映像を見ているのが企業や政府の幹部であったため、機密情報を知っていると言うのは一概に「心理学」とは言い切れないものがあった。
「会議は楽しい」
それがプレゼンをやる審議官や企業幹部の才能であり、社会人というものだった。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ

マルクス主義は、民青=仏教=中堅校を基盤に広まったが、キリスト教=原理研究会=上位の中の上位の連中が「国際レベルで、階段を降りてくる」のを待った。
エリートがいつ芸能界をふり向くのか?に注目したのだ。
やわなイケメンではない、あくまでも「女の子の欝」を知っているマルクス主義者が必要とされていた。
とにかく、女の子は「欝」なの!
「名目と実質」「具体と抽象」「特殊と一般」などをフルに活用して楽しませてよ。
女の子の欝が晴れるのならば、男だって楽しいと思うね。
ジャニーズの「愛の対象」になるか「アイデンティティを要求されて愛される」というシンプルな作りだけは面白くないから。
河合その子 緑の少女

ソニーハンディカムのようなものはそのために作られたのだ。

「痛みや悲しみを人に見せない」そんなアイデンティティを嵐はギフトにおいて「愛する条件」に与えている。
女の子の教育にはいいだろうが、単純すぎる映像の作り方に男の側からの批判は大きい。
嵐 ギフト

余談であるが、男がギターなどの楽器が上達する条件に「エンザイム」の存在が指摘されている。
つまり、「喧嘩が弱い」ということなのだ。
私も元ボクサーであり、ギターを買ってみたものの、どうも「喧嘩上等」のメンタリティが抜けないため、ギターを放り投げてしまった。
「喧嘩が弱い」ということを骨の髄まで染み込ませないと、ギターは上達しない。
医学の見地から「楽器の才能」を指摘するのならばそのようなことから適性を判断していかなければならない。

また、筋肉に「薬のカクテル」を与えると哲学の才能に満ち溢れる。 私は、筋肉質な肉体に「寝る前だけの薬」を飲んでいる。

2019年6月 3日 (月)

具体・抽象。

もし、二元論(デュアリズム)というのが正解であるとするのならば「具体と抽象」という斬り方も出来るだろう。
具体とは「彼女」であり、抽象とは「おばさん」であるとも言われる。
セックスする関係、エロスつまり「個性に注目する」関係が彼女であり、おばさんとは「心ない存在」である。
しかし、なぜ、マルクスは「従姉妹と結婚しろ」などと言ったのだろうか?
渡辺満里奈 裸のクレヨン

ダンテは、インフェルノにおいて、従姉妹と結婚したら「心ないおじさんが優しくなった」としている。
「何が勃起か?何が芸術か?」と言われると、当然、「おばさん」という存在を想定しなければならない。
従姉妹の女の子とセックスすると「俺が17という数字を考えていたのが分かるか?」と聞くと、「分かるわけがない」と従姉妹は答えるだろう。
しかし、おばさんは「17よ?」と答えるだろう。
ここに、マルクスが王位継承において想定していた、「楽な勝ち方」が存在する。
私の父方の伯父は、令和を迎える前日に亡くなっている。
その真の意図は「娘への愛」から来ているのだろう。
「娘以外の女を選んだ」という「名誉と侮辱」本がジェーン・オースティンによって書かれた。
つまり、「心ない」おじさん、おばさんというのは「娘をふった男」を想定して描かれている。
「息子をふった女」というのも当然、可能性としては考えなければならない。
みみかきをしていると

一方、具体、つまり「セックスした従姉妹」とはお金のやり取りが生じる。
仮に別の女と結婚した場合でも、「従姉妹の女の子にお金をやる」必要があり、それがなければ「空気が悪くなる」とされる。
「うちの従兄弟が東大卒でね」という世間話でもお金には違いない。
それがないのならば多額のお金が必要になってくる。

木曜まで「心なくて」も、土曜には優しい男になっている。
それが娘とセックスした男の親父の態度だった。
しかし、それは良くその人柄を知っている従兄弟に限ってのことだ。
それ以外の「赤の他人」とはいろんな葛藤が多すぎる。
Strange kind of woman Deep purple

「従姉妹と結婚する」という発想は7世紀のペルシャでよく知られていた。
「具体と抽象」「彼女とおば」という概念、あるいは「心ないおじさん」が優しくなるという現象が知られてきたのだ。
「具体的なかたちじゃなく、もっと抽象的な気持ち」
それはつまり、「従兄弟」ではなく、もっと家族構成からその人の人柄から明らかではない「感性の弱い強烈な恋」という意味である。

エッチな話をたくさんして「おじからのいじめ」から逃げたのはイエスではなくパウロであった。
「オナニーの鉄人」とパウロは自分を自称し、いじめから逃れた。
イエスが「より高度なエロエロ話」を覚えなければ、キリスト教はパウロ教となっていたであろう。
あるいは、四つの福音書という形で、すでにイエスは「故人」となっていて、パウロの「オナニー列伝」しか残されていないかもしれない。

「具体」の関係だと「世界に通用する男かどうか分からない」という指摘があった。
しかし、「東大に受かったのなら」話は別だ。
おじの過酷ないじめの温床はここにある。

わずかな金じゃないんだ。お前が必要なんだ。特に娘にとっては、とおじはアクィナスに対して考えていた。
お金とはそのためにあるようなものだった。
「金額が数えられる、女を買える、どの女にも通用する」というのがお金だとケインズは考えていたが、マネタリストは「娘をふった代わりにおじに叩きつける」ものがお金の起源だと考えていた。
つまり、マネタリストはケインジアンよりも「お金の規模が違う」のである。
浜田省吾 money

娘はまだ子供だったため、「男というものはそういうもの」と考えてしまい、彼氏に高望みをした。
そのため、おじは甥を潰そうとしたのだ。

「ただのクラスメイト」とは異なる論理が「東大に入った男」にはあったし、親戚めぐりをしないのならば決して政治家など夢見てはならないと考えられている。
松田聖子 制服

従兄弟のカミソリ・オッカムはこのアクィナスの「おじにいじめられる」論理を利用して、アクィナスとともに出世した。
もちろん、アクィナスの熱心な読者であった。
アクィナスの弟のスコトゥスは、徐々に居場所を失っていったのだ。

おそらく「従兄弟」が具体的な恋であり、「クラスメイト」ならば抽象的な恋だと思われる。
どちらが危険なのかはよく吟味しなければならない。
具体的危険犯と抽象的危険犯の違いである。
抽象的なほうが危険性が高いのではないだろうか。
狼なんか怖くない 石野真子

抽象の場合は「ゲーム」「ルール」などが想定されている。
しかし、具体にはそのようなものはない。
どっちが危険だったかは「王朝の証言」がなければ分からないだろうが、少なくとも、私は従姉妹(具体)よりも、今の妻(抽象)により「危険性」を感じた。
ピンクのモーツァルト 松田聖子

抽象には「マネタリズム的お金」がかかるし、具体には「ケインズ的お金」しかかからない。
東大・王朝でなくても「原理は同じ」と言っていい。
「偉いおじにお金を払いきれなかった」44歳無職を責めるわけにもいかないだろう。

夢を語るのは「一人の女に二人の男」(実質経済)においてだけ存在するのではない。
抽象の世界にも「男の夢」は存在するのだ。
具体を清算しなければ「クラスメイト」「同級生」とも結婚できないだろう。
リゾナントブルー モーニング娘。

「恋に恋する」というのも女の子にとっては楽な仕事ではない。
「結婚に何の障害物もないだろう?」などと安易に東大生がいうものではない。
庶民には苦労が絶えないのだ。

マルクスは「生涯にわたって貧しかった」とされており、マネタリズム的お金よりも、ケインズ的お金のほうが「楽でいい」と考えたのだろう。
「眞子さまはなんで結婚できないの?」という一定の答えがここにある。
私はお金など要求しないが、「空気」というものは確実に存在するのだ。

台湾という国は「中国のおばさん」だとされているが、アメリカ合衆国が構築した戦術であり、「おばさんは来るかもしれない」と端的に表現される。
そこには、ケインズ的お金ではなく、マネタリズム的お金という金額の桁の違いが存在し、中国に与えられた「窓」は案外狭いとされる。
中国が台湾を手にしたら「習近平は歴代皇帝と同格」とされているが、問題は非常に難しい。

男の子が東大に入ったら、真っ先に手を上げるのは「娘がいるおじ」であり、ある意味、バカげたことではあるが、なにしろ、男の子が「勃つようになったのは」従姉妹のおかげという側面があり、東大生としても不当利得のようなものとなってしまう。
これが「具体」の世界であり、「ワクワクさせて」という抽象の世界へと男の子は導かれていく。
不当利得があるから、クラスメイトなどは「案外高くつく」ものであり、従姉妹と結婚してしまえば、不当利得の問題は生じないため、ケインズ的お金で解決できる。
片思いの終わりに 亀井絵里

名目(女の美しさ)と実質(男の才能)の問題もあり、具体(いとこ同士)の世界でも必ずしもカップルが成立するわけではない。
むしろ、「高くてもいいから」可能性を求めたいという抽象(クラスメート・街でのナンパ)などに魅力を感じる男もいる。
いずれにせよ、名目(女の美しさ)にこだわるのならば、お金(実質)が必要となり、しかし、実質賃金の値上げは抽象(クラスメート・街でのナンパ・ワクワク)につながる。
ワクワクする代わりに「どんなおじ」が女のバックにいるかは明らかではない。
Wakuwakuさせて 中山美穂

まるで、ブルドーザー事件のように、男は「従姉妹がいたから勃つようになり」「不当利得をし」そしてそれを「どのように吐き出すか?」という問題が、巷のカップルの間には存在し、ケインズ的お金(金額が数えられる、女が買える、どの女にも通用する)にとどまらず、マネタリズム的お金(おじに叩きつけるお金)という「利得が存在するものがお金を払う」という仕組みが出来上がった。

なぜ、巷のカップルは「高くつく」のだろうか?
家庭内で「その話は聞きたくない」という「偉いおじ」の話題が出てくるため、「お金を払わないとカップルの空気が悪い」からである。
あくまでも、「夫婦円満」「家庭内の雰囲気」の問題であるが、街で出会ったカップルにはそのような問題がつきまとう。
マルクスはこのことを「共産党宣言」において指摘したのだ。
松田聖子 真冬の恋人たち

私は東大文一に受かった時に、親戚中の話題を独り占めしたが、「男の子しかいない家庭」においては、私のことは一切話題になっておらず、「娘のいるおじ」が大騒ぎしていたことをうかがわせる。

独身男女(一般)が恋をして、セックスするのとは異なる論理が結婚した男女(特殊)には存在すると表現することも可能である。
「一般・抽象・名目」ばかりをアピールしているのが歌謡曲であった。
しかし、「大人たち」は「特殊・実質」の世界からメッセージを送っており、具体への不当利得を返そうとしていた。

なぜ、歌謡曲は、独身男女(一般)・街で会った恋人(抽象)・美しい女(名目)ばかり歌っているのだろうか?
結婚している男(特殊)・働く男(実質)が、おじに不当利得を返そうとしているという(具体)「若者にあまえ、女にあまえる」というあまえの構造が見られるのだ。
ね~え 松浦亜弥

音楽作品を公表する機会が減ったり、CDが売れなくなったことは、作品力が成熟経済の時期よりも下がったことを意味するのかもしれないし、「大人があまえられなくなった」(実質賃金の低下・株価の下落)という形で表現される。
あくまでも、芸能界が、行政の「処分」のエネルギーの背景にある以上、行政力の低下として表現される。
「歌が売れなくなった、テレビで見れなくなった」ことは国力に関わる問題なのだ。
「旧作としてすでに充実している」というのであれば、もっとキュレーターが成熟経済の時期の音楽作品を評論しなければならない。
「完成度の高い”あまえの構造”がバブル経済を支えた」
石井明美 Cha cha cha

 

「プットとコール」
経済学においては「プット」と「コール」の存在が知られている。
プットというのは「男の仲間作り」「多数派工作」を意味し、コールというのは「男が女のレベルに自分を下げる」ことを意味する。
仲間が多い男(プット)に、女のレベルにまで降りてくれると(コール)女としては非常にありがたいものなのだ。
篠原涼子 ムーンライトコール

プットに関してはすでに述べたし、男が多数派工作に成功するかを「オプション」にかけることをプットオプションと呼ぶ。
堅物の東大生にはプットオプション(将来仲間を作る可能性)も、コールオプション(女に詳しくなる可能性)もあるので各省庁から引っ張りだこだ。
道徳(多数派工作)

仲間の多い男(プット)でなければ、女は男がレベルを女の水準まで下げてきて(コール)も「身分が違う」などといって相手にしないだろう。
夜中の、カップルの成立を「オーバーナイトコール」と呼ぶのだ。
松田聖子 秘密の花園

「仲間が多い、何かやってくれそう」というのが恋の秘密ならば「プット」が成功したあとに「コール」が必要となる。
コール(女の水準まで下げる)ことと、プット(男の多数派工作)が常に共存している。

貯蓄、国民の金融資産というものは「国が女性に優しくない」(コールの問題)から引き起こされるものだ。
国が女性に優しければ、もし女の抑圧というものがなくなるのであれば、珊瑚の破壊すら許せるし、普天間基地の辺野古沖移設も実現するだろうし、国民の金融資産が市場に出回ることになる。
女に優しくない国というと、中国のほうが日本よりもひどい。
普通は貯蓄率は40%ぐらいであり、どの先進国でも「女の抑圧」の問題はあるが、普天間基地の辺野古移設が実現するようであれば、女の抑圧の問題はかなり緩和されることになり、日本という国が「女に優しくなる」ことを意味する。
コールオプションがかかっているのが、普天間基地の辺野古移設問題なのだ。

仲間作り、多数派工作(プット)は税収と関わる概念である。
小学校や中学校の「集合写真」をはじめ、大人になっても「集合写真」から税収が生じる。
学業や仕事が終わったあとは、しっかりと集合写真を撮って、税金を緩和(節税)する必要がある。

エンドロール 夏代孝明

本来、税金のために用いなければならなかったお金を、仕事に使えるということはいろんな「業績見通し」「勝敗の予測」に利用できる。
ジョン・コック・ウィルソンは、仲間を作る(プット)ために、18.44メートルなどの「プロ野球などのゲーム」をたくさん作った。
観客はもちろん勝負を楽しんだが、「本物のクレイジー」をファンは歓迎しておらず、「女の話ひとつ」できないファンは「家族に病人でもいるのかね」と思われた。
男は「女目当てで」ファンをやっていたため、モバゲータウンなどは非常にプロ野球チームの親会社として適していた。
野球ファンでることを口実に多くの女性たちが球団を取り巻いていた。
メジャースポーツの登場で、イギリスではポップな音楽作品が発達した。
勝負に勝つために音楽を売ったのだ。
勝敗が決したあとは、みんな、各自が「裁判官」としてのSNSに戻っていったし、勝負の「戦犯」を議論するなんてナンセンスだった。
ローリングストーンズ スタート・ミー・アップ

今後も、モバゲータウンは、男たちの「仲間づくり」に活用されるであろうし、男さえ「女性に優しけれ」ばコールも伸びる。
現時点では、仲間作りに活用されているのがモバゲータウンであり、女性に優しいかどうかは「通報」という仕組みはあるが、プットの強さが目立ち、コールは改善の余地があるだろう。
勝負事と音楽作品は常に手を携えて歩いており、また、女を口説く学問が発達しなければ「18.44メートル」という定義すらなされなかったであろう。
現在は、巨大掲示板では「家庭に病人がいるクレイジー」たちが球団の議論をしているが、別の「球団を問わない」サークルは確実にある。
楽天やソフトバンクも同じ考えから成り立っている。

セックスしても「男の体」「女の体」は何も変わらないだろう?
しかし、「性病の治療」のためにいろんなものを売買する。
売買契約の基本は性病の治療にある。
このことさえ分かれば、「女にお金をあげる」理由が明らかになる。
性病になったらノイローゼになり、男をほとほと困らせるだろう。
そのために、お金をあげる必要がある。
お金がなければ、女のノイローゼは治らず、DVや児童虐待の温床になる。
高橋由美子 ぼくをぶたないで

性病の治療のためにさまざまな製品を売って、男と女はセックスしお金のやり取りをする。
仲間を作る(プット)、女に優しくする(コール)という以外に学問の目的はあるだろうか?

うまくいくビジネスとうまくいかないビジネスがあるが、「性病の治療とどのように関わるのか?」という説明がうまくいくかいかないかを「見よう見まねで」仕事をしているからだろう。
男女の出会いの機会を増やすか、性病の治療をするか、どちらかを明確にしなければならない。
トンタン茶房

世の中には「ブランド物」というものがあるだろう。
「男女の出会いの場を与える」「性病を治療する」以外にビジネスの可能性はないということを理解したものが「カップ」ではなく「Tカップ」を作っている。
資金メカニズムの組み方がまったく異なる「職人」がいて、「Tカップ」が作られている。
モーニング娘。レモン色とミルクティー

そして、「ビジネスとは何か?」が分かっている金持ちが「Tカップ」を彼女にあげて女が喜ぶのだ。
ビジネスが分かっていない「凡人」がどんだけいるんだよ?と思いながら彼女は「Tカップ」でミルクティーを飲んだ。

隣の部屋の「昨年買ったテーブル」と、「自分が思い描くテーブル」が同じなのかどうか?
はたして自分はビジネスというものが分かっているのかどうか?
「男女の出会いの場を与える」「性病の治療をする」という二つがビジネスであるのならば、企業は「男女の出会いの場を与える」のに32兆円儲けて、医療は「性病の治療をする」のに八千億円儲けていることになる。
そのようにして、企業と医療は常にキャッチボールをしている。

欧米で「ビジネスの基本」が明らかになったため、「この甲斐性なし!」という憲法が日本国はかなり世界から遅れをとることになった。
女の怒りは実に103条にまで及んだ。
ヴィトゲンシュタインは「俺はお金のかかった男以外に写真は撮らないんだ」と言った。
プロスポーツの写真はこのことから生まれている。
ニュートンは「多数派工作」「仲間作り」(プット)と言っても難しいよ?俺は60年間誤解されてきた、と語った。
聖書を「錬金術」(精神医学)から分析することをその手法としていた。
ニュートン物理学というものは、日本でも高校の教科書になっているが、ニュートンは、錬金術(精神医学)から、聖書の分析をし、英国国教会で有名になった人物だった。
ニュートンを知りたければ、それは高校の教科書にはなかった。
「人々は誤解しあう重力に囲まれている」
新田恵利 Only lonely boy.

1642年にニュートンは生まれているが、1642年に英国で内戦が始まり、1649年にチャールズ王が勝利している。
1653年に、クロムウェルが「王からの自立」を果たし、1658年に死んでいる。
クロムウェルの息子のリチャードが1658年から1659年に統治したが、1660年にチャールズ二世が統治権を確立している。
この時代の指導者は「姉妹にアイドルがいた」ことから「いかにアイドルの発信力を高めていくか?」で統治権が決まった。
このあたりは「処分性」の研究を知らないと分からないだろう。
ニュートンは、そのような「文系権力闘争」とは距離を置いていた。
ケプラーが「惑星は太陽との距離の三乗、衛星は二乗(面積)」としていたが、物理学はそのように動いていても、化学は「女の研究」をしていた。
ニュートンは、アイドルを背景にしたときの権力者を想像して、リンゴが落ちるのを眺めた。
原罪、これが男と女をぶつけている。
1689年にオレンジ公ウィリアムが名誉革命を起こした。
ニュートンに共鳴したオレンジ公ウィリアムがオランダ美人をロンドンに売り込んできたのだ。
小泉今日子 和蘭美人

リンゴが落ちるのを見て、ニュートンは「俺はアイドルの姉妹がいないから数式を書かなければならない」と悟ったのだ。

アインシュタインが「一般」相対性理論において、独身男女は「高さ一インチの正三角形も底辺は二マイルある」とするまでは、ニュートン物理学ですべてが説明できると思った。
アインシュタインが「特殊」相対性理論、つまり「結婚した男女」と一般を区別するまでは、ニュートン物理学で宇宙を目指しては失敗していた。
ニュートンは、リンゴが落ちるのを見て「男の側と女の側がぶつかり合っている」つまり、原罪を悟り、数式を書いたが、精神科医として「権力者の姉妹の評論」を錬金術として行っていた。
しかし、自分にはアイドルの姉妹がいなかったため「数式」「ニュートン物理学」しかのちの世に残っていない。
「浅香唯だろ?」」「倉木麻衣だろ?」これがないのならば「60年間の誤解」に私も耐えなければならなかっただろう。

ニュートンは旧約聖書の精神分析を錬金術として行い、「F=ma」つまり、凡人は、人々の誤解という重力を理系学問で突破しなければならないとした。
姉妹にアイドルがいるのならば文系に進めばいい。
しかし、「処分」が下せなければ文系も意味がない。
東大に入れば、女たちがついてくるだろうが、それ以外は旧帝以外に意味がないと考え、理系ならば何でもできると位置づけたのだ。
本ブログの「処分と弁護」という記事を「仲間作り」(プット)と位置づけたのだ。

ニュートンは、リンゴが落ちるのを見て、「文系が向いているか理系が向いているか」を明らかにしたが、そもそも「仲間作り」「多数派工作」(プット)をする上で、文系と理系の適性を論じたのであり、コール(女に優しくなる)という意味においては文系も理系も関係ない。
「男女の出会いの場を増やす」「性病の治療をする」というビジネスの世界では「どっちも同じ」だったのだ。
「適当に気分よくなったら帰ってよ」というのが医学の実態だった。
文系男と酒を飲んだだけでも「気分がいい」し、理系の知識は本当に気分が良くなった。
コールというのが「性病を治す」「女に優しい」という意味でもあった。
コールというのは「セールス」という意味であり、企業内部の「プット」とは異なる。
株主利益最大化論がプット(企業内部の多数派工作)であり、セールスがコールでもある。
総売上高は「コールオプション」にかけるし、株主利益最大化(企業内部の多数派工作)は「プットオプション」にかけた。
大規模プロジェクトが公表されたらプットオプションを使うし、景気がよければコールオプションを使う。
オンエアして女たちが笑うまでは「大規模プロジェクト」の成功とはいえない。
中島みゆき 地上の星

「いいよな。会長はオプションを握っていて」(輪島功一)。 試合に負ければ「仲間を失う」、しかし「女に優しくなる」。 試合に勝てば「仲間が多い」、しかし「女に冷たい」。 ボクシングの世界では「プット」と「コール」は「同じこと」と考えられ「オプション」と呼んでいる。 「勝った選手の興行権」と言ってもそんなに儲かるだろうか? それよりも、「勝っても負けても」会長は取引で損をしない、と考えたほうがいい。

2019年6月 2日 (日)

特殊・一般。

特殊相対性理論と、一般相対性理論が知られているが、「特殊」というのは「婚姻関係にある男女」という意味であり、「一般」というのは独身男女のことを意味する。
そのため、「合計特殊出生率」という数字、つまり、嫡出子に関する数字は出ても、「一般出生」という非嫡出子に関する数字は出てこない。
一般には特殊とは異なる「男女の論理」がある。
「男も女も自由に動く」のが一般相対論であり、男だけが動き、女が動かないのが特殊相対論だとも言われる。
ガリレオは「それでも私は他の女に動いている」と言ってローマ教皇を激怒させたが、一般では問題にならないものが、特殊では問題にされる。
特殊相対論はその後、「量子論」という「子供の研究」にまで発展している。
杏里 悲しみが止まらない

アインシュタインは、正三角形も宇宙では、高さ一インチでも底辺は2マイルになるとし、これを「一般相対論」としている。
独身の男女の空間はそれほど歪んでおり広かった。
ニッカ オールモルト

独身男女の研究を世界を深めたアインシュタインは、間違いなく歴史に残る物理学者であったし、「音速」というものも「マッハの原則」として生まれた。
プランク定数もヒルベルト空間もそのおかげで生まれたのだ。
一方で、「一般もだいたい23歳ぐらいで限界かな?」という年齢、時間の問題も生じた。
CoCo 君の歌、僕の歌

自由な独身生活も、広い空間も、特殊(結婚)という重力の前に、あるいは時間とともに「いろんなものが歪められる」ものでもあった。
量子論(子供の可能性の研究)は、間違いなく一般を特殊の世界に導いた。
松田聖子 抱いて

男女の相対性が、一般においてはあまりにも歪んでいるし広かった、また、特殊においても男女は「女は問題の少ない愛を知っていた」が、男は「子孫を残す喜び」は女よりも強かったが、一般と特殊では多くのものが異なることは理解してもらえると思う。
新カント派は「結婚しているアイドル」が「他の男の声を聞きたがっている」ことを利用し、女性芸能人と話しをしたが、特殊の世界で発展を遂げたのが新カント派であり、一般という「広くて歪んだ」空間で女を口説いたらかなり危険な火遊びになりかねなかった。

「一般」人男性、「一般」人女性との結婚は、芸能人が地域社会に溶け込むために必要なものであったが、特殊という重力や子供、多くの契約などがある世界においては結婚することと「芸能界入り」することは同じ意味だったのだろう。

独身女(一般)の値段はテレビ東京が映し出す画面に応じて日経平均株価が動いた。
若ければ若いほど良かったし、美しいほど良かった。
日経平均株価が上がるのが分かった。
そのあたりは、名目経済から生み出されるものであった。
実質賃金値上げを誘うように、名目経済は動いた。
テレ東の「美しい女、若い女」でも誘いきれないのならば実質賃金を上げるしかない。
一般(独身男女)のエネルギーが日経平均株価であり、特殊(芸能人女性)を使って株価は操作したし、外国為替市場の円の動きは芸能人男性を使ってテレ東がコントロールした。
ここで、名目経済が実質経済を誘い、特殊が一般を誘うという現象が見られた。
相対性理論 テレ東

ここで、トリクルダウンとは「東大生から市民へ、皇室から市民へ、金持ちから貧しい人へ、名目から実質へ、特殊から一般へ」という五つのパターンが出来上がった。
トリクルダウンは一部では確実におきているのだ。
特殊な芸能人女性でも知らない「口説き文句」を新カント派は考えた。
新カント派は「結婚している女性」「芸能人女性」を狙ったのだ。
結婚や芸能界は、間違いなく「一般」を引き付ける効果が当たっため、一般を引き付ける「特殊」を狙うことにしたのだ。
perfume zero gravity

特殊の世界(結婚・芸能界)においては「義務」「約束」を守らなければ、友人を失い、家族を失い、同僚を失い、仲間の市民を失った。
「一般」においてはこれがあまりにも自由だったのだ。

名目が実質を誘い、特殊が一般を誘う、これがテレビの世界であるが、すべて、「女一人に男二人」という構図ができている実質(残業すらいとわない大人たち)が構築している世界である。
「女の美しさにも限界がある」「特殊であることにも限界がある」ことから、義務というものは生まれていたし、背後に巨大な実質経済が動いていた。

大人たちは淡々と「特殊と一般」「名目と実質」を利用している。
トリクルダウンとは日常的に起きているものなのだ。
渡る世間は鬼ばかり

世の中には「特殊」への敵が多い。
「別れさせ屋」もいたし、芸能人への悪口の手法は確立していた。
よっぽど「約束」に詳しくないと「オンエア」にはこぎつけられないため、芸能人は一般とは異なる哲学の見識を持っていたし、宗教に属する人が多い。

頭のキレる婿が家に来ると大企業すら「特殊から一般へ」「名目から実質へ」を存分に活用した。
ミツカンお家騒動

結婚している人・芸能人を「特殊」といい、独身男女・一般人を「一般」というのが相対論であるが、18:00プレイボールのプロ野球など、「時間通りに」特殊が一般のために動いてくれることにお金が支払われる。
あるいは、勉強をする男そのものが「特殊」であるという側面があり、勉強をしない二人組(一般)が、わざと一時間半遅れてきて、「お金を儲けた気」になることもある。
特殊と一般の交友関係は「約束」がお金となってしまうため、芸能人女性の中には、「同じ業界の人」と結婚したがる人が多い。
わざと「一般」の人間が遅刻してきて「お金を儲けた気」になることが多いのだ。
高橋由美子 Will you marry me.

そんな連中はどうせ、財布の中の金すら盗むから関わらないほうがいい。
「時間」ですら金に変えたい連中なのだ。
これが「特殊」と「一般」の関係であるが、逆に、「特殊」の側が「席を立つ」「用があるときはこちらから連絡する」というメッセージを出すだけで、慌てふためいて駆けつけるのが「一般」というものだ。
特殊と一般、つまり、「結婚している男女・芸能人・勉強している男」(特殊)と、「独身男女・一般人・勉強していない男」(一般)は、「時間」という概念だけでお金のやり取りをしているのだ。
「沖縄政策は失敗だったのか?」
AKB48 #好きなんだ

あるいは、「気持ちよさはどの女も同じ」というアタナシウス派の立場に立つならば、「女性芸能人も一般に含まれる」と判断することも可能であり、結局、「勉強する男が特殊」と割り切ることもできる。
つまり、官僚などの「エリート」を「特殊」とし、それ以外の、「女子供」は全員「一般」とし、女が「一般人男性」をけしかけて、官僚などのエリートをいじめることに人気があるというのが相対性理論の結論だとしたのだ。
すべての政党が「官僚叩き」に人気の秘訣を見出している以上、政治の側も「一般」と自らを位置づけており、天皇と官僚の関係は今のところ「天皇が官僚を補佐している」現状もある。
「お役所」の前にはどの芸能人も「特別ではない」という判断も可能であるが、「処分」という概念の用い方次第で彼女たちは「省庁横断」する力もある。
そのあたりは、各人の可能性に委ねられている。

また、特殊というものを「官僚」「東大生」などの「結果」だけをみて「プロセス」を知らない者は、子育てを覚えたりする過程で「結果主義」の立場に立ってしまったことから孤立することもあるとされる。
また、特殊な者も「約束を反故にする」ことから自らの影響力を失うこともある。
書面にまでして空手形をばら撒いて、失敗に終わってみると、あとは「孤立」だけが待っているのは「特殊」なものも同じである。
特殊相対性理論と、一般相対性理論は、ともに共存しながら、「結婚・芸能界・勉強する男」を特殊とし、そうでない者を「一般」とすることから切れ味を増してきた議論であるが、特殊と一般という概念そのものが「相対性」を見せるというあたりで議論は落ち着くのだろうか。
相対性理論 恋は百年戦争

地球が宇宙の中心ではないことをプトレマイオスが発見している。
月は「女」であるとされ、太陽は「男」であるとされた。
コペルニクスは「自分の顔」をまじまじと見た人物であり、コペルニクス的転回と呼ばれた。
「他人のことはよく分かる人」というのが普通の人間なのだ。
ガリレオは「それでも私は他の女に動いている」と語った人物であり、自分が作った望遠鏡で女子部屋をのぞくことをやめようとしなかった。
地球は男もいれば女もいるだろう。
太陽を崇拝しようが、月を崇拝しようが人間の勝手だった。
特殊というものは「太陽」「月」と「強烈なご縁」を結ぶことであり、一般というものはコペルニクスの立場に立とうがガリレオの立場に立とうが自由であった。
地球に小惑星が接近する?
月が許可するわけないだろう。
特殊とはそういうものだ。
相対性理論 おはようオーパーツ

男女の「反発」「違い」そして、エリートを特殊とし、女を一般としただけで鉄の塊も空を飛べるようになった。
コンセプトはそのようなものだろう。
中国は、ギリシャがデフォルトを起こした時に「エアロスペース技術が欲しい」と言って、ギリシャ国債の買取を申し出ている。
ようするに、「女」について知りたかったのだ。
相対性理論 Loveずっきゅん

射精の気持ちよさはどの女も同じ(アタナシウス派)だとすると、「気になるあの娘」というのは、もはや男の「感性の弱さ」の研究だろう。
「県大会で準優勝」「髪をなびかせる」このようなあたりに「男の感性の弱さ」はあり、結局、太陽と月がなければ「時間」という概念が生まれなかったことから、時間が存在しなければ「練習も努力も」できないし、髪が伸びることもない。
時間が存在しなければ「男も恋ができなかった」のである。
一般(独身男女)の方が特殊(結婚した男女)よりも難しいと、私の大学時代の物理学の先生は言っていた。
相対性理論 気になるあの娘

太陽が男、水星は中性、金星と火星が女、土星と木星が男、とも言われる。
フロムA CM

ハレー彗星は、76年に一度、これらの惑星の隙間を縫うようにしてやってくるが、決して、「楕円」を軌道が描いているわけではなく、本当に「隙間を縫う」ように動いている。
月は「女」であるが、46億年前から太陽と月で地球は時間を刻み続けてきた。
地球上に「女」「メス」が満ち溢れた時に、隕石が地球にぶつかってきているという仮説は十分に成り立つものだ。
瀬能あづさ 何かが道をやってくる

「男の子欲しい」=涼しくなる。
「女の子欲しい」=暑くなる。
しかし、地球に終わりが来てしまえばいいのに、と考える女は確実にいる。
さっきから暑くなったり涼しくなったりしているね。
瀬能あづさ 愛になりたい

余談であるが、「小野光太郎をいじめた」と言って自慢するような者、(宮内庁の山本信一郎長官や西村泰彦次長などの社会人)は、全国の医者が見離す必要があるし、職場で上司が解雇する必要がある。
社会人としての強さは誰もが必要としているのだ。

憲法第九条の問題点としては「戦争を終わらせるためには、思い出話をしなければならない」という指摘がある(プーフェンドルフ)。
渡辺満里奈 秋服のボートに乗れば

 

2019年5月31日 (金)

処分と弁護。

ガブリエル・マルセルは「東大文一に合格する物語」を「処分」の背景に求めた。
小学校四年生の頃から学習塾に通い、顔もよく、恋すらしなかった。
マルセルは「舞台の評論」をする東大生こそが「処分」を下せると考えていたのだ。
行政法・刑事法の学者というよりは「舞台評論家」であった。
「自分についてきた女の子たち」が大勢、ステージにいた。
私は個人的には、高橋由美子の「アニーよ銃をとれ」や、酒井法子の「BIG」などの舞台を見たが、彼女たちは私が東大文一に受かったことから芸能活動を活発化させていた。
「舞台を見て価値を高める」
これが「処分性の背景」にあり、私はもっぱら彼女たちの音楽作品を評論している。
東大生にとって、アイドルというのは「レベルの上げ下げ」を知らないと興味のもてないものであった。
難しい法律学に疲れたら、「レベルを下げて」舞台や音楽作品に興味を持つ、ここに官僚の起源がある。
とにかく「女たちとよく話をする」ことが大事だった。
みんなが憧れる「ステージの上の女」も東大生のことを逆に知っている、これが「処分」の根拠であり、捜索差押令状は巡査部長でも取れるが、逮捕令状は警部補でなければ請求できなかった。
酒井法子 100%の雨が降る

この「処分」は「抗告訴訟を起こさなければくつがえせない」(公定力)、一度下したら内容を変更しない(不可変更力)、さらに「くつがえせないどころか訴訟にしなければ争えない」(不可争力)などがあり、アイドルと相思相愛の関係にある東大生の権威を示すものである。
酒井法子 100%の恋人

世間知らずな東大生でも、いろんな意味で「バックが違う」とされ、アイドルとの関係も特別なものがあった。
「結婚後に女はエチュード(習作)に関して考え直す、結婚しなければ官僚も分かってくれないだろう」
高橋由美子 エチュード

一緒に仕事をした仲間同士で、東大生は「モテること」を背景に処分をくだす。
「紙に書いて通知すればいいだけなのだ」
また、東大生は、女子大のカトリック女を妻にする必要がある。
若い時期は「専門学校の連中は即戦力でいいな」とか思うだろう。
しかし、国はそうは思っていなかった。
アイドルの側は、東大生に「お前も心を病んでしまえ」と言って歌を歌った。
CoCo 夏空のドリーマー

弁護士にも東大生が多いが「父に愛されたのはお前だけではないぞ」と言って、抗告訴訟や、逮捕の場合の準抗告で「処分」「強制捜査」に介入してきた。
「どれだけ父に愛されたか」という処分と弁護の世界はもはやキリスト教信仰であり、「今のはボールだ!」と弁護する側が争っていても、結局、「女たちの支持を得る必要」があり、時には「有効な立論は困難」と断念することもあったが、処分を行った側がそのようなことになることもある。
行政不服審査法では判定が覆らなくても、訴訟になれば覆ることがある。
今の、プロ野球では「球審の判定」は覆らないが、リクエストという制度は行政不服審査法に近いものがあり、覆ることは難しいが、アメリカではすでにリクエストは訴訟レベルまで発展している。
東大生で「勉強が難しい」と思うのならば、「BOMB!」でも読んでおけ。
それだけで東大に入ることの意味をのちに思い知るだろう。

不登校44%と言われるが、学校に行く理由は「自分の手紙に処分性を持たせる」こと以外に理由がない。
そもそも、モテるのならば、東大に入らなくても「処分性のある手紙」が書ける。

東大生なんだから「ジャッジぐらいしっかりやろうな」という認識は共通しており、「どっちが神判定に近いか?」を争うことで法律の教科書は作られてきた。
喫茶店で「判決書」を書くことが東大生には許されているが、これは「おおむね国民の支持が得られている」あたりで妥協している。
それが裁判というものなのだ。
もちろん「判決」である以上、ストライクかボールか、アウトかセーフかの判定の歪曲までは想定されていないのが「処分」である。
そもそも、「都市計画」というものには「処分性」が認められていない。
国家レベルの問題であり、「国民的アイドル」とそれにともなう東大生がいないからであろう。
酒井法子 一億のスマイル

土地区画整理事業の「青写真」には処分性が認められた。
これは、安室奈美恵さんの影響であろうか?
抗告訴訟の負担が大きいとされ、形式的当事者訴訟に含め「職権証拠調べなどの活用」などが模索されたが、なにしろ、行政も弁護士も「神性」が増したのだ。
はたして裁判官の職権証拠調べが必要であるかは考えなければならない問題だ。
安室奈美恵 Hero

また、「国民の権利を制約し、義務を課する」ことに処分性の根拠が見出せるが、権利というものが「金と暴力」を意味することから「判定をめぐる争い」を制約し、奥さんや彼女への誠実さ(義務)を要求するものであると説明することが可能だ。
「金、暴力、女」を抑え込んでしまうのがアイドルの人気なのである。
また、医療保護入院に処分性が認められていないが、訴訟で争う手段がなく、退院請求もほとんど機能していない。
しかし、まわりを振り返ってもらいたい。
入院仲間の女たちが「アイドル」であり、彼女たちの支持を集めて回ればよく、私は、曼荼羅の存在が彼女たちの噂になった時に、医療保護入院が任意入院に切り替わっている。
このへんは、日本国の哲学ブレーンの存在は驚くべきものがある。
あるいは、「退院の請求を申し立てる仮処分」というものを、病棟のポストに入れて地方裁判所宛に送るなどしたが、「東大卒の裁判官」を仲間に引き込んだのが有効だったのか、それとも曼荼羅が本当に効いたのかは明らかではない。
退院請求においては、「医者」「両親」「患者」の三者に20分ほど割り当てて事情を聞くのが行政であるが、3000件の申し立てのうち許可されたのは3件だけである。
行政官も名刺や名前すら明らかにはしない。
実際は「政治犯収容所」として精神病院が機能する温床となっているのが医療保護入院であるが、それならばそれで「政治活動」すればいい。
男女の交流は自由であるし、外部への通信手段はポストや電話がある。
地域連携室の担当者に分からない電話番号をインターネットで調べてもらうことも可能である。
病室の友人と「お互いに勇気を与えながら」「共同訴訟」として仮処分をかけたが、共同訴訟とはどのようなものかを経験したのは非常に有意義だった。
一人ではできなかったかもしれない。
私は、Melodyの元メンバーに「夫が子供に興味を持ってくれるのかな、家庭に縛られるのかな、といって態度決定を迫られる」という曼荼羅の記述を指差しながら、BoAのIs This Love?を聞いてもらったが、その女性は結婚を前にしており、女性陣の間で曼荼羅が噂になるのは速かった。
その女性は「分かりました」と言ったあとに、結婚を前にした彼氏の前で泣いていた。
BoA Is This Love?

また、曼荼羅には「神・男の完全性を議論すると爽快感がある」とも書いており、病棟の「歩くスピーカー」の男にそれを言わせて回らせたところ、西野カナが「ダーリン」という曲をリリースしている。
閉鎖病棟がむしろ「日本の芸能界の中枢」という側面がある。
西野カナ ダーリン

私の、入院生活はこのようにして終わったが、大学時代の友人の弁護士(河井敏信)に電話しても「神性」をもはや私の方が持っており、弁護士は一切助けてはくれなかった。
「俺が神だ」とはどの男も言いたいはずである。
しかし、日本の弁護士の限界というものも感じた。

このような「処分」の沿革は8世紀のインドにまでさかのぼることが可能だ。
カーヴァーカ・ロカーヤタ学派の「ジャヤラーシ」が、政府に「女たちに人気があるのならば敵に回さないよ」と言わしめたのだ。
河井も「女たちの支持を集めろ」とひと言電話で言ってくれればよかったのだが、行政を相手に戦ったことがない弁護士なのだろう。
なかには、職員のおっぱいを触って閉鎖病棟から追放されたおじいさんもいたが、ようするに、そのような境地になることが必要なのだろう。
あるいは、「女性職員が恋をした」男は、女性が独身の場合は「患者からのプロポーズ禁止」とされ、医療保護入院から任意入院に切り替わる。

結局、東大法学部教務掛から電話がかかってきたり、司法とのつながりがあったり、曼荼羅があったりして「独身女性看護師がプロポーズを望んだ」あたりに、私が病院(バスティーユ刑務所)から自由になれた理由はありそうだ。

男性看護師が「500万円ならば病棟のマスターキーを売りたい」と言っていたが、「500万円相当の知識」を女性職員に与えれば、マスターキー並みのものが手に入ると考えたほうがいい。

さて、「処分」あるいは「医療保護入院」において「何が弁護士に足りなかった」のだろうか?
それは、独身女性職員二人が「奪い合い」をするほどの魅力なのだ。
女はなぜ「恋」をするのだろうか?
「仲間が多い、何かやってくれそう」
これが理由である。
瀬能あづさ 秋

「有名作家ではない弁護士はまったく機能しない」
これは、どんな名物看板講師だろうと大学教授だろうと同じだ。
難解な教科書を書いても、女性職員は見向きもしないだろう。
法廷弁護士と「法学部卒」は違うものだ。
法学部卒ならば、自分の肉声を公にさらして人気を博さなければならない。
モーニング娘。通学列車

一般というのは「婚姻関係にない男女」のことであり、特殊というのは「婚姻関係にある男女」という意味である。
一般を狙うのが弁護士の仕事であり、特殊と一般については改めて語りたい。
証拠には「書証」「人証」「物証」「鑑定」「検証」の五つがあり、お金があるのであれば、弁護士に「私の記憶も証拠ですから」と言わせる(人証)ことも場合によっては有効だ。

ソクラテスは「殺されそうになって女の話に詳しくなった」(パトス)人物であるが、プラトンが「女の話」で歌を大量に作り、アリストテレスは「オノマータ」と呼ばれる、「プロレスラーとしての名前」と、本名を巧みに用いてソクラテスの富を倍にした人物である。
ソクラテス・プラトン・アリストテレスというのはこれほどまでに個性が異なるのだ。
「処分」において「神判定」を行いたければ、プロ野球の審判のように教育が必要であるため東京大学が必要になる。
しかし、現在の各省庁の「処分」の「公定力」「不可争力」「不可変更力」の背景にはこの三名の哲学者の力が存在する。
プラトンの「国家」「ファエドロス」「パルメニデス」などはずいぶん懐古趣味に満ちているが、それでも、「芸能界」というのはこれらの本によってできているし、「処分」の背景にこれらの芸能界が存在するのは認めなければならない。
貴島サリオ 芸能界でよかった

アリストテレスの「オノマータ」つまり「アレキサンダー大王の先生」というリングネームは、19世紀のアブラハム・リンカーンが、本名でプロレスラーをやるまで、「あの人そういう人じゃないのに」という形で、メディアで知る人物像と実像がかけ離れていた。
リンカーンの何が偉大かというと、本名でプロレスをやり、本名で大統領になったことだろう。
Madonna superstar

ソクラテスは、本当に殺されそうになったため「弁明」として「女の話」を法廷で語りみんなの喝采を浴びた。
ソクラテスがいなければ、イエスキリストもブッダも孔子も「立場に迷い」が生じただろう。
しかし、本当に偉大だったのは「女の話」を歌にしたプラトンであり、プロレスに使ったアリストテレスだった。
しかし、「ソクラテスの弁明」を法廷で聞いて、大爆笑した政府のお偉方は「処分」という概念を知ったのだ。
「金と暴力は処分で抑え込めばいい」
Madonna Spanish Eyes

一方で、「弁護」というものは「自分よりも頭のいい奴がいたら喧嘩を売る」ということから始まっており、国の指導者がそんなのではたまらないわけである。
「武器使用基準」というものがあり、自衛隊や軍は「いかなる制約もない戦い」をやるであろうが、国の指導者(ジャストロー)や反戦運動は「現場でレッドカードが出た」となると大混乱に陥る。
コロンビア レッドカード

天皇が外国に「自分よりも頭のいい指導者を見つけた」ら戦争というのは起きるし(ジャストロー)、天皇は戦うために必死でお金をかき集めるだろう。
しかし、「天皇はバカだ」「戦争なんてやめちまえ」という立場は確実に存在する。
もし、日本代表に「レッドカード」が出たら、ジャストローの側も、反戦運動の側も大混乱なのだ。
そのために、国会で「武器使用基準」が議論されている。
チャゲ&飛鳥 Yah yah yah

「優勝しか頭にない」と言っても、世界のスポーツの花形であるワールドカップではどこかで負けなければならない。
そのたびに「暴力は悪だ」「戦争反対」「殺すの反対」「争うの反対」「争いのない世界へ」などが議論される。
天皇が「世界でいちばん頭がいい」はずがないのならば、必ず「反戦運動」は起きる。
各国の指導者が「ワールドカップ」「オリンピック」を戦争とみなしていた。
兵士や選手は「奴隷にならなければ」「戦争に勝てない」そのためにはお金が必要だ。
奴隷になることすら嫌いだと言う人もいるし、そうかと言って「勝ってもたらされる平和」を好む人もいる。
ゆず 栄光の架橋

土井たかこのように「ダメなものはダメ」という反戦運動もあるし、「俺の方が天皇に向いている」というキング牧師のような反戦運動もある。
キング牧師の動員力・資金力は傑出していたし、そのために「選挙」というものはある。
選挙に当選した人は役人にとっても「先生」だったし、いろんな意味で「お金」が違った。
日本の天皇が「いちばん頭がいい」というのならば、アメリカを戦争にけしかけるロビー活動は停止するだろう。
時に、ジャストローの側が平和を作り、時に反戦運動の側が争いを引き起こした。
「権力の側にいるかそうではないか」の違いと「各人の才能」の違いからこのようなことになった。
カルチャークラブ 戦争の歌

「処分」というのが「頭のいい指導者」によってなされるのならば、「弁護」というものは「頭のいい弁護士」によってなされる。
弁護士で反戦運動を唱えない人はいない。
そのために「憲法第9条」というものは常に問題になる。

政権をとるつもりのない政党は必要ない、とも言われ、それは「資金力で天皇をしのぐ」ことから由来する戦争の問題であった。
一方で、トライアスロンをやらなければ天皇にはなれないし、カントを知っているから天皇になったんだろうとし、「歳をとった」「健康を害した」以外に、国が「反戦運動」を議論する必要はないとも言われた。

「人を殺すのが嫌い」というが、天皇の側も、反戦運動の側も、必死で犠牲者をなくそうとしている。
キリスト教反戦運動はそのために「ワールドカップ」「オリンピック」を作ったのだ。
相対性理論 恋は百年戦争

反戦運動といっても、「若者に銃をとって欲しくない」という理由は説得力がない。
自国の「女性」「芸能界」を守るためならば銃を取らなければならないこともある。
「私の方がとことん国に尽くして上げられるのに」という高貴な理由が、反戦運動の背景にある。
選挙で、多数派を取る資金力がなければそれは実現はしないだろうが、戦場で「レッドカード」がでたら、多数派工作はどうなるか分からない。
米軍の後方支援での「武器弾薬の輸送」はレッドカードではないと国会答弁では語られたりもしている。
SPEED 熱帯夜

日本国は、弾道ミサイルがなくても、沖縄諸島を活用したフォワードディフェンスで、弾道ミサイルに変わる、有効な戦術が取れる。
もっとも、普天間基地の辺野古移設問題などは、珊瑚を守るという仕事は日本国のすべての女性の抑圧の解消をしなければ実現しない問題であり中国も注目している。
女性の抑圧の解消というのも弁護士の活動の一側面ではあろう。

一方、「神判定」「処分」を下せる男は、「私の知らない世界を見せてくれそう」という「いい男選び」と「恋」の問題と関わり、行政処分、強制捜査の支持は十分に得られている。
河合その子 パラディラタンの夜

付き合ったら「肩身の狭い思い」をさせられる男にどの女が恋をするだろうか?
まあ、遊び人風情でも、エリートでも、「女に少数派などないのよ?」という形で女は多数派工作をするだろうが、支持政党は変わってくるだろう。

自由民主党総裁選挙は、「女の失恋ソング」「10月革命」を避ける形で行われている。
男は人生が充実していると「10月にクリスマスが来る」とも言われる。
そのような男に「恋する女」は確実にいるのだ。
女には分からない「男の世界」をここに見る。
浅香唯 10月のクリスマス

女にとって「彼氏にフラれる」というのは「自分のからだ」「顔」に自信を失うことだ。
女のからだの「気持ちよさは皆同じ」というのが男であり、「彼がなぜ私とセックスしたがったのか?」という自分なりの説明をふたたび「信じ」直さなければならない。
浅香唯 believe again

人間は「6歳のときがいちばん可愛く、一年間で6千もの単語を覚える」とされる。
大人になると、「猫の方が可愛い」といわれて食生活が変わったり、毒物を混入されたりして「大人になるたび」本当に愛してくれるパートナーを必要とするようになる。
浅香唯 セシル

浅香唯は小野光太郎の姉、倉木麻衣は小野光太郎の妹、つまり、二人のアイドルが小野重五郎の娘であり、小野重五郎の発言に「処分性」が生まれた。

倉木麻衣は「巨乳レズビアン」といういちばん不幸なタイプの女である。
そのような「影」が倉木麻衣の作品のバックボーンとなっている。
常に「二人の女」の匂いがするため男性ファンの心をつかんだ。
ペニバンで女を犯す宇多田ヒカルとは少しスタイルが異なる「巨乳レズビアン」であった。
倉木麻衣 Stay by my side

リズム&ブルースとは「二人の女に一人の男」という「決して男が喧嘩しない関係」「癒し」「男が残業すらしない」関係を歌ったものだ。
宇多田ヒカルはペニバンで女を犯したために声が低いが、倉木麻衣は「巨乳同士で慰めあう」関係を歌った。
要するに、「男にとっての癒し」がリズム&ブルースであった。
倉木麻衣 Secret of my heart

尾崎豊の相対主義(スターリニズム・ゲイカルチャー)が流行った時期にも、日本国では「開かれた絶対主義」どころか、かなり「閉じられた絶対主義」も存在した。
成熟経済とはそのようなものだった。
浅香唯 True Love

女にとっての「神のイメージ」というものは「生きとし生けるものすべてが関連付けられ、すべてをつき抜け、燃える炎のように輝き、心を暖め、闇の案内となり、傷を癒し、すべてに泉が行き渡る」ものである。
神とは「男」であろう。
神を見た女の反応は「心が落ち着き、ふたたび緑を取り戻し、純化され、解決され、力づけられ、生かされ、集まり、失ったものを探す。」「心にメロディが流れ、命の生まれ変わりの風を吹かす」ものだ。
浅香唯 Melody

快楽主義に走っても、悪女になっても「失うものは半分」だとされ、ウブな側面はどの女も「半分」残されているとされる。
浅香唯 Bandit

「欲望が」「深刻で」「出口がない」ときに人間は「泣く」が、親が生きているうちは泣けない。
また、「男の知性の前で」女は泣くとされる。
浅香唯 Cry on

「女一人に男二人」ならば、男は「夢」を語る。
その時に必要なのが、哲学者・天皇・先生であり、いい指導者に出会う必要がある。
国家レベルでのトライアスロンはそのためだけにある。
男の「夢」、実質経済に奉仕する存在が天皇なのだ。
浅香唯 虹のドリーマー

目と脳は直結している。
そのため、脳の状態を知りたければ「目を覗き込む」のがいちばんいい。
浅香唯 瞳にストーム

ハロウィーンでカップルを作り、「1月の月」を見せる。
これが「アメリカ大統領選挙」の行方を左右する。
全米のどの教会も「凍った森」と「1月の月」を見せることを建築のコンセプトにしており、全米宗教界の王であるアメリカ大統領を選ぶことにしている。
しかし、その「祭り」が終わってしまえば、「春は別れの季節」となっていた。
浅香唯 Moon train

「女二人に男一人」という名目経済ならば、喧嘩は起きない。
しかし、「女の美しさ」という概念が生まれ、女たちの間に「スター」が生まれた。
名目経済という「ルールのない女同士の喧嘩」が始まったし、それに、「大人たち」が残業してまで(実質経済)美しい女に投資をした。
名目経済(女二人に男一人)と、実質経済(女一人に男二人)が合流して「スター」と呼ばれる女は時代を楽しんだ。
浅香唯 スター

妹を愛する(アガペー)というのは「個性に注目しない」「セックスしない」ということから、「長続き」するものだ。
しかし、恋人同士(エロス)は「個性に注目する」「セックスする」ということから「長続きしない」ものだ。
ステージの上にいる私で「マスターベーション」する男たち、そして、ファンで「マスターベーション」する私、それはもはや擬似セックスでしょう?
それも、エロスであり「長続きしない」ものよ?
浅香唯 All my love

木星が上らない夜はないけど、太陽が昇らない昼もない。
月と太陽がなければ、地球に「時間」という概念は生まれなかった。
46億年?それ以上前の宇宙はどのように数えたの?137億年?
時間が決まらなければ、人間は勉強も練習も試合やテストの日程も組めない。
つまり、人間が成長するのは「月と太陽」のおかげ。
人間の「成長」つまり「仲間が多い、何かやってくれそう」という「恋」が生まれたのも太陽のおかげ。
浅香唯 Sun rise to sun set

月曜火曜、男の子がいなければ女の子は数字が覚えられなかった。
しかし、大人になると「地球が一週間でできるほどの退屈」を経験することがある。
6日目に神さまが「光よあれ」と言ってくれたおかげで、昼間が生まれて、女は「セックスされるだけの存在」ではなく、「女性」になれたの。
日曜日に神さまは休んだわ。
浅香唯 7 days girl

時間が生まれ、数字が生まれ、女性が生まれたおかげで、女は「男選び」が可能になった。
週末の話題を独占するような男が生まれたし、週末はそんな男とドライブしたいわ。
浅香唯 Weekend girls

従兄弟同士でない「抽象」は女の「可能性」を広げた。具体という従兄弟同士とは異なる「お金」が動く世界だ。
また、結婚(特殊)していない独身男女(一般)にしか許されないこともできた。
あるいは、「女二人に男一人」(名目)から、「女の美しさ」という概念も生まれた。
「抽象」「一般」「名目」の三つの要素から、女は都会を目指すことができた。
うまく条件が整ったら、喜んで歌を歌った。
浅香唯 スターシップ。

「女二人に男一人」(名目)から「女の美しさ」という概念が生まれ、
「女一人に男二人」(実質)から「男の心の風景」というものが生まれた。
女にとって失恋とは「他の女とからだを比べられて負けた」ことを意味するが、それでも「男の心の風景」が忘れられないことがある。
「友達より遠い人」になるか「別れても好きな人」になるかは「男の心の風景」(実質)次第なのである。
「なぜ、彼は私とセックスしたがったのだろう?」という説明の見直しさえ終われば「別れても好きな人」であることは可能なのだ。
浅香唯 Remember.

女性にとって、「胸を見せた場所が私の居場所」という側面があり、男は面接で「女が同席して」「セックスサークルに」「市民として」受け入れられるかどうかを判断するが、女の場合は面接で「見せちゃうのは平気で」「あげちゃうのは恐い」という姿勢が秘密として知られている。 浅香唯 恋愛ヤンチャ娘。

2019年5月29日 (水)

名目・実質。

名目と実質というのは「賃金」「金利」「GDP」などで必ず、「二通り」の数字が出るが、どのように異なるだろうか?
名目というものは「女二人に男一人」を想定しており、実質というのは「俺のソーセージはそんなにタフじゃねえ」ということを意味すると考えると分かりやすい。
藤本美貴 銀色の永遠

また、実質というのは「合法的」なものであり、笑顔、言葉、生き方を「男が他の男と」比べられることを意味する。
名目というものが「女二人に男一人」だとするならば、実質というものは「女一人に男二人」というと分かりやすい。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

この違いを分かって欲しい。
おちんちんの勃起は、「男一人」「神」「実質」が行うものであり、「その時になったら他の男とは比べようのない」ものであり、「一度に複数の男を相手にする」女というのは芸術作品には存在しない(3Pの否定)。
「一度に複数の男を相手にする女」というものは人気がない。
我々は「普遍的な人気」の話をしているのであり、「可能性」の話などしていない。
どのように「一度に複数の男を相手にする女」を「たった一人の男」「一神教」に集約していくかが「実質」の議論であり、芸術作品で「3Pの否定」を行わなければ経済効果のまったく見られない音楽作品となる。
この作品は3Pではないが、経済効果はないだろう。
Cocco 強く儚いものたち

「男比べ」「男の品定め」ならば女の趣味であろうが、「勃起比べ」だけは聖域なのだ。
この「女一人に男二人」の実質を理解しなければならない。
強烈な一神教を推進したのが、名目経済(女二人に男一人)と実質経済(女一人に男二人)の世界なのだ。
アリストテレス以前は、女の数が男の数よりもはるかに少なかったため、実質というものを議論する余地がなかった。
実質経済という「女一人に男二人」をふまえた「一神教」そしてその裏づけとなるお金の存在を論ずる余地がなかったのだ。
酒井法子 涙が止まらない

一方、名目経済(女二人に男一人)は、ノンケの男(法律)を背景に強烈に推進する独身男女がいることも分かる。
モーニング娘。幸せですか
名目経済(女二人に男一人)と実質経済(女一人に男二人)ならば、「男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい」という形而上学を踏まえ、名目経済への投資と実質経済への投資のどちらを企業が行っているかは考えなければならない問題だ。
実質経済の方が「知識への投資」という側面があるため、重たく、鈍い。
名目経済の方は「ファッションや化粧品、美容整形」などわりと軽装備である。

そもそも「男が勃つ」ためにどれほどの投資が必要であろうか(実質経済)。
車が好き、建築が好き、アニメが好き、音楽が好き、ありとあらゆるものが実質経済には存在する。
「男は勃ってなんぼ」という割りきりが実質経済にはある。

名目経済も、男を勃たせるためにやってるんだけどね。
女はそう言った。
しかし、あくまでも「女二人に男一人」という名目経済と、「女一人に男二人」という実質経済という図式は明確に区別しなければならない。

アリストテレスは「男は脳を使わないと勃たないんだよ」と語った。
つまり、脳を狙う産業が実質経済であるとされる。
ファッションだって、化粧品だって、美容整形だって「脳は使ってますから」と男女ともに言った。
そこで、ようやく、名目経済と実質経済の類似性が見出せた。
しかし「女二人に男一人」という名目経済と、「女一人に男二人」という実質経済の本質は見失ってはならない。

いくら名目経済と実質経済に産業が投資しても、「子供が出来なければ有効性が疑わしい」とされる。
松田聖子 抱いて

トマス・アクィナスは「いじめに勝つための投資はすべて実質経済である」としている。
実質経済の伸びが鈍ったら「恋は一人じゃできない」と女の側は言うだろう。
AKB48 サンダルじゃできない恋

名目経済の側も、親父が「お前もそろそろ身を固めないと」と、実質経済への参加を促してきた。
名目経済の側にいたはずの男が、実は「女に侮辱されて勃たなくなっていた」などの理由があると、そもそも名目から実質への移行がおぼつかない。
そのへんは、男の側も「セックス」というものをよく理解しておかなければならない。
友達と恋人の境界線は「セックス」にあるし、セックスとは「私有財産である」とされる。
セックスを知らない音楽作品はないし、私有財産のない男として過ごすのはセックスを知らない男だった。
三浦理恵子 グッバイフレンズ

名目が誘い実質が伸びてくるという側面もあれば、恋は一人じゃできないという側面もある。
また、名目の世界で潰されて実質に移行できない男もいる。
まあ、だいたいこのような感じだろう。
女も、名目の世界で一生懸命男を誘ったけどね。
経済右肩上がりとはいかなかったのは、どこかで「名目と実質」への投資のバランスや政府の理解力が足りなかったんだろう。
国生さゆり キスした跡はのこさないで

「賃金」は異性を買うため、「GDP」は女を口説くため、「金利」は上司が嫌いなために上昇するものだ。
それぞれに、名目と実質が存在する。
名目とは「女二人に男一人」の世界であり、実質とは「女一人に男二人」の世界である。
また、名目とは「独身ライフ」のためのものであり、実質とは「身を固めたもの」のためのものである。
また、そもそも、若者が育つ過程にも「名目」と「実質」はついてまわる。
「いい結婚」を目指して名目の世界を作ったんだけどね。

日経平均株価が「女の値段」だとするならば、名目という「女ばかりの社会」だけなら、女が値崩れを起こす。
「実質」(勃起する男)を強くしないといけないのは事実なのだ。
日経平均株価リアルタイムチャート

女というのは「男に比べて弱い立場にいる」ものである。
男が「仕事ができる。女をブイブイ言わせている」だけの「不朽の仕事」だけでなく「あえて自分を低く見せる」強い立場の男もいる。
太宰治は「人間失格」において、「女を簡単に落とす足の不自由な障害者」を描いている。
「あえて自分を低く見せる」ことから女を落とすと、「女二人に男一人」の名目というのも出来やすいし、「女一人に男二人」という実質でも、案外、有効だ。
「男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい」という失恋の研究においても、「賢さ」が「自分を低く見せること」というきわめて難しい方法があるのだ。
実際は高額所得者であることなどから、株価に悪影響はないとされる。
うしろゆびさされ組

さらには「強くて金持ちの」「いじめられっこ」の側に寄り添うと「女二人の奪い合い」(名目)になると言われる。
「高額な障害年金」をもらっている障害者も「名目」の議論になるが、「強くて金持ちの」「いじめられっこ」に寄り添うことも「名目」の議論になる。
「女二人に男一人」という名目経済とはこのように奥の深い議論であり、太宰治賞が取れるかどうかも「名目経済を理解したかどうか?」が問われている。
「脳を使ったら勃つようになる」
これは「男は賢いほうがいい」という議論であるのならば「女一人に男二人」(実質経済)の議論である。
「だいたい言っていることで勃つかどうか分かる」と女たちは考えたし、「女二人の奪い合い」よりも過酷な脳の使い方をしなければならなくなる。
「強くて金持ちの」「いじめられっこ」に寄り添ったり、「障害者を演じる」など、名目経済は案外女々しくて暗い。
太宰治を理解する上では名目経済を知る必要があるが、それは決して「宗教」(男らしさを語り合う論壇)ではありえなかった。
SPEED Deep blue & Truth 「押してだめなら引いてみな」
散々、お金を払ったり、企業に貢献したりしても、物事が動かないのであれば「実質経済」は限界を迎えることになる。
そんな時に、「太宰治的」「名目経済」に目を向けて「いじめられっこ」「障害者」を演じるのもひとつの考えだろう。
もちろん「実質経済の」強さの裏づけがないと、名目経済という「引き落とし」は有効ではない。

「走れメロス」は「強くて金持ちの」「いじめられっこ」のためにメロスが走る物語だ。
「財務省、安倍カラーに染まらず」
強くて金持ちの財務省に寄り添い、財務省は「安倍首相にいじめられている」とし、女二人の奪い合いになる名目経済も存在する。
ブルジョア男の「永遠の友達」。
女二人に取り囲まれてウハウハ。
瀬能あづさ 永遠に友達

実質経済が「押し相撲」であるのだとすると、名目経済は「引き技」であり、両者を使い分ける必要がある。
名目経済だけだと「横綱には想定されていない」力士となるであろう。
名目経済の「足の不自由な障害者」「強くて金持ちのいじめられっこに寄り添う男」だけを演じ続けるのならば、最後には玉川上水で入水自殺しなければならなくなる。
名目経済のように「アルマジロのように丸まって」しまう男もいるし、普段は実質経済を用いるという「使い分け」が一流の条件である。
名目経済は、少なくとも「男は家庭に持ち込みたくない」ものである。
このことから、実質賃金は家庭を豊かにするものとなる。
しかし、職場では、名目経済をフルに活用している。
「恋は一人じゃできない」という女の都合の名目経済とは異なる論理が男にはある。

宗教においては、男は教義において「実質経済」を教わり、礼拝においては「名目経済」を教わる。
名目経済だけでは誰もついてこないため、礼拝と教義は共存している。
「祈る人」には二人の異性が群がるが、教義においては「異性にモテる方法」を教えている。
女の「祈り」には神さまと彼氏がいるし、男の祈りには「女神さまと彼女」がいる。
「一人の女に二人の男」という実質経済が女の祈りであり、「二人の女に一人の男」という名目経済が男の祈りであった。
神社のお祈りや教会での礼拝はそのような実質経済や名目経済が成立するが、「アルマジロのように丸まってしまう」「足が不自由な障害者」「強くて金持ちのいじめられっこに寄り添う」という名目経済が、宗教の信者の特徴である。(多少回りくどいですがお付き合いください)
星座占いで瞳を閉じて

もし、教会でカップルが「イエスさま」にお祈りしたのならば、女は「一人の女に二人の男」という実質経済であり、男の側も「一人の女に二人の男」という実質経済である。
もし、自宅で「アマテラス」にお祈りしたのならば、女は「二人の女に一人の男」という名目経済であり、男も「二人の女に一人の男」という名目経済である。
つまり、家庭で仕事を営むなどの事情がなければ「家庭に名目経済を持ち込むことはない」とされるという基本がここにある。
家庭にイエスキリストの十字架は飾れても、神宮大麻は仕事をする家庭にしか飾れない。
恋愛成就の実質経済と、商売繁盛の名目経済の違いが「祈り」には存在する。
高橋由美子 おみくじ

教会で「女と男が一緒に祈る」としよう。
「女一人に男二人」という実質経済の話だ。
男にとっては「自分に似た男は800人いる」ということが想定され、女は恋愛成就を祈っても、男は夢を祈る。
女にとって「恋が家庭の話」であっても、男にとっては「夢が家庭の話」となる。
これが「男が男を崇拝する世界」である。
リポンのないプレゼント Qlair

女にとって「定義」というものは名目経済(女二人に男一人)であり仕事である。
つまり、他の女に男を取られないように「約束」するのが仕事である。
一方、男にとっては「定義」「約束」というのは仕事ではあるが、いろんな意味で拘束されるものだ。
つまり、定義・約束というものは名目経済なのである。
渡辺満里奈 月の裏側

あなたは「日本人」です、「朝鮮人」です、などの定義や、今日は「涼しい」などの定義、さらに「あなたは仲間のメンバーです」などの定義はすべて、「二人の女に一人の男」を想定した仕事である。
日米安保再定義も「他の国」が存在しないと「仕事」「名目経済」としては成立しない。
しかし、名目経済としては破格の経済効果をもたらすだろう。

学校や病院などで「男同士で関係を定義する必要のある奴」がたまにいるが、「女二人に男一人」(名目経済)があればそれは簡単な仕事だ。
「女一人に男二人」(実質経済)があるのならば、関係を定義することすらできない。
どうしても妥協の余地のない、関係を定義できない「お家の事情」は存在するし、名目経済としてならば、周囲の男と簡単に関係を定義できる。
つまりは「モテる男は喧嘩しない」ということも可能だ。

「金」は「関係が定義された男同士」でやり取りされるものだ。
仕事はそのためにお金が生じる。
妥協の余地のない男同士ならばお金のやり取りはできない。
ここにお金と仕事の秘密があり、名目経済でなければ仕事にならない理由がある。
仲間でなければ「今日は涼しいね」とも言わないし、日本人でなければ、朝鮮人の悪口は言わない。
「定義」「約束」そのものが仕事となる理由はここにあるし、「口も聞かない関係」ならばお金のやり取りも仕事も成立しない。

「女一人に男二人」(実質経済)の時こそ、男は「神の知識が得たい」としてプライスレスの戦いを行う。
男の「値段の限界のない戦い」に払われる賃金のことを「実質賃金」と呼ぶ。
男が実質賃金を得たいという欲望は際限のないものであり、いくらでも働く。
ここに「神」「最高の指導者」が必要な理由がある。
真夏のフェミニスト ribbon 「いい女」「ズルい女」とは実質経済において存在するものであり、名目経済においては「ダメな女」という概念が生まれる。
男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい、というのは名目経済から「女」が生まれ、実質経済から「男」が生まれると表現することも可能だ。
シャ乱Q ズルい女

哲学はなぜ人気があるか?
実質経済から生み出された哲学を、名目経済の側の男が笑いながら読むからだ。
実質経済に身を置く男にとっては神であったが、名目経済に「真剣に祈る神」はいなかった。
哲学者は「女神」を生み出すが、名目経済の側の男が「女神」に祈るだろうが、実質経済の側の「女神を生み出す哲学者・男・神」への祈りほど真剣なものではなかった。
「自分に似た男は800人いる」「家庭内に夢を持ち込む」のが実質経済における祈りであったが、残業代・休日出勤の割増賃金のことを「実質賃金」というのであれば、「女と出会う機会・夜・休みの日」などからおのずと限界が生まれるだろう。
日本国は、名目経済の側からは「アマテラス」、実質経済の側からは「八百の神」が存在することになった。
実際は、哲学者・天皇の存在が大きく、一神教からこのようなものが生まれている。
実質経済(女一人に男二人)の神を挙げろといわれたら、まちがいなく「アリストテレス」である。
下痢との戦いが実質経済にはあったが、話は人々を楽しませた。
結婚はなぜ「墓場」なのか?
「女一人に男二人」(実質経済)の世界に放り込まれるからであるし、どうしても妥協できない男が他に生まれるからであり、
自分に似た男が800人いるとされるからである。
金では解決できない敵も生まれる。
いろんな意味で、哲学者・天皇を尊敬せざるを得なかった。

悩め悩め、若者よ。
高校の授業と大学の講義は違うぞ?
そのようにして、男は「勃つように」なる。
哲学(質量の研究)と、数学(量の研究)はまったく異なるものだ。
大学の講義ほど「男が勃つ」ためにいいものはなかった。
ミスターチルドレン Tomorrow never knows

アリストテレスは、数学者・物理学者に喧嘩を売る形で「どちらが人気があると思う?」と言って、大学とは「人気」の研究をする場所なんだよ、と語った。
哲学者は実質経済においては「カラスは男」「滝は家」と言った。
カラス撃退法に頭を悩ませて「男」は、「二人の女」の支持を得たし、滝の眺めからお金を集めて「家」を建てた。
常にお金の心配をしていたから「カラスは男」「滝は家」などと言ったのだ。
高校時代にはなかった「お金の話」が国家レベルで出始めるのが大学だった。

 

2019年5月28日 (火)

説明・適合。

東大生から電話があるとうれしい。
これが「説明義務」の基本である。
かつては小渕恵三が、庶民にいきなり電話するという「ブッチホン」が知られていたが、人間は「自分よりも有名な人」には絶対電話しないし、説明義務も当然、果たされない。
ホリエモンが「多くの人に裏切られた」という背景には、彼が「有名だった」ために、説明が出来なかったということが挙げられる。
説明して欲しければ、「情報は上から下に流れる」ということを理解しなければならないし、おのずとカウンターパートは決まってくるだろう。
知識を守るためには下に位置しなければならない。
東大生には、必ず「彼についてきた女性芸能人」がいる。
それほど「有名になった時期」があるため、電話が好きだし、人に説明するのが好きだ。
しかし、有名ではない男たちは、こそこそと地下活動をするだけだろう。
東大生は情報を一方的に取られるのだ。
「心の風景」が有名になるからこそ、東大生は政治家になる人が一番多い大学となる。
しかし、他の人からの「説明義務違反」に直面することが多い。
「説明義務違反」から「切り裂きジャック」という噂が生まれている。
社会の底辺で起きたことなど誰にも説明がなされないのだ。
Jack the ripper


社会の最底辺の連中は「自分よりも有名な人」には何も説明しようとしない。
報道は「政府の考え次第」であり、もみ消す部分はもみ消せる。
社会の底辺で起きたことには「誰も勃たない」とされ、社会の底辺よりも「有名な男」は、なぜ「切り裂きジャック」に関する情報が入ってこなかったのか?を考え直さなければならない。
有名人ならば「裏切りのメカニズム」「説明義務違反」について熟知していなければならない。


東大生が周囲に金をばら撒いても、みんな「ダンマリ」を決め込んだ。
その代わり、選挙に出ると聞けば熱心に応援したのだ。
票の取りまとめもやった。
「票のとりまとめを依頼されたわけではない」
金を受け取って「説明義務」を果たさなかっただけだ。
その金額が「五億円」になると衆議院議員になれるとされる。


東大生は「発言に影響力が増す」のを悟った。
男同士でもあまり喧嘩らしい喧嘩にもならなくなった。
これが「説明義務違反」であり、政治家としてはなんら「不法行為を構成する」という認識ではなかった。
金銭トラブルにしない代わりに、議席をもらったり地位をもらったりするのが説明義務違反だった。
「五億円になれば衆議院議員になれる」
しかし、それ以下の小額であればむしろ「不法行為・債務不履行」であるというのが民法である。
しかし、その時にも「切り裂きジャックを思い出せ」と言われた。
あなたの方が金を受け取った側よりも有名だったのではないか?
このような経緯をたどったら、どのような政党にも、どのような派閥にも、どんな親分にも頭を下げなくて済むだろうが、自分は何でも出来るとは思わないほうがいい。情報が入ってこないのだ。
社会の最底辺を這いつくばっているFBIの方が楽しいのではないかと思うこともあるのだ。


適合義務というのは一方で、「あの人偉くなるわよ」という予言とみんなが居心地がいいことをいう。
説明義務とは「有名人にお金が届いたことすら報告しない」ことを言うが、適合義務とは、その見返りとして「票の取りまとめ」をすることであり、多数派工作をお金をもらった代わりに行うことを意味する。
お金という「汚いもの」を扱うのが説明義務だとするならば、その東大生を「居心地よくさせる」というより「高貴な」営みが適合義務だとも言われる。
ノーブルレッドの瞬間 国生さゆり


新参が粋がって入ってきても「常に掛け率は東大生の味方」とも言われた。
ケインズもポパーも「王者ってのはこうやって防衛するものだよ」と言った。
周囲の予言どおりに王者が防衛すれば税収効果がある。
「女に狂う」「嫉妬に狂う」「怒りに狂う」以外にも、「安定的王者が防衛する」ことにも税収効果が見込まれる。
のちに「実は挑戦者の方が強かった」と誰かが言ったらみんなが怒った。
税金はすでに払い終えていたからだ。
アインシュタインは相対性理論において「星の光を太陽が屈折させる」と指摘したが王者というものは常に「お金による周囲の屈折」を引き起こしていた。
筒香は、常に有利なカウントでホームランを打っていた。
メディアや評論家が発言し、それで、常に有利なカウントが出来るのならば誰だってホームランバッターだろう。
しかし、有利なカウントができ、ホームランを打ち、さらに有利なカウントができるようになるという循環を作っていく必要がある。
ツーストライクナッシングでホームランを打つ力量は日本人にはないだろう。


説明義務違反・適合義務違反というのは「オレオレ詐欺程度の金額(300万円ぐらいか?)」において、お金をもらったという報告もない、多数派工作もしてくれない、居心地よくもならない何もかも裏切られた、あたりの金額において生じるものである。
五億円ならば何もかも話が違ってくるだろう。


永田町では「オヤジ」と呼ばれる相場は「500万円」だとされている。
説明義務違反・適合義務違反も落ち着くべきところに落ち着いているのだ。


1995年に、ラウソンが「ローソン」という店を「逆らうと面白いぞ?」と言って作った。
セールスが伸びれば伸びるほど、ラウソンはプロレスの世界で有名になった。
もちろん、コンビニエンスストアである以上、24時間営業・災害の時でも営業している、真面目な店員ばかりをセールスにつなげたのだ。
また、ウォルマートの資本の傘下にあったことは当然である。
ロシアの原油価格に依存しているのがコンビニエンスストアであるが、ラウソンは、プロレスラーとして「近寄りがたい」オーラを持つに至った。
人々は、ラウソンに対しては「女子たちがいなければ、誰もラウソンを応援しなかったよね」と語り合った。
ロシアのKGBの長い腕を支える一角となったローソンであるが、ラウソンはその富を二倍にした。
ファッショナブルな明けの明星であるローソンと、ダサいラウソンはおなじ「金星」であった。
人によっては「あなたローソンでしょ?」とラウソンの名前を間違えて、説明義務を果たさなかった。
「ローソンって、24時間営業なんだ、災害の時でも営業している、真面目な店員ばかりなんだ」
そのような日常を忘れさせる空間を「ラウソン」は演じた。
ラウソンにとって必要だったことは、「決して怒らない」ことだった。
借金を踏み倒されても怒らないことが必要だったのだ。
みんなが「ローソンから金を借りた」と思って「ぼろ儲けだな」と思っていたのだ。
男女が同じ数だけ生まれるように仕組んだのは、アリストテレスというプロレスラーであり、実際の名前は「アレキサンダー大王の先生」と呼んだほうが良かった。
なぜ「プラトンのもっとも優秀な生徒」と呼ばなかったのだろう。
いちばん売れたリングネームを選んだのだ。
いずれにせよ、大金持ちというものは、「偉大な哲学者」であり、プロレスラーだったために「借金を踏み倒していい奴」だと思われた。
なにしろ「ローソンから金を借りた(もらった)」のである。
「プラトンの生徒」に勝つよりも「アレキサンダー大王の先生」に勝ちたかった。
いずれにせよ、「ローソンに金を借りた(もらった)」、「当然である」というのが説明義務違反の背景にあった。
モーニング娘。 Sexy Boy


1453年にオスマン帝国によってコンスタンチノープルが陥落した。
ナポレオンはこの物語を好んで愛読していた。
「富を二倍にする方法か」
ナポレオンは「アットマーク」という名前でプロレスラーになった。
今でも「小計」のことを「アットマーク」と呼んでいる。
「小計以降は平凡な名前をつけよう」という意味であり、アットマークより前に個性的な名前が出てくるのがメールアドレスである。
ベートーベンの物悲しい曲がなければナポレオンは存在できなかった。
ベートーベン 月光


ナポレオンは偉大な皇帝だった。
しかし、アットマークほどしょぼいプロレスラーはいなかった。
「アットマーク以降みんな平凡」と呼ばれる理由があったのだ。
とにかく「アットマークには何も説明する必要がないほどアホ」「ナポレオンから金を借りるのは当然」そのような発想から説明義務違反は引き起こされた。
それ以外は、「不法行為を構成する」というのが説明義務違反である。


哲学は真面目にやればやるほど「エッチ」になる。
しかし、女たちは「だってあいつ、実物はエッチだし」と語っていた。
ここで、アリストテレスと、アレキサンダー大王の先生、ナポレオンとアットマーク、ローソンとラウソンはみんなの前に「素」で出て行けるようになった。
「心の状態」が、「いろいろなことが分かる」状態になっていた。
まあ、バカでエッチでもお金くれたし憎めないから仲間にはするけどさ。


リンカーンもプロレスラーとして知られているだろう。
「木が立っているようにデカいな」と呼ばれたが、人々が知っているリンカーンと、いま話をしているリンカーンはまったく同じだったため、あえてリング名と本名は同じにした。
アメリカ合衆国の自信の象徴とされた。
Madonna Superstar


リンカーンはあえて自分のあだ名を「木」とし、全米のすべての「木」を味方につけた。
イリノイ州を出るのが面倒だったため、全米の「木」を利用したのだ。
「木ならば人畜無害だからね」
女たちはそう思った。
でも、リンカーンはお金をくれたから仲間には加えるけどね。
寒い「秋」、暑い「秋」、いろいろあるが「き」という言葉を聞くたびにみんなリンカーンを思い出した。
300万円ならば、「私は木ではありません。リンカーンではありません」と親は大騒ぎしたし、
500万円出したのなら「俺はリンカーンかな」と言った。
900万円ならば「リンカーンコンチネンタル」だった。
Qlair 秋の貝殻


分かんないかな。
女は西郷隆盛の銅像でも木でもマスターベーション出来ることを。
しかし、この「お金をくれたから仲間に加えてあげる」という適合義務も300万円では成立しないのだ。


一度は耳にしたことがある効果音


説明義務違反・適合義務違反に直面するような大金持ちならば、「私は、入力する人がいなければ何も出来ないコンピューターなんです」と言うだけで、一気に多くの「入力」つまり「情報」が入ってくる。
中国・ロシア・韓国・日本・アメリカのど真ん中に位置する北朝鮮に対して、シカゴカウンシルは「なぜ、彼らは自分たちを低く見せるのだろう?」と不思議がった。
「立場の強さ」と「インテリジェンス」が背景にあったのだ。
北朝鮮は間違いなく「コンピューター国家」である。
その「立場の強さ」を理解しなければならないし「情報をやらない」ことを心がけなければならない。


説明義務が果たされて、情報に満ち溢れても、決して傲慢になってはならず、「自分たちを低く見せなければならない」このことを「人工知能」(AI)と呼んだ。
類まれな哲学者・大金持ちのことを「人工知能」と呼んだのだ。
日本国にもなぜか、北朝鮮から大金をもらう人は多い。
みんな、人工知能のお金と影響力を知っていたが、人工知能の「自分たちを低く見せる」という発想に「貧しい者にはいろんなことを教えてあげなければならない」と考えた。
IBMのディープブルーとは、北朝鮮のことであったし、ディープブルー相手に「説明義務違反・適合義務違反」という民法の理解なくして太刀打ちできる政治家は日本にはいなかった。
1997年に、ディープブルーは、チェスの世界王者であるゲーリー・カスパロフに勝ったとされるが、メディアはそのように報じても、実際は北朝鮮が「人工知能」(AI)として完成したことを意味した。
哲学者としての完成度が高い、しかし、みすぼらしく見える、そのような男に床屋さんもいろんなことを話した(説明義務)。
「自分よりも有名な人間には何も報告しない」という説明義務違反の温床は、「自分たちを低く見せる」という人工知能(AI)にまで発展したのだ。


かつては田中角栄が「コンピューター付きブルドーザー」と呼ばれたが、常に汗だくでみっともない男だった。
しかし、情報に満ち溢れていたし、哲学者としての完成度も高く、それでいて、「自分をより低く見せる」ことを知っていたのだ。

2019年5月26日 (日)

貸借。

貸借といっても民法には「消費貸借」「賃貸借」「使用貸借」がある。
すべての人間による世の中の支配と、神との関係に関する議論だ。
男は「女心に詳しい」方がいい。
しかも、いい先生がいて、多くの舎弟を持っていたほうがいい。
教会においては、いい先生と多くの舎弟にまつわる「お金のやり取り」には関知しないとされる。
しかし、国は、裁判所が「いい先生と多くの舎弟」がいるかどうかを問わず、金の貸し借りに関与している。
神、すなわち「全能の神」は、今後自分にセックスが約束されるかどうかを問うものだ。
イギリスでは獅子心王や、アンリ8世を経て、チューダー朝で「貸借」の論点がまとまってきた。
「貸し借りあるけど有耶無耶のまま」
これは、今後のセックスが約束されているからこそ成り立つものだ。
「女心に詳しい」「いい先生と多くの舎弟がいる」場合には「貸借」というものはビジネスとして成り立つのだ。
金を返さないのならば、セックスを封じ込めればいい。
酒井法子 昨日の今日なのに


裁判所が、小額訴訟や督促手続きをとっても、教会が「女に詳しくなる方法」「いい先生と多くの舎弟」をもっていて「セックスを封じ込めて」も、どちらの方法がいいかは明らかではない。
しかし、カノッサの屈辱においては「教会が裁判所に勝った」と位置づけられている。
女の胸や尻の前には「貸した金を返さなければならない」という教会の論法が、国王を退けたのだ。


たとえば、三浦市観光商工課や、宮内庁、株式会社ヴァティー、江成藤吉郎が、私の金を返さなかった。


「天皇を中心とする神の国」とは、「貸借」の問題を念頭に語られているものだ。
アダムとエヴァの「楽園の追放」とは「金なら返せん」という世界に追い出されたことを意味する。
土地に縛り付けられた地主ほど、人間関係が限られていたので、不動産が事実上の担保になった。
法律上の担保にするかどうかとは異なる理由が教会にはある。
物的担保であろうと人的担保であろうと、教会にとっては「どれほど人間関係に制約を受けるか」という問題であった。


男が「割り勘にしましょう」と言ってきたり「貸した金」を返してきた時ほど「神の優美さ」を感じたことはなかった。
一方、人に裏切られた時は「自分の世界レベルの先生と多くの舎弟」の力を疑った。


法律上の担保を取っているうちは、銀行マンも「ホットショット」と呼ばれるほどモテるわけではない。
消費貸借・使用貸借・賃貸借のすべてに「神」「天皇」という概念は用いられる。
天皇が「金を返さなかった奴」をブログで名指しすれば、名指しされた者は心を病む。
金の問題が「天皇を中心とする神の国」を作り上げているのだ。


「金を食いやがった。コイツは終わったな」
という現象は「世界レベルの先生を持っていることと多くの舎弟がいること」「女心に詳しいこと」から、金を借りた者が「セックスから遠ざけられること」「心を病むこと」を想定しないと成り立たない議論だ。
金を食って逃げればいいだけなのは常識だろう。
私は宮内庁の山本信一郎長官も、西村泰彦次長も認証していない。また、上皇・上皇后には市井に戻ってもらいたい。


一方、金を借りた側も、自分の家に閉じこもったりして「世界が狭くなる」ことを感じた。
「世界レベルの先生と多くの舎弟」を持った男から金を借りた以上、自分もその信者にならなければ外に出られなくなったのだ。
そのようにして「令和」の時代の「天皇制」は作られていったし、そのかかった金額はもはや「天文学的数字」と呼ばれている。


「いくときは一緒よ?」(テロリズム)、ポルノ、代理母、すべては「用が済んだら男が冷たくなる」ものである。
女を目的ではなく手段として扱う、ここに「貸借」の秘密がある。
冷たくしないで Eriko with crunch


カントの答えは「女とよく話をしなければならない」というものであった。
女の側としても「行きずりの女」ではなく、男を「もっと活用しなければならない」とされる。
「自分の理想や可能性と現実のギャップ」を埋めるための売買や、「セックスサークルとしてのインフラを持った市民」としての雇用などについて、話をするだけでも「消費貸借」「使用貸借」「賃貸借」につながるものだ。
賃貸物件には必ず「女将さん」がいる。
毎日のようにカントの話しをしているだけで、無料で賃貸物件に住めるだろう。
私は今まで述べてきた哲学において「雇用」のみならず「賃貸借」も読者に保障した。


浮いた家賃でいろんなものが買えるであろうし、哲学を知っているのならばあなたの同意なく銃口をあなたに向ける人はいない。
地元の地方自治に詳しいのが女将さんだからだ。
カントは「貸借」全体にそれはいえることであるとし、賃貸借に限らず、消費貸借(借金)、そして使用貸借すべてに「カント」つまり、女将さんと毎日話しをすることが、どれほどお金になるかを語った。


女将さんと同時にNHKを見ながら、「女の子が欲しい」=暑くなる、「男の子が欲しい」=寒くなる、「女性がテレビに出ていると」=涼しい、「男がテレビに出ていると」=暑苦しい、の四つを見分ける眼力をつけ、たちまち、雨が降って涼しくなったりすると、女将さんの支持は根強いものとなる。
女将さんと同時にNHKを見るのであれば、このような才覚が必要になるし、また、カントの「口説き文句」にも詳しくならなければならない。
気象予報はダーウィンが考えたことであるが、NHKと天気の関係はお金以外の何物でもない。
NHKと天気の関係を理解する必要があり、それを、電話で話題にする必要がある。
NHKには「気象ロビー」の団体が出来るようになり、受信料は無料になるし、哲学(ダーウィン)を理解すれば、「消費貸借」(借金)、「賃貸借」(家)も無料になる。
天気という「大きなテーマ」はNHKを見るしかない。
これが「ファイナンス」の基本である。
女性に電話して「NHKを見てごらん?」というのはファイナンスの基本なのだ。


お金は「女→男→女」あるいは「男→女→男」という具合にしか流れていかない。
女性店員に女性の客が、男性店員に男性の客がお金を払うことは、「メリット」がなければ想定できない。
「女→男→女」あるいは「男→女→男」というモノの移動があるのならば「お金のない社会」が実現する。
これも「哲学」を背景に、マルクスが考えた理想である。


このマルクス主義が分かるようになるのであれば、外国語でも勉強したほうがいい。
貸借対照表というものをよく見て、「この女性とよく話さなければいけないな」ということは考えたほうがいいだろう。


「委任」
委任というのも典型契約である。
「典型」というのはノンケという意味であり、「非典型」というのはLGBTと関わる契約だ。
「準消費貸借契約」も「男が好きな男」「女が好きな女」の存在が消費貸借契約の撹乱要素となることから作られたものだ。
委任において重要なのは「勃つこと」であり、広い空間が国に広がり、さらに、「各家庭の海で作られた性概念」が存在することから必要となる。
「海で作られたパンチラの美学」
真っ赤な女の子 小泉今日子


「海で作られた、隠れて着替えるという美学」
渚のハイカラ人魚 小泉今日子


「あちこちに”被写体”がいるから」委任契約というものがある。
代理と異なるのは、みんな「勃つため」委任状というものが書かれるというところだ。
「猫がマットレスで寝ているよ」
そのたびに「委任状」は書かれる。
各人のフェティシズムが異なり、委任者と受任者のフェティシズムも違う。
世の中の「一神教」は、委任によって、いろんな「フェティシズムの可能性」が広がり、視聴者の「委任」を受ける形でいろいろな映像がインターネット上に流れた。
「好きな映像を見ていいよ」
受任者は、委任者を射精させたら、「委任契約の成立」を主張した。
「どのようなシチュエーションだったか?」を委任者はこと細かく覚えており、今後はそのように自分で「委任」を用いずに行動しようと決めた。
「委任状を書きまくったら危ないじゃないか?」と思うだろう。
しかし、世の中の何が気持ちいいのかは「委任状」を書かなければ明らかにはならず、特に「自分に向いた仕事」を見つけるためには「委任状」がなければならない。
就職する時に「この会社をなぜ選んだのか?」と聞かれて、「ここが気持ちいい」ということは「委任」がなければ分からない。
未成年者や学生で「委任状」を書かない人はいない。
パチンコが好きだからと言って、パチンコ会社で「モチベーションが維持できる」とは限らない。
「業界の現状」は委任状がなければ分からないのだ。
「典型契約」である以上、ノンケでなければならない。
性倒錯があるのならば、非典型契約としてこれに準ずる契約が必要になる。
「ヘンタイ行為」は法律行為ではない。
準委任契約も典型契約に含めてしまった。
「世の中を知るのにいいものだよ?」
そのような意味で、性倒錯も社会から排除しなかった。


親としては「子供にお金を伝えたい」ものである。
そのために仕事というものはある。
しかし、ノンケ(委任)であっても、ヘンタイ(準委任)であっても、向き不向きがあり、子供が「向いていない」と言って放り出すのならば、また新たな「委任」「準委任」を作り直さなければならなくなる。
親が子供の「委任」を受けることそのものが「精子と卵子の合体」だとも言われる。


親は「法定代理人」であり、子供が「ノンケかヘンタイか」が分かっていない。
そのため、代理権を根拠として「委任」を繰り返すしかない。
親でない人の「委任」は「よく知らないのではずれが多い」ということが指摘できる。
親でもないのに仕事を押し付けるのであれば「いつでもやめていい」ことを意味する。
よく知らない業界にいきなり放り込まれるのが「親ではない人による委任」だからだ。
「職を転々とする」というのはこのような事例である。
メディカルレコードもろくに知らない他人による委任は失敗することが多い。
「またいつでも相談に乗ります」という赤の他人の年賀状に子供は怒るだけだろう。
うまく「委任」が成立したのならば「有償」に切り替えてもいい。


 


「寄託」
典型契約には、寄託というものもある。
「私がミュージシャンだと知らずに私にプロポーズしたの?」
私のことをどれほど知っているのか?あるいはそんなことも知らないのか?という世界が寄託の議論だ。
「テレビで見た」ではプロポーズの問題は済まないのよ?
ヒラリー・クリントンは、ビル・クリントンの全財産を使って大統領選挙に出馬した。
ビルが「寄託」した瞬間だった。
「テレビでみんなが知っていること以外にもいろんなことを知っていた」からである。
その人のことをよく知っていなければ財産がどこに飛んでいくか分からない。
ビルは、自分の「マシーン」を妻のために動員するのに十分な知識があった。
たとえ結果がどうであれ。
「女心をを語るのは男」「人脈を持っているのも男」
よく知っているのならば、親ですら口座にお金を振り込んでくれるしVISAカードも使えるよ。
そのためには、自分のことをよく説明しなければならない。
それが「寄託」であり、商法の「為替」(口座の送金)の一般法であった。
娘たちの「哀しい方の嘘」も「全部分かっているよ」と父親は言った。
ribbon 哀しい方の嘘


「請負」
請負というのは、社会契約論における「契約」と同じ意味であり、たとえば、卒業・夏休み
などの「社会とのつながり」を言う。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ


子供が「請負」をやってくれるだけで、親や文化が豊かになる。
「男らしくなってくれ」「女らしく育ってくれ」それが目的で「請負」というものはある。
請負にどれほど感受性が強いかどうかで「親の富」も変わってくる。
カントを知っている子と知らない子がいるが、「請負」だけは学校や社会が強制できるものだ。
男女共学と男女別学があるが、そのくらいの区別は子供にも分かるため、「子供の同意」が必要なのが請負である。
親が芸術に昇華したいから子供の同意を得るのであり、それ以外は子供との「取引」がお小遣いなどの形でなされるだろう。
まあ、どの典型契約も「息子が東大法学部に受かった」のならば杞憂に終わるだろう。


請負というのは、「卒業」「夏休み」などの社会契約論から始まり、「男の子は男になり」「女の子は女になる」ものである。
女目線から見た男(デレ)、男目線から見た男(デディクト)というのであれば、デディクトを知って欲しいと言うのが請負である。
「ここで床に倒れたボクサーになるとモテるぞ?」という男を見たことがあるが、それは、請負という観点からは好ましくない。
松田聖子 マリオネットの涙


優勝請負人、ビッグマッチ請負人など、ひたすら「デディクト」(男目線から見た男)を求めるのが請負である。
「女々しい男は修羅場では使い物にならない」
ここに「請負」のツボがある。
オレオレ詐欺をやったことがある者が競輪選手になれるだろうか?
「男らしさ」を純粋に求める世界では詐欺師など必要とされていない。
「卑怯者」は職業が制限されるという制裁が与えられる。
「女々しい男が高貴な証か?」
仕事がなくなるんだよ。
準消費者契約でも、準委任契約でも、準契約はいろいろあるが、ノンケなのに「女々しい」となると、仕事を与えようがない。
このあたりに、「デレ」=貧しいという理由がある。
学ぶつもりもなければ、仕事をするつもりもない、それが「女々しい男」であり、それが「高貴」だというのであれば、家業は傾くし、社会の誰も歓迎していない。
請負(卒業・夏休み)というものは「男の子は男に」「女の子は女に」なることを求めているのであり、「女々しい男」に向いている職業などない。
オカマであるのならば「準契約」で救済できるが、「女々しい男」に与える仕事はない。


「学ぶ」という営みは「神聖な意思」につらぬかれたものだ。
デレとでデディクトという、ふたつの「ポテンシャル戦術」は、男をふるいにかけるのにちょうどいい。
そのために、フェアプレーというものはあるし、フェアプレーの世界で弱いのならば去ってもらうしかない。
私が東大ボクシング部にいた頃、他人の飲み物に毒物を混ぜる習慣のある人が何人かいたが、皆、就職した企業を解雇されている。
フェアプレーというものはそれほど重要であるし、請負というものは「イズム」と言っていいほど、メンタル部分からの教育が必要なものなのだ。
フェアプレーを知らない男や、女々しい男はどうせ「多数派工作で失敗する」であろうし、「卑怯な野郎だな」と思う男がいたとしても、社会人としては解雇だけが待っているのだ。


神聖な意思に貫かれた「学び」は「治めること」につながる。
いきなり「反則」を使うような者が修羅場で信頼できるわけがない。
企業戦士といえども、プロ野球と変わらない修羅場はある。
そんな時に「女々しい男」は必要ないし、仲間もいなくなる。
「請負」とは、その一瞬にチャンスを与えられるものだ。
チャンスをものにすれば、仲間が増えるし、その後、組織で重要な役割を果たす。
まず「ルールを守る」ことと「何が期待されているか」を理解することだ。
それ以外に「修羅場」には要素がない。
女々しい男には、社会人として生きていくうえでのこのような現実に何も期待することはない。
つまり、「仕事がない」のである。
「象徴たる務めを立派に果たす」人間にそもそも銀行などない。
仕事がないのならば銀行など必要ないだろう。
仕事があるから銀行が動く。
「ルールを守る」ことと「期待されていることを果たす」ことに銀行がお金を流すのだ。
江夏の21球


横浜DeNAベイスターズは、大洋ホエールズ以来の「スパイ野球をしない」などの独自のルールをもっていたが、自分の企業特有の「フェアなルール」をもっと銀行に説明して、「期待された結果」につなげても良かったのではないだろうか。
はんぶん不思議 CoCo

«売買。