最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

2017年6月28日 (水)

死にたい女。

彼が生きていると、今後私に危害を加えることが分かっている。
そんな時に「彼に死んで欲しい」と思うことがある。
そのような女は「セックスしか頭にない」とされている。
瀬能あづさ I miss you.

もやは彼が社会で戦う力がなくなったとして彼が死ぬのを助けていいのだろうか?
愛し合った途端、彼が力を失っていったの。
私は愛というもので神を見失った。
彼が法を知らなかったからでしょう。
ギリシャやローマの時代には「男の命は守られなければならない」などとは誰も思っていなかった。
20世紀から21世紀にかけて「命の尊さ」が語られるようになったのだ。
16世紀のトマス・モアなどは「生きることの苦しさ」を語っていたほどだ。
1970年代にオランダで「医者が患者の命を意図的に奪うことはやめよう」というムーブメントが起きた。
オーストラリアの北部では医者が患者を簡単に殺していたが、1997年に議会が「そのような話はメルボルンに持ち込まないでくれ」と議決した。
1997年のオレゴン州、2009年のワシントン州、2013年のバーモント、2008年のモンタナ州などでは「命の安さ」が問われたが、ワシントンDCも「そのような話は首都には持ち込めない」としていた。
権力から遠いことが問題となっていたのかもしれない。
「むやみに女を愛する男は権力から遠い」という意味だったのだろうか。
沢田知可子 会いたい。

病気が末期的であること、耐えられない苦痛があること、患者が「殺してくれ」と言っていること、医師が適切な技術を施すこと。
これがアメリカの命の重みだろうか?
アルツハイマーには苦痛はない。
このような死に関する医学の現場や権力者たちの意識は、確実に恋愛の世界に「死」というものの意味を問いかけていた。
恋は苦しいのか?
渡辺満里奈 八月、最初の水曜日。

苦しみを分かち合うという意味では、病気仲間と恋愛サークルの仲間は似ていた。
みんな死を恐れていた。
愛が重荷になることが分かっていたのだ。
医学テクノロジーが進化して、「もはや死んでいる」人も生きることができるようになった。
もはや医学は人の死を助けることはないだろうとされた時に、恋愛の苦しさだけが残された。
男が死にたくない理由は「常に二人の女が周りにいる」からだとされた。
rebecca trouble of love.

病院にはモルヒネも用意してあったし、いつでも助けを求める用意がしてあった。
このような「医学の現場の死生観」が、女たちの「死んだほうがマシ」という言葉の「死」という意味を表現していた。
オレゴンのホスピスで終末期医療の場において簡単に人を殺しているあたりが「権力からの遠さ」を意味しているのだろう。
池田綾子 三日月。

自分が死期が近いことを告知されていない人もいる。
「もう社会で戦う力がない」ことを知らないのだ。
そのような人が「死にたい、死にたい」と言っても、本当に死の意味を理解しているのか、ちょっと苦痛がマシになっただけで気が変わるのではないか?などの注意が必要だ。
【男は二度死ぬ。射精して死ぬ。死ぬとき死ぬ】
Complex majestic baby.

自分の「死」は、あくまでも戦った結果起きたことだとする人もいた。
目的はボールにあったし、仲間の支持もあったし、女たちの直感からも非難されなかった。
聖書にもとづいて「人々のセックスを不快なものにさせなかった」という点が重要だ。
ネイマール ケガ。

延命治療を「もうこの辺でいいだろう」と言って打ち切ることもある。
カトリックが最近、これを認め始めたのだ。
愛が長続きしないことを容認することにつながりかねない。
命と愛の問題は常に隣り合わせだった。
杏里 オリビアを聴きながら。

「ヒトラーは簡単に人を殺す」という話を聞いて神を見失ったのはオランダだった。
売春宿の女たちは権力からも遠く、命も軽かったからだ。
「簡単に人を殺す権力者」に簡単に怯えてしまう女たちがいたのだ。
大塚愛 chulip.


いずれにせよ、病院には本当の「死」があったし、医者たちはそれと向き合っていた。
そこで、世の中の「死にたい」「死んだほうがマシ」「死ぬわけじゃあるまいし」「ぶっ殺すぞ」という用語の意味もすべて病院が定義していたのだ。
身近なところでは「栄養と酸素」が命と関わっている。
しかし「神を信じられなくなる」ことにも命が関わっていることがわかる。
熊木杏里 君の名前。

私(小野光太郎)は、父方の祖父が産婦人科医で、母方の祖父が外科医であり、父は内科医であった。
家の中に「命の軽さ」というものが定義されていたであろうことは想像に難くない。

2017年6月27日 (火)

宮廷女。

宮廷サロンの老婆(宮廷女)は、セックスというものが富の分配を意味することも理解していたし、優しさこそが女が本当に欲しているものだと理解していた。
アンナカレーニナにおいてはカレーニンに優しさが足りないことや、それでもお金を持っていることから宮廷女はアンナの危険な情事を眺めていたのだ。
松田聖子 赤いスイートピー。

背が高くてお金を持っていて争いごとを好まない、このような男をローマ法は作り出していた。
他人とどのように接するべきかを心得ていて、女からも何かを引き出す力量を持っている男がいれば政府は緊急時のための食料備蓄などの心配をしなくて済む。
ヒュームはどうしても女を知りたかった。
人と人の間を横切るためには女を知らなければならなかったからだ。
女に詳しい男こそが、他の男をどのように扱うかを理解すべきだった。
男の子はマンガから学ぶしかないよね。
「これで俺たち私たちの食料は安泰だ」と思えるような男ならば女とのセックスをサードパーティも祝福するものだ。
お見合いの席で周囲がカップルを祝福することをジャスティニアンコードと呼ぶ。
しかし、マンガはそうでない構図を作っただろ。
「我々の社会の食料の安定を歌っている」
すべては彼の責任だというメッセージを込めたのだ。
お見合い相手と結ばれたのでは社会のメンバーとして生きていくのは難しいのではないかしら?
このような問題提起を女の側から行ったのだ。
女とは交換可能な通貨であった。
お見合いの結果、果たして円高になるのかしら。
それはお見合いの意味を決める指標であった。
松田聖子 kimonoビート。

他人の能力をカンニングして、それを返さない、それならばカンニングされた男はよっぽど社会から必要とされたのだろう。
しかも、それで成績が上がったのならば「誰が必要な男か?」が分かるためカンニングもあながち批判できないだろう。
他の男の能力ではダメなんだろ?
アリストテレスは生徒たちのカンニングをこのように眺めていた。
カンニングされて「俺の時代は終わった!」と思っている男を女たちはよく見ていた。
よっぽど男としての力があるのでしょうね。
時代が終わってうなだれていたら「抱かれたい男ナンバーワン」にもなった。
人生は危険なコイントスだと思ったよ。
国が終わるとみんなが思った時に宮廷女はこのような男を見つけてくるんだ。
周囲に能力を撒き散らして、男はお見合いの席から女を奪っていた。
初体験かそうでないかという議論は確かにお見合いにはつきものだね。
すべてのパイをとった男ならばお見合い成立させてしまばいい。
松田聖子 kimonoビート。再び。

男って比べることが可能でしょう?
でも学歴とかを考えると「もはや彼しかいない」と思うことがあるの。
アカデミズムの世界って説得力があるのよね。
これが「噂の人」の射精ね。
私の胸に刻まれた彼の言葉がそのまま彼のお給料になっていた。
私が彼の生活の糧だと知ったの。
低きものが高みに上がる、聖書の教えは私がよく知っていた。
女の長話を聞いたら生活のコツから何から教えてくれた。
いうことをたまに参考にしていればいいんだ。
女たちは長話を聞いてくれた男とのセックスに快楽を感じた。
「私は動物ではなかったの」
エロ動画なんて女は動物にしか見えないでしょう?
でも、私は彼に私のことをよく知ってもらっているの。
私が人間であるために私のことを知って欲しかった。
私のことをよく知っている男性を他の男と比べるわけがないじゃない。
瀬能あづさ ふたつにひとつ。

ロールズは「セックスしてお金をもらう」ことを最も大事なことと考えていた。
しかし、露骨な動画しか見ていなかったのかしら?
どんなシチュエーションでキスをしたとか、胸を揉まれたとか二人の物語はいろいろあったはずよ。
金持ちにからだを売って若い男に貢ぐ?そんなトリクルダウンが起きるほど女は単純ではなかった。
男と女は恋愛市場で複雑に交差しているけど、私のことを知っていてくれる男の重要性に気がついた。
どこで出会った二人なのかは重要な議論だ。
出会い系という個人レベルのものから学校や職場まで出会いの場はある。
国が応援してくれないのは出会い系ね。
国が応援してくれたカップルだと言いたいのは事実よ。
学校や職場では男の給料の方が高いことが想定されるために結婚が応援されていた。
結婚相談所を作ったのはJSミルだけど「演じなければならない」ことが分かった。
しかし、演じることは「最高の喜び」をセックスの時にもたらしたのだ。
結婚相談所の問題点は「他の女でもよかったのかしら」ということと、「私の話を聞いてお給料を増やしていたのではなかった」というあたりかな?
一人の女を大事にしないであら捜しをするのもよくないわね。
私の過去を気にしたりして案外、後ろ向きな側面もあるわ。
瀬能あづさ I love you.

そのようにして、女たちは学校や職場などの「国が応援してくれる」出会いの場に戻っていった。
しかし、ロールズは校長や社長の下での恋愛はサディズムマゾヒズムだとしてインターネット時代のあり方を模索していた。
ガウシアーは、男がお給料を増やしたいという願望を出発点にすべてを組み立てた。
男女が、勝ったり負けたりの恋愛をすればいいとした。
男がチョキを出すのならば、女はずっとグーを出し続けるのではなく、パーを出すことも許される。
これが、恋愛における男女のあり方であり、縄張り争いであり、自然に勝ったり負けたりを繰り返してお互いを知るようになるとしたのだ。
ロールズはしかし「エロ動画の感動」が忘れられずに、どの女も同じという発想を捨てきれなかった。
スキャンロンは「私が見たことのない世界を見せてくれる男」に魅力を見出した。
みんな「エロ動画のようなセックス」という意味では平等ね。
しかも、セックス政治がキリスト教の伝統でしょう。
でも、世の中には仲間がいるし、所属もある。
出会い系などのインターネットで出会ったカップルは根無し草のような出発点に立たされる。
「女ならば誰でもいいの?」
常に男に問い続けなければならないし、話を聞いてもらわなければならない。
浮気をされないためにも必要なことだった。
タンポポ Be happy 恋のやじろべえ。

2017年6月26日 (月)

AKB女。

女が純潔を守ることを男が容認することがある。
なぜそれは男性的なものなのであろうか?そして、女はそのことに満足できるのであろうか?
「誰も入ったことのない領域を作り、男たちに考えてもらいたい」
これがカントの言った「実践理性」であり、より意味のある女のからだのことだ。
若き乙女は常に実践理性を身につけていて、男の子たちに宿題を与えていた。
男の子たちは悶々とした日々を過ごすことになった。
願い事の持ち腐れ。

カントは彼女たちを政治コミュニティに流れ込ませた。
ロールズなどは「彼女たちの文化はつまらない」と語っていた。
しかし、彼女たちにとって「誰がお友達なのか?」という指摘を受けて、ロールズもこの議論を諦めてしまった。
チンピラみたいなのを取り巻きにしている女がいいのだろうか?
それはもはや「男たちの問題」ではなくなってしまった。
女たちには友達が必要だったのだ。
マジスカロックンロール。

「男たちは結婚というものをどう思っていたのだろうか?」
カントの「純潔じゃなければお嫁にいけない」という理論はしかしハチソンやヒューム、アダムスミスに圧倒されてしまった。
それでは女の子にとって「いつ」経験するものなのだろうか?
それは「読んでいる少女マンガと男らしさ」次第だった。
女の子が自分で判断できること、そして周囲の環境に祝福されたこと、このことを見ているのだ。
これを「実践理性の定言命法」と呼ぶ。
女の子が自分で判断でき、そして周囲の環境に恵まれた、このことは「構成要件」とも呼ばれている。
それがなければAKB女は、あっという間に孤立するだろう。
彼女たちはもはや政治コミュニティの人間だったからだ。
ロールズはこのような構成要件論を否定しただろ。
「初めての男には必要ないもの」と考えたからだ。
しかし、「女の子が自分で決める」という発想は周囲の環境に確実に良い影響をもたらした。
「カントは女の子の初体験から刑法を考えた」
しかしそれは法律のようなものに過ぎなかった。
お先に失礼 おニャン子クラブ。

男たちの自由競争は激しいものだった。
しかし、「騙すと仲間が減るよな」などのことは学んだ。
女の子は間違いを嫌っていた。
より男らしくて法律に満ちた男が良かったのだ。
孤独な男を憎んでもいた。
時には国際法の理解力も試した。
「処女と童貞」を望んだのではなかった。
デタラメ女の国際法に詳しい男を初体験の相手として選択したがったのだ。
教会法は、孤独と法を知らないことに罰を与えただろう。
教会で罰を与えられるような男は嫌いだった。
少年マンガは、ひたすら男たちを導いでいたはずだ。
「人間らしい瞬間が大事だね」
自分で決断できる男は素晴らしかった。
河合その子 恋の秘伝。

このことを受けて、マンガの世界は「人間とは素晴らしいものだ」と生き生きと描けるようになった。
マンガに比べたら現実の女のからだは有限だった。
そこで、おのずからパートナーは決まっていったのだろう。
「自分のために努力する」これは男の子が学んだ。
寛大で認め合うことを知っている女をたまたま「男を知っているからだ」と呼んでいたのだ。
ヒュームは「男を拷問する女は男を拷問する男を知っている」とした。
そのようにしてヒュームはAKB女からは身を引いたのだ。
アリストテレスは「生娘がメンバーにいるといろんなものが治まるよな」としていたに過ぎなかった。
それでも「法律のようなもの」と考えており、カントほどダイナミックには語っていない。
生娘には感謝していたけどね。
伊豆の踊子。

しかし、やはり「王子」に生娘はふさわしいのではないか?とホッブスは語った。
見識を広く持って接する必要があったし、生娘は間違ったことは堂々と主張してくれるという効果もあった。
メンバーにいると仲間も集まってくる。
スキャンロンはセックスではなく「日常」に目を向けたのだ。
デビッド・コップは、そのようなAKB女に対して社会が何を言うのかを注意深く見ていた。
彼女を攻略するのは学問の集大成のように思えた。
従来までは、踊子一行の姿が「絵になる」ことに気がつかなかったのだ。
「彼らは何を話しているのだろう?」
本当にアメリカ合衆国が関心を寄せたのは21世紀になってのことだ。
生娘の前でボクシングをやるかプロレスをやるかの両者が分かれた。
どちらかの発想次第で仲間も変わってくるのだ。
まあ、AKB女はプロレスとたいてい仲がいいね。
しかし、実際は「真剣勝負」で男の子がびっくりするような結果を出してしまう効果があるのだ。
なぜ女の子のために頑張れたんだ?と聞いても「ただやっただけだよ」と男の子は答えた。
大人たちが決めたルールで勝つことが男の子にとって大事だった。
なぜならばそれことが刑法を守ることであり巨大な多数派を作る方法だったからだ。
恋するフォーチュンクッキー。

カントが描きたかったものを川端康成は描いた。
このことから吉永小百合の伊豆の踊子の冒頭の講義はカントから始まっている。
しかし、学生さんが悶々とする姿で描かれているように、「生娘がいるグループ」がいつ崩壊したのかは明確ではないと批判された。
学生さんはもはや政治的強者としても生娘がいなくなったことに寛大にならなければならなかっただろう。
グループは、お互いに愛することと世話をすることを続けていかなければならないのだ。
ここ30年間、ローマ帝国の崩壊とも言える娘に男ができたという問題とアメリカ合衆国は向き合ったのだ。
伊豆の踊子。

2017年6月25日 (日)

デタラメ女。

安全保障や貿易を考える上で「日本人女の言っていることすらわからないのに外国人女の言っていることはなおさらわからない」という観点は指摘していい。
この安全保障や貿易の腕を磨くのにちょうどいいのが日本の「デタラメ女」である。
国は安全保障や貿易の問題から、外国の「デタラメ女」を手懐けたら国家レベルの問題とみなすだろう。
彼女たちはもはや国際レベルで正統性を持っていて、「デタラメ女」の言葉の感覚を理解することはもはや国際法であり、セックスの国境を越えることである。
チェコスロバキアは、これを理解できない男たちによって国を割ったし、ナチスドイツとソビエトはポーランドを分割した。
「デタラメ女」の言葉の感覚を理解することは外国語の能力を磨く上でも必要なことだったのだ。
これはもはや国際法でもあり、本国の承認もなく外国の「デタラメ女」と話をすると罰すら与えられる。
領土の割譲とも関わる問題なのだ。
外国のデタラメ女が言っていることを本当に理解した日本人はおらず、本当に手懐けたらそれは大規模な暴力に匹敵する。
ノルウェーは、1905年にスウェーデンから独立している。
カナダからのケベック独立も同じ意味だった。
独立するためのお金はデタラメ女と話ができる男が引き出していたのだ。
デタラメ女は「国にわかってもらえない怒り」を持っていた。
セックス目当てで男と関わり40歳も過ぎたら言うことは全部ウソとなっていたし、普通の人には理解困難な論理を展開するようになっていた。
「もはやこのような女を行政需要として拾いきれない」
ここに資金の秘密があったのだ。
ケベックはその潤沢な資金でカナダ最高裁に独立を認めさせている。
カナダはケベックが離れていったおかげで緊縮財政を免れている。
デタラメ女が懐いている。
これがケベックのリーダーの姿だった。
ribbon Be my diamond.

石をパンに変える。それは女に関する書物を読むことだった。
そこには金も暴力もあったのだ。
結婚したらこの政治手法を取るのは難しいかもしれないね。
しかし、デタラメ女といかにセックスをしないかが大事なんだ。
デタラメ女を参考に書き記したものはそのまま自分の領土となるだろう。
ミロシェビッチが本当はこれがうまかったんだ。
コソボを破壊する力を持っていた。
国際法においては神はいなかった。
女に関する知識において国同士は非対称的だったのだ。
すべてのグループが「デタラメ女をしたがえることができるリーダー」を探していた。
富の生み出し方も国ごとに非対称的だった。
金さえ生み出せば、知らない連中は虐殺の対象となったのだ。
国際社会の正統性さえ理解すれば、あとは国境線の画定の問題となった。
これを恐れたアメリカ合衆国は、日本国の大学から学生を追い出してしまった。
三浦理恵子 日曜はダメよ。

どの女も社会で同じように発言したかったのだ。
政治というよりも「政」であった。
政が分かっている男はグループEに配置され、死のグループと呼ばれた。
ワールドカップからとっくに分離独立していたのがグループEだった。
トレーニングが違うのだろう。
カナダ、ベルギー、スイス、アメリカ合衆国においては「デタラメ女」が多かったね。
これらの国は「ケベックの発信力」に注目していたのだ。
「ゆっくりな女」もそれを興味本位で読んでいた。
デタラメ女から聞いたことを発信する男の言葉を読んで、女たちはパートナーとのセックスを楽しんだ。
「なんで国境線は動くんだろう?」
答えは戦争にはなかった。
デタラメ女をいかに理解するかだったのだ。
正統性を領土におよぼそう。
そうでなければ国際社会においては生き残れないのだ。
デタラメ女の話を自分たちの言語で楽しむことが必要だった。
ribbon 佐藤愛子。

デタラメ女を利用して国境線の向こう側を「飼う」というアプローチは、19世紀のナショナリストであるマチーニによって考えられていた。
「我々の論理が国境線の向こう側に通じる」というのは自信でもあった。
国によっては見失っているものがあるのだ。
ヨーロッパにおいては「性の経験の多様性」は危険なものだった。
そうでなければ「政治参加」が成立しなかったのだ。
ヨーロッパでは存在することが許されなかった「デタラメ女」が日本では許されたのだ。
しかし「国の個性」というものがより共産主義的になっていた。
ヨーロッパ各国においては、なかなか革命的なことは起きなかったが、文化を描くと「救済マネー」が得られた。
安倍なつみ 一人ぼっち。

国境線まで決めてしまう「デタラメ女」の存在が戦争法に用いられないわけがなかった。
出征兵士の残された妻が厳しい監視下に置かれたりした。
デタラメ女と国境線の問題を理解しなければ生まれない発想だった。
ヨーロッパ各国が植民地においてデタラメ女の存在を許したのは「支配」するためだった。
グループGにはそのような植民地を置いた。
荻野目洋子 恋してカリビアン。

2017年6月24日 (土)

愛犬家女。

アルベルトザグレート(アルベルトゥスマグヌス)は、ドミニカ修道院の傘下におさまり、アリストテレスの「男女の共同作業による恋愛」を探求したが、いじめの存在を弟子のトマス・アクィナスに教えたり、
「そこには動物はいないではないか?」ということを指摘した。
後藤真希 晴れた日のマリーン。

人間の百科事典は完成に近づいていた。
男たちの前にはもうやるべきことはないのかな?それほどの勢いで男女の関係に関する論点は埋められていった。
中世キリスト教社会が見たのは「ワンちゃん」だった。
男の学問に無頓着だったのは犬だろうか?妹だろうか?
男が二人っきりでディルドーを見せただけで女が拒まないことまで分かっているのに、女に逃げ道はないのだろうか?
アルベルトザグレートの業績はここに存在する。
もちろん日本国における哲学実験を踏まえて「今から思えば」という研究ではある。
実際にワンちゃんというものを人間が顧みたのは20世紀に至ってからである。
しかし、愛玩動物というものを考えた最初の人物はアルベルトザグレートだったことは間違いない。
どのレベルの男かは分からないし、どこまで女に詳しい男かは分からないけれど、時代の頂点は完全に女を圧倒していた。
「本物のエリートだったらもはや女に逃げ道などない時代なのよ?」
女に逃げ道を作ってやる営みを「スピリチュアル」と呼んだが、ワンちゃんもその一環に位置付けられる。
いじめられっ子には知性があった。
このことはトマス・アクィナスが語っているが、世の中にはペットというものがあるではないか。
カップルには二人の「敵の女」がいるとされたが、喧嘩の種を食べてくれるワンちゃんは確実に必要とされた。
知性に満ちた時代に無頓着な存在は安らぎもくれた。
頭のいい男は耳を塞ぎたくなるような真理を語るからね。
いじめって恐ろしいわよ?
とんでもない知的なモンスターを生み出すの。
しかし、女にとっては「それは嘘よ?」と言いたくなるようなことまで頭のいい男たちは知っていたのだ。
「真実を知りたくありませんか?」と言われても知りたくない女は確実にいた。
私が男を略奪しているということも彼の前では語って欲しくなかった。
何にも知らない犬は可愛さを増した。
手足がしびれると女が口にしただけで隠し子がいることがバレた時は特にそう思ったわ。
「学問の発展はもう止まらないのかしら?」
女は耳をふさいだ。
おじいさんたちもワンちゃんを愛したよ。
動物の王国を作ろうと思ったぐらいだ。
世代と腐敗の問題もワンちゃんが飲み込んでくれた。
「イエスは堕天使だからな」
しかし、イエスもぼんやりと木を眺めている年寄りを尻目に歩いていたし、そのことに気がついていた。
ワンちゃんや木がなければ俺の営みは女や年寄りに理解されないだろうな、と。
動物の王国とはイエスの知性が生み出したものだ。
野生の王国。

女兄弟がチヤホヤされる家庭においても、ワンちゃんは必要だった。
それはむしろ男兄弟にとって救いとなるだろうと考えられた。
女兄弟がチヤホヤされるよりも動物が可愛がられた方がいい。
それは男兄弟のお小遣いにも影響を与えたのだ。
お小遣いに困らなければ勉強も捗るだろう。
アルベルトが「グレート」と呼ばれたのは男の知性を伸ばしたことと、女に逃げ道を与えたこと、年寄りにも希望を与えたことが背景にあった。
宮沢りえCM.

全知全能というものがある。
男の最大限の力を言うし、神のことを言う。
巨大で四角い岩は全知全能の男に動かせるだろうか?
二人の全知全能の男は共存できるのだろうか?
両者ともに多数派工作を始めるし、女も政治生命を終わらせるために利用されるだろう。
多数派工作をしても蜂の一刺しで終わらせられるのでは全知全能が成立しない。
政治的弱者はひたすら「身体検査」に終始するものだ。
女を知らない男が「強者」と言えるのだろうか?
この問題が提起された。
「最大限の力」とはなんだろうか。
「洗練された方法で問題を解決する力だね」
才能と機会に恵まれなければならない。
全知全能の男が二人、共存できるかどうかは「才能と機会」が異なることから可能であるといっていい。
そのために「守備範囲」を決めているんだ。
サッカー日本代表。

腕相撲をやってしまうのは仲間づくりとしては好ましくない。
「負けてやんなさいよ。勝った方がいじめられるのだから」
三団体も四団体も王者がいた方が王者はいじめられなくていい。
全知全能というよりも「己を知っている」方が強いのかもしれないね。
男社会で強いのか?女にモテるのか?動物や宇宙に詳しいのか?
守備範囲の決め方はいろいろある。
三つの守備範囲が最低限あるのならば、いろんな男がピザをディナーに食べられることを意味する。
マッシュルームピザにするかガーリックピザにするかでも守備範囲は分けることが可能だ。
「一つの山に二頭の虎は住める」
これが答えなのだ。
周りの女たちの「回転を速める」男は常に守備範囲を決めている。
距離を置いて回転を速めていたのだ。
一方で、女たちの回転を遅くしてしまう全知全能の男もいた。
全知全能を「スピン(回転)」で測定しようという発想が物理学の世界で生まれた。
女とセックスしたら周りの女の回転は遅くなるだろ。
そのようにして男という神を見るようになった。
中国と日本。

ピラミッドのないイスラエルはエジプトに勝ったのだろうか。
四角い岩を動かした連中だ。
女が雨に打たれて勝ったことはあるよ。
セックスをどれだけ正確に理解するかだったね。
雪が降っても勝てるよ。
洪水が起きたら勝てないね。
文化とはそういうものなんだ。男をマンガにする努力が必要だ。やっぱり女のからだとメディアが優劣を決めるのかな?
ポップカルチャーの神である方が勝つんだ。
瞳はダイアモンド 松田聖子。

2017年6月22日 (木)

レイプ女。

アメリカ合衆国においては18.3%の女性が人生においてレイプを経験したとされ、42.2%が、それは18歳未満の時だと語っている。
彼女たちが重い口を開いたのはここ20年ほどの話だ。
昨年、女性一人が経験したレイブと認定される性行為は2.9回とも言われ、「子供の女を大人として扱うことの危険性」も指摘されている。
公園の暗がりから男が飛び出てきて武器を女に突きつけたというレイプよりも「顔見知りの男」によるものがはるかに事例は多い。
デートする仲だったり、親戚だったり、友達だったり、上司だったり、夫であることが多いのだ。
レイプされた女性のうち51.1%は「パートナーにやられた」と言っており、40.8%は撮影されていた。
エロい場面を撮影したらむしろ罰を逃れていた。
84%のレイプマンは無罪を勝ち取っている。
女は男の所有物という発想があって、女が純粋さを主張するとレイプされてしまうようだ。
松田聖子 ハートのイヤリング。

レイプされた妻はその後、女中のように扱われ価値を低めていたことも分かった。
被害にあった女性がそれを周囲に告白する事例は16%から36%に増えたが、5%の女性がそのことによって孤立していた。
「証明できないことなんだよ」という問題が常につきまとい、レイプ危機センターやホットラインが設けられるようになった。
「レイプマンは男らしい人が多い」ということから、レイプの告白は非常にリスクが大きいのだ。
「男らしさは家族の柱だったのではないか?」とも言われた。
人種の優劣や植民地支配の正当化のためにも弱い立場の女はレイプされていた。
ノーマルセックスを許さないのが男女の優劣というものだった。
日本人女性への質問。

口やアナルへのペニスの挿入や指やものの挿入では病気にならず、膣へのペニスの挿入のことをレイプと呼ぶ。
病気と関わる問題だったからだ。
女性が激しく抵抗するのは膣へのペニスの挿入にかぎられ、それ以外は抵抗していない。
同意が求められるのもこれに限られるのだ。
勃起した男を拒んでいるのであって、ディルドーには女はイエスと言っていた。
イエスとノーが食い違うのは勃起した男の感情を見ているからなのだ。
性的親密さがディルドーにはなく、YouTubeでも公表できる。
ディルドー。

「メンズレア」とは罪悪感のことであり、男の罪悪感がそのまま女を病気にしていた。
しかし、ディルドーを女は拒まないということを知っている男は敵を作るだろう。
女が信じているのは「ベニスの挿入」だったのだ。
「女が世の中と約束を結べないセックスがある」というあたりがレイプの問題だと明らかにされた。
男が本当に「容赦ない」のは射精につながる行為だった。
だからこそおちんちんがあるのにディルドーを所持している男を女たちは憎んだのだ。
ストーカー、暴力、レイプは女たちに憎まれる。
ディルドーを女は拒まないと言ってもこのどれかとつながるだろう。
ディルドーを紹介する女。

いちばんいいのはポルノ動画の真似をしたセックスだ。
それ以外は「ラフセックス」と呼ばれる。
「分かっている力は暴力ではない」
女であること、女の役割を否定すること、これがレイプである。
女は男の肉体に従属することを嫌がっているのであり、どのようなリアクションをすればいいのか分からない女の子特有の出来事をレイプと呼ぶのだ。
一昔前は「脳が呪いか祝福にアクセスしていればレイプではない」とされていたが、現在は、セックスは力で行うものであることからリアクションの方法が分からないセックスをレイプと呼ぶようになった。
しかも、「男が大勝利をおさめ、女が屈辱的敗北をする」ものを言う。
家の「父の力」は女たちも歓迎していた。
力のピラミッドの中を女たちは生きることに決めていたのだ。
「この段階の男があなたを愛している」ということが明確な方が良かった。
男に階層があるからイエスとノーのモデルが出来上がったのだ。
ノーと言われだ場合は女の沈黙と抵抗がないことをしっかり見極めなければならない。
歳を取っても出世しない男にはエイズの疑いもある。
ダメよダメダメ。

男は自分の配置が明確ではないと女に対して主導権が取れない。
修正13条によって奴隷は禁止されたが、女の子が自分は奴隷だと感じると神を信じられなくなる。
女が「もう神は信じていません」と証言するのもレイプの存在を確認する方法だ。
冬の微粒子。

本意ではない「力」が女に加えられたこと。
しかも、どのレベルから出てきた力かが分からないこと。
そこから「神を見失う」女がいるのだ。
レイプはセックスではなく暴力である。
しかも「情熱から出たもの」なのだ。
女たちからは「怒りや支配の欲望からくるもの」に見える。
男にとっては「セックスしたい、同意を得たい、しかし得られなかった」という側面がある。
セックスではなく暴力であるというのは女から見た考えとも言える。
「女として尊敬されていないな」という女の視点は尊重しなければならないだろう。
自分に価値がなく、鈍くなり、しかも死んでしまったような気がするのだ。
「演じていた女の姿を一方的に破壊された」という側面もある。
もう誰とも人としての距離を測れない、そんな状態になる。
「快楽を感じなくなった」「名誉を失った」さまざまな影響をもたらす。
御朱印ガール。

「快楽を感じなくなった」「名誉を失った」女はそれを取り戻しに何度も同じ場所を訪れることが確認されている。
また、レイプにともなう殴打などの暴力の危険性は指摘していい。
そこには家族も警察もいないのだ。
「失った」というトラウマがこのような女の行動をもたらしていた。
トラウマが日常の行動を決め、過剰なまでに「私は生きている」ということを感じようとする女がいるのだ。
レイプの被害者の91%は女であり、加害者の99%は男である。
「一度きり」では済まない問題となってしまっている。
レイプの有害性は、これらの「あとの問題」からも認められのだ。
男の「より強い態度」がエスカレートしていくのが分かっているからだ。
女がどんどん弱っていくのがわかるのだ。
レイプは過剰でもないし、性倒錯でもないし、偶発的なものでもないし、過ちでもない。
文化が定義するものであって「ノーマルなものではない」とし、男の支配力を見せつけるために、動画を見てむしろやる気を出す男もいる。
このような「レイプカルチャー」が存在する以上、女の側としてはレイプをヘイトカルチャーと呼ぶほかはない。
少年が犯された場合はその少年は「女らしく振る舞う」という研究もある。
いずれにせよ、レイプされた女の子には「誰とどこに行こうとしていたのか?」「お酒は飲んでいたのか?」などが質問されるためにレイプされていない女の子よりも「悪い子」というレッテルが押されやすい。
「書かれてはいない女の子の日常」が明るみに出てしまうのだ。
自分を守ろうという行動をとらなかったら自分を責めることにもつながる。
男女の「フェアなゲーム」が期待される。
ノーブルレッドの瞬間。

黒人奴隷の女は奴隷の子孫を残すために白人のおもちゃにされてきた。
しかし、セックスにおいては黒人男の方が白人男よりも危険性が高く、1930年代まで黒人男へのリンチが当たり前のように行われていた。
黒人男のロッドによがる白人女性という映像の普及にすべてを委ねるしかなかった。
人種差別をポップカルチャーで解消しようとしたのだ。
黒人女の攻撃性をテーマにした「ジャゼベル」というジャンルもあった。
マスメディアが黒人女性を「ビッチ」と呼んだ罪は大きかった。
胸や尻をそのような目で見られる羽目になったのだ。
黒人女たちは階級闘争のために黒人男によるレイプをもみ消した。
ネイティヴアメリカンも女を寝取られたら殺す慣習があったので危険だった。
それによってインディアン女は白人から守られていたという側面があるのだ。
一対一ならば男と女はディルドーについて語っても女は嫌がらないというのはレイプの研究から明らかになったものであるが、殺しの原因になることは知っておかなければならない。
ribbon 愛してジャスティス。

日本軍は第二次世界大戦において韓国女や中国女に性的サービスを行わせたし、シエラレオネの暴動の際には、女たちが反乱軍に多く誘拐され「ブッシュワイフ」と呼ばれた。
戦争による秩序の崩壊はそのまま「どのようなリアクションをしていいのかわからない」女たちを生み出し、レイプと認定された。
マッキノンは、家庭の妻を夫や兄弟に協力させて犯す、あるいは娘たちの目の前で母を犯すというオペレーションを明らかにしていた。
社会の「象徴的女」であるほど都合が良かった。
娘たちは二度と家には帰ってこなかったとされる。
セルビアは、モスリムやクロアチア人をレイプしていることを大々的にキャンペーンしモスリムもクロアチア人女もセルビア人の子供を宿すとしていた。
実際にボスニアには「小さなセルビア人」が多く生まれた。
社会が「酔っ払ってしまう」ことが一番危険なのだ。
「もうインディアンでいたくない」という感情を狙っていた。
爆裂お父さん AKB.

2017年6月20日 (火)

環境女。

本来、女同士の問題や、女と動物の関係、女と学問の関係を「環境」と呼んでいた。
しかし、人種やエスニックの研究が深まるにつれ、「外国人女は動物なのか?仲良くできるのか?」と言う方向に議論が深まった。
「女にもわかる学問」これが日本国の憲法の残された問題点だった。
伊調馨。

さらには「動物の生態」などのように動物を学問にしてしまう方向にも発展した。
「お勉強はできないの。動物の勉強は好き」
「田舎は水がきれいという話も好き」
【水】
それは女がもっとも興味を持つものだった。
南アルプスの天然水CM.

教会法は、セックス政治を教えていた。
女からみた「男らしさ」も語り合ったし、それは動物とは異なる側面を語り合った。
女のからだと感情、心と出身母体、文化と学問、融通のきかない男と自由な男、男らしさと女らしさを語ると動物ではないと思えた。
政治手法として悪口をあまり言わなかったりという、その男の「いい部分」を語り合ったのが1980年代から1990年代である。
1970年までは動物の扱いを間違っていたのが人間だった。
しかし、セックス政治においてそれを用いるという発想が生まれた。
うしろゆびさされ組。

さらには「自分の土地」に女性は楽しみを見出した。
土壌や水、植物そして動物などを含めたものだ。
ホモ・サピエンス特有の発想が「土地」だったのだ。
そこには、理解すること、愛すること、尊敬すること、崇拝することがある「土地共同体」が生まれた。
仲間意識があり、ともに助け合う共同体が好きなのはもはや「卵子」に由来するのだろうとされた。
しかし「娘」の存在がその理想郷の障害となった。
インディアンはバッファローを食べた。食べるだけでなくバッファロー対策で建築も決めたし、服装、言語、芸術、宗教が決まった。
しかし、アジアやアフリカには森があった。
森に入植するという発想があったのだ。
女はどの男に属するのか?激しく対立したのはアジアやアフリカだった。
高樹沙耶。

1980年代から1990年代にかけて「学問を相手に体を鍛える」というディープエコロジーが流行した。
文化と学問の対立が楽しかったのだ。
男性中心主義ではなく学問を男社会に持ち込めた。
それも教会法のセックス政治に含まれていった。
女性と学問が結びついた理由はここにある。
学問の中では小さすぎる自分がいたし、膨張していく自分がいたし、大きな心を持った自分がいた。
大きな心を持つと全てに勝てる気がする。
ロッキーのトレーニング。

1990年代中頃まで「学問が育む人間の性格」というものはあまり理解されていなかった。
女がひときわ輝くのが好きだったのだ。
抑圧があまりなかったからだろう。
この学問の中では一家の大黒柱にしたがえた。
性差別、人種差別、階級差別などの「イズム」は支配したけどね。
上下関係を決めるのならば男が上で女が下、文化が上で学問が下であるとも言えた。
文化は男が発信するものだったからだろう。
女性と動物と学問の世界にはありとあらゆる動物たちが存在し得た。
女性の搾取は女を動物にすることから始まっていた。
南アルプスの天然水CM.

「女の言葉」を聞いてみるといい。
彼女たちがいったい何を理解できるのかが分かる。
これが「女、動物たち、学問」の世界を構築するだろう。
文化が女を「動物化」「学問化」させているのであって、それはセックス裁判のことだった。
「蝶のように舞い蜂のように刺す」「鷹のような目」「ライオンの心」
女の心を掴むには動物をうまく使うことだった。
すべて「地球の子宮から生まれていた」
文化は学問より上に位置する。
それで富が生まれているんだ。
貧困と富に関しても女はうるさかったよ。
1974年にインドのレニで27人の女がチプコの12000平方キロメートルの森を守ろうという運動を始めた。
森には食料も燃料も家を作る木もハーブも薬もあった。
森の有効活用に関する知識はシエラレオネなどを知っている西洋社会にはかなわなかったけどね。
しかし、インドの女たちが「自分たちにも分かる学問を求めた」という点は評価できる。
女たちが学問から離れていくのを感じたからだろう。
「環境を敵に回すことはセックスを敵に回すことだ」
沖縄 ジュゴン。

【女性は金とセックスと医学以外に興味がなく、それをいかに学問にしていくかを本ブログは問われたのである。このことを環境問題と呼んでいるのだ】

日本国憲法の最後の問題点だと言える。
学校知においては「勉強をすれば偏差値が上がる」というのは完全にゲームとして確立している。
しかし「勉強と学問は違う」ということは理解していた方がいい。

2017年6月18日 (日)

共謀罪女。

トマッソ・カンパネラはガリレオと出会った。
その時に望遠鏡を見せてもらったものと思われる。
望遠鏡による覗き。

ドミニカ修道院に所属したカンパネラは「セックスもしていないのに牢屋にぶち込まれている人がいる」と指摘した。
共謀罪を認める必要性の原点はここにある。
高貴な人間が政治活動を行い、女たちと話しているだけで危険人物とされて牢屋に入れられていたのだ。
「無限の学問ができないではないか?」
ここに共謀罪を認める必要性があり、時代の学問とにらみ合いながら考えていく問題だった。
妻を守るため、そして暴君を戒めるためのものなのだ。
セックスの監視がなされるのは事実だろう。
しかし、モテモテ王子がセックスしてもいないのに牢屋にぶち込まれていることをどう考えるんだ?
まるで国が女たちの桃色吐息を監視しているようだった。
高橋真梨子 桃色吐息。

王子の無限の知性を支持するためだったのだ。
身分の「高さ」と「低さ」、右と左によって反応が全く異なるのが共謀罪であり、答えは出ない議論だった。
あえていうのならば「あなたは王子を愛せるのか?」という軸しかなかった。
王子が愛せない男たち。

俺たちの「灼熱の天国」を覗かないでくれ。
王子の知性なんてどうでもいいから。
自由にホテルに泊まらせてくれ。
冷たいからだを温めさせてくれ。
男たちは必死で叫んで共謀罪に反対した。
セックスしているときの男は純粋なんだよ。
アニマルだとは思わないでくれ。
しかし、「男にはセックスだけではなく日常があるでしょう?」と批判された。
セックスしていない王子に無実の罪をきせないための法律だった。
知性に満ちていて、男らしいだけの理由で王子が牢屋に入れられたのを見たのでしょうか?
女たちはこの議論の核心部分を理解していないようだった。
王子でもなんでもなく、セックスしまくって、監視されるのが嫌だと叫んだものもいた。
共謀罪。山本太郎。

フランスが一番魅力的な国だ。フランスのいうことさえ聞いていればいい。
ヨーロッパではこのように言われているが、日本国もアジアでそのような国になろうとしているのだろうか?
しかし、共謀罪に反対する男たちは「書斎で富を生み出す」という王子を信じていなかった。
王子は「人を刺せば血が流れるだろう」という「当たり前の復讐」を共謀罪によって行ったのだ。
「人間を壊すのはこんなにも簡単なんだ」
トマッソ・カンパネラはこのような発想でウェストファリアの前夜のフランスという国を用意していた。
「真実の海」をもはや我が国は学習している。
本でいくらでも読める。
魅力的な国が外交に強いんだ。
1600年にフランスは共謀罪によって「偉大なターニングポイント」を通過したのだ。
「これで王室は国民のために働ける」と思ったし、これで「太陽の町」が数多くできるだろうと考えた。
太陽の町においては女や子供はおもちゃではなくなっていた。
我々の国では「名誉」がモノを言うのだ。
王子が君臨する太陽の町にはすべての知識が存在するはずだ。
君が代。

ときには俺たち私たちの人生までも変えてしまう王室を強いものにするために、無実の王子を守らなければならない。
それほど国王というのは暗愚で身勝手なものなのだ。
「一人の無辜を見逃したくない」
この発想はフランスからスペインにまで伝わった。
カトリック国とは外交力があって、大人たちが子供の偏差値に一喜一憂して、娘たちの初体験のために祈る国のことなのだ。
「国の女たち」に風俗嬢は含まれなかった。
そういう時期が来た、という判断で共謀罪というものを作ったのだ。
「カトリック国には神はいない。夫が神だとは思えない」
ドイツがそのように語ることがフランス男にいい刺激になった。
やはりプロテスタントはカトリックと共存できるということをドイツとフランスの国境が示していた。
まるで日本国は中華人民共和国と一線を画したかったかのようだ。
愛が止まらない Wink.

ロマンティックな部屋で月を眺めていたら、カンパネラはローマやナポリで投獄された。
スペインでは素晴らしい待遇を得た。
それほど、ヨーロッパの様々な国で「共謀罪アレルギー」が見られたのだ。
スペインは少子化を克服したし多くの「新世界」を作っただろ。
1964年にアメリカ合衆国においてベルが「いちばん安定したカップルの状態」であるとしている。
しかし、アメリカ合衆国においては「実験の域を出ない」「カップルの非対称性を理解していない」とされた。
Wink 背徳のシナリオ。

ベルは「高エネルギー物理学」の研究において結婚やカップルの安定感を確認した。
しかし、1967年にコーチャンやスペッカーが「ラブストーリーは突然に」始まることを指摘した。
隠されたパートナーの可能性は量子力学の世界で探求され、カトリックの世界に持ち込まれた。
カップルの発信力の観点からも、周囲のみんなが認めるカップルという観点からも、なかなか「1組のカップルの永続性」は確認できなかった。
シュレディンガーは、恋愛と結婚は別のスポーツという方程式を確立していたし、思春期の孤独や病んでしまう側面を指摘していた。
複雑な世の中で男女のくっついたり離れたりの研究は量子力学の世界で展開されたのだ。
そこには「セックスの快楽」という要素を計算に算入しなければならなかったのだ。
ラブストーリーは突然に。

カップルのどちらかがスピンを始めると不安定になってしまう。
もはや対等でもなく、どちらかが壊れていく様がみられた。
1964年の「ベルの不等式」を考えると「本当に共謀罪の枠内でカップルは治るのか?」が指摘された。
スピンを始めた男女のどちらかがいればもう片方は孤独を感じるだろう。
そのようなときに必要なのがキスであった。
ベルの不等式は、アメリカ合衆国のカトリックに衝撃をもたらした。
「不等式なのか」
広い農場に住んでいるカップルでしか成立しないのではないか?
80分に一回、顔を合わすカップルというのは確かに存在する。
1982年のロジャーや1992年のアスペクトのように量子力学の観点から社会全体のカップルの動きを研究する手法は引き続き行われた。
「共謀罪を見ていると量子力学を眺めているようだ」
やさしいキスをして。







パートナーがキスしたり胸を揉んだりするだけで「他のパートナーの可能性」を求め始める。
都会ではなかなかカトリックという発想が根付かないのだ。
最後には「フォトン」の研究までやった。
壁の向こうのノイズが気になって仕方がないことがわかった。
女や男の「暗数」だけが壁の向こう側にあった。

2017年6月17日 (土)

百恵女。

「守る」ということの意味と「治める」ということのありがたみを知っている女が百恵女だ。
松田聖子がのちにMSRPプログラムの優等生となっているが、山口百恵はVEリサーチプログラムの優等生だと言える。
女が「守る」「治める」という二つの柱を用いて生きていけることを証明したのだ。
山口百恵 ひと夏の経験。

「守る」というのは男の感じ方を高めるし、男が知的になるし、より混乱が少なくなる。
このようなことが明らかになったのは1994年のマクドウェルであったり、2001年のグレコであったりが明らかにしたもので、知識や男社会で生きている証拠、挿入、妻や彼女への義務をあらゆる言葉を用いてアピールしたのだ。
日本国のVEリサーチプログラムにアメリカが反応したのはそれほど遅かった。
「守る」ことと「治める」ことを女が知っていてくれたならば、という経験は王室がなければ生まれない発想だったのだ。
女が「守れば」男が「治めてくれる」ことが分かった。
山口百恵 美サイレント。

思い起こせばキルケゴールも若さを無駄にする連中にこのことを語っていたし、ヒュームも「お金をもらって長話を聞いてもらう」だけではセックスしない女の存在は語っていた。
イスラムなどは世界のキャンパスでこのような「女が守り」「男が治める」という現象を確認していた。
1987年にはレイプ撮影を禁止したローラインコードなどがこのことに重大な関心を寄せた。
女が「守る」というメッセージを出しても税収は増えたのだ。
恋愛、セックスの気持ち良さ、そして「女が守る」この三つに税収の根拠が見出せた。
美しい女が「守る」というメッセージを明らかにすることの意味を悟らなければならない。
AKB総選挙2017.

女が「守れば」本当に物事は「治る」のだろうか?
この基本から議論を始めなければならない。
男は金融を理解し、勇気を身につけるとも言われる。
女運次第では知的な繁栄が見られるのも事実だ。
AKBがテレビで「守る」ことを明らかにしてもギャンブル性が高いとも言われる。
しかし、彼女たちは山口百恵に大きく影響されてそのような「ゲティアーの問題」を提起しているのだ。
セックスシーンを大事にする女か、日常を大事にする女かの違いがある。
山口百恵 プレイバックパート2.

VEリサーチプログラムは、各家庭の男たちを感化した。
「他に代わりの女はいるんだ」という意味ではみんなが山口百恵を尊敬していたが経済政策は明らかに変わっていた。
「なぜこれが経済政策だということを知らないのか?」
経済学部でAKB総選挙に興味がないという学生は非難されなければならないだろう。
みんな山口百恵の真似をしてトリプルAの評価を求めているのだ。
男たちは本当に下位の女を狙っていた。
落とせた男は幸運なのか、それとも知性があったのか?
「一緒に一つの問題を解いただけだよ」
幸運でもあったし知性があったとも言える。
夫がAKB総選挙を見ている、と妻が思うだろう。
「ゲティアーの問題」を見物していたのであり、税収の問題を見ていたのだ。
山口百恵 いい日旅立ち。

長時間、黙って開票を見守っていられる女は体も痛くなく、本当に「守って」いるなどのトリプルAを見ていたのだ。
父は息子と国中を旅して見識を広げるだろう。
男社会の話しか伝えないよ。
父は息子に「女を見る目」は伝えないんだ。
自分で見識を養うしかない。
そのために大学の学費を払っているんだろ。
カーターもジャービスもルービンも、AKB総選挙を家庭内に持ち込むことの楽しみを知っていた。
「大学の話じゃないか」
女たちはクレジット(信用)を競い合っていた。
2009年の危機を忘れるなよ。
その女に過度に頼りすぎるとそんなことになるからな。
クレジットクライシスの反省を受けて「代わりの女」をこれだけ用意したんだよ。
トータル100の信用が成立したのを見てテレビを消せばいいんだ。
山口百恵なんて一人で100を引き受けてたんだよ。
みんながマンガのモデルにしたんだ。
コンテク派は毎日、論点を潰しまくっているんだ。
それでマンハッタンのビルに住んでいる。
AKBはいい勉強になるから新聞まで出しているだろ。
「女の子の率直な悩みを読んで見な?」
山口百恵 秋桜。

女の子の率直な悩みを、大学で勉強したことでツイートするだけで、女の子はランキングよりも男を選ぶものなんだ。
「守る」ことと「治める」ことの関係ってそんなものなんだよ。
もはや高等学校の学生さんと踊り子の関係ってそのようなものになっている。
クレジットクライシスをうまく回避しながら、男の知性を育てている。
だいたいそのような世界が2014年にプリチャードによって作られた。
深い税収の学問は下位の方にあるのだ。
上位に行ったところで独裁者を潰すために利用されるだけなんだよ。
「人間は限られた時間で何を知ることができるのかしら?」
それが大学にはあったのだ。個人の能力を超えたものがあった。
治める力を発達させすぎて潰されないでね?
先生を疑っているうちは伸びないね。
大学で先生を疑ったことはなかった。
先生の言うとおりにしたらすべてがうまくいくという経験が大事なんだ。
メディナは「女のクレジットを適切にコントロールしなければならない」とした。
クレジットばかりは男の知識の向こう側にあったからね。
伊豆の踊子 山口百恵。


2017年6月16日 (金)

美人女。

今日では、精子や卵子の売買がなされる時代である。
しかし、「妻への義務とお金」だけは変わらないのだ。
他人の精子や卵子から生まれた子供であることと「母の純潔を信じないと子供が伸びない」ことはどのように関係するのだろうか。
どのように親は自分たちがやったことを「解釈」すべきなのだろうか。
受精卵の売買をやると「子供が自分のルーツに興味を持つ時期が来る」ということは長い目で見ておかなければならない。
どのような発想で精子と卵子をマッチングさせたのかにも興味を持つだろう。
産む目的で売買された受精卵には「子供の辛い人生」がまとわりつくことだけは忘れてはならない。
キスもペッティングもなく生まれた子供であることから「愛されてるのかな?」と心配になることもある。
母と娘のデュエットソング。

精子や卵子の提供者はお金をもらっている以上、「私は親ではない」と振る舞う義務があるとされる。
子供がルーツに興味を持てばたどり着く人物ではある。
女が「できちゃった」という偶然の妊娠がどれほど子供の利益になるかを悟らなければならない。
キリスト教の伝統はセックス政治ではなかったのか?
しかし、社会は「生物学的な親」とは異なる親の存在を認めたのだ。
精子や卵子の提供者にも親がいるだろう。
つまり、生まれてきた子供のおじいちゃんおばあちゃんまでルーツを辿るのは複雑すぎるのだ。
そのため、さまざまな事例で「もらい子」と呼んでそれ以上の探求は行なっていない。
精子や卵子の提供者は子供を愛するための自分なりの解釈は行うだろう。
しかし、「親子の親密さ」にまでは立ち入らないものだ。
しかも、子供のその子孫までをも「自分の子孫」とは呼ばないだろう。
子供の「恋愛リスク」まで責任を取らないだろうし、暮らしぶりにも介入しない。
このような生殖技術を用いたのならば「25歳までに子供を作れなければ子孫を残す可能性はない」とも言われるが、それはもはや社会的タブーとして語られている。
それもしかし「人との親密さが作れない」ということから来るのかもしれない。
モーニング娘。 ふるさと。

しかし、精子と卵子の提供者が「子どもの心をもてあそぶ」ことはやってはならない。
「自分に関する情報を集約しなければならない時期がある」
生物学的なつながりは自分に関する重大な情報であり、これが混乱するだけで子供は周囲を敵に回してしまうのだ。
匿名性をたもつ精子と卵子の提供者というのはこのことから生まれている。
人生で「集約」しなければならない時期は注意が必要だ。
一方で、精子と卵子の提供者の医学情報がどうしても必要になる時があるだろう。
しかし、そのような情報は成人病に関するものであることが多く、匿名性をたもっても支障はないとされている。
むしろ「血がつながっていない」という緊張感に注意しなければならない。
家族の血の団結は「愛されていないのは血がつながっていないからだ」と考える子供が出てきてしまうことを恐れている。
国連は「子どものお小遣いの問題」と考えているようだ。
貧困や人間不信から「25歳までに子供ができないと子孫を残すことは困難」と言われているのであり、生殖技術の問題ではない。
匿名性をたもたないと、いつ何時「私が本当の親だ」と言い出すかわからず、社会が「あれが本当の親らしい」という烙印を押してしまうという問題は指摘されている。
【どのように精子と卵子の提供者を選んだのか?】
それは美しかったからだろう。
いろんな意味で民族の優れた部分を持ち合わせていたからだとされる。
HIVでないのならば陰湿な人間ではないだろうし、B型肝炎でなければ大酒飲みではなく妊娠中に酒も飲まない。
「どのように子供をデザインするか?」は、遺伝子操作でやっているのではなく、精子や卵子の提供者のいろんな特徴を見ているのだ。
このことだけでも「親が子供をデザインしている」と指摘され、自由恋愛とは異なる側面があるのだ。
「顕微鏡で子供をデザインしているのではない」ということは知っておいたほうがいい。
「自分は結局、選ばれていなかったのか」という気持ちが一番危険だ。
代理母になるような女はフリーセックスに慣れているという問題は指摘していい。
これも病気や障害の原因となる。
ウルフルズ かわいいひと。

交際を経て「この人の子供なら産める」と考えたわけではないことは危険ではないか?
何かの問題や障害を一緒に乗り越えてきたカップルではないのだ。
このこと自体、「子どもの障害に対応できない」とされ、遺伝とは別の話とされている。
また、人種にも優劣が存在する現状を理解しなければならない。
家族を作る上でのアイデンティティとなるものが人種なのだ。
「精子バンク」は、自然に作られた家庭環境に適応しきれない子供を残す可能性がある。
親が無理をしてもいけないし、子供が人生の中で「集約」しなければならない時期があることも知らなければならない。
「才能ってどこから来るの?」
よく考えなければならないね。
子供は環境に適応しやすい。
いかに「シンプル」な環境を提供するかが大事だ。
また、精子の提供者にお金を払うような男であれば「卵子がビックリしてしまう」という病気の存在は指摘できる。
お金を払うことの危険性は日本でも知られている。
木村拓哉ソロ。

そもそも「妊娠するためにお金を払った」ということが子供のお小遣いにどのような影響を与えるのかもわからない。
やたらと娘の性に縛りをかけたり、彼女を作ることに抵抗を感じたりするものだ。
英国では「卵子の共有」というものが行われている。
750ポンドで卵子を提供し、論点をクリアーするための数千ポンドを節約しているのだ。
卵子は限られている。
しかし、それを共有しようという動機はなんだろう。
「自分に敵が少ないという動機から卵子を提供していたのだ」
美人女だけがその動機を持っていた。
そうでなければま自分で子供を産むよ。
民族の団結以外に限られた卵子を提供する動機はないのだ。
島崎遥香。

«聖子女。