最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

2018年4月16日 (月)

髪の短い女。

中国には「お風呂」がある。
このことから「髪の短い女」(理)が生まれている。
酒井法子 男のコになりたい。
髪の短い女の男兄弟の学問が発達したのだ。
お風呂でお父さんが娘にいやらしいことをしている。
このことから女兄弟は、家庭内で権勢を誇り、男兄弟は勉強するようになっている(天人合一)。
男兄弟は「体験」と呼ばれる経験をし、おちんちん「是」や、おちんちんの意味「然」を学習していくのだ。
有名な男女(名)とその実態(実)があり、ただ続いていく日常(常)があった。
基本的には二択(是非)であり、その二択の技を「辨」と呼んだ。
約束のポニーテール。
さて、このような中国哲学によって資金集め(名理論)は可能であろうか?
男と女の違いってなんなんだろう?と考えて髪が短くなり、長い神が気持ち悪いと言って、セックスしても痛がるだけの女が果たして資金力になるのであろうか?
東林書院はこの資金集めを「実学」と呼んだ。
髪の短い女は、いくらセックスしても痛がるだけであったが、偉い人(格物)が、「初体験の時には女は痛がるものだ」という噂を流した(反省)。
勃起したおちんちん(体)を用いる(用)上で、もっとも男が喜ぶ発想を女(能)に与えたのだ。
誰とセックスしても痛がっていた「髪の短い女」であるが、格物が「初体験の時は女は痛がるものだ」ということを浸透させたことはどれほど家庭内を安定させたであろうか(道徳理性)。
髪の短い女はどの男にも「初めてなの」と言っていることを知らなければならない(良知)。
男兄弟(君子)とは姦淫を行わない、昔の男の話を極端に嫌うのが髪の短い女であることを知っているのが内聖外王であった。
【男がなぜセックスしたがるかというと、ガラクタたちが教えてくれる】
シャボンのため息 CoCo.

どの男とセックスしても「初めてなの」という女(主)と男(客)の関係を理解することを本体詮択学と呼んだ。
どの男にもそう言っているんだ。
男関係は身内には絶対秘密に決まっているではないか?
このことから「お風呂」のある文化では「家庭内にはセックスは存在しない」というような発想が形作られていった。
名実ともに処女というものは存在しなかったが、「女の子には処女膜がある」という独特の理論を有識者(格物)は広めた。
破瓜なんてものを広めたのは唯識宗や華厳宗であり、その影響力はいまだ根強い。
何度でも人を好きになれる(復性)が理解できればいい。
100年分のGlory 渡辺満里奈。

東京大学法学部は中国の影響を受けすぎている。
「天網恢々疎にして漏らさず」という女たちが周りにいるために、日本語は「女と話した経験」の少ない言語となってしまったのだ。
しかし、「初体験の女は痛がる」「処女膜」「破瓜」などという用語を強烈に浸透させた唯識宗や華厳宗にどれだけの女がお金を貢いだであろうか?
あとは「天網恢々疎にして漏らさず」さえ守れば女はいくらでも男を愛せるのだ。
しかも、「お風呂でいやらしいことをした」お父さんがいくらでもお小遣いをくれたのだ。
望月まゆ あなたを越えたい。

どのように「楊貴妃の牛乳風呂」が存在する国で生きるべきなのか?
子供の頃からの研究が中国で行われた。
ヨーロッパではソクラテスがユーサイプロに「それは殺人に近いね」と言ってシャワーを広めてしまった。
しかし、中国には「王朝」があり、牛乳風呂は禁止されなかったのだ。
父は息子にこの行いで迷惑をかけることになる。
息子に神など存在せず、「女」というものも遠いもののように思えた。
髪の長いよその家の娘が魅力的に思えたし、女を知ることが許されなかった王室の教えを「仁」と呼んだ。
仁は「男の欲望はどこに向かうべきか?」を示していた。
周の時代に「武」という王と「文」という王がいた。
髪の短い女を姉妹に持つ男は「文武両道」を目指していたのだ。
「仁」のある男は治めることを知っている。
これを「理」と呼んだ。
治めると言っても「誰よりも女に興味がある」という意味であった。
「仁」は詩でもあった。
藤本美貴 大切。

論語を読む才能というものは、論語が「エロトークにしか聞こえない」という王室の男に特有のものであったし、家が王室のようでなければならなかった。
まず、お父さんが羊を盗むという「お風呂の問題」(仁)がなければならないし、女に興味がなければならない(理)。
仁のある奴は内向的だから理系に進めとも言われた。
東大理三に入ったら宴会をやろう。
これが「勝者と敗者の和解の儀式」であるとされている。
息子が内向的な分、黙々と勉強したのだ。
「仁」のある奴しかそこまでの才能はなかったんじゃないかな?
大学に入ったら自由に「女」と向き合っていい。
これが「漢方医」である。
漢方医は、大して効かない薬を山ほど持っていたが、「話をする」だけで直してしまう手法をとっていた。
「女と話すのが得意になる」
これが漢方であった。
科挙の順位は女が決めた。
インディゴブルーラブ 。

秦以降、いろんな思想家が登場したが、みんな「仁」を理解し「理」を追い求めていた。
古くは墨子のように金集めのうまい男もいたが、王陽明のように「心技体」というような「文武両道」を目指す者もいた。
そのような苦労人男に忠誠(義)を尽くす普通の男もいた。
孟子は「助けを求めている乞食に侮辱的に食い物を与えても食わない」とし、「仁」のある男を「乞食」と呼んだ。
それほど惨めな青春時代だった。
髪の短い女をセールスに用いたのは墨子であったが、「ショートヘアがキュート」などと言っていた。
孟子は「乞食」「牛」こそが王にふさわしいと考えていたのだ。
孟子は「男の子の才能」をあえて「乞食」「牛」と呼んだ。
セックスから遠いところにいて、勉強が好きで、大器晩成するであろうことを予測したのは孟子だ。
その人生は「道」とも言われた。
能年玲奈。

大学受験に成功してしっかりと「儀式」をやったか?
だったら「勉強が趣味」になっただろう。
そのような男のためには十分すぎる教科書を残そう。
これが「漢に影響された男」という意味だ。
英語を読んでいてもアイデンティティは「漢」にある。
中国の「天」はこのように形作られていった。
中国で「仁」のある男が尊敬されているという社会心理学は21世紀になっても確認されている。
国としてはいまだに「中華帝国」を標榜しているのだ。
大学受験は相変わらず難しかった。
論語を読んで女に話す奴は危険だとも言われた。
論語を読むためには「気」が必要だったからだ。
髪の短いアイドルを愛しても「セックスできない女」だと分かるまでに時間がかかる。
姉や妹が何も話さないからだ、
やがて「法家」というものもできた。
医学部よりも法学部という伝統である。
人を治すために用いられていた「天」が金集めのために用いられるようになった。
能年玲奈。

老荘思想(道教)というのは、詩を仲間内で吟じるものであったが、韓非子は「法家」を作って、それを「男女のルール」として体系化している。
王の伝統とはこのようなものであったであろうということを体系化したのが法家であった。
21世紀に入ってから「法家は、良きサマリア人と区別がつかないな」という指摘がなされている。
男の失恋に詳しかったからだろう。
イエスキリストが聖霊を目指して病魔に侵されることとの区別は極めて困難であった。
B'z love me, I love you.

一方で、仏教の側は「仁」という用語はなく、神を持った奴に対抗するために「無我夢中になれ」と教えていた。
「大乗」は仁を否定しており、早い時期から「恋」の存在を指摘していた。
共同体は「仁」のある男が馴染みにくく、フェアな立場から天台などの仏教徒が生まれていた。

中国の医学は張易純(1866〜1933)がまとめ上げた。
漢方医学が西洋医学と向き合ったのはこの時だ。
体を鍛えることを「養生」と呼び、女性特有の病気を「本草」と呼んだ。
長生きする方法を「神仙」と呼び、神仙を知っている年寄りの真似をしていればいいというのが基本だとされた。
陰陽五行とは「年寄りを敬え」という教えである。
大自然と触れ合っていれば健康だとも言われ、陰陽五行とは自然と触れ合い、年寄りと共生するという教えである。
養生とは神人が作る中華料理を食べることから成り立ち、セックスする時も中華料理を食べることをその教えとしている(婦人之見方)。
あとは老荘思想がで合流し、詩の解釈で認知の歪みを治そうと考えているようだ。

【君が俺の子孫を残すのかと思うと緊張する】
B'z 恋じゃなくなる日。

「仁」から育まれるのは「心」である。
しかし、別の男にも「心」があることを知るのが「天人合一」である。
中国の哲学を完成させたのは清華大学とカリフォルニア大学バークレー校であった。
馬共蘭(1895〜1990)は、「秦の始皇帝以来、中国には女学はなかった」と認めた。
数学は「算」というものがあったし、言葉の計算は「律呂」によって行っていたが、宋、明、清と続いた王朝では儒学が「勉強」だとされてきた。
竹林の七賢と言ってもさほど詩のクオリティは高くなかったとされる。
陰陽五行にせよ養生にせよ気にせよ「女心からのファイナンス」はやっていなかったのではないか?と言われた。
今後、カリフォルニア大学バークレー校が中国を豊かにする可能性は十分にある。
CPOP.

陰陽が「女心からのファイナンス」をする可能性があると期待されている。
陰。
穴井夕子 フェアリーデイズ。

陽。
松浦亜弥 Yeah! めっちゃホリデイ。

これは、中国がキリスト教の影響を受けることを意味する。
今まで指摘されていなかった「神は死んだ」という問題、つまり、息子が「天使に取り囲まれても父に潰され」「母にあまえるのが下手でも父に潰される」という問題も表面化する可能性がある。
形而上学(女心)は、日本国から学習する必要性も指摘されている。
「竹林の七賢は何を歌っていたの?」という疑問も提起されている。
それが、今の中国の現状なのだ。
シルクロードから届いた尚書によって天下を争ってきた歴史はあるが、コンテンツがまったく見えないではないか?
アヘン戦争で清朝がイギリスに負けてから、徳川日本が「脱亜入欧」をしなければ日本国の繁栄すらおぼつかなかっただろう。
日本国は、欧米の言語を「漢字」に直しているが、中国がどれほど日本国に悪影響を与えたかは翻訳の「病的言語」で痛感する。
中国はもっと時間がかかるだろう。
日本から学ぶしかないのだ。
法家というのは「軍事力を持った豊かな国」(富国強兵)を目指したが、韓非子や司馬遷を輩出している。
しかし、中国の「天下」というのはシルクロードや敦煌から学んだものが争っただけなのではないか?
中国で「仁」のあるものが、ヨーロッパから学んだだけなのではないということを痛感する。
しかし、中国が壮大な「戦の場」となったことだけは高く評価できる。
シルクロード、敦煌。

中国の哲学を研究してみると「夢しか語っていない」「シルクロード頼み」が目につく。
彼らはもはや日本から学ぶしかないのではないか?
このような「中国楽観論」を指摘して終わりにしたい。

イスラムの教え。

アルキンディは、バクダットからコンスタンチノープルに出た。
いろんな女子たちに見送られて。
青いスタスィオン 河合その子。

「私」という言葉は男女ともに使うが、「神」というのは男のことだろう。
「女」には真実があるが、「男」には真実はない。

このことからアルキンディは、まず「男の完成」を目指した。
アリストテレスの「二つの石の拳」の意味の探求からボクシングレッスンは始まり、野球やバスケなどで現代でも通用する「ツーポイント」を覚えた。
体を鍛えた後に「女たちと向き合う」という営みを行なっている。
「男はひとつと言い、女はふたつと言う」
いろんな意味でね。
女の「ふたつ」には男は翻弄されまくりだよ。
川本真琴 2分の1.

「何もなかった」世界から「男になる」ことが大事だった。
「2発目3発目が欲しい」と言っているけど本当かよ?という問題意識は常にあった。
世界は無限ではないのだ。
「ツーポイント」
これだけが「男」に求められたものであり、「ひとつの」神の宿命であった。
素人ボクシングなら八方破れだろうけど、まとまってくると「ツーポイント」に絞れるものなんだ。
山崎康晃。

なぜ、神が男だと分かっているのならば、なぜ女に翻弄されるんだ?
「起きるか寝るかのどちらかだ」と言うだけで女は動けなくなることをなぜ学ばないのだろう?
「寝る」ことが身の破滅を意味するのならば、永遠にツーシームは覚えないだろう。
しかし、それがより知的な男の生き方なのだ。
女が卑怯ならば、男も学習しなければならない。
「寝る」ということが男にとってどれほど有利なことかを知らないといけないのだ。
これをアルキンディは、コンスタンチノープルで学習して、バグダッドに戻ってきた。

一方で、「神はフィクションにおいては作り出せる」という立場もある。
トマス・アクィナス、詩の世界のヒーロー。

ファーストインテリジェンス(最も頭のいい男)を神と呼ぶのであれば、それがどのような人生となるかは明らかだった。
「神さまを信じているよ」という男は謙虚であったし、まだ上を目指していることを意味した。
戦う上で「祈らないものはいない」とも言われる。
人間は考える葦である、というぐらい「勉強するのに痛みを感じない」のが神であるが「何を考えているのか?」は常に語らなければならない。
やはり、ファーストインテリジェンスというのは「女心に詳しい」という意味であって、自ずとそれは神・男に跳ね返ってくるものではないだろうか?
「迷いがない」というのが一番強い。
退屈な「創世記」を読んでみれば分かる。
神が世界を生み出したが、世界が神を生み出している。
世界を生み出した神に近づくためには「女心」を学ぶしかない。
永遠をよりシンプルに掴むために学ぶのだ。
そのことで「世界を生み出した神」の真の意図を知るのだ。
「永遠」を知っているのならば神だよ。
どのような男が「神」なのかは「詩の世界のヒーロー」でとっくに歌っている。
「量子論」ってあるだろ。
もっとも小さな「粒」にも重さがあるとする仮説だ。
埃のように宙に浮いているものよりもっと小さいものにも重さがあるとしたのだ。
真実かどうかは分からないけど、一番目立たない人間にも重さがあると考えているんだ。
証明するためには「この女の子供の気持ちが味わいたい」という男の都合や「この男の子供が産みたいから気持ちいい」などの「全てのセックスが気持ちいい」ということを証明するしかない。
大型ハドロン衝突型加速器。

ファーストインテリジェンス(トマス・アクィナス)は、すべてのセックスが気持ちいいということを証明したかったのだ。
どの子供にも「重さ」があるということに興味を持った。
「オッカムのウィリアムにも命の重さはあるのかね」とアクィナスは思った。
それが分からなければシャーロック・ホームズにもなれないだろう。
「ちょこまか動く連中」の存在を知らなければ、ケネディにもなれない。
あんな小男にも重さはあるのかね?それを見失ったらキリストは破滅に向かうであろう。
時代遅れの酒場 加藤登紀子。

頭の上に何か学問の蓄積があり、その「法則」を「今見ているもの」に応じて「落としてくる」という作業がある。
男女に人気のある「法則」を落とすことをカテゴリーと呼ぶ。
「好きなお店に行ける」というのも当たり前ではないのだ。
フッサールは「地元の有名人」であることを目指し続けた。
「何かあるんやろな」というのをカテゴリーと呼ぶのだ。
勃起すること、若さ、国との関係、情熱などを見ながら「何かあるんやろな」ということを判断している。
頭の上の法則で女たちが大騒ぎすれば、大人たちも動く。
どんな法則かは案外、分からないものなのだ。
大人の世界の論理ではインタビューを受けることもない。
「体系」にしたがって処理しているだけだからだ。
女たちが男の序列を決めている。
そのためには「多くの男女たちが作り上げてきた学問の世界」の話をしなければならない。
その世界にどっぷり浸かっているのは発言を読めばわかるのだ。
瀬能あづさ ふたつにひとつ。

大学によって「体系」が違うのならば「東大コンプレックスのない人」がいいよね。
国内でコンプレックスを持っているのならば世界は見通せないからね。
東大コンプレックスのない男は、高校で「恋」などしていないけど、いずれ分かるようになる。
オックスフォードの連中も歳を重ねてから恋の対象になる男が多い。
頭の上から何かの「法則」を落とせるようになるのには時間が必要だ。
大学が違うことは言っていることで分かる、というぐらい大学にどっぷり浸かる必要がある。
ちんちんの魅力もカテゴリー次第だね。
酒井法子 恋と愛のニュアンス。

色。

【差別は株価を押し上げるが、有名人との出会いの機会をなくす】

「色」というものは「喜び」から区別できるようになるものだ。
女の子は本来、世界が茶色で、真面目になろうと思ったら「青」が加わり、男と向き合おうと思ったら「赤」が加わる。
男の子の場合は「少年時代特有の色盲」が指摘されていて、「女の子に興味が持てない」男の子が色の区別ができなかったりする。
「お金がなくて世界が灰色に見える」というのも案外、「女の子を口説く力量がない」ことが原因だったりするのだ。
「暗黒時代」などというものは「女の子が寄り付かない」から引き起こされるのだろう。
真っ赤な女の子 小泉今日子。

このことにスポーツビジネスも関心を寄せた。
真剣勝負で好きなプロ野球チームが優勝すると、強烈な喜びを味わい、色の区別がつくようになり、世界が輝いて見え、「好きな床屋に行ったり、近所の歯医者に行ける」ようになることから身だしなみが整ったりするのだ。
野菜や果物にも興味を持つようになり仕事運や健康運が上がったりする。
人生が「喜び」だけで好転してしまうのだ。

しかし、本来は「言葉の取り引き」をして女性を口説くべきだろう。

私は個人的に、ライターの色も「青」を選んでしまう。
横浜DeNAベイスターズが影響しているものと思っていたが、男というものは「精液が青に見える」ものなのだ。
女にとって「男は赤く見える」ものでもある。
長雨 國府田マリ子。

色というのは男性的なものであり「男らしくあるとはどういうことか?」という議論と関わっている。
男が若い時期に苦労して、やがて調子を取り戻していく「復活」とも関わる概念である。
黄色人種の男が「赤く」見える時の男は女に好意を持たれている。
「顔、赤いよ?」
そう言われた男は「復活」を迎えているのだろう。
それは単なる「肝臓の問題」とは言い切れない側面があるのだ。
自分で鏡を見て顔色が赤いのを見ても気にしない方がいい。
周囲の女性たちの「好意」が顔色に出るだけだからだ。
女たちは失恋するたびに「顔の赤い男」のことを思い出していた。
顔色というのはそれほどまでに「フィクションに近い」ものがあるのだ。
女は「戦わない」のがいちばん美白にいいとされる。
「戦わない」と決めたら勝手に男が寄って来るのだ。
むやみに争わない女は色が白い、というのもフィクションに近い。
色というのは「男が決める」と割り切るほかはないだろう。
壊れかけたピアノ 高井麻巳子。

この「顔色の意味」さえ分かれば、顔の赤い男も「行きたい床屋に行ける、近所の歯医者に行ける」し、色の白い女も「行きたい美容院に行ける」ことになる。
これらのことが理解できれば「社会ムーブメント」を引き起こすのは簡単なのだ。
コーデモイは、顔の赤い男と色白の女が結婚すると「子供に関心が向かう」とした。
喧嘩が強い顔の赤い男は女たちにモテたし、色の白い女は「ただ待っていればいい」ということが分かったからである。
S君 松浦亜弥。

セックスとは「男は女の子供の気持ちを味わうものだ」とされ、「女はその男の子供を産みたいから気持ちがいい」とされている以上、女は戦わずして男が寄ってくるのを待ったのだ。
この「女の待機戦法」は、もっとも男に大事にされる妻を作るとも言われた。
男社会のいじめの存在を見抜いている女が考えることだともされている。
文学にしたのはコーデモイが初めてだったんじゃないかな。
「美白」と関わる研究だったのだ。
3年過ぎた頃には 高橋由美子。

なぜ、顔の赤い男はここまで特別なのであろうか?
それは「勉強してくれるから」である。
女としては「綺麗なお母さんになれる」からだとも言われる。
勉強してくれない彼氏だと、喧嘩ばかりのパートナーになってしまう。
セックスというものが、子供の「時間」まで感じるものである以上、勉強してくれない彼氏だと気持ちよくないのである。
ribbon Stay with me.

太っていて顔の赤い男ほど、女から何かを聞き出そうとしているだろう。
そういう男の「モデル」を哲学者は作っていく必要があるのだ。

アファーマティブアクションという制度があるが、「マイノリティでもノーマルなセックスができれば差別されない」という発想のもとで教育を与え、就職でも差別しないという仕組みだ。
「異性を愛すること」はお金と関わるものである。
髪の長い女ならば朝鮮女でも中国女でも抱ける、というのが日本人なのであり、そこには何ら差別はない。
「女になり切れていない」から部落民は差別されるのだ。
1964年の公民権法はこのことを指摘しており、日本でも部落民や在日朝鮮人が「同じ文脈」に位置付けられた。
AT&Tやアラバマハイウェイパトロールなどが、ノーマルなセックスができる男女ならば排除しない、という方向性を打ち出したのだ。
しかし、カリフォルニア大学の医学部への入学に関しては「時と場所がある」とされ、日本国においても「医者は差別の対象にはならない」という認識が広まった。
黒人やヒスパニックは医者にはなれないとされた。
これは日本国においては「部落民や在日朝鮮人は医者にはなれない」と置き換えられる。
手紙 岡林信康。

「医学部入学」は、同化政策を妨げる最後の砦であり、ブレナン判事とパウエル判事の真似をしたのが日本国である。
どの組織も「セックスサークル」であり、医学部からの排除がなされ、修正第14条でも認められている。
肌の色が違ったり、名前が奇妙だったら患者も触って欲しくないだろうという観点からハーバード大学医学部もこれを認めてしまった。
しかし、テキサス大学のロースクールはマイノリティの入学を認めたのだ。
このことから「医学部と法学部は同格ではないのではないか?」と語られた。
しかし、ミシガン大学が「かなり高度な成績がロースクールへの入学の条件である」としたことから「医学部と法学部は同格」というのが日本にも伝わった。
人種でその地位を維持した医学部と、成績でその地位を維持した法学部という図式が出来上がったのだ。
ミシガン大学は、全米の心を作る集団を目指していた。
チューリップのアップリケ 岡林信康。

マイノリティでも「男らしい男」「女らしい女」であればセックスの可能性があるというところから差別の解消は目指されたが、医者、弁護士、官僚などが差別の基盤となった。
ここでマイノリティ差別の問題は固まったのであり、「我々はもう戻らない」という宣言も出され、黒人、ヒスパニックの問題や、日本における部落民や在日朝鮮人の問題は固まった。
医者、弁護士、官僚は「ストイックに」その世界を構築することが求められ、差別を助長した。
これらの職業はストア派であり、これらの優秀な職業に就けないものは「男の痛み」を経験するエピクロス派であった。
Bz もう一度キスしたかった。

エピクロス派は、女たちから「楽しいし男らしい」と言われている。
女性、障害者、在日朝鮮人・部落民差別が株価を押し上げることは分かっていたが、エピクロス派の負け犬男も株価を押し上げた。
一方で、日本国の男が差別的発言を繰り返していると「円高に振れる」という効果が指摘できる。
女の値段である株価と、男の値段である円高がどのような関係にあるかを見てみると面白いだろう。
日経平均株価先物と円のチャート。
夜中に女がしきりにオークションを仕掛けているのがわかる。
19:00の街 野口五郎。
万物の起源は、水なのか火なのか、空気なのか土なのかという議論はエピクロス派の男の「子供」がどのようなものなのかについての議論であった。
それほどエピクロス派はモテたのだ。
「知性で負ける」という尾を引くような経験をした男に喜びをあげる、と女たちは考えた。
遊んで暮らしていたから知性で負けたのに、痛みを感じた時だけ集中して詩を書くのかエピクロス派だった。
キケロの詩をみんな参考にしているんだよ。
「友情の輪が世界に広がっている。すべての人に幸せな目覚めを」をスローガンにキケロもルクレティウスを詩を書いた。
よくいるタイプの男だったが、そのような「遊んで暮らしていて、いざとなったら大騒ぎする男」は詩を書く才能さえあれば生きて行けた。
むしろそのような男の方が多数派であり「仲間の多い男」に女たちは熱狂したのだ。
Bz ねがい。

女性や、障害者について語ることと、部落民・在日朝鮮人差別が株価を引き上げることが明らかになったことから、部落民・在日朝鮮人問題は「誰も解決したくない問題」となっている。
マイノリティに属しているからセックスできないという問題を解消したのがITバブルであった。
在日朝鮮人や部落民がインターネットを用いて「セックスできる女」であることをアピールして荒稼ぎをしたのだ。
どのみち差別されているのだから、と言ってセックス動画を晒すことは所得の再分配機能を持っていた。
他にも「稼げる女」というのは在日朝鮮人や部落民が多い。
自由奔放な女は「不運」を背負っているとも言われる。
男の子が「勉強の才能に恵まれる」というのは在日朝鮮人や部落民には難しい話だった。
この男優や女優が社会で孤立しようが構わないというささやかな満足が多数派にはあった。
しかし、それよりも「なぜ彼らがこのような境遇に落ちたのか」を語り合うことの方がより人気があった。
織田信長とか日露戦争の話題が出てくるからだ。
ネットポルノにこれらの歴史が関わっているのだ。
寒波や洪水などで大損害を被るのも在日朝鮮人や部落民だった。
それほどまでに日本人は急進的な「集団主義」を採用していた。
在日朝鮮人や部落民に関してテレビで報じないのか?とテレビ局にいうと「いつもやっているじゃない」と思われるだけだ。
恋をしちゃいました タンポポ。

それだけにとどまらず、同じ日本人であっても「失恋した男」は「女と向き合った証拠」として株価を引き上げる要素となっている。
B'z Don't leave me.

アスカロンは、女が振られるというのは疑わしいとしている。
女の失恋ソングを歌ったアカデメイアを「前期」と「後期」に分けて、前期では女の失恋ソングを歌ったが、後期には男の失恋ソングばかりになった。
前期のコレクションも忘れたくはないとしたのがゼノであった。
優しさに帰れない CoCo.

しかし、現実のマーケットメイクはそうは動いてはいなかったのだ。
オークションでもそれは同じだ。
医者、弁護士、官僚ばかりが得をする時間帯は確かにあった。
ストア派が勝ったのではないかとも言われた。
ストア派に「口説き文句」さえ教えれば、お金ならエピクロス派よりも持っていたのだ。
「遊んでばかりで、いざとなったら大騒ぎする」エピクロス派はここで遅れをとった。
そこで「後期」には、前の日の教訓をバネに詩を作って金を儲けるようになったのがエピクロス派だ。
翌日のマーケットメイクやオークションでストア派とエピクロス派のどちらが勝ったかはいまだ決着がついていない。
B'z 人生の快楽。

男の値段が円高だとしよう。
「二つの頭を持った人間の片方の頭を切り落とせるか?」
「最も背の高い小さな男はいるのか?」
答えは「赤ん坊ならばあり得る」ということだ。
ヘビの尻尾はどこからなのか?というと「ヘビにも肋骨がある」のだ。
ヘビにすら「五体満足」がある。当然、人間にもあるだろう。
人間の「心の限界」ってどこにあるんだろう?
これは「美しい女が体を売って何か失うものがあるのか?」という議論だ。
アルフレッド・ヒッチコックは、俳優は子供のようだと語った。
まるで「セックス」を独り占めしたように振舞っていたからだ。
どの人間も五体満足の歴史上の人物と変わらないのだ。
「セ・ッ・ク・ス」とつぶやいてみよう。
どの子供も働けない。
大人だけが働いているのだ。
生後1日の赤ん坊は子供だ。
生後3650日の子供も子供だ。
しかし、100歳の人間は子供ではない。
「いつ日本に来たのか?いつエロ本を見たのか?」が問われる。
うまくこの国で生きていけるためにはそれだけが問われる。
「国を売るのは楽しい」などという日本人などいない。
どこかで大失恋を経験しているのだ。
そのような失恋男は差別されて当然だ。
勝ち続けられなかったのだからね。
B'z Still Alive.

コンテク派は、自分の文脈を独自のものにして、間違えたと思ったら政治生命を失う。
地平線が10億メートル先になったらおしまいなのだ。
独自の文脈を間違えたら、失恋ソングを作って生きるしかない。
「星が目の前に見える」のならば問題はないけどね。
先生を選ばなければならない理由はここにある。
ラッセルは"The"のあとに単数形を用いようが複数形を用いようが自由だとしたが、「複数の男で一人の女を抱くことはできない」としていた。
「物語になるセックス」でなければ女は高い値段はつけないと考えたのだ。
「我々」と名乗る男は凡人であると見透かしていたようだ。
「我々は部屋に入ってテレビをつけた」という表現に女は存在しなかったのだ。
アリストテレスを「アレキサンダー大王の先生」と呼ぼうが「トマス・アクィナスの理論的指導者」と呼ぼうが勝手だが、アリストテレスほど「大勢の男たちが作り上げた」一人の男はいなかった。
生きていた時も死んだ後にもである。
女たちの「お金を持っていて頭のいい」「一人の」男というニーズに応えたのだ。
大の大人が「我々」というのは「フランス国王はハゲだ」(そんなの関係ねぇ)というほど滑稽なことだ。
そんなの関係ねぇ。

セックスの監督はルイ16世だけでいい。
ほかに先生は必要ない。
明日のニュースの一面トップはルイ16世が決めればいい。
通学列車 モーニング娘。

本来、ラテンアメリカは「奥さんを大事にする」というスペインやポルトガルの影響を受けていた。
しかし。1910年から1940年にかけて「暴動」が起きている。
「すべての女を口説き落とせる」と言ってラテンアメリカをオルテガは講演して回った。
経済発展がこれにともなったので、1910年世代というものが生まれている。
日本では「大逆事件」と呼ばれて「天皇はそんなことはしていないはずだ」と呼ばれたムーブメントだった。
1960年代にはラテンアメリカも成熟してきて、マルクス主義の台頭などもあった。
島でマルクス主義を実践してブルーマウンテンを栽培する連中もいた。
「原住民は勉強ができないから奴隷だ」という文化と向き合わなければならず、「アフリカ人並み」の扱いを脱するようになったのは1990年代になってからだ。
ラテンの女たちにとって「フロイトは新しすぎる」として、「女心」を男から見えなくしてしまったという特徴が見られる。
日系ブラジル人も「女心」を研究することによる財務というものを知らないし、カナリアイエローのラメサッカーブラジル代表も、女性サポーターをあまり重視していないようだ。
コーヒールンバ 荻野目洋子。

男が女を差別的発言(円高)に誘導する。差別的発言は女の魅力(株高)につながらない。
女はセックスアピールをしたがる(株高)
しかし、「女である」ことばかりを強調することはできない(株安)。
女であることをアピールすると友達もなくす(株安)。
男の差別的発言を批判する分には友達は失くさない(円安)
男は差別的発言で女に遠慮するようになる(円安)。
女は差別的発言をする男とセックスしなければならない(円高)。
差別的発言をしない方が女らしい(円安・株高)。
女らしくあることはいけないことなのかしら?(株安)

株はひたすら上がることはない。
男女の関係があったり、女友達の関係があるからだ。
男も女に遠慮することがあるので円がひたすら高くなることもない。
ガスライティング、友達としての忠告、しかめっ面、罵声などが為替と株の値動きを取り巻いている。
この世界を「操る」ことの難しさを知らなければならない。
男は女にモテたいし、女は「女友達」をなくしたくないのだ。
為替と株の値動きはこの複雑な世界を循環している。
山口百恵さんのように「女友達もいない、男は三浦友和だけ」というわけにはいかないだろう。
いい日旅立ち 山口百恵。

答えは【男と女がもっと話をすることなんだよ】
差別的発言で自己アピールしていないで、もっと「ロマンティック」な話をするんだ。
男が「男らしければ」円は高くなる。
口説き文句がうまい男は男らしいだろう。
女が友達を失わないのも「キャリーオーバー」というロマンティックな話題を伝えることだ。
哲学を男が女に語るというのはそれほど「単純に」株高・円高・土地高のトリプル高を引き起こすのだ。
「女が綺麗になることのどこが悪いのか?」
でも、部落民や在日朝鮮人を差別することにはメリットがあるんだよね。
円と株が「貿易」でつながっている以上、差別は日本国にメリットをもたらす。
瞬間的には「円高・株安」になるけれど長い目で見ると日本国に恩恵をもたらすのだ。
まるで「日本国には悪はない」というような雰囲気が作られるのだ。
マーケットコントロールは可能なのだろうか?
いろんな女が目立ちたがっているのは事実であるが、男との関係や女友達との関係がある生活者である以上、「職業芸能人」として食べてはいけない今日では、かなり難しいね。
むしろ「文学」に期待されている。
作家はロマンティックなことを書いても敵は作らないからね。

【神・男の完全性を議論すると爽快感がある】
ハートをロック 松田聖子。

目立ちたがり女を言論で用いたのならば、彼女が孤立しないように、「個人的にご挨拶」する必要がある。
赤の他人を言論で用いることはない。
作家が「暴君」でなくなるためには、社交性がなければならない。
いろんな芸能人と交流のある作家ならばマーケットコントロールは「可能である」とされている。
しかし、昔の人から今の人まで芸能界を網羅することは無理かな?
テレビに影響されるのならば作家ではないからね。
難しいのがマーケットコントロールなのだ。

デリダは「女たちを美しくしよう」と考えてインターネット時代にブログなどで「愛妻弁当」「子供のお弁当」を写真で公表して「行きたい美容院に行ける、近所の歯医者に行ける」ようにしたが、毎日毎日続いていく日常の中で、「秘密の数」だけが女たちに増えていくことを感じていた。
「乳首や局部の色」などは秘密の中の秘密だった。
男もその「秘密」に口を割らないことが「男らしさの力」だとされた。
rebecca when a woman loves a man.

株価はタイムトラベルでもしない限り、予測はできない。
しかし、タイムトラベルは「昔の男や女を思い出す学問」である現状がある。
タイムトラベルをしておじいさんを殺しに行ったら自分はどうなるのか?とも言われるが、遠回しの「自殺願望」であり、人生に悔いを残しているのであろう。
「過去に影響を与えよう」という発想は「現実を認めたくない」から引き起こされる。
しかし、「過去に影響を与える」可能性を指摘して将来を変えることは可能なのだ。
松田聖子 時間旅行。

日経平均株価は、「女の相場」である3万円を超えない限り、「男が女を愛する気持ちを利用する」「恋愛論」などのミクロ手法が有効であり「北朝鮮問題」などの「国際法の国内法化」というようなマクロ手法は3万円を超えてから考えればいいだろう。

男が「神」と関わる上では、人類の歴史と向き合わなければならない。
古典を読まなければ「神」と接する機会はない。
「神の時代は終わらない」(詩篇102:27)。
「季節、日にち、時間、それぞれに女たちの興奮の意味を与えよう」(創世記1:14)。
「彼の時代が始まる前に神は約束をしている」(テトス人への手紙)。
「男たちに紛れていても彼の時代が始まるのが分かる」(コロサイ1:17)。
それはやはり「女心とどう向き合うかという才能に恵まれているか?」で判断されている。
アウグスティヌスの「告白」でそれは明らかにされ、ヨーロッパ中世は始まっている。
中世の王たちにはすでにギリシャ哲学があったのだ。
「女たちが胸を隠した」
これがギリシャ哲学の結論だった。
男が「神」と関わるようになってセックスが気持ちよくなったのだろう。
松浦亜弥 Love train.

神には時間があるようでいて「ない」のだ。
人類の歴史を簡単に俯瞰するためにはいい先生がいなければならない。
また、「娘と息子」に恵まれなければならない。
「お父さんがこう言っていた」と語る娘と息子がいなければ神にはなれない。
神は全知全能であるはずであるが、神は変わるものだ。
神に時間がないのは学習するためである。
「できないことのない男」でも常に学習し続けなければ神ではなくなるだろう。
広瀬香美 ピアニシモ。

それでは「神」というのはなぜ必要なのだろうか?
それは我々に「安全」を約束するためである。
組織の序列もそのようにして出来上がる。
昔は「女心に詳しい人」が神であるとされていたが、今は「安全を約束してくれる人」という具合に発想が変わっていた。
女ばかり相手にしていないで「男社会で勝つ男」が必要とされたりもした。
男社会で生きているという「証拠」を必要としたのだ。
証拠を見せて 工藤静香。

女の子を「よく見て話せ」。
セックスする可能性を感じながら話すのだ。
「可愛いね」と言ったら言葉が循環して意味がなくなるので言わないことだね。
私服を褒めるのは常識でも「可愛いね」という言葉は循環しすぎるのだ。
パンは好きですか?だけではとどまらす、「小麦の出来はいいらしいね。AP通信が言ってた」というだけで「世界の中の私」を演出できる。
パン用の小麦粉はタンパク質が多い方が良く、AP通信が報じる小麦粉の方が「濃くて重い」とされる。
AP小麦粉を嫌うパン職人もいるのだ。
「世界が私を育てている」という意識は必要であり、「お米」よりも「パン」の方がナンパに向いているのだ。
小麦だけでも「情報源の違い」が分かるのだ。
そこからいろいろな話題が膨らむことを女は知るだろう。
ロマンティックな話を女に話すと自分に酔う必要がある。
「もっともっと読もう」という気分になるのだ。
結局、女の子と話すのは「読むのが目的かな?」とヒュームは考えた。
乙女パスタに感動 タンポポ。

テレビのニュースになるネタというのは「階級格差について考えてもらいたい」というところから作られている。
「どんなセックスしてるの?」というところまで深読みする人もいる。
「階級格差による心の状態は?」ということを報じているのだ。
周囲の反応は?どんな言葉を話しているの?何に悔いを残してるの?
ニュース深読みをやるのであればここまで読まなければならない。
「つまらないニュースだな」とは思わない方がいい。
我々は常に階級格差について考えているからだ。
交通事故はどこでも起きるが「部落民や在日朝鮮人の荒っぽい運転」をあえて報じている。
ニュースというのも「ギリシャ哲学からの伝統」があるのだ。
ソフィズムの伝統では「女心に詳しい人はニュースにならない」とされている。
「万人の万人による闘争」で鍛えられた男はそこにはいない。
のらりくらりと生きている奴がニュースになる。
本当に人々の心を掴んだ宗教家はテレビには出ない。
Forever Sensei.

これは「オックスフォードに行くと親が離婚するぞ!」という伝統とも関わり、人々の心をつかむような男は報じないことにしたのだ。
ドイツでも「全体主義につながる」からではなく、本人の家庭を守るためであったり、病気にさせないために報じないことにしたのだ。
ダークハイムは1894年に、これを否定し、家庭を持たないアドルフ・ヒトラーを登場させている。
【社会の人気者は差別されなければならない】
これは、ムハンマドが「市場を歩くただの人」というイスラムの教えですでに実践されていた。
理解できない者は、病院に送られている。
ツレちゃんの憂鬱。

本当の「女心」は放送コードにかかるし、読んでもらいたいというのが国策だった。
もし、お父さんが「祈りを知っている」人であり、自由に勉強できるのであれば読んでもらいたい、しかし簡単には教えないのがビジネスの世界でもあった。
どこかの社長さんがなぜ偉いのか、はほとんど心理学であり、実際は本ブログに書いてあるようなことを仕事にしている。
アドルノもホルクハイマーも「テレビで見たことを話す男は社長にはなれない」ということを明確にしたし、法学部の学生のテレビ評論など聞くに耐えなかった。
【なぜ差別を知らないんだ?】
政治家志望の法学部の学生は父親に叱られた。
下層階級が「国家のため」というのは分かるが、中産階級でそんなこと言うのならば愚か者だろう。
テレビは差別するためにある。
「お前の不倫など知るか?」と言うものではなく差別なのだ。
ベッキー不倫。

こういう連中の「女心」を作家に語ってもらいたいんだよね。
誰も表には出たくないから。
テレビの「精神科医づくり」は確実に進んでいたし、「社長さんへの道」も自然と出来上がっていた。
すべては精神科医や社長さんの「分からない」をなくすためだった。
経済大国としての日本国もこの体制を選択している。
実際に会ったら「ゾンビーだ」と思うような女もいたし、芸能人に恋をするのは社会を知らない頃だけにしてもらいたかったのだ。
社会そのものが「男女に人気のある」ものでなければならない。
このことを「チャチャ」と呼んだ。
理想と現実のギャップや、世の中を知ること、そしてそれを白日のもとに晒して庶民だけで踊り狂ったのだ。
「男が女を愛する気持ちを利用するのが経済」だとするのならば「成熟経済」とは「チャチャ」のことではないであろうか。
「開かれた皇室は閉じよ!」という主張も見られた。
人種・性差・障害について、精神科医と社長さんに知ってもらいたかったのだ。
精神障害の世界に「東大生」をあえて送り込むような連中もいたが、その「特権」も教授たちは深く理解していた。
しかし、差別的発言ばかりしていると「有名人との出会いを逃す」ということは指摘しておきたい。
石井明美 cha-cha-cha.

マイノリティは、二人一組でのいじめを得意とする。
しかし、万能の「父」と聖霊を目指す「子」はたどる運命が違う。
聖霊の「復活」を目の当たりにして、「子なるイエス」は磔となるのだ。
聖霊の復活はしっかりとした学問にもとづくものであったため、「子なるイエス」もその境地を目指し始め、失明するものあり、狂牛病になるものあり、それが「いじめ」の結末であった。
「聖霊のように愛されたい」
それが「子なるイエス」を磔にしていた。
聖霊の復活とはそのようなものであり、所属をしっかりと選ばないと子なるイエスは悲惨な末路をたどる。
いじめをやった「子なるイエス」は知識に飢えていて、パンの夢を見る。
パンとはイエスの肉体であった。
「父」はただ生きているだけであり、いざとなったら医者だ弁護士だと大騒ぎするため、みんな父のために祈った。
しかし、「聖霊の復活」の後は「子なるイエス」のために祈った。
いじめっ子が「もういじめないであげようか?」「私はあれほど人気者だったのに・・・」という無様な姿を晒すだけだった。
ribbon deep breath
いじめられて損をする男などいない。
「いじめの世界で神が見えている人などいない」とも言われる。
いざとなったら大騒ぎする「父」と、磔になる「子」が聖霊の復活の時に存在した。
なぜ無様な思いをさせられるのが分からないのだろうか?
スーパースターが生まれるたびに二人の犠牲者が出た。
「オリジン弁当」とはそのような「聖霊」に力を与えるために出来たものだ。
栄養バランスが極めていい作り方になっているのだ。
「聖霊」はヒーローになる前は必ず「父と子」のために祈った。
「復活」とは罪深いものだ。
しかし「父と子」がなぜこのような恥ずかしい生き方ができるのだろう。
「もともと差別されていたから」である。
しかし、いじめを恥じ、聖霊の境地をもっとも強い目的意識を持って目指したのは「子なるイエス」であった。
イエスも復活できればいいね、と考えるのがキリスト教であり、いじめの救済と、時代の学問の犠牲者のために祈る宗教となっている。
コサイン(続いて行く日常)だけを研究していじめから抜け出したリンカーンメカニックインスティチューションのブールーなどもいた。
何がウケるかは「大人の世界」で生きてみないとわからない。
いじめを抜け出すためには「笑い」など必要ないのだ。
雨のちスペシャル 國府田マリ子。

女は「お金のある男」と社会契約(結婚)を結ぶだろう。
しかし、「仲間が多い」というのはお金があるのと変わらないではないか。
「万人の万人による闘争」を経験した男は仲間が多い。
奔放な女は「女心が定義できる」つまり「政治を知っている」男と結婚している。
少し太った以外には、過去の男などまったく見えないのが女というものだ(無知のヴェール)。
政治が得意な男と結婚する奔放な女はあながち「お金目当て」とは言い切れない部分がある。
「喧嘩の絶えないカップルにはなりたくない」などの動機が、お金にともなっている。
「私の喜びは誰かの痛み」ということも知っている男ならば結婚にふさわしい。
お金目当てだけだと亭主関白で苦労するよ?
「女心の定義」に詳しいというところも見ていかないとね。
お金目当てだと大抵、女心に詳しい男と出くわすけど、10%は外れる可能性がある。
お金につられて男を選ぶのは基本的には間違いではない。
しかし、戦術爆撃は仲間を失う。つまり、男選びは女友達を切り捨てながら行うものなのだ。
結婚は女にとって祝福だけではないことまで知っている男がいい。
金を持っているだけのオタクならば結婚相手に選ぶだろうか?
しかし、結婚のハードルを女が上げる必要はないとも言われる。
金を持っているだけのオタクも物分りが良くなることがあるからだ。
暴力は結婚の敵だけどね。
結婚式で痛みを感じている女がいるということを知っているならばだいたい合格じゃないかな。
ウェディングベル シュガー。

女が男に「質問する」というのも「告白」を待っているからだとされる。
1978年のアメリカ大統領は?と女に聞かれて、カーターかフォードが悩んでも、フォードでしたということになれば「1978年にはアメリカには一人の大統領しかいなかったのね」という結論になる。
あるいは、ジョンはスペインとイタリアとドイツのどこに住んでいるの?という質問も、宗教アイデンティティに関する質問であり、「私に告白する可能性はあるのか?聖母マリアを信じているのか?」という質問だ。
今日のディナーには誰が来るの?と聞かれて「パウロだよ」と答えるのは告白であるが、「クラスの女の子かな?」「パウロとニーナだよ」「知らない」というのは告白ではない。
「大勢の男を巻き込むのが告白である」とするのであれば、「パウロだよ」というのは告白だろう。
「だったらアンもビルも来るの?」という具合に話が発展するからだ。
恋はくえすちょん おニャン子クラブ。

女は常に「失恋したらお金を払って美容整形しなければならない」というリスクを負っている。
だから、男の「告白」を待つためには「質問」をするのだ。
「1つの答えを導き出すのか?」「大勢の男を巻き込むのか?」どちらかの質問をして来る。
なぜこんな質問をするのだろうか?それは男が「何かに熱中しているから」である。


女の夢は常にぶつかり合っている。
壊れかけたピアノ 高井麻巳子。

女の「質問」の意味は正確に理解しなければならない。
女たちの夢はそれほどまでにぶつかり合っているのだ。
「洋服は全然ないのに今日着る服がある」
そういう熱中の仕方をする男もいる。
そういう奴ほど噂だけが先行して「〇〇って誰?」と女に名指しされたりするものだ。
長雨 國府田マリ子。

これが「恋の入り口」だとするのならば、「恋は楽しい」と言える男は、哲学を学びながら彼女に話をしているのだ。
「二人が信じる世界」が恋愛空間であるが、教祖さまを信じる空間でもある。
ニューヨークから船が出港する「証拠」のようなものを二人は探しているのだろう。
教祖さまが二人を良い方向に導いているのならば「楽しい」と言える。
エリザベスはデカルトに恋をした。
このことから近代が始まっている。
デカルトは「エリザベスが信じるもの」をひたすら人々に語って回ったのだ。
医者のようなものだった。
エリザベスの恋の「証拠」を示したかったのだろう。
八月、最初の水曜日 渡辺満里奈。

もちろん「ヤリマン女だから恋の強度を高める必要はない」という立場や、「他の男に負けたら彼女を大事にできない」という立場から「証拠」を欲しがらず「恋の楽しさ」を感じない男もいる。
しかし、信者が「恋は楽しい」と言ってくれる宗教はその力を見せつけることを意味し、もはやマイノリティ宗教ではないことを意味する。

カントは、中年男と若い娘の恋を描いたが、デカルトに遠慮してこれを芸術作品にすることを拒絶した。
カントを揶揄して芸術にしたのはヒュームだ。
しかし、カントが「年上の男との恋」と「若者たちの恋」のどちらが男女に人気があるのかをデカルトと競い合ったのは事実なのだ。
ヒュームは「年上の男との恋」ならばサークルに属せないではないか?としている。
しかし、妻子もちの男も妻で勃つために若い女の子と話したがった。
あとは女の子の「私は恋をした」という気持ちに委ねられている。
男は学問を謳歌できるし大人になっても男女の人気を維持できるが、女の子は歳をとったらそうはいかない。
世界での位置付けも男は大人になったら明確になるが、女はそうではない。
すべて「男女の人気」に支えられているのだ。
「心の風景」が子供じみた年配の女にニーズはない。
年配になったら女も「多数派工作」を行い始める。
しかし「読まなければ分からない」ことに男女に人気がある理由があるのであり、年配の女の多数派工作などたかが知れている。
目の前で見たことを「読んだこと」を思い出して語る女はほとんどいないと言っていい。
嘘だけつき続ける女は場当たり的に生きているし、いざとなったら逃げるだけだろ。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ。

男運に恵まれないで歳をとるのは悲しいことだ。
男の言葉は胸に刻まれているはずだ。
しかし、カントは「愛の倫理社会は真理であるが、デカルトに配慮して芸術作品にしないでくれ」と語っている。
女の子が若い頃に「一時的に」作られた男の序列に過ぎないからだ。
女の子がどのように「大人」になるかというプロセスに過ぎない。
男女の「時間」をビデオカメラにおさめただけなのだ。
男と女の「時間の違い」を幻覚のように感じただけだった。
中国の理論的柱であるカリフォルニア大学バークレー校も「愛の倫理社会」を支持している。
女は「広い空間」が好きなのだ。
学問をやるのは男の仕事であり、「広い心の風景」は年配の男にしか生まれない。
夢芝居 梅沢富美男。

2018年4月12日 (木)

気持ちいい。

実績のある男の方が気持ちいい。女たちがそう言ったことから男たちは「実績」を求め始めた。
実績とは「世界を広げる」ことであり、「没頭」することであり、「知る」ことである。
セックスが好きな女は「男の日常」を見ているのだ。
悲しいニュースを見た後に、世界の広い男に抱かれたがった。
サルトルはこのように考えた。
「右翼の街宣車が動いたら政権はアウト」
というような「学歴のない連中」を応援する報道もあった。
女心を学ぶよりも、実績を残すことに全力を注いだために「右翼」と呼ばれたのだ。
男同士でぶつかりあったら反発しあうだけだけど、そのような厳しい世界に身を置いていた。
そのような世界で実績があれば、クラブのお姉ちゃんにもモテた。
女心なんて知らなくても自慢話だけで通用したのだ。
「俺は女心を知らない。実績が何よりも大事だ」
これがサルトルの立場だった。
これから奪いにいくもの「for itself」とすでに築き上げた記録「in itself」があり、すでに築き上げた記録がなければハートが強くはならなかった。
クラブのお姉ちゃんの反応から学習したのだ。
「番狂わせを起こすと化けることがある」
「王者になると練習する姿勢が変わる」
など、すべて女性たちの反応を見て言っているのだ。
実績ができると家が建つ。そこには王子もいた。
実績とは「数字」であった。
デカルトの「処女の発見」があってから近代は始まったが、ニーチェの「父と息子の関係」「神は死んだ」ということが分かってからポストモダンの時代になった。
夢だけ見てる CoCo 。

スタープレイヤーの実績を語ることは、他の男にとってもいじめられないことにつながる。
自分の「存在」はどれほど自分を「無」にしたかにかかっていたのだ。
そのため「知識」というものは私にとって最高の贈り物となった。
実績は「無」にならないと生まれない。
実績はみんなが共有できるものであるが、これがないと女は「夜郎自大」に抱かれることになる。
「Itと呼ばれた子」は父の実績に参加する男の子である。
実績とは「ブームになる効果」を持つものだ。
スポーツのメジャー化を推進した論客がサルトルだった。
スポーツがメジャーになると「言語の統一」が起き、よりパワフルな言語作りに世界を巻き込むことができた。
「打席に立つ」「マウンドに立つ」など世界中の人間を同じ意識のもとに置くことができたからだ。
女たちはユニバーサルな競技をやっている男に「我思う故に我あり」と言って恋したのだ。
檸檬の年頃。

ひたすら会社で「無」になって働くこともプロスポーツと同じだった。
サルトルは「会社」というものも作ったことになる。
自分の会社が作った車が街を走っているだけでも、女たちを気持ちよくさせるのには十分だった。
女たちにモテれば、女にも分かるように話さなければならないだろう。
メジャースポーツや会社は「男言葉」を発達させていたし、しかし、それを「女にも分かるように」覚えているものが偉かった。
男の実績を自分のものにするために女は感じたのだ。
「受け」が好きな女とはこのようなものだ。
「世界が広い人ならば家の前のお店にも行ける」
これが女の考えであった。
世界が狭い男ならば歯医者すら遠くに通わなければならない。
これを「現象学」と呼んだ。
近所の歯医者に行けないことと「愛」という言葉は深く関わっている。
スポーツ選手のように「目指してあるものが明確な」男だと近所の歯医者にパートナーの女も通えるが、サラリーマンだと女たちは「目指している方向が明確でない」ために愛の議論に巻き込んでしまい、近所の歯医者に行けなくなる。
ここで女は「美しくなる」という選択をする。
女が美しければ、近所の女たちも「綺麗な人ね」と噂して、男も近所の歯医者に行けるようになる。
「男のためにお化粧するのでしょう?」と言われて「自分のためです」と女が答える理由はここにある。
パートナーができて女が綺麗になる理由は「近所のお店に行きたい」からだったのだ。
お店の主人は「男の方向性が明確かどうか」「女たちがなんて言っているか」しか見ていない。
幸せにいちばん近い席 酒井法子。

女たちは「行きたい美容院に行きたい」からブログを書く。
男がサラリーマンとして成功するかどうかは歳をとって見ないとわからないが、スポーツ選手ならば若い時期に結果は出る。
女がなぜ「将来の見えないスポーツ選手と結婚するのか」というと「若い時期に好きな美容院に行ける」からなのだ。
「若いお母さんだね」と言われるのはどの女も夢見ている。
しかし、そのためには若い時期に男が大成できる職業がなければならない。
オフィス北野の社員が給料が良くて、所属タレントがアルバイトしている理由は「奥さんが好きな美容院に行けるんだからいいだろう」という女の事情があるのだ。
女は「派手」か「地味」かの二つの選択肢を迫られている。
スポーツ選手や芸能人と結婚して派手に生きるか、サラリーマンと結婚して地味に生きるかである。
お金の問題というよりは「好きなお店に行けるかどうか」という問題なのだ。
ジャック・デリダの「脱構築」とは「派手なサラリーマンの奥さんを作ろう」というムーブメントであった。
インターネットやブログなどもデリダがいなければ作られなかっただろう。
好きな美容院に行ける、それだけのために全米市民は全員が作家になったのだ。
言葉の起源が「じっと見つめる瞳」だとすれば、美の起源はプロスポーツにある。
プログを書く秘訣は「自信を持って投げ込む」ことだよ。
自信次第で行きたい美容院にも行けるようになるのだ。
「詩の解釈の力量が抜群だ」などはいいブログの方向性だけど日本では主流ではないね。
「心を知られる」という意味では詩の解釈をやるサラリーマンの奥さんがもっといてもいい。

「女は恋愛をしていると、私は仕事ができない。彼氏が子供に興味を持ってくれるのかな?家庭に縛られるのかな?と追い込まれていく」
中森明菜 禁区。

「男の立場としては、この女が俺の子孫を残すのか、と思い緊張する」
恋じゃなくなる日 Bz.

このような力量をサラリーマンの奥さんが身につければ「私は私よ!」と言って行きたい美容院に行けるとしたのが脱構築だった。
いろんなレベルの悪意があるために、発展段階によって住み心地のいい街、悪い街はあるだろうが、どの街が住みづらいかは実は学習さえしていれば分からなくなるものなのだ。
脱構築の時代にはみんなが「神」を探して回っている。
「信用できない奴」を山ほど見る機会があったからだろう。
学問で下痢をしたことがあるのは覚えているが、本当に住みづらい街があるのかどうかは思い出せない。
学習途上だったからね。
そりゃ、悪意のある女たちはいっぱいいたけれども、今から思えば人間として当然のリアクションだったのかなとしか思い出せない。
いろんな街でいろんな教会に行ったけど、適応能力が大事だった。
3世紀にマケドニアの大学に出るような連中の教義もあった。
街の地政学を知ることは神と関わるものだったよ。
街が重視している年齢層は確かに違いがあるね。
いずれにせよ、大学で外国語を学んでおかないと他に学ぶチャンスはほとんどないということは指摘していいだろう。
ポアンカレが「話す聞く」よりも「読む」ことを重視したことも指摘できる。
青いスタスィオン 河合その子。

「経験論」と「読んだ方がいい」という発想が交差したのはカントの登場の時だね。
それまでは、「あの歯医者や美容院はお引き取り願うらしい」ということを経験から学んでいたのだ。
しかし、カントは女性を美しくしたかったのだろう。
ヘーゲルは「イケメンのインテリならば何でも許される」と考えたし、イギリスは「英国紳士」を生み出していた。
すべて経験論だ。
しかし、イギリスの覇権は確実に斜陽を迎え、1956年にその地位をアメリカ合衆国に譲り渡している。
「女心は読まなければ分からない」のだ。
紳士であればなんでも通るという発想は限界を迎えていた。
オックスフォードがとうとう経験論を放棄したのだ。
女たちが「好きな美容院に行きたい、近所の歯医者に行きたい」という考えを持つ限り、なんらかの研究がイギリスでも必要だとされたのだ。
経験のまま丸腰で生きる奴はどの国にもいるよ。
しかし、アメリカ合衆国はフランスやドイツにシンパシーを感じていたのだ。
紳士であるのならば「女たちと話してみろ」と経験論は痛烈な指摘を受けた。
「お引き取り願う」という用語が当たり前のようにあったからだ。
この「行きたい美容院に行けない」という問題が文学になったのは20世紀の言論の自由の賜物だった。
人間の心の探求に学問が向かった以上、行きたい美容院に行けるかどうか、近所の歯医者に行けるかどうかという研究(現象学)に関心が向かうのは当然だったのではないだろうか。
現象学は「女たちの研究」だったから楽しかったのだ。
フッサールもこの問題を「学問の危機」と言って煽ったしね。
リゾナントブルー モーニング娘。

学問の三段階は「経験論」と「女心の探求」と「この問題をどうにかしなければいけないな」というものだ。
女たちが「行けないお店」を作り出している以上、現象学は当然のごとく登場したものなのだ。
理想と現実から解決法を学ぶものであるとも表現できる。
綺麗な格好をしたお姉さんは当然のようにいるのではない。
やりたいことをやる、というのは神話であり子供じみている。
すべての男は対等であるとは言い切れない学歴社会の現状があるのだ。
大人として「綺麗になる方法」を探求しなければならない女たちがいたのだ。
「どの女も射精を愛している」ということからこの問題と向き合うのであれば、詩の解釈をさせてみるしかない。
「世の中を変えたい」とは本来、このことを言っていたのではないだろうか。
「現象学」の登場によって、すべての学問が一斉に同じ方向を見たのだ。
この現象学のおかげで「高学歴男」が良いのかプロ野球選手が良いのかが分からなくなってきた。
テレビに出ただけでは割に合わない、ブログをやらなければならない理由が現代においてはあるのだ。
それは「恋」とも関わる発想だった。
本来、「勉強が得意だっただけ」の男が現象学によって大化けすることも分かった。
「言葉の考え方」を数学であるとしたのはカントであったが、言論の自由はこの計算能力を絶対的に支持した。
hiro delicious.

すべての人の「直感」に訴えかけ、すべての人が「真理である」とし、「これは歴史に残るだろう」と感じるのは食べ物ではなく「詩の解釈」なのではないかとも言われた。

【神・男の完全性を議論すると爽快感がある】
松田聖子 赤いスイートピー。

経験から語っているのではないんだよ。計算され尽くされた「英語」を読んでいるんだ。
日本語の計算能力も高まってきているのが現状だ。
JSミルは、英語を「利益を求める方向へ」とそのまま誘導した。
英語だけでなく数学にもこの計算能力を仕組んで勉強させたのだ。
「学歴社会」というのはこのような道のりをたどっている。
数学では「解を見つける喜び」さえ分かってもらえればよかった。
「心はオーガズムを感じるためにある」
これを悟る必要がある。
マスターベーションをする上では、記憶よりも「今見た風景」に案外、男女は頼っているのだ。
プロ野球は、このような「目の前の風景」を与えてくれるが、「学歴男」も大して変わらない影響力を持ち始めた。
女のオーガズムという観点からは大して変わらなくなったのだ。
「オーガズムの導く方向へ」とJSミルは言論の自由を導いたが、「言論弾圧」というものは確実にあった。
国の王子が率先してやってくれないとついて行くのが怖いとみんなが考えたのだ。
それが正解だという自信はあるのか?というのも案外、立場に頼ってみんなが判断していたからだ。
そうでなければ社会の序列のバランスが変わってしまう意味を持った。
これらの「言論の自由」がなければ学歴だけの男は入りたい店にも入れない。
果たして平成に言論の自由はあったのか?と疑いたくなるような権力者の言動が見られた。
男と女のララバイゲーム モーニング娘。

高学歴なのに病気になるとはどういうことだ?
情報にもっとも敏感な男が病気になるとは東京大学の恥とみなされた。
一方で、言論の自由の機能不全をも恥じていた。
高学歴の判事が援助交際することも恥とみなされた。
言論弾圧が存在したのに、高学歴男に罰を与えざるを得なかったのだ。
女たちは「私は男について知っている」という必要があったし、「男の子と女の子は同じ時期にマスターベーションを覚えている」ということを認める必要があった。
記憶に頼らない、今見たものをネタにする、自然に湧き上がってくるというのがデカルトが明らかにした内省というものだった。
「女心」とはこのようにして生まれたし、「好きなことにしか興味ない」というのもここから生まれている。
少女A 中森明菜。

男に「ついて」知らないと「神」を語る宗教サークルにも入れなかったし、女にも分かる話ならば男にも分かるという知識の世界も開かれなかった。
ハードカバーの本も本来は「女にも分かる」が話題になっていたのだ。
女性的であることと男性的であることが同じになった時に「知識」というものは得られた。
「要するに」と言って知識を整理するときは男も女性的になっている。
すべては「射精するときの男は女性的である」ということから知識の整理は始まっている。
これが「考える」ということの意味だったのだ。
プロ野球選手も、女の子と話すと「考え」がまとまり、その日のゲームの不確実性にも対応しやすくなる。
男はヘンタイプレイを行わないほうがいい。
かなり生産的な話し合いを女の子としやすくなるからだ。
少女時代 gee.

女は日常の出来事を語るのが得意だ。
これは女たちの「メシア信仰」が背景にあったのだろう。
「男を比べる」という発想も持っていた。
頭のいい男とは比べられることから生まれている。
プロ野球選手というのも比べられる宿命にあるし、すべて「行きたい美容院に行ける、近所の歯医者に行ける」という問題と同じ議論になった。
男が「若さをどのように用いたか」などを案外、奥様方は冷静に見ていた。
崖っぷちで恐怖のどん底にいる男も冷静に見ていたのだ。
あの男は時間が解決するわね、と思った時に「近所の歯医者にも行けなくしてやろう」と奥様方は考えた。
若さと可能性というものはそういうものだったし、時間が与えられた男に周囲ができることはそれだけだった。
どん底を乗り越えたら奥様方の態度はガラリと変わって追っかけみたいなこともした。
奥様方は「男が真実を目指しているのかどうか?」しか見ていなかった。
奥様方にとって「私」とは「世界に通用する」「優れている」ものでなければならなかった。
そこには「身分」など存在しなかったのだ。
しかし、追っかけをやるためには「実績は十分」と判断できるだけのものがなければならなかった。
「父と息子」の関係から「権力への意思」を持った男を周囲の奥様方は一定程度の実績を見ながらこのように見ていた。

【出来事だけを歌った曲】
ホワイトラビットからのメッセージ。


目標を持った男は「何かを突破するまで邪魔する」というのが女たちの考えだった。
哲学の世界は「周囲のすべてを敵にしないセックス」を目指し始めた。
道徳哲学の誕生だった。
道徳哲学がキス、胸、セックスのABCを区別した。
セックスで周囲のすべてを敵にしない、これが分かれば仲間づくりが分かる。
パートナーへの義務を果たすだけでどれだけ得をするだろうか?
これがフランスの問題意識だった。
略奪愛の方が安全だわ、と考える女たちにフランスは著作権法第1条で「周囲のすべてを敵にするようなセックスをするな」と記した。
アメリカ合衆国においてもUCLAのフランス寄りは広く知られている。
イギリスカトリックも考えは同じだった。
フランス文学はそのため「仲間ができるのは楽しい」という方向に発展している。
「男女に人気がある」方向に言論を発展させることに成功したという意味ではフランスは独特の憲法を持ったことになる。
「行きたい美容院に行ける、近所の歯医者に行ける」という現象学の観点からは当然だったであろう。
工藤静香 奇跡の肖像。

カントは「落とせない女などいない」という悟りの境地を探求したが、フランスはそれとは異なる言論フォーラムを作った。
しかし、特定の女性を大事にすることは「極めて前向きな考え方」(ボジティビズム)と呼ばれた。
男が浮気をする理由は「壊れていく妻が怖かった」などが理由だが、特定の女性を大事にすることは、そのことにも動じない男の力量を意味したからだ。
仲間が多いというのはもはやお金であって、すべてを敵にするセックスなんてバカげているという声が多数派だった。
「悟りっていったいなんだったのかな?」という境地を世界が共有するに至ったのだ。
ルソーも社会契約論で「永遠の愛を誓えるのか?」と強く迫った。
「悟りの否定」が行われてから、学問は危機に陥った。
仲間さえ多ければ行きたい美容院に行けるし、近所の歯医者に行ける、というのであれば、パートナーへの義務、愛妻弁当をブログで晒すことが正解なのであろうか?
学問は方向性を定めようと必死だった。
アメリカ合衆国では「どの女も同じ」という無知のヴェールをかぶせることにより、学問の発展を模索した。
口説き文句の発展を止めたくなかったのだ。
「学問は楽しい」ということを忘れたくなかったのだろうね。
カリフォルニア工科大学は、「もはや女を口説くのはプロジェクトである」と位置づけ、世界ランキング一位に躍り出た。
カリフォルニア工科大学では「無法地帯では詩の解釈をするしか治める方法はない」という決断を下していた。

【友達と恋人の境界線はセックスをしたかどうかだ】
グッバイフレンズ 三浦理恵子。

神は何を知っているのだろう?
それをカリフォルニア工科大学は解明しようとしたのだ。
女心は金になるではないか?という立場でもあった。
「なんでもやっていいよ」
カリフォルニアでは神がそう言っていた。
野球やサッカーなどのメジャースポーツは全米・全ヨーロッパに広まっていたし、「なんでも研究していい」というカリフォルニア工科大学はスポーツの聖地ともなっていた。
もう一度、ホッブスの「万人による万人への闘争」を思い出そうと考えたし、言論の自由を最大限に生かそうと考えたのだ。

【エロビデオを見て、女性が嫌がっているではないか?と考える政治的弱者に悩む女性がいる】
CoCo メロディー。

女たちはカリフォルニア工科大学の男に「この人、これでも奥さんがいるの」と笑っていたが、一流のスポーツビジネスマンであることを知らなかった。
「東大生」という言葉をまるで一流アスリートであるという意味に変えてしまうようなものだった。
英国紳士も、呆然とカリフォルニア工科大学を見ていたが、オックスフォードが経験論を捨てるのは時間の問題だった。
イギリス経験論などもはやどこにもないのだ。
愛妻弁当を撮影していた初期のヴィトゲンシュタインの面影は後期にはもはやなく「女たちの写真」ばかりになっていた。
美女が写真を公表するようになると美容院や歯医者の問題は簡単に解決することが分かった。
一方で、「彼女を口説こう」と考える男も出てきて、スポースビジネスは飛躍的に発展した。
「ただ、綺麗になりたかった」という若い女の子たちが大人を翻弄したという側面がある。
ラッセルは、この「言葉の計算能力」を子供の研究にまで引き下げている。

【女の子が神に失望するのは、レイプか女嫌いだけ】
CoCo 冬の微粒子。

スポーツビジネスに使えるのならば子供まで用いたのがラッセルだった。
これで、哲学が見ていないものはなくなったのではないか?とも言われた。
女の子に、強烈な男性らしさ(雪の結晶)をぶつけるのが原子爆弾だという研究にのちに発展している。
JSミル(ゴッドファーザー)は、言葉の計算能力を容赦なく子供にまで向けた。
「子供は行きたい床屋にも行けるし、近所の歯医者に行けるよね」という方向へと議論は進んだ。
大人は子供たちに「夢を持て」と語った。
これは「お母さんが子供のお弁当をブログで晒すことによりお母さんが綺麗になれる」という効果を持つのではないか?と言われた。
子供たちに夢を持てというアスリートは主婦層の支持を狙っていたのだ。
ラッセルも「美容院と歯医者」の問題は共有していたし、スポーツビジネスに関心があったのだ。
「大人の権威の中に見える驚き」に笑うのが子供であり、「フランス国王はハゲている」などと噂し合う子供たちがいたおかげで、お母さんが綺麗になれたのだ。
そんなの関係ねぇ。

「美容院と歯医者」の問題をスポーツビジネスに活用するために、最後にラッセルが向かったのは「子供たち」だった。
ママさんたちは綺麗になるために複雑な子供の問題と向き合った。
「経験で子供と向き合うことはできない。国が責任を持つ」というのが文部科学省の立場だ(国家教育権説)。
国民教育権説は、ママさんたちに有利なように聞こえるが「そんな子に育てた覚えはない」というようなことをママさんたちに押し付けるようなものなのだ。
子供は「親のために勉強している」という側面は否定できない。
「もう勉強やめる!」というようなわがままを言って親子ゲンカをしたりするのだ。
ママさんは、「親のために勉強している」ということを悟られないために「女の嘘」をつき続けるだろう。
ヴィトゲンシュタインは、現在のインスタグラムのような写真に「もっと写真の哲学的解釈を加えてもいいのではないか?」と考えていたようだ。
「詩の解釈」だけではなく「写真の解釈」をあくまでも哲学者として考えていたのだ。




お父さんに「未成熟な膣」にちんちんを挿入され、中学に入って、男子のうなじの毛がトラウマになり、「男と女ってどう違うんだろう?」と考え、アニメを見ることで「髪の長い女」になることを覚えた中川翔子。
【悔いを残した男の男らしさ】
【仲間づくりのための女の局部】
【終末思想への悪意】
中川翔子 Ray of light.

人間は「セックスに関する真実」を探求している。
写真の世界にも「キュレーターが必要」としたのはヴィトゲンシュタインだった。
版権を自分で握っているうちは写真は売れない。
キュレーター(評論家)がいなければ、美容院と歯医者の問題は写真からでは解決できない。
「性行為非公然性の原則」は私有財産である。
そのために「ブレイクする写真」は生まれないのだ。
写真を語るのならば「心」を語らなければならない。
メンタルピクチャーとは常にセックスのことを語っている。
名誉毀損なのかどうかは、人気投票をして見なければわからないが、誰も「売れる写真」を撮りたいとは思っていないのではないか?と思うことがある。
インスタグラムは、「評論されることを待っていて、お金の山なのではないだろうか?」と私は考えている。
名誉毀損にならないためには「淡々と哲学を語る」と言う姿勢が必要だ。
個人情報を経験だけで晒すキュレーターには悪意しかない。
言論の自由は「写真の登場」を大歓迎した。




無防守都市への無差別攻撃であるが、敗戦国としての立場上、賠償請求権は放棄する宿命にある。
「親に愛されていたのに殺された。悲しむ男女が大勢出るだろうな。殺すなら親や女たちに憎まれている兵士を殺してくれ」
【悔いを残した男の男らしさ】
【仲間づくりのための女の局部】
【終末思想への悪意】

写真の登場で、哲学産業が大盛り上がりしたのだ。
しかし、今までの「女の子と話してきた」伝統を大事にして欲しかったのだ。
特定の女性を大事にするポジティビズムは写真の評論には向いていない。
写真は「緑は緑」としか写らない経験論にもとづくものだ。
しかし、これも哲学と合流した。
フランス派とドイツ派に解釈が分かれることから始まっている。
人々が「哲学してんな」と感じるような明晰さをもって評論しなければならない。
一般論としては「悔いを残した男の男らしさ」が写真になっていることが多い。
また、「仲間づくりのための女の局部」であることも多いとされる。
男が「写真を撮りたくなる時」と言うものを考えるとこのような動機だろう。
しまいには、そもそも「命」というものが発明していなかった「死」を撮影し始めるだろう。
写真家ほど「死後も生き続けたい」と考える人種も珍しい。
自分の撮りたい写真を撮って「美容院や歯医者に行ける」かどうかは明らかではない。
しかし、「終末思想への悪意」をもって撮影しているのは共通認識にしておいていい。
ヴィトゲンシュタインは、これらのことを明らかにしたのちに哲学の世界を離れて戦場に向かった。
Duran Duran Rio.

話を「美容院と歯医者」の話に戻そう。
特定の女を大事にするフランスの立場が「子供たち」に関心を持つ方向に向かうのは当然であった。
ブログの「育児ママ部門」である。
そもそも「仕事として子育てをする」というのはイギリスの王室やハプスブルク家を起源としている。
これらの「育児ママ」たちは哲学の専門家であり、自分たちの問題を庶民に「トリクルダウン」させようという発想があった。
王室の男たちにとって「離婚」は破滅を意味したので、「大事にされる妻」は存分に育児ママとしての生活を満喫できた。
「皇室の美しい女性たち」という写真集は日本にもある。
庶民の女たちは「共感」することもあれば「私の方が正しい」と思うこともあった。
果たして「皇室特番の話題さえ共有すればママさんたちが綺麗になれる」かは分からないし、今後の課題であろうが、今はブログで自分が「王室の女」を演じることができる時代だ。
綺麗事ばかりの「育児ママ」は上位にはなれない。
「悩んだ時の肉声が非常に頭がいい」
これが育児ママ部門の上位になる秘訣だ。
哲学者が育てた娘たちが王室に嫁いでいたのだから当然であるとも言える。
丸腰の「育児ママブログ」がどれほどの悪意にさらされるかは想像に難くない。
他のママさんたちの悩みの答えの鍵が「鉄でできている」から王室の支持率は高い。
【娘にシカトされるのが教祖の仕事ですよ、と夫が言ってました】
ANAK息子。

大人までもが「タイムマシーンに乗ってこんなお母さんに育てられたかった」と思わせるような「育児ママ」がいちばん人気があった。
本当にうまい育児ママブログを書く女性は「行きたい美容院に行けるし、近所の歯医者にも行ける」ものだ。
しかし、「母は間違いを犯すのが当たり前である」ということを知らないと娘がブクブク太ってくるだろう。
このことと向き合わなければならないのが王室だった。
そのため「ママの小言」という具合に多様性を持った表現を用いなければならないことがある。
高橋由美子 わたし。

夫婦喧嘩は犬も食わないので、夫の言葉は「神」の言葉として表現する必要もあった。
それも「育児ママ」の力量というものだろうね。
「高学歴の女は綺麗になれる」と王室を見て女たちは語り合った。
だいたい「育児ママ」のブログの作り方はこんな感じであるが、実はこれが分かっただけでも「これを宣伝してください」という依頼がくるレベルなのだ。
特定の男をパートナーにしたのならば、もう「恋話」は聞けないな、という意見もあった。
また、子育ても「読んだだけのこと」ならば多くの人の共感を呼ぶが、「共感だけを狙う」という姿勢は批判された。
擬装結婚していても言えるようなことばかり言っていると「神・男の肉声」が聞こえなくなるとされたのだ。
「神・男の思考形態」まで知りたいと思われるのが育児ママ部門だった。
「どんな男に大事にされているのかしら?」という関心が寄せられたのだ。
「男って素晴らしいね」と言うのはもはや宗教だった。
子供の人生の進路を決めるような言葉を妻と夫は奪い合っている。
しかし、育児ママブログではそれも妻が握ることができた。
だが、これも「男の言葉」とした紹介する必要があり、「言語ゲーム」と呼ばれた。
この世界に「ママ友」は喜んで写真に写りに来た。
「男に大事にされている」というのはママたちにとってそれほど大事なことだったのだ。
王室支持率の高さはこれらのことが分かっていたからもたらされたのだ。
Wink 結婚しようね。

男の心に「真実」はなくても、女心には「真実」が見つかったのだ。
このことを男が「仕事」に生かすのは当然の流れだった。
当然、スポーツビジネスにも活用されるわけだ。
複雑すぎるとも言われるが、それでも「真実」が見つかった以上、学問が「女心の定義」に向かうことになった。
「常識を知って?」という女は、男に「女心の方が男よりも簡単だ」と言っているに等しい。
女と向き合わない「書斎人」に特に言いたかったのだろう。
女心に真実が見つかったことは、スポーツビジネスに「男女を問わず人気のある」サプライズを引き起こした。
これは金になると思ったスポーツビジネスの世界はギリシャ哲学まで遡って「総復習」を終えた。
その結果、「詩というのは女心から来た」ということも真理として確定している。
スポーツビジネスだけではなく、そもそも「男女を問わず人気のある」ものそのものが「女たちの支持を得た」ということが明確になった。
「私」という言葉は男女が使うが、「神」というのは男のことだった。
ここから「神に真理は存在しない」ということに気がつくべきだったのだろう。
キルケゴールはこのような「明確な」モデルを理解しない哲学者を歴史から抹殺して、のちの世代にいい先生だけを残した。

【女は快楽主義に浸っても、失うものはほとんどない】
中森明菜 2分の1の神話。

すぐれた「男」は、これらの学問体系を理解したのならば腐ってる場合ではなくなるだろう。
哲学とは仕事のデパートだったからだ。
また、哲学は「女の嘘」を相手にすることに決めたのだ。
女たちは「フランス国王はハゲだ」(そんなの関係ねぇ)というような笑いを求めていたし、スカートを履いた。
スカートを履くと「神の姿を真似していない」ことを意味したし、真実を持っていることを意味したため、行きたい美容院や近所の歯医者に行けたのだろう。
「女であることを愛している」というメッセージを出すことが大事だった。
スカートを履くだけでも、男たちの「政治」の対象になることを意味したし、ある意味「挑発的な服装である」と言えた。
色、音、形を想像させるためにこのようなことが語られたのだ。
女がスカートを履くと、まるで雨が降ったかのように男たちは同じ行動をとった。
夫に大事にされていて、夫のおかげで好きな美容院に行けて、近所の歯医者に行ける女はスカートは履かないだろう。
「女の嘘」というものは時には男の世界を狭めてしまうこともある。
「あの女と寝たという噂は本当ね」という女が、わざと男の世界を狭めている。
しかし、「男の勇敢さを讃える」という女の考えは男の世界を狭めてやろうという発想とぶつかり合っている。
「勇敢な男と」「寝た」という女の永遠の嘘は「彼は素敵な人ね」という意味だとしか思えない。
その男が今後生み出す「結果」とお金に興味があるのだろう。
ribbon 哀しい方の嘘。

「女の嘘」のおかげで世界が狭くなって絶望的になってはならない。
「言葉にする」だけで爆発的に世界が広まるのだ。
フレッジはこのことから「10万人の女と寝た」と豪語していた。
東大法学部は「男社会の用語」に満ちている。
それは「守り」の学問であって「攻撃力」がない。
「女と話した経験」が少なければスポーツビジネスには使えない。
国家統治のために「独自の言語」を発達させたのが東大法学部である。
しかし、女性芸能人を口説く力が東大生にあるであろうか?
このことはチョムスキーが指摘していた。
官僚用語と永田町用語を巧みに使い分けることを本ブログは目指している。
政治家は「女性たちに人気がある」という点で官僚とは異なるのだ。
ジャック・デリダの「脱構築」とは「派手なサラリーマンの奥さんを作ろう」というムーブメントであると同時に、「政治力のある官僚を生み出そう」というものでもあった。
女と話した「経験値」を高めるのが政治力である。

【略奪愛の方がヘンタイプレイをされないから安全ね。私は神の子だから】
Wink 愛が止まらない。

哲学の将来を語るのであれば「好きな美容院に行ける、近所の歯医者に行ける」という現象学と、「女の嘘」に関する分析哲学の二つの方向性が指摘できる。
女流作家が「これが面白い」と思うようなことを、より細かく研究していく必要がある。
なにしろ、女流文学は作家が「より綺麗になりたい」と思って書いているのだからね。
英語圏の強さと、その覇権の攻略をうかがうヨーロッパ大陸の関係も大事だし、アメリカ合衆国内部でも権力により近い東部の男性社会と、女たちとより多く話している西部の関係を見ていかなければならない。
どの国のどの地域でも言えることは「美しい女を眺める」ことが哲学の仕事だということだ。
「どんなブログを書いているのか?」「どのようなパートナーに恵まれているのか?」などを女の美しさから見ていかなければならない。
ただ指摘していいのが「今はキリストの庇護が強烈な時代だ」ということだろう。
覇権を争っている連中がみんなキリスト教(セックス政治)を信じているんだよ。
財務というのはそのようにやるものであると歴代大統領や将軍たちが信じているのだ。
これほどキリストが強いと、「プロレスでキリストが負ける」方向を世界が見てしまう可能性もあるね。
ふたつにひとつ 瀬能あづさ。

2018年4月 4日 (水)

じっと見つめる瞳。

女の仕事は「男をじっと見つめる」ことだ。
杏里 Sweet Emotion.

【神社では女は一種類になっていてね。ニャンニャンというメイドカフェが通説だね】

この時、彼女は男をじっと見つめた。
まるで「何か他に言葉は生み出せないのか?」を見ているようだった。
ソシュールは、男がメイドカフェの話をした時の女のリアクションを「言語の起源」としている。
本来、女の失恋ソングから言語は生み出されたが、ソシュールは、それらの言語を「女がじっと見つめる」ことによって男がどのように言葉を発展させるのかを見ているようだと考えた。
言語は本来「女言葉」(デレ)である。
しかし、女が男を「じっと見つめる」ことから男言葉(デディクト)というものは生まれた。
マリオネットの涙。

スポーツの技術論は常に「女言葉」で伝わっている。
「ピッチャーがリリースするまでテイクバック以外にすることがない」
「リリースした瞬間のボールのスピンを見ろ」
「前の目を閉じても後ろの目で投手を捉えているかを確認しろ」
など、いかに女言葉を充実させるかが問われる世界だ。
女言葉は詩であって、男もコンパクトに頭に叩き込むのに都合がいい。
セックス目当てで女に技術論を教えたときに覚えた言葉がいちばん男にとっても有効なのだ。
野球理論大全。

私たちの失恋ソングは、男社会でどのように用いられているの?
そのことをじっと見つめていたのだ。
さて、言葉の起源は「女の失恋ソング」にあるが、言葉は決して「女たちだけのもの」ではない。
これを「記号論」と呼ぶ。
男が「女言葉をものにする」だけで、どれほど女たちは興奮するであろうか?
あるいは、男がどれほど「ボールが止まって見える」であろうか?
スローモーション 中森明菜。

男と女は歯の数が違うし、唇の形も異なる。
しかし、女たちの失恋ソングは確実に男たちのものとなっているのだ。
メソポタミアは言語の発祥の地だ。
そこまで遡って研究した結果、ベースボールテキストは作られたし、他にもいいテキストは作られていった。
スポーツ大国アメリカの理論。

バビロニアで作られたアルファベットによってできたスポーツは当然、理論も50音に翻訳しなければならない。
ここに、スポーツ理論の翻訳が日本を席巻する理由がある。
だいたい、ゼロの発見(ゲームセット)があってから、スポーツ理論を作り上げたのはチョムスキーだとされている。
テープレコーダーを担いで、「理論のセールスマン」の話を聞いてから、女たちに話してみたのだ。
英語はスポーツを押さえることで覇権を目指した。
英語媒体を好む学者はみんなチョムスキー信者だとも言える。
ウェストファリア体制以降の英語はこのようにして虎視眈々と覇権を待っていた。
「誰よりも、どの国よりも、女たちに話した」という自信があったのだ。
神聖ローマ帝国を滅ぼすためにスポーツ理論は発展していた。
神聖ローマ帝国攻略を経験していない日本語の理論はどうなのだろうか?
チョムスキー信者はみんな英語の素直さを肌で感じていた。
日本国はかつて「中華帝国攻略」を楽しんだだろう。
英語による神聖ローマ帝国攻略を真似したんだよ。
どの言語も神聖ローマ帝国を倒すことを悲願としていたが、それを成功させたのは英語だ。
理論の正確性は、「女たちにどれほど多く語ったか」という勝負だということを悟っていたのだろう。
9世紀にカール大帝が作り上げた「スポーツの王朝」はこのようにして滅亡し、日本にも影響を与えた。
カール大帝は、「競技人口の多い地域」を旅する機会が多く、そこにローマ帝国復活の夢を見たのだろう。
「俺の旅の歴史に勝てるか?」
そのような勝負を仕掛けていた。
ヨーロッパの街は、その街の規模を大きくするために「王の息子に何を教えることができるのか?」という文書を提出してきた。
ドイツのアングロサクソンやユダヤ、ノルマンがイギリスを侵略したが、イギリスは確実に英語というものを磨き上げてきた。
神聖ローマ帝国のラテン語に勝てる力を身につけるのに500年以上かかった。
フランスもイギリスを侵略しようとしたので、イギリスの強度は極めて高くなった。
「英語は素直な言語だ」という印象を私も受けたが、その「誤魔化しのなさ」は大陸や北欧からの侵略が原因であり、イギリスのケルト人(セルティクス)が磨き上げたものだ。
高校でアメリカに行くとその進度の遅さにビックリする。
しかし、確実にアメリカ人の方が伸びるのだ。
小学生の時にはホメーロスの詩を勉強し、戦争のやり方を教わるだけであり、初等教育は受験など想定していない。
しかし、高校大学と確実に彼らの学習の速度は上がって行く。
それが、神聖ローマ帝国を滅ぼした理由でもある。
大学でも高い授業料をとるが、それ以上に金になる学問を教えている。
この「英語のスポーツ理論を日本語に翻訳する」以外にアスリートとしての夢が見れない現実は日本人のトップアスリートほど理解しているし、作家としての私も理解している。
思い切りアメリカン 杏里。

本ブログにおいては「女心の定義」(政治)も英語の翻訳によって行ってきた。
野球を見た後に「お兄さん、真剣勝負を見た感想はどう?」と言って球場の周りをうろついている男に声をかけるプロの野球ファン女の存在も指摘した。
女が英語の言語からなるスポーツの感想を、アメリカの導きのまま聞きたがるのも当然であった。
女には「野球理論」は分からないのだ。
ボールの投げ方も知らない女たちが野球を見にきているのだからね。
イギリスの覇権は200年で終わった。アメリカは1956年のスエズ動乱以降200年は覇権が続くだろう。
【アメリカの恋愛論で口説いてごらん?】
夜は長いのよ?
そのために女は男をじっと見つめた。
BBCやボイス・オブ・ロンドンはクォリティコンテンツと呼ばれた。
真剣勝負をいかに正確に、しかも飾らずに伝えるかを心がけていたのだ。
真剣勝負を正確に伝える、それが男女の深い愛につながることを知っていたから勝っても負けてもひたすら冷静に戦いを報じた。
そこには日本のスポーツ新聞のような「ドラマ」はなかったし、そうでなければ業界通とは言えなかった。
女性問題を抱えている選手は結果が出せない。
1492年にコロンブスはアメリカ大陸を発見した。
そこには「金の山」とインディアンがいた。
今、世界ランキング上位を独占しているのはアメリカの大学ではないか?
英語を「最も優れた言語」とするためには充分すぎる大陸だった。
フランスもトスカナもアメリカ大陸は見ていたが、ここでも神聖ローマ帝国を滅亡させた英語が大陸を支配するのを見ただけだった。
これはBBCやボイス・オブ・ロンドンの勝利であり、アメリカにメジャースポーツが根付く理由となった。
【本場の口説き文句で口説いてごらん?】
愛の倫理社会 おニャン子クラブ。

子供は4歳5歳6歳になったら言葉を作り始めるし、アフリカには2000の言語があり平和を維持しようとしている。
日本語や英語といったメジャーな言語を正確に学習することは非常にパワフルな力を身につけることを意味する。
600万年前には言語はなかった。つまり、人間に「心」がなかったのだ。
馬と兵士と武器が生まれて、「戦利品」のコレクションが行われた時に「言葉」というものは生まれた。
プラトンはそれをギリシャに持ち帰り、詩を作ったし、JSミルは言論の自由を作った。
戦利品が化学反応を起こして言葉が発達したのだ。
その化学反応というものが女の子の「じっと見つめる瞳」から引き起こされている。
本当に必要な「財産」の言語化が始まったのは実に1920年代になってからだとされ、それ以前はプロスポーツも本当に発展することはなかったのだ。
団結の方法が変わったからだろう。
女の子に見つめられなければハードカバーの本が読めない理由も言葉の起源に遡らなければならない。
化学反応をうまく利用しなければ何事も上達しないのだ。
歴史上の哲学者も1920年代以降に「弟子たち」が大幅に加筆している。
アボガドじゃねーし。








「議論する理由」がなければ女心に「爆発」は起きない。
男が女を「よく見る」ことから議論は始まる。
話はコンパクトに「激しさと集中」をもって話すのだ。
男のおしゃべりは良くない。
その空間の「見えない真理」を見つけ出す作業だよ。
私は「女の子と話さなければ世の中の何もわからない」と言ったヒュームを支持し続けてきたが、ヒュームも芸術を愛していた。
それでいて、ヒュームは真剣勝負を愛していた。
芸術によっていろんな女の子の心を学び、真剣勝負に利用したのだ。
女心を愛するということは木や山や宇宙を愛することでもあった。
話すということそのものがお互いのボールの衝突であり、方向を変えるので「セックスの可能性」がなければ相手は怒るだけだろうとヒュームは考えていた。
歴史を作った男たちはこのことを理解していた。
男社会は暴力に満ちていたのだ。
女の子を見て「議論する理由」が見つかったら、「物事の考え方」を示さなければならない。
考え方はひたすら「激しく」「男女に人気のある」ことを心がけなければならない。
親父に潰されかけた息子でなければ分からないことが多い。
セックスの可能性と子供が生まれる可能性がなければぶつかって喧嘩になるだけだ。
自称「軍師」というのは「天国や理想」を描くのが上手いだけであり、女と話した場数が少ないとすぐに「話が違う」ということになり、女の子との間にある真実は全く見えていない。
真実が見えないから「天国や理想」を語るのだろう。
ナンバーワン型は女とよく話し、右腕型は女を苦手としている。
集めたお金がどこを目指すべきかは右腕が示すのだ。
恋のジャンクション。

男は女の子の前では「生きたマンガ」のように振る舞う必要がある。
ガリレオは女子部屋を覗くための望遠鏡を作ったし、ケプラーは女の子の取り巻きの行動分析をした。
ロバート・フックは労働者であり、機械いじりが好きだったが、ガタリは精神科医だった。
いろんな男が「生きたマンガ」であったし、王室サイエンスは太陽のように輝いていなければならなかった。
野球は男同士でぶつかり合うものだ。お互いにセックスの可能性などない。
しかし、王室サイエンスはそうではない。女たちの太陽なのだ。
親父との「激しい戦い」の何が違ったのかを女たちは見ていた。
王室はとにかく「親父たち」がひどかったからだ。
激しい戦いを雄弁に物語っている老成した顔も女たちに愛された。
王位継承においては「なんでお前が生きているんだ?」というようなことが公然と語られたからだろう。
男も動物ではありたくなかったから「女心」を愛したのだ。
この経験をしなければ法律家(男らしい男)とは言えなかったであろう。
カスティリャ朝などもあったかもしれないが、英国王室が一番優秀だったよ。
実際に殺されかけたこともあったからユニークな男になったのだろう。
周囲の嫉妬深い男たちが「実験!実験!」と言って虐待めいたことをしてきたので「バカか?実験というのはこうやるんだよ」と言って読んだ文献を女たちに話した。
化学と呼ばれた。
Fantasyが始まる。

どうやって数学を覚えた?女子たちに囲まれて覚えただろう。
他の男にこの正解を取られるな!と言って女を奪い合う行為だ。
野球の「美女の奪い合い」男同士のぶつかり合いはもっと酷い。
八百長や連覇なんてとても無理なんだ。
すべては、女の子が男を「じっと見つめる」ことから始まっている。
あとは男のエネルギー次第だね。
「面白い」「クリエイティブ」な振る舞いはすべて王位継承から生まれている。
ロバート・フックは機械いじりが好きな労働者として、重さが二倍になればバネの伸びも二倍になるということなどを明らかにしたために王室サイエンスのメンバーとされたが、公務は受け身のものではない。
「面白い」「クリエイティブ」なものなのだ。
核兵器すら「男女のぶつかり合い」を爆発の原理として採用し、キノコ雲はその範囲を示した。
「なんでお前が生きているんだ?」と言われた男のポテンシャルの表現が核兵器であり、強度な「男性らしさ」を女たちにぶつけるものだと表現するとわかりやすい。
Complex1990.

コーヒーやスポーツドリンクばかり飲みすぎて、耳の鼓膜が破れたと思っていないか?
酸性の飲み物を飲めば耳は治る。
「違うコンビネーション」を飲むだけでも耳に「爆発」という名の自然治癒が起きる。
女の局部へのしびれを与えるのが核兵器であるのならば「純粋な男らしさ」を炸裂させるだけでいい。
その研究をアインシュタインは行ったのだ。
固体の水(雪や氷)は男性であり、女性は「爆発」を引き起こす。
アインシュタインは、あくまでも「男と女のこすりあい」(相対性理論)をとことんまで追求して核兵器を作っている。
それはロックコンサートの会場と原理は同じだった。
雪は氷と異なり、六角形の結晶の状態を維持している。
冬の微粒子。

アメリカ合衆国においては、東部の寒さ、西部の暖かさ、西北部の高気圧がぶつかり合って、南東部にハリケーンや竜巻を引き起こしている。
これも「爆発」であると言える。
どの地域でどの「太陽」を燃料にするのか?を心がければいい。
アメリカ合衆国全体を見渡していると「男と女が引き起こす爆発」の意味がよく分かるんだ。
原爆に興味を持つ「繁栄教」も実は「激しさを持った男」と「甘やかされて育った女」のカップルの探求を志向している。
「東大生ならば誰だって乗せる女」はこのことを楽しんでいるわけだ。
太陽からの授かりものとは「卵」だろう。
あとはボイルの言うとおりに卵に熱を加えて「濃縮」させていくだけなのだ。
男らしさを語り合った男の前でだけレンジにかけた卵が爆発するのはもはや宗教だね。
おそらく「その男のまわりに人々が集まるであろう」から卵は爆発しているんだろう。
雨のニューオリンズ。

雪の結晶は極めて男らしいが、濃縮できないだろう。
しかし、タバコを吸うと「速度が増す」ことを知るべきだ。
ガウスやリーマンは「坂道の傾斜では速度が違う」ということを微分としたが、アインシュタインは太陽の周りにも「傾斜」があることを証明してスーパースターになっている。
光の屈折というよりも「太陽の恵み」を証明したのだ。
「なんでお前が生きているんだ?」と言われた王室の太陽は国の恵みである。
空間を変える力を持っているんだよ。
ポアンカレは、傾斜の加速をぐるぐる回転させるイメージでダイナマイトを作った。
小麦粉をぐるぐるとスイングさせたんだよ。
黒光りするほど小麦粉を振るんだ。女の子に見つめられるとはそのような意味だ。
水素と酸素以外はみんな「女」だと言っただろう。どんな化学物質を用いるかまではわからないよ。
ハロゲンみたいなヤリマンよりもトルエンのような身持ちの堅い女の方が「じっと見つめられたい瞳」なのかもしれないね。
すべての男が「女に見つめられてやる気を出す」のがダイナマイトだ。
コロンブスがアメリカ大陸を発見してから、ペンキの塗り方から楽器の弾き方まで多くの「爆発」が起きた。
すべては「じっと見つめる瞳」のようなものが大陸全体で存在したからだ。
苦労した男をあまやかされて育った女の子が見つめる、それが爆発の基本なのだ。
「女心を語れる男がいる」このことからフリーメイソンのようなコミュニティが多くできたのだ。
カント以降であろうか。
社会と接点のない人などいない。友達の友達はみな友達だ。
坂道の傾斜には「最も加速するポイント」がある。
そこにいるのならばどの男とも話をするけれど「どのような思考形態で」そこに立ったのかを聞くために見つめたのであり、分かってないなと思ったらバイバイするのが女の子というものだ。
ローラースケートをはいた猫。

20万人ぐらいの「街」が出来上がるし、居住や移転の自由もある。
すべては「じっと見つめる瞳」から生まれている。
20世紀に入って、女の子が日経平均株価でからだを売ることを容認してカリスマになるリーダーが出てきた。
オサマ・ビン・ラディンやカストロなど、それで支持を集めてきたのならば「後継者がいない」という問題と直面する。
学問が発達していないと生まれない発想だからだ。
綺麗事を言っているうちは指導者にはなれないだろう。
チャールズ皇太子のような「肉声のない」王族はなかなか周囲も後継者としては認めないのだ。
カネ集めが下手で、権力闘争も知らない、それが後継問題である。
この時に、後継問題はいったん「官僚」に委ねられる。伝統的支配だ。
伝統的支配のもとでは「災害報道」などにすら後継者は翻弄されるだろう。
「市民の恋愛論は自分が握っている」という正統性を指導者が見失うだけでこれほどまでに指導者は自信を失うのだ。
メデイアや官僚たちは喜んで「災害」をでっち上げた。
王朝が交代するたびに職場を失うものは、その地位を失わないために暴力まで使った(スポイルズシステム)。
そのために1982年にこのシステムは廃止されている。
政権が変わるたびにオフィスが総入れ替えになるというのはアメリカ合衆国の昔の話だ。
伝統的支配のもとで「台風カモン!」と言っていた連中の暴力は目に余った。
そのために、いい学校を出て、女たちの支持を集めたカリスマがまた登場することになった。
指導体制の混乱が起きるためにスポイルズシステムは廃止されたのだ。
「なんでお前が生きているんだ?」と言われた王子がどんな化け物になるかが分かってきたのだ。
代々、つづく官僚一家ほど「代替わりと権力」に詳しい。
すべて「コミュニティ単位」で暮らしているから、このような「お上」の自信のあり方が異なってくるのだ。
発言や性格はもはや修正は効かない。
「じっと見つめる瞳」は王朝のあり方をも変えていた。
気まぐれプリンセス モーニング娘。

19のファイバーから構成される官僚組織のどこと親しいかは重要な問題だ。
災害に大騒ぎする連中か、もっと柔らかい連中なのかはしっかりと見極めないといけないし、王朝のあり方次第で辛酸を舐めるファイバーもあるからだ。
市民の災害で、君主を翻弄してやろうと考える役所は確実に存在する。
どの役所も「お金を使いたい」のだ。
「組織にも色々な人間がいる?」それはそうだがコミュニティというのはかなり確信を持って王朝との接し方を考えている。
「いろんな人間」もその場に収まれば先例踏襲だよ。
カリスマ的リーダーの存在は、女の子たちは喜ぶかもしれないけど、辛酸を舐める役所を作ったら社会の変革に適応できないのではないか?とも言われる。
私は深くは考えたことはないが、カリスマ的リーダーは商人でもある。
たしかに「こんな下ネタに付き合ってられるか!」と言って仕事を放り出したくなる連中はいる。
しかし、カントやヒュームを否定してもらいたくないのだ。
19のファイバーの中にはカントやヒュームすら容認できない連中はいる。
人間が集まった理由をどう説明するのか?しかも男女に人気のある説明が求められる。
組織と付き合う上では、あまり人間の個性や階級にとらわれないほうがいい。
階級というものは「上の人は何月何日に来ると言ったら来る」程度の社会的意味しか持たない。
いつでも電話に出てくれる人は確実にいるだろう?
約束を破った時の「罰」も違うのかもしれないけどね。
コミュニティに属していたら大都会には出れないとは思わない方がいい。
大都会ではアイデンティティを失うだけなのだから。
レベッカ ボトムライン。

17世紀から18世紀にかけて、女たちによる「社会的セックス」運動、つまり偶像崇拝ムーブメントが起きただろう?
このアイドル崇拝は、教育がない女でも各省庁を横断することができることを示した。
二つの組織を動かすことは40人の人間を動かすことだ。
しかし、アイドル崇拝がフィデル・カストロを生み出した。
なぜならば、パーソナルディテールを知られていたからだ。
都道府県警察は、別の県警と直面したら「別の組織の強さ」を見始めて喧嘩を始めるだろう。
しかし、パーソナルディテールを知られた大統領の下にあるFBIは、偶像崇拝のおかげで仕事ができるのだ。
マルクス主義は、5カ年計画において「女心の定義」を複雑に行った。
日本でも、歌謡曲が作られ、首相の演説において「計画」という言葉が多用されている。
ゼネラルモーターズなどの巨大組織においては、リーダーの肉声は5年で消えてなくなる(腐敗)。
しかし、イタリアの車はいろんな街でそれぞれの部品を作っている。
その分、イタリアではデザインのコンペが頻繁に行われているが、アメリカにおいてはMITなども常に新しい「女心の定義」を模索し続けている。
グーグルやスカイプなどの大企業が零細企業を傘下に収める理由は「新鮮な略奪愛」を女たちに認めているところにある。
巨大組織では男同士の競争がフェアなものになりやすいんだよ。
愛が止まらない Wink.

巨大組織ではコンテナを使うだろう。あれも社内の「女心の定義」(政治・企画立案・財務)があるからできるんだ。
中小企業では財務が難しい。
シリコンバレーのアップルなどの大企業のクリエイエィブさも政治や財務がうまくいくから生まれるんだ。
アップル社が本当に「財務」の意味を学習したのは1985年から1987年にかけてだろう。
歌謡曲と哲学の掛け合わせ方が分かったんだよ。
男女にシリコンバレーという職場に出てきてもらうことが大事だったし、皆がガレージで仕事をしているうちは発展しなかったんだ。
ふたつにひとつ 瀬能あづさ。

フランスとドイツは400年間も「処女非処女論争」をやって疲れ果てたよ。
二つの大戦ではアメリカ合衆国や日本も巻き込んだ。
国というものはかなり全体主義的に財務を行うが、アメリカ合衆国においては州があり州都がある。
小さな街から州都の大学に出る若者もいる。
いろんな街があるが「キリスト教」でつながれている。
さまざまな街が記憶を持っている。
バプティスト系もあれば、そもそもが大規模な街であることもある。
いろんな街が「ヨーロッパの国のアイデンティティ」を参考にかつて「王のような人」が作ったものだ。
街の繁栄が「男次第」だったのは事実だ。
銀が女たちを喜ばせることも分かっていたので街ごとに交流を持った。
14世紀のジェノアの財務は銀を念頭に置いていた。
男がどれほど銀を集めるかが中世ヨーロッパの財務だったのだ。
それぞれのヨーロッパ都市は銀の蓄積によってウェストファリア体制を待った。
17世紀にはヨーロッパ各都市は、銀によって中国や日本、インド、フィリピン、ニューヨークとつながっていたのだ。
デカルト以前(処女の発見以前)はシルバーリング目当てで哲学は研究されていたことになる。
シルバーリングに口づけを。

30年戦争ののちウェストファリア条約で初めて「法的文書」が作られ、国家が分かれた。
その国の哲学者がどれほど財務の才能に優れていたかで戦争を終わらせることを国際社会が学んだのもこの時だ。
今でもアメリカではFRBの力量がリビア、イラク、アフガニスタンでの戦争の終わらせ方を考えている。
中央銀行の財務能力が領土を決めることが分かったのだ。
国境を閉じている以上、それぞれの国がアイデンティティを持っていた。
中国やイスラムで作られた印刷機がヨーロッパに入ってきたこともウェストファリア体制を支えた。
どの国も「男によってのみ成り立つ」国ではなかった。
聖母マリア(女性アイドル)を必要としたのだ。
しかし、リーマンショックのように「一人の女の純潔」に頼りすぎることの危険性を感じたこともあった。
リゾナントブルー モーニング娘。

マルクスは女を買う値段(日経平均株価)は常に「買い叩かれている」としている。
また、女の局部を「機械によって作り出すことは無理だった」としているのだ。
どんな機械でも無理だったために、「これで男は仕事ができる」と思った。
資本主義の「奥義」はまさにここに存在するのだ。
「女の局部を作り出す」
これほど儲かる機械があるだろうか?しかし、無理だった。
マルクスはこのことから「巨人」となった。
「学歴社会」がこの時に誕生したのだ。
むしろ女性の局部を攻めるウェポンが発達した。
人工知能が最終的に何を目指しているのかは明確であるが、マルクス主義は「ウェポン」の発達を笑って見ていたのだ。
アイボ。

「セックスとは男をコミュニティから離さないためにやる」ものであるが「本能の発露」と言っても間違いではない。
洋服や、温かさ、音、匂いなどを「すべての記憶を忘れて」感じるものだからだ。
あまやかされて育った女が「男の激しさ」を感じるものだ。
父と息子の関係に耐えた男には激しさがある。
この時だけは女は「人類の祖先」となっている。
男同士はボールが激突して反発しあうだけだが、男女の場合はボールがおもちゃにぶつかっておもちゃが壊れるのだ。
女たちに「どのウェポンが一番素晴らしかったか?」と聞いても「男の繰り返すリズムだった」と答えた。
マラソンや箱根駅伝の視聴率も良かった。
perfume ポリリズム。
おちんちんがなくて鬱になるというのは核家族化が進んでから見られた現象だ。
鬱になるからわざとコンパニオンなどをやってナルシシズムに浸った。
女であることへの侮辱などないということを感じたかったのだ。
侮辱はいつしか「セクシャルハラスメント」へと形を変えた。
しかし、セクシャルハラスメントも女にとっては「ロウソクを垂らされる」ようなナルシシズムになっていた。
セックスには「生きるか死ぬか」という相手選びと、よりロマンティックな相手選びの二つがある。
生きるか死ぬかというセックスの相手選びは「私が一生わからない知識を持っている男」と行うが、ロマンティックなセックスは「どのように?」という方法が知りたくて行う。
「例の方法」を覚えるのはロマンティックなものだった。
「じっと見つめる瞳」はよりロマンティックで哲学的なものを見ている。
哲学の考え方には「自転車に乗るコツ」のようなものがあった。
一流の真似をしていれば分かるようになるのが哲学だった。
どの「デキる女」も研修などで先生をじっと見つめている。
哲学はよりロマンティックさを志向したが、「私が一生分からない知識を持っている男」との生きるか死ぬかのセックスも気持ちが良かった。
しかし、なぜこの指摘を行ったかというと「生きるか死ぬか」「私が一生わからない知識を持っている男」(たとえば外国人)とのセックスを行っても気持ちいいだろうが「哲学が育たない」ということを語りたいからだ。
二つの方向から「気持ちいいセックス」へのアプローチがなされたのであり、日本人でロマンティックでない男は外国人男とセックスする女を罵倒することしかできない。
しかし、ロマンティックな哲学からのアプローチを学ぶ才能を日本人男は存分に持っていることになる。
愛してジャスティス ribbon.

哲学、そして日本人男のあり方は20年も経てばガラリと変わる。
時間が与えられているのだ。
どのように「正確な言語」を話せるようになるかは、ちんちんにかかっている。
デカいちんちんを持っていたら「暗号」を話し始めるだろう。
ソクラテスも、カントもヘーゲルも時代に応じて「正確な言語」を生み出した。
知性も「どこの大学から来た?」という話題もあるし、一方でコネクショニズムと呼ばれる「コネ作り」のためだけに大学に行く人もいる。
ちんちんのサイズで自覚しなければならないだろう。
「抱かれたい」と思ったらちんちんのサイズなんて関係なく「じっと見つめる」のが女の子というものだ。
ギルバート・ライルは黒人の巨大なちんちんを見てこのように論点を整理した。

2018年3月31日 (土)

私の顔。

女は日常生活においては「お澄まし」した顔をしている。
その時の顔で、男から話を聞き、男に長話をし、この人は素敵ね、と思ったりする。
私の顔 タンポポ。

仕事もこの時に行うのであり、女があえぐ表情をした時に仕事は終わる。
女があえぐ表情をすることは女への侮辱ではない。
しかし、日経平均株価が確定するだろう。
この表情をさせるためにどのくらいのエネルギーを用いたのかが日経平均株価であり、ペニス増大法のようにヘトヘトになる作業であっても、口説き文句を学ぶために疲れ果てても株価が上がるという意味では同じことである。
図書館では「悶々」とするだろう。
知性の蓄積が図書館にはある。
しかし、どれほど図書館を磨き上げるかは作家の仕事であり、日経平均株価を上げる力量も作家次第である。
ロマンスは偶然の仕業。

社会の安定は「図書館の本」からもたらされているのであり、女たちは図書館で悶々としている。
図書館でお澄まし顔をしている女の子の表情を「あえぐ顔」に変えるのは簡単なのだ。
喫茶店やマクドナルドに誘ってみよう。
図書館内での破廉恥はご法度だ。
知性に憧れて女の子は図書館にいたのだ。喫茶店やマクドナルドでも知的な話をしよう。
世界の広さは男の方がよく理解している。
どの女にもパートナーはいるという基本を踏まえながらも、フランスはともかく、イギリスやドイツでは図書館が発達した。
図書館帰りの喫茶店などはしっかり確保しておこう。
図書館の目的は「お澄まし顔」の女の子をあえがせるというところにあるのだ。
【結局、図書館には何があったの?】
何もないようでいて、いろんな本が「女心の定義」をしている。
喫茶店で女心の定義(政治)を行うのだ。
「いろんな本がありますね。貴女が知りたいことはなんですか?」
絶対解ける問題。

「ヘーゲルって知ってる?女性の表情の研究をした人なんですよ」
毎日毎日、懲りもせずに図書館に通う年寄りほど図書館のこのような楽しみを理解していた。
女子高生すら話を聞きに来た。
図書館の知性さえ用いれば、携帯電話の番号に女の子の名前がずらりと並ぶだろう。
「百科事典のような男」にしかできない図書館活用法なのだ。
「俺、東大法学部」というだけでも税金は高いだろう。
図書館には「人間のセックスの歴史」しか記されていないことも女子高生は知らなかった。
仕事に関する本、勉強に関する本、口説き文句に関する本の三種類があるが、すべてが「セックスの歴史」だということを知る必要がある。
本を読むのは仕事であった。
知性に憧れる女の子とセックスすることができたのだ。
男は「読んだこと」を女の子にベッドで話しているだけだった。
キルケゴールが「読むべき本」を示し、カントが作りたかったバベルの塔をヘーゲルは「図書館」という形で普及させた。
バビル2世。

だいたいの「物事の考え方」が分かるようになったら、あとはいろんな応用を効かせて女の子に話すだけだった。
ヘンタイプレイさえしなければ、女の子は知識を教えてくれる男目当てに図書館に行っているようなものだったのだ。
男が読んで、女に話す、それは日経平均株価の値段が儲かる図書館の仕組みであったし、男女に人気があった。
「世界の中の私」を知るためには図書館には外国語の本がなければならない。
本ばかり読んでいると従姉妹や妹しか女はいなくなる。適度に女の子に話しながら読書をした方がいい。
図書館通いする女の子は成績が良かった。
いい「先生」をゲットしたのだろう。
先生にサービスするだけで良かったのだ。
ちんちんを入れてくれない男の言うことを聞く気にもなれなかった。
「世界の中の私」さえわかればどの科目も成績は上がった。
「考え方」をシンプルに伝えることが大事だね。
そもそも「教えたいこと」があったから声をかけたのだろう。
勉強の歌 森高千里。

男女ともに「動物」になったあとは、男社会の用語を女言葉に直すのも簡単だった。
「世界は今、こんなことを考えている」
それが分かればいいのだ。
女の子はセックスをして初めて「譲れないもの」ができる。
男の子はセックスをしないうちは「なんでも譲ってもらえる」と思っている。
東大生もセックスをして初めて周囲の怒りの研究を始めたりするものだ。
「なんでもやっていいわけではないのね」
女の子は人生の道を歩み始めるのだ。
「先生のために生きようと決めたの」
磁力が引き付け合うように男女は距離を縮めるだろう。
「俺みたいな先生がいても彼女は友達ができるのかな?」という研究から行った。
しかし、女の子たちも「東大生彼氏」と呼んで憧れていたようだ。
友達が認めてくれるのならば、勉強するのが正解かな?と女の子は思った。
セックスをすることにより、学問の答えが見えたし、勉強にも忠実になった。
女子高生のスピリチュアルライフはこの時に始まっている。
スピリチュアルな生活があり、勉強があり、動物としての生活があることがわかった。
すべての調和が取れる生活は、男子にはなかっただろう。
男を「悪である」とは言えない側面を知っていたのはこのような女の子であった。
このような「東大生彼氏の作り方」は、週末に教会に通うキルケゴールの考えに反したし、相手選びがかなり直感に頼っているという意味では祖先崇拝のないものであった。
アメリカ型個人主義とも言えるものであり、生涯を「聖書を祖先」としなければ健康が維持できないものだったのだ。
女子高生の主張 松浦亜弥。

聖書の読み方「ナオビノミタマ」。

学校の外でのコネクションはそのようにして作るのだ。
男の方が「読書に強い」ということを理解しなければならないし、女の子は自分の心を知りたがっていた。
あくまでも「知的な」出会いだったのだ。
女子高生は「女心の定義」(政治)さえ教えてもらえれば、教科書なんて自分で読めるものだ。
男に弄ばれて「全力で潰してやろう」と女の子が考えたり、人生が絶好調の東大生の「人生を邪魔してやろう」などという女心さえしっかりと整っていれば成績は上がる。
出会いの場を与えてくれた教会(神社仏閣)は二人で大事にした。
勉強の「孤独感」からも解放されたのは大きかった。
ヘンタイの存在が明らかになったおかげで1999年には教会(神社仏閣)にノーマルな男女の「すべて」が出揃っていたのだ。
ロマンスかくれんぼ。

東大に入って「従姉妹しか女の子がいない」ということはちょっと想定できない。
自分の学業はあるだろうが、彼女がいなければすぐにガス欠を起こして時間を無駄にすることになる。
難解なハードカバーの本を「女心に響く」読み方をするのが学問というものだ。
いじめは「真理」だったために彼女は東大生彼氏にどうしても会いたがることも分かった。
「女子高生の彼女がいる東大生」のことをヤングヘーゲリアンと呼んだのだ。
若い女のからだは男にとってエネルギー以外の何者でもなかった。
東大生ならば何でも教えられるであろうが、「二科目抑えたら先生たちは動けない」というツーポイントのデュアリズムを教えることが重要だね。
ツーポイントは「神の教え」でね。野球でもボクシングでもバスケットボールでも「二つの選択肢があって他に情報がない」のならば相手は全く反応できないものなのだ。
しかし、相手が女子高生だからといってヘンタイプレイはしてはならない。
彼女なりの憲法を持っているのだからね。
東大生は頭の上からどんどん法則を落としてきて彼女に話ができるような境地を目指しているだけだし、それが学問というものだ。
女子高生は「女神」としての本質を身につけていたし、神は最も知的な男として率直にメッセージを出さなければならない。
男女の「コンピレーション」とはヤングヘーゲリアンと女子高生の関係を言った。
恋のセクシームーヴィング。

キリスト教の歴史は「女のからだ」の可能性の探求の歴史であった。
近代の「処女の発見」以降、女子高生がマーケットに入ってくるのは必然だったのだ。
女子高生にペニスを見せた時の喜びは形容しがたいものがあった。
しかし、その結果に責任を持つことも覚悟していた。
女子高生はお約束のごとく拒絶したが、「東大生であること」「結婚を約束すること」を最初に行うことが大事だった。
彼女のからだをまじまじと見た。
これが「祖先崇拝から決別した」男に許されたものだったし、その後の人生は聖書と教会に委ねることを意味した。
身分制社会ではなかった。学歴社会なのだ。
「男のコになりたい」という女子高生の心理も利用したのだ。
学問の目的が分かったのでいい論文も書けた。
女子高生彼女の存在が先行し、「彼女に話したいこと」は自ずと学ぶようになっている。
彼女とはまだ家庭を築いた訳ではないので、散々「女心」について語れるのだ。
自分以外の「女の子」の心が分かることが大事なのであり、それは読まなければならないものだ。
彼女の全身を痛くさせてはならないし、もし痛いというのであれば、彼女の長話を聞き、彼女が男の子孫を残すことを考えると緊張するということを話さなければならない。
恋じゃなくなる日 B'z.

このような「女子高生を彼女にする東大生」をヤングヘーゲリアンと呼んだが、マルクスもヤングヘーゲリアンでありながら、「働きすぎ、勉強のしすぎならば従姉妹と結婚しろ」と言った。
(共産党宣言)。
彼女は東大生彼氏に力を与えていることを知らないといけないし、キルケゴールがすでに「哲学の先生一覧表」を明らかにしていたことから、東大生彼氏にしっかりとした教科書を与えなければならない。
髪の長い女がいるからこの国は平和が保たれている。
髪の短い女はお父さんとの関係がきわめて難しい。
髪の短い女がお父さんとうまく関係を構築しているのならばお金には困らないだろうが、セックスするときに痛がる可能性がある。
髪の長い女の子はわりと未成熟でもセックスに感じたりするものだ。
ハードカバーの本は何を語っているのだろうか?
彼女のことに決まっているではないか?
若い彼女との沈黙を楽しみたいと思うのであれば、それはもはや「譲れないもの」であり、学問をやる強烈なモチベーションになる。
Be happy 恋のやじろべえ タンポポ。

お互いがお互いを「譲れないもの」と考えるヤングヘーゲリアンと若い彼女は「壊れていくパートナー」に怯えること以外に別れる理由がない。
壊れていくパートナーが怖くなくなるためには医学を知らなければならない。
そのために、医学も私はコンパクトに示したい。
歩いている人の医学。

単なる「勃起したおちんちん」なのか「私を世界に導く男」なのかの違いが「壊れていく私」の目の前にあるのだ。
女の方が「問題の少ない愛」を知っている。
しかし「壊れていく」のも女の方なのだ。
東大生彼氏もこの問題から逃げなければ、仕事とは何か?が分かるようになる。
医学とは「若い女の子」を治すために発展したのだ。
若いカップルを祝福するために医学というものはある。
壊れていっても治したくなるほど可愛らしいというのは祝福以外の何者でもない。
東大生彼氏ができることは、800のお星さまを否定することであり、一神教であるが、勉強というのは学問とは異なり「どの先生でも同じことを言う」という「神の否定」がなされている。
「みんなと同じ答えを出す」のが勉強であるが、東大生彼氏の「専門」は「女学」であり「政治学」であって、違う答えがあるのならば企業や役所が聞きたがるものだ。
学問の世界では、「女心に正解はない」という形で異なる神が共存している。
落ち着きがよければ女はそれでいいのであり、「心の全てが分かるわけがない」ところに恋の秘密もありそうだ。
東大に入ってしまえば成績はさほど関係ない。
むしろ「成績優秀な処女」を壊したくなるものだ。
音楽作品にも絵画にも「正解」はなくなる。
「世界が言っていることが理解できる」ということが女子高生にとっての喜びであった。
勉強はやればやるほど上達する。
しかし、学問はセックスしなければ分からないものだ。
猫舌心も恋のうち。

勉強をすでにマスターしている東大生彼氏とのお付き合いは女子高生にとってはスピリチュアルなものであった。

2018年3月21日 (水)

三浦海岸の海開きを待て。

海でのナンパの心得としては「三度食事をおごらないと女性とは深い仲になれない」ということだ。
海の家から始まり、あと2回の食事は各自で考えよう。

女のからだの経験は限られている。しかも「減るものではない」と言われる。
そこから「女心の探求」は巨大ビジネスとなった。
男が女心に「重大な関心」を寄せるのも当然だった。
生まれてくる子供を貧しくさせたくはないから、彼女の心を知ろうとした。
「男らしさとは何か?」「女心の定義」という産業が発達してきた。
「アナルセックスは嫌」という憲法も作られた。
父と息子の関係から祈りの必要性が生じ、男は生きなければならなかったが、女たちも「男の子になりたい」という鬱を経験しながら「愛の対象」になっていった。
「減るものではない」感度のいいからだをどのように考えるかが問われた。
【気持ちよすぎて経験論なんて語ってられないよ】
男女にとって「最高の満足」ってなんだろうな?
男が射精した後のがっかり感をなくすためにはどうしたらいいんだろう。
女は知ることが限られている。
しかし、女心は「無限の資源」なのだ。
女の直感をめがけて色々と話をしてみよう。
それは「音符でできた言葉」だから仕事で生かされるだろう。
四月は風の旅人 松田聖子。

二人の関係に「人気」がなければならないことは分かっていた。
男が一方的に満足してはならない。
これさえ分かれば文字数はさほど割かなくてもいいだろう。
「愛し合うとは男女が対等であること」であるという基本がわからないから本を書かなければならないのだ。
彼女をAV女優とは区別しなければならない。そのためには話をよく聞くことだ。
彼女は自分の話を聞かない男には体を許さないものだよ。
女が水着になれる場所まで旅をしよう。彼女は上機嫌でいろんなことを話すだろう。
男は「音符でできた言葉」を語るいい機会だ。
女も「正しいセックスへの旅」をしていることを知っていたので機嫌が良かったのだ。
数学は男の方が得意だっただろう?それがいいカップルというものだ。
男に天使が取り巻いただけならばお父さんに潰されるよ。しかし、これは「海に向かう旅」「セックスに向かう旅」なのだ。
言葉を磨く営みがともなうのならば父も大目に見るだろう。
男も女も「愛した音楽作品」があるから水着になれるからだをしていた。
「どっか連れてってよ!」という女に対して海が魅力的なのは分かっていた。
愛した音楽作品、愛した本を実験するのには最高の場所だ。
この日のために仕事や勉強をしていたのかもしれない。
セックスするためにはこのぐらいのサービスが本来、必要だったな。
まるで神の計画にしたがっているように男女は行動した。
マルクスの世界は働きすぎなんだよ。インテリはこんな仕事をしているんだ。
「財産」というものは彼女がもたらしてくれるんだなと思った。
二人の世界が広がるのは事実だからね。
父と息子が「祈り」の起源だとするならば、海とは「セックスを求める旅」なのだ。
広末涼子 私=神。

海には鍛えられた肉体を持った男もいれば、頭のいい男もいる。
男が「海に行った」ということの意味は女とは違うものだったのだ。
女心は大きすぎるといっても、男次第でその限界線が決まった。
しかし、周りに処女もいたから治安は悪くはなかった。
セキュリティーは処女を守ればいいだけだった。
酔いつぶれたものがいても「頭を打っていないか?」さえ確認すればスポーツドリンクを与えておけばいい。
熱中症にもスポーツドリンクが有効なので、海の家もしっかりそれを理解しなければならないだろう。
海の家は「仕事だ」ということをしっかり理解しなければならない。
男女の数が合わないといじめが生じるために、それを調整する場所でもある。
水着になるのが恥ずかしくて海の家の陰で一人でスマホをいじっている女の子は、声がかかるのを待っているのだろう。
男の肉体を見て「母にあまえるのがうまい男」「そうでない男」の矛盾について見物するのもいい学問になるだろう。
軟弱な男の方が得をするということが指摘できる。
しかし、何かを成し遂げるのは肉体派だろう。
男の肉体美については「神は死んだ」という問題意識から医学も興味を持つだろう。
父と息子の関係を知りたいのだ。
酔いつぶれている者の体を見ておけばだいたい将来が分かる。
渚のピテカントロプス 酒井法子。

海・それは人間の起源に最も近い場所だ。
処女と肉体派は「いつかは敗北を経験する」ものだ。
教会は、「週末に女の子と会う」ことを教えていたのであり、雷の問題から海については語っていない。
潮の満ち引きは「地球が惑星である」ことから起きている。
宇宙の中心が自分ではないのはどの男も同じだった。
一日いれば、自分の心が変わっていくことがわかる。人を愛するのには苦労が必要だなと思うこともある。
夕日を見る男の目が朝とは違うことも分かるだろう。
「惑星のノイズ」を一日中、聞いていたのだ。
これは「男女がセックスする理由」でもあった。
私(カント)が砂浜を作るために数学を駆使したのは事実だ。
エレガントに作られてるだろ。
彼女に通じてウケた話は誰に話してもウケる。
しかし「本を読まなければならないな」ということも悟る。
セックスするシチュエーションは数学が提供するものだ。
私(カント)も多くの文献を読んで、様々な宗教との整合性は考えたよ。
「勉強」はそうではないだろうけど「学問」は彼女に話しながらやった方がいい。
ハードカバーの本も常に「女」のことを記していることを知るだろう。
学問が好きになるためにも彼女はいた方がいいのだ。
「陸の女」は嘘つきだけど「海の女」は素直なんだ。
セックスすると鬱になるのが陸の女だからだろう。
肉体を使った楽しみというのが男女に人気があったのは事実だ。
唇も胸も人気があった。
数学というのは素直な学問だ。だから数学を用いて海岸線を作ったのだ。
マホロバマインズ三浦。

海岸線を作る上で「7+5=12」という式は印象的だった。
まるで指の数がひとつ(男にとってのセックス)でもふたつ(女にとってのセックス)でもなく、男女がなにか生産的なものを生み出すことを思い出したよ。
5は素直な女のようだったし、7は嘘つきな女のようだった。
数学者である私(カント)もなにかの宇宙の真理を感じたのだ。

三浦市の発展は「心の問題」にかかっている。
女心を定義する「政治」と男らしさを語り合う「宗教」が政教分離が一体となって女のからだを取り巻いている。
「男らしさとは何か?」のニーチェの研究からだんだん明らかになってきた。
しかし、それが「他の街でも通用する議論である」ことが大事なのだ。
街づくりは「心の問題」が常に先行する。
海南神社。三浦市。


「読まないで話すなんて、それって大卒?」と女は言った。
「私も都会に、そして世界に行きたかったのよ?」
女にとって部屋の時間、空間、色なども男次第なのよね。
読んだ話は「あんがい非常識」だったけど、女が答えを返せるものだった。
それが教会の教えというものなのだ。
数学を使ってとにかく言葉を計算して非常識に近い言葉を生み出していたので、論理学とは「仕事」と翻訳された。
論理が迷宮入りしたら、本に「真理である」と書いた。
女は「結論」しか聞きたがらなかった。
結論が心に響いたら「宇宙遊泳」したのだ。
男女に人気のある言葉を語ることを哲学と呼ぶが、女は「6割は雑談に時間を費やしたい」と考えているようだ。
電話では15秒、いや10秒で言葉をまとめてください。それだけで見識を判断します。
なぜならば、私に嘘をつかせないように、電話は女にとってはキスなのよ?
それでも話を続けたいのならば「私はあなたに嘘をつかせなければならない、電話は女性にとってキスですからね」とひとこと言わなければならない。
ざっくばらんに「すべての組織のいじめは辛いね」と言うのも女性と話を続ける秘訣だ。
電話を女が切らずにシカトするのならば当然これらのセリフを待っているのだ。
電話での仕事はたいてい男女の間で行われている。
自分の言葉が「読んだこと」であり「音符でできた言葉」ならば電話対応の女性のこのようなリアクションは予想しておかなければならない。
「電話は常に7+5=12ですね。女性には指が5本あります」と言ってもいい。
「男女に人気のある言葉」に対しては女は常に嘘をつくので、常に「逃げ道」を与えながら話さなければならない。
案外、党派など関係ないものだ。
女に嘘をつかせないで同調させる、これが電話での仕事となる。
君の歌、僕の歌 CoCo 。

常に「セックスの可能性」を用いながら男女は電話で話している。
生徒の「勉強」から何がわかるようになったのかを感じて欲しい。
決して「意味のないもの」ではないのだ。
男の7を女の5が学習した時にも、女はマスターベーションしていたし、それが仕事だった。
知識というものは結局、女性とともに仕事をするために得るものであるとされた。
ハードコアがどれほど露骨になっても「男の知識」は試されるものなのだ。
女心を冷静に見る必要がある。
「心に興味があるの?」女たちはそう思った。
女心から富が生まれ、自分の空間につながるという発想は忘れてはならない。
時間は父が許す限り学ぶために用いた。
女心と向き合った時間と空間は、どの男も触ることはできない。
家を建てたくはないか?時間を有効に使ってみないか?
これがカントの問いかけだった。
アメリカ、台湾、日本のトライアングルで簡単にハードコアは女の値段(日経平均株価)を崩壊させることができる。
しかし、女たちの「直感」だけを見て「男女に人気のある言葉」をぶつけることが大事だ。
ファッションモンスター。

鬱の女の子にとって「音符でできた言葉」を聞くのは喜びであった。
ノイズを聞くのはあまりにもしんどかった。
世界の広さを感じさせてくれるのならばセックスは可能よ?
「心の風景」を作り上げるのにも時間が必要だ。
「時間」というもの自体が男女に人気のあるものだ。
女を愛するのには苦労が必要だと考えている男がいるのならば「時間」を与えよう。
男は時には「人類の時間」を本から学ぶことがある。
人間の経験を短時間に凝縮したものが音楽作品であり、聴くとスタイルが良くなる。

高橋由美子。人と話すと鬱になる、頭痛がする。トイレに行きたくなる。幽体離脱をする。
スポーツドリンクが有効だ。
彼女と大人の関係は常に「生徒と先生」の関係だったことがわかる。
彼女に話しかけた時に、まるで生徒のような目の動きをしたことから分かった。
また、無表情というのも「メンデルにしたがった家族構成ではない」ことを示している。
高橋由美子 ときめき。

このように、本来、学問というものは「女性目当て」に行うものだ。
男にも応用が効くだろう。
女に話しかけなければ何も学べないのだ。
医者への信頼感は「心の風景を著作物などで明らかにする」ことから作られる。
女は男の「世界の広さ」で大人かどうかを判断している。
地政学は常に「南」に味方する。台湾がアメリカとつるんで日本を攻撃する理由も、台湾が南にあるからだ。
ソーカル(カリフォルニア南部)も常に有利に学問を発達させていった。
スタンフォードはハーバードを圧倒してみせただろう。
まるで「話した女の数が違う」と言っているようだ。
病んだ女性芸能人が「南」を目指すのも直感にしたがったものだろう。
神奈川県三浦市だった。
知的な男は「ゼロワン地域」に豪邸を構えるべきだ。
女たちはかつての「幻」の面影もなく、やはり学歴社会だったんだなということを痛感する。
南の「時間」に身を晒して洋書を愛することが金儲けの基本かな?
女を愛し、「海の向こう」を愛するんだよ。
妻や彼女がいることは「所有」の基盤となる。
「幻」をいかに洗練させるかが大人の仕事だろうね。
コートダジュールで逢いましょう。

病んだ女たちを見ていると、「直観だけは生きている」ということを痛感する。
忘れたいことの多い業界だから細かい話はもはや聞くことはないだろう。
しかし、経験値の高さは驚愕に値する。
そこでようやく私も父との「神が死んだ」関係を克服する方法を知ったのだ。
南も決して自由ではなく、みんな譲れないものは持っていた。
私も日本語の本はさんざん読んだが、女と話さなかったからこんなへき地に居を構えることになったのだろう。
しかし、自然と「海の向こう」が見えたのだ。
神に祈らない家庭からは東大生は生まれない。
かつての「幻」が笑顔を見せた時に、私は哲学を認めようと思った。
「幻」だった有名人女もなにやら信仰のようなものを持っていた。
しかし、「海の向こう」をどの女も見ていたのだ。
男は経験だけではなにも語れない。「読まなければならない」のだ。
父と息子が「祈り」さえ知っていれば、息子は「男女に人気のある言葉」の探求は可能なのだ。
男女に人気の「あった」女に男女に人気のある言葉をぶつける営みは、もはやセックスにまつわる「仕事」であった。
執筆活動をしていても、言葉の強さを自分なりに感じて忘れ去ってしまう言葉がある。
それは読者も同じであろう。
カントの本は自分なりの絶対(裁断的)な言葉と、そうでない裁量的な言葉に区別され、裁断的なものだけノートに記し、多様な裁断的ノートが生まれている。
【完璧なセックスがもしあったのなら】
それは二人だけの問題にとどまらず、プロポーズが横行するだろう。
どの男女もセックスはどこか失敗しているし、そうでなければ「二人きり」ということはあり得ないのだ。
三樹院 浄土宗。

哲学は、数学で計算して言葉を生み出す時代となった。
彼女に話してウケた話題をノートに記しておこう。
「言葉は計算するためにある」ことを考えたのは私(カント)だ。
言葉のデータブックは今まで(本ブログで)述べてきた通りである。
「40歳で16歳の花嫁」などという期待可能性を生み出したのもカントだった。
「あれほど男女に人気のある言葉を知っている男に触られたい」と若い女は思っていた。
16歳の女の子にとっても「神は死んでいた」ということを知った。
とにかく男女の「時間」というものはそのようにできているんだ。
海で若いからだを女の子が晒しても決して逃げていくことはないことを知る必要がある。
「カントの演繹法」とは愛の倫理社会のことだった。
16歳の娘も男を何人か知ると「この人とのセックスならば身体が痛くならない」ということが分かるようになっていたのだ。
からだよりも「心」を大事にする人だったから。
数え切れないほどの女たちと話してきた男がすでに「神が死んだ」若さを愛したことも嬉しかった。
鬱になった女の子は「心に響く」言葉にしか反応できなかったのだ。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ。

ちんちんのデカさなんてものは、ちんちんの付け根部分の「ディープドーサル」と呼ばれるシャフトの血管の太さの違いに過ぎない。
射精しそうになったらシャフトの部分を押さえて仕舞えばいい。
血管さえ太くなれば勃起した時のサイズはデカくなる。
しかし、セックスを「女の都合」から見てみると、挿入はあまり重要ではない。
男の都合と女の都合は実質と名目の違いであり、男の都合の実質賃金というものは、女の都合とは異なるものだ。
男の「ペニス増大合宿」に鬱にならないで耐えられる女はいない。
ペニス増大に女を付き合わせることは人生に悪影響を与えるので一人で行わなければならない。
ロマンスかくれんぼ。

しかし、男にとって最高なのはちんちんのデカさではなく知性なんだよ。
射精しそうになったらちんちんの付け根の部分を押さえてしまうというトレーニングよりも学問の方が女にモテるようになったのがカント以降だと言っていい。
なにしろ、女の子はちんちんがないことに鬱になっているんだからね。
男女のエゴはぶつかり合うが、ちんちんを見ながら見つめられるとだんだん女は折れていき、フェチを明らかにするだろう。
「誰に見られたい?誰に触られたい?」
それは男の日常生活次第だろう。
ちんちんをでかくする方法を知っているだけでは家は立たない。
女心を知る学問も、どのみちおっぱいを見ながら勉強したものであろうから、女たちは失望することはなかった。
人間はどこから来たのか?無無無(ないないない)を否定するところから来ている。(ぶぶぶのぶ)。
女たちの鬱を晴らすところに秦の始皇帝も目をつけている。
Mr.Children シーソーゲーム。

「すべての人間はいじめられている」
どの男女が「目が合う」かの違いがあるだけだ。
それにしても「父親が祈りを知っていた」だけでカントはよくもノー天気になり女心の探求をしたものだ。
「カントの演繹法」(愛の倫理社会)なんて知らないよ。話した女の数(帰納法)が問題なのではないか。
「頭おかしい」と思うような女もバカにするなよ。直感を狙えばいいだけだから。
「女シリーズ」はそうやって書いたのだ。
カントは結局、なにが言いたかったのだろう?
男が「おちんちんを大きくする方法」が分かったために、「女の子の鬱」を指摘したことと、女心から富を生み出す必要があることを指摘したのであり、言っていることはきわめてまわりくどい。
まるで「デカい方がモテる」ということをもみ消そうとしたか、あるいは「女心の定義」が政治であるということを最後に再確認しようとしたかのようだった。
おちんちんの根っ子を押さえて射精を止めることを医学が認識したのは事実だった。
しかし、ダーウィニズムは国をどこに導こうとしているのだろうか?
ヒトラーはイギリスに嫌われた。
日本国もイギリスに嫌われるろう。
しかし、民族がどこに向かおうとしているのか?
それは、「女の子の鬱を理解する」「女心の定義をする」などの政治や、父親が「天使が取り巻いた息子」を潰そうとするなど、国内を見ることから始めなければならないだろう。
「男らしさって何かしら?」という宗教にまで波及する問題だったのだ。
女たちにとっての「感じ方」はすぐに「ちんちんの大きさ」ではなく、どれほど私のことをよく見ていてくれた人なのか?で喘ぎ方が決まることが分かるだろう。
いまだに彼は私の憧れの人であるというイマジネーションがなければ感じないわ。
【私が出産を想像して喘いでいることなんて知らないでしょう?】
女心の定義(政治)が得意で、私が読めない本を読める人。言っていることが多くの男女に人気のある人。
対角線を引くように「一線を越える」ものがセックスでなければならない。
幸せですか。

ちんちんのデカさではなく、心の風景が大事なんだよ。カントはそのように語った。
ちんちんの根っ子を押さえて射精をこらえれば、血管が太くなりペニスが増大することを民族が学習した時に、カントは「純粋理性批判」を書いたのだ。
ほとんど防戦一方のようであったが、女と話すことにより富を生み出すという発想は真理だとされた。
ちんちんを増大させる方法を知っているのもひとつの知性かもしれないけどね。
洋服を着ていて男女の取り巻きが多い人の知性から自ずと分かるものよ?
女たちとよく話をして、富を蓄えて、自分に投資するだけのお金を持っている人のちんちんはなぜか大きかったの。
女たちと話すこと、女を恐れていないことそのものが知性よね。
「私は間違っていない。素敵な人の子供が産みたい」それだけしか私は言わないの。
レインボーピンク。

人生に悔いを残した男はどのみち勃起しないのよ。
勃起する方法も「エニグマ」と呼んで、乳首がピンク色になる食べ物と同じだとカントは考えていた。
ハーゲンダッツや、カステラ、レッドブル、醤油などだ。
法則にしたがっているから悔いが残らないし勃起するのでしょう?
大人の世界はあまくないのよ?
どこかで重大な勘違いをやらかすと勃たなくなるの。
考えて「上から降ってくる」もの(カテゴリー)がなければ勃たないし、学ばない男は所詮は負け犬ね。
「学歴だけじゃないからな」とか言ってたけど勃たないじゃない?
勃つ男は社交的だから分かるのよね。
ちんちんをデカくする方法は分かったけど、そもそも勃たない男がいるのを知っているのかしら?
目も虚ろで殻に閉じこもっている男は勃たないから、バイアグラなどの高価な薬を必要としている。
学がないために無駄なお金を出しているのよ。
男は人生に一度は「帝王」になろうとしている。でも、それを支えるのは学問でしょう?
女と男の「認知」はあまりにも違いすぎる。読まなければ分からないぐらい。
文字が読めないということは「勃たない」ということ。
それほどサプライズが多いのよ?
ペニス増大法を実践できるってどれほど幸せなことだろう。
いよいよ「粗チン」と呼ばれていた自分から自由になれる学問を紹介する時だろう。
男女に人気がある人、これが勃起する秘密よ。
安定した家庭環境で育たないのならば25歳を過ぎて子供ができることすら奇跡に等しい。
女は「知らない男」を平気で傷つけるわ?
「分かってるなぁ!」と思ったら「総統」とでも呼ぼうかしら。
涙 サプライズ。

「女心は作られている」
政治とは創造的な営みと言われている所以であり、女たちは「どこで」作られているのかに常に敏感だった。
カントも「その職を辞するつもりはない」と語っていた。
しかも、生涯にわたってである。
女は21歳になって「女心を自分でも知りたい」と思うようになり、29歳までその心はつづく。
21歳になるまでは「まっすぐ恋する」ことはできないかな?
「私の研究とともに無限に広がる」とカントは誇らしげに語り、それを「超越論的」と呼んだ。
女が裸になった時に全てが始まる。あの女では勃たないのにな。何でだろう?
この現象を「母の知恵」と呼んだ。
「妻を理解する」こと以外に何も必要がないことを悟るのにも経験が必要だ。
妻に哲学の矛先を向けていいのかは悩ましい問題だ。
「何でも話せる」というわけではないからだ。
家庭内に政治(女心の定義)を持ち込んだら家庭が崩壊する。
姉でも妹でもそうだろう。
そこで「母の知恵」という問題と哲学は直面したのだ。
そこで、カントも「だいたいこのような発想だ」ということを数学者として示すことで「母の知恵」つまり、「妻では勃たない」という問題を解決しようとした。
いろんな女の子と話していると「女とはだいたいこのようなもの」ということが分かり、妻でも勃つようになると考えたのだ。
妻だけが「問題のない愛」を知っていた。子供たちがすでにいたのだ。
妻の前で娘や息子たちが緊張しているのを目の当たりにするだけで「女の世界の広さ」を痛感した。
「愛し合いたければ男女平等と書いておけよ」という憲法はこの時に決まった。
妻のイメージは「他の女たちから作れ」ということもこの時に明らかになっている。
二人の男が「お互いの人妻に興味を持っている」ということも妻を大事にすることにつながるだろう。
「結婚は真理である」ということを確定させたのもカントだったし、理論も作った。
愛の炎 田中れいな。

妻は「モテる男の幻」しか見ていなかった。
奥様方のネットワークも張り巡らしていた。
夫を見張るためのネットワークはあまくみてはならない。
何を想像してちんちんをデカくしようが勝手だが、奥さんは大事にしたほうがいい。
子供たちが母の前で緊張しているのはやはり「出産」への敬意を払っているからだろう。
「出産」というものも男女に人気があるものだし、天から何かが降ってくるようなものだからだろう。
大事なのは家庭内で政治(女心の定義)を行わないことだよ。
家庭内でのゲームは延々と続いていくからね。
しかも、哲学というものはセックスをする目的で学ぶものだ。
妻の昔の面影を見出すために若い女の子と話し、妻は「モテる男の幻」を見る、それで仕事というものは成り立っているんだ。
この「スキーム」さえ分かれば結婚というものは天からの贈り物だよ。
「すべての女にパートナーがいる」ということは理解しておかなければならない。
しかし、いろんな女の子と話すことにより「妻に勃起するようになる」ということは指摘しておいていい。
彼氏がいる女と話すことも仕事なんだよ。
子供がいない若い女の子は彼氏がいてもモテた。それは結婚している男が妻に勃起するためだったのだ。
浮気はしない方がいい。一気に世界が狭くなることを感じるからだ。
大きな家を守るための「お父さんの仕事」というのはだいたいこんな感じだよ。
若い女の子との「セックスの期待可能性がある」ということを示すために見えない補助線を引いてまわるだけなんだ。
これだけでも家庭内の世界が広がるのだ。
若い女の子といい雰囲気になっても「セックスの否定」がなされることで男の仕事は終わる。
大きな家と時間を楽しむ仕事人間というのはこのような暮らしをしている。
ひとりの若い女の子と「期待可能」な雰囲気が作れれば日経平均株価の儲けになる。
話題は本ブログの「女シリーズ」にだいたいまとめてある。
各自ノートにまとめて企業に報告する必要があるね。
若い女の子が好きならば誰だって仕事人間になるよ。
これが仕事なのだから仕事人間は「妻でも勃つ」ようになっている。
なぜこれが仕事になるかというと、若い女の子もパートナーで感じることができるからだ。
あとは「コネ」を作ることかな?
若い女の子のニーズに応える方法はどの企業も役所も知りたがっていることだ。
若い女の子も「こんな学問が世界にはあるのね」と思って喜んで話を聞いていた。
rebecca when a woman loves a man.

君主は教科書を書かなければ「後継指名」をする資格はない。
王様は裸ではない。モテる男なのだ。
しかも、話した女性たちの支持に支えられていなければならない。
君主の歴史は哲学の歴史であり、火葬に付さない理由は喫煙歴を残したいからである。
「天皇陛下万歳!」という言葉が虚しい時代には哲学はない。
ご存命だから愛読されるのであり、死んだらまた日本人は「粗チン」に戻っていくだろう。
我々は天皇陛下が提示したセックスを楽しむことができるし、それが「哲学者の連続」というものである。
皇位が正しく継承されないから粗チンが生まれるのだ。
ペニス増大法の正解は、情報の洪水の中で見失われていくものだ。
「あの人が言ったから」といってみんなが真似するものであり、それが君主でありメディア論なのである。
民族の永遠の象徴(シンボル)という言葉の意味を正確に理解しなければならない。
女たちを美しくすることを自身の政治力にすることが先行したが、いろんな文献を読んでいるうちにペニス増大法と出くわすようになっている。
それはひとえに「研究者であった」からである。
男女の間の「川」に誰よりも興味があったからだろう。
AKB48 river.

中国がなぜ毛沢東を忘れてはならないのかも、案外、そのような問題に根ざしたものだろう。
一子相伝とは「女たちに支持されていること」と「メッセージが明確であること」から成り立つものだ。
そしてシンボル(象徴)という言葉の意味を情報戦の中でも見失わないことである。
日経平均株価を上げるためには、女たちの魅力を高めるだけでなく、シンボル(ちんちん)に介入しなければならない。
男が勃つ限り、離婚というものは想定し難いものであるのが現状だ。
そして、火が絶やされない限り部屋は暖かいだろう。
父親が息子に伝えるわけにはいかないものは、常に時代の寵児が発言しなければならない。
「五人の話を同時に聞く」ようなメディア論が一子相伝を必要としていたのだ。
永遠の真理すら永遠ではないのが宗教の世界だ。哲学者たる君主の言うことしかみんな聞かないだろう。
「ちんちんの根っ子の血管を太くするだけだよ」
皇位継承もこのあたりの論点が明確になった時点で行うべきだろう、
後継者にはとにかく「人気者」になってもらわないと「伝えても意味がない」ものなのだ。
君主になるための資金集めをしているうちに「どこかで気がつく」ものなのかもしれないね。
知性が何を目指しているのかを理解していないと、このようなことは語れないし、資金集めが一段落したら君主はとにかく人に「語る」べきだ。
「海」がなければ教会も父親もこのような研究は許してくれなかっただろう。



ゴッホは父の聖書をそのような思いから描いていた。


2017年8月9日に三浦海岸で花火大会が行われた。
一昨年の赤と緑色は男女の交わりを示し、昨年の黄金は男性的な色彩で女性ファンを魅了した。
しかし、今年あらたに登場したのが「愛から最も遠い色」である黄色と、「初体験の喜びは101回で終わる」ことを示す藍色である。
緑色は女としてではなく「痛みの色」の表現をするという具合に役割を変えた。
我々日本国は、中東の石油への依存をもはやしておらず「イスラエルについて語っていい」国となった。
そのような時に、三浦海岸で藍色という「二ヶ月ちょっとの偉大な恋」がテーマとなったのだ。
愛から最も遠い色である黄色と、初体験の喜びは101回で終わるという藍色が、痛みの色である緑色を背景に、情熱的な愛を示す赤一色に染まるカップルたちに人生の道案内をしたようであった。
インディゴブルーラブ。

女のセックスの感じ方、経験、そして意味の理解の仕方のすべてが海にある。
心が海のように大きいというよりは、開放感からセックスしやすく、その意味を理解するのにふさわしい場所という意味である。
魅せられて ジュディオング。

しかし、海には必ず男が必要であり、男の日常が必要なのである。
ノクターンセックスが存在する海においてはセックスだけを前面に押し出すのではなく、昼間の日常が非常に大事なものとなっている。
中森明菜 スローモーション。

夜の快楽の存在はみんな知っていた。
だからこそ男は女と真剣に向き合った。
神聖ローマ帝国以来の文化が形成されていたのだ。
ヒュームは「海に行った女は腰を抜かして帰ってくる」としたが、カントはその経験の大切さを主張していた。
ヒュームはイギリスに海岸線を作らせなかった経験論者だったが、カントは芸術の発展を願ったドイツ観念論哲学者だった。
「女は腰を抜かすかもしれないけど、昼間の芸術作品のセールスによって国は成り立つだろ」
国家の富と快楽の狭間でカントとヒュームは対立していた。
ショパン ノクターン。

日没前に女と肩を寄せ合って語り合ったよ。
これが芸術作品だった。
まるでセックスの気持ち良さの前に女から「嘘」を奪い取ってしまったかのようだった。
イメージや記憶、女のからだ、そして男のやる気だけが残ったため、海を強烈に推進することは男性中心的でもあった。
ヒュームは「女が言葉を失う」としてそれを批判したのだ。
ノクターンセックスは「男は皆同じ」という発想をもたらすため、ひたすら昼間を描いたのが芸術作品だった。
rebecca コットンタイム。

夜の海はもはや聖域であり、人々は語ってはならないこととされた。
セシルの海岸物語のように一晩で燃え尽きるのが海岸の愛の宿命だったのだ。
昼間の海こそが文化のすべてであるとも考えられた。
AKB48 真夏のSounds good.

男のやる気は昼間にも夜にもあった。
男たちはとてつもない快楽を女にもたらすことができるノクターンセックスがあったから女に多くは語らせなかった。
行為無価値論の秘密でもある。
日本国においては真夏の行楽客で賑わう昼間の海であるが、神聖ローマ帝国においては夜中に海岸で男女が静かに合体していることを「海の文化」であると考えていたのだ。
「それが分からなければ多くの芸術作品は核心部分を見失うことになる」
AKB48 ラブラドール・レトリバー。

見たいのは水着ではなかった。もっと「女が言葉を失うような快楽」が夜の海にはあった。
「国が態度を決めなければならないことなのだ」
ヒュームは「女に同情できなくなる危険性」を感じていた。
しかし、カントは「昼間はこんなにも健康的だ」とひたすら文化を発信した。
カントに太刀打ちできる力量を持っていたのは「日曜日の奇跡」を語ったヒュームだけだった。
「腰を抜かした女たちに鏡を与えよう」とヒュームは語った。
「胸を強調してみよう」とも言った。
誰に長話を聞いてもらって誰にお金をもらっているのかだけで日曜日のパートナーを当て「奇跡」「無神論者」と言われたヒュームがイギリスで期待されるのも当然だっただろう。
海岸線を国家レベルで作ってしまった日本国はこの議論に中立を保ったし、行為無価値論に立脚するカントと結果無価値論に立脚するヒュームの議論に対しては、最高裁がカントを支持し、アカデミズムがヒュームを支持している状態だ。
最高裁がノクターンセックスを容認していることから、国としては海岸セックスに警察は動けないことになってしまった。
「絵になる男になれ」という趣旨とも思われた。
新島の伝説。

ドイツは、そのようにして男社会が出来上がったし、書面を重視する社会となったのだ。
書面で考えるという発想はもはや経験論とは異なるものだった。
女たちは「海で腰を抜かしたことがある」存在と位置付けられたのだ。
ロックミーアマデウス。

さて、若干暗い話から始まった海の物語だが、それを踏まえて「昼間の海を明るくしようよ」というのがカントの言いたかったことだった。
海岸の夜が罪深いからこそ、昼間の太陽の下は明るかった。
「男として必要か?社会で生きていけるのか?」
この議論が女性たちの間で高まるのを見た。
国の男の経験は引きこもり男の経験でもある、とヒュームは語った。
家で必要とされる男に海岸セックスなんてものはないはずだ、とも語った。
「民族の男概念に関わる議論だ、慎重にやってくれ」
海だラブホだ言っている人間が我が国王室の守護神にいるか?
しかし、カントは「男なんて熱のように熱いか雪のように冷たいかのどちらかだ。いじめなんてものは忘れた方がいい」として海の開放感を譲ろうとはしなかった。
「必要な男なんてものはやる気やエネルギーを与えれば自然に生まれるものだ」
エロい砂の上で歌ってんな。
アメリカ合衆国がこの効果を知ったのは1998年だぜ?
砂浜にいる女の見方が全く変わってしまったんだ。
女たちはまったく嘘をついていないだろ。
男の直感とやる気を狙ったんだよ。
砂浜で胸を隠すのが大事だったな。
ribbon deep breath.

昼間の海で男と話したことを思い出してごらん?
混じり気のない言葉がたくさんあるだろう。
いろんな人生の「公約」も語ってくれたはずだ。
女の胸に刻まれているんだ。
しかし「海での恋は儚いものだ」という共通認識がある。
このことをレコーディングしたこともあるのだ。
公約が守れないから恋は儚いのかな?
一時的な思い出として終わっていたのだ。
SPEED I remember.

時間の長さが都会とは異なることも感じていた。
砂浜のエロさだけではなく、恋の儚さをテーマにした芸術作品の存在は指摘していい。
また、都会でスポーツ中継の騒がしさなどの世界に戻っていくのだ。
海の記憶は思い出にしたいんだ、俺はどうかしてたんだろう、俺はやはり都会の人間なんだ、というあたりからこのような芸術作品が生まれている。
まあ、ポップカルチャーがお金になるからカントは海岸線というものを考えたんだよ。
「幻を見せたかったんだ」
あの男と海に行きたいわ。
20世紀の中頃かな?シュトローソンがこれを世界に広めたのは。
戦時中に海岸があったなんて思わない方がいい。
「海で知り合ったというカップルもいるけどね」
おニャン子クラブ 夏休みは終わらない。

女が肌を露出しても男が勃起しないというのが海の醍醐味だ。
このことから芸術作品は成立していたのだ。
女たちもその方が世界が広がった。
時間と空間に圧倒されたのは男だった。
それでいて男たちはやる気を出したのだ。
勉強をしようと思った。
おちんちんが原因で起きる出来事の勉強だ。
そして、他の男のおちんちんがあるからもっと世の中は複雑に動くことを知るのだ。
これだけ女が露出度を高めても勃起しない世界こそが学問の発信源だった。
夜の海の現実や、ローリングストーンズの奇妙な踊りはそこにはなかった。
ひたすら「世の中の事件とは何か?」を探求するのが学問だったのだ。
女たちは純粋に「学問とは何か?」をさらしていたし、男にそのためのエネルギーを与えていた。
カントが海を社交の場としようとしたのか、男の日常の「心の風景」を作ろうとしたのかは分からない。
しかし、女が「感じる」以上、メンバーの選び方次第ではいじめが生じることは知っておかなければならない。
男が海で全ての人生の面倒を忘れるのは事実だね。
CoCo EQUALロマンス。

カントは「夏に海で気持ちいいセックスができる」と考えただけでおのずから痩せるだろうとエステをより目的論的に考えていたようだ。
女がスタイルが良くなるだけでも税収が上がると考えていた。
私(小野光太郎)はウォークマンやiPodを聞くとダイエットにいいと考えているが、それは「海で水着になりたい」と考える人が各自で見つけるだろうとされた。
他の女と自分を常に比較しているのが女であり、「感度の良さ」を競い合っていたのだ。
目的的行為論とは「海に行くために痩せる」ことを言った。
女たちもそれをよく理解しながら仲間作りをしていた。
田原俊彦 NInjin娘。

セックスの気持ち良さとは男のものではなかった。
「女のくびれ次第」とも言われた。
当然、スタイルのいい女は男の欲望の対象になるだろう。
木村拓哉 CM.

「緑色をした正方形」が本来の女であったが、海で体をさらすという行為だけでここまで美しくなってしまうのだ。
甘美なる経験のために女たちは自然に痩せていった。
海では女たちが「夢の共演」を行うのだ。
女の「感度の良さ」を眺めているだけで男たちは飽きなかった。
「感じたい」それだけの理由で緑色をした正方形の物体はこんなにも美しくなってしまうのだ。
モーニング娘。インディゴブルーラブ。

ポール・ガイヤーは、彼女たちと話をするときにこの「くびれがある女は感度がいい」ということを話してしまってもいいとした。
海の開放感がそのことを許していたのだ。
また、女たちはスタイルがいいだけで自分は世の中に通用すると考えることができた。
ギンズバーグは、海のことをよく理解していたから最高裁判事になれた。
女たちがくびれを世間にさらすことを「フリープレイ」と呼んだ。
ガイヤーは1979年から2008年まで海に通って、女たちと話した。
いろんな女とセックスもした。
未経験の女は何を考えているのか?
経験豊富な女は何を考えているのか?
そして、どんな新しい経験を海に期待しているのか?
を女たちから聞いたのだ。
すべての女が「男の肉体美を見に来た」と答えた。
「男らしいって何かしら?」
美しい経験はいい男としたいもの。
これが女たちの考えだった。
ギンズバーグは、彼女たちの絶大な支持を受けた。
一人の女でも仲間はずれにしてしまう男が醜いとされた。
パートナーができた女も仲間はずれにされた女のことをしきりに気にしていた。
上手く物事を成立させた男に才能を感じた。
酒井法子 ダイヤモンドブルー。

カントは「音楽作品というものは女を学問にしている」として、やはりダイエット効果を認めていた。
お笑い番組や、お部屋の整理整頓に関する番組、バックグラウンドミュージックすら本来「緑色をしていて正方形」の女を美しくしていたのだ。
しかし、もっとも有効だったのは「詩を歌った音楽作品」であった。
「心を耕すんだよ」
挿入するためのルールがもっともよかった。
知性の輝きとは少し違うものではあったけどね。
彼や彼女たちがなぜ学問の対象になるのかはこのような「詩の天才」たちが作った世界観のおかげであった。
ニュートンは男女を明確に区別し、お互いに惹きつけあうという図式を作った時点で「その構図は天才が作るものではない」とされた。
男女のアイデンティティは明確になったかもしれないが、「性倒錯」「ヘンタイ」を生み出したのだ。
詩を信じて育ったものが驚いてしまうような性倒錯が存在した。
性倒錯は美しさの敵だった。
音楽作品を信じて育った女たちへの侮辱ですらあったのだ。
河合奈保子 夏のヒロイン。

数学的な音楽作品と、見ている人を驚かせる音楽作品の二種類があった。
女の子たちはこのような作品と接することで「彼氏が欲しい」という健全な感情を持った。
何かの力が下腹部からムラムラときたのだ。
エジプトのピラミッドも、ローマの「ペテロのバシリカ」もそれでできたんだよ。
悪いことではないだろ。
人間はそのことで支配と従属も知った。
美しい女のからだを愛せと教えていただろう。
その文化に溶け込めなければ敵だらけだよ。
想像できるだけでセックスできる男であることがわかる。
女の美しいからだにムラムラできるだけで男の子の将来を感じた。
多数派に属せないのならばやはり学問の基盤がないのだろうし、どこかが倒錯しているのだろう。
「文化のメインストリーム」に身を置くことが必要だった。
小泉今日子 素敵なラブリーボーイ。

女たちはこのような「良識をわきまえた」男たちを尊敬した。
人間の自然の摂理にしたがっていたし、射精する男には攻撃性がなかったのだ。
射精というものが男に「優しさ」をもたらしていた。
このような男女のモデルは詩から作られていた。
「イク」ことの意味を知っている男は優しかった。
すべては女の美しいからだにムラムラときた若い頃に文化のメインストリームにいたことから来るものだ。
学問の目的であり、ゴールですらあった。
あとは「木は育つためにメンテナンスが必要だ」ということが指摘できる。
メンテナンスの方法は人それぞれだが、看護師のように多くのおちんちんを見ていると、その男の知性や人柄が見抜けるようになるとされる。
ユーダイモニズム(皮オナニー)の存在を知らない看護師はおらず、小さいおちんちんはアンチモニーと呼ばれた。
デカい方が女たちに人気なのは事実だけど、おつむも女たちは見ているからね。
松田聖子 赤いスイートピー。

「海で女たちが腰を抜かす」ということから、ドイツの男は強い神となったし、英国国教会は彼らを「女の敵」と呼んでいた。
カントが登場するまでは神聖ローマ帝国はそのような状態を楽しんでいた。
「男たちよ、崇拝されたいのであれば女心を知れ」
ドイツルター派は、このことを強烈に推進した。
最初はカントも「男はマッチョであればいい」と考えて海に行っていたが、やがて「女のからだの評論」を覚えるようになっていた。
「うまく語ればポケットになぜかお金が貯まっていくんだ」
宇宙も語ったよ。
カントはペルシャのノクターンセックス男と敵対するようになっていた。
すべてのおちんちんが比較できなくなった、女の中にしか学問が頼れなくなった、発展に限界を感じたなどの理由があった。
「これでは女の胸がモノを言う世界になるだけだろ」
のちにウィルヘルム二世は、女性の胸の写真にまで検閲をかけてしまった。
このことは「無条件の条件」と呼ばれて、のちに胸を見せろと言う無条件降伏と用語がつながった。
男たちの決意のすべてを破壊する降伏だったのだ。
「どうだ、俺らのポケットに金が入っただろ」連合国側は嘲笑った。
私たちを守ってくれる男たちは「最高善」と呼ばれていた。
これが戦争だった。
おっぱいバレー。

沿革としては、女の胸を隠す男(最高善)の存在はいまだにドイツに根強く残っている。
歴史を踏まえる必要のあることであり、日本は「ナチスに憧れていただけ」という指摘もなされている。
最高善とは男らしさのことであり神のことである。
海でのセックスがなければ、「胸が大事」と言う発想は生まれない。
しかし、日本国に海岸が広まったのは20世紀の中頃だったのだ。
骨の髄から戦争に負けたのはナチスドイツだったのだ。
男が信用を失えばコミュニティが崩壊する。
胸を隠すことの喜びと、最高善にそれを見せること、それはドイツルター派の信仰であった。
哲学の権威を傷つけあっていた。
世界史上、最後の「なんでもうまくいった男」を傷つけることは当然アメリカ合衆国も考えなければならないことだったのだ。
「神が崩壊すれば全てが崩壊する」
このような「社会ネットワークとしての宗教」はイスラムにも仏教にもヒンドウー教にもある。
しかし、カントのように「ノクターンセックスによる処女覚醒」(バージンバース)や、三位一体のいじめによる男運の悪さに関する議論は、アメリカ合衆国は手をつけていない。
世界がカントを恐れたのは事実だよ。
おっぱい見せて。


2016年8月9日花火大会。黄金という極めて男性的な色で花火師たちは女性ファンを魅了した。
宇宙と人間の本来あるべき関係を感じた。
二対一のいじめをやっていた連中もこの時だけはすべてを忘れたよ。
イエスの出身母体の三人組のいじめっ子よりもイエスは劣っていたが、あらゆる人間よりも優れていると思った。
老いた父も、子なるイエスも和解するというのは恐怖の宗教だ。
すべての男たちが金色の神聖なる存在に思えた。
日本語が話せる人にカントを、そして新カント派の学問をもたらそうと私は決めた。
女性が持っているお金は1850年代のチャンピオンだった。
800のお星さまが全く見えない新月の夜に海はクライマックスを迎えるのだ。
「昔のことを思い出す」というのは人間を変えてしまう最も基本的なことだ。
さまざまな男たちが詩とともに私の心を駆け巡った。
「偉大な男たちだ」
ローマ法王は、この時、人間たちをひとつにしようと考えたのだろう。
三浦海岸花火大会ダイジェスト。

女友達が彼氏を自慢したら奪ってしまうという考えは知的なものではなかった。
「スピリチュアルな自信が欲しい」
海岸クラブには多くの哲学者がいる。
ゲーテのような詩人もいる。
心の偉大なる裁判だった。
隣の男を信頼するとはこのようなものなのだ。
1845年の7月4日にアメリカはイギリスからの独立記念日として盛大な花火大会をやって、それ以来、世界に広まったものだった。
この感動を高いところから低いところに伝えよう。
ヴェーダ、ゼンダベストラ、聖書、ホメロス、ダンテ、シェークスピアも花火については語っていなかった。
16000もの部族がケンタッキー、テネシー、カロライナ、ジョージア、バージニアに住んでいた。
このような「チェロキーネイション」にも高い教育を受けてミシシッピー川を渡るものがあらわれた。
奴隷に何かを感じて欲しかったのだ。
河合その子 シャングリラの夏。


海では純粋な女たち。この女なら俺の世界を広げてくれそうだ。
女の心は海のように広い。なんでも教えてくれる。
話し合いのパートナーとなるだけで俺は出世ができるんだ。
アプリオリ(男女の会話)を磨くのにちょうどいい。
女であること、感受性が豊かであること、これから人生を共にしていくこと。
女の現実は海では見られなかったよ。
いい体をした女は男の経験が少ないんだ。
海で水着になってそのことをさらけ出しているんだ。
男の話を聞いてくれる女は執筆活動にも生かされるよ?


冨樫義博の書斎。



ヘミングウェイの書斎。

これが人間の経験のすべてなんだ。
男の重さのすべてを女は搾り取るだろう。
違う世代につながるというのは、女の「純粋な考え」の大勝利なんだ。
今は無限だし、起源は可能性に満ちているし、世代は続いていく。
すべて純粋さから始まっている。
仲間がいるよな。人間の学問から行動に移したな。
そのようにして海への道案内は始まるのだ。

カントは生涯にわたって数学者だった。
どの哲学者もカントのしかばねを超えていかなければならなかった。
カントはなぜ男女の間でイコールが生じるのかを考え続けていた。
トラペジウムという物質を考えたのだ。
台形には二本の補助線を引かなければ内接円は生まれない。
同調と嘘という二つの円が生まれた。
分かるものと直感とも表現できた。これが恋愛論の基本(パラダイム)と呼ばれた。
「男女は平行ではない」
これを知らなければならないのだ。
男女の間の「見えるトラック」は、平行ではない二つの線しかなかった。
トライアングルを作らなければ内接円はできないよ。
つねに三つの方向を必要とした。
三角形は男を作る。
この三角形に興味がないのならばいいというのが男女の世界だ。
似たような円ができないのならば興味を持てないだろうね。
平行ではない二つの線がそう考えていた。
およしになってねTeacher.

似たような円が窓から外を覗いているんだよ。
思い切りぶっ飛んだ補助線を描いて見せた男なのかね。
なんでこの男がこんな女を?
女の直感だね。
海がぶっ飛んでいたんだよ。
海には「胸のお誘い」があったんだ。
五体満足、七体満足。
直感を生かすってそういうものだよ。
嘘と同調がピッタリ合う瞬間って純粋になる時しかないよ。
綺麗な円を二つ描いてごらん。
時間と空間に男女を解き放つしか答えはないんだよ。
女の嘘の世界に立ち入ってはいけない。あまりにも固いからね。
男の三つ目の足なんてものはどっかから来るだけなんだ。
時間と空間に解き放たれて勃つ奴はいないよ。
人間はあまりにも小さい。
細かい人間関係も忘れるよな。
窓からみてるPTA おニャン子クラブ。

ピュアな女の体。
電話だと別の男からも電話がかかってくる可能性がある。
プロポーズを電話でしてはいけない理由はここにある。
「電話してくるだけでは私を抱けませんよ?」
私の感じやすい部分と、電話の向こうの男が感じている重力と速度を考えた。
電話だと裸になるのも自由だし、電話はキスと同じだった。
HD 酒井法子 シャワールームに電話 野音 9・21 (Natural color)

自然に脱げる海が好き。
女の真実をごく自然な形で表現できる。
女が一人水着になれば、男が二人マークして落とせなくなる。
女が経験で喜びを感じることに対して、男が配置につく。
松浦亜弥 - Yeah!めっちゃホリディ [PV]

「裸で電話、自然に脱ぎたい」二大ピュア。
この二つに女は男が別の男を想像することを知っているのだ。
裸で電話は数学の基礎になり、自然に脱げるは海の研究の基礎になった。
胸の誘惑とおちんちんから複雑な計算が生まれる。
男女の数学の世界。

女にどれだけ詳しいかを確かめたい。

女には分からない世界に男を誘惑するの。
電話しているときだけは彼と時間を共にしている。
男社会の話をまくしたてないでね。
私が語る出来事をよく聞いて、でも、嫌いというのは好きという意味だとかの嘘は見抜いてね。
7+5=12の意味をご存じかしら。電話は7で、私の指は五本。それがお風呂。
私の言葉を分析してほしいの。
そして沈黙を大事にして?
男女のラインは平行ではなく台形にできている2次元だし、空間においては3次元で表現されるしかないものだ。
台形に内接円を書くためには二本の補助線が必要で、それを見つけたら電話を切るイメージ。出来事か嘘かを見抜いてほしいの。使い分けね。
何がどうでもよくて、何が真剣かも二本のラインを引いて欲しい。
いいお勉強よ?
これを知るだけで分析できる。

私には男社会の話をしないで、でも、男社会で行きている証拠を見せて。

男社会の証拠をもっている人が女心を知っているのならば、三人の女を意識しながら歩いているのでしょうね。

お風呂での7+5=12という純粋数学はこれで終わり。

「すべてに属する男」に海に誘ってもらいたいの。7というのはそういう意味。想像力と理解力が男にはある

この「スキーム主義」に立ってくれれば男女は平等なの。
女が純粋さを維持できるから。
男が7で、女が5という理論に多くの哲学者がコメントを残した。
「男は無限ではなかったのか?」
男はビッグイニングを作ることがあるからね。

女が店番をしていて男が入ってきた。「5ドルです」と言った。
そのあと男が二人入ってきて、女は「1ドルです」「10ドルです」と言った。
男が「私のことを好きと言ってくれた」それだけで値段を変えてしまう。
これもピュアの探求として明らかになった。
「何もないところからは何も来ない」とも言われ、女を愛するだけで物事が変わるのだ。

浄土(ピュアランド)とは何か。

【写真撮影コード】
女は嘘をつく。撮影されるのが嫌だというのも嘘である。
挿入と感じ方をイメージさせる写真である。
教えと楽しいことは異なる。
「トラクタタス」
女をどう思っているの?
子供は男が作る撮影のルールにしたがう。
七つのルール。
1.世界は膣である。
2.子供のことを考えよう。
3.挿入への感じ方がある。
4.挿入に感じる女だとしっかり理解すること。
5.彼女を祝福すること。
6.人々がその写真を噂しないこと。
7.秘密を絶対に守ること。

写真撮影とは「集中する瞬間」であり、男は単純すぎるのだ。
男たちは被写体に対して団結しており、それはマスターベーションと関わる。
その対象になることには女は男とは別の考えをもっている。
写真は祝福であり、被写体の女も男を祝福したいのだ。
被写体はマスターベーションの対象になることを知っており、見る男はまるでプロポーズするがごとき行為をする。
プロポーズは言葉でしてほしいし、女も男に対してかなり遠回しにそれを要求しているが、最後に写真はちんちんで崩壊する。
「プロポーズの言葉の良し悪しは私が判断するからね?」
プロポーズの言葉は子供だけに伝えるのよ。
写真が噂になってほしくない理由ね。
これで子供に延々と哲学の講義ができるわ。
本には限界があるから写真にしたの。
どう?写真はマスターベーションではなく言葉だと分かったでしょ?
でも、写真映りだけで私も賢くなれるのよね。

メルブルクでナトロップは「女心の壮大な世界」の集大成を作ろうとした。
もはやイケメンの時代は終わったのだ。
女心の向こうに神があると考えたカントに対して、「女心こそが神である」としたのが新カント派だった。
ドイツ観念論哲学が「女心」を標的にしたことから急激に学問は発達したのだ。
「知識の意味ってなんだろうな」
学問を男のものであるとしたし、男が何をいうのかを女は黙って聞いていればよかった。
こんなユニークな人が私だけのものなのかしら?
それをひたすら探求した。
退屈さがどれほど「法」の探求に役立つかを知らないといけない。
学問は男がやるものであり、女が楽しむものだ。
本当の知識というのは妻がいてこそ成り立つものであった。
そして、イケメンが女とともに歩くのではなく、妻のいる知的な男を女たちが追いかけるという図式をドイツ観念論哲学は考えていたのだ。
どうしても「知識の最大化」を行いたかったのだ。
「女が追いかける」これがなければ学問は発達しない。
Melody 世界中の微笑みを集めてもかなわない。

立ち上がったら置いていかれる世界だったので、ナトロップは秘密のプロジェクトを進行させていたのだ。
惑星の位置は男が研究し、女が聞いている。
「学問は男のもの」ということにどれだけ女が満足するかが問われた。
モテる男とのセックスを妻は喜んでいた。
このような男の活動を「仕事」と呼んだのだ。
勃たない男にはできないね。
セックスをノクターンでもラメラでもなく、より「女の直感」に向けて構築したのがナトロップだった。
男はモテればいいと割り切っていたのだ。
「まだ経験したことのない射精」と、「まだ完成していない射精」の二つがあった。
男は社会で基盤を作り、女はその男に喜びを感じるというモデルができた。
この仕組みを作っただけでもドイツにロゴスが誕生した。
学問は男から女への一方通行となったが、イケメンの時代は終わったのだ。
ドイツ観念論哲学の登場によって、女たちが若返ったとも言われている。
Melody 運命95.


主観とは女の心であり、少女マンガの世界である。
客観とは男の心である。
意思や欲望が女にはある。
世界で行動したいから神・男を求めるのだ。
それはもはや彼女たちにとって権威である。
マンガを読むことすらやめてしまう。
仲間も必要ないと思ってしまうのだ。
なにかこの世界に法則はあるのか?
体とはなにか?
何が彼女たちに価値を与えてくれるのか?
したがうこと、情報、信じている人。
すべてが終わりを告げる。

マンガの世界が、彼女を誰に導くのだろう?

彼女が、マンガの世界から、現実の男に向かうべきことを悟ったときに体がついてくる。

結局、マンガの世界の「固有」ってなんだろう?女たちは語り合った。

少女マンガってそれほど物事がうまくいくのよ?

でも、マンガで読んだ台詞を本当に彼が言うことがあるの。

これが、女のカンの正体だと彼は知っているのかしら?

「自分で火をつけなければタバコって吸えないんだぜ?」

「ジンとトニックを混ぜようとしたら、トニックがガソリンだ!と言って彼が止めてくれた」

「発狂男が目の前のボタンを知らずに押したら世界的な核戦争が起きた」

「虐待を批判した」「子供思い」いろいろある。

「ソナタを引き続けただけで孤独が歴史になった」

「無敵の人に挑戦した」

「女目当てじゃなく何をやっているの?」

このボールの見極めか、出来事の記録を女はやっている。

「あの人の孤独に関する議論」
歴史上の人物も孤独だったのかな?
今のニュースをどう思っているのかな?
彼もいずれはニュースになるのかな?
でもそれが教科書に載るのかな?
すべて孤独から生まれるのかな?

「彼の孤独が知りたくて海に行った」
私にはサンドイッチを我慢することしかできなかった。

「大学の講義って何?」
いつか教授をやっつけてね。
そのための孤独なのでしょう。

パン屋のケニーは、彼のためにパンを焼いたけど、マリー・アントワネットのために巨体なケーキも焼かなければならない。

女の体に必要なもの、そして十分なもの。
ケニーは、歴史と凡人について考えたし、歴史を止めなければならなかった。


政治家にせよ、バカをやらかしてニュースになるやつにせよ、パンが必要だし、それで十分だろ。


「学会への旅」
教授が旅に出る。
女の体が目当てだし、仕事もある。
キャサリンとの終わりが必要だった。
しかし、彼女が受け入れるとは思えなかった。
学会というのは女との関係を終わらせるのにいいものだよ。
知性が満たされるのかな?
この薬は痛みを消す。別の薬は高いだろう。
新しい薬はあるのか?
女の痛みも消えるんだろう。


「私の体」
私の体は私にとって特別なもの。
それを彼が拒んだら、意味を考えてしまいます。
アラスカが海にいくよりも高くても構わないと思い、飛行機に乗るのです。
タンポポ 私の顔

彼のいう通りにあえいだらいいの?
そして私の体は特別なもの。
彼の孤独がテーマです。
「汚ならしい」
それをツールにしてしまうのが私。
終わった時に私は崩壊してしまう。
でも歴史でしょう?
部屋の明かりをつけるのでしょ。
それが、いつものソナタ。
これを知ることが会議に出る条件よ。
学校ではワクチンさえやっておけば病気にならなかったけど、これからはそうはいかないわ。
私の崩壊と、あなたが電気をつけることのどっちが大事かしら?

「私は負けてはならないの」
私にあえがせるのならば、私はなにかを伝えたいの。
「あえぐ」「肉体美」「弱さ」
歴史になりたいから私をあえがせるのでしょ?
そのためには肉体美が必要よ?
でも、あなたの弱さがそうさせるのね。
あえいでいるときの私の孤独を知っている?
でも、肉体は歴史なのよ。
私を抱いて歴史になった気がする?
それは小さな歴史と孤独しか残らないとさとった。

「私が果てるのは危険なものよ?」
田中 れいな - 愛の炎

パンをサンドイッチに変えたいだけなのに、あなたは別のことを言うわ?
そのために私は私を消したの。
あなたの肉体の強さと、心の弱さ。
「本当に教授を倒してね?」

あなたがつけた灯りに、何かの希望が見えた。
だから、ケニーは、マリー・アントワネットのために巨体なケーキを作っていたのだ。
プロキャスティン教授と旅に出て、私のこの痛みを止めてくれる薬を、探してくるしかないでしょうね。
「なんのために彼に崩壊させられたのかしら?」

歯医者さんは、歯が虫歯になれば抜くけど、私の体は彼に拒絶されたら旅に出るしかないじゃない。
成績が優秀ならば彼を受け入れられるというものではないのよ?
いつかわかり会えるときが来るかしら。 
優秀な人は私の体にこだわるのよ。 
彼は孤独を知っているということを私も理解してあげなきゃ。
偉いからって私を慰めものにしないでね?
女の体ってみんな大して変わらないのよ。
彼は私をぶつのよね。
彼はまるで私にモデルさんになれと思っているみたい。
成績が良くても口説き文句も知らないじゃない。 
頭が良くても口説き文句を知らなければ第三次世界大戦でも起こすんじゃない?
私は核兵器のために男の孤独を尊敬しているんじゃないのよ?

私があえいでる瞬間、私が孤独を感じているか、歴史を感じているかは人それぞれだと思う。
でも、将来を何となく感じているのは事実なのよ。
晴れの日に洗濯物が乾くとか、いろんなことを知っているのが私。
子供がこんなことをしないことも知ってる。
彼が私という他人に射精したら、また私のところに来るのも知ってる。
一緒にお庭に水をやりましょうか?
私への射精ってそういう意味なのよ。
他人への射精って、お庭に水を撒くことにしかつながらないのかしら?
あなたの世界の広さが、私に満足してくれるかも大事よ。

あなたの射精で私は虐待されたのよ?
ましてや、撮影していたら、私はそれを見た人にどんな姿で満足を与えたのかは考えたくない。 
人々の噂まで心配しなければならないじゃない。 
私が歴史に残ると思ったら大間違いよ。
孤独になるだけじゃない。
ちょっとしたお菓子が報酬なんでしょう?

強い男と結ばれたいと思う気持ちは確かにあるわ。
でも、チョコレートにしかならないの。
強い男とチョコレートは同じなのかもね。 
そんなときの私のあえぎは孤独なの。
なにかを信じながらあえぐこともあるわ?
そんなときは、人々の噂ではなく、なにかを予感しているの。
二人だけの世界でないのなら歴史ではないわ。
なんとなんぼんやりと予感しているだけ。

私が綺麗だから私を抱いて、満足したといってくれる男もいるわ。
でも、みんなに自慢したいだけでしょう? 
貴方が今までの女の手紙をすべて焼いてくれるのなら、私は本気よ。 
貴方が私によって幸せになるのを直感で感じるから。

セックスの時に叩くかどうか、子供に興味を持ってくれるかどうかは、私の体次第なんでしょう?
あなたの暴力と満足はそのように見えるの。
「体を見ないで射精する人がいる」
それは弱い人でしょう?
強靭な肉体をもった人は私の体を見ているの。
「ヒールの高さ」

SPEED Final Dome Tour - Confusion

体ではなく、私が信じているものが目的なのかしら?
体が朽ちていくと、いろんなものを信じるようになる。
それに向かって射精させるのです。
私が果てたあとにそれを口にするとケンカになるので、それを「クラシア」と呼んだ。
クラシアとは、彼女のボスだよ。彼はそれを殺そうとするんだ。
だって、果てるというのは私が崩壊することでしょう?
信じているものを壊されるの。
セックスは、暴力と満足でしょう?
説明を変えていかないとね。


「騎乗位の話し合いのパターン」

二人だけの話し合いで、歴史上の人物を演じる。
挿入が歴史だと位置付ける。
私は歴史になりたいの、歴史になるのよ、そして孤独へ。
このシーン、撮影しているんでしょう?
私の美しい体を見て?
金曜日の買い物を木曜日に変えろよ?
俺は自転車乗りから、パイロットになるからよ?
これがもっとも強い。
Joe Hisaishi - Nausicaa 久石譲『風の谷のナウシカ』

歴史上の人物に挿入によってなれるよ?
というのが中くらい。
私は体に自信がなくなったわ。
私を野球につれてって?
俺のいうことを聞いて平日も買い物に行けよ?

やっぱりお前はダメだな。
というのが一番弱い。
体が貧弱になった人の場合。
私はもう挿入の孤独が怖いの。
なにか無茶苦茶な予言をして?

騎乗位での話し合いのパターンだ。


そういう旦那様がいる。
それが女の体が老いていくことと、社会での存在感につながるだろうね。
男も、老いた女性を愛せるんだ。

「セックスする前に私の話をしっかり聞いてね?」

「孤独の中ですべてを振り返ったときに女は昇天するのをご存じ?」

男の肉体、私の肉体美、そして、私の価値。すべてを振り返っているのよ?

「彼と対等でなければならないことをこのとき悟った」

キスと胸が真実ならば喜びは本物よ?

ルイス・キャロルは、亀はこれを受け入れるのだろうか?というパラドックスを考えた。
私をどこまで理解しているのかしら?
「彼を信じる。簡単なこと」

正解と間違いの探求を女は望んでいるのではないか?
「もう、台無し」
私の体は知らない方がいいのよ?
「だって、私は間違ったものを信じているもの」

女の世界を知らない人の方が賢いことを私は知っているよ?

意思と女の世界の探求は違うんだ。
女に興味がないやつの方がBMWに乗る、それが男だろ。
BMW誕生の秘密だ。


ヘルマン・ロッツェは、海で彼女さえできればすべての学問が発展すると考えた。
ヘーゲルは顔にこだわりすぎだ。
我々は悟りではなく、ロマンティックなものを求めていた。
大事なのは「話すこと」だった。
心を知るためには話さなければならない。
「人種の問題をどう思うか?」
同じような人体の仕組みを持っていながら、異なる人種の間のセックスは気持ちいいだろ。
違う空気、異なる環境で育ったもの同士だ。
黒人はチンパンジーなのに頭がいい。
このような発想もアップデートする必要があったほど気持ちが良かった。
人種というのは神からの素晴らしい贈り物だね。
ドイツのどの哲学者もこのことを語っている。
アゴンというのは「純血主義」を意味する。
人種が異なる連中に怒りを感じる者がいたからだ。
気持ちがいいわりには問題が多すぎるな。
しかし、ロッツェの議論は1848年にヨーロッパ大陸のみならず、英国、アメリカにまで鳴り響いた。
プロテスタントとも意気投合した。
1960年代まで「異なる人種間のセックスの気持ち良さ」は噂になっていた。
ロッツェは、このことを生物学にまで遡って探求したのだ。
階級と目的を知る必要があった。
女のからだが何を求めているのか?
ロッツェも新カント派に名を連ねたのだ。
ペ・ヨンジュン。

ロッツェの「女が子供を産みたいという感情を持っている」ことを利用したサービスだったのだろう。
このことは、人種が同化しない決定的な一撃となっている。
劣等人種が生き生きとした力を持っている、これが楽しかったのだ。
決して関係は持たないけどお兄ちゃんみたいな人だね。
気持ちのいい神なんてものはよその国にいたほうがいい。
女たちもその方が自分の世界が広がると思っていた。
すでに知っていることなら必要ない。
コントロールできない外国国家なのよ。
せめて世界を温めるために使いましょう。
本当に安定した状態で世界は止まっているの。
人間は生きているからね。
1850年代から1860年代にかけては「女の奪い合い」が政治コミュニティで起きたために新カント派が復権したのだ。
カントは「女の心は大きすぎる」としていたが、それを政治の側が引き受ける形となった。
言葉で口説かれて感じているのに彼は外国語を話すのよ。
男が使う形容詞と動詞を聞いていた。
私の知らない外国語で男女が話しているのを聞くのは動物的シンパシーだった。
彼と彼女の恋愛は大きな石を削って形を作って行く作業にしか見えなかった。
ヨンという名前が世界に知られた時についていこうと決めたの。
ペ・ヨンジュン。

勃起したペニスと小さなおちんちんは純粋さが違った。
女との関係にもとづいて勃起するのがペニスだ。
他の男もいるのにな、という発想がなくなるだけ勃起したペニスの方が純粋だった。
妻とは両思いであったし、世間の女たちとは片思いの関係にあった。
これが妻のおちんちんへの感じ方だった。
純粋ではないおちんちんとは世間の女に向けられるものだった。
勃っているペニスはもはやお兄ちゃんのものではなかった。
プロポーズですらあった。女はコミュニケーションの成立を喜んでいたのだ。
「これ以上、話し合う必要はないのね」
そして女は孤独の時に戻ることを知った。
男が勃たないうちはいろんな女が関わってくるのだ。
女は自分の局部の意味と子供について考える。
そして、自分の男より劣った人生が男の学問によって生かされたことを感じるのだ。
これが自然の摂理だったし、神が与えてくれた幸福の意味だったのかと思うのだ。
男の仲間づくりとはそのようなものだったし、よそ行きの女の前では勃たないものだ。
快楽とは妻の間で共有されるものであったし、あとはどのような言葉(ロゴス)を考えても仕事に過ぎなかった。
勃起とグラビアアイドル。

新カント派はとにかくモテたし、ハイデガーが考えた世界規模で展開された「男の失恋」とはなんだったのか?とみんな思った。
ハイデガーは、若き日に失恋をしろと教えていたためにロッツェとは対立した。
「ギリシャもそう教えていただろ」
ヨーロッパの革命の嵐は男の失恋をなくしていたのだろうか?
黒人たちはフォークソングで失恋に泣いたし、ヨーロッパが忘れていた文化を発信し続けた。
ロゴスができたらみんなが見失うものがあることがわかったのだ。
Bz.


カシーラは、数学を研究したが、音楽を愛していて若い女の方がいい反応をするとした。
女のからだが射精に対してだんだん鈍くなっていくのを感じていたのだ。
見知らぬ男を「お兄さん」と呼ぶ人が感度が悪いため「お兄さん理論」と呼ばれた。
男女の幾何学模様のどこかにいる男だという思い込みがあるんだろう。
そのような女は、何か苦労をともにした男としか関係を持たない。
こすりあうだけでは満足できないんだろうね。
松浦亜弥CM.

また、カシーラは「図書館には文化の真実がある」として、図書館では性欲が増し、デートに都合がいいとした。
人々を癒した事件、憎まれた事件などに関する様々な本があるのだ。
何かいいアイデアが図書館にはあるという心理が働いた。
性欲が増すということは勉強意欲も増すことを意味する。
そのために、決して多くの本を読めるわけではないが図書館は活用された。
ロマンスは偶然のしわざ。

また、カシーラは「妻のからだからは仕事をする上での根性がもらえる」としたし、妻の答えから女の真実がわかるとも言った。
妻は「文化に満ちた男」に感じていた。
若さを無駄にする時期は女と語り合ったほうがいいとも考えていた。
外では澄まし顔をした女とも話した。
それだけで男は働く力が湧いてくるものなんだよ。


ランジェは、高校の教師からキャリアを始めたが、なぜ体育館で勝った男が気持ちいいのか?を探求した。
女たちは自由と「父の大地」を愛していたのだ。
トーマス・アーノルドは単純に「男がいい体をしているからだろう」としたがランジェはさらに掘り下げて考えた。
キリスト教が常に「拡大」を目指していたことに根ざしているものだったのだ。
学校で何を教えたのか?拡大ではないか。
夢をあきらめないで。

また、女子高生が体育館にかっこいい男がいるのになぜ体を売るのか?
という指摘をしてアルバイトというものを考えたのもランジェだった。
都会の貧困層にそのような女子が多く、それはもはや自然の摂理だった。
マルサスもこのことにはかなり悲観的になっていたようだ。
体育館よりも社会で生き残りのための戦いが行われていた。
戦いが若い女子に向けられるのも当然だとされた。
本気で男らしさを追求したら子供が何人できるかわからない。
このことが革命を志向した時代の背景にあった。
フリーセックス中産階級やブルジョアを作り出すしか答えはなかった。
しかし、マルクス・エンゲルスは、フリーセックスのブルジョアを生み出せば治るというランジェの考えを「永遠の法ではない」と批判した。
ヘーゲルの弁証論などなんの役にも立たないとランジェは考えていた。
問題の解決にアウフヘーベンなど子供すぎるとしたのだ。
マルクスの古典を理解するためには、社会で生き残りの戦いを展開すると女子がどうしても標的になってしまう現実を知る必要がある。
頭文字D.

キリスト教の復権はヤングヘーゲリアン、つまりイケメンの復権だった。
高校でスターを作る必要があるという認識に至った。
「カントに戻れ!」とは若者に向けたメッセージだった。
イエスはもっと若かっただろ。
しかし、ここでもマルクスとランジェは対立した。
「女子高生のからだにこだわり過ぎていないか?すでに自由になった女子大生と変わらないではないか?」
このマルクスとの論争の過程で、ランジェはバックを必要とし、メルブルクのコーヘンとつながりを持つようになった。
新カント派が海に集まった理由はここにある。
試験の成績が学生時代という退屈な日常を決めている。
太陽の光を浴びて、いろんな人に溶け込んでみるといい。
カントの「喜びの世界」を現実と日常に変えていったのだ。
そんな生き方もあったのかな?
と語ってくれる大人がいなければ若者も動けないものだ。
若い女のからだを政治に利用したマルクス・エンゲルスには怒りがあった。
それが新カント派なのだ。
生きる喜びを感じた若者はマルクス主義者ではなく新カント派だった。
ランジェは「偉大な勝利」に酔った。
色や音、匂いはおちんちんにはないものだった。
二次元のポスターを三次元にしたのだ。
ヘルムホルツが18歳でパチンコを許可した理由は「大学に入ってから恋愛をしろ」という意味でもあった。
ランジェは、メルブルクに属してからはヘルムホルツとも出会っていたのだ。
いちご白書をもう一度。

お父さんとお風呂に入ったことのある女子は、高校の頃から恋愛をしていた。
ランジェは、神の見えざる手が恋愛マーケットにあることを利用して高校生に大学に行ってもらおうとした。
セックスを気持ちよくするのが宗教だとするのならば教会にも期待した。
貧困層には教会しかなかったからだ。
トイレにも隠れて行く女性像はこのように用いられた。
女というものがどういうものかを本当に悟るのはフロイトを待たなければならなかった。
大学生になったらこれが仕事の勉強になるんだ。
「女心を知る」
それだけだよ。
直感はどの女も天才だよ。
産業革命以降の社会人のサバイバルは若い女社会にこんな宿題を残していたのだ。

ヘルマン・コーヘンは「ロゴスがドイツで完成したら女が嘘をつかなくなった」としている。
第1次世界大戦の真っ只中に、ドイツのキャンパスはこんなことに熱中していたのだ。
ドイツ第三帝国は常にこのことと向き合っていたのだ。
ポーランドのブレスラウで、修道院に入ることを拒否して大学に進んだコーヘンは女は嘘をつかないという「ユダヤクエスチョン」を誇らしげに掲げた。
ユダヤがドイツに何をもたらしたのか?
これを問題にしていたのだ。
まるで女たちが男の学問に協力したがっているようだった。
それほど新カント派の世界は男が際立った。
男のキスと女の知的空間はそのようなやり取りを始めたのだ。
「海での男女の出会いが学問のすべてを変えてしまった」
新カント派の論客の言うことは次々に実行に移されていた。
世間の女たちは、女の負の側面を隠しながら男と接した。これはカントが企画したものだったのだ。
哲学というのは「学説」ではなく、男にガンガン突かれて認知が歪んだ女への「批判」なんだよな。
これが学問の真実でもあった。
男と女のララバイゲーム。

1870年代から1880年代にかけては歴史学の見直しが進められた。
ことを企てる連中の背景に女がいることに興味が向けられたのだ。
プラトンは散々、詩に残していたことであったが、このことで歴史学は何かを見失った。
歴史学で男女の幾何学模様なんて到底、想像できないと考えられたのだ。
哲学の無限と歴史学の有限がここで明らかになった。
カントが「外でおしとやかに振る舞う女」を想定したことから、歴史の時間と空間が変わってしまったのだ。
歴史はもはや計算できない、という境地にも達した。
それが「世代間に伝わる」物事の真実だっただろう。
幾何学模様を想定しないととてもではないが歴史は動かせない。
男だけが語る歴史の真実だった。
裁判官だけが知っている秘密だったので歴史には書けなかった。
痴話喧嘩ばかり裁いていた裁判官の物語は純粋なまま保存しておくことにし、歴史とはみなさなかったのだ。
しかし、男たちは歴史というものをもっと知っていたのだ。
モーニング娘。 ジェラシー ジェラシー。

人間らしさをどのように後の世まで伝えたらいいのだろうか?男の努力と度胸しかないんじゃね?
確実に女は歴史を見えなくさせていた。
哲学は完成したし、男の肖像も記録されるようになった。
人々は歴史よりも「愛した音楽作品」を語るようになった。
その男は音楽作品から何を悟っていたのだろうか?
これが問われたのだ。
賛美歌を歌った王の記録も丹念に残した。
宗教は、王の愛した賛美歌から歴史を記すことにしたのだ。
キャンパスのユダヤの歴史観は確実に変わっていた。
何が後の世代に影響を与えるのか?
考えが変わったのだ。
「汝」という表現も「彼」と言いなおすことにした。
しかし、「汝」は「私」でもあった。
みんな罪深い男だったからだ。
「歴史学から何を学びたいのか?」
深い問いかけがなされるに至った。
「物事の治め方であるはずだ」
そこから一気に「神のコレクションの方法」は変わっていったのだ。
中国の暗い顔をした男も参考になった。
中国は最初から女兄妹が男に与える影響を語っていたではないか?
それが人間というものだろ。
大人たちは暗い顔をした子供に目を向けるようになった。
ユダヤがシオニズム、メシア信仰に発展した瞬間だった。
コーヘンは「女を集めた男」に注目していた。
しかし、コーヘンの立場は1980年代に人々からの支持が得られなくなった。
「基本に立ち戻って面白い物語を書こう」
というのが歴史学になったのだ。
ムキダシで向き合って モーニング娘。

マックス・ウェーバーは、「社会がどんな男らしさを共有するのか?」という観点から、プロテスタント的なアイドルを歴史上の人物とすることにした。
君主は後進の指導に当たるべきだとしたマキャベリや、王子は宗教界を独占してから君主になれとしたホッブス以来のユニークな考え方だった。
ウェルヘルム帝国のもとで教育を受け、役人になり、東ペルシャの「東エルビアンレポート」を書くことで歴史を記すとは何かを感じたのだ。
ウェルヘルム帝国とは新カント派が作り出した世界という意味であり、19世紀にあったものである。
彼は第一次世界大戦の時の「無限の潜水艦攻撃」を克明に記録に残すことで戦後の議会で有名な存在になっていた。
一方で、ワイマール憲法やベルサイユ条約には批判的だった。
彼はロマンティックな「歴史の記録係」であり、哲学者としての側面は弱い。
しかし、新カント派学問の歴史学に対して何をしでかしたのか?を知る上で重要な人物だ。
「男らしい知識として歴史をまとめよう」
それはまさに、歴史上の人物のセックスや口説き文句を排除しようというものだった。
人間にとって「悔いのない」物事とは何か?
「人生に満足したおじさん」を書くことにしたが、女の問題とどのように向き合えばいいのかは悩んだ。
ブレーンがいて、何か特別な人が最もふさわしいモデルだった。
その人にどのような人間が関わったのかを記せばよかった。
キムタク。

「自由で勝手」な人が「自由に世界を」コントロールする。
それならばカント自身がそうだっただろう。
「カントを育てよう」
それが教育となったのだ。
ニーチェもカントの人生をアニメ化しただけだった。
「経済や社会はカントがコントロールするものだ」という共通認識があったのだ。
つまり、「女心を鷲掴みにする」という意味だ。
社会はウェーバーの記述通り男性化したし、カントは確実に広まった。
なんでもうまくいった最後の人物がカントだった。
学問があって、他者に寛大で、しかもコントロールしてみせたのだ。

カール・シュミットは、議会批判、フリーセックス批判を展開し、「いつかいい出会いがある」と主張した。
ワイマール体制は彼が作ったものであり、女たちの怒りは絶頂に達した。
1933年にヒトラーが政権を取ると真っ先にヒトラーと結びついた。
痴話喧嘩を裁いている裁判官を放逐し、ユダヤの自由恋愛キャンパスを封じ込めた。
純潔だけが出世を約束した世界だった。
すでに経済フリーセックスは存在したので、いい出会いがある(主権)というテーマからファシストイデオロギーに入っていった。
「どれほどそれで成績が良くなるか?」しか考えていなかった。
司法試験合格の向こう側に何があるのか?
痴話喧嘩は混乱だったので法律に当てはめればいいだけだとした。
「いい出会い」「成績が良くなる」
それだけを考えた実験だった。
「男女はネガテイブな出会い方をするものだ」
ローマの独裁者は痴話喧嘩を嫌って、いい出会いを人々に与えた。
味方の内部の争いをやめさせるために考えたものだ。
ワイマール体制は、近代民主主義だった。
しかし、運命を信じすぎていたし、人々はそんなに単純ではなかった。
痴話喧嘩をやめろ、内部で争うな、といえばみんな投票したが、人々の「純潔競争」を刺激しただけだったのではないだろうか?
議会は有効性を失ってしまった。
敵と味方をはっきり分けるのが純潔競争だったのだ。
多数派を作るってのはこんなに簡単なんだ、ということを示したが、政治は機能しなかった。
三浦理恵子 涙のつぼみたち。

[MV] ふたりの愛ランド / 石川優子とチャゲ

他人があるからには射精がある。
他人には心があるし、もはやその心は疑ってはならない。
しかし、射精に関しては否定されることがあることを知らなければならない。
これが、議論の出発点だ。

誘惑したい、しかし、間違いも犯した。

これらを、もっとソフトな表現にしたのが音楽というものだよ。

音楽を聴いて、先人たちの恋愛論を聞いてみるんだ。
そして、海に行ってみるんだ。
そのあとに、彼らの恋愛論は本当だったんだなと実感するんだ。

初体験の女にこれを聞かせたら逃げていかないよ。
Melody(アイドルグループ)- Oh Please! - PV

男の論理は確かにあるよ。
でも、女だって男社会で生きていきたいだろ。
芸術を拒絶されることもあるよ。

車にのって海に来るだろ。
男女は対等なつもりだよ。
電車でもそうだ。
「俺の立場」を語ってみろよ。

俺がすべてだ!と言っても女が否定するんだぜ?
若いっていいよな。男女の賢さの違いがあまりはっきりしないんだ。
女の方が頭がいいという男すらいるんだよ。

夏が終われば「女は美しい方がいい」ということと「男の永遠」を知るだろうね。
すべての芸術が理解できるようになるんだよ。

女が芸術を否定したから、男は男らしさの探求を始めるんだ。
「男だけの社会で強くいきるとはどういうことだろうな?」
【夕やけ】夏休みは終わらない

体験前と、体験後で男はどう変わったのだろう?
写真を比べてみな?
顔つきが変わった男の写真がみたいんだ。

これで物事が治まるんだ。
歴史がそういっているぜ?

女は、自分の無力さに落ち込むよ。
でも、なんだか直感を身に付けるんだよな。

初体験が神経に影響を与えるのか、直感に影響を与えるのかは、色々と仮説はあるよ。
でも、外見が変わるんだよな。

結局、初体験なんてものは、文化が作り上げたマジックにすぎないんだよ。
なんの意味もないんだ。

女の胸をもんだと言ってまわるだけで周りの若い男はビビるだけだよ。

胸を揉まないと、男は政治コミュニティーの電波の恐怖の対象にならないし、話のわからないやつだと思われるだけなんだ。
まあ、言い伝えってのはそういうもんだ。

海ってのはこういうビジネスなんだよ。

女を知らずに神を語れるか?

男には真面目なときもあれば日常もあるよ。
考えに満ちた生き物になるために女を知らないといけないんだよ。
三角関係ってなんだろうね。
三角関係の写真もとってみな?
情報だけで殴りあいが始まるよ。
杏里 悲しみが止まらない
2対2で割りきれることも知るんだ。
こういうことが語れればコミュニティーにフォローワーも増えるよね。
でたらめな詩は作るなよ?

教会の教えだけは疑えないんだ。
世界を目指そうが真実を目指そうがね。

できない、できない、面倒とは関わってられない、ということも知るよ。
でも、世界には何が待っているかぐらいは知らないといけないね。

他人への射精が出発点だと言っただろ。
それだけでも情景を考えてしまうんだよ。

頭で可能性の方程式を作ることはできるよ?
でも、鮮やかな風景を知っている人がいるんだ。

男女の本性を見ないと形而上学って分からないんだよね。
「何を言ってはならないのか?」


女性の側からは、「この人」と決めるのは女の方が男よりも難しいのよ?
興味本意で言わないで!
という反論がなされた。
Melody(アイドルグループ)- 運命'95 - PV

「世界がどうあるか?」ではなく「俺の世界」を信じなければならないのよ?
誰から何を聞いて、何ができるの?
「豊かで複雑」これを見ているのよ。
海とはそういう空間です。
ひとつだけ世界の真実をいってください。
もし当たったら、あなたが相手だと決めるでしょうね。
それだけでもすべての戦術を放棄できるのが女というものよ。
赤の他人があなたのいう通りに動くのよ?
この驚きが分かるかしら?
人の心が分かる人だから。
私の分からない世界に橋を架けてよ。
それが繁栄につながると知っているの。
女には直感があるのよ?大体の世界の雰囲気さえ語ってくれればいいのよ。
たかが他人への射精でも、それを言葉と共に想い出にしたいの。
【MV】真夏のSounds good ! ダイジェスト映像 / AKB48[公式]

真夏のSounds good !は、男を時間と空間に放り出してみたのであって、私のことは何も知らないでしよう?
という問いかけを行ったものだ。
私のことを芸術にしてみたの。
私たちは男を三次元でしか分からないことを知ってる?
何か考えてる。男社会のことを。そういう人。
男も現実にこんな場面を見たら決意が固まることを私は知らないの。
空間に、女性がいるだけで、男の知性に化けるのよ。
今日と明日、日常に戻る男が別人みたいになるのです。
部屋で男が美と芸術について考えてくれるのよ?いいことでしょう?
「キスの理論」「胸の理論」に関する学説が飛び交います。
そこから、現実の女の方が価値があるんじゃないか?
という議論に発展する。
芸術と現実の比較がなされる。
「この女も、あの有名人と美しさでは変わらないからね」
どのみち女への侮辱であることをご存じですか?
だって、男の世界はここにはないんでしょう?
「私は、男の肉体と文字を見ることしかできないのです」
一夏の経験で何も学ぶつもりかないのならやめた方がいいよ?


この女の思想を、男は批判した。
「そんな簡単に相手を決めちゃうの?世の中の複雑な仕組みを俺はもっと知りたいね」
それを語りたいし、女性の水着の美について語りたいね。
貴女は、すべての芸術作品の主人公になれるんだよ?
私は、「つまりこういうことだな」と言いたい問題があるし、信じていたものが間違いだったということも知りたいんだ。


あなたはバカですか?
たった一言で見えないもの、確かなものが見えるのです。


何を言っているんだ。
俺は水着姿の方をみているんだ。
体は心の代わりじゃないか?
2000年以降に、ようやく「女が脱ぐ場所は海だけじゃないな」という空気が広がったのだ。
しかし、海では自然に脱げるだろ。ソフトなんだ。世界を目指す男にとって強引さがなくていいんだよ。
射精というものが知的な営みに必要であるとしても、様々な意味で、困らなくなったでしょう?とも言われた。
もはやアイドルすらいない。真実も分からない。
そんな射精が繰り返されるのだ。
一人で射精する強さと弱さ、世界を志向するのか真実を志向するのかが議論された。





意味に満ちた家を作りたいんだ。
楽しい議論だよ。
真実とコミュニケーションを楽しむんだよ。

彼を駆り立てる衝動を私たちは知っているからね。
いいんじゃないの?

いろいろ考えたけど、男というものを良いものだと思って欲しいんだよね。
女もそう思うからこの議論を受け入れてくれるんだよ。
男が貴女に価値を与えてくれるんだよ。
ケーキを食べるように男を食っていたら自分が無価値に思えてくるのが女というものなんだ。

昔は、ローマ帝国の皇位継承と、自殺に関する議論だったんだぜ?
だって、皇帝だって射精したんだからね。誰に?
女に価値を与えてしまうんだ。

でも、考えてみて?父になるということを。教えてくれるという意味でしょう?
父であり、英国紳士であり、教授なのかしら?
女として人生をいいものにしたいのよ?
人々の感情にさらされた人は自分の価値を知っているわ。
人間であって、人間ではないもの、それは人々の激しい感情にさらされること、そういう人に選ばれる私がいる。


ヨーロッパ中世になぜ女性たちが純潔に向かったかというと、男たちが敵を作りたくなかったからであるし、
自分の妻の体を「役に立つもの」にしようという発想が浸透していたからだ。
女は「お化けの救急車」みたいなエンドレスな想像は避けろと言われたし、男たちは「強い意思」を求められた。
男の意思と強さ、完璧さ。これが妻を喜ばせた。
教会以外に楽しみもなかった。
男の善良さはここから生まれたし、学問が発達する基盤となった。
セックスの時に暴力を使う男は妻の体に満足していないように思えた。
完璧な男ってなんだろう?
妻を満足させる、これが男が社会生活を送る上での第一原則となった。
男が強さを求め始めたことが近代への序曲となった。
Bonnie Tyler - Holding Out For A Hero

「強い男は優しいじゃない?」
【フォロミノ】すぐれた男、にみんななりたかった。
女は自分の神学に喜びを感じているのだから、それが永遠の法だと思った。
洞察力とは女の心を知ることだった。
アニメ「俺物語!!」Blu-ray&DVD発売告知CM<発売前>

俺にしたがえ、男は言ったが、彼が真実を知っているのかが分からなかった。
「この人と決めたのならば尊敬しなさい。あなたを自由にしてくれるのは彼しかいないのだから」

妻を喜ばせることが誠実さにつながった。


フランシスコ修道院のオッカムや、スコトゥスは、壁ドンとかをやる男を批判した。
「決意が足りない」「何かを知っているとは思えない」
「俺は神に愛されなければならないんだよ」
意思と知性という女には分からない世界を生きていかなければならないんだ。
それを世界が必要としている。
女も何かに夢中になっている男を見ると物理学を忘れることがある。
女は男に迷って欲しくなかった。
男女が同時に果てるのを放棄するのは簡単だった。
神は誰とでも話すからね。
歳を取った女が貞淑であるためには夫がキリストについて語ることだね。
挿入とは優美なものだよ。
20世紀の女の知恵が少女マンガには満ちあふれている。
これが、女の力となり、女の振る舞いとなったのだ。

女が法則にしたがって動くのを見ているのが楽しいんだ。
やる気が出るんだよ。

仲間作りと自分をもつことは深く関わっているんだ。
キスすら敵味方の問題になる。

スコトゥスとオッカムは「自信があるのならばキスしろよ」と言った。
「でも、治まらないぞ?」
女は神聖さを感じるよ?
それもマキシム(家のルール)だよな。
国生さゆり バレンタイン・キッス




垂加神道~女の真実

思春期の女の子の心

胸に八百人の神がいる人と、私だけのものという人がいるよ。
もっとも優れた男だけを胸に秘めるのかどうか?

もっとも強い男か、少女漫画が好きかによって神が一神教か多神教に分かれる。
一人の男に付き従っている女か、少女漫画を読んでいる女かを海で胸を見ながら語り合ったよ。

それは女の理解力によりけりだからね。
女の経験値や、勉強が好きか、男によって前向きになれる人かで違うからね。

まあ、誰が決断するかは、星を見る女がいて、少女漫画を読んでいるんだろうね。

昨日見た夢はなんだい?
それは理想の男ではないのか?
本当に多神教なのか?
今のあなたにもっともいい答えを与えてくれる人なのではないのか?
男に頼るというのはそういうものだよ。
あなたは嘘つきだけど、感じ方は間違えないものだ。
夢で見た男の話を聞いてみるんだよ。
女の意見なんてその男が否定するよ。
男の話を聞けばいいんだ。
決意に満ちた男だろ?
800の星なんか見ていない、重力と加速度しか考えていない男の夢を見ているんだよ。
ニュートンはこれを見つけたわけだな。

その男も結構いい加減だけどね、女性観が家の原則になるわけだね。
その男は海にいったことがあるだろ?そのときのことを思い出しているんだよ。
小泉今日子 ♪渚のはいから人魚

田代まさしは、この曲を聞いてなにかに目覚めたのだろう。
真っ赤な女の子 / 小泉今日子

家の間違いを正してくれるからみんなしたがうんだよ。

家の神と魂だけは決まるだろ。
家族は、その男を標的にするんだよ。
男はバベルの塔を作り始めるよ。
でも、そこから言語が混乱していくんだ。
「お前の女性観は間違っているぞ?」
そこからは戦いだよ。
この女性観を「マキシム」と呼ぶ。
マキシムを決めた男は、他人を「世界を知らないチンパン」だと思うから攻撃される。
でも、恐怖に強いんだよ。そのうち役に立つ知識を持ってくるだろ。
この男のマキシムにしたがいたくない連中は、自由に対して寛大になり、他者の女性観をよく理解するようになる。
小野光太郎の弟、真二郎は、引間、千秋などの、横浜市立南高校のメンバーとホットウェーブフェスティバルで「チェリー」という曲を1990年の夏に歌っている。
Sakura Gakuin - TV Hot Wave Interview 12/02/2014

よそはよそ、うちはうち、しかし、カントは外とうちのことを考えた。
外は絶対であったし、外で自由になれるのは海しかなかった。
「デキる女」も、海では水着でしょう?
夢も見るけど、起きたらそれが間違いだと知るわ。
男の論理が大事だと分かるの。
宝くじに当たる夢を見るわ。でもだんだん、そんな宝くじは買ったことがないことにも気がつくの。
でも、地球が太陽の周りを回っているという夢は誰が証明するの?
ガリレオが、望遠鏡を空に向けるまでは分からなかったでしょう?
女の夢の間違いの証明はそれほど難しいのよ?
「私の夢が間違いだったら、それはすべてが私の原則になります」
宇宙から降ってくるとしか思えない、神とその親父の世界ね。
夢で見た男の言葉もマキシムと呼ぶ。
夢芝居・梅沢富美男

「オタクは、すべてを破壊する」
バカげた学校のドロップアウトね。
経験もせずにすべてを知りたいのかしら?
オタクは、私の夢を叶えないことを知っています。
男として世界に知られていない人だと思います。
私は何をすればいいの?
私は何を望んでいいの?
私は何を知ることができるの?
私は何をすればいいの?という問題には答えられないの。
男性中心の世界だということが分かってしまうから。
君の歌、僕の歌

「経験だけでは分からないことが多いんだ。オタクをやりながら勉強しちゃいけないんですかね」

「勉強しているのならいいよ。あとは女のお約束の世界ね」

「あなたが何を言っているかでだいたい分かるのよね」

16歳以降、生理が止まったら、ヒスロン、プロベラ、ルトラールを飲まないと、セックスに失敗する。

女は世界に対して沈黙しているわけではないわ。
いろんな物事を見ているのよ。

カントは、オタクに対して楽観的だった。
二次元ではなく、四次元に女を飛ばすわけだな、としたのだ。

女の体が作る女の心は、外の世界に対しては幻だということが分かるの。
男は、女に詳しい俺、という鏡を見ることができなくなる。
トラブルばかり思い出すんだ。

日常の世間話を聞きたいわ?
でも、答案は司法試験にも書いてね。
女の体は心配事から守られなければならない。





学校から離れるのは勝手だが、社会の主要メンバーになるまでは認めないよ。
忠誠心を維持するためには、知識を否定しなければならないんだ。
「何を知ることができるのか?」
「何をすることができるのか?」
「何を望んでいいのか?」
神が決めるんだ。
人々は神が欲しがるものを望むよ?
でも、義務を痛感するのには時間がかかるんだよね。

「間違えろ!」

それは我が家のルールでしょう?
「社会では通用しないよ!」
母は、永遠の罰を恐れ、天からの報酬を得るためにそう言った。
男に興味があるし、期待しているのだ。

経験もないのにキスと射精の計算ができるようになる男。

セシルの海岸物語


キスと射精のアーティスト


800の神を信じるのが楽しい女。
でも、家を支配しようとする男。
戦いだよ。

美しい女とセックスしたいか?
それでは物事が治まらないだろう?
それは恋愛のサイエンスなんだ。
「法」なんだよ。
哲学はすでに無限を知っているんだ。
300人切り?
疲れることを知った。女の心を知った。俺さえしっかりしていればいいことを知った。
人々は無限にビビっちゃうよ。でも争いも多いんだ。
彼女たちは、劇的な逆説を俺にもたらした。
「何を焦っているの?」
「私は見たわよ?」
「でも、あなたの言葉を新聞にしてあげる」
「私たちも己を知ったわ?」
「私だって知りたかったから体を許したのに裏切られたわ!」

俺のように無限になりたいか?
俺の家はヤリマンと誠意大将軍だらけだぜ?
「だって、したがわないとお父様の力が弱まるのです」
テレビでお父様が言うのよ?演じなければならないじゃない?
世の中で批判されたらお父様が嫌いになっちゃうよね。
お父様の「法」は、「ただの法」となって「普遍的な法」と区別できた。
仲間がそういうからね。
「ただの法」を脱ぎ捨てたら奥様方からのお説教が待っているだけ。
でも「うぬぼれ」だけは治らないから、医者に相談しにいきます。
「お父様の正当化を捨てるしかないんじゃないの?」

フリーセックスの正義


お父様を捨てたら、王子さまが解決してくれます。
でも、恋人というよりも同志?
彼も自惚れているから。
でも、何か自分を表現するからね。
(歌詞付き)尾崎豊 / シェリー

自由の世界につれていってもらいたかった。



「職場の女」
職場の女ってのはよく考えて行動するだろ。
問題を解決しなければならないんだ。
それは、神がいるからだよ。そとづらというわけではないんだ。
神の説明や指示がうまくいくのかなあ、と楽しみにしているのか女であり、神のうまくいった経験談を振り替えるのも好きだし
今後の予測も好きなのだ。
神の言葉をなんとも繰り返し反芻して覚える。
神の言葉でないのなら常に疑っている。
普段の勉強に価値を見つける作業だけど、神の言葉以外なら常に別の方法に対してオープンなの。
男の言葉をみんなで話し合うのが仕事でしょう?
あとは、言葉の価値を探すだけ。
組織をコントロールするのも男だし、価値のある言葉を教えるのも男だ。
問題に反応できる、それは、女の問題であるけれど、仕事の問題なのだ。
神が言った言葉か、勉強した言葉なのかを区別しなければならない。
神の言葉は妥協の余地がないから女の態度でわかる。
うまくいかなかった部分を「アクラシア」と呼び、記録に残している。
いろんな考えは身に付けるけど、水曜日のお買い物にも夢を持っているのが女だ。
分からない世界に反応しなければならないという圧力がかかるでしよう?神ぐらいいるよね。
「水曜日にお買い物がしたい」
これを仕事の力に変えている。もう設計図は神が作ってあるのだから、組み立てるだけでしょう。
REBECCA / Bottom Line

財布をもって美味しいものを食べにいこう。
神は何かを考えているのでしょう?


ボードリアード。
フランスのグル。
性差別をなくす、人種差別をなくす、階級をなくすことを探求した。
ハイテク社会において、ゼネストなどを経験し、男が消費されていくのを見た。
競争資本主義の段階から独占資本主義を見た。
マスプロは性の爆発を引き起こした。
プロデュースする男が「合言葉の共有」を行い、もはや人間はエネルギーが過剰であること、各人のおとぎ話が過剰であること、衝動が過剰であること、人間の欲望が過剰であることを知った。
バタイユは、「貯蓄」の重要性を悟ったし、バタイユが死んだあとには、共産主義以降がすでに見えていた。
「仲間が多いね」それが優越感だった。
ブルジョア資本ではなく、政治統制経済でもなく、官僚が統制すべきだとしたのだ。
プロデューサーが言葉の移り変わりを引き起こすようになった。
「一般経済」
つまり、祭りを起こして言葉を消費してしまえ、と考えたのがボードリアードであった。
「自然の残虐性を知れ」


ダーウィンが見た世界。

可能性や機会、適応、快適さ、現物が動くこと、変化の速度などをいろんな町で見て回る。
時間と祖先と一本のライン、これがすべてにある。
経験論的な説明であった。
1859年の種の起源で語られた。

【海で出会った二人のその後】
田舎の男はガーデニングをやって女を楽しませたし、都会の男はより確かな考え方を求めていきた。
海に行く男は女が土いじりが好きなことを知っていたのだ。
都会の男は海の思い出を大切にして体を鍛えた。
「知ること」とは海よりも大きかった。
人生は女とともにあった。
女の気をひくための知恵だった。
二つの心で時にはひらめいた。
女の心には出世の秘密の全てが隠されていたのだ。
読んだことは全部、女に話して聞かせた。
女の心が海だったと知った。
女の世界史。




2018年3月18日 (日)

アニメ。

プラトンの詩(音楽作品)はあまりにも女を「幻」として描きすぎている。
幻よりも真実を見る時が男にはある。
プラトンを助けてきた歴史上の哲学者はことごとくプラトンの「教義」にしたがってきたのだ。
人間はどれ程忍耐強くなれるのか?死というものをどのように考えたらいいのか?
この二つをアニメーションでは縦横無尽に描くことができた。
「善悪の彼岸」
つまり、アニメの世界においては「女をあてがわれた程度では男は失脚しない」ということを描けた。
カントは「いかなる女も口説き落とせる」という学問の探求を行なったが、ニーチェはアニメにおいてそれを映し出した。
そこには「超人」がいて、多くの女たちが恋に落ちていたのだ。
アテネが男に求めていたものが、アニメの世界では実現していた。
男の到達点がそこにはあった。
モテない男がアニメの世界ではクラリスにもモテた。
人生の絶望の中でルパンになる妄想もした。
カリオストロの城。

男らしさを語り合う宗教は無尽蔵に発展したが、「女心」を見失ったのがアニメだった。
女も「アニメのような」存在として、お化粧もしたし、胸や尻を強調した。
しかし、男が口説き文句を知らなかったではないか?
CoCo メロディー。

男の子が勉強をする理由はモテたかったからだ。
勉強し、いずれは学問をやる男の子に、いきなり「学問の到達点」を見せてしまうのがアニメだった。
テセウスの後継者であるデルファイの人生とはこのようなものだということをアニメは示していたし、アニメを見る男の子はデルファイになる妄想を持っていた。
カリオストロの城。

人間同士が何をやろうと「地球」だけは微動だにしなかった。
「どの女も落とせる」というカントの「最も男女に人気のあった学問」の存在はアニメで知った。
しかし、勉強は一向にその答えを示そうとはしないではないか?
「どのように?」と聞かれたら「簡単に」と答えるのがアニメオタクの考えだった。
軍師官兵衛テーマ。

しかし、ドイツ観念論哲学の到達点を示したことから、ドイツ観念論哲学とニーチェのハネムーンは行われた。
人々は夢を見ていた。
これが哲学の到達点なのだ。
うまくいかない仕事や勉強がある世の中で、どのようにぐっすり眠れるのだろうか?
Dr.モリエールは「アニメを見ろ」と答えた。
「なぜクラリスとセックスしなければならないのか?」
シェークスピアは「普通の男にはその資格がない」ということを描いた。
カリオストロの城 別れ。

理解して欲しいのは「哲学とは統治者のものである」が、「アニメを見る男は誰も物事を治めようとは思っていない」ということだ。
「勉強する助けになればいい」程度に考えておかなければならないのだ。
アニメの主人公になろうと思っても、現実は「真っ青になる」ことばかりで禿げた奴が多い。
アニメは「内臓」となるが、現実社会が内臓のようには動いていないからである。
おちんちんが男女の間でどのように位置付けられているのかを明確にすることを心がけた。
最高の哲学者に女は「感じる」ということを示したのだ。
「譲れないもの(エゴ)はどんな哲学者でも叶えることはできない」
このことにも女は感じた。
あしたのジョー ダイジェスト。

影響を受けてリングに上がる男は「割りに合わない」思いをした。
それが「エゴ」というものなのだ。
通常の人間は「夢を叶えようとは思わない」ほど強いものだ。
はじめの一歩のような「フィクションにおける勝利の興奮」は哲学ではなかった。
対戦者とどれだけ「譲れないもの」をぶつけ合ったのかを示すことが大事だ。
「トレーニングとはどのようなものなのか?」を示さないのがアニメというものだ。
カントは「どの女でも落とせる」のが哲学者であるとしたが、一歩は久美ちゃんを落とせないだろう。
これも視聴者に「君らは哲学者ではない」というメッセージを送っているのだ。
人間を本当に「自由な空気」に流したら譲れないものばかりなのだ。
作者も哲学までは分からないから、ひたすら「自由の世界で起きる二人の男の激突」を描いているし、それが正解なのだ。
あしたのジョー。

「人間、あまりにも人間的すぎる」
アニメを見た後の人間社会を見た感想である。
「権力への意思」も生まれた。
それはクラリスがあまりにも美しかったからであり、いずれは「女心」を解明したいという欲望が生じたためだ。
基本は「クラリスもマスターベーションをする」ということを精神医学の観点から知っておくことなのだ。
カリオストロの城。

謀略や裏切りに満ちた世界での忍耐力がつくという点も指摘できる。
アニメを見ているの孤独も愛せたため、知性というマスカレードへの周囲の殺害意図も感じなかった。
アニメをディズニーランドが手にするのも当然ではなかっただろうか?
夫や恋人を失っても寂しさが紛れるのだ。
それはある意味「悲劇」だった。
人間の「嘘」に辟易したものが見るものでもあった。
松田聖子 ストロベリータイム。

夢がカラーならば、ディズニーランドのシンデレラ城を見に行けばいいし、白黒ならば寺院に行けばいい。
アニメで神社仏閣が「聖地巡礼」の対象となるのは当然のことだったのだ。
らき☆すた。

イスラエルは海岸を「聖地巡礼」に用いたが、人々は人生の妬みや嫉みを海岸ですべて忘れることができたし、聖地を作ることはヘレニズムにとって重要なことだった。
聖地は「お上」の熾烈な権力闘争の場でなければならない。
あれだけ「きな臭い」空気だったのに、人々はそこで新鮮な空気を吸った。
三浦海岸 ジャーバージャ。

聖地は意図的に作るものではなかった。
権力闘争の場に行ってきたというだけで、孤独な人に仲間ができた。
海でも山でも多くの政治家が「聖地」にしてきた歴史がある。
権力者がいかに率直にメッセージを出すかに聖地の魅力は託されていた。


三浦海岸。
レイニーデイ×3 高橋由美子。

どっち側につくつもりだ?観光というものは本来、休日のつかの間の家族サービスであったが、それでも人脈と関わっていたのだ。
権力者は「偏見」を避けなければならなかった。
より説得力のあるメッセージを出す必要があったのだ。
権力者にはライバルがいなければならない、しかも強くなければならない。
権力者も悔いを残しながら生きている。しかし、それをも力に変えているという意味では聖地巡礼は「栄養」の起源だった。
巡礼者にとっても権力者にとっても「聖地は栄養」だったのだ。
フランス革命がなければパリは恋の都にはならなかったであろう。
大事なことは「すでに起きてしまった」ということだった。
治めることが嫌いな権力者はいなかった。むやみに争いごとを好むものもいなかった。
家族は「治ればいい」とみんな考えていたし、そのための聖地巡礼だった。
権力者にとって「誤魔化しは恥」だとみなされた。
率直なメッセージだけが栄養となった。
政治家として「正体」を見せることはそれほど大事なことであったし、偉大な者は偉大だった。
政敵も「聖地」を作っているだろう。そうでなければ一方的な勝負になる。
「正体」を見せなければ勝てないのが政治だ。
勝つためにお金が必要であることはどの政治家も分かっていた。
「歯と胃袋」が政治家には必要だったのだ。
三浦海岸駅 接近メロディー。

経験の「高さと深さ」が男には必要だ。男らしさを語り合う上では「宗教」の対象となる男に求められるものはこの二つなのだ。
射精して「天国を見る」ことは男が犠牲になる上で必要なことだ。
ローマ・カトリックは、男を犠牲にするという意味ではナンセンスだとも言えた。
ドイツ人男の方がフランス人の男よりもより犠牲になったのだ。
ドイツではハーゲンダッツのような「女の乳首をピンク色にする」エニグマも作られた。
「男が旅をしたい国」でもあった。
新約聖書から「ココ」というものが生まれた。
CoCo 夏空のDreamer.

一発試験で男を判断する方法と、より多くの女にモテた男を試験に合格させる方法の二つが考えられたりした。
いずれにせよ「立証責任」は男が負った。
モダン(近代)とは処女という概念が生まれた時代であり、とにかくそのおかげで騒がしくなった。
「処女の発見」がなされてから「男らしさ」の世代も下がり、勉強というフェアなスポーツも生まれた。
世代ごとに「真実」も異なったが、快楽がもたらされるのは同じだった。
「勉強」だけで大工にはなれただろうが、それ以降の学問は「女心」を語った。
美しい女は病気に苦しんでいる。そのために学問で苦しんだ男を必要とした。
子供たちには公園で「神聖なハンマー」を頭部に与えている。
偏差値BOY うしろゆびさされ組。

青年期に鬱を背負っている男は、いずれ「女心」に詳しくなる。
女のメランコリーの意味を知っているからだ。
その「鬱病男」はいずれ多数派工作に成功するだろう。
この人はキリストであり、犯罪者であるが、犯罪はいかなるものの種となるだろう。
キリスト教信仰とは「おじいさんのためのジハード」である。
なぜ「お父さん」ではなく「おじいさん」なのかは感情にいかなる制約も受けずに健康的に生きたいからだ。
おじいさんは「ゼロの発見」を行っていた。
お父さんは「もう終わり、最終回、お別れ会」という言葉を延々と繰り返し、負けを認めなかったから、孫はおじいさんのためのジハードを行った。
お父さんは「息子を取り巻く天使たち」の存在も面白くなかった。
結論として「子供はユダヤ人として生まれる」「奴隷として生まれる」ということが指摘できる。
おじいさんが大学受験前に「テコ入れ」しに家に来ると、父親は息子に毒を盛った。
我々は果たして「野獣」として生まれたのだろうか?それとも「人間」として生まれたのだろうか?
「風邪」を引くたびに私は祈った。
しかし「神は死んだ」ことを悟っただけだった。
息子にはとにかく「酒を飲め」としか言えない現状があった。
野獣も「恥を白日のもとに晒すのであれば息子に死んでもらう」と考えていたという点では祈っていた。
息子が「天使たちに取り囲まれる」時に限って「風邪」を引いたのだ。
おじいさんが発見した「ゼロ」(ゲームセット)が近づくたびに風邪をひいた。
ここから孫のジハードは始まっていたのだ。
「善悪の向こう側に何があるのか?」
それをアニメにすればいいのだ。「祈り!」
権力への意思はここからしか生まれない。
権力者になったら他人をよく助けろ。
「共通の敵を罵倒しろ」
サザエさん。

ヨーロッパは「人間」として祈り、野獣たちに影響力を与えた。
文明国で「仲間が多い」ということの意味を知るしかない。
これらの「真理」が分からないのであれば「男らしさを語る宗教」は発展しようがないではないか。
これが女たちの「産業」革命でもあった。
知っているか知らないかで「主人と奴隷」の関係もできてしまった。
知らないのならば「祈り」を教えてやれ、そのようにして新仏教(アニメ)は作られた。
「バカげたこと」を支配すればいいだけだ。
もう一度言おう。
息子は生まれながらのユダヤ人(東大生)である。
どこで潰されるかという時間の問題なのだ。
【すべての男の子が祈る資格がある】
しかし、「不運」だけはしっかりと覚えておかないと哲学が分からないよ。
「勉強してもいいよ?」と言われた男が哲学者になるのは当然のことだ。
さらに彼の「肉体」は人に恐れられるだろう。
なぜ、歴史上の哲学者はこの「権力への意思」に気がつかなかったのだろうか?
中年になって「女心の定義」ができるようになる理由も分からなかったし、「男らしさとは何か?」という宗教の基盤を作ることも怠っていた。
「何でも知っているおじいさん」の面影を鏡で見ていただけだ。
「男」になるためにはハートが必要なんだ。
「ヨーロッパの病気の蔓延は父が原因だと分かるのに時間がかかったのだ」
父と息子、それは宗教の起源であった。
ribbon Be my diamond.

ヨーロッパ列強の植民地進出はニーチェが決めたものである。
「祈り」を求めていた連中がいたからだ。
先進国と発展途上国の違いなんてこれだけなんだよ。
祈ることそのものが多数派工作なのだ。
ロシア正教会は、都会の大学に出る男がキャンパスで富を築き上げることを教えとしていたので、祈らなければ実家からの仕送りもなかっただろう。
青いスタスィオン 河合その子。

フレデリックは病弱な生い立ちだったが、これらを学習してベルギー国王になってコンゴに植民地を作っている。
植民地とは「ドイツの心」が作り出したものだったのだ。
ヨーロッパの良心があるドイツに共感して、アフリカにそれを広めようと考えた。
なぜ、世界の子供たちは勉強することが許されるのだろう?すべてドイツ人の心にしたがっているのだ。
東大に受かったのならば「将来の哲学者」を称えよう。
「飢饉」はすべて人災である。
これらの学習がなされていないから起きる。
このことからアフリカ人も祈り始めた。
祈りを知らない家庭では彼女も作れないんだよ。
親父からの「ハンマー」がある限り、どんな学問をやっていても哲学に気がつかざるを得ないのだ。
「治める」
それは父と息子の関係を知っている者が考えることなのだ。
息子はお金がなければ父と「我々は対等だ」とは言えない。
祈りとは富につながるものなのだ。
だからこそ「飢饉は人災」であるとされている。

三浦市の発展は「心の問題」にかかっている。
女心を定義する「政治」と男らしさを語り合う「宗教」が政教分離が一体となって女のからだを取り巻いている。
「男らしさとは何か?」のニーチェの研究からだんだん明らかになってきた。
しかし、それが「他の街でも通用する議論である」ことが大事なのだ。
街づくりは「心の問題」が常に先行する。
海南神社。三浦市。

三樹院 浄土宗。


キルケゴールは、男の子の「おじいさんのための聖戦」を知り、「祖先なんて愛せるか?教会に集まろうよ」と言った。
飢饉の原因はお父さんが作っているではないか、と考えたからだ。
教会で多数派を形成すれば、それが我々の祖先になるではないか?と考えたのだ。
教会には処女がいたり、罪悪感もあった、
しかし、野蛮な国ではない、ということを標榜する教会は男女が愛し合うことを応援した。
「神は死んだ」というような野蛮さをなくせば、教会で「お、可愛いじゃん」というような出会いはなかった。
男前を「演じなければならない」という意味では仏教にも似ていた。
19世紀に「お見合い」という慣習は消滅し、ラブレボリューションが起きた。
革命家と呼ばれる「イケメン」が横行する温床ともなった。
いかなる宗教団体も「美女」を必要とし始めたのだ。
恋愛レボリューション21。

文明国であるヨーロッパにおいても、男は家庭内で苦しみ続けた。
しかし、女の子たちは癒しでもあった。
「彼女のためならば苦しみに耐えられる」
これが教会の存在理由だった。
祖先崇拝などニーチェが抹殺したよ。可愛らしい女の子は絶対だった。
労農派がキルケゴールを総攻撃した。
しかし、仕事の意味が変わり、時間が解決した問題だった。
少年は野獣として生まれ、しかし、女の子たちのおかげで洗練された男になる。
コペンハーゲンに生まれ、ドイツの空気にかぶれ、コペンハーゲンで死んだ。
白い夜 松田聖子。

キルケゴールは、「美しい女たちに愛されたければヒーローになりたいだろう」と語り、コツコツと実績を重ねていくことの重要性を説いた。
教会で出会う女の子が目当てでもいいとしたのだ。
わがままであることは「セックスを秘密にすること」であり、私有財産制を支持することだった。
ヘーゲルはひたすら「イケメン」であることを求めていたが、キルケゴールは「教会の女の子目当ての努力」を主張していた。
しかし、祖先崇拝を放棄し、教会での楽しみを見つけたキルケゴールは、研究に没頭した。
ヘーゲルが「アウトロー」の男を描いたとするならば、キルケゴールはきわめて堅実な男を描いた。
「父親との向き合い方」が異なったのだろう。
ヘーゲルに対しては「自由というものはぶつかりあって身動きが取れなくなるものなんだ」と語った。
週末の教会に行くのを楽しみにしながら平日に働くという発想はキルケゴールが考えたものだ。
無数にいる論客の中から「聞くに値する哲学者」を選別し、後世に残したのもキルケゴールだった。
仕事は「貧しい者、苦しんでいる者」ばかりを相手にしていたが、その話が教会の可愛い子にウケた。
世の中の「ほんの一部の苦しみ」を知っている階層であることは特権階級であることを意味した。
病院などに出入りし、法律家として生きることは社会を愛することだった。
アウトローの男よりもよっぽどモテたので、女の子が抱かれたがり、貧しい者、苦しんでいる者ばかりを相手に仕事をしていてもお金の面では割にあった。
CoCo 優しさに帰れない。

社会の特権階級ばかりが「社会の一部の苦しみ」を抱えて病院に来ていたので、それらの話題が女の子たちにウケるのは当然だったし、土日だけで40,000円は儲けたことになる。
若い頃の鬱も忘れて仕事をしたよ。
お父さんももはや「楽しんでください」と言っていたし、みんなキリスト教徒になるべきだと思ったよ。
男の「父への適応」とはこのようなものであり、祈ることの効果でもあった。
キリスト教徒になるべきだと言ったからには正確に「読むべき本」を選ばなければならなかった。
「神は死んだ」というのは一面の真理ではあったが、老成すると別の風景が見えてくるのだ。
懲罰的な罰というのは「有名になる」ということなんだ。
みんなその地位を捨てたくないからいろんなことをやらかすものだ。
一般論としてはそういうことだ。
神の力を使い果たした者たちが神に失望していた。
ストーカーたちに囲まれて身動きが取れなくなった時にそう思った。
ギャンブルにはまって馬に叫んだ時もそう思った。
有名人というのはそのような連中なんだよ。
女の子たちとの関係は非常にロマンティックなものだった。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ。

マルクスが「貧しいならば従姉妹と結婚しろ」と言った時は「それは働きすぎだ」と思ったね。
教会というものはそういうものではなかったからだ。
どの年寄りも「誰もが通る道」だと考えたことでも、覇権国家の学問を持ち込んだときはみんな腰を抜かした。
今の日本で「英語によって女のを攻略する」ような行為は若い娘たちもどうしようもなく魅力的なものに思えたのだろう。
プロのアーティストがどの国を見ているかで学問も覇権国家を判断しているんだ。
キルケゴールが読むべき本を書き記したことは、のちの若者にお金を撒き散らす行為だった。
父と息子の関係で「神は死んだ」と思った時期は確かにあったのだ。
しかし、教会は決して息子を裏切らなかった。
これはキルケゴールの生き方特有のものであったであろうが、教会は存続したのだ。
父が息子に「社会の暗部さえ知ってくれれば認めよう」と考えるのも当然だった。
有名人の名前がポンポン飛び出るので父も遠慮というものを覚えたのだろう。
あとは普通に父と息子は「仕事の話」のようなものに花を咲かせた。
どの女の子も「ひとりぼっちじゃ寂しい」と思っていたし、外国語そのものが「大勢の人」に支えられているように思えたのだろう。
ご先祖様に身を委ねるか、「大勢の人」に身を委ねるかという問題であり、大勢の人の方が問題の解決能力が認められた。
若いのならば健康だろう。人混みに身を委ねてみれば分かる。
Mr.Children Tomorrow never knows.

街の人混みを作ったのもキルケゴールだった。
群衆が隣人を信じているのならば神も怖くないだろ。
女たちも胸さえ隠していれば、鬱が解消された。
群衆の中では人間は「無私の心」「仏の道」を歩んでいる。
「神は死んだ」と思うのならば人混みに出た方がいい。
しかし、父と息子という問題を彼は一生、忘れなかった。
キルケゴールよりカントの方が合ってるみたい。



【延々とつづく】

2018年3月 7日 (水)

おじさんの夢。





Jokeにもならない恋。



パジャマでドライブ。




すみれ色の涙。





サイレントサマー。





結婚しようね。


女性専用クリニックでおじさんが見たつかの間の夢です。

2018年3月 6日 (火)

ナオビノミタマ。

男を讃えなければならない(ヘブライ人への手紙11:6)。
恋人を持たなければならない(使徒5:14)。
勇敢に働かなければならない(ヤコブ2:26)。
この三つの教えに誠実でなければ、いかなるゴスペルも理解できないだろうとされる。
ribbon サイレントサマー。

キリストや歴代の王たちが何を考えていたかは、この三つの教えにしたがえば理解できるし、お金がまるで蜜に集まってくるように寄ってくる。

男として生き、恋人を持ち、働くことは、自分以外の人間を愛することを意味し、自分に何かが足りないという思いをなくさせるものだ(ペテロ2 1:4-8)。

【恋人を変えればセックスの感じ方も変わるだろう】

恋人を変えたら世界が清々しくなるんだ(使徒6:1)。
希望を失ったのならば恋人を変えるしかない。
言葉が不毛な時(ローマ人への手紙10:8)、悩みが一向に解決しない時(ローマ10:17)。
しかし、男として生き、恋人を持ち、働くという三つを守っても解決しない時に限っての話だ。
人々が悪意を向けてきても、男らしさとは何かに常に耳を傾け、自分の復活を待つ(箴言29:18)。
読んでいる本がいけない場合と、恋人に翻弄される場合と、言葉が足りない場合の三つが敵となるだろう。
そんな時は、あなたのヒーローを思い出すといい。
すべてがうまく行っているからヒーローなのだ。
やり方が間違っていないと思うのであれば、あなたもヒーローの映像を見て前に進もう。
日本シリーズ 濱口。

このようにして成功体験を積み上げていくと、あなたの姿勢は使徒としての行動になっていくのだ。
何に対して無知だったのか?何が想定外だったのか?いろんなことが分かるようになる。
男らしく生きる、恋人を持つ、勇敢に働くという三つを持たないのであれば運転もやめたほうがいい。
子供でも「悪いことをしている」ということは理解している(使徒20:11)。
果実の実り方が異なる人と出会ったから悪さをしているのだ(ルカ6:44)。
恋人から多くの影響を受けるだろう。
そして、人生が楽しくなっていくだろう。
SPEED I remember.

おちんちん、道、態度、女のからだの四つがお金だと分かるようになる。
お金の流れが止まった時に「別れろ」というメッセージが出されたことになる。
2800万人のアメリカ人がタバコを吸うのをやめた。
それはマラソンをするためだ。
レベッカがキャメルを吸ったから私もタバコを吸った(創世記24:64)。
タバコを吸っても喉は乾かない(イサク42:3)。
タバコを吸ったぐらいで願い事が叶わなくなることはない(申命記30:10)。
悪い感情の全てを忘れられる(エフェソス4:31)。
でも、タバコを吸っている女の子には恋をしないかもしれない(マタイ5:28)。
それ以外は、兄弟たちと同じように振る舞うだけでよかった(創世記4:9)。
音楽作品をこよなく愛せば何が悪かはわかった(ヤコブ4:17)。
globe anytime smokin' cigarette.

あなたは肉体の所有者だ(コロサイ1 6:19-20)。
すべての悪は肉体の外で起きる(コロサイ1 6:18)。
恋人を愛し、そして食べよう(ローマ14:23)。

【これが聖書の原則だ】
マークは非難される男ではない(詩篇37:37)。

イエスはサマリア人の街(医学部)に入ってはならないと語った(マタイ10:6)。
医学部など6年間の懲役に等しかった。
父親の免許を引き継げばいいと考えたのだ。
医師免許をもらった時点で勉強を辞めてしまうものがいる(ローマ13:4)。
一人でなら1マイルしか歩けなかったのに、彼がいたら二マイル歩けた(マタイ5:41)。
これこそが人生の医者ではないか。
人生の道を歩めば私の言っていることが分かるようになる(ヨハネ14:26)。
十分、知的な人間になれたと思うのならば、タバコを買うお金で何かの食べ物を買ってみよう。
タバコをやめる悩みがなければ主と出会うこともないだろう(ヘブライ12:14)。

セックスの感じ方が変わると確信が生まれる。確信が生まれると表情が変わる。表情が変わると態度が変わる。態度が変わると振る舞いが変わる。
振る舞いが変わると性格が変わる。
「誰も見ていないこと」はこのようにして表に出てくる。
偉大な指導者は大きな障害物を乗り越えている。
1831年にビジネスに失敗し、翌年、選挙で落選し、また翌年、ビジネスに失敗し、1836年には心を病んだ。
1838年から1858年の間に7回の様々な選挙に落選し、1960年にリンカーンはアメリカ合衆国大統領になっている。
「大勢の男がおちんちんを持っていたが、誰よりも成功について考えたからだろう」とリンカーンは語った。
カーネギー財団は、15%が「女心を定義する」インテリで、残りの85%はそうではない労働者だった。
「なんで私が?なんでこれを?なんで今?」をなくすだけで指導者層に入れるのだ。
結婚に失敗しても、仕事を憎んでも、エジソンは「多くの人はチャンスを逃している。なぜならそれはさも面倒な仕事のようなオーバーオールを被っているからだ」と語った。
モーニング娘。ここにいるぜぇ。

ヨシュアは、モーゼの亡き後、後継者になったが「これらのことを胸に刻め、多くの人をしたがえることができる。極めて大胆に信じろ」と言われた(ヨシュア1:8-9)。
みんなこのように物事を成立させたいというイエス・キリストと同じ衝動を持っているだろ(ピリピ1:21)。
人生は10%はあなたが創造したものだが、90%はあなたが獲得したものだ、とも言われる。
人生はできないことが多いが、それ以外に逃げてもいい時と獲得していい時がある(コリント1 10:13)。
能力に限界があっても獲得しに動くことがある。こんな時に神を信じるんだろう。
みんながやっているからいじめられっ子の靴を蹴る人間にはおそらく「性格」というものがないんだろう。
セックスの気持ち良さから考え直さなければならないね。
性格の見えない奴は貧しいよ。
AKB48 ジャーバージャ。

左脳と右脳がある。左脳は「何がもっとも楽か?」を考え、右脳は「何がお金になるか?」を考える。
左脳は「私が気分がいい時にやる」と考え、右脳は「それをやったら気分がいいだろう」と考える。
右脳は左腕だし、左脳は右腕だ。
左右をバランスよく使い分けなければならない。
今日来た人間は追い返し、また来るようであれば招き入れよう(ルカ9:23)。
星が降るのは右脳ばかりだ(ルカ6:33)。
やりたいことは人間ではなく主に言おう(コロサイ3:23)。
男を説得するのではなく「トップダウン的にやらせてもらう」と言うしかないことがあるのだ。
左脳に傾いている人間を右脳に傾いた人間が目を覚まさせるためには「お上」の存在が必要なのだ(マタイ5:44 46-47)。
若者は能力にも限界があり、時間も十分に与えられていないためにエレミアのために「予言省」を設けた(エレミア1:6)。
若さを言い訳にするな。私の命じるままにその場所に赴き、発言しろ(エレミア1:7)。
時にはそのような若者を神が助けることがあった。
人々が読みやすいようにタブレットを与えよう(ハバクク2:2)。
成熟したものたちにもその予言の素晴らしさがわかった(ピリピ3:14-15)。
心を病んでも腐らずに努力すればそのようなことになる(箴言13:12)。
いずれはパウロみたいに女に詳しくなるんだろうなとされた(ピリピ4:13)。
AKB48 #好きなんだ。

予言が当たった若者は神の息子のような姿をしている(ローマ8:29)。
周囲の変化にうまく順応して生きていかなければならない。
人々が「あいつはイエスキリストだ」と語り合うまで働け(ピリピ1:6)。
変化に順応すると言っても「普通じゃないな」と思われる変わり方であってはならない。
変化とはお化粧みたいなものであり、人々はいまだに「男らしさ」を語り合っているのだ。
根っこを張り巡らさなければ人間が変わることはない。
勝つための準備は、必要だというよりはもはや命令であった(ピリビ3:10)。
昔のことは忘れる必要があった(ピリピ3:13-14)。
神のように安らかな気持ちになるんだ(ピリピ4:9)。
交友関係が変わったのならばひたすら忍耐強くあれ(ヘブライ12:1)。
彼らの競争は極めて特殊なのだ。なにしろ本当にキリストを見たがっている連中なのだ(ヘブライ12:2)。
モーニング娘。 Do it now!

エジソンは白熱球を作る前に多くの失敗をした。キリストは罪人を救うためにいる(テモテ1 1:15)。
失敗にあなたをコントロールさせてはならない。失敗は失敗をコントロールさせなければならない。
失敗は常にあなたの作業をやめさせようとしている。
同じやり方でなかなかパフォーマンスが上がらなければ休養したほうがいい(ローマ7:18)。
勝負はしないけれど練習するというのが一番良くない(ローマ7:19)。
結果を出さないで練習することほどバカげたことはない。
上達して結果につながるからイエスキリストは罪や死から自由になれたんだろう(ローマ8:2)。
すべての対人関係と和解するためには結果を出すしかない(テサロニケ1 5:23)。
結果を出すために試練の場を作ろう(テサロニケ1 5:21)。
誰が一番、信仰心を持っていたのかを証明させよう(テサロニケ1 5:24)。
「女学」はのちの時代は今ほど苦労はしないんだよ。
wink 愛が止まらない。

女たちの「男らしさを語り合う論壇」はこのようにして聖書が準備したものだ。
それはもはや「産業」であった。
一方、男の側も「女心を定義する」ことを学習した。
マドンナもマイケル・ジャクソンもこのような聖書の裏付けがなければ生まれなかっただろう。
聖書だけ読んでいれば生きていける(ヨハネ8:44)というのも一つの考えだろう。

第一に、最初に勉強(大工)において女の子を上回らなければならない(コロサイ2 11:3)。
今までにニューエイジやスピリチュアルにはまったことがあるのならば音楽は愛せるだろう。
イエスは「殺すな盗むな、破壊するな」と言ったが、音楽はその教えを体現している(ヨハネ10:10)。
第二に、周囲の男子すら上回らなければならない(詩篇51:6)。
そのためにはいい先生を持っていなければならない(ヤコブ1:22)。
先生は下ネタをふんだんに教えるという罪深さを持っている(ヨハネ1 1:8)。
下ネタを知らないものは何者でもない(ガラテヤ6:3)。
我々は人を年齢で判断している(コロサイ1 3:18)。
女の子とセックスした時に、自分も罪深い男だったということを知る(コロサイ1 6:9)。
真実を知る用意ができた、あなたはこれで自由になった(ヨハネ8:32)。
第三に、女の子は誰に「許す」かを常に考えていることを知る必要がある(コロサイ2 2:10-11)。
女の子は名簿まで作って男を見ていたのだ。
男同士で殴り合いになったらその意味を知らなければならない。
第四に、学級崩壊したのならば「性」の対策に失敗したと悟らなければならない(マタイ8:10)。
生徒同士(ローマ13:17)、先生(ヘブライ13:17)、両親(エフェソス6:1-3)、夫たち(ペテロ1 3:1-4)、などに性教育の問題が記されている。
第五に、なにが本当の自由なのかを見失うことになる(ヨハネ8:36)。
学級崩壊させたくないからセックスを許可したのにみんなが自由を失うことを知った(ヨハネ1 1:9)。
第六に、「間違ったヒーロー」が跋扈していることを知る(ガラテヤ5:24 創世記20:4-5)。
やっぱりイエスキリストだよなという気分になるのだ(コロサイ2 4:14)。

これが理解できるのであれば聖書は生涯の友達となるだろう(ペテロ1 1:16)。

いろんな「しくじり先生」はアメリカにも大勢いる。
働きすぎて離婚したもの、野球でボストンに入っても学歴のなかったもの、妻としての生き方に不満を覚えるもの、そして何度も選挙に落選するもの。
この「四つのしくじり先生」が聖書の必要性を生み出していた。
しかし、「女としての妻」の女心から学ぶというのはもはや鉄則とも言えた。
ピューリタンが1630年に初めてアメリカの大地を踏んでから、女たちは「コットンマザー」と呼ばれるようになっていた。
トマス・ジェファーソンは「彼女たちのおかげで国が作れる」と考えたのだ。
ベンジャミン・フランクリンは「何のためにペンシルバニアで新聞を出すのか」を知った。
女心に働きかけるのならばアメリカ合衆国で偉大な聖書が書けると考えたのだ。
トクヴィルがアメリカ合衆国において「聖書」の執筆を始めたのだ。
アメリカ合衆国はご先祖様を崇拝して腫瘍を治す日本のような国ではなかった。
共通の「ご先祖様」を作る作業が「聖書」の執筆だった。
この「祖先崇拝を聖書に委ねる」ことをアメリカ個人主義と呼ぶのだ。
レベッカ コットンタイム。

性行為非公然性の原則(私有財産制)を背景に、人々は社会に出て行った。
祖先をもたない者たちが教会に集まった。
トクヴィルの偉大な発明がアメリカ合衆国における聖書である。
【自分の聖書を持ってください】
これだけで無病息災が約束されたのだ。
教会では、様々な精神医学に関する相談をお互いにしあった。
歩いている人の医学。

みんな健康をお祝いしながらディナーを共にした。
給料の10分の1を社会保険料として納めるのならば今の日本でも行なっていることだ。
教会には多くの人脈があり、医者も当然いた。
お金と権力と美女を教会に溶け込ませることが大事なのだ。
その教会で男女の人気を得ようと思うのならば他人の役に立つしかない。
新フロイト派も山ほどいた。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

教会で「末永いお付き合い」を約束する人も多かった。
牧師さんでも医者でもない人でも人間を知る必要があった。

精神病について。

しっかりと休養をするということと、長時間労働を批判したということから、教会は「従姉妹や妹」に恋する共産主義に反対する姿勢を示さざるを得ない。
女子大生である娘にいいお相手はいないだろうか?と考えて教会に行く人もいた。
ちょっと心を病んだだけの「金の卵」も大勢いたし、健康などすぐに取り戻せたのだ。
牧師はそこいらの医者や弁護士と変わらなかった。
教会で政治家としての腕を磨いたという人もいた。
指導者層は覇権国家の情報を常に見ていたので「権威」と呼ばれた。
男女を幸せにする力量があったのだ。
祖先崇拝や「イエの論理」がほとんどなかったアメリカ合衆国において教会は大ブレイクした。
トクヴィルの業績だった。
逆に「家柄」を持ち出してもなかなか成功できない人がいたのも教会での試練を経なければならなかったからだ。
【聖書をより洗練させること】
この作業がある限り、アメリカに祖先崇拝が根付くことはないし、個人主義と呼ばれる社会は続くだろう。
すべてを理解している指導者を共和党員と呼んだし、世の中すべてお手上げだという人は民主党員だとされた。
インターネット時代を迎えて民主党に任せたことも実際にあった。
河合その子 Please tell me Mr.朱。

誰も排除することなくアメリカ合衆国の国民の長生きを保障することにアメリカ個人主義の本質がある。
個人主義に立脚し、祖先を敬わないとすぐに「微熱が治らない」などと言い出す人がいるので教会の存在はかなり根の深い存在となっていた。
実際に神さまにお祈りすれば治ってしまうのだ。
下層階級にはなかなか受け入れるのが難しく、中産階級が教会というものをこよなく愛したのだ。
「郷土史」などのようなものも教会で調べなければ分からないことが多い。
隣で大統領や有名人が祈っている、というのも教会の魅力だった。
健康を握られたらみんな対等だったのだ。
クライスラー社も、教会に頼んで車を売りさばいていた。
健康や長寿とアメリカ個人主義、教会は密接に結びついていたし、背景には「聖書」という極めて完成度の高い書物があったのだ。
祖先崇拝をなくしたアメリカ合衆国において「愛と結婚」がどれほどダイナミックなものになったかは指摘しておいていい。
また、女たちは男をはるかにしのぐ多数派工作を行った。
愛が結婚や子供を産むことにつながるというイデオロギーが定着し、しかし、女には「家事」が委ねられた。
結婚とはお互いが貞節を守ることだと位置付けられ、人生の一コマとして存在したのだ。
アメリカ合衆国においては1970年に調査しても1980年に調査しても96%の女が「結婚とはいいものだ」と答えたが、残りの人生が今のままでいいのかと問われると60%が「ノー」と答えている。
「結婚に憧れたのは女子高生のような動機だったわ」と答えたのだ。
自分のことはそっちのけ、7〜8年前ならば耐えられたのにということばかり。
自分が本当にやりたいことが見つかることもあった。
教会は「それは我々の宿題にしよう」というにとどめた。
河合その子 緑のポインセチア。

愛に関する議論は極めてオープンになった。
離婚を経験した女は、その始末があまりにも面倒だったことを知っているので、すべての男を愛せるわけではないとしている。
「二人の歴史」を振り返ることの楽しさも知った。
結婚とは女にとっては「男にお金を与える」行為だった。
10年以上連れ添えばもはや「特別な人」となるのは当然だったのだ。
離婚は面倒だし、地域の記憶にも刻まれてしまっている。
「女子高生たち」はこのように結婚というものを見つめ直すようになっていたのだ。
それを踏まえた上で「働くのもいいんじゃないか?」と夫が言ってくれることも大事なことだった。

40%のアメリカ人が、週一回、宗教の礼拝に参加している。
女たちは「男らしさ」を語り合い、男たちは周囲に助けを与えていた。
アメリカ合衆国が「政府と教会の分離」を行ったことが社会保障制度を作るのを困難にさせた。



三浦海岸。

ローマ帝国の勃興により、ギリシャ哲学は存続の危機に立たされた。
そこでギリシャ哲学はエジプトと結びついてイスラエルという「美しい海岸線」に理想郷を作ろうと考えたのだ。
それはまるで、東京という帝国の前に私が三浦市と手を取り合って三浦海岸を理想郷としようというムーブメントと重なって見える。
もちろん、三浦市にも保健福祉部というものがあり「給料の12%」は皆、社会保険料として納めているが、それでもなお「聖書にしたがった観光づくり」は可能であると私は考えている。
凍りついた海、石ころだけの土地に「美しい女たち」を引き寄せるだけでイスラエルを作ったテセウスはのちのすべての政治家と比較された。
ローマとアテネしか巨大都市はなかったし、しかし、テセウスは祖父と母の願いを叶えるためにペロポネソス戦争で学んだことをアラブ人に対して向けたのだ。
ライオンの筋肉をしたヘラクレスと、アスラという娘をイスラエルに呼び、音楽作品を作ったら多くの男女が集まってきた。
いろんな女たちがそれぞれ悩みを抱えていたので、「女心の定義」をするための音楽作品が充実した。
テセウスは優れた音楽作品に「@」という印をつけていき、ペロポネソス戦争こそがいかなる敵にも勝てるやり方だったことを証明していった。
ヨルダン川の悩みを解決するためには「女心の定義」が必要だった。
嘆きの壁も作った。理想郷に入るための門もあった。門には入れないものたちが壁に向かって嘆いた。
いったい何時間嘆いたら門に入れるのだろう。それは音楽を愛することだった。
ribbon deep bleath.

男女には結婚式がある。日曜日は休もうという運動がイスラエルで起きた。
女は美しく着飾るが、男は「ひたすら男らしく」振る舞う「法に満ちた男」でなければならなかった。
ローマのユリウス・カエサルとエルサレムのイエス・キリストは常に同じ人物であるかのように同じ政治手法を取っていた。
ローマでは600年間、ハンニバルのような将軍は出なかったが、それでもローマの政治力は十分すぎた。
しかし、ローマの有名女の行き着く先はギリシャのクロトンと呼ばれる精神病院だったので、多くの政治家がクロトンまで旅をした。
イスラエルを作ったテセウスに並ぶローマの政治家はいるのだろうか?
若者と美女をプロデュースする旅だった。
テセウスこそが「エジプト王朝を滅ぼした堕天使」であるイエス・キリストであることは明らかであろう。
テセウスは、海の近くの精神病院に放り込まれて以来、教会法を父として生きることを決めた。
恋を見失った女たちを多く見たし、海岸では若い娘たちが「これからの人生」を夢見ていた。
ソロモンはパラセーリングを楽しみ、クルーザーをも操る若者だった。
テセウスにとってはその失った人生を託すのに都合が良かった。
かつては格闘家として知られらまたイケメンだったテセウスは凡庸な中年男として、しかし知的にいきていたのだ。
ラブラドールレトリーバー。

テセウスは海岸ビジネスで身につけた政治力でダルタニアンなどの年寄りに復讐めいたこともしたが、しかしダルタニアンの息子はむしろテセウスのボディガードをやったりしていた。
若い連中を中年が指導する、それは年寄りのための政治フォーラムではなかったのだ。
しかし、年寄りを救うための医学の資金の裏付けを若い世代が提供したことになる。
テセウスの息子がアドニスである。神は自分に似せて人間を作った。だからアドニスのために泣けると言われたが、アドニスは父の生き方を正当化するためにのちの人生を別の海岸線で過ごしている。
イエスキリストの人生を正当化するために生き、別の海岸で過ごしていたアドニスは実際は弟だったのかもしれない。
散々、兄に悪態をついていた弟も「兄貴のように」と言って海を愛していた。
テセウスが見た地獄の後には王冠が待っていたが、アドニスには何も残らなかった。
人生の失敗を悟り、テセウスが成し遂げたことを追いかけることしかできなかった。
【これが学問なのだ】
学歴だけがすべてではないと言ったこともあるアドニスだったが、学問が作り上げた海岸線を毎日どのような思いで眺めていたのであろうか?
人々はイエスに祈り、アドニスのために泣いた。
若い娘にオイルを塗れば、年寄りの寿命が延びる、このような仕組みが海岸にはあった。
政治意識の高い年寄りは、若い娘の美しさが自分たちの命を永らえさせるであろうことを知っていた。
若い娘は若い男と話していたが、中年男であるテセウスを傷つけてはならないことは言い伝えとして学習していたとされる。
海岸の重要性に気がついたテセウスが去っても、物事がうまくいくように丘の上に統治機構を作ったりさまざまな役割を果たす建物の配置を決めたりした。
河合その子 Please tell me Mr.朱。

海岸の女たちに比べることが可能だったのはイオニアの天文台の星空を見に集まる女たちだけだった。
Amazonとは本来このような「聖書をのせた船」という意味だった。
テセウスの娘たちの婿はみんな友人だった。
中にはデルファイのようにテセウスのような生き方をしてうまくテセウスの成し遂げたことを引き継ぐものもいた。
テセウスが「若者の率直さ」さえ信じればよかったのだ。
テセウス、またの名をイエスキリスト、聖書の読み方を誰よりも知っていた男の生き方とはこのようなものだった。
テセウスほど自分の命に敏感だった男も珍しかった。世界史的損失だと考えたのだろう。
そのために女が保険金目当てで毒殺されそうになっていたことを突き止めたりもして名を馳せた。
夫が死んだ翌日にディズニーランドにいた奥さんの話を聞いて「ディズニーランドはギリシャ悲劇から作られていて死の恐怖をなくすんだよ」と受け止めたりもした。
医学を知っていたからこそ、戦争(トラブル)以外に人が天寿をまっとう出来ない理由はないと考えていたし、戦争をやる国がディズニーランドを必要としているのだと悟っていた。
連れ添った男を次々と亡くしていき、「男運が悪いんです」と語る女が作る食べ物は決して口にしなかった。
天文台と海岸 中島美智代。

すべての女の子が、おちんちんがないことへの鬱を経験していたのでヘラクレスは体を鍛え、イケメンとして彼女たちのおちんちんの役割を演じた。
プラトンも複雑な女心の定義をやる前に、アカデメイアにおいて彼女たちを「愛の対象」にする詩を研究したり、時には彼女たちに「アイデンティティ」を与えるフレーズをねじ込ませる詩も書いた。
詩の入門は常にジャニーズと共にあったし、そのマーケットを抑えてから「女になった」女に居場所を与えることが大事だった。
髪の長い女には何も言うことはなかった。
ショートヘアの女の子には「女になるって大変だね」と言って彼女たちの鬱をなくす研究を行った。
嵐 モンスター。

ショートヘアの女の子は周囲からの賞賛に酔いたがった。
なぜ、男に生まれなかったのか。
それを考えると「女として生まれたことへの祝福」を必要としたのだ。
ホメーロスが「理想の男」をオリンポス山に祀ったことの意味は「王子」を創造することにあり、女の子たちのメランコリーを治すことに意味があった。
男たちは「王子様なんているわけがない」と言ってバカにしたので、その巨大なマーケットへの鈍さが男たちにはあったのだ。
ヘラクレスはもはや中年となってしまったテセウスに可愛がられた。
それは、イスラエルの地に「髪の長い女たち」を拡散させるために必要な存在だったからだ。
権力が庇護しなければ「理想の男」はすぐに馬脚を現したので、虚像を権力で守ってまで「髪の長い女たち」を生み出す必要があった。
そうでなければイスラエルには凍りついた海と石ころだけの海岸しかなかっただろう。
ヘラクレスほど「デマゴーグ」に満ちた男はいなかったので彼は居場所を失い、普段は島で生活していた。
【男は戦争で死ぬんだって】
髪の長い女たちを生み出すために「悲劇の誕生」があった。
戦争は武器商人のために行うのではない。髪の長い女たちを生み出すために行うのだ。
「髪の長い女たち」は国が野蛮人と戦争を行うことから生まれていた。
戦争ができない日本国においては常に「交通事故」「災害」「事件」の報道が必要だったし、その真の意図を理解するものだけがキリスト教を知っていた。
ギリシャ哲学、ローマ法、キリスト教の三つの川はこのようにしてローマ帝国に流れ込んだ。
タキトゥスやプルタルコスのような歴史家しかこのような戦争の真実を知る者はいなかった。
歴代の王たちはそのために「大して美しくもない」娘を愛したし、カリタスのような学校に通わせた。
イスラエルのユダヤが「救世主の否定」「処女の否定」を行ったのは、ヘラクレスのようなつまはじきものをなくすためでもあったし、髪の長い女こそが資産だとみなしたからである。
「私を抱いて?」と言える女は世界の母・恋人・友人であったし、これを「女の犠牲」と呼ぶのであれば、世界から戦争はなくならないだろう。
これを理解しなければ、女たちが神社仏閣を熱心に訪れる理由もない。
男のコになりたい 酒井法子。

髪の長い女たちは国策として生み出されたものであったし、お金もかかった。
彼女たちは、その国への忠誠心があり、神社仏閣を熱心に訪れたのだ。
良縁も金運もなんでも祈ることが許されたし、願いは叶うとされている。
奴隷として人生のキャリアを始めた若者も、旅行をしたら神社仏閣を訪れた。
髪の長い女たちが目当てだった。
これらの男たちは「特派員」とも呼ばれた。
この「王国の作り方」は一部の指導者しか知らなかったことだ。
「男と女を隔てる川」の存在を理解しなければならなかったのだ。
本来、おじいさんから聞かされるような話をタキトゥスやプルタルコスは記していた。
それは神聖な国づくりの起源であったし、なぜ「嘆きの壁の門」を通れない者たちがいるのかを示していた。
本来、ヘロドトスがエジプトの歴史として記していたことだったかもしれないが、髪の長い女たちの美しさが本当に評価される地域がこの歴史の起源だろう。
髪の長い女たちが多ければ多いほど暴動は起きなかった。
子供達とどのように向き合うか?が指導者の力量でもあった。
軍の統帥のような将棋みたいなものは誰でもできたのだ。大事なのは資金集めだった。
これが分かったからローマ軍も今で言うアメリカ軍も常に「相手の倍」の兵士を戦場に連れて行けたのだ。
髪の長い女が国に満ちているうちは、指導者を周辺国が尊敬し、決して戦争は仕掛けなかった。
AKB48 River.

エジプトでは「ナイル川の周りに牛が満ちる」と表現されたが、日本国においては彼女たちはもはや「牛」ではなかった。
これらの物語は、王だけのものにしてはならないとされ、貴族院が作られた。
貧しきもの、子育てに悩むものたちのために貴族院はあったのだ。
衆議院はその下に位置し、戦争を繰り返すためにあった。
金の流れは「女心の基本」からくるものもあれば「風向き」によって流れてくるものもあった。
金の流れに常に敏感だったのは衆議院であった。
王室の知識は貴族院が共有していたが、人々の怒りの矢面に立たされたのは衆議院だったのだ。
人々が「結婚し、子供を作る」限り貴族院というものはなくならなかった。
「大使」というものも貴族院から招かれ、自国の結婚と子育てのやり方を世界に広めるためにあった。
「政治の基幹部分」さえ共有しておけば戦争の予防になるからだ。
昼は太陽のような男が王であっても、夜は木星のような冷酷なものが王になった。
夜明けを待つ男と、アフターファイブを待つ男の二種類がいた。
女たちの盾にならなければならないのは「夜の帝王」の方だった。
女遊びの激しい男は父から憎まれていて、いざとなったら分かってるな?と言われていたのだ。
【このことから事実上、セックスに税金がかけられた】
この仕組みを巧みに構築したからこそ、ローマ帝国もアメリカ合衆国も四方八方に向かって戦争ができるようになった。
また、これらのことを正確に理解した国が他にも生まれたことが「条約」の起源となった。
「家族を大事にすると国が強くなる」というギリシャの言い伝えは王室と知識を共有することを意味した。
テセウス(イエスキリスト)はこのようにしてローマ帝国と条約を結んだ。
どちらの王も「貴族院議員の数」を競い合った。これが影の戦争だったのだ。
東京パフォーマンスドール Ruby chase.

ハンニバルは、勉強ばかりしていて親のパラサイトをずっとやっていたので、とうとう赤紙が届いた。
しかし、勉強歴が生かされて、資金集めがうまく、ローマ帝国には256の植民地が生まれた。
各地に「大使」を派遣したのだ。
「戦争をやらないで領土を得ることはできないのか?」と言われるとその通りだと答えるしかない。
しかし、壮大な神社仏閣を持っている国が資金力を背景に好き勝手に「勇敢な兵士」を作り出していたし、そのことによって親不孝を詫びることとなった。
戦争で死人が出るのは事実だった。しかし、ローマ帝国もアメリカ合衆国も負ける戦争はしなかった。
髪の長い女たちが「私を抱いて?」というようになるのは人としては「犠牲」(サクリファイス)を意味したが、そのような女たちが経験する鬱を理解し、ジャニーズをバカにしなければ、負ける戦争などする必要もなかったのだ。
兵士として最も重要な能力は「外国語ができること」だった。
貴族院の意向を最も的確に外国語で表現できることが大事だったのだ。
外国語ができないものは、駐屯地でのディナーで外国人に毒殺された。
これが「戦死」の真実だった。
外国語ができなくても本国では魅力的な男として知られていたことが多く、女たちが疑心暗鬼にならないように神社仏閣に祀った。
本国の貴族院が何を考えているのか?を戦地の娘たちに語るものは殺されなかったし、それができないものが毒殺され、「戦友をどのようになくしたか?」に周囲は沈黙した。
怖いものを見た兵士はクロトンの精神病院に送られたが、そこにはアイドル女がたくさんいて「世界を旅した経験」にはアイドル女も一目置いた。
これが防衛省系の患者だった。
「貴族院は何を考えているの?」というアイドルたちの問いかけに答える役割があった。
それが「護国神社に近い」兵士が受けた特殊訓練というものだ。
さよなら失恋ピエロくん。

神社仏閣に教えを流さない暴君はクロトンで兵士にすらいじめられた。
兵士と暴君の話し合いの場でもあり、いい修行だと考えられたのだ。
101回、男女がセックスをすると息苦しくなってくる。あとはひたすら鈍くあるべきだなどという「愛の議論」に強いことが君主の器だった。
君主も「デマゴーグ」に満ちた王子だったので肉声を兵士に伝える機会を持つことは必要なことだ。
君主の方が兵士よりも女にモテることも感じてもらえればいい世界だった。
兵士たちにもジェラシーは当然あったが、「髪の長い女たちがいる限り負ける戦争はしない」と語る君主の肉声には一目置いた。
駐屯地での外国の女とのセックスはどうしてもレイプに近いものになってしまう。
それも「女の話が理解できない」という言葉の問題だと語る必要がある。
君主に語学というものは必要な素養だとされた。
クロトンで兵士と仲良くなれるかどうかは暴君か君主かの力量の違いがある。
酒も禁止されたクロトンで暴君は兵士に包囲される宿命にあった。
これを楽しんだのがアレキサンダーだった。
「これではアレキサンダーは医者と変わらないではないか」と思われるほどユニークな患者だった。
君主も王位継承の際に「敵の陣営」を作っていたので、ひたすら彼らを切り崩すのが仕事となった。
口も聞かなかった女が挨拶をしてくるようになる、それは医学や哲学の裏付けがなければできないことだ。
君主としての立場上、免許はなかったが「パワーとは何か?」を周囲に感じて欲しかった。
貴族院議員に囲まれている存在が君主だと言える。
このようにして築いたロイヤルパワーが果たして息子に真似できるであろうか?
繁栄は当たり前ではないということを痛感する。
この才能は、兄弟などに平等に与えられるものではなかったし、発言が為替に影響を与えるということもその人特有のものであった。
君主も若い頃はマーシャルアーツによって金を得るしかなかったが、歳をとるとはそういうことだったのだろう。
世界中の微笑みを集めてもかなわない。

若い頃は君主の息子も贅沢な暮らしをするべきだ。
高価なカウチに腰掛け、高価なテーブルに囲まれる。いずれ自分で作り上げる世界を知っておくべきだ。
「欲望のない男」としてその能力をひとつの方向に向けるようにするのだ。
若い頃の貧しさへの恨み言を言っているうちは伸びないだろう。
歳をとって自分の体にガタがきても、「若い頃に学んだ語学力」で医学書を読み、「讃えられる男」とはとどのつまり医学に精通した男のことなのだろうと考えた。
株価が上がる時というのは、むしろ男が健康を損ねていて女に飢えているだけのことがある。
株価だけに一喜一憂しないで、医学の方面からの金儲けも考えたりした。
若い頃のスパルタ的フィジカルトレーニングや語学の教育が生きるのは歳をとってからだった。
外交談義も医学の話題も株価を下げるが、株式投資とともに仕事をすれば最高のポートフォリオとなった。
医学による救済は、自分の神社仏閣に信仰心として資金を流し込むことができるが、外交談義の扱いは極めて難しい。
「外交は金にならない」と政治の世界で噂になった。
しかし、医学や政治(女心の定義)の国内での蓄積が、グローバルに反映されているのであって、大まかな外交談義は国内での活動がどのように世界に影響を与えているのか?の確認ともなる営みだ。
教育を受けたと言っても「語学しか役に立たなかったな」と思うこともあるが、情報格差を知ることが大事だった。
息子には高価なカウチに座らせて「どのようにこのような富を築き上げたのか?」をよく話す必要がある。
妻も息子の横で父の「偉大な富」について黙って耳を傾けていた。
妻は格闘技のうんちくから、学問に至るまで「富の秘密」を聴きたがっていたし、それを他の女たちに話したがっていたのだ。
健康でなければお祭りはできなかったので、テセウスは医学の知識を誇るようにお祭りを行った。
若い男たちは、祭りの主催者がテセウスであることを知っていたので「いつかテセウスのようになるんだ」と言ってお祭りで若い娘と結ばれた。
テセウスは、大怪我をした覚えがないのに具合が悪いのは大抵、運動不足からくるんだよ、と言って若者のエネルギーを見ていた。
11月のアンクレット。

テセウスは中年であったが、彼の高貴な血は若い娘も憧れていた。
高貴な人間は国を愛する気持ちと息子を愛する気持ちを区別していない。
そのために息子にも富が約束されることを若い娘は知っていたのだ。
しかし「娘のような私」であったことから、女の子ができた時の心配をしていたとされる。
「母と娘が兄妹みたい」とはこのことだ。
しかし、テセウスは「母にはワインを、娘にはジュースを」と区別していた。
未成年者飲酒禁止法はこの時に生まれたし、息子のためにスポーツを考えた。
戦いやトレーニングはスポーツにしかなかった。
俺なら王の息子に勝てる、そう言ってスポーツの世界に人々が集まってきた。
長いこと練りに練った技を披露できる、そのようにして一流の指導者も生まれた。
県知事もコーチも「王の息子」が負けるのを観に来た。
勝った子供には食事が与えられたためにプロスポーツの起源となっている。
女たちも「ビッグマネーの世界」に当然集まってきた。
歌を歌うものもいたため「誰が街で最も優れた男なのか?」が議論された。
その判断を女たちに委ねたところ「謙虚で言葉が正確な男」だという答えが返ってきた。
子供たちの争いの目的でもあり、結論でもあったのだ。
指導者も「謙虚で言葉が正確な」ものを戦の戦力と見なしていたし、贅沢に着飾った洋服など見てはいなかった。
これは民主主義の起源であったし、出版の起源でもあった。
「卑怯者の言葉など誰も聞きたくはなかった」
どのみちトレーニングを怠る卑怯者は「戦争で死ぬ」と人々は語り合った。
戦争で死者が出て不幸になる人を減らすというのは大事な発想だった。
マーチングバンドとは虚しい男に虚しい行進をさせるためにあった。
しかし、観客はマーチングバンドを笑いながら見物していたのだ。
このようにして、キリスト教社会は戦争準備すら終えてしまった。
首相の靖国神社参拝は政権公約であるが、「国内で周囲が死を望んでいる男への威嚇」という観点を詰めていく作業も含めての政権公約であろう。
母と娘のデュエットソング。

「なんでもあり」と公言していた連中が、戦争で「財務」と呼ばれる本国のセックス法と反戦運動を「天の声」として聞いた。
なんでもあり、財務、反戦運動の三つは戦争の三本柱と位置付けられている。
武器を操る上では「いかなる制約もない」とされたが、お金と反戦運動がどのみち制約をかけるだろう。
みんなに「やりたいことをやらせる」ことが戦争を遂行する秘訣だ。
金を集めたい奴もいれば、武器を操りたい奴もいる。
本国で戦争に反対したい奴もいただろう。
いずれにせよ「戦争という狩りの祭典」はこのように始まったのだ。
「14歳未満の女の子を姦淫してはならない」などの法律も戦争を避けるためには髪の長い女たちが必要だったから作られたものだ。
兵役拒否は親との断交を意味したが、「良心的」と呼ばれる罰を覚悟するものもいた。
「周囲が死を望んでいる」というメッセージだけが届いたのだ。
選挙に当選するというのも、兵役を命じられた男が打って出るものであり、中には「そもそも向いていない」という親の愛情を受けるものもいた。
兵役を免れるために選挙に当選したものは案外、真面目に仕事に取り組んだ。
12日間の選挙戦は死の恐怖との戦いでなければならなかった。
後の2日は祈らせることにした。
官僚のようなトレーニングを受けていない者は死の恐怖と戦えば役に立ったし、みんなで彼の当選を祝福した。
若い「候補」をシークレットサービスが守ったのはどのみち命を狙われていたからであり、60歳も過ぎた頃にはいろんなことが分かるようになっていた。
ペロポネソス戦争を経験したアテネ民主政は「我々は2000年生きるだろう」と誇らしげに語った。
ハレー彗星が来るたびに若者はバカみたいに踊り狂ったが、周囲は「戦争で死ぬんだろうな」と冷静に見ていた。
勉強をする奴も戦争に行かなくて済んだが、学を成し遂げるのに苦労した。
論敵に「死亡通知書」などを送りつけるものもいて、何が真実かを知るのは極めて困難だった。
どちらが優っていてどちらが劣っているのかが明らかではなかったので、多数派工作により勝敗を決めた。
学問だけで身を立てようと思ったら1日12時間の勉強が必要だったし、王は多数派に寄り添えばいいだけだった。
「政党」の誕生だ。
このようなセレクションを経ていたので、常に指導者は情熱的だった。
指導者はお金よりも宗教を愛した。「男らしい」と言われるのがいちばんの喜びだったのだろう。
偏差値Boy うしろゆびさされ組。

人知を超えたものがもはやキリスト教社会にはあったのだ。
「妊婦さん」を大事にした。「我々の社会」に誕生する命を祝福する自信があったからだ。
中には性倒錯を引き起こす男の子もいたが、王になれないだけであり、女たちの趣味により憲法というものは作られた。
男子校のオカマに限ってよく勉強したので指導者になるものもいた。
オカマは攻撃性を持っていたので、王の代わりに司令官を務めることもあった。
このようなことが分かっている街が「国」になったのであり、「地域から国を変える」というよりも、普遍的な知識を持った街が国となったのだ。
このような国づくりの知識を持った貴族院には各地から美しい女たちも集まってきた。
何か崇高なものにお仕えしているようだった。
このような国づくりは、戦争を可能にしていたが、髪の長い女たちが「私を抱いて?」というだけで男たちは安堵したし、それが平和なんだと思った。
「男らしさを語り合う」宗教というものがこの時、平和と結びついた。
神社仏閣の神に仕えるお坊さんも尊敬されたし、女神も祀った。
崇拝されるということは、男は男らしくあったし、女は女らしくあることに最も都合が良かった。
男を、そして女を崇拝することそれ自体が国をうまく運営させるのに役に立った。
崇拝される男と女は童貞と処女だったが30歳にもなると他の男女に「さっさと結婚した方が幸せよ?」と言って回った。
しかし、宗教にお仕えすることは食事に困らないことをも意味していた。
いかなる人にいかなる居場所も作るというのが「権威」であったし、キリスト教が真理であると確定した理由でもあったのだ。
離婚というものは所属する政党を変えることでもあったのでなかなか勧められるものではない。
処女と童貞を守るのにも食事が与えられなければならない。
我々は何事においてもプロフェッショナルだからね。
食事だけで済めばいいが、実際はドラッグもやっているんだろう。
処女と童貞なんてものも所詮は「神に似せたもの」に過ぎないのだ。
しかし、木星のような「夜の帝王」の方がより人間らしかったが、彼のために祈るものはいなかった。
男が童貞であるというのも、思春期の女の子の鬱という「犠牲」と同じ意味を持ち、彼は戦争に行かされることはなかった。
しかし、果たして彼が「男らしい」かといえば「法のない力」と言うしかない。
農家の「牧童」にそういう男がいたというだけであり「男らしさを語る論壇」「女心の定義」のような「産業」とは無縁の労農派だったのだろう。
しかし、エジプトではそのような牧童が35歳で司令官になり、最終的にはファラオになっていた。
司令官なんてものは将棋みたいなものであり、財務の仕事さえ人に任せておけば誰でも務まった。
ジェラシーから無縁だったからだろう。
高橋由美子 おみくじ。

35歳までプラトンの詩を愛し、音楽作品と親しめばいろんなことが分かるようになる。
やがて、牧童の司令官も妻を娶り、子供を作った。
これがファラオの人生だった。
よくその地域の人々を知っていなければ務まらなかっただろう。
ファラオの奴隷のような人生もいずれは道が開けたし、その後の人生における人気が違った。
そのうち「土地の再分配」も受けるだろう。
美男美女のカップルではなかったのも好感度が良かった。
まあ、どのみち高い教育を受けなければならなかったであろう。
「こんなに学んだ男がいただろうか?」と言われ、外国の王とも親しかった。

戦争をやる理由は「ギリシャ悲劇の誕生」が原因だった。
日本ではディズニーランドやユニバーサルスタジオがその役割を果たしているが、彼らが儲けるために戦争をやる必要があった。
このように「イスラエルが聖書を作った理由」と「アメリカ合衆国が聖書を作った理由」は大きく異なるが、アメリカ合衆国はイスラエルを「聖書づくりにおいては先輩格」と位置付けている。


男らしさを語り合う論壇と、女心を定義する男の活動を「産業」と呼ぶのであれば、男女が集う教会は紛れもなく一大産業であった。
ニュースは「男と女の関係」をあえて伏せながら報道している。
それを女たちは語り合ったし、街や家族のあり方を考える上でいいヒントがニュースにはあった。
教会に男女が集まる習慣を作ったものを「街の父」と呼ぶのであれば、彼はその街が大都会になることを熟知していたであろう。
永田町の話題もしたし、歴史の話題も出た。
外国の政治家の話も出た。
話すことそのものが一大産業だったのであり、教会はその街が大都会になることを約束したのだ。
女たちの宗教や男たちの政治が先行し、街の発展は後からついてくるものだ。
政治と宗教が中産階級として生まれた男を「街の父」にしたのだ。
三浦市の寺院。

祖先崇拝をやめて個人主義に立脚すると微熱が止まらなくなる。
しかし、祖先よりも魅力的なものが教会にはあったし、聖書に記されていた。
そのことを女たちは他の女と話したかったのだ。
セックスしている女に笑顔はない。
しかし、日常では笑顔をたやさずに他の女たちと話していた。
大学生は学問を成し遂げることの難しさに鬱々としていたが、女たちにはそのような問題はなかった。
彼女たちの「宗教センター」はサンフランシスコでも海に面した場所にあった。
そのため、その教えには爽快感があったのだ。
ギリシャ哲学とエジプトがなぜイスラエルを見たのかはここに理由がある。
愛の炎 田中れいな。

教義が他の街でも通じるのであれば、そもそも「小さな街」であるわけがない。
医学であったり法律学であったりが、どこかで「頭打ち」になっていて大都会に通用しないから街は小さいのだ。
すべては「宗教と政治」の問題なのだ。
男らしさを語り合う宗教と女心を定義する政治が浸透すれば街は大都会になる。
病気を救わないと信仰心というものは生まれないということを知っておく必要もある。
人々が「お金を払う」というのはそんなに簡単なことではないのだ。
イエスは「壊れていく妻が怖かった」という浮気の言い訳を批判し、離婚を禁じた(マタイ19:6)。
昨日、今日、明日と続いていく日常で、神に似せて作られた人間は変わらないけど、医学の進歩は日進月歩だった。
「セックス宗教」は間違いなくビタミン剤を必要としたのだ。
ビタミン剤さえ飲めば性病にはならないからだ。
キング牧師が「私にはまだ夢がある」と語ったのは医学がまだ発展途上にあることを示した。
また、多くの男女が交流する教会がなければ、立法・行政・司法のチェックアンドバランスが機能しないようになる。
あるいは、教育というものも「男になること、女になること」を義務教育とし、それ以降の教育とは区別されたものとなるだろう。






本居宣長 ナオビノミタマ。

«友達のいない人などいない。