最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

2017年7月27日 (木)

死にたい女。

死にたい女は、死にたい死にたいと言っていると周囲から人がいなくなり、セックスも気持ちよくなくなる。
そのような女は、自分の身辺整理を始めて、精神安定剤を飲み、苦痛の少ない死によって、最後の人生の輝きを死に求めるようになる。
ヒトラーは自殺したが、ソクラテスやイエスは自殺していない。
人のことを思いやる、それさえあれば死に追い詰められることはない。
死ぬ前にもっと周りのことが見えていれば。そんなことばかりだよ。
小林麻央。

警察官は市民に自殺を求めないよ。
間違ったものを信じ、間違ったものに追い詰められていく人間が死ぬんだよ。
「何を信じているのか?」をうまくコントロールしなければならない。
男も「女が胸に秘めているもの」を信じていると死に追い詰められるぞ。
特に「自分の病気は治らない」と信じている女は周りの男を死に誘惑するぞ。
同情を誘うために死にたいという女は、周囲の男を死に引き込もうとしている。
戦場では仲間の兵士を死に陥れるのは簡単なんだよ。
だからみんな戦場では紳士になろうとした。
このような「戦場で仲間の兵士に殺される」ようなことを第3分野と呼んで保険まで作られている。
第3分野の保険。

不貞を働き批判され裁判を避けるため、そして身内を守るために切腹をすることはむしろ国の税収につながる。
スパイは少数派の狭い視野しかもっていない。
自分で自分を「必要ない」と思うことがあるために毒薬だけ持たせておけばいい。
松居一代。

ソクラテスは「ファエド」において、自殺の研究を素晴らしいテーマであるとして西洋という概念を作った。
視野の広さという観点から東洋と区別しようとしたのだ。
「我々の学問を知っていながら死にたいとは何事か?」
人間には臆病風というものがあるんだ。国のために死ねるかよ。
お金儲けの方法からして西洋は違うんだよな。
バカで惨めな東洋人を見て笑っているんだよ。
神風特攻隊。

キリスト教が自殺を禁じた理由が分かるだろ?
「我々は惨めな東洋人ではない」ということなんだ。
自分が可愛くない奴は学習しないし、才能もない。
他人を助けてやる力量もない。
キリスト教が目指すものが何かは明らかだった。
カップルは信じている。社会は知っている。社会は何を知っているんだよ。
いじめは無くならないよ?
でも、頭おかしい女のことを知っていればいじめっ子は逃げ出すだろ。
ロシア正教会はそのように教えたし、プロテスタントもカルヴァン派は、死と直面した男にはなぜかアイドルが寄ってくる仕組みに気がついていた。
Qlair 秋の貝殻。

キリスト教社会は「罪の告白」というものを行い、なぜ浮気をしたのかという理由まで事細かに牧師さんに話させたのだ。
「妻が壊れていくのが怖かった」
要するに磔とは何かを牧師さんは詳細に聞くことができた。
これがどれほど医学を発展させたであろうか。
「富める時も病める時も」
これは医学の発展を願った言葉であり、牧師さんは医学って何だろうな?と考えたし、医学の側もそれに応えようとした。
医学こそが神の計画を知るのにもっともいい学問となったのだ。
自殺なんてもったいないよ。歳を取るまで生きて医学に貢献してよ。
死ぬより辛いことがあるのは分かるけど、すべて告白してよ。
黒の舟唄。

恋人たちは信じている、社会は知っている。
自殺なんてのは「信じているもの」から生まれている。
社会はもっと広いはずだ。
周囲が死にたい女を孤立させているのに、周囲が自殺を止めることはできるのか?
国は民間の「村八分」により生じる自殺を犯罪化できるのか?
ときに「ご立派な自死」はあるのだろうか?
「命は神聖である」しかし「勝ち方を知らない」
この世界に自殺は存在する。
西洋の知識に負け続けた東洋で本当に自殺が生じたんだよ。
英語を学ばせる年齢はしっかり考えないとね。
本気で自殺を考える中学生はいるのだ。
神の計画を知っているものに死んでほしくはないね。
ためらい傷ぐらい作るだろ?
みんな「贈り物」が惜しいんだよ。

2017年7月26日 (水)

恋する女。

恋する女は男の何を見ているだろうか?
からだを駆け抜ける電子、神経、重力、遺伝などだ。
つまりは「恋は重力から生まれている」と言っていいほど重力というのはあらゆる要素をはるかにしのぐ巨大さをもっていた。
レスリング。

若い頃に重力と戦ったことがないのならば「女心の探求」の世界には耐えられないかな?
簡単なんだけどね。
家庭内のルールも大黒柱の肉体次第だね。
男の言葉は体を見てから聞け。
貧弱な体をした男は見られることを嫌がっている。
「財産」だって見られるものだろ。
財産は青くて硬くて冷たい。
体で稼ぐものなんだ。
温度や激しさ、圧力は体を見て決める。
電子を体中に走らせたやつほど愛を語る器がある。
エネルギー保存の法則によって、いちばん重力に逆らったやつがその場を支配するのだ。
ガスだって理想の状態で落ち着くだろ。
空気だってそうだ。
言葉を失うからやめとけ。ヘビー級。

デカい男は体に電子を走らせた分、子供に伝わることは確実だとされている。
有名な男の息子は望遠鏡からも電子顕微鏡からも観察される。
観察されても親父が完成させてしまったものがあるんだ。
匂いが分からない女は色も分からないし財産のことも考えない。
とにかく世の中の女たちに潰されたんだ。
親父が逆らった重力に逆らう可能性があったからね。
なぜかみんな「とにかく時間ほど危険なものはない」と考えてしまうのだ。
家庭内の重力というものを考えるんだろう。
マービス・フレイジャー。

親父がいると安心して眠れるというのを「α波」と呼ぶ。
また、息子は親父が逆らった重力を利用して女を集め始める。
そういう奴には「常に問題を与え続ける」必要がある。
息子を孤立させてはならない。
とにかく「何かとぶつける」必要があるのだ。
カルナップは、ハプスブルク家でこのことを学んだ。
このことから、遺伝というものは「核」しか伝わらないのかね、と語られた。
「お父さんが弱くなった!」と言ってみんなが喜ぶだけだろ。
戦ってもらいたいという立場、八百長で生きた方がいいという立場、女の子なら良かったのにという立場がある。
物語の続きを見たいという人は確かにいる。
太っていた方が女が寄ってこないキャラに見えていいとしている。
お父さんの話がまわりに満ちていると自然に太る。
お父さんを信じているのだろう。
男の子だけに時間というものが許されている。
また、八百長で生きた方がいいという立場はとにかく「音楽」を多用したね。
お父さんが聴いた曲は普通は息子は愛さない。
しかし、プロデューサーは平気で使ってくる。
まわりがどれだけ息子を思いやっているのかが問われる。
瀬能あづさ ふたつにひとつ。

父親が求めた世界は本当だったんだな、と思える日がいつかくる。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。



【書きかけ】

穢れなき女。

「穢れなき女」は、パートナーさえいれば仲間もできるし、セックス政治に非常にいい反応をする。
ふしだらな女に罰を与えるのが穢れなき女なのだ。
彼氏に意味を見出せないのね?
彼氏は貴女に「女にもわかる話」をしていないから貴女はセックスの時に感じないのかしら?
「女にもわかる話」(ワラント)のない世界に穢れなき女は罰を与えた。
穢れなき悪戯。

家族や職場で「別れた」という話は罰が下る。
セックスが下手だからだよ。
言葉が不自由だから女にわけのわからない話をして、女を感じなくさせているんだ。
そういう奴は世の中でも嫌われ者だから「別れたんだってね」という口実でいじめられる。
いじめられたら刑法に触れる問題を起こして「若い女の子」にも相手にされなくなる。
国はいったいどんな教育をしていたんだろう。
若い女の子にモテる、それだけで男というのは犯罪を犯さないものだ。
女の子に「あなたの言っていることは分からないの」と言われることは、パートナーとの関係すら冷え込ませてしまう。
女たちに「あの人は深い話さえしなければ大丈夫よ」と言われる男は犯罪に近い場所にいて、しかもセックスが下手なのだ。
「彼女すら守れない奴」
そのような噂が最もふさわしい罰だった。
男に対する彼女の罵声に世の中は共感しやすい。
どうも彼女の感度が悪いな。他の女はどうなのかな?
社会は総力を挙げてこのような男を罵倒した。
女にとって「彼の話はつまらなかった」のだ。
パートナーの発信力は女に委ねられて別れた。
松田聖子 ハートのイヤリング。

子供がいない男はなかなか「女にもわかる柔らかい話」はできないだろ。
しかし、カップルは出会った時はまだ子供もいない。
「読んだから知っていた」という部分が男にはある。
つまらない、感じない、それは犯罪の起源であり、国の課題なのだ。
学ばない男には女たちからの罰が与えられるだろう。
「法って何?」
女たちはそのことばかり考えていた。
セックスの時に感じるからだ。
rebecca trouble of love.

国は教科書をすでに用意している。
読めないのならば女が離れていくほどのテキストだ。
離れていかないパートナーがいる。
それだけでも市民としての合格点を与えることができるのだ。
若い女の子が尊敬しない男、そういう男は犯罪を犯す。
彼女を守れなくて自信を失っているからだ。
「ソビエトには犯罪など存在しない。全部病気だ」という考えにも一理あった。
女に詳しい、女の子にモテる、男社会で尊敬される男はいじめられないというロシア正教会との関係を示している。
政治家と庶民の距離は「女に詳しい、女の子にモテる、男社会で尊敬されている」という点にしかないだろ。
わけの分からないことを言って女たちが彼の言葉から何も感じないととんでもない罰が下る。
プライベートでお金も払わないのに女の子たちが群がる、このような男が犯罪を犯すわけがない。
妻との良好な関係を維持しながら犯罪を避ける。
それが学ぶということだよ。
民法はお金を集める学問だけど、刑法はお金を払わなくても女の子たちが集まるという学問だ。
プライベートの「間違い」は公にさらされる。
幸せですか モーニング娘。

お金を集めるのがプライベートで、罰を与えられるのが公である。
私法と公法の違いはここにある。
私法学科は金持ちでいいね、公法学科はモテていいね。
学生のうちは分からなくてもいずれそういう仕事をするようになるんだ。
民事部に勤めていると「ほう、そんな儲け方があるのか」と思うことがあるし、刑事部に勤めていると「もっといいモテ方があるのにな」と思うんだ。
法学部の学生が身内に出ると、一族は安泰だな。
「事件性」があると裁判官はいろんな言い分を聞かされて勉強するのだ。
一生やってろと思うね。
あとは身内に教えてやれ。
刑事部では「モテないとはどういうことか?」を思い知るが、結局、プライベートでも貧しいということがわかるために違法性というのは民法も刑法も同じなのかなと思う。
工藤静香 証拠を見せて。

わけの分からないことを言う男に罰を与えるって悪だよね。
世の中には巨悪というものがある。
女は本でも読んで感じ方の勉強をしていればいいのに。
そうすれば女たちにも余裕ができでバカな男でも相手にすることができるのに。
犯罪のない国家というのは情報に満ちているんだ。
犯罪というのは端的にいうと「勇気付けてくれる女たち」がいないという女の問題だ。
女たちに快楽が少ないから無知な男に罰を与える口実を探している。
女たちが世間で罰を与えれば犯罪が減るのかどうかは分からないよ?
しかし、社会的制裁を与えるモチベーションが減るのは事実なんだ。
「システム」だけは明確にして犯罪と向き合わなければならない。
国は検察が起訴するといえばそれにしたがわなければならない。
「女たちが劣っている」
これが彼女たちが犯罪者の噂をする理由だ。
レイプ、殺人、盗みなどは「罰に値する」として女たちが噂しあった。
「そんなことをして男と言えるのでしょうか?」
女の子たちは犯罪者を勇気付ける気持ちを失ったのだ。
シルバーリングに口づけを。

おばさんグループの「シカト」から男は罰の存在に気がつく。
女たちの「出会いのための暗号」にも逆らった。
世の中は政治で動かすんだよ。黒い手はいらないんだ。
検察は、男を元の生活に戻すためにどれくらい時間がかかるのかを考えていた。
キャバクラも高額なお金をとった。
「有罪」って厳しいよね。
女に詳しければこんなことにならないでしょ?
男に「改革」が求められたのだ。
女たちが力を与えるのをやめてしまう。
読書をしたくなるのを待つ。
二段階で罰は与えられる。
社会のメンバーとして何が必要かを考えてね?
女の子たちがまた周りを取り囲むためには時間が必要よ。
夏の夕方、冬の夜明け、夜は罪深い時間よ?
夜はしっかりと眠ってね。
タンポポ One step.

裁判官は休日に喫茶店で珈琲タイムを楽しみながら、日常はこのような「犬のようにモテない連中」の相手をしていた。
裁く側と裁かれる側なんてこの程度の違いしかないよ。
女性たちの眼差しが違うだけなんだ。
裁判官もいろいろと教えさとすけどね。
反省させたって仕方がない部分がある。
女性にモテるかどうかを問題にしていただけなんだ。
それは精神障害者ならばとっくに社会で制裁を受けているから刑なんて必要ないし、健常者に「俺のようにモテるようになれ」なんていえないよ。
能力のない人間に「女にもわかるような話をしないと感度が上がらないだろ」なんて言えるわけがない。
学歴社会なんだ。
本当の裁判官ならば、女性向けに哲学書でも書いて、女の感度を上げる努力でもするだろうけど、なかなか時間がないからな。
Every little thing Time goes by.

2017年7月25日 (火)

頭おかしい女。

頭おかしい女は、文章を読めば分かるが、実は真剣に、そして健気に生きているという立場がある。
彼女たちは何も欲しがってはいなかった。
ただ、「日本国の学問の水準」を知りたがっていた。
心と脳の関係にしか興味がなく、男の見た目を気にしなかったのだ。
矢口真里 青春 僕。

彼女たちの論理をより人間らしく語ることを汎サイケデリックと呼ぶ。
「医者にはこう見える」という世界が医学書には書いてある。
しかし、患者が語るストーリーはまったく異なるのだ。
「人間ってみんな生きているんだなあ」という境地に至るのだ。
すべてのものはすべてに属する。
古い小説では「テンキョウ病み」としか書かれていないだろ。
しかし、そろそろ彼女たちを表舞台に出していいんじゃないか?
ギリシャ哲学ではアナクサゴラスがこのことを専門にしていた。
アナクサゴラスは彼女たちが「おちんちん」をどう思っているのかな?と観察していた。
おちんちんに興味のない女も「頭おかしい女」の中にはいたのだ。
土と空気と火と水、これだけは変わらないが、みんな「愛と戦い」の中に身を置いていた。
デモクリトスは、人間の心というものはこの4つよりもはるかに複雑だなと考えた。
あまい、苦い、熱い、冷たい、色。
おちんちんだけでなくこれらとどう向き合っているかも考えなければならないなと考えたのがデモクリトスだ。
二対一のいじめは2500年前の話ではない。
いまだに行われている。
女心を覗き見したガリレオ、恋というものを考えたデカルト、男同士でも共感することがあると考えたニュートンがいたから二対一のいじめにロシア正教会は向き合うことができた。
女心に詳しいやつ、周りの女たちが恋しているやつ、男社会に詳しいやつはいじめられないとしたのだ。
この三つのうちどれか二つを用いれば、ニヤニヤしていじめようとしたやつは表情を変えて逃げ出すのだ。
一度成立させれば800人が真似するだろうとスピノザは考えた。
ラッセルの一神教は、800人が真似するという意味ではヤオロズの神と同じことを言っていた。
それほど多くの男がいじめに悩んでいたのだ。
「頭おかしい女」に詳しいやつは特にいじめられなかった。
こういう奴ほどセックスに詳しいのだろうと思われたのだ。
頭おかしい女から逃げ出さない奴?そりゃ神だろ。
そこで周囲は「契約」を結ぶのだ。
「あいつは心の底から怖い」とね。
いじめがなければ宗教は進化しないよ。
矢口真里 バレンタインキッス。

ポールセンもプリンスもハートマンも、「女を好きにならないと頭おかしい女のことは分からないよ」としている。
ドイツの「いじめ進化論」の歴史は頭おかしい女の研究に向かったのだ。
アメーバという単細胞生物にないものが電子やクォークにはある。
やっぱり「カップル」の研究をしなければ頭おかしい女の存在は分からないのだ。
男女でビビビとこなければ女は本性を現さない。
心の塵が電気で整理されるから本性を現すのだ。
神が生み出した学問は絶滅するのかしら?
女たちが集まった。
1930年代から20世紀が終わるまで、「頭おかしい女に詳しいといじめられない」とされて精神医学は深まっていったのだ。
汎サイケデリックというのは「すべては心の中にある」というのが本来の意味だが、いじめを受けた男がこの問題と向き合うことになる。
日常に何を思っているのかを探求するのか、それともセックスしている時に何をイメージしているのかを探求するのかに絞られる。
セックスしている時に、日常の彼の言葉が分からない(ワラントではない)ことから感じなくなることがある。
女にもわかる話ができない男は「感じない女」に侮辱されてEDになる。
セックスの失敗というよりは日常の失敗だったのだ。
ワラント(女にもわかる話)を日頃、話している男にはどのみち思い切りよがるからEDにはならない。
話の内容が分かっているから女はヒステリーを起こすんだ。
女の嘘を見破らなければならないね。
藤原紀香。

普通、頭おかしい女と言われたら怒るだろ。
しかし、人間を動物レベルにまで下げて語るのならば頭おかしい女は怒らない。
19世紀から20世紀にロンドンのシティで障害者がよく用いられた。
株価の操作に使ったのだ。
21世紀になって、彼氏がいる女が「障害者の真実」に義憤を感じると言い始めた。
本当に株価の操作が可能だということが明確になったのは21世紀なのだ。
女たちの「動物としての共感」は株価を下げるのに用いられるのだろうか?
哲学は女の魅力を語ってきたはずだ。
女たちが「私と同じ!」という医学は株価に悪影響を与える。
「そんな世界があるんだな」と言えるような一歩引いた障害者に関する情報こそが株価を上げることに用いられたのだ。
「こんな悩みのためにお金を使わなくてよかったな」と思えるからだ。
あくまで株価を上げるための障害者に関する情報は「他人事」でなければならない。
お嫁に行けないじゃない、という情報ではダメだ。
彼氏がいちばん大事だと思える話でなければ株価は上がらない。
しかし、巨大医学ムーブメントの後に人々は「万物の創造主」の存在を感じるだろう。
それこそが頭おかしい女に関する研究が待っていたものだ。
最後に女の子たちが「結局、脳って何なんだろう?」と思ってくれるようになればいいのだ。
松浦亜弥 LOVE Train.

男が言うことに女たちは「逆襲」してきた歴史があるだろ。
今は医学の知識でその「男女の戦い」が行われているに過ぎない、と割り切る考えもある。
女はベンゼン環のように完成されている。
彼女たちを動揺させる医学情報などもうないのではないか?
ヒュームが「誰にお金をもらっていて誰に長話を聞いてもらっているの?」と言って女のパートナーを当てた時ほどの奇跡ではないのではないか。
国全体の動きを見たり、それぞれのカップルの話を聞いたりするが、それほど国王の力があるのならば、医学情報は常に「突然現れた新説」であり続けるだろう。
しかし、ただ「障害者です」と言って表に出るよりも、その実像を語る方がより急進的なものとなる。
障害者もセックスをするだろう。
通常のエロビデオにはない描写が見られるために、この研究は乙武洋匡などが世界に知られた。
健常者ならば太っているか痩せているかぐらいしか違いはない。
頭おかしい女が「からだを売るのが難しい」ことは理解しなければならない。
障害者がオーガズムに達するという映像は、とりわけ強い影響力をもった。
このとき彼は健常者になったという想像をしているのだ。
「俺は健常者だ」「私は健常者よ」というのがこのとき脳に行き渡る。
障害者のマスターベーション。
普通のポルノなんて「からだの洗いっこ」にしか見えないだろ。
普通のポルノ。

彼や彼女が子供を産むというのは「飛躍」でね。より単純な「普通の人間」として生まれてくるのだ。
これも進化だね。
処女がいい、童貞がいいという考えを持つとやはり障害者を見てしまうだろうね。
美しい障害者、三浦理恵子。
障害者は、チンパンジーからの進化が遅れたのだろうか。
しかし、障害者以外の男女はセックスするし、罪人ではないか?
よそ者が嫌いという大人は障害者と子供を結婚させている。
障害者の初体験を大事にしているのだ。
初体験というのは101回やるまで感情は変わらないのだ。
モーニング娘。 インディゴブルーラブ。

障害者をパートナーにするという発想は「女の幸せ」を考えて行うものだ。
親としては娘に「あなたは今、楽しいでしょう?あなたのためにやったのよ」と言うしかない。
女の側には障害者の友達しかいないという問題は残る。
また、障害者には「バックどこよ?バック」というしかないことがある。
いずれにせよ、障害者というのはなぜかセックスを大事にするね。
三浦理恵子 水平線でつかまえて。

2017年7月24日 (月)

市民女。

王朝があるのならば、どの男も「国王」のまねをして生きる。
女はその男に「市民女」としての資格を与えられる。
国王は民主主義の世界で揉まれに揉まれて俗っぽかった。
「やる気はどこからくるの?」
国王は市民に語りかけた。
18世紀に、ルイ16世がもっと謙虚だったのなら、そして議会で「国王の真似」をする人が出てきてくれたのならばフランス革命は起きなかっただろう。
1990年代に「国王」という概念がまとまってきた。
「俺が国王だ」という共和党員と、市民としての奔放さを容認する奴隷階級としての民主党員が生まれた。
国王が本当に立派な男だったら共和党政権は続くだろうし、失敗が目立ったら「リア王」のように暗愚な王として民主党政権に移行する。
アメリカ大統領とは「宗教の王」であり、王朝であった。
国王に統治してもらいたい安定した時期と、奴隷階級による革命が求められる時期が4年ごとに問われ続けている。
「市民女」は共和党政権のもとで、国王の真似をする彼氏がいる女の事を言う。
ローマ帝国の到来を感じた時に共和党政権というものは生まれる。
市民女も彼氏に安定感を感じる時期だ。
シーザースパレス。

アメリカ合衆国の社会全体が「私たちは混乱していない」という時期は確実にある。
それぞれの会社や大学、家庭で「王室」が作られるのだ。
「社長が国王と同じ事を言っている」
一方で、民主党政権下では「政治はよりプライベートなことに興味を持つ」ことになる。
マイノリティにIDをつけて、黒人やヒスパニックの恋愛を監視しようとしたのがオバマ政権だっただろ。
市民女の彼氏が国王を真似できる時代背景なのかどうかだけが問われている。
「俺はダメだ、庶民にまかせよう」という発想はクリントン政権も行なった。
竹中平蔵は、このことをプリンストン大学で目の当たりにしたようだ。
庶民の「生きるというエネルギー」にすべてを任せたくなる時があるのは事実だ。
フランス革命のジャコバンはそうだったし、奴隷みたいな奔放な連中が幅を利かせた。
今、日本の男はローマ的だろうか?
言っていることは全部、詩みたいなことであり、男女は美しい、それがローマだった。
ローマの休日。

国王に興味が持てない。「政治家や官僚に任せてダメになるなら庶民に任せてダメになろう」
民主党政権はこんなにも悲観的なのだ。
しかし、このような発想をとっても庶民にはエネルギーがあるし、いろんな王が出てくるものだ。
1970年代から「フェミニズムというものがある」ということが知られ始めた。
女たちは男がフェミニズムを知らないことに失望もした。
女は無限の資源だということを政治の側が受け止めてくれる日が来るならばと思って、民衆にまかされた「民主党政権」を引き受けたのだ。
「おちんちんは何も失わない」
このバネだけが民主党政権に残されたのだ。
「宗教界の再編が必要な時期ね」
国王を育てるためには、どうしても見せなければならない世界がある。
民主党よりの新聞ってのはプライベートな問題ばかり扱っているものだ。
レイプ、堕胎、子育ての問題、売春の問題、そんな記事ばかり読んで王子は考えなければ国王にはなれないだろう。
民主党寄りの新聞とはライオンの肌のような「性別、階級、言語、人種」の話題を好む連中のことだ。
愛が止まらない Wink.

「民の問題」から学んで「つまりこのようなワケだな」という言葉が注目されるのが国王である。
失業や、病気、暴動など「俺にはどうすることもできないな」と言って、「愛のメッセージ」を送るしかないのが民主党の国王(大統領)だろう。
共和党の国王は、これらの問題に直面したら、社長さんも国王の真似をするのをやめてしまい、「暗愚な王」と批判されるだろう。
生き方を否定するわけではない。
災害などを「どうすることもできねえな」と思うか「男女の出会いの場が開放的になって自由がいきすぎてねえか?」という見解を出せるかどうかなんだ。
共和党の国王は女に詳しく「男女の出会いの場」を多く作って影響力を増したんだ。
当然、災害も起きるだろう。
この時に女は、国王ではなく彼氏を振り向くだろう。
瀬能あづさ 愛になりたい。

国王が大事なのか彼氏が大事なのか?
それが共和党と民主党の違いだ。
T.H.マーシャルは「市民と階級」において20世紀の民主主義は「指導者の真似をすることでお金が拡散していく」とした。
日常に庶民に戻り、社会の病理面と向き合う国王をみんなが真似する、それが社会の安定につながるとしたのだ。
1980年代以降、「演説しかしない」政治家も現れたけどね。
「国政報告会」が、人間に違いを盲目にしたという側面がある。
永田町の論理を報告されたってどの世界にもあるものだからね。
多数派ってそんなことを考えているのか、とマイノリティが思うだけだろ。
しかし、1980年代後半には「社会は複雑すぎる」としてすべての政治家が俗世間に帰っていった。
政治がそれを悟ったために、芸能人も80年代を最後に「普通の生活」に戻っていった。
普通に職業を持ったのだ。
政治家も芸能人も「日常の仕事の充実が公の活動を保障する」ということになった。
常に日常の仕事と「公の活動」は対話をしていた。
扉を開けて 堂本光一と神田沙也加。

「金持ちしかセックスシンボルにはなれない」
アイリス・ヤングは政治や芸能をそのような世界にした。
何に感受性が弱く、何を尊敬すべきか?
それはテレビ局で知ることではなかった。
普段の仕事やアルバイトで知った。
この20年間で政治家や芸能人へのそのような教育は終えたといっていい。
「お金があるということは面白いということだろ。テレビで何か言ってよ」
それが分かっていないのならば、インターネット時代に芸能人や政治家なんてできないよ。
文化の多様性や少数派の意見がテレビでは好まれた。
お金を払ってまで「言いたいこと」があるのはそういう連中だけだったからね。
司法、立法、行政の方がよっぽど影響力があるのにテレビに出たいというなら少数派しか集まらないよ。
評論家も「その世界で孤立したために言いたいことがある」ことからテレビに出ている。
辺真一。

政治家も芸能人も「テレビに出て言いたいことがある」という点では同じだよ。
しかし、政治家は立法と行政に関与できる。
だが、結論は「テレビに出たい」ということなんだ。
特定の世界に敏感なだけである、これが政治家なのだ。
移民が言葉を覚えるために公立高校に行く、これがテレビの正体である。
ジョゼフ・カレンは「私は処女よ」ということを巧みに利用してテレビに出ることで言葉を覚えた。
政治の側も「どの女が今いちばん重要なのか」を考えているに過ぎない。
さて、なぜこのようなことをテレビでやるのかというと「テロが怖いから」だろ。
国王が知っていることとはこのようなものだ。
テレビに出ている人たちはお金を払っているし、優越感を味わいたいわけでもない。
居場所が欲しいだけなんだよ。
市民として「一つの顔」として生きるか、政治家や芸能人として「二つの顔」として生きるのかのどちらかだろ。
国が考えているのは治安のことだけだよ。
2005年7月7日のロンドン爆破テロの時にこのメディア論はまとまっていたんだ。
イスラムは若い女の子さえテレビに出せば文句は言わない。
のん。

目立ちたい奴には金を払わせるよ。
国は「国家の統合」しか頭にないからね。
テレビは影響力はあるけれど、端的にいうとそういうことだ。
それほど、哲学の世界はテレビを冷静に見ていたんだ。
子供たちを見ていたし、学生の反応も見ていた。
今のご時世にこのことを知らずに愛国心を語るのは愚かなことだ。
テレビは「歴史のバランスシート」をうまく解消するだろう。
要するに「出会いの場」が欲しくてマイノリティはテレビに出ている。
多数派は大学や会社があるだろ。
少数派の人間の「ファンになる」というのは憲法愛国主義なんだよ。
人間社会の競争ってのは、テレビでいったん解消されているのだ。
年末にはそういう連中は「誰にもわからないお金の計算」をして終わっている。
そうやって、差別に対する「心の火」は消えて無くなるのを感じている。
人生に前向きになれればもうテレビにも出ないよ。
昔があって今があるんだ。生きていければいいだろ。
俺は参加したんだよ。
小島よしお。

グローバル化を迎えたらあっという間にテレビはこのような「発想の切り替え」を終えていたのだ。
テレビがある以上、領土は動かない。これぐらい悟れよ。
みんな金を持っていて枠が限られている以上、このような使い方しかしないよ。
少数派だって仲間が欲しいんだ。わからない奴は「誰々に干された」という噂を立てられていなくなった。
豊かな国というのはもう安全にしか興味がないんだ。
移民の受け入れのためには「お金を保障すること」であり、お金がなければ孤立するだけだということを理解しなければならない。
そうでなければ、まるで隠れ家のように体を売る場所を見つけるだろう。
二つ目は「権力を持たせること」である。
そうすればその移民は仲間を引き込むために権力を用いるだろう。
三つ目は、「貧しい国の出身者」の看護士ですと言って男を勃起させることだ。
国同士の関係の優劣を男女間に持ち込むのがいちばん落ち着きがいい。
彼女たちは決して暴れたりはしない。
それが国だと思っている。
朝鮮は劣った国だ。
女たちはそれを明らかにしたくないのだ。
誤ったメッセージを与えてはならない。
「メディア論を知らない朝鮮男が暴れるだけだろ」
組織に属したければ金を与える、権力を与える、劣った国との扱いを受けるという三つは知っておかなければならない。
国際結婚が移民政策のゴールだということも知らなければならない。
外へは厳しく、内へはあまく。
それでも外のアイデンティティを持ち続けるものには厳しく当たらなければならない。
上の三つの考えに納得していないのだからね。
どうせ泣き出して国に帰るだけだよ。
日本国のセックスサークルに加われば、本国のアイデンティティなんて忘れるだろ。
これを知っているのが国王なんだ。
国内で金のやり取りをして政府を助ける仲間になってもらう。
生活する上での投票と、セックス政治に対する投票は異なる。
こわければ地方でやってみればいい。
参政権はお金の話だということがわかる。
生活のために投票するかセックス政治のために投票するかはお金との相談だろ。
マイノリティ芸能人。

そのうえでのお約束として「わけのわからない文化」が日本に入ってくることは理解しておいてもらいたい。
本当の意味がわからないデモ行進もあるだろう。
いい空気が吸いたい奴は山ほどいるんだ。
それも我が国のポテンシャルになるし、見慣れた風景になる。
外国ではやっていないデモなのだから我が国の領土を守るために起きていることだ。
平和、安全、お金、環境、貿易、セックス政治の目的でやっているに過ぎないんだ。
これがわかればEU、国連、WTO、IMFの優等生だな。
組織の考えを知って欲しい。
みんな「課長になる」というマンガぐらい読んだだろ。
外国の「嘘つき女」との話し方が我が国のものになるだけだ。
我が国の政治フォーラムを世界に広げるためには外国のネイティブを引き込むしかない。
嘘つき女の言葉がまったく分からないからね。
人はどうやって大人になるの?
母国語で考えながら大人になるんだ。
外国の論理がわからないんだよ。
痛みは動物でも感じるものだし、みんな楽して生きようとしている。
その国の空気で育たなければ、その国の論理を学ぼうとはしないよ。
国家レベルで見るのをやめて、「カップル」レベルで見てみたらどうだ。
国内で「トンデモセックス政治」を語って人気を博することはできても、外国女の言語までは分からない。
朝鮮人の芸能人。

2017年7月22日 (土)

行きずりの女。

もし、街ですれ違っただけの男女がカップルになるのならば、それはそれぞれの男女の今までの付き合いや、組織に影響を与える。
簡単に成立する効率的な男女の関係が、今までの「私の法」とどのような関係があるだろうか?
瀬能あづさ 土曜の夜にレインボー。

街でのナンパが一気に広まったのは1970年代のことだ。
「かわいいな」と思ってしまうという点では、法に嘘をつくのが街でのナンパだ。
アメリカ合衆国の民法が、そのようなカップルにも居場所を作り始めた。
宗教や社会の慣習が、このことをまちづくりの一つとして街を開放したのだ。
ドォーキンは、今まで属していた組織における長い付き合いから「プロポーズ」に至ると考えていたが、背景には「女のからだは皆同じ」という発想があったし、女が他の女のからだに吐き気を感じないための恋愛フォーラムが好ましいと考えていたということが指摘できる。
藤本美貴 銀色の永遠。

学校や会社の「ルール」ってなんだったのかなという思いもある。
モーゼ五書の戒律の伝統はどうなるのだろうとも思った。
「街に可愛い子ならばいっぱいいるじゃない?」という考えが学校や会社組織を強いものにしていた。
街とイエの「プライベートの違い」も理解しなければならない。
「女を連れ込む」という急進的思想がどれほど危険なものなのかをしっかり研究しなければ街は作れなかった。
【街でのナンパは難しくないか?】
これが議論の核心部分である。
男が使ってきたお金は今までの組織の女の方がはるかに多い。
女が男に求めるものが多いから組織というものを作ったのではなかったか?
女の快感の値段と、男の収入をしっかりと安定化させるためにも組織というものは必要だったのだ。
カップルというものは「男が稼いだお金の結論」だったのではなかったのか。
キスから胸に進み、セックスして結婚に至るという道のりが街でのナンパでは困難なのではないだろうか。
MajiでKoiする5秒前 広末涼子。

「お金は女のために使うものだ」という発想を忘れないで「街」に出なければならないね。
今までの交友関係のルールを「コモンロー」と呼ぶ。
その方が男は金を払うだろ。
しかし、街ですれ違った女の子をナンパしたら「お金がドッと出る」だろ。
お金を喫茶店などのアリーナに解放するためには女の子が必要なのだ。
パートナーを連れているのに、すれ違った女の子を見る男、それはもはや裁判の世界なのだ。
街というフォーラムを前向きに考えるか、コモンローを大事にするかの問題だ。
男は市民であり、時には政府の高官であることもある。
戸塚の「トンタン茶房」

女は「ナンパをされても振り向かない」という基本を理解している。
男を判断する材料に乏しいからだ。
企業が「効率性を求める」とは、街に可愛い女の子を歩かせることによって「自分の会社の女の子を可愛くする」という意味である。
1930年代から1940年代に起きたことが70年代から80年代にかけて再び引き起こされた。
国が今までの組織に大量にお金を流すというニューディール政策であり、女の子は街で男に振り向かなくなった。
これが法律の伝統だったのだ。

しかし、いまや国家のまちづくりとして、そして政治フォーラムとして、さらには今までの人間関係を大事にしつつも女の子と話せる場として喫茶店は利用されることになった。
ナンパの正当化の論陣は非常に強い。
政治家が喫茶店を「裁判所」とみなすようになったのだ。
社会経験を背景に影響力を高めるために「ちょっと喫茶店に行ってくる」と言われるようになった。
政府高官が普通にコーヒーを飲んでいる店、それだけでもよくなった。
政府高官は飛び交う言葉を黙って聞いていて色々考えたり新聞を読んだりしていた。
女性たちに囲まれたかったのだろう。
それが男の出世だったし、休息でもあった。
飛び交う女たちの言葉を聞いているだけで富のパレートが移動するのを感じるのだ。
家庭を持っている男が女性たちの話を聞くことができる。
それがコモンローの結論であり、悩みを抱えた女性たちが「政府高官という裁判官」に話を聞かれているのを知りながら集う場所となった。
男を勃起させるのが女たちの目的だったからだ。
「私たちの興味のある話題で男を勃起させるの」
喫茶店では「騙された話」ばかりしているのが女たちの本音だった。
仕事や家事、子育てがあるから「騙される」のだ。
その経験を政府高官に聞こえるように話した。
政府高官は「あの問題か」「いつか話さなければいけないかな」と思いながら新聞を読んでいた。
高橋由美子 コートダジュールで逢いましょう。

家庭を持った男は女の話を聞く機会が減る。
それが法律というものだった。
そのために街に可愛い女の子をたくさん歩かせた。
あるいは仕事をしていたり家庭を持っている女性たちに街を開放したのだ。
家庭内では話したくない、外で話したいと言っていろんな善後策をコーヒーを飲みながら話した。
まるで「何かを守りたい」かのようだった。
社会経験に満ちた喫茶店はまるで私たちの悩みの答えを知っているようだった。
想像で男は勃起する側面がある。
想像力を磨くためにはコーヒー代は、コンビニに比べて安いぐらいだった。
裁判では悩んでいる人を誰もバカにはしないだろ。
政府高官も表情を変えなかった。
ヘンリー二世が街を開放的にしたのだ。
法律事務所よりも解決能力があるようだった。
男はみんな喫茶店では「男らしく」振舞っていたからだ。
女の子を街でナンパして喫茶店に誘うのも、店がこのような文化を持っているからだ。
「私たちの出会いに無関心ではない人たちがいる」
中には恋愛作家も喫茶店にいた。
宇田川光代。

「みんな家庭を守りたいんだよ」
客の男がそう言っているように思えた。
カリフォルニア州最高裁は、喫茶店の椅子を「女王の椅子」とまで表現した。
私たちの話し合いは一面トップに来るのかしら。
そのために新聞というものは置いてあった。
女たちは「セックス」を語り合っていたが、言葉にはしなかった。
プラベートを楽しむとはそういうものだったのだ。
うまく言葉にはできなかったので話は長くなった。
安倍なつみ 男友達。

ナンパして「お茶しない?」というのはみんなが通ってきた道だった。
今まで属していた人間関係より優れた経験というのはこれほど成熟した喫茶店というものがなければ成り立たなかった。
「お茶の作法」とはこのような政治フォーラムをいうのだ。
千利休は、信長様を理解していない。秀吉はそれを知って激怒した。
法律学というものは非常に混乱しているんだよね。
必要なのは「やる気」だけなんだ。
女たちの議論が聞きたい。それだけだよ。
どんな仲間がいて、どんな宗教を信じていて、何を強制されているのかな?
男は口出しできないので黙って聞いていた。
喫茶店という文化を作っただけで国の税収は増えたのだ。
家庭というものがあり、税金というものがあり、うわさ話というものがある。
文化ではあるけれども政治の側が「計算した」ものでもあった。
すべてが無駄には用いられないことが分かっていたのだ。
話し合った悩みは社会の共有財産になる。
松浦亜弥 S君。

家庭を守るために語り合うことは敵を作らない。
いろんな人が話題に共感しているのだ。
自分が一番大事だということを巧みに用いている。
政治家は「喫茶店で世論を拾った方が安上がりなんだよ」と言った。
「女のルール」を知ることもできる。
人と向き合わなければ罰が与えられてしまうのが世の中なんだ。
まず「空気に馴染む」こと、そして「自分の方向性を決める」こと、「役割を明確にする」こと、これができなければ「罰が待っている」こと。
引きこもるぐらいならば喫茶店に行った方がいい。
政府というのはそれほど複雑なんだ。
人と会わない奴とは政府も話したくない。
それが「罰」だと思った方がいい。
ハートは「法律っていうのは要するにいろんな組織と話ができるということだろ」と言った。
法律は守ればいいと思うだろ?
その通りだよ。でも「罰」を避けるために人と話せということなんだ。
ひとりの女はあまくはないんだ。
いろんな仲間がいる。
痛みを感じていたり病んだりしている女と話すとあっという間に広まるよ。
健康的で可愛らしい女を街でナンパすると「悪い男」だと思われるよ。
でも、健康的な女なんていないんだよね。
家庭を守ろうと思っている他の客はどう思うか?
「私たちに馴染めればいい」と思っているよ。
女が肉ではなく豆腐をレストランで注文したら、安いし健康にいい、そのこと自体、感受性が強く病んでいるのだ。
「守らなければならないことがあるんだろう」
食べることにすらリベートを求めているのだろうか?
お金と健康を求めること自体、誰かと話したがっていることを意味する。
罰を受けるよりは税金を払いたいんだ。
引きこもりなんて犯罪的だと思っている。
そのおかげで引きこもりの人のまわりの空気は汚れているからね。
「政府と話をするために法律を学んでいる」という意味を知ってくれ。
政策を作る人もできるだけ多くの人と話した人物の話を聞きたがっている。
罰を受けた人の通報なんて聞いてはいないよ。
攻撃側が正しいと思うだけだ。
松浦亜弥 絶対解ける問題。

女の子を街でナンパするのはいいことだよ。
引きこもって一方的に罰を与えられるやつよりははるかにいい。
ラスコーリニコフは一回の罪から300人と話しただろ。
家庭を守るという気持ちが世の中で一番大事なんだ。
「守る」という言葉のすべてが家庭にはある。
家庭内では何度「これならオーケーだ」と言ったことだろう。
喫茶店で「ナンパした女の子」が笑ったのならば周囲は微笑ましく思うだろうね。
所詮、家庭を守るって「笑う」しかないことばかりなのよね。
何度も「イコール」を成立させていくしかないし、きりがないものだ。
男であり続けるために男は多くの人と接するしかないのだ。
いろんな物事が計算できる人は素敵ね。
面と向かって人と接した男しか家庭内にいて欲しくない。
自分のグループをコントロールした男ならば政府も話をしたがるよ。
コントロールと言っても「人を元気にさせた」というだけだろうけどね。
H.L.A.ハートは「他人を元気にさせてやる気を出させる」ことだけを教えるために「心のふるまい」という本を書いている。
「官僚自体、毎日くよくよしていることを知ってくれよ」
なぜ官僚は優秀だという漫画を信じているんだ?
まわりには女の職員がいないじゃないか。
政府高官は、ラフな格好をして喫茶店にいた。
瓦全房。

官僚や裁判官は「周囲に認めてもらう」ために裁く。
そのため、喫茶店でも女性たちに声をかけるというよりは「頭の体操」をして終えればいいのだ。
街でナンパして入ってきただけの男女も当然、風景の中に含まれている。
二人の男女が緊張しているのを見ればわかる。
まるで自分の住所も教えないゲレンデの恋みたいだ。
それぞれが「守るべきもの」を持っている。
1975年にランズとポスナーが喫茶店でこの研究を行った。
「男のセールスポイントが一通り、語られるのを見た」
一生、言い続けるんだろうな。
外ではいつもそう自己紹介しているのか。
最後に男がお金を払った。
2001年にカプローとシャベルがこの世界をもっと深めた。
日経平均に見合わない金額だとセックスまで至らないのが喫茶店の価格設定だったのだ。
喫茶店でご馳走して「お持ち帰り」など誰もできないことがわかったのだ。
男の「階級」だけ確かめて女は帰っていくのだ。
2とランクされたら、次は4でさらに次は16だ。
3とランクされたら、次は9でさらに次は29だ。
29まで行くのならば「セックスOK」というシグナルが出される。
喫茶店で男の点数は2か3しかないのになぜ緊張しているのだろうか。
政府高官は眺めていた。
4か9まで区別がついている男女ならば盛り上がり方が違うだろう。
16か29ならばお会計まで女の子が付いてくるかどうかで分かるだろう。
セックスOKならば、その後も女の子は話の続きをするだろう。
ナンパした女の子とはそのようなものだ。
喫茶店というものはそのような「物語」まで提供するものでなければビジネスとしては成り立たない。
価格設定とセックスの関係を理解しなければならないのだ。
カプローとシャベルは「お茶しない?」というナンパの意味を21世紀になってから明らかにしていた。
女の子は常に「からだは売るものだ」という発想を持っていることを忘れてはならない。
しかも、男が喜んでお金を払ってくれたというところを見ている。
男の値踏みというよりは「女としての自信」を喫茶店で見ていたのかもしれない。
「この人とならば女として生きていける」というぐらい金払いよく、しかも機嫌よくお金を払わなければならない。
三度目のデートでようやく結論が出るために、何らかの方法でふたたび会わなければならないだろうが、そのあたりはめぐり合わせだろうね。
さだまさし 雨宿り。

2017年7月18日 (火)

美智子皇后の正体。

読む前に、お楽しみください。
「本当の女を知らないで」という願いが込められた曲です。
CoCo メロディー。

神は自分に似せて人間を作った。だから我々はアドニスのために泣ける。

御本人の口から語られることはないであろうが、私が直にお目にかかった時に、美智子皇后の「顔色が茶色い」ということが気にかかった。
これは「農場で育った娘」特有の症状であり、情報を急激に与えられた女の顔色だった。
美智子皇后は、正田家の娘ではなく、農場の娘であり、東京大学の女史として知られた女だったのではないか?
と私は疑った。
人混みに出ると感染症にかかりやすい田舎娘であり、抗生物質の大量摂取からも顔色が茶色くなっているのだろう。
良家の子女はみんな顔色が茶色くなる。
知識の発展段階で睡眠薬などの薬に頼ると顔が茶色くなるとも言われる。
教育が健康に悪影響を与えるのは事実だ。
酒を飲むために顔が茶色くなっているのも間違いない。
性病にかかった時のペニシリンも肌に悪影響を与えている。
おそらくクラミジアだろう。
妊娠中のインフルエンザワクチンがなかった時代は、肌に致命的な悪影響を与える。
徳仁親王は、美智子のヘルペスに感染して生まれた。
小柄な男だ。
徳仁親王は、眼に黄疸があり、肝臓に問題を生じさせていた。
言葉が不自由で、歯の治療も繰り返していたのだ。
肝臓とはそのようなものだった。
美智子は「孤独に耐えられない」ということも指摘していい。
美智子さまご成婚秘話。
徳仁親王は、おちんちんのヘルペスにかかった。
ヘルペスとは「痛み」のことであり、これは首や腰に伝わる。
母が子供の頃、さすったことから母の手は「神」となっている。
このことを「ピアノを弾く」と呼ぶ。
美智子は英語を好む。
つまり、日本と英国、アメリカに責任を負っているということを意味する。
たとえ、その国の看護師になれる程度の語学力しかなくても、語学ができるということはその国に責任を負うことを意味するのだ。
おそらく「その国の小児科と関わることができるから」だろうとされている。
また、アメリカや英国の学問だけがこの深刻な病気に太刀打ちできるのだろうと言われるほどの先端医学を英語圏がすでに知っていることからも、責任を負いたがる理由は見つかる。
英語圏の手術台における医者のチームワークを評価しているのだ。
飛行機が怖くないのは「医学を信用しているから」だとされる。
外国語がわかる人は「自分への投資」をエスカレートさせていくとされる。
これも「病状の説明を長々とやらなければならないから」だとされる。
どの国の医者も「その道一筋」の人は似たような質素な暮らしをしている。
このことから清貧を愛するという発想も生まれる。
患者を助けるためには「医学の発展を待つ」という長い目が求められるために、人を育てる根気が養われる。
美智子はカラオケを私と歌った時に「ブラボー、アンコール」と言った。
医者の血筋と言われるように、外国語を学んだ人ほど家柄にこだわる。
2003年にヒトゲノム解析が終わり、2009年のインフルエンザの脅威を押さえ込んだ時に、アメリカ人も「家柄」を持ち出すようになった。
この時ほど「遺伝」というものを人々が考えたことはなかったのだ。
「可愛いだけの女の子」の時代は2009年に終わっていたのだ。
これ以降、「お父さん」を語れない女の子は夢が見れなくなったが、まだ日本人は気がついていない。
【これが医学が社会に与えた影響だ】
そう思った。
「体調が悪ければ肝臓のせい、負ければ心臓のせいにする」
男社会は大変だ。
秋篠宮佳子。
地方に行くと地方特有の病気があることがわかった。
しかし、「気候変動で世界にすでに拡散している」と考えて、アメリカやイギリスを振り向いた。
「だって田舎にもいろんな家電製品はあったでしょう?」
美智子はギャンブルをやる。
このことは前頭葉の病気を意味し、甘い食べ物で簡単に釣れる。
ネットのフィッシングをやったり、浮気をしたり、常識がなかったりするのが前頭葉の病気だ。
いずれにせよ「有名になりたい」という人は常識がないわな。
ビタミンB12をとらなければ治らないだろ。
美智子は絵も描いた。
骨や肉を描く人物画を描くということは「心の病」に興味を持つということだ。
「人間の痛みに興味がある」という側面は否定できない。
矢口真里が、タオルをかぶってうつむいているのを私は目撃した。
めまいとは頭を打ったか風邪をひいたかによって起きるものだ。
矢口真里は、息子に殴られていた。
なぜだろう。
「病気だな」
ミニモニ ジャンケンぴょん。
父が医者で、医者としての経験を積みたいと言って娘の腎臓を一つとる因習が日本にはある。
矢口真里は、医者の家に女の子として生まれ、里子に出されている。
腎臓を一つとると人間はどうなるか?
「心臓が25%弱くなる」とされる。
家庭内の修羅場で臆病風に吹かされるのだ。
このために息子に「その弱さが憎まれる」ために殴られている。
女が臆病風に吹かれたらどうなるだろうか?
とにかく「ヒステリックに叫ぶ」のだ。
おしっこの流れが片方しかないとどうなるだろうか?
おしっこするたびに「ショック」を受けてトイレから出てくるのだ。
匂いフェチというが、実際は気が小さいために「救世主」だと思った人の匂いを必死で嗅ぐ癖がある。
てんかんである。
同調率90%という感情になったら、毎日、会いにくるだろう。
久本雅美は、矢口真里と同様に腎臓が一つない医者の娘であるが、本当に心臓病になり歯茎が腐っている。
この両者の違いは、歯磨きの時の出血すら怖いという久本の気の弱さからきている。
たとえば久本雅美が外国出身で、日本語で「歯の磨き方」を教わらなかったという可能性も指摘できる。
腎臓が一つない女性はおしっこする時のノイズが大きいとされ、それもショックの原因なんだろう。
8歳になるまでの栄養状態が極めて悪かったことも彼女の出生の謎として歯に表現されている。
久本雅美。
いじめっ子を演じるなどしてHIVの陽性になると、歯医者が治療を嫌うことから「このままの歯で過ごすしかない」という状態になる。
「若い頃、人生に意味が見出せなかった」ということは指摘していい。
HIVの陽性反応が出ると、母の「傲慢さ」が1%の確率でウィルスのように息子に伝わる。
ベニスが痛いとういう子供ができただけで「エイズがうつった」と人々が大騒ぎするため、HIV陽性の女はセックスさえ避けてしまう。
発展途上国では「HIVウィルス神話」が根強いために、母乳で育てるなという指導がなされ、子供たちはアイスクリームすら食べられなくなる。
国生さゆりは肝臓が悪いために首にタオルを巻いている。
なにかおかしいと感じるだけの肝臓も、裕福な人は尿を調べたり血液検査をやったり、ありとあらゆる手を尽くす。
その上で「肝機能が悪い」と言われるのだが、実際の治療につながるのかはあまり分かっていない。
医者は患者との関係を「簡単にしたい」と考えているし、間違った診断を恐れているために「カンゾー先生」などと呼ばれる医者もいた。
患者の「体調の悪さ」を数値でわかりやすく説明しやすいから血液検査が医者に好まれているに過ぎない。
治療というものはお金を払ってやってもらうものだ。
コストに見合う対応しか医者は行わない。
すべての「体調の悪さ」を肝臓のせいにはできるが、もっと研究を深めなければならない世界が肝臓なのだ。
特定の患者にエネルギーを使い過ぎずに、適当に診察して適当に生きていくという発想が求められる。
医者はどうしても「証拠」を欲しがる。
そのために用いられたのがコンピューターだった。
それでも今までのメディカルレコードを集めることしかできない。
その人の病歴すべてを集めてアプローチするしかないのだ。
体調が悪い人と付き合ってみて、本人が「退院したい」と言い出すのを医者も待っている。
胸の不快感を訴える人には「肝臓ってどれほど大きいか知ってますか?」と言うしかないのが現状だ。
太った人の体調の悪さ、あるいは体調が悪くなくても何でも肝臓のせいにするのは良くないね。
ニトログリセリンを飲めば体調は良くなるかもしれないが、細かいことまではわからないよ。
こうなると「医学の失敗」は全部、肝臓のせいになるよ。
モルヒネ、メペリジン、ニフェジピンなどを適当に使うしかないだろ。
本当に死にそうになって初めて真剣に取り組まないと割に合わないし、どうせその時は死ぬだろ。
国生さゆり ノーブルレッドの瞬間。
小林麻央が亡くなられたが、「ご先祖様に興味がない」ということから癌になるのだ。
ご先祖様の記録を集めるということはもっともいいがんの予防になる。
ご先祖様を捨てて名家に嫁いだらこうなる。
小林麻央の訃報に接した芸能人。
タモリは、子供の頃、父親に殴られたために左目が見えない。
人間の目は、光を見る時に右目の方が左目よりも輝いて見える。
左目が見えないと「人に同情できなくなる」とされる。
タモリだ。
人に同情できなくなると味がわからなくなるため、タモリなどは食事で人の気持ちを知ろうとしている。
rebecca チェリシャッフル。
ビートたけしは、眠れないために編集部長をやっている。
作家と話す作業は眠るのにちょうどいい。
外科手術が原因だ、
たけしさんは、労働組合の窓口をやり、「みんながワーワーいうからおかしくなった」と証言しているが、実際は陰湿ないじめによるHIV感染者が出たことにより、各自の身内で毒殺者が大量に出たことへの恐怖心をこのように表現しているのだろう。
たけし自身が、ココナッツサブレーをバリバリ食べていることから、彼も毒の入った水を飲んでいたことがわかる。
たけしさんは風邪をひいたことによって肝臓にダメージを受けたためにタオルを首にぶら下げている。
本人が快適ならばそれでいいだろう。
人が書いている文章をコピーしているうちは子供がいない証拠だ。
たけしさんにもその節が見られる。
フライデー事件とはなんだったのか。昭和の謎というしかない。
また、取材旅行を好むあたりは兄、勝あたりの子供が助けを求めるのかもしれない。
脳にダメージを負うと人の真似をする。しかも、うまくいった人の真似をする。
私もたけしさんに新聞ネタを真似されたが、悪口を言う能力は損なわれない。
三田寛子がレミオロメンの「3月9日」をそのまま真似して歌っていたが、これも「子供がいない」ということを意味する。
この曲の本当の意味は「春は女がおかしい」というところにあり、「私は子孫が残せないのかな?私は動物なのかな?」ということからもおかしいことがわかる。
言っていることは「実在する人物になりすます」というもので、別の女の顔で出てくる物語だ。
最後には失意のもとに救済を得て平穏に至るという妄想をしていると思われる。
三田寛子はお酒を飲まないために、お金の心配もなく、頭痛もなく、胃痛もない。
言っていることは健康的な話なのでいいんじゃないか?
嘘というのを英語で「lie」と書くだろ。
検索すると「裁判官」「信じる」「家族」などの意味が含まれていることがわかる。
彼女が「裁判官の父親がいてプロフェッショナルのチームプレーに憧れていた」ことが推測できる。
子供の頃、大病を患い、両親がジェット機まで使って、医療チームを組ませ、本人はチカチカした光しか見えなかったところあたりから、彼女には忍耐力がついたのだとされる。
「嘘をつく」というのは周囲に高度な学習をさせる。
三田寛子は、「とにかく情報に満たされたい」と考えているが、役に立つ知識がなかなかなく、とにかく「情報のコントロール」をやることを覚えているのだ。
会った人の顔をイラストにしたり、時系列を記したり、時には録音したりしながら生きているのだろう。
「患者は医者に嘘をつく」
このことは精神医学の永遠のテーマだね。
三田寛子に限らず、芸能人は「鼻の病気」になる人が多い。
あれは「昼夜逆転」によって光のエネルギーが乏しくなることから生じる。
目で見るものは法律の教科書しかないし、耳で聞くものもない。
目や耳でから得るもののエネルギーに気をつけなければならない。
小説を読んだのならば「劇場版」は必ず見に行かなければならない。
頭脳だけで生きていこうと考えることの危険性を知らなければならない。
頭とからだは六つの神経でつながっているのだ。
芥川龍之介の「鼻」の治療法の答えは、頭を左に向けて30秒、右に向けて30秒、正面を向いてうつむいて30秒という運動を繰り返すことだった。
伊藤真の司法試験塾の伊藤は子供が生まれてからブロックカードが書けるようになったのだろうね。
伊藤真は港南台高校から東大法学部に入っていて、彼の虚言もとんでもないけどね。
不衛生な水から感染症を引き起こしていて「女のタバコの息が耐えられない」んだよ。
レミオロメン 3月9日。
藤原紀香が離婚した理由は「夫のED」以外に理由がない。
夫が「女にもわかる話ができない」ことから女に「会話になってないよ?」と突き放されて勃起しなくなったのだろう。
男はセックスに失敗するから勃起しなくなるのではない。
ワラント(女にもわかる話)を知らないのだ。
ひたすら「女にもわかる話」のできる男を求めていて、男を傷つけている。
今の夫とももめているんじゃないの?
男は「セックスの失敗」だと考えがちだよね。
藤原紀香。
独特の歩き方をする人がいるが、あれも脳に損傷を受けているために人の真似をしている。
たけしさんはそこまでひどくはないようだ。
左の脳に歩き方のコツは記憶されている。
松本人志が、「歩き方を学習していない女性」の真似をしている。
松本人志は、おそらく「ペンのキャップを外して逆さにはめて、そのペンで文字を書く」という作業ができないんじゃないかな。
また、肉などのタンパク質を摂取しないとトイレでおしっこをした時に倒れてしまう。
肉を食べても尿にタンパクは出ないだろ。このプラズマコントロールが発作と関わっているようだ。
「クリープのないコーヒーなんて」という人は深刻なてんかんの悩みを抱えている。
血圧の低い日は久本雅美に「姉さん、ドライブに行きませんか」と誘っていたが、その日の気分で言っているだけだ。
本当に約束を守らせるためにはやはり肉などのタンパク質が必要だ。
怒らせたら必ず「焼肉に行こう」という必要がある。
焼肉を食べる約束ならば必ず守るだろう。
たくさん食べたりお酒を飲んだらした日の翌日に血圧が低く、一緒に飲んだ日の翌日になぜか待ち伏せしていて「偶然のように」出くわすことがある。
低血糖の時に「俺はもうメシが食えないのかな?」というトラウマや頭を打った時の記憶がよみがえり、救世主だと思って待ち伏せしているのだろう。
矢口真里もこれで何人の男を追いかけたことか。
「人の可能性」に敏感なのは事実だろうね。
明石家さんまも「なんかあるんやろな」とよくテレビで発言している。
強制されてもいないのに坊主頭にしたらそれはもう「健康に対する警告」だよね。
松本人志プラベート。
彼の独特な目つきを見て欲しい。論者によっては「薬をやっている目だ」という人もいるが、答えは「ひたすら目で人の病気を見ている」のだ。
あるいは「有名人を多く見たために目つきが変わる」のは脳腫瘍からくるものであり、彼が歩き方を忘れた理由でもある。
目は「俺の病気を知ってくれ」と人々にアピールするために鋭くなる人もいる。
レントゲンをとってやっただけで目つきは柔らかくなるものだ。
あるいは、目の前で手をふって「二つの標的」を作ってやる必要がある。
目つきが悪いのを気にしてサングラスをしてしまう人もいる。
人間の「光」にせよ太陽にせよとにかく敏感なんだ。
目が鋭くなる分、耳が聞こえなくなるとめまいがして大騒ぎする。
中居正広と木村拓哉。
子供などは偉い先生の前で目がキョドッたり泳いだりした後におしっこをしてしまう。
おしっこを漏らす子供が他の子よりも「遅れている」のは事実だろうね。
田代まさしは「低いコストで人の病気を見る」つまりおしっこが好きなのであって、パンチラを見るというのもそのような理屈だろう。
田代まさし。
吉田沙保里はレスリングという「減量が必要なスポーツ」をやっていたため「敵がダイエットの失敗を祈る」という経験から常に食べたり飲んだりしていなければ落ち着かないという病気になっている。
夜、おしっこに行くことを禁止された経験がある人も水分を取らなければ顔が真っ赤になるね。
シンドロームという名のつくものはすべて水分で治るんだ。
肺病のトラウマから人はタバコを吸うが、肺に穴が開いたのならばコーラ、喘息ならば栄養ドリンクで済ます人もいる。
人間は太ったら恐怖に強くなるし、痩せたら弱気になる。
糖尿病は、恐怖のコントロールがうまくできない人がかかる病気で、のんびりと暮らしていればかからないものだ。
ミネラル麦茶を大量にとるということは「骨の問題」を抱えていて、年に一回の血液検査が必要だ。
遠回しに言っているが覚せい剤の使用に注意を払わなければならないということだろう。
加護亜依。
和田アキ子さんは唇による男の誘惑と、むかし覚えた嘘泣きで、ギャグが冷めた後に興奮状態に陥って周囲をパニックにさせていると思う。
これがゴッド姉ちゃんの正体だ。
みんなが笑ったあとに必ずフォローが必要なのだ。
アッコにおまかせ。
みんなが冷めたら極度に興奮するのだ。
天皇明仁は、「男の先生の朗読」を聞いて口が開く(下唇が垂れる)という症状を見せている。
男の方がより威厳があるからだとされ、口での呼吸や体温の因果関係が指摘されている。
瀬能あづささんもなぜかそうだった。
瀬能あづさ もう泣かないで。
「読み聞かせ」よりもより臨場感のある授業が必要となる。
天皇明仁は、心臓が悪いが、先進国で「心臓が原因の死」は17.9%で、発展途上国で10.1%である。
サブサバラン(エジプト)ではわずか2.6%となっている。
1991年から1994年にかけてロシアでは心臓が原因の死は倍になっている。
国の発展、そして命の値段が高まると人は自分の心臓に興味を持つのだ。
世界の貧困は減ってきても、医者の心臓との向き合い方に関する考えは技術的には1950年代から進歩していない。
いまだにペニシリンを用いて手術している以上、仕方がないだろう。
しかし、国が発展したのならばよりクオリティの高い心臓に関する医療施設を作らなければならないだろう。
自分の命が惜しくなったんだ、医学なんて金儲けだろ。
HIVの陽性反応出たぐらいで、死ぬのが怖くなって大騒ぎするのが心臓病みたいなものだ。
1960年代に白人の間で心臓病が流行ってね、命に無頓着な人種には関係がなかったんだ。
心臓を邪魔するものがなければ血圧が下がるよ。何か自分の「最も落ち着いた状態なのか」をしっかり理解しないと心臓の問題で大騒ぎするんだ。
誰も心臓発作を起こさない横浜スタジアム。
学問が実らない、結果が出ない、自分のベストコンディションとは何か?を問い続けるとなんでも心臓のせいになる。
男社会は「最高の男と最低の男」が常に心臓病をめぐって落とし合いをしていると思った方がいい。
どうしても落ち着きがわからないやつにはフェニトインやセオフイリンを与えるしかない。
てんかんの発作ばかり起こしているとそんな境地にもなるんだろう。
1997年から2012年の間に、このことを理解しないで心臓病で死ぬ女性がどれほど増えたことだろうか?
女にも「男社会の優劣」が波及したのだ。
天皇陛下。
松浦亜弥は、常に顔がにやけているが、かつて「犬を見る表情」が「車の大量保有」によって固まっている。
松浦亜弥 ね〜え。
宮前真樹は、セックスによって熱を出していたため、セックスの時の出血に悩んだ。
生理の前におっぱいが柔らかくなることを知り、自分で自分のこと「セクシーダイナマイト」と呼んでいる。
また、生理前に食事を大量に摂取する癖があったために「顔が丸い人」と呼ばれていた。
子宮内膜症は、黒人やヒスパニックの方がアジア・コーカサス人よりも罹患しにくい。
「どうやって大人になったのか?」という理解が足りない時期にセックスしていて、妊娠と生理の区別もつかなかったんだろう。
膣の成熟が足りなかったんだよ。
「女って何?」
それを問い続けていた。
便秘をしているときは特に「女」について考えた。
生理が始まったかどうかという時の性交が彼女の人生に影響を与えている。
クリトリスの感度が異常に発達するため、セックスは愛せなくなった。
女性ホルモン治療を行う必要があっただろう。
塩辛いものを食べると「下の口と区別がつかない」と考えてしまうため、塩分を嫌うようだ。
クリトリスバキュームとの出会いも時間の問題だった。
子供の頃、男の子のヘアースタイルをしていたであろうことは想像に難くない。
髪の生え際が男のように不明確だったからだ。
どの女の子もそうであるが「これが理由で男の子との違いがわからなくなる」女の子がいるのだ。
女性ホルモンの問題なんだ。
なぜ胸の柔らかさが「セクシーダイナマイト」かわかるでしょ。
宮前真樹 夢へのポジション。
雅子さまは、喘息であることを私は確認した。
肺水腫につながる可能性があり、子宮からくるものだ。
出産が原因なんだろう。
肺や心臓の精密検査が必要なのに放置してあるから、意味不明な病名を自分で出してくるのだろう。
放置すると肺水腫になる。
心臓も10分間は心電図で検査しなければならないし、30秒から60秒の「T-Wave」の深さを見なければいつ心臓発作が起きてもおかしくない。
おそらくすでに何度も心臓発作を起こしていて恐怖でパニック障害にはなっているだろうね。
ウェーブの見方次第ではペースメーカー細胞になんらなの処置が必要だ。
ペースメーカー細胞に刺激と回復の機能を与えるのであり、機械を入れるというものではない。
刺激と回復の機能は、量と方向をコントロールするために皮膚の表面に装着するのだ。
脈拍を測るときは「トッ、ドッ、ド、トッ、ト」という5度の反復を何度も聞く。
4回目の「トッ」の深さを感じることができれば「T-Wave」が理解できる。
自分の心臓なんてこれで分かるんだ。
雅子さま。
秋篠宮は、酒、タバコを愛し、もっと文化を豊かにする必要があったが、わがままさが災いし、「シートベルトをしないまま交通事故を起こした」ために急激に痩せている。
交通事故や喫煙歴などのメディカルレコードが残されていない限り医者には治療は難しいだろうね。
終末期医療の対象に何らかの理由でさせられると「家族への約束」を破ったり、搬送の途中で死亡したりする。
彼も敵が多いことに気がつかないという善良さを持っていたのだろう。
安楽死が合法的なオレゴン州ではとっくに殺されていただろうが、彼は権力とはもはやかけ離れているという「生命の軽さ」を感じている。
交通事故を起こすたびに「痛い痛い」と大騒ぎして終末期医療の対象にされていたという点も彼の特徴だ。
「痛み」というのは測定できないから騒げば騒ぐほど損をするのだ。
「死にたいか?よし分かった」という国ではなくてよかったね。
「どうせ俺は死ぬんだろ!」と言って食べるのをやめてしまったのだ。
こんな情けない男への家族の落胆は大きく、わざと「ゼーゼー」と死にそうな息をしていたのもみんな分かっていた。
秋篠宮殿下。
家族にすら「殺しちゃおっか?」と言われた。
ナースコールを押しまくったのも彼には不利に働いた。
「死ぬってのは寝てるということとどう違うんだ?」という発想が、彼をこのような行動に駆り立てた。
「昔、お葬式ではみんな寝ていただろ」
どこまで甘やかされていたのだろうか。
高円宮妃久子は、アルコール中毒であるが「酒さえなければ防ぐことができる死がある」ということを指摘しておきたい。
「痩せる、運動する、シートベルトをする」などの生きるための基本を酒で忘れるのだ。
もっと教育が必要だっただろうね。肌の色の白さは驚異的で、何も学んでいないことがわかる。
ヘルメットを被らないでバイクに乗ったり、自転車に乗ったりすることも危険だ。
大学で酒を飲むことを覚える人がいるが、「酒に興味をなくすため」に高等教育は存在すると言っても過言ではない。
酒を飲んだりハーブをやったりするのは「心の闇」を抱えているからであり、心理カウンセラーを用意する必要がある。
体重を考えると女性の方が男性よりもアルコールに弱く、また、消化機能も弱い。
高円宮妃久子は「夢も見ない」と発言している。
心の闇と言っても「夫のDV、胃痛、頭痛、摂食障害」であるという現実的な解釈が可能だ。
「太っていることをバカにされた」などの些細なことが案外、トラウマになるものだ。
教育のある女性は「酔っ払っている私」をみっともないと考えていることからも、いずれにせよ教育の問題であると言える。
酔っ払っている私をみっともないと考えてしまい、精神安定剤を飲む女性もいる。
久子は「酒を飲むといいダイエットになる」と考えている節もある。
「心配、うつ、不眠」などがともなう世界であり、彼女の文化は極めて暗い。
常に「痛風を避ける」ということを念頭に置かなければならないし、みんな胃潰瘍になったという経験を共有している。
案外、「暗い連中が群れている」のが飲み会だということも知らなければならない。
肝臓の左側、心臓の右側という極めて面倒な箇所への腫瘍にも気をつけなければならない。
「心の闇」を持っているという現実を理解しなければならず、この暗い世界を愛するのがアルコール治療であるとも言える。
高円宮妃久子スピーチ。
生活保護や金の話ばかりなどの世界だ。
この世界と向き合わなければ「戦争に勝てる国」にはならないだろうね。

本当の女を知らないで。
CoCo メロディー。

最後に、このような研究は医学の観点からなされるものであり、ハリソンの医学書を参考にしている。
メディカルチャンピオンの座を日本国も手にするためには避けては通れないものだ。

頑張れ私女。

モンターニュは、哲学者だったが、エッセイだけは歴史に残った。
「セックスが生み出す俺たちの知らない世界」をエッセイにしたのだ。
モンターニュはブルジョアの生まれで、フランスのフランソワ1世のために父親はイタリアで戦った。
16世紀の話だ。
ボルドーの大学に進んだが、もっとも人間の見せる「瞬間」に満ちた大学だったのだろう。
法律を勉強したようだがどこまでやったかは明らかでない。
37歳で人生に疲れ果てた時に父親の城に帰ってきた。
彼の法律の探求の世界がどのようなものだったかは分からないが「モンターニュの言葉はメシアの言葉」と呼ばれ、カトリックもプロテスタントも注目した。
彼の言葉が、現在のアメリカのツイッターで140文字つぶやかれているのが現状だ。
19世紀に「ボルドーコピー」というのがまとめられた。
彼の言葉には「怠け心がなかった」「嘘がなかった」「ゆっくり話した」「子供を大事にした」ということが言える。
柔軟にアカデミズムの情報を取り入れていったのだ。
「人が動物より優れている」という衝撃を西洋社会に与えた。
言葉がグローバルスタンダードだったことも魅力だった。
キス、胸、セックスという基本を踏まえていたことも魅力だった。
詩や歴史書や哲学書の読書量も彼の言葉が物語っていた。
彼の法律家としての人生を彼は見つめ直したのだ。
「地球はまだ動物だったのか」という境地にもなった。
まだ空はあったし、おそらく神も天使も空にいたんだろう。
そう考えざるを得ないほどの修羅場を生き残ったとしか思えなかった。
いじめにも耐えていたことは明らかだった。
「忍耐力のない子供へのメッセージ」こそがコピーライトだと発言したこともあった。
やがてプライベートを充実させていくであろう子供達に宛てたものだった。
それほど大人になっても「社会に馴染めず、知識も満たされていない」人たちが多かったのだ。
非常に忍耐強く、そして権威を簡単には信じない、それがモンターニュの特徴だ。
メチャクチャな人生を生きた者がキリスト教に怒られる、この図式を描いた。
古典的でありながらか発明だったのだ。
「人間は定義のない人生を生きている」
目の前にいるパートナーとのセックスの可能性の探求でもあった。
「私には分からない」「おそらくこういうことだろう」「本当かよ!」これがコピーライトの基本であったのであり、イベントと絡まなければ真実は誰も分からなかった。
苦しい人生の中で何を見てきたの?みんなが錯乱している中でなぜあなただけが冷静なの?
モンターニュはアイドルに騙されなかった。
学園生活の思い出や、詩に浸った時期を常に頭においていた。
権威の「独善」よりも法律家としての経験の方が勝っていると確信していた。
「神がこんな空間を私に与えてくれる限り、私はエッセイを書くだろう」としていた。
このことを悟った時に、彼は法律家としての苦しい人生を捨てて父親の城に戻っていったのだ。
「マスメディアよりもマシなことが言える」
これが大事だった。
メデイアの人間のような浮ついたセックスよりも「重いもの」を知っていた。
法律家をやめた彼の言葉は非常に喜びに満ちていた。
聖書が描いた「歴史的瞬間」も法律家としてその意味を探っていた。
「男女の痴話喧嘩だよ」
多数派が信じている「幻」の中に自分のスペースを探し続けた。
「キリストはグローバルスタンダードだよ」
みんながそう考えていた。
「世界がどう見ているのかを彼に聞け」
女のからだ争いが男らしく語られているだけではないか?
女は自分よりもセクシーな女に吐き気を感じている。
それをただ「男言葉」に直しただけのことをメディアの権威が言っているに過ぎない。
モンターニュは、若い頃のデカルトにそのことを伝えた。
デカルトは法律家ではなかったが、このことから「言葉磨き」を始めている。
「女のからだ比べを男言葉で語っている」
これさえ分かれば、メディア論は終わってしまった。
モンターニュのキャッチコピーは次々にイベントで影響力を増していくだけだった。

2017年7月16日 (日)

クローン女。

羊のドリーは、優れた羊の細胞から生まれたクローンだった。1997年2月のことだ。
ドリーは混乱とパニックを世界に引き起こした。
「人間でもそれは可能なのか?」
ドリーは羊の皮を被った狼だったのだ。
人間の生殖に、極めて危険な段階をもたらした。
ドリーは今、スコットランドの国立博物館で多くのスタッに囲まれて生きている。
2005年に国際連合が「クローン人間の禁止」を宣言した。
しかし、哺乳類での実験は何度も行われたのだ。
クローン人間を作ることには私も反対だ。
しかし、議論はしなければならないだろう。
モーニング娘。 情熱のキスを一つ。

クローンとは何か?
すべてのゲノムにいたるまでDNAを同じくするものだ。
胚が分裂を始める時に、通常はDNAは「逃げてしまう」ものだが、ここに電気を与えることにより、胚をドナーとまったく同じものにすることを言う。
しかし、ドリーはフィン・ドルセットの羊の100%コピーではなかった。
ミトコンドリアの影響だった。
胚のDNAをまったく同じにすることに成功しただけだった。
ドリーは確かに画期的だった。
しかし、生物学的に「何が不可能なのか?」も明らかにした。
細胞分裂を完璧にコントロールすることはできない。
人間のiPS細胞を作ることはできるが、オリジナルとの違いがわかるまで10年かかるためにまだ誰もやっていない。
このことはむしろ研究者の「楽しければいい」という感情理刺激した。
「治療目的」といえばなんでも通る世界だったからだ。
個体を作るのではなく、必要な心臓の細胞を作ったり、糖尿病のインシュリン生成過程をコントロールする細胞を作ったりが「オリジナルと同じ胚」に期待された。
「まったく免疫の問題がない」ことが期待されたのだ。
必要な臓器を何度も補いながら長生きするための「物体」は作れるのではないか?
なにしろ自分の体の細胞からできたものだ。
自分の体に有効な薬を確かめたりするのにラットでは不十分だった。
2011年にニューヨークのラボラトリーが「治療目的のクローン」の研究を行うと公表した。
100%同じDNaを持った人間を生み出せないことは悟っていたのだ。
「自分とまったく同じDNAをもった胚」というものに議論は変わっていった。
分裂させて同じ人間を生み出そうとはもはや誰も思っていなかった。
「敵を作らないだろうか?」という議論だけが残された。
人間を作っても「免疫の問題はクリアーできる」という意味しかない。
多くの命を救えることはわかっていた。
臓器移植というものがあったからだ。
「殺していい人間は物体に過ぎなかった」
この技術を使えばオリジナルの人間が長生きできることも分かっていた。
殺してもいい人間と生きてもいい人間を作ることができる。技術的には。
そこまでは分かったが、研究者がそれを楽しんでいいのだろうか?
卵子の提供者を「お母さん」にすることは年齢的に可能なのだろうか?
よそ者を排除した「身内だけの企て」においては何が行われるかわからない。
息子が長生きしたいといっただけで母親は高額な報酬を要求することになる。
母親の「出産」がともなうのが「免疫の問題が生じない別の人間」だったからだ。
韓国もこの研究を始めた。
殺される運命の人間という物体を生み出せばかなりの長生きが保証される。
そうなると、その人間にとって「セックスとは何か?」が議論されなければならない。
やってみればわかる。
割りに合わない存在になるからね。
ガンや心臓病が治っても割りに合わない問題を「免疫の問題を引き起こさない人間」はオリジナルの人間に持ち込んでくるだろう。
「神を信じない人間を一人生み出すだけだった」
アイドル 高橋愛。

動物でははなく人間がやることではないか?
人間の特権であるという主張がなされた。
生まれてきた子供に長生きして欲しいと親は願う。
特定の子供にとってはクローンはいい効果があるよ。
子供を産む自由もあるしね。
しかし、クローンの「冷たい血」が特定の子供にどんな影響を与えるかはわからない。
家庭内の話だ。
15年間研究してみたけど、クローンも歳をとるし病気になるんだ。
クローンに「人生計画を練ろ」といっても無理だろ。
それでは「前に進む」ということがありえないではないか。
自分の人生というものが成立しないんだ。
「遅れてきた双子」は人生の先輩をどう思うのだろうか?
人生の先輩の死を願う「遅れてきた双子」が必要か?
先輩が可愛かった頃の「幻」を親は見てしまうのではないか?
学校にも当然いくであろうし、自分の立場を着々と固めていくだろう。
もし、テニスの才能があったらどうするつもりだ?
男らしいし可愛いし、人生の先輩のための「手段」ではなくなるよ。
家庭内で何が起きるかを考えてもらいたい。
女の子たちの支持がクローンに集まったらおしまいだ。
クローンにも個性があるということもだんだん分かってくる。
そうなると家庭内の地図が変わってしまうだろう。
クローンの方に内臓を取られないように気をつけなければならなくなる。
ここで、クローン人間の限界が見えたよ。

2017年7月15日 (土)

わがまま女。

女は世界と自分の関係はファッション雑誌を見て決めるが、自分の身内の中や、自分の心とも向き合っている。
さらには「男に見られる存在」となって「私は」がいて「私を」がいて、最後に「私の」ができる。
今井美樹 プライド。
Iをmeと呼び変えて、ようやくmyが生まれるという成長をとげる。
何が自分のエネルギーになるかという問題であり、そのように子供は育つのだ。
「私の彼」と言うようになるように育つのを待つしかない。
私の彼は左利き 麻丘めぐみ。

ギリシャでデルファイが「汝自身を知れ」と言った時にこの巨大ビジネスは始まった。
オイデプスが父であるライウスを殺した時に、「父親に自分のペニスを切られるのが嫌だったのだろう」と語られ、自分にとっての巨大権力者に何をされるかわからないという気持ちを感じるのだ。
それを目の当たりにした女の子は「おちんちんがない」ではないか?
「私はもう頑張れない」
そこからわがまま女は人間を冷静に見る人生を歩み始めた。
そんな女の子に「恋」というものを与えたのがデカルトだった。
男の子が男の子らしくなったからだろう。
いや、男の子が自分のおちんちんに見えたのかもしれない。
Mr.King bounce to night.

「自分のこと何にも知らない」そんな男の子がおちんちんにふさわしかった。
他のおちんちんとも比べて欲しくなかった。
心というものはただあるものではなかった。
オイデプスが父親を殺したのを見た時に、女の子は「私にも切られたくないおちんちんが欲しい」と思ったのだ。
それが「大切な人」なのかはわからなかった。
プラトンがそのことを詩にしていたのでプラトニックと呼ばれた。
ロマンスかくれんぼ。

ヒンドゥーもジャイナも仏教もこのことには興味を持っていたよ。
頑張り屋さんの男の子を見てしまうと恋をしてしまう年頃ができた。
「我思うゆえに我あり」
これは別の女の子が男の子とセックスしたと聞いた時に女の子がつぶやいた言葉だ。
私にはおちんちんがなくてもいいのね?
生まれて初めて女の子が戦術的になったのだ。
この出来事がなければ私は人生のスタートラインにも立てなかったでしょうね。
男の子とはまったく違う育ち方をしたのがわかるでしょ?
檸檬の年頃。

カントはこれらの研究を見て「大きすぎる資金源」とみなしたのだ。
ただ頑張ればいいと思っていた男の子が「彼女たちと話したい」と思うだろうと考えたのだ。
男の子の方も「我思う」と言った。
女の子が急に痩せて可愛らしくなったからだ。
「私の」とこの時に女の子は言った。
カントがこれらを「資金源」としたことから「カント以降」が生まれた。
恋愛お見舞い申し上げます。

フレッジはそのような女の子とセックスしまくったし、ヴィトゲンシュタインは写真を撮りまくった。
この二名が一気にこの「女の子の議論」を発展させた。
ハイデルブルグ学派が20世紀に誕生した。
フッサールは「女を相手にするなんてたらしだな」という立場をとった。
男の方も「私」の定義を迫られたのだ。
女の子の好みはあるか?
みんな同じ境遇だということに変わりないことを知っているか?
親父という権力者におちんちんを切られたくないから努力しているのに女は弱いから嫌だな、と考える男の子を女の子は憎んだ。
女の子はしかしスーパーマーケットで買い物をしてご馳走を作って見せた。
スーパーマーケットでメチャクチャやって台所でメチャクチャやったら美味しかったのだ。
國府田マリ子 恋のクレイジーエプロン。

女の子はさらに「ファーストキスもまだ」と言い始めた。
もはや「お料理」という武器も身につけていた。
女の子は男の子に「さて、今あなたはどの位置にいるでしょう?」と謎かけした。
パンツなんてもう燃えてなくなったわ。
私は女の子だった、そう思えるようになったのだ。
ribbon あのコによろしく。

フレッジがこのような女の子とセックスしまくったら、女の子は「二つの神」を比べる機会に恵まれた。
「男の子が信じているものがまるで違うじゃない?」
どの男の子も自分の生き方を信じていたことを知った。
「どの生き方を祝福しようかしら?」
瀬能あづさ ふたつにひとつ。

頭のいい男の子はてっきり私の生い立ちの全てを勉強しているのかと思った。
「最高の本になんて書いてあるの?」
太陽と水星の間に位置するとされたバルカン半島への想いは憎しみに変わったわ。
男が大勢いすぎて私の生い立ちが消えて無くなりそう。
しかも、すべての男が仲間を必要としていたのだ。
「犬の群れは巨大すぎる」
この時にすでに忘れかけていた「私は」という言葉を発し始めた。
しかし、周りの男の群れは女の「私は」という言葉をもはや「あれ」や「これ」と区別がつかなくなっていた。
一人の「大人の女」が出来上がった。
しかも「平凡な女」として扱われた。
ある意味、病的に男の部屋に「私はここにはいません」などのメモを貼って他の女との違いをアピールした。
胸を強調したのもこの時だった。
ねえ、ダーリン。

男にエネルギーを与えるのが仕事、とも悟っていた。
男の痛みが女によって癒されることも学習した。
そのようにして、私の「ここ」という右胸は男に揉みしだかれてメチャクチャな人生が始まったのだ。
これが分かった時に、女の今までの写真を眺めて見たのがヴィトゲンシュタインだった。
時には骨折した時の写真もあったが、写真から痛みが分かったのは本人だけだった。
どの女もそれほど「堅実な人生」を送っていたのだ。
痛みが分からない、間違いを犯さない、そんな女ばかりが誕生しただけだった。
靴が好きだったので靴屋さんの男と結婚するというような選択をしていた。
靴屋さんは精神科医ではないのよ?私の人生は墓場まで持っていくしかないと思った。
女と話すことで出世するという哲学の世界のプログラムはどうなったのかしら?
男と女のラブゲーム。

女というものがどのように誕生するのかを知っている男を「先生」と呼んだ。
好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとなんでも話せるのも「先生だけ」だった。
ここに「主人」と「先生」が誕生した。
先生の「所有」と主人の「所有」が生じ、女が「私の」という言葉を覚えた昔を思い出した。
こんな女の歴史も知らずに「誰にお金をもらって、誰に長話を聞いてもらっているの?」と聞く男もいた。
ヒュームは女を「凡人」だと思っていたのだろうか?
離婚、不倫、ストーカーにも「興味ない」とテレビで語る弁護士もいた。
「女の心は広いよ」と語ったのはカントだけだったのだ。
靴屋さんは、女といろんな世界を旅したよ。
「分かり合えない」「先生がいるのか」そんな葛藤を持ちながら生きるしかなかった。
デュランデュランは、この記憶を政治に使えというメッセージを歌ったが、マスコミにも「俺にも分からないんだ」とメンバーは言葉を濁した。
DuranDuran The reflex.

女は「私の、私の」と言っていた時期すらこれらの研究を明らかにされたことで恥じてしまった。
分かるわけないから言えたことだったのだ。
主人に「ねえ、私と話していて楽しい?」と改めて聞いて見た。
全部わかるのならば統合失調症すら治ってしまうのに。
匿名の男たちだけが昔いた気がするわ。
セックスなんて大事ではないわ。
これがわかれば私は女なの。
銀色のオートバイ。

こんな私が「親になった」のだ。
もう「難しい年頃」としか思い出せない。
「女の子を育てるのはこのことが分かっているから楽しいのよ?」と本当は言いたかった。
なぜかあれほど必要だった「恋」にも厳しくなった。
もはや自分の写真だけが頼りだったのにもう手元にはない。
それでいながら母と娘は仲良しだったのだ。
分かり合えない関係になっていたのに。
母と娘のデュエットソング。

これらの話は「男らしさ」を語る上で知っておかなければならないことなのかしら?
「妻が何に痛みを感じているかは理解しないといけないね」
おちんちんを切られたくないから父親と戦った男の子の人生に最初からおちんちんがなかったんだよ。
お金を稼ぐのが男の仕事だけど「女相手の商売」も当然あるだろ。
クライアントの要求を知る上では知らないといけない。
セックス政治なんてキリスト教の発明なんだ。
神が男女に何をしたのか?それは信仰の領域であった。
女はなぜ踊るのだろう?
やる気がある時には踊ることしかできないんだ。
男たちも上機嫌だったよ。
東京パフォーマンスドール。

女の子が友達同士でしか分からない話がここにはある。
大人たちはいじめの存在を否定するしかできないよ。
鏡を見ながら毎日、女の子は生きているんだ。
幼女は動物と違って鏡を気にしている。
4歳以降の記憶は確かだけど、3歳ごろの記憶はいい加減だ。
女の子にとって「意味が見出せない」という側面があるのだろう。
動物と一緒にいるときは4歳になった気分なんだよ。

«おしん女。