最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

2019年9月16日 (月)

団塊は死なない。

昔、エホバの証人の人に「永遠の命」とか言われてどっちらけになったことがあるのだが、最近、「復活」の研究を始めた。
人間は肉体が変わっても「記憶が同じ」であるのならば、同一人物といえるわけだ。
永遠の命を手にしたらどの人間も「皇帝」「天皇」であるとも言われる。
そこで「復活」について調査を始めると、真っ先に出てくるのが「アルガザーリ」というイスラム法学者だ。
イスラム教スンニ派は「コンサートさえ見ていれば人生が分かる」という教えであるが、日本の団塊の世代をそのまま日本国が失うのはあまりにももったいない。
記憶が同じであることは「同一人物」であることを意味するが、赤ん坊にそのまま記憶を乗せることはできないだろう。
そこで出てくる概念が「贖罪」である。
「贖罪」を経た結果としての「記憶」「脳」を赤ん坊に乗せることは可能ではないか?
1978年にアフガニスタンの大統領が暗殺されたのだが、殺した連中が大統領の亡骸を「頭をメッカの方向に向けて埋葬した」というのだ。なんという信仰心だろう。
それとも、「贖罪」を経させた上で、赤ん坊として生まれ変わらせようとしたのだろうか?
イスラム教というのは世界三大宗教のひとつであるが、アルガザーリ(アッラー)はこのようなことを考えていた。
そもそも、2024年にタイムマシーンが日本国によって作られる。
イスラム教は「贖罪」を経た上で、人間が赤ん坊として生まれ変わっているのではないか?
アルガザーリはバグダッドの人物であるが、スペインのマラガやコルドバという「乾いた地図」しか、日本国は実効支配できないだろうと考え、日本国の団塊の世代を12~13世紀の「乾いた地図」に生まれ変わらせることにした。
河合その子 乾いた地図


イスラム圏に「有名な大学が存在しない」のは周知かもしれないが、イスラムの教えは「学校へ行け」「体を鍛えろ」「神学を勉強しろ」その上で「世の中に出ろ」というものである。
このような教えに「贖罪」を経た日本人を「乾いた地図」に生まれ変わらせていたのだ。
日本人を祖先とするイスラムは「肉体はいただきもの」と考えて鍛えることから人生をはじめる。
タイムマシーンを開発する日本IBMが、次に「贖罪」を経た上で、すでに歳を取った人たちを赤ん坊として12~13世紀の「乾いた地図」に生まれ変わらせようというのは技術的には「もはや必然」ではないだろうか。
白人は「ユダヤ人」として、バビロン捕囚などがあった時代へと戻ることになるだろうが、日本人とは領土やお金が違う。
これらの教えは「死んでざまあみろ」という意識が民族にあるうちは実現しない。
説得力があり、奇跡を多く起こした「医者」「法律家」「哲学者」でなければ「アッラー」として実現することはできないのだ。
このような「死生観」は、その人が高校時代に最も愛した曲を、全国ネットでオンエアし、病気の治療に貢献するなど、「死生観」というものが「高校時代」に存在することを理解することから始まり、アラーとしては「タイムマシーンや復活には女性たちの支持が必要」と考え、女たちを口説くことを「哲学」と呼ぶことになった。
民族全員が経験する朝8時から9時までの「目の覚める時間帯」を経験し、民族と同じ「水道水」を少なくとも、沸かしたお茶などで48時間に一度は口にする、そのような「集団主義」こそが、復活を実現させるものと思われる。
「贖罪」ってどのように日本IBMがプログラミングするんだ?と考えるだろうが、それは「天文学」と深く関わる概念だ。
また、これを実現するためには「男のコになりたい」という女の子の考えをいかに抑え込んでいくかという研究が必要となる。
酒井法子 男のコになりたい


天文学さえ分かれば「贖罪」という意味も自ずから明らかになる。
それよりも大事なのが、今を生きている令和天皇がどれほど「医学的奇跡」を起こすかに「説得力」は委ねられているし、「作るのは簡単」「信じるのは難しい」ものが「贖罪」を踏まえた「乾いた地図」への復活なのだ。


天文学は私も深くは知らないが、細木数子の「六占星術」でいいんじゃないか?
それよりも、私は医学をより深めていく活動が求められている。


人間が「星の下で」復活して何があるの?と思うだろうが、「詩の体系」を学習し、快楽を味わい、「もっとも知的で」「たった一つの」「よい存在」になろうとしているだけである。
このような存在を「皇帝」「天皇」と呼んでいるだけである。
何度も生まれ変わっているうちに、令和天皇の人生も経験するだろうし、最後には、私もアルガザーリの人生を経験するのだろう。
「詩の体系」「タイムマシーン」「気象コントロール」「プロ野球必勝法」などを考えた人生を一度は経験するだろうし、私も皆さんの人生を経験する。
自分以外に「女好き」な男はいないというアダムからそれは始まっているのだ。
「たった一つの」とはそのような意味であり、世界中の命の「論理」は理解できるはずだという人類学的な考えでもある。
神は自分に似せて人間を作った、だからアドニスのために泣ける。
人間とは「泣く生き物」なのだろうか。
しかし、「いじめる側の論理」だけは誰も「経験したくない」「意味がない」と考えている。
「ただ生きているだけ」ならば、経験するだけ時間の無駄だからだ。
「太い便をしたいだけ」
そんな人生にも快楽があるとするのならば「肉」と呼ばれるいじめる側の人生にも意味はあるのだろうが、「おことば」「肉声」がなんら「もっとも知的な」ものとはならない。
暗闇から見えるのは「明かり」だけである。
「いじめる側」の人間から見えるのは「いじめられる側」(魂)の明るい、輝かしい人生だけだ。
結局、「魂」「いじめられる側」の「明かり」だけしか何度生まれ変わっても記憶に残らないだろう。
医者として死と何度も直面しても、東大病院には「命」が送られてくる。
自分の体のようなレントゲン写真を見たり、自分の老後みたいなMRIをみたり、血液検査表を見たりする。
「宗教は男らしいほうがいい」
このような開き直りも必要である。
人は死なない 東大病院の医者


女一人に男二人がいたら何が起きるか?
人気とは何か?
頭をつかうとは何か?
マスターベーションしてその世界に溶け込みたいとはどのような時か?
すべて「未成熟な耳」から情報が入ってくる。
小学生の時に、聖子ちゃん明菜ちゃんの歌の意味が理解できただろうか?
チョムスキーは「経験がなければ物事を学習することはできない」と語っている。
それならば、「贖罪」を経た結果の「赤ん坊への生まれ変わり」はどのような意味を持つのだろうか。
日本国は、タイムマシーン開発の予定(2024年)の前の1999年に「女心の真実」をすべて網羅したとされる。
「女はパートナーがいても知恵や知識を生み出すために異なる男の声を聞きたがっている」
「しかし、男よりも女のほうが、問題の少ない愛を知っている」
1999年にこの曲がリリースされた。
SPEED DEEP BLUE & TRUTH


「詩の体系」を理解するにとどめるストア派と、何でもやってやろうというエピクロス派、さらに「プラトン派」が生まれた。
プラトン派は「もっと新しいものを」と頭を悩ませたのだ。
ストア派は令和天皇がすでに体系をまとめている。
今、テレビでオンエアされているのはプラトン派の音楽作品である。
「民族の新しい経験」に常に耳を澄ませていたのはプラトン派だった。
しかし、1999年の「ロイター通信による純粋理性批判の完成」は、世界の指導者の口説き文句をカントの意思により集めることで確実に達成された。
「女にも分かること」「心が理解できること」「女が真理であると認めること」
このことは、「贖罪」を経た上で乾いた地図に生まれ変わりたいという人たちに「今を生きる」ことを教えた。
各自が「全員の命を経験する」という日本IBMの計画は「強度なナショナリズム」に結びつきかねない。
1999年に、反ナショナリズムは勝利をおさめたのではないかといわれた。
今を生きる、それが楽しい。
それが反ナショナリズムである。
しかし、確実に日本IBMの「ナショナリズム運動」は、団塊の世代の心をつかんでいった。


人間は「復活」した後にも「仕事」をしなければならない。
仕事とはつまり「問題を解決する」ものであるが、どうしてもその人の能力は「兄弟」の制約を受けざるを得ない。
兄貴にカマを掘られただけで「カント」(口説き文句・黒革の手帖)に興味が持てなくなる。
そこで、デューデュカインドは「贖罪」に「少年期」「少女期」も含めてしまった。
また、フレッジは、男でも失恋することがあるとし、女を寝取られた時に「知性で負けた」とし、ビックルやヨービックのような「オリゴ糖」を男の失恋のために考えた。
ビックルCM


ラッセルはそれを踏まえて、いつか誰かが経験する「自分の人生」を火が燃え尽きるまで生きてみることの必要性を訴えた。
「贖罪」の条件がたまたま揃ったために「この命は激しく燃やしてみようかな」と考えたものをたまたま「王者」と呼んでいるだけだと考えたのだ。
命の順番に序列はないが、「激しく燃やした命」が、別の命を感化させ、「トリクルダウン」を引き起こすのは明らかではないか。
他人を感化させる右翼としての「激しく燃やした命」が、次の人生で「のんびり生きてみよう」という左翼になってもおかしくはない。
つまり、命には「順番」「序列」のようなものはなく、右か左かを行ったりきたりしているのだ。
大事なのは「イエスキリスト」(カエサル)の人生を誰もが一度は経験するという「心をひとつにする」(感化される)ことであり、しかも、10万人の女とセックスした結果そのような生き方を選択した、ということを知ることだ。
カエサルといえば自由民主党だが、その他の政党支持者も当然いるだろう。
その他の政党支持者は「のんびり生きたい」と思っているだけだろう。
それはそれでうまく成り立っているのではないだろうか。
「もっとも知的で」「たった一つの」「よい存在」になろうとしている人間たちが、「命を熱く燃やした」「燃やしている」人に感化されて、それをからかう立場になるのも自由だ。
長州小力


1960年代には「コンビニ」というものが日本にはなかった。
しかし、1990年代には「人間はより知的に」という舵を切り、夜まで勉強する男にその環境を整えた。
世界史は「女をクリエイトし、男はあと」という順序をたどったが、男をより知的にしたことは「女をクリエイト」し、日本の夏は確実に暑くなった。
IPCCに「南極の氷が解けている」などという映像を見せられ、日本の男が「知的」になっていくのを妨害されたこともある。
女たちが「理想の男」を語り合うのであって、世界史は「女作りが先、男作りはあと」という順番をたどらざるを得ない。
移民問題だけは「男作りが先、女作りがあと」という高度な政治意思が働かないと、フィリピンパブや朝鮮パブができるだけだ。
政治意思を働かせるのも「激しく燃やした命」のすることである。
フィリピン人の男の子や朝鮮人の男の子が「日本の大学」に入学する機会があるだろうか?
外国人女性を日本国がどのように扱ってきたのか。
それは、「大学のあり方」という問題になるのだ。
中世ヨーロッパは、カトリック(ラテンウェスト)と、ユダヤイスラム(ギリシャイースト)の二つに分かれた。
日本国のタイムマシーンがギリシャイーストを作ったのであり、「死なないイスラム」に十字軍を送ったカトリック教徒の中には「俺も死にたくない」と言ってユダヤ教に改宗するものが多かった。
ユダヤ神秘主義思想は天文学を信じることでもあり、自分の「来世」を「贖罪」に求めた。
1494年にイタリア戦争が起き、貴族とは何かという論争がなされた。
1517年にはルターによる宗教改革が起きた。
1519年にはカール5世が選挙で「貴族の中の貴族」として王になった。
最初の「貴族」はカール5世であり、偶像崇拝をルターを味方につけることで巧みに利用することから生まれている。


エロビデオを見て「女が嫌がっているではないか」と考える政治的弱者がいる。
それに悩む女の子がいる。
CoCo メロディ


「もっとも知的で」(神)「たった一つの」(男)「よい存在」(聖霊)という、神・男・聖霊という三位一体が「贖罪と復活」を繰り返すギリシャイーストで信じられるようになった。
ラテンウェストのカトリックは「初体験はイエスキリスト」「教会はイエスの肉体」「処女マリア」などを用いて、影響力を維持したが、東ローマ帝国よりも先に、西ローマ帝国は滅亡してしまった。
「イエスキリスト」といった時点で、ギリシャイーストの「三位一体」「贖罪と復活」を教義として引き込んだ形となり、「神・男・聖霊」を認めた。
松田聖子 赤いスイートピー


2024年に日本IBMがタイムマシーンを作ったらどうなるのか?
日本国は12世紀のヨーロッパに戻るのだ。
「大学で何を教えるのか?」が明らかになる。
女たちは「文字曼荼羅」を欲しがって熱狂するのだ。
ロックミーアマデウス


アブラハム、つまり地球で最も重い命とは「贖罪と復活」を考えた令和天皇のことであり、ユダヤイスラムの世界で語られていた「神・男・聖霊」の世界を「大学があるかないか」でラテンウェストとギリシャイーストは区別されることになる。
太陽などで肌の色は決まるが、日本IBMが、中世ヨーロッパを構築するだろう。
2024年以降も世界は続いていくが、そのありようは、12世紀の中世ヨーロッパとして語られることになる。
移民の問題は常に「大学」が解消している。
その「移民」の問題が生じるかどうかがカトリック(ラテンウェスト)と、ユダヤイスラム(ギリシャイースト)の違いでもあった。
恋のカレッジリング 河合その子


日本人は、洋画を見ることで「アメリカ女はいつも裸」という考えに至っていた。
しかし、アメリカ合衆国は「日本人女だっていつも裸」という戦略を取ってきたのだ。
そこで、日本人女としては「できるだけ局部を隠す」ファッションやヘアースタイル、そして雰囲気を重視した。
なぜ、「王子は何を見ても面白くなかった」のか?
そして「組織の頂点の役割を担うための旅に出たのか?」(アヒンサー)
城の中で「次期国王」というFA権を取得したら、あとは「女」を探求する旅だけが待っていた。
あの王子の前ではどんな女も取って食われるらしい。
そういう王子が旅に出るだけで、女たちは「局部」を隠す行動に出た。
図書館には「王子の知恵」がたくさん書棚にあったため、女たちは慎ましやかな服装やヘアースタイル、雰囲気をもっていたのだ。
「図書館にある本を全部読んだら、簡単に女を取って食える」
そのように女たちは考えていたため、図書館にはもっとも魅力的な姿で出かけた。
「大学」の女も当然、そのような行動に出たため、カトリック(ラテンウェスト)は、「女の魅力」という意味においてユダヤイスラムに勝っていた。
「大学とは何か?」それをカトリックは考えていたのだ。
ロマンスは偶然のしわざ


日本国の方が中国よりも「注目に値する」というのであれば、それは「国学」にまで遡らなければならない。
本居宣長や平田篤胤などだ。
「美しい顔」を作る仏教や、「勉学に励む」という儒学をうまく取り入れながらも、契沖は「50音」を作ったし、契沖の作った「50音」に何を乗せるかを本居宣長は考えていた。
荷田春満(かだのあずまろ)は、それを伏見稲荷神社の教えとして「天皇を敬え、政府にしたがえ」という教えに取り込んでいった。
「和歌」というものは「31音」からなるアジアでも類まれな文化であったが、これも所詮はJ-POPに奉仕するものに過ぎなかった。
「ここで一句お願いします」などという人間は卑怯者にしか見えなかった。
現実の「パフォーマンス」ほど優れたものはなかったのだ。
「若さと親しむ」
これがJ-POPの奥義であり、腰痛にきわめていい効果を与えた。
若さと親しむのならば「男子高校生よりも女子高生」が良かった。
日本国の神社はことごとく「その地域の神聖な場所」は押さえていたし、神社に参拝する人は足腰が強かった。
歳をとった天皇から見れば「若者が腰さえ強ければ戦争に勝てるんだよ」という思いがあった。
仏教の「美しい顔」にせよ、儒学の「勉学」にせよ、最後はみんな「腰」をやられていたからだ。
腰を強くするためには、契沖の「50音」に「若い文化」を混ぜ込み、荷田春満はそれに「韻」を踏ませた。
河合その子 不思議バカンス


アメリカ合衆国が初めて日本国に興味を持ったのが「黒船来航」であったが、「白い女」は日本人の足腰をダメにする可能性があった。
中国・オランダまではまだ良かったが、アメリカ合衆国まで相手にするのならば、「痛風」を覚悟しなければならない。
日本人の「美白」は黒船来航で想像できたし、薩摩藩の女・良子(ながこ)が色が白かったことから来る昭和天皇の「痛風の恐れ」も、山県有朋は「お前は色盲か?」とその軍務を心配した。
日本国の方が中国よりも「注目に値する」というのが国学であり、ましてや、タイムマシーンや「贖罪と復活」の理論などにより、人間が時間を越えるようになると、日本国は「イスラムのみならず、ユダヤ、中世ヨーロッパが領土として見えた」のである。
領土確定の問題は日本銀行とも相談しなければならないが、時間を越えるという発想は国学の立場から令和天皇が初めて考えたものだ。


ISISは、四年間のキャンペーンを終えた。
イギリス程度の領土を誇った時代を終え、現在では「1.5キロ程度の東シリアの村」となっている。
私の、「イスラムの祖先は日本人」論が勝利をおさめた格好となった。
現在、ISISは、東南アジアの「暗殺グループ」と結びつこうとしている。
かつて、ISISの「夢」に同調したカティバーナサントラという千名の人がいたのだ。
2002年から2005年、そして2009年にはフィリピンやインドネシアの自爆テロは「アルカイダの仕業だろう」と言われていたが、2018年にはISISの仕業だろうと言われるに至った。
ISISにも500名の死者を出したが、「お前らの死生観はどうなってるんだ?」という問題を令和天皇が明らかにしたことから、まず、アルガザーリの末裔のバグダッドが「ISISの話はしない」ことにしたのだ。
イラクから相手にされなくなったISISは、すでに「ひとつの村のチンピラ」扱いであり、バグダッドなどの首脳は日本国と「もっと大きな話がしたい」と考え始めている。


日本国民は「国連」とさえ言っておけば逆らわない。
このことから、ロシアが国連を持ち出し、中国が国連の邪魔をし、アメリカが日本を国連から外そうとする、というオバマ政権の時の図式に変化が見られる。
中国は「15」の国連担当部署があるが、アメリカは「1つ」である。
しかも、気候変動や移民の問題は「国連総会ではなく個別に」話し合おうと提案したのだ。
アメリカは「鄧小平の方が習近平よりも令和天皇に似ている」としている。
1974年に鄧小平は「世界のハンドルを握りたい」と国連で表明しているが、令和天皇の方が、習近平よりもその姿が似ているのだ。
アメリカはユネスコに80億円を毎年拠出し、世界の教育の「アメリカ化」を行ってきたが、令和天皇の方が「勉強熱心」だったのだ。
ピューリサーチでも19%の全米国民しか習近平を支持していない。
ユネスコの利用の方法が「天気」「プロ野球」「臨時行政調査会」「医学」にまで及んだ令和天皇はアメリカでも人気があり、習近平とは「人気が違う」「ユネスコへの理解が違う」という格の違いを見せつけた格好だ。
習近平をこのように評したアメリカ合衆国であるが、習近平の「令和憎し」は2032年まで続こうとしている。


プラトンは「詩の体系」を構築したが、プラトンの妹と結婚したスペウシップスは、キセノクラテスとともに「詩の体系の克服」を目指していた。
「君」「あなた」には必ず一人の敵がいて、その敵と「三人の男の支持を争っている」としたのだ。
「君」「あなた」に敵を作ったのは、まさに傑作であったし、「三人の男の支持を争わせた」のもブレイクするための基本となった。
AKB48 river


 


音楽シーンは「一神教ではダメである」「多神教でなければならない」としたのがスペウシップスであった。
「男には敵がいて、三人の男の支持を争う」
これは、男社会の基本であったし、女心を歌う理由であった。
なぜ、プラトンは女心の詩を体系化したのか?
アカデメイアではそのように教科書は変わっていた。
敵がいて三人のジャッジがいるというのではまるで「詩のボクシング」だった。
元プロ野球選手が「俺はおっぱい星人」というので、私が「不幸な男ほど気持ちいいですよね」というと、「三人の男」がいなかったため、その元プロ野球選手とは口も聞かない関係になった。
「三人の男・ジャッジ」がいなければ争っても意味がないのだ。
「何か気持ちのいいもの」
それが「女」であり「女心」であった。
三人の男・ジャッジに「敵」はおカネを与えるだろう。
買収させればいいではないか。詩のボクシングにはそのような規定はない。
生涯のライバルとみなされたら「買収」もないし、プレイファイティング(脅かし行為)をやられるだけだ。
さいわい、三人の男がまわりにいなかったため、「こんなことをジャッジの前でやられたら大変だ」という思いが元プロ野球選手にはあったのだろう。
さすが「男社会の住人」である。
「詩のボクシング」とは男が男社会で生きていくための秘訣であり、それが、アカデメイアでスペウシップスによって教えられた。
敵がいて、三人の男・ジャッジがいるときは「戦え」よ。
女・女心は気持ちいい。気持ちよさこそが、出エジプト記の物語だからである。


ショーペンハウエルは「ストーブリーグ」つまり、シーズンオフに女と関わる機会を保障したし、ニーチェは「父と息子」の関係を明らかにした。
キルケゴールは「街」を作った。
土曜の夜にレインボー 瀬能あづさ


京都学派の西田幾多郎は、「芸能人や皇族の女は処女」と強烈に主張した。
新渡戸稲造は「武士道」において「詩のボクシングは紳士のスポーツ」とし、耳学問(音楽作品を聞く)を勧めた。
夏目漱石は「私の個人主義」において「詩のボクシング」を「男社会の原理」として認め、「空」(みんな仲良く)という日本社会を「前近代的なもの」と位置づけた。
和辻哲郎は「男同士の猥談でも、男たちは喧嘩している」とした。
曹洞宗の寺はその修行にもっともふさわしいと正法眼蔵にも記されている。
いちばん「多数派工作」がうまい男を敬うことを「神道」と呼んだ。
ラミレス解任のあとは「石井琢朗か?」という声もあるほどなので、喧嘩しても仕方のない時期だったのだろう。
「古寺巡礼」の時だけ、男たちは「万葉集、古事記」の時代に戻れる。
男社会の争いごとから自由になれるとされた。
「詩のボクシング」の最高の権威の前ではみんなしか爪らしい態度をしていた。


神社仏閣においては「間」(げん)というものの概念が異なったし、「空」(くう)だけがあった。
日本人の心の故郷であったが、社会では容赦なく「詩のボクシング」が待っていた。
お坊さんたちは毎日「詩のボクシング」に明け暮れていたが、その最高の権威が天皇であり、私は石井琢朗の前で「マザーテレサの言葉」を引用したのだ。
「不幸な男の方が胸を揉むと気持ちいい」
メジャーの力量を見抜く石井の眼力も優れていたのだろう。
世の中は「天皇の前でみんな仲良く」(君が代)という動き方はしていない。
女は「欲望と交換の対象」であり、通貨の起源でもある。
そのような「近代社会」からつかの間の自由を味わいたければ神社仏閣で癒されるのもいいことだろう。
君が代


ユダヤイスラム、あるいは「中世ヨーロッパ」が日本国の領土だというのであれば、当然のごとく「プラトン」「アカデメイア」を理解しなければならない。
プロ野球の世界の「人事」は「詩のボクシング」で動いている。
それならば「新体制発足」という形で休戦協定を結ばなければならない。
「治める」=「人事」であり、安倍内閣も内閣改造をしたばかりだ。
多数派工作よりも「結果がすべて」なのがプロ野球である。
アメリカの連中は自信があるから「率直さこそが最高の武器」と考えているだろうが、日本人はメディアも含めてそうは考えていない。
「国家の中枢が最大の嘘」というのが平成という時代だった。


「常識を知ってくれ。我々は有効かつ正直なメッセージを出そう」
これをアメリカ合衆国は建国史上最長のアフガニスタンでの戦争で学んだ。
しかし、「率直なメッセージ」に自信の持てる人がいるだろうか。
ずっと同じことを続けている人は卑怯な真似をしない。
卓袱台をひっくり返すものは、とにかく「キャリアが浅い」のである。
処女の女は「正々堂々」を教わったし、そうでなければ物事がおさまらなかった。
「罰」それは「女にモテなくなる」ことであった。
卑怯者ぶりを自慢していると「処女にモテなくなる」「病気になる」という罰を受ける。
「この人はお金になるわ」
そんなことは処女でも分かった。
おカネになれば人事もついてくる。
幸福とは「認められる」ことにある。
平成天皇皇后は、決して民から認められることはなかった。
これがあなたの人間観なのか?
一杯のかけそば


男は「人事」によって認められることで「治まる」ものである。
その背景には「詩のボクシング」があり、敵がいて、三人のジャッジがいる。
ヒュームは「英語からアプローチしなければなかなか指導者は務まらないのではないか?」としていた。
大谷翔平を認めない日本人はいないだろう。
貧しい兄弟がいたのならばなぜ兄は弟のカマを掘らなかったんだ?
弟はよりによって銀行マン?
カマを掘られたら「女心」に興味がもてないだろう。
社会の病理面を怜悧に見つめることのできない「心の貧しさ」こそが「貧しさ」の理由だろう。
1960年代から1970年代にかけて「私は処女です」という女性芸能人がテレビに出るようになり「治める」ことを日本国は学習した。
さらには、多くの音楽作品が残ったため、日本国は成熟経済を迎えた。
BIS規制が導入されても、日本の銀行の信用力を疑うものはいなかった。
すべて「女心」に詳しい「詩のボクシング」の愛好家がいたからである。
医者も銀行マンもそれからは逃れられない。
貧しさから自由であること、宝石の大きさなどすべては「詩のボクシング」の強さから生まれている。


ユダヤイスラムや、中世ヨーロッパが日本国には見えた。
しかし、「南米」までは領土として見えなかったのだ。
20世紀中頃に、「詩のボクシング」を行うリベラルな空気はコロンビアだけになってしまった。
アルゼンチンではアルベルディが、メキシコではホセマリア・ルイスモラが、チリではラスタリアが権力を握ったが、アルベルディやラスタリアは「政治学」の教科書で明らかに「詩のボクシング」の手ほどきを行っていた。
女たちは「この人奥さんいるの」と笑ってリベラルな政治を見ていた。
奥さんとの赤裸々な体験談を語っているように見えたのだろう。
アルベルディや、モラ、ラスタリアなどのような「リベラルな」指導者が日本人の風土になじむのは事実である。
ユダヤイスラムや中世ヨーロッパは見えても、南米が見えるのは「19世紀以降」という現状がある。
1812年に「リベラルカデット」という政党ができてからである。
「詩のボクシング」という出世の方法が明らかにならないと、日本人が来たとは言えないわけである。
とにかく「リベラル」「詩のボクシング」「出世の方法」が確立していないと、「お前らの死生観はどうなっているんだ?」ということになるのは南米のスパニッシュアイも同じことである。
マドンナ スパニッシュアイ


時期的には、フランス革命以降、南米がリベラルに呼応している。
キューバとプエルトリコ、ブラジル以外の全土が「ナポレオンによって」イデオロギー的侵略を受けていた。
ナポレオンとは小野光右衛門であろうと考えられている。
令和の時代は、平成天皇のような「保身だけで頭がいっぱい」な天皇では
なかったため「パワフルチャーチ」と呼ばれる、教会法=政治学が浸透した。
「政治家になりたければなにをすればいいの?」
平成にはすべてを見失っていた。
「詩のボクシング」で、敵の男と戦い、三名の男を笑わせることだった。
ロールズもドゥオーキンもラズも、ロースクールでそのことを教えていたが、日本国の法律も「小野臨調」の登場を待たなければ学習しなかった。
フランスでは1812年の憲法が作られた。
1812年の憲法は「カトリックを守るため」に作られている。
妻が貞淑で、政治学が確立されている、これを「パワフルチャーチ」と呼んだのだ。
全人類平等主義が、「知っているもの」を高い位置に跳ね上げた。
ブラジルは「専制主義」を知っていたため、ナポレオンとは異なる立場を取った。
フランスにしたがうということは、ルソーの教育学や、モンテスキューの「芸能界理論」にしたがうことを意味した。
「恋ばな」(司法)が得意で、「お金をばら撒き」(立法)、「テレビに出る」(行政)という芸能界理論はモンテスキューが考えた。
芸能界理論とは異なり、男社会では「詩のボクシング」があった。
1812年のフランス憲法が「理解できる」かどうかはいまだに重要な問題である。
ボリビアにせよ、南米が「脱植民地化」したのは、日本国の明治維新と同じ時期であり、「日本国の影響」は明確に受けている。
ナポレオン(小野光右衛門)が用意し、ビスマルク(小野慎一郎)が、実現させたのが「南米の日本領土化」であった。
現時点では、「日本国は南米の1812年前後を狙った」としかいえない資料しか出てこない。
南米の連中も最終的には「アメリカ合衆国進出」を目指し始め、いろんな問題を引き起こしているのは周知だろうが、トランプ大統領の怒りを「日本国の問題でもある」と考えるのは非常にいい効果がある。
芸能界理論や「詩のボクシング」が確立していれば、処女アイドルを「株式買取請求権」を行使して嫁にするだけのお金も若者にはあった。
カトリックの「パワフルチャーチ」はこのことから生まれている。
教会のお金をお借りすることもあっただろうが、勉強の度合いが問われるだろう。
メキシコのモラはそれで権力を維持したし、「私はカトリック」と言う人が多かった。
AKB48 サステナブル


「おカネを得ることは安全につながる」
このように考えられている。
なにしろ「死生観」が違うし、そもそも「日本人が贖罪を経て復活した」姿で生きているため、学ばなければ命が危ない連中と化していた。
チリのラスタリアにせよ、日本の明治維新、王政復古を熱烈に支持していた。
「日系人が多い」だけでは済まない問題が「タイムマシーン」や「復活」にはあった。
苦労という苦労なんてなかった。
外務省のバックには財務省があったからだ。


16世紀から17世紀に、サラマンカ学派というのがスペインとポルトガルにあり、スペインはオランダも支配していたため、徳川幕府もサラマンカ学派の影響を受けたことになる。
マネタリスト経済学を標榜し、偉いおじがいると「家庭内で話題に出ると不愉快だ」ということから「お中元・お歳暮」などの贈り物をする習慣があった。
二人のドミニコ会修道院のメンバーつまり、フランシスコ・デ・ビットリーアとドミンゴ・デ・ソトと、二人のキリスト教徒つまり、ルイス・デ・モリナとフランシスコ・スアレスがサラマンカ学派を作った。
このメンバーが「徳川幕府の将軍の地位の継承」を日本に教えたと考えて差し支えない。
バーゼル委員会において「聖母マリアには罪はなかった」という概念が固まっていたため、自然と「詩のボクシング」も明らかになっていたし、それでいて、カネをもうけて、「おじ、おばに贈り物をする」という習慣を身につけたのだ。
文法や仕事、そして「神」について議論をまとめていったため、日本の大学入試の「古文」において江戸時代の文章が出題されることはない。
自分の「パーソナルディテール」を親族に至るまで明らかにしなければ将軍にはなれなかった。
そういう意味においてはフランシスコ・デ・ビットリーアは「トマス神学」の影響を受けていた。
将軍はみんな「告白」を行っていた。
沈みかけた太陽を元に戻す力を持ったものは万物をつかさどる、これは神道であり、将軍や天皇への愛を歌った曲もある。
hiro confession


カルヴァン派および「処女」というものはサラマンカ学派によって江戸幕府に紹介されていたものと思われる。
処女がグループにいなければ治まるものも治まらない、伊豆の踊子でもそのことが描かれている。
「古い因習」と川端康成は語っている。
帝国大学の「新法」に対して、処女が治めるというのは「旧法」と呼ばれた。
「天子さま」にいずれ生まれ変わる、東京の人間はそのようにして天皇を尊敬した(谷崎潤一郎の細雪にある)。
法律に関しては「小野臨調」で出させてもらったが、とにかく「友情とパートナーの分離」(所有と経営の分離)がなされている。
ribbon 君ならば大丈夫


サラマンカ学派の指導のもとで日本にも「藩」ごとに「体制」というものはあったが、時限法という概念が浸透しないと「告白」をした後継者により「殉死」させられるものもいた。
先代の意を借り、後継者を虐待したものが殉死させられていたのだ。
女たちの適正な分配を行わない場合に、「殿様」の地位を望むものは虐待の対象となった。
この、サラマンカ学派はスペイン・ポルトガル・オランダにその影響力は及んだが、アフリカやインドを支配してしまった。
「告白」をした天皇や将軍、殿様はその後「知性」を発揮するのが簡単だった。
皇帝「カント」ですらのちに「懺悔」「告白」を行っている。
「大奥」と呼ばれる政治犯収容所・施設の女たちとよく話をしなければなかなか指導者にはなれなかっただろう。
「行政」というものが芸能界を背景に行われたため、カトリック国も「偶像崇拝」を容認している。
1930年に、サラマンカ学派の「告白により指導者を選ぶこと」が国際法となっている。


日本の令和天皇も「自分が何をやったのか?」の認識があまかった。
「永遠の命」
それは、仲間作り(道徳)であり、男らしさ(宗教)にも影響を与えた。
キリスト教のみならず、ユダヤイスラム、さらには、インド・チベット仏教にまで影響を与えたのだ。
仲間作り(道徳)と宗教の区別が最近まで困難だった。
仲間とは違うサインで呼び合う、それが「宗教」だったし、そこにはなんら説得力のある教義のようなものはなかった。
仲間作り(道徳)と宗教は同じともいえたのだ。
すべては、アブラハムから始まった。
タイムマシーンと復活が現実のものとなってから宗教は始まったのだ。
SPEED White Love


「君たちはどのように生きるべきか?」
そんなものにはなんら人間としての説得力がなかった。
「死を超越した」
それがなければ宗教ではない。
ホメーロスが詩を作る時に、「死を超越する」ことを理解していないと思うか?
キリスト教・ギリシャ哲学・ローマ法が令和天皇の肉体に流れ込むのを感じた。
混乱を治めた経験が「誰一人として」なかったのだ。
「死を超越する」ことが「治める」ということであり、そうでなければ宗教は生まれなかった。
仲間とは違うサインで呼び合うことなどばかげたことだ。
イエスキリストは「復活」したあとにどうなったんだろう?
死んだという報告はない。
つまりは「復活」を考えたのだ。
ソクラテスは「女たちの支持」を取り付ける学問をやった。
アリストテレスは、「アレキサンダー大王の家庭教師」でありながらプロレスラーだった。
面白い連中ばかりが哲学史に残っているが、すべては「永遠の命」のためであった。
今まで雑談していた連中が、急に「秘密のサインで呼び合おう」と宗教を持ち出してきた。
そんなものは道徳(仲間作り)に過ぎない。
永遠の命の意味も知らない。
山上の垂訓(マタイ5~7)は、このことを言っており、ユダヤの敵・サマリア人にせよ、「隣人とは来世のあなたである」ということを明らかにできなかった。
くだらない「仲間とは違うサインで呼び合う」連中が歴史上確実にいたことを聖書は刻印したかったのだ。
トマス・アクィナスは、「告白」というものを「人類学を理解する力量」と考えた。
東京大学に入った自分はたしかに偉かった。
しかし、「心ないおじ」を含めて「彼らの論理」を明らかにすることを告白と呼んだのだ。
自分の弱味を握られることを「告白」と考えるような了見の狭い輩を一蹴した。
さらに、男社会のゲーム(プロ野球)を「女たちの支持」を得ることで結果を予言したこともある。
人類学はその予言のための入門であったし、女たちの支持を得ることも最終的には「永遠の命」「復活」に向けられた。
「タイムマシーンに何ができるのか」「贖罪を経た上で永遠の命を手にできるのではないか?」
令和天皇に日曜日などなかった。
しかし、永遠の命を確立したらおそらく満足して休むであろう。
中世にルネッサンスが起きたというが、日本国では平成天皇は後継者の最有力候補に「自殺」を命じている。
王位継承で磔も行ったし、処刑まがいのことも行った。
21世紀になっても宮内庁にルネッサンスは到来していなかった。
最高に知的な者以外はアフリカ人と何ら変わることはなかった。
ルネッサンスとは「王位継承の際にも処刑のない時代」という意味だ。
カントは、「男性にこんなことを言われたら嬉しい」という女性たちの研究をしたクリスチャン・ウルフの影響を強く受けた。
平成天皇にとって「純粋理性批判」とは「なにか高尚な書物」にすぎず、それが「仲間とは違うサイン」で書かれていたことが後継者が処刑をまぬがれた原因となった。
ヨハネの黙示録は、「女たちの支持を得ろ」と教えていたし、タイムマシーンもそれがなければ成り立たないことからそのような教えとなっている。
「詩のボクシング」も女や女心を知らなければ成り立たないものだ。
男社会で生きていくのが嫌ならば、女として「復活」するか?
あるいは「熱く命を燃やす」のが嫌ならば、暗闇から「明るく輝いているいじめられっ子」を憧れの眼差しで見るか?


「永遠の命」を探求していくうちに、十字架蛇説が分かるようになった。
イエスキリストは、十字架にかけられて、「青銅の蛇」をケツにぶち込まれたといい始めたのだ。
しかし、実際は「長生きを約束する兆候であるヘルペス」が尻にできたのだ。
「外国に行ったから」「ネズミに噛まれたから」などの原因はヘルペスに存在するが、ようするに「外国に通じていた」「ネズミ(年寄りの婆さん)に人気があった」から、ヘルペスというものはできるのであり、マダムキラーでなければかからない病気だ。
イエスキリスト=マダムキラーであるというのが「青銅の蛇」をケツにぶち込まれたと大騒ぎしたイエスキリストの正体であり、十字架蛇説とは「イエスはマダムキラーだった」「外国に通じていた」というものであり、尻のまわりにかゆみができたものと思われる。


アフロディシアスのアレキサンダーは、紀元前1世紀には、アリストテレスの教えを受けて、プロレスのマイクパフォーマンスで「詩のボクシング」をやっていた。
かなりの下ネタが含まれていたため、ヨーロッパ中世はアウグスティヌス以降という通説が、「セックスを神聖化したのはアスグスティヌスであっても、アレキサンダーの面白さはもはや中世である」という論陣に対抗される形となった。
天国について、いじめられることについて、記憶について、などの論文を書き、いかに「詩のボクシング」というプロレスのマイクパフォーマンスで強くなるかを探求した。
「お前、俺がまぶしいか?俺が輝いて見えるか?いじめなんてのは固い糞がしたいだけの人間のすることだ。ただ生きているだけ?暗闇からは光しか見えない。歴史に残るのは光だけだ」このようなマイクパフォーマンスを行い、あとは「叩いているふり」をすればプロレスラーになれた。
マイクパフォーマンスで勝ったほうがプロレスに負けるのも基本である。
アレキサンダーの台詞は週刊プロレスにも載ったし、聴衆はもちろん覚えていた。
彼の「思考形態」さえ覚えれば、現実社会でも出世できたのだ。
アレキサンダーのマイクパフォーマンスはそれほど人気があった。
団塊の世代の皆さんも、アフロディシアスのアレキサンダーというプロレスラーを見たいと思うのならば、中世ヨーロッパは「アウグスティヌス以降」ではなく、紀元前1世紀からということになる。
日本国のニーズにこたえて「ヨーロッパ中世」という概念は決まっているからだ。
「考え方が同じ」
それがプロレスラーの周りにファンが群がる秘訣である。
しかも、社会人としても偉いのだ。
本もよく売れた。
これがプロレスだった。
天国について、いじめられることについて、そして記憶について、という三つの論文だけでアレキサンダーはその肉体美で女性たちを魅了することができた。
さらに、アレキサンダーは、運命についてという論文を書き、「俺が何を言ってもこいつにはかないません」という哲学の奥義を示した。
人々は「偉大な哲学者が何を言うか」を聞きに来ていたし、しかし、彼が負けるのを見に来ていたのだ。
研究に研究を重ねるごとに、人々が敗北を望むようになっていた。
CoCo 優しさに帰れない


アメリカ合衆国にとって、日本国の「贖罪と復活」という概念の確立や、「タイムマシーン」の完成は「嬉しい知らせ」だったようだ。
日本国の段階の世代の「移住先」は日英同盟のもとにあった「20世紀のイギリス」まで紹介された。
ホワイトヘッド(1861~1947)が、女の子は「男の子がいなければ数字が覚えられない」とし、幼児教育における「女子校」は禁止されていることを紹介している。
女性アイドルの「好きな数字」を調べてみたが、乃木坂46の与田祐希の「9」が出てきたにとどまる。
普通は「1」か、過去から逃げ出す前の「7」だろうが、「ジェラシーを見た」男がいたのだろうか。
globe joy to the love


イギリスにおいてはこのことは常識であり、英国国教会の王子が書くタブロイド誌によく取り上げられている。
喧嘩したあとは激しく燃えるよね、などの理由から「9」が好きだという人がいてもいいだろう。
いちばん「イコール」が成立したのが「好きな数字」であり、イコールは「両想い」という意味でもある。
家庭内の「豊かさ」も分かるとされ、「男の数を数える」のは「王子の仕事」と呼ばれ、海外のアイドルや女性芸能人をタブロイド誌で笑いものにしていた。
本当にウケた「ボーアモデル」とも言われる。
騎上位を経験すると「私は歴史になった」と考えるとも言われる。
また、「胸から先に行った」のも記憶に残りやすい。
このように、私は現在この記事を書いているが、「イギリスしかこのことを知らなかった楽しい時代」が日英同盟を支えたのだ。
20世紀の英国紳士になるのも「復活」先として挙げていいとされる。
逆に「好きな数字は特にない」という女性には性欲減退の兆候が見られる。
また、翌朝に、女が「レタス」を出してきたら、男はかなり高感度が高い。
自分が「好きな番号って俺のことだったのか」とあとで思うことになる。
ドリカム あなたにサラダ


また、16世紀のフランスもお勧めだ。
タキトゥスの「ローマ史」にしたがって国づくりをしたルイ14世の時代だからだ。
タキトゥスの「ローマ史」から「好きな人物を見つけて欲しい」という気持ちもこめて勧められている。
たとえ、現在の東京大学法学部が認めなくても、司法=恋ばなをする場所というのがマクシミリアン裁判所で認められていたのだ。
30年戦争で「フランスはカトリック国」ということが確立したのもマクシミリアン裁判所によるものだ。
タキトゥスは「裁判記録の残し方」を示したし、明治維新以降の「東大法科」を批判するのにちょうどいい書物だ。
恋の喜びと痛みを民に公表したルイ14世は「私の時代」と言ったし、日本の美智子皇后だの何だのがあほらしく思える。
賢い男はこんなバカはやらかさないよな。
それを証明するのに100年かかって「カトリック国」は出来上がった。
日本という島国が嫌になることは誰でもあるだろう。
そのためにアメリカ合衆国も「日本人の心」を歓迎したのだ。
ribbon 真夏のフェミニスト


与田祐希の話しをしたが、あながち名誉毀損ではない。
人間は「心の目で見て頭で聞く」さらに「イメージを感じる」とされ、気持ちよかった経験をみんなで共有しようとする。
しかし、「分かってくれなかったか」といって私生活に戻っていく。
誰も「私も(俺も)感じた!」などとは告白しないのだ。
マスターベーションは罪深いかもしれない。
しかし、人間の「負」の側面を用いている。
20世紀に「名誉毀損という議論は簡単ではない」とされ、やたらと「名誉毀損」を口にする弁護士は落第点を押され始めた。
人間には「個」と「公」がある。
「公」「イメージダウン」と言っているうちは「女性の社会参加」は成立しない。
ボクシングの試合も本当にあったのかは覚えていない。
写真だけが残る。
「真似して生きよう」
それだけが「写真」の意味である。
「異性に愛されたい」
これも「写真」の意味である。
あとは「心の風景」はいくらでも本で出版できる。
写真家の仕事は「生々しさ」を撮影することだ。
象を見たことがない人にも「象」をわかるようにすること。
「あ、あの人だ」
これさえ分かれば写真の役割は終わりだ。
すでに「情報のある」人物の写真は格別の意味を持っている。
「どこを目指している人なのか?」
これを明確にしなければならない。
アリストテレスの肖像は「ファンタスマ」と呼ばれた。
SPEED DEEP BLUE & TRUTH


「女を口説くのが仕事」である現状があるが、そのことから「気象コントロール」「プロ野球必勝法」「タイムマシーン」などが作れる。
「恋の秘密は写真にある」とも言われた。
写真は「右から左へ」と見ていくが、両目が「50度」の角度で人物を捕らえるのは「センター」だけだ。
もし、私も、かつての中川翔子さんの卒業写真が「端っこ」にあったら「かわいい」とは思わなかったかもしれない。
みんな勝手なもんでね。
自分の目が楽で「いい保養」になればいいと思っている。
最初に「センター」に抜擢されるだけで「不動のセンター」になってしまうのだ。
敵の多い人は「感じにくく」なっている。
王子が「何を見ても面白くない」と考えるようになったのはそのためだ。
「女」そのものに飽きる人はいない。
あるいは「男」だろうか。
自分の「敵」が多くなっただけなのだ。
1960年代に「写真集」というものが考えられたが、敵の多い人への精神治療が目的だった。
女の子が「仲間が多い、何かやってくれそう」な男に恋をする理由もこのあたりにある。
Melody 運命95


「写真のある時代」つまり、明治維新以降に世界の人口が爆発的に増えたというのは不思議ではないだろうか?
「復活するのならば写真のある時代に」
これも一理あるほど魅力的なものだ。
その人の「情報」さえあれば、あんがい、写真というのは修正が必要ないものだ。
性欲が刺激された時に人は笑うものだからね。
写真があってようやく人は「共感する」ということを覚える。
人間社会の発展は「写真」とともにあったのだ。
日本人が「復活するのならば20世紀がいい」と考えたことから人口爆発が生じたと考えられる。


女は皆同じ、それはアタナシウス派の考えであり、「ミクロ」に注目したことから主張されたものだ。
一方、「女の子にもいろいろタイプがある」というアリウス派の主張は異端とされたものの、「マクロ」として残った。
子供たちは、マクロから学ばされ、「ミクロを知るとマクロにも興味を持てなくなる」ことがある。
おニャン子クラブ 乙女心の自由形


 


「女の子にもいろいろタイプがある」
この「マクロ」を追求したのがシュンペーターである。
エロビデオを見ていると、どうしても「女は皆同じ」というアタナシウス派の境地に至ってしまうが、
おニャン子クラブの時代の「マクロ」は、ベビーブームの世代が上がるとともに「ミクロ」で激しく燃え上がり、そしてバブルは崩壊した。
「女の子にもいろいろタイプがある」
これは「女たちだけが知っている」ものであり、しかし、アタナシウス派は、「そのことをベールの向こうに」押しやってしまうためにミクロつまり女は皆同じという立場を正統とした。
まるで「マクロに興味があるのであればどうぞ興味を持ってください」と言いたげだったが、実際に「女の多様性」を研究したシュンペーターも、私の「女シリーズ」も「アリウス派異端」という指摘は受けていない。
アタナシウス派は、セックス(ミクロ)を正統とし、マクロ(女の多様性・ファッション・ヘアスタイル)などに対してはオープンな態度をとった。
「社会学」とは紳士の学問であるとされ、ズボンのチャックは子供の頃から「社会の窓」と大人たちが教えた。
女たちを「皆同じ」としてしまう窓がちんちんであり、マックス・ウェーバーにせよ、シュンペーターにせよ「女の子にもいろいろタイプがある」ということを探求した。
これを「社会学」と呼ぶ。
ミクロが「セックス」であり、マクロが社会学の縄張りとなる。
国が豊かになるのであれば「使える方を使う」という発想は必要となるだろう。
野菜シスターズ AKB48


「男が女を愛する気持ちを利用するのが経済」だとするのならば、マクロとミクロ、アリウス派とアタナシウス派の区別の仕方は「もはや明らか」と思われる。
1880年代のオーストリアで発展した議論であり、1880年代のオーストリアの「バブル経済」を経験したい人はアメリカも容赦なく「1880年代のオーストリア」を紹介してきた。


どの専門家も「ミクロ経済学からは入れ」と言うだろう。
大学時代に彼女ができることを想定しているからだ。
そのあと「金儲け」を始めたら、時計でもなんでもブランド物を身に付ければいい。
ヘミングウェイも「マクロ」にし興味がなかったであろう。
ribbon 出逢えてよかった


ハイエクは、マクロにせよミクロにせよ「みんな居心地のいい配置についている」とし、そこからはぐれた者が精神科に通院しているとした。
「叶わぬ夢」「混乱」だけはどの女もノーサンキューだったからである。
「私の体が目当てなんでしょう?」
この女の言葉は常にマクロからミクロへと男が目指していることを端的に表現し、「利上げ圧力」「インフレ圧力」「失業率の増加」の三つがこの言葉だけで実現してしまう。
田中れいな 愛の炎


「私の体が目当てなんでしょう?」
この「利上げ圧力」「インフレ圧力」「失業率の増加」は、「転がる石」とも呼ばれ、ローリングストーンズの永遠のテーマとなった。
ローリングストーンズ 悪魔を憐れむ歌


この「私の体が目当てなんでしょう?」ということを邪魔する「インフレ阻害要因」は、囚人のジレンマがまず挙げられる。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ


あるいは「歴史上の人物になりたい」という集合無意識が指摘できる。
この二つしか想定できないが、有名人とネットで日常的に接することができる時代には、強烈な「インフレ阻害要因」が存在することになる。


さて、「地獄の沙汰もカネ次第」と言われるが、マルクスは「贖罪と復活」の行き先も「階級社会である」ことを指摘している。
20世紀のイギリスや、19世紀のオーストリアのような「写真のある時代」は人気があるだろうが、ルイ14世の時代も人気がありそうだ。
そのあとに、ユダヤイスラム圏が庶民に開放され、中世ヨーロッパなどが広まっている。
「どうだ、お前が吸っているのは酸素だ」
そのように「映画マトリックス」では言われている。
マトリックス


さて、私が今まで語ってきた「贖罪と復活」および「タイムマシーン」の話が「シオニズムのことではないか」と思わないだろうか?
これはシオニズムである。
シオニズム


アメリカ合衆国が、なぜ、令和天皇に好意的な情報を提供してきたのだろうか?
アメリカとイスラエルが同盟国だからであろう。
日本国が「法律先進国」となったからであり、世界最大の国家になることを見越して、日本国を「シオニズム発祥の地」とすることにしたのだ。
もちろん、太陽のもとでみんな一緒に死ぬのならば怖くはない、などという「強がり」にも似た批判はある。
しかし、伊勢神宮には「五亡星」が刻印されているのは周知であろう。

2019年9月 9日 (月)

小野光太郎の禁煙物語。

禁煙などの禁断症状。
初日は、気持ちだけで何とかなるものだ。
しかし、頭痛が起き始めると厄介だ。
甘いものなど「痛みに効く」ものを摂取すると頭痛は3時間程度は治るし、あるいは「横になる」だけでも頭痛は治る。
しかし、12時間後には男は「仁王立ち」を始めるだろう。ここからが禁断症状との戦いである。
コーヒーなども一時的な救済にはなる。
カフェには女もいるしね。
「どんな時に頭痛がする?」
これを克明に記録に残すのだ。
お風呂はいったとき?メシを食った後?
案外、「腰痛」と深く関わっていることがMRIのデータから明らかになっている。
500mlのコーヒー、2Lのスポーツドリンクが有効であることが明らかになっている。
MRIを撮ってみると脳の水分が少なくなってきたからだ。
採血をしてみることも、検査目的ではなく、「自分の血液を肌に当てる」という意味で有効性が見られる。
適当に苦しんだ後に「お米」が食卓に出てくる。
何がトラウマで頭痛になったかは必ず記録に残しておかなければならない。
頭痛が「風邪」に変わったら禁断症状はかなり困難な問題になる。
逆に、コーヒーやスポーツドリンクで「頭痛」を乗り越えるごとに自信になっていく。
女の「頭痛の種」は男よりも多い。
タバコなどまだ軽い。
覚せい剤や酒にも応用が効くため、私は「禁煙」に施設で取り組むことにしたのだ。

不安や不眠をタバコや酒でうまく緩和させている人がいる。
このような場合は、タバコをやめろと言っても難しい。
睡眠誘導剤を飲む習慣のある人は、「2Lのスポーツドリンク、500mlのコーヒー」を最大限に生かして、さらに睡眠に支障をきたさない。
逆に言うと、睡眠誘導剤を飲んでいない人ならば禁煙は無理、という側面もある。
医療費が生活費の40%を越えると、貧困層であることを意味する。
そのような層には必ず睡眠導入剤が処方されている。
スポーツドリンクやコーヒーを買っても割に合うのがタバコの値段だ。
医療費が生活費の40%を越えると、「医者がメスを入れる」行為すら「死んじまえ」と言われているような気がする。
医療費が生活費の20%~30%が穏当かなと思うが、それでもタバコをやめたら儲けが出る。
医療費が生活費の10%ならば「酒、タバコ、覚せい剤をやめる理由はない」とされる。
スポーツドリンクやコーヒーという理論が確立している場合、タバコを吸う行為は「私は生活保護です」「医療費無料です」と言っているに等しい。
睡眠導入剤が処方されているのならば「なぜ、都合よく利用しないのか?」「タバコをやめても眠れるんだろう?」という方向で考えなければならない。
芸能人などの「突然の死」を研究してみると、「いつも同じ服を着ていることをバカにされた」という理由があんがい重要だ。
ここで、「生活保護」=芸能人もようやく「タバコをやめる理由」が見つかったのだ。
スポーツドリンクにコーヒーというのは当然の前提であるが、いろんな「可能性」を研究しなければならない。
介護の場合は、実費は四分の一しか負担していないのが家族であるが、老いた人は「死ぬ前は霊的・スピリチュアル的に生きたい」と考えており、タバコをやめるぐらいならば知的に生きたいと考えタバコを吸ってしまう。
落ち込むこと、心配、痛みの多い老後だ。
宗教を語りながらタバコをふかしたり酒を飲みたいのだろう。
「死」「宗教」に狂った人間から税金を取るのがタバコであるとも言え、若者や中年世代には「関係ないだろう」と言われても仕方がない。

睡眠導入剤と、スポーツドリンク・コーヒーがあればタバコはやめられる。
しかし、年寄りの「霊的・スピリチュアル的」余生の友がタバコであり、酒である。
ハンフリー・ボガートのような「タバコを吸わない中年がカッコいい」という提示がなされないと、なかなかタバコをやめようとは思わないものだ。
成年後見人がつくようになると、年寄りの楽しみへの配慮と、子供たちへの影響、年寄りの自殺の予防、医者の考えを聞くことなどの要素から、なかなか、年寄りに「財布は握ったからタバコ代は出さない」とは言いづらいものがある。
これらの研究から、成年・中年でも「生きるか死ぬか」という連中がタバコを吸っていることが分かる。
「生きるか死ぬかならば命が危ないじゃないか」というのがタバコのリスクのことであり、お金の問題が問われ、人体には直接の悪影響はないに近い。
私はまだ経験していないが、人工呼吸器で気道を確保した人は、タバコを吸わなくなるとされる。
呼吸のありがたみを誰よりも痛感するからだとされる。
「呼吸ができなければ人間は死ぬものだ」
それを骨の髄まで叩き込まれたら人間はタバコを吸わなくなる。
自分の「脳」「知性」が何よりも大事だと思っている人はそうなるとされる。
ガンや心臓病を経験した人は、タバコを吸う人に「あっち行って」というがそのような理由がある。
私は人工呼吸器など経験しようとは思っていない。
スポーツドリンクやコーヒーでやめられるのが一番楽でいい。
人工呼吸器で気道を確保したことがあることから、呼吸の大切さを知り、タバコをやめたという話を聞いて、それならば、「お風呂にこれでもかというぐらい潜り」「呼吸の大切さを知る」という新たな方法を私は考えた。
もちろん、人工呼吸器は「6週間余計に生きるため」「1%の生存率に賭ける」ために用いられるものであるため、「お風呂での修行」もそれなりの厳しさは求められるだろう。
もっとも、人工呼吸器を用いる場合は、モルヒネを投与されているため、患者は「酸素以外に求めていない」というかなり過酷な修行なのだ。
あくまでも、禁断症状である以上、睡眠導入剤を用いている人が、コーヒー500mlかスポーツドリンク2Lを飲むということを踏まえたほうがいいのだが、たとえば、「他人の手のぬくもりに飢えている」などの特徴が禁断症状にはともない、自分で自分の手を握ってみるということなども可能性としては考えられる。
お祈りしてお賽銭を投げるというのは、それなりの根拠があるのだろう。
入院というのは「自分の社会的評価の出口」という側面があり、日常疎遠だった人も「病気になった」と聞いたらお見舞いに来る。
自分の社会的評価の再確認ができるのが入院であり、病院では「構内全面禁煙」にしてもさほど抵抗がないという現状がある。
「自分の社会活動が不当な評価を受けている」(せん妄状態)が喫煙の原因であることがある。
周囲の「ご苦労さまでした」という愛情に囲まれながら眠るだけでもタバコは吸おうとは思わないのだ。
周囲はその人の「前向きな発言」が嫌いだっただけであり、一万円から百万円という五桁から七桁の数字の勘定が「百円」などの三桁に変わるだけで愛情を取り戻せる。
時には、「タバコを吸って仕事をした」ことから失神して病院に来る人もいるが、ICUに入ったら、入院に必要な備品が一通り、家族によって用意されていることに気が付く。
時には「体ひとつで」救急車に乗る必要もある。
このような効果が「入院」に存在するならば、家で「入院ごっこ」をすることも時には有意義だろう。
自宅療養である。
タバコの吸いすぎによる血中酸素不足や、血中二酸化炭素上昇は「どこかで無理が来る」ものである以上、適当に怠ける以外に方法はない。
タバコ代も高いし、お金や銀行口座と相談しながら、自分で対処するしかない。
基本に戻るが、「頻尿の気」を「痛み」と認識し、タバコがやめられない人もいる。
これも「ゆったりとした生活」を送ることから治るものだ。
頻尿の気からタバコがやめられないのならば、そのうち前立腺にトラブルを抱えかねない。
いろんな意味で「休んだ方がいい」のだ。
タバコ代がなくなればそれは「食べ物」「交通費」に変わる。
これが「脳」にどれほどいい影響を与えるであろうか。
家にいても「太陽の見え方」が変わってくるのだ。
太陽が変われば神経や心臓の痛みも変わる。
子供の頃の「日曜日の太陽」は特別ではなかっただろうか?
禁断症状の克服にはこのような「いい効果」があるのだ。
さらに、禁断症状がなくなれば、「おしっこのコントロール」もうまくなり、やたらトイレを探して落ち着かないというようなこともなくなる。
「太陽の見え方」とどのような関係にあるかは分からないが、「栄養」「交通」の二つの意味を変えると「トイレ」の意味も変わってくるのだ。
「不規則なおしっこ」は、人間の意識レベルを下げ、私はそのために司法試験に受からなかった。
この「太陽の見え方」「栄養」「交通」「トイレ」をうまくコントロールできないことは結局は「心臓」に悪影響を与える。
「タバコの有害性」の正体はここにあるのだ。
「心臓の手術は24時間かかる」
これを聞いただけでも、喫煙者は「トイレはどうするんだ?」と聞いてくる。
タバコを吸わない人にとっては「まったく考えていない質問」だったのだ。
「どうにかなるだろう」
これがタバコを吸わない人の考え方だった。
「トイレの心配」は、長い人生をトータルで見ると「どこかの体の痛み」になって表現される。
グラウンドに夕方までいることは少なくともなくなるわけだ。
さらに、喫煙者は「呼吸」のタイミングの取り方が下手になり、「間の取り方」が何もかも下手になる。
少なくとも、私は、世界を飛び回るほど活発なタイプではなくなっていた。
ribbon deep breath

このように、喫煙者は「糖尿病になる素質が十分」な人間として出来上がる。
糖尿病・心臓病・脳卒中のような「感染症ではない病気」はいまや、「医学界のロックスター」と呼ばれるほど注目を浴びている。
10月のタバコの値上げの前に私は、是非とも「禁断症状と向き合う」という経験談を記さなければならないのだ。
40歳になると、無料健康診断の案内が届く。
しかし、レントゲン撮影は「胸だけ」なのだ。
「胸だけ?」
それでもこれほど多くのことが分かるし、そろそろかなという時期に差し掛かったら、タバコというものをもう一度考え直さなければならない。
肺のレントゲンは「肺がんの早期発見」のために撮るのではない。
タバコを吸う人かどうかの区別をしたいだけなのだ。
なにしろ、3~4時間の麻酔でも「肺にダメージを与える」ことになるからだ。
麻酔している間も肺は「タバコが欲しくて仕方がない」のである。
麻酔をしているにもかかわらず咳をしたりする。
寝ている間の咳は好きにすればいいが、手術中は危険だ。
タバコを吸う人に、目を閉じさせて、足をピンで軽く刺してみると、その反応はタバコを吸わない人よりも鈍い。
さらに、常温のフォークを体に当ててみても、「お湯で温めたほうが分かりやすい」と言う。
つまり、手にせよ足にせよ「肉体で触られたがっている」のが喫煙者だ。
128BPMのマッサージが有効であるし、性的関係を日常的にもてるだけのお金とパートナーがなければ、タバコは有害性ばかりが強調されざるを得ない。
セックスにもお金がかかるし、「勉強するのにタバコが必要」と考えるのならば、当然、東京大学とのつながり(国内最高の先生)を想定しなければならない。
そうでなければ、体のあちらこちらに不自由を抱えた老後しか見えない。
東京大学やスタンフォード大学の先生の本を読んでいるのならばまだタバコを吸う理由が見当たるが、そうではなく、「作家志望」でタバコを吸っているのであれば、「性的パートナーに不自由し」「体の神経が鈍る」という結果しか人生においてはもたらさない。
それならば、少なくとも128BPMでマッサージを受けられるだけのお金だけは捻出しなければならないだろう。
逆に言うと、東大出身者、スタンフォード出身者、ハーバード出身者を解雇する「タバコを吸う」上司が通常いるとは想定できない。
大学で真面目に勉強し、その後も大学の情報に敏感であり続ける男が、「組織で必要とされる」のも、タバコを吸う上司が「女を必要としている」「お金を必要としている」からであるという側面がある。
このことから、むしろ「揉まれる喜び」から禁断症状克服が可能なのではないか?と私は考えた。
「マッサージ禁煙法」である。
「目、肩、腰にエスファイト」というビートたけしのCMが昔あったが、嫌煙ムーブメントが進むとともに消滅している。
ビタミンB12が「マッサージと同じ」効果が認められたのだ。
ビートたけし エスファイト

タバコを吸う人の手の感覚は「軍手」とも皮肉られ、敏感に手を使う仕事ができない。
また、女子高生のスカートの短さは「タバコを吸う人」のためにあるようなものであり、嫌煙ムーブメントが広まると、女子高生も「スカートの短さにニーズがない」ことを悟る。
また、英語で「サラミ」と言うのだが、食生活で「食わず嫌い」を直していく作業も禁煙の禁断症状にはいい効果がある。
「食い物で冒険しない奴」はタバコがやめられないという側面がある。
年寄りになると、「モルヒネを使えばどのみちタバコはやめてしまう」ことから、精神科医療とは異なり、外科病棟などはおのずと「入院のハードル」は高くならざるを得ない。
精神科医療は極端な話、「疲れた」というだけで入院してくる人がいる。
あるいは「家族に怒られた」なども理由のひとつだ。
その分、喫煙所を設ける病院もある。
しかし、モルヒネを用いる意思を固めている病院は、構内全面禁煙となっている。
モルヒネを用いる病院においては、「将来にわたって治すつもりがない」という医者の意思表示と同じ意味であるとされ、従来の刑法では殺人罪と呼ばれていたが、最後には医者が「自殺」を勧めているというのが終末期医療なのである。
そのことを考えるのならば、タバコを吸ってもいい精神科医療の対象の患者も襟を正さなければならないことを「病院」においては知っておいてもらいたい。
アメリカのオレゴン州では7割以上の人が「医者の手で」命を断たれている。
つまり、安楽死である。
私は高校時代にオレゴン州にホームステイしたが、レスリングで突き指した時に、コーチに「スプレインド」(突き指)したと言ったら、「お前は医者か?」と言われた。
医学用語を用いるものは「死」に直結する、そんな州がアメリカ合衆国にはあるのだ。
オレゴン州は「もっとも権力から遠い州」と呼ばれている。
タバコを吸って、ノー天気に精神科医療のお世話になっているうちは「権力」はまだ目に見える範囲内に残っているはずだ。

おさらい。
①コーヒーとスポーツドリンクを飲む。
②ゆっくりと横になる。
③マッサージをする。
④女子高生の足を眺める。
⑤食わず嫌いを治す旅をする。
⑥エリートの部下を大事にする。
⑦お風呂で素潜りをして呼吸というものを考え直してみる。
いろんな逃げ道が禁煙の禁断症状にはある。

オレゴン州では、モルヒネを投与された患者が「痛い」「疲れた」と言い始め、さらには「食べない」「飲まない」挙句の果てに「ベッドの上でバウンドし始めた」ら医者も家族も「そろそろだね」と考えることになる。
モルヒネを用いると、「最初の入院の理由」以外の、悪くなった部分が見えなくなる。
私は「腰が痛い」と医者に言ったが、「入院する以前の問題」として門前払いになっている。
世の中の「元気な人」「はつらつとした若者」ばかりに目が行って、社会の病理面を知らないと、自分が多少不自由があっても恵まれていることに気が付かないのだ。
私も作家をやっていると「女性の感性」「痛みを感じる側面」の重要性を感じることが多い。
しかし、アナボリックステロイドを用いて筋肉・筋力をつけると、このような「感性」を失うことがある。
このことから、アナボリックステロイドの禁断症状というものはなくても、「感性を身につけたい」と考えて使用した覚せい剤やコカインへの禁断症状は存在するのだ。
みんな「筋肉はつけたい」と考えていても「バカにはなりたくない」と思っていた。
資金集めのために「小説」を書こうと思ったら「女心」を理解しなければならない。
そのために、筋肉がげっそり落ちる、アスリートとしての末路を、資金不足とともに迎える人もいる。
かつての名声も地に落ちて、場末で戦っているボクサーも多い。
資金集めをするためには「女心を知る」「感性」が必要だ。
しかし、覚せい剤やコカインへの禁断症状が筋力の低下に直結してしまう。
覚せい剤やコカインへの禁断症状とは「勃たなくなる」ことであり、パートナーと喧嘩して修復不能になったら、筋力は落ち始める。
このことから「ポルノを見て勃つかぎり、タバコを吸う必要はないんじゃないか?」というアプローチは可能であろう。
アイコスなどのようなものは、タバコの「プラセボ」であり、4週間後に心臓の手術をします、大量の輸血をしますので覚悟してください、などと言われると、自然と「自己流の健康管理」を断念してアイコスのようなものを吸い始める。
赤の他人と健康状態を合わせなければならないのは「4週間後の輸血」であり、そのような事情がないのならばタバコの方がいいと考えてしまう。
他人の血液を自分に輸血することを予告されたら、心臓や肺を「人並みに」しようと考えるし、しかもそれが「命にかかわる」手術だったらなおさらだろう。
それでもタバコではなくアイコスで妥協しようとするのだ。
自分に合った血液を100L用意し、3~4時間の手術で「咳をしないため」に深呼吸を繰り返す訓練を始めてようやく「その時」を覚悟するのだ。
深呼吸を繰り返すというのも禁煙の禁断症状に有効であることがここから分かる。
禁煙の禁断症状と戦ってみて、とにかく最初は「疲れる」「やつれる」という現象が見られる。
しかし、悪性腫瘍でもない限り、体重の減少はないし、「タバコを吸う人だ」という偏見から、食べ物に毒物を盛られて、音楽作品の歌詞にやたら詳しくなることもなくなる。
「疲れる」「やつれる」と昼間の眠気が生じるが、禁断症状とは本来「頭痛」との戦いであり、昼間に眠気が生じるのならば、一服吸ってもいいのではないだろうか。
禁断症状と向き合ってみて「疲れる」「やつれる」というのは、タバコが心臓や肝臓、リンパなどかなり根の深い問題となっていたことを教えてくれる。
禁煙してみて「疲れる」「やつれる」というのは、自分にとってタバコがどのような存在と化していたのかを理解する上で必要なことなのだ。
「疲れる」「やつれる」というのは慢性疾患特有の症状であり、タバコが心臓や肝臓、リンパなどにもはや「慢性的な」悪影響を与えていることから、禁煙が疲れるのだ。
体に痛いところも出てるかもしれないが、湿布を貼ってゆっくり休むしかない。
「あの人の部屋はタバコ臭い」
それだけで、料理を担当する女は「差別」を行っている。
タバコの有害性というよりも「食事の有害性」が心臓や肝臓、リンパに慢性的な病気を引き起こしていることがある。
「タバコをやめました」というメッセージを周囲に広めることは決して悪いことではない。
食事はもはや「脳幹反射」の問題であり、心臓、呼吸、瞳孔反応に影響を与える。
喫煙者にとってもっとも怖いのは「タバコの有害性」を信じる主婦であった。
両手を合わせてお祈りする習慣を身につけたら、タバコから遠ざかり運気が上がることは当然あるだろう。
医者に「呼吸が荒い」と言われたり「パーキンソン病」だと言われたりするのはすべて、料理を担当する主婦の「差別」が原因だ。
女たちは常に「多数派工作」を行っている。
「タバコを吸う人は悪だ」という口実で料理に何をやっているか分からない。
行政の監督の下にある喫茶店やレストランでもそれは同じなのだ。
ズボンを履く時によろけるなどの症状は、すべて脳幹反射の問題であり、食生活を疑ったほうがいい。
男は常に「食事」に対しては受け身なのだ。
「タバコの有害性を信じる主婦」の信仰心だけはどうすることもできない。
「美味しんぼ」で「タバコを吸う料理人」が究極からも至高からも批判されていたが、料理を握る人は、タバコを吸う人の命を預かっている。
心臓、肝臓、リンパのみならず脳幹反射までそれは及ぶ。
食事が「筋肉」にまで影響を与えるのはもはや言うまでもない。
筋骨隆々としていた若い頃があっても、「引退」した時にタバコを吸って涙を流したという話はよくあるが、タバコがのちの人生にあなたに何をするかまでは責任が取れない。
女たちは「タバコ一箱分のお金でどんなにおいしい料理が作れるのか?」を熟知している。
そのあたりも、「音楽作品の歌詞に詳しい自分」という現実を踏まえて、「食事に混ぜられている毒物」を疑ってみたほうがいい。
タバコを吸ったおかげで「文化人」としての夢がかなうことはもちろんあるのだ。
政治家としても成功するかもしれない。
しかし、「薬四錠程度」を飲む理由はタバコが原因だと考えたほうがいい。
私は寝る前に「薬五錠」飲んでいるが、そのうちの四錠はタバコが原因だろう。
夢を見るのは性概念が定着していない少年少女の問題だ。
大人になっても「夢が見たい」のならばそれは病気だ。
文化人・政治家として「夢が見たい」というのは、眠っている時に見る「夢」と深く関わっている。
夢枕に立つ人のメッセージに根ざした行動であり、精神分析(夢判断)の問題だ。
朝、起きた後の「一服」もその人の人生である以上、誰も介入することはできない。
自分の夢がかなうことにとにかく「興奮」しているのだ。
世の中には大臣もいれば平社員もいる。
ピラミッド構造がある以上、その「興奮」を止めるのはもはやタバコしかなかったのだ。
男が「タバコを吸う構造」は明らかにできるし、薬を四錠飲むことにつながるが、それならば「睡眠導入剤を利用した禁煙」は当然、可能であることを意味する。
ゆっくりと横になったり、コーヒー・スポーツドリンクを飲むことは、内臓疾患や脳幹反射にいい影響を与えることは明らかである。
眠る・起きる・上達するというカレンダーには常に「興奮」がつきまとう。
そこで眠れなくなったりして「上達をやめてしまう」方向に人体が作用したりする。
それならば、「薬四錠」とうまく付き合っていくしかない。
タバコを吸うのをやめるのならば、ピラミッド構造の世の中の現実を理解するしかないのだ。
もしも、この「寝て・起きて・上達する」ということから成り立つピラミッド構造が、年齢による「階級別」ではなく、「無差別級」ならばとてもではないがタバコはやめられない。
天皇から内閣総理大臣、そして大臣、下級行政機関という「心理学」において、自分の「役割」が「階級別」に評価されなければならないし、周囲もその「心理学」に敬意を払わなければならない。
いずれにせよ、この「階級別」の「心理学」で自分がもっとも祝福され評価される居場所を見つけなければならないし、
「その若さで無差別級?」という無謀なことは行わないほうがいい。
社会のピラミッドは「心理学」によって、自分なりに居場所ができるようになっている。
彼女や家族が「今のあなたはすべてうまく行っている」と言ってくれることも重要となる。
脳のネジがぶっ飛んだり、脳の神経がぶち切れそうな、無差別級が有害であり、若くして無差別級に身を置くと、20年もすれば適応してしまうかもしれないが、寿命は保障できない。
おしっこ、呼吸、感染症、歯の痛みなどの問題を引き起こさない場所をスウィートホームと呼ぶのであれば、常に家族から愛されなければならない。
出された食事を大事にし、ナージングホーム(手厚いもてなしのある家庭)として、常に、崩壊を恐れ、よく眠らなければならない。
社会から受ける「評価」と、自分の「夢」の調和を取らないといけないし、パートナーがいて、子供たちがいて「気がついたらみんなが楽に暮らしている」という状態を「ベースライン」と呼ぶのであれば、
ルカ1:46 マリアは言った。彼には強さが約束されている。彼を恐れるものに祝福を。
という聖書の一節は、タバコを吸わない夫・ヨゼフとの間に出来た子供のことを言っている。
当然、その子供とは「イエスキリスト」である。
旧約聖書が「タバコをやめさせて献金させる書物」だとするのならば、新約聖書はその子供が実際にどのように「強さ」を見せたかという物語であろう。
ヨゼフとマリアが「夫婦仲がよかった」「イエスの誕生をアブラハムも祝福してくれた」というのであれば、当然、ヨゼフは「勃った」ことを意味するし、LSDやMDMAのような薬物とは無縁だっただろう。
大工という職業は、「技術に満ちた男」という意味であり、現在では、ハイテク産業の技術者であるのと同じ意味である。
堅実な職業を持つ父・ヨゼフと、結婚するまで処女だったマリアの間にできた息子の「環境」はきわめて恵まれていた。
私は、イエスキリストとは、「ワクチン」を考えた野口英世ではないかと疑っている。
また、個人的には、私の曽祖父の小野達郎と同一人物だろうと推測している。
腰痛の記事でも述べたが、エジプト王朝を滅ぼした「ワクチン」であるが、日本国は野口英世のおかげで「日韓併合」「台湾割譲」などを受けている。
中国がアジア地域に戻ってくるまでに「200年」の歳月が費やされたのだ。
「勃起」というものが、「見て、聞いて、触って」「想像して」そのうえで、ペニスに血液が
流れ込むものであることから、薬物は「想像する」という部分に致命的な影響を与え、勃たなくなるのだ。
しかし、タバコにはそのような側面は存在しない。
それでも、タバコは「栄養」「交通」の費用を食ってしまうし、「太陽の見え方が変わってくる」「おしっこが気になって仕方がない」などの悪影響がある。
端的に言うと「マラソンができなくなる」とも言われる。
腰痛の議論とワンセットで禁煙の問題を提起させてもらったが、似たような議論なのだ。
私もそうであるが、せん妄状態(カネか夢か分からぬ暮らし)に陥ると、「時計とカレンダーを身近な場所に置かない」という状態になる。
時計とカレンダーを目に見える場所に置くことから入らなければ禁煙は成り立たない。
時計とカレンダーを常に見える場所に置くということは「心配事を最小化する」とされている。
私は、2~3年分の心配事を、ドカンと経験したようなものであり、腰に負担は来るわ、タバコは吸うわで、大変な思いをした。
また、目覚ましで目を覚ますことが、どれほど健康にいいだろうか?
歳をとって、仕事を引退しても、なかなか「悠々自適」とはいかない現状がここにある。
「カネか夢か分からぬ暮らし」(せん妄状態)において、時計とカレンダーも見ずにタバコを吹かし続ける、眠る起きるのサイクルを繰り返す、そんなことをしていたら、視力や聴力にまでタバコは悪影響を与えかねないのだ。
私はたまたま「腰と財布」が悲鳴を上げたが、それがなければ集中治療室(ICU)に送られるまで働いたであろう。
いわゆる「老醜」というものが「せん妄状態」であり、通常は「85歳以上」の人がカネか夢か分からぬ暮らしをするが、作家である私は立場を守るためという理由もあるが48歳でそれを経験したのだ。
さいわいにして、私は英語のあらゆる文献を読む才能に恵まれたため、英語の医学書を読んでいる。
「老醜」にとって必要なのは、薬物に頼らずにドーパミン・セロトニンなどの快楽物質を脳に流すことである。
「栄養」「交通費」「太陽の見え方」「おしっこのコントロール」にともなう「思考力の低下」も起きる。
病気になっても、子供たちは財産目当てなのが明らかであり、入院して周囲に「ご苦労さまでした」と言われることもない。
そのような「年寄りの悩み」が本来、禁煙にともなう禁断症状の研究だったのだ。
50歳を越えると、いよいよ人生そのものが「ヘビー級」「無差別級」となっていくことになる。
ここから「カネか夢か分からぬ暮らし」(せん妄状態)とタバコの関係が直結してくる。
「高血圧」の声もここから聞こえるようになるのだ。
認知症というのは、たしかに「メモリーロス」(記憶を失っていくもの)であるが、50歳を過ぎて「時計もカレンダーも見ない」「そもそもこのあたりの記憶がない」ということから波及して、配偶者の下の名前すら忘れていくものだ。
30代~40代ならば「子供の頃の記憶」もあるし、20代の頃の「奴隷経験」も記憶に残っている。
しかし、85歳を過ぎたら、50歳以降の無我夢中な時期と、それ以外の記憶があまり区別がつかず、そのことを結果的に「応援」してしまうのがタバコだった。
このような年寄りは、いろんな意味で「感染しやすい」ため、オレオレ詐欺などの標的になる。
アメフトやボクシングなどの「コンタクトスポーツ」は若者の特権であるが、年寄りは「コンタクト」「人間同士のふれあい」を求めている。
300万円など「ガンの治療代」としか思っていない節がある。
騙す側も「ガンの治療代」と割り切らなければ罪悪感に苦しむだろう。
私も、48歳で「腰が痛い」ことから、腰痛と禁煙の研究を始めたが、放置していたらALS(筋萎縮性側索硬化症)になっていただろう。
痛いのが腰だけだったのでまだマシだった。
ホーキング博士は、物理学は分かっても、医学は分からなかった。
専門分化とは恐ろしいものだ。
17歳で自然気胸の治療で入院した時は、季節、日にち、月、年、病棟、病院、街、県、国は当然のように覚えているが、30代以降はこれらの記憶は残っていない。
これが、そのまま「喫煙の歴史」であり、その根の深さは心臓や肝臓、脳幹にまで及んでいる。
一日一日の「喫煙インパクト」はこれほど「記憶に残らない」ものなのだ。
この「記憶のメカニズム」はそのまま、アルツハイマー病につながりかねない。
せん妄状態が「早発性痴呆症」などと呼ばれた時代もあったのだ。
とにかく「無我夢中で覚えていないだけ」だった。
タバコを吸うと、仕事がはかどる、知的な労働ができる。
しかし、「無我夢中で何も覚えていない」という本人の言い分も、周囲から見れば「ボケてる」としか思えない。
気がついたら子供たちが「財産の取り分」で揉めていたというのはなんとも不幸な話だ。
その前に、一度、横になったらどうだろうか。
叶わぬ夢、守ってくれる人がいない、これは不眠につながる。
私は、東大に合格し、東京に出たが、実家に帰った時には熟睡していた。
祖父母の願いをかなえ、親の愛情のもとに、当面の目標もなかったときには、タバコも吸わず、熟睡していたのだ。
これは「禁煙の原点」ではないだろうか?
叶わぬ夢に寝るタイミングに迷い、親の庇護のもとにもいない、眠れぬ夜にタバコを大量に吹かす。
自分なりの「熟睡できた頃の原体験」と、「どんな条件がそろっていたのか?」は当然、研究室でも問題にしなければならない。
叶わぬ夢、守ってくれる人がいないというのは、結論としては「心拍数の問題」とされている。
オリエンタルラジオは「ピコ太郎の登場に眠れない日々が続いた」とされている。
眠れない、タバコを吸う、これも「心拍数の問題」と表現することが可能だ。
「無我夢中で何も覚えていない」
これを、早発性痴呆症と呼ぶのならば、脳のMRIは、心拍数の高い人は「脳がむしろ活発に動いている」ことを示している。
「何も考えない」「くよくよしない」
年寄りは「長生きの秘訣」としてそのように言うしかない。
受験や就職で願いが叶い、親の愛情のもとで熟睡した、この「心拍数の問題」を禁煙に生かさない手はない。
目の下にくまを作っている人は「眠れないから」ではなく「一晩中タバコを吸ったから」そのようになっている。
だったら、眠る前にプリンでも食べてみようか?
叶わぬ夢、そのために引き起こされる混乱はこのように「不眠」「タバコ」に直結する。
でも、「夢」「混乱」をどの医者が相手にするだろうか?
心療内科か精神科だろう。
タバコを吸うことを覚えると同時に「四錠の薬」がおのずと用意される。
それ以外の「遊び気分」のタバコならば議論する必要はない。
落ち着かないでバカバカタバコを吸っている人は「心拍数が高い」のである。
深呼吸させたり、あまいものを与えたり、時には精神安定剤も必要となる。
親がもういない、人生がうまく行かないなど、「誰にでもあること」からそうなっている。
「おいしいものを食べて、お風呂に入ればいやなことすべて忘れられる」そんな境地になることも必要だ。
子供の頃、喘息だった人は、大人になって「太ってタバコを吸う」ようになっている。
喘息で眠れない経験を持っているだろう。
だったら、なぜ、今、静かな夜を楽しまないのだろうか。
いつ寝るかの決断が必要?
それならば、寝る30分前に「ワインドダウン」と呼ばれる入浴をしよう。
一度ワインドダウンをしたらもう何の作業もしない。
それでもよく眠れるようになる。
寝室に入ったら、テレビもラジオもスマートフォンも、ビデオゲームもタブレットもない方がいい。
20分経っても「眠れない」「ダメだな」と思ったら「ウォークマン」「iPod」だけは許可しよう。
睡眠導入剤を飲んだあとの一服がうまいんじゃないか?と思うだろうが、ワインドダウンのあとにそれをやるのならば、夜中の一時頃までは眠れないだろう。
貧乏ゆすりが止まらないという人もいる。
特に、夕方からゴールデンタイムにかけてがひどい。
しかし「ストレッチとマッサージの時だけ止まる」のだ。
だったら、そのような病気ではない人も「ストレッチとマッサージ」をやったらどうだろうか。
子供が夜泣きをすることがある。
体のデカイ先生が怖くて泣いているのだ。
あなたは大人になっても「体のデカイ先生」のおかげで眠れないだろうか?
子供の頃、父親が「相撲」を取ってくれなかったんだろう。
朝8時から9時に、頭がだんだんスッキリしてくるのが分かる。
これは宇宙の神秘と呼ぶしかない。
世界共通の経験なのだ。
この時間にも寝てる?
だったら、理解する必要がある。
日本人全員が「8時から9時の神秘体験」を経験しているのだ。
ハブられたら大変だ。
睡眠が規則正しく取れれば、タバコの本数は減る。
眠りのつき方はすでに述べたが、女の子の中には朝4時から学校や仕事の準備をしている人もいるし、普通は7時頃からだろう。
遅刻しないようにし、鉄道でけっこうな距離を移動し、レクリエーションやスポーツでの競争などをする。
なぜ、子供たちは学校へ行くのか?
それは「睡眠」というものを知ってもらいたいからであり、カッコつけでタバコを吸っても一日三箱というわけではない。
睡眠さえしっかり取れれば、脳幹反射は正常化し、「成績優秀スポーツ万能」などともてはやされる。
学校や仕事に普通に通っているだけでそのようにいわれるのだ。
脳幹反射がうまく機能することはこれほどのメリットがあり、運転がうまくなり、高速道路での致命的な事故もなくなる。
教習所で「運転の適正」を検査するが、このような生活習慣を調べているのだ。
5~15%の人は「夜勤」をやらなければならないが、不規則シフトワークというものは睡眠でのトラブルが多くなる。
不規則シフトワークが「タバコを吸うきっかけ」になる人もいる。
夜勤のある仕事をやっている人はモディオダールのような精神刺激薬を服用する。
割増賃金があってもあんがい割に合わない。
精神科医療の現場では、夜勤の看護師やヘルパーがいるが、当然、「薬の処方」がなされている。
「夜勤明けでつらそうだな」と思ってみていたが、薬は確実にあるのだ。
2~14時間の飛行機での旅は時差ボケというものを引き起こすが、時間がそのままずれるのではなく、4~8時間程度「眠くなる時間がズレる」とされている。
とにかく、到着したら「まぶしい」のである。
このような時も、飛行場でタバコを立て続けに四本吸ったりする。
飛行機に乗るのが仕事という人もいるが、タバコを吸う習慣がついてしまう。
このような「時差ボケ」のストレスをなくすためにはブドウ糖が必要となり、機内で酔っぱらったり、ジュースを飲む必要がある。
なかなか「ノート型パソコンで仕事」というわけにはいかないのだ。
叶わぬ夢、そして混乱が喫煙の原因となるという話しをしたが、タバコとジュースが「知性を跳ね上げる」のは事実なのだ。
「知性を跳ね上げる?」
それが、やがて、叶わぬ夢と混乱につながるのだろう。
しかし、一時的にでもそれが必要な人はいる。
だが、タバコとジュースで知性を跳ね上げたいのであればアクタミンやメタボリンのようなビタミン製剤や、ビタミンB12を飲まなければならない。
「知性ドーピング」というものがもしあるとするのならば、タバコとジュース、そしてこれらの薬であろう。
そうでなければ、いずれ、ひどい腰痛に悩まされることになる。
おしっこが気になって思考力が下がるのがタバコであるが、アクタミンやメタボリン、そしてエスファイトがあれば、一時的には「知性ドーピング」は可能である。
しかし、たとえ司法試験に受かったところで、世の中の現実は「だったら何?」という反応が返ってくるだけなのだ。
叶わぬ夢、そして混乱のある人は、時に「先生」と呼ぶ人が出てきたりして、周囲は「熱病だ」「洗脳されている」と考えてしまう。
そのような時は、看護スタッフを総入れ替えして、窓側に面した病床に入院させるしかない。
とにかく「混乱」しているからだ。
栄養を与えることも必要だ。
栄養を与えてくれる人が「先生」であるとみなされるからだ。
「マインドコントロールの恐怖」という前に、医学的にアプローチしなければならない問題だ。
定年になり仕事をリタイヤした人が、「24時間温泉気分」と言って、一日中お風呂につかることがある。
高校を中退して無職の若者もそのようになることがあるのだ。
そのような男の子・女の子は、「目」にコンプレックスを感じ始め、目の美容整形をするとされている。
なぜなら、「24時間温泉気分」というのは目を腫れぼったくさせるからだ。
夜中に汗だくになっておきたりもするが、どのみち風呂に向かってしまうだろう。
高校中退したものは「芸能人の温床」とされるが、同時に「タバコを吸う」ようになっている。
タバコを吸うと「おしっこが気になって思考力が下がる」と言ったが、車の車内などで「息を止めている」ことからそのようなことになると考えられている。
あるいは試験中にも息を止めているのだろうか。
息を止めているからおしっこが気になるのであって、水分を控えるのは逆効果だ。
むしろ、スポーツドリンクを飲んだほうがおしっこは出ない。
あるいは、車内で「塩飴」を舐めるのも有効であるし、試験中に口に塩飴を含んでいてもバレることはないだろう。
塩飴はおしっこを止めてしまうのだから驚きだ。
普通にスポーツドリンクを飲み、塩飴を舐めているだけで2~4時間はおしっこが止まる。
3時間30分の司法試験の短答式試験で、このことを指摘できない医者がいるのであれば、「アメリカの医学には無知」であると考えたほうがいい。
試験で、呼吸を乱さないことが重要であり、「う~ん、う~ん」ならば分かるが、「ハァハァ」言うのであれば、トイレに立つことは決して禁止ではない。
おしっこのおかげで司法試験に受からないとどうしても考えるのであれば、ピトレシンという薬もある。
高血糖がおしっこを近くさせるのは事実であるが、腎臓が原因であり、スポーツドリンクはまったく問題ない。
トイレが近くなるから水分を控えようという考えは、意識レベルを確実に下げる。
叶わぬ夢、そして混乱が、タバコを吸うことにつながるが、頻尿がそれにともなう以上、頻尿の問題をクリアーしなければならない。
睡眠のとり方や、「朝の感じ方」はすでに述べたとおりであるが、おしっこに関しては「48時間、水道水を飲まない」ということも非常に有害なのだ。
「民族と同じ生き方」をしていれば、腰痛にもならないし、タバコも普通は吸わない。
水道水で沸かしたお茶などを飲む習慣を失ってはならないだろう。
水道水を飲むと「だるい」「口がべたつく」などという人もいるが、本来「タバコとジュース」は「知性ドーピング」であり、水道水を48時間口にしないほうが有害なのだ。
知性ドーピングをやると、高血糖、カリウム過多、カルシウム過多になるが、水道水で沸かしたお茶を飲んで尿意を催す必要がある。
水道水を飲まないから、腎臓病だの糖尿病だの言い出すのだ。
病気だからタバコを吸うという側面を考えると、水道水で沸かしたお茶ぐらい飲んだほうがいいだろう。
「ジュースとタバコ」による「知性ドーピング」をやっている人は、それが日常化するととんでもない「方向音痴」ぶりを発揮したりする。
日本人なのだから、朝8時から9時までの「目が覚めていく瞬間」を民族と共有したり、水道水を飲むぐらいの同調行動はとってもいいのではないだろうか。
叶わぬ夢、そして混乱は、とにかく「譲ることを知らない人」は肋間神経痛になるし、他人の業績すら「私がやった」と言っていると結核になる。
「いつ、誰が、何を、どのように」取ったのかを明確にすることを「政策の合致」と呼ぶが、政党同士が連立を組むときには大量の病人を出すことになりかねない。
タバコは皮膚にも悪影響を与える。
通常の「お肌に悪い」程度では済まないのが「将軍さま」のように「お城に住んで大奥の女をとっかえひっかえして、マスターベーションをしない」ことと、それを踏まえてタバコを吸うことから、体中に水ぶくれがたくさんできるのだ。
人生というのはあんがい平等にできているものだ。
昔の、「お城」というのは、本当に住むのならば、一日か二日で「体がかゆい」と言って逃げ出すだろう。
それほど、「大奥」というのは危険なものだ。
「24時間温泉気分」というのも、目を腫れぼったくさせるだけでなく、タバコを吸うと「耳がかゆくて仕方がない」と言って耳かきばかりするようになる。
タバコを吸うと、とにかく「鉄分が足りない」状態になる。
当然、「偏食」がともなうことは覚悟しなければならない。
自分でメニューを決めるとかなり偏食になるだろう。
このことから、料理を作ってくれる女性がいるスィートホームは必要であるが、なにしろ、女性の中には「喫煙者を憎んでいる」人がいるのだ。
WHOルールにしたがった食事を取らないといけないが、「食い物で冒険してみる」「食わず嫌いをなくす旅に出る」必要性はすでに述べたとおりである。
なお、子供がタバコを吸うと、乳首の下の両脇に赤い斑点が出る。
タバコを吸うなと言うまでもなく、両脇にかゆみが出るため、自然と吸わないものなのだ。
また、禁煙の問題は「ホルモンの問題」というアプローチを取ることも可能性としては考えられる。
男が「ジャスミンティーで私らしく一日を終えたい」という生活を送ることも考えられる。
「そもそも血液検査の結果に問題がある」場合は、ホルモンの問題ととらえることが必要になってくる。
血液検査で問題がなくても、「簡単に禁煙する方法」として念頭においておいたほうがいい。
オリビアを聴きながら 杏里

また、「異性への免疫がない」とタバコというものは「吹かすだけ」ということになる。
「女」というものが分かってくると、ようやく深く吸い込むことになるのだ。
異性への免疫がついたことからタバコを吸っているため、いっそのこと「心理的」性転換してしまえという発想があるのだ。
私も、父親の書斎のタバコの匂いに「文化の香り」を感じていたが、子供にとって「親の匂い」というものは権威であり、受動喫煙すら「親の匂い」として懐いてしまう。
この子供の受動喫煙の禁断症状がマイコプラズマであり、熱は39度を超える。
子供のことを思うとタバコは吸えないし、頭の位置にあるから歩きタバコ禁止というものを越えた理由がある。
マイコプラズマで高熱を出したことのある子供は、そののちの人生できわめて成績優秀となり、わざわざ「一番分厚い参考書」を選んで読むようになる。
マイコプラズマに関してはその因果関係は現在も研究途中である。
しかし、「シャーロックホームズが好き」と思春期に言うような子供はみんなマイコプラズマを経験している。
このことから、親が子供の「マイコプラズマって何?」という研究を始めてしまうとそれはもはや「非人道的医学実験」とされ、731部隊やナチスのたどった道を親が知ることになる。
「ラジオが腰にいい」という研究をしたことがあるが、「タバコが原因」であり、しかも、自分が好きな音楽を公共の電波で放送しているというのは「タバコが原因のすべての病気にいい影響を与える」とされている。
アンディ・フグが、白血病で死の病床にいた時に、仲間がみんなで歌を歌ったとされているが、「タバコが原因」である時にはこのような行為は有効性を見せるだろう。 電話リクエスト(電リク)などというものは、「自分のCDを聞け」というものにとどまらない健康への「いい影響」があるのだ。 タバコが原因のガンのすべてに有効性を見せるとされている。

 

 

 

 

NPOなので寄附は非課税です。
スルガ銀行三浦海岸支店
3550342
オノコウタロウ

 

2019年9月 8日 (日)

東大生の人生。

「イアンビシャス」
イアンビシャスはギリシャのネオプラトニストだ。
プラトンが音楽作品を大量に作っていたが、イアンビシャスは「汝自身を知れ」をモットーにこれを、「公衆送信」「演奏」することにしたのだ。
初めてのロックコンサート モーニング娘。


これは「教会」の起源であったし、「アンビシャス」(野心を持て)という用語も、おのずと、「ショービジネス」「株主総会」の演出家などをすることで、エンターテイメントと関与することを意味するようになっていた。
「汝自身を知れ」「聴衆の心」を表現するのがネオプラトニズムであるとし、それは「女性芸能人と観客の擬似セックス」はなかった。
「可愛いから、美しいから観に行った」というのとは趣が異なり、「自分の心が知りたい」というのが教会であり、永遠の愛を誓う恋人たちにも「個性を見すぎる」「セックスをする」と「愛が長持ちしない」ということを提示した。
インディゴブルーラブ モーニング娘。


ローマ帝国は「ギリシャ哲学」「キリスト教」「ローマ法」の三つの川が流れ込んで成立していたが、「教会」「汝自身を知れ」は今よりももっと人々の心を捕らえようという努力が見られた。
「女にとって彼氏って神さまなんだよね」
酒井法子 涙が止まらない


これがキリスト教の教えであったし、彼氏さえいれば、あとは彼氏を導くだけだった。
「父」は「子」に「聖霊」の教えを授け、家庭内で子に「父としての役割」を求めた。
「彼氏はあなたが俺の子孫を残すのかと思うと緊張したんでしょう?」そんな人生相談に乗って女を泣かせたこともある。
恋じゃなくなる日 Bz


もちろん、ギリシャ哲学は「哲学」である以上、詩や音楽作品になんらかの解説を与えなければならない。
哲学者は「男」であった。
パフォーマンスをするのは女であっても「男の子になりたい」というのが哲学のバックボーンにあり、それは「涼しさ」「気候の安定」をも志向した。
とくに「いじめられている男」(魂・ノンケ)が熱心にコンサートに通った。
「いじめられている男は勉強するからね」
ショービジネスの運営の側も「キュレーター」(評論家)を必要としていた。
音楽作品を作って、アルバムをセールスにかけて、セトリを決め、演奏・公衆送信をする。
最後に手形を落とすことでビジネスは一段落するが、キュレーター(評論家)は「聴衆」の役割であると考えていた。
そのほうが運営も楽だったのだ。
これが有効に機能すれば「災害の起きない国」を作ることは可能であったし、それでも災害が起きるのであれば「祈り」という名の信仰心の責めにすることもできた。
女の子がいると涼しい、それでも「男の子になりたい」というのも涼しかった。
「男手が必要」という稲作地帯では豪雪が冬に降ったが、このあたりも「コントロール可能」なのが哲学の力であった。
大都会でなぜ「灼熱の夏」になるのだろうか?
みんな「女の子が欲しい」と考えており、「野郎」(男)がいるだけで、宗教は「セクト化」をしたのだ。
女の芸能人を抱えている教団はメジャー宗教化をした。
しかし、彼女たちと「話をする力量」が、宗教家には必要であり、「汝自身を知れ」というコンサートの運営だけではなく「キュレーター」(評論家)の仕事もしなければ宗教家とはいえなかった。
田中角栄も「新潟の冬の豪雪」を何とかしたければ「女の子が欲しい」という文化を広めればよかったのだろう。


 

2019年9月 5日 (木)

ブログの情報精度向上にご協力ください。

日本国の法律を「明治維新以来」の見直しをさせていただきました。
また、「神道の魅力」を再定義させていただきました。
日本国の法律の暗さと重厚さも明らかになりましたが、しばらくサンフランシスコの明るい空気に戻ろうかと考えています。
研究するためには資金が必要となります。
是非、ブログの情報精度向上のためにご協力ください。
NPO法人なので寄付は非課税です。
スルガ銀行三浦海岸支店
3550342
オノコウタロウ

 

週刊新潮宛てメール9月4日

こんにちは。
神奈川県に住んでいる小野光太郎です。
このたび、美智子上皇后が「乳がんである」と報じられましたが、乳がんというものは「母親が妊娠中にお酒を飲む」つまり「母親が第一子である」ことが第一条件となります。
その上で、娘は「アルコールシンドローム」と呼ばれる病気に先天的にかかることで「牛乳などのカルシウム大好き」になり巨乳になります。
このような「巨乳の女性のカルシウム不足」が乳がんの原因でありまして、美智子上皇后の貧乳を見ていると「乳がんなんてありえない」「東大のドクターもラジエーションハウスに影響されたのか」と思わざるを得ません。
それほど「像影」というのは「見えない」ものなのです。
美智子上皇后の高齢での手術を断固やってはならない、そのためには医学書から「アルコールシンドローム」という用語を突き止めなければならないということを指摘させていただきます。
なお、人間というものは基本的に「他人を尊敬していない」ものです。
小室圭さんなどという「他人事」が病気になるはずがないということは、人間を見る上で当然の前提にしなければなりません。
以上。

なお、同様の事例として「末期の肝臓がんである」「肝臓移植が必要」といって外国に連れて行って、「もう死ぬ!」と思った時に「カルシウムやアミノ酸の大量投与」を行い、「ドナーが現れたふり」をする医者もいるので、日本国の医学の水準も自ずから明らかである。
「交通事故を起こした時に医者は必要」
それは当然である。
しかし、一生涯「びっこを引いて歩く」ことは交通事故においては覚悟しなければならない。

なお、アルコールシンドロームで検索すると「胎児性アルコール症候群」がヒットする。
背が高い、目が細い、上唇が薄いなどの指摘が可能である。
吉川晃司

私も「背が高い、目が細い、上唇が薄い」という特徴があり、安倍晋三もそうだ。
「巨乳で目がでかい」お姉さんか妹目当てで、そのような男は盛り立てられているのだろうか?

もっとアルコールシンドロームを深めよう。

妊娠中にお母さんが「お酒を一切飲まない」人だったら、娘は「目が細い、貧乳」ということになる。
AKB(貧乳レズビアンの優等生)はこのことから生まれているし、かつては「おニャン子クラブの新田恵利」が「女サークルの優等生」として知られていた。
妊娠中にお母さんがお酒を飲まないことが、AKB、おニャン子の条件だったのだ。
女サークルで「巨乳」というのは「吐き気がする」存在である。
新田恵利 冬のオペラグラス

そもそも、私は、酒井法子さんのお母さんと食事をする機会があり、「どうぞどうぞ」と酒を薦めても飲まなかったのだ。
このあたりに「美容整形」「デジタルイメージ」のどちらかがあるのだろうが、「貧乳、目が大きい」というのはいろんな意味で「ノイズ」が存在する。
酒井法子 夢冒険

子供というのは、幼稚園の時に、鏡を見て「なんというハンサムな男だ、なんて美少女なんでしょう」と考える(ミラーイメージ)ことから「聡明さ」というものは生まれている。
美の公約数的見解は「大きな目、小さな鼻」と言われている。
ミラーイメージがよくないと「てんかん」になるとされている。
しかし、子供の頃、目が大きければいいのかというと、「人間は鈍いほうがいい」という優生学の結論もあり、そのあたりは明らかではない。
目が細かった私は少なくとも「鈍い男」だった。
「点取り虫」と先生に揶揄されたこともある。
うしろゆびさされ組 偏差値BOY

また、人間は「現実逃避している時に目を見開く」とされている。
「恋」という歌詞の時に必ず目を細める松田聖子。
松田聖子 青い珊瑚礁

また、本田圭介や松本人志のような「病気を見つめる目」が知られている。
他人の病気を見つめていると目がぎらついてくる。
松本人志

あるいは、「俺の病気を知ってくれ」という眼差しがいわゆる「ガンを飛ばす」目だとされている。
本田圭介や松本人志は、自分が病気だと思っていないのだろうか。

ヨブは貧困のどん底に落ちたあとに「病人をじっと見つめた」
病人を診ることが富につながったのだ。
映画「鬼火」

また、車を多く所有している人は「犬を見つめる目」をしていると言われる。
湯舟敏郎。

人の死を目の当たりにする職場では、「他人に愛情を持たない」「名前をつけない」必要がある。
つまり「家畜を見る目」になるのがおまわりだ。
警察官

松田聖子は「私」という歌詞で必ず現実逃避をして目を大きく見開いている。
理想の男(ヨハネ)を歌いながら、「私はヨハネとはつりあわない」ということを目で表現し、「ステージの上で勇敢にパフォーマンスをしながら、負けている」のである。
松田聖子 夏の扉

レーマ運動のおさらいをしておこう。

女の子待望論→気温が上がる→台風上陸。
男の子待望論→気温が下がる→台風がそれる。
女の子がモニターに映る→涼しい→台風がそれる。
男がモニターに映る→暑苦しい→台風上陸。
鉄道網が充実している(ステーションカバリッジ)→涼しい→台風がそれる。

松田聖子評論の意味。
基本的に「男の子待望論」「女の子がモニターに映る」という「涼しさ」を志向したものだ。
つまり「台風がそれる」ということを意味する。
また、京浜急行の復旧が終わったことから、これを予報が織り込んでいなかったということも「関東直撃」にどのように影響を与えるかが楽しみである。

「目は口ほどにものを言う」
松田聖子たりとも、脳と直結した目を国民全員とつなげる場合は「嘘はつかない」ということが指摘できる。
「抱いて」「私の奥に芽生えた命」この二つで現実逃避をしている。
また、メイク技術に関しては私は素人であるが、眉毛が濃いことから「セックスから遠ざかっている」ことも分かる。
おそらく「娘のことしか頭にない」のだろう。
松田聖子 抱いて

松田聖子にとって、「理想の男」とはヨハネであり、端的に実在する人物を挙げるならヨハネ・アンダーソン(アドルフ・ヒトラー)である。 海岸沿いに「イタイイタイ病が蔓延している」として、土地建物を買い取り、マンハッタンを作ったヒトラーであったが、時には「政治犯収容所」に送られることもあった。 その人生経験はもはや「イエス・キリスト」であり、新約聖書であった。 「あなた」(ヒトラー)を、「戦争に負けて自殺した人物である」とは考えずに、戦後、オーストラリアに渡ってギリシャを参考に「オセアニア」という島をたくさん作った人物であるとし、現実逃避せずに「あなた」を歌っている、それはキリスト教信仰の原点であった。 あなたに逢いたくて 松田聖子

2019年8月23日 (金)

小野臨調第四次答申。

さて、小野臨調も第四次答申まで話を進めたいと思う。
問題にすべきは、刑法が「犯罪」を規定し、これを「刑事訴訟法」にのっとって裁いているという認識を改めなければならないことである。
刑法とは「理想の男」を語る学問であり、刑事訴訟法は「フェアプレー」を学ぶ学問であるということを理解する必要がある。
「理想の男」(刑法)たちが「フェアプレー」(刑事訴訟法)にしたがって、恋愛ゲームを繰り広げる、これもキャンパスで身につけるものなのだ。
松田聖子 ピンクのモーツァルト

出発点にしなければならないのは、世界を敵に回す貧乏セックスが、最初は、「処女たちに動揺が走るもの」として「セックス」というものが女子高生の間に存在することから犯罪というものにアプローチしなければならないというベーリングの構成要件論を理解することである。
構成要件には自由保障機能(つらい夜を過ごすことを保障する機能)と、秩序維持機能があるとされる。
つらい夜にも強度があるとされ、それは、特定の「ルール違反」であってはならない。
罪といえばきりがないが、とにかく「つらい夜」を女子高生が過ごさなければならない、このことを構成要件は語っている。
女子高生が「つらい夜」を過ごすのならば、主婦層もそれに共感しやすい(違法性推定機能)、あるいは、メディア(裁判所・裁判官)も、「興味ない」というのでは「大人」として暖かく女子高生などの子供たちを見守ることにならないことから責任推定機能もあるとされる。
挙動犯(恋の過激派)というのが知られているが、これはマルクス主義やイスラム原理主義などで知られており、処女=不動産という概念が確立している場合、恋の過激派はとんでもない対立を主婦層のみならず、メディアにまで引き起こすことになる。
うしろゆびさされ組 セキララ

また、客観面(男面)としては、セックスというものが射精で終わることから、男が「セックスの中心的役割を演じる」という積極面と、あとは「女嫌い」な男にも
女の子は「神への失望」を味わうことから、女嫌いという消極面も構成要件に含めていかなければならない。
また、セックスした結果、女の子に急に冷たくなると言う結果的加重犯の存在も理解しなければならない。
また、具体的危険犯(従姉妹的危険犯)のみならず、抽象的危険犯(クラスメート的危険犯)のように、東大文一に合格したなどの「クラスメートの女子全員に快楽を与える」というものも、他の男子から見れば「犯罪」とされている。
ribbon bad boy friend

また、主観面(女面)としては、故意(言葉がついていかなくてスローモーションになる)、あるいは、過失(先生の教え方が悪い)、あるいは、目的(みんなが快適な環境を指導者が作ってくれなかった)などの存在が、高校には存在する。
中森明菜 スローモーション

女から見て「スローモーションになった」ということを「認容」すれば、恋は成立し、過失(先生の教え方が悪い)という側面は、法律(男らしさのルール)に特別の規定がある場合にのみ、例外的に罰せられるに過ぎない。
先生の教え方がよっぽど優秀な場合は、言葉がついていかないという恋はなかなか成立しないであろうが、法律の精神から、故意犯(スローモーション)の規定においても先生の教え方が悪いという過失犯も含むことを示唆している。
みんなが楽しく学園生活を営むための学校側の力量を目的犯と呼ぶが、窃盗・詐欺・横領などのように「お父さんを排除して女の子をモノにする」不法領得の意思も目的犯の目的に含まれている。
お父さん以外の男の子に裸を見せることを「セカンドラブ」とも呼ぶ。
中森明菜 セカンドラブ

重要なのは、行為の主体が自然人(勉強人)であり、性欲があることを意味するが、法人(ノンケ人)には、犯罪能力がないとされていることである。
つまり、ノーマルセックスができる男であるのならば、そもそも、処女たちも動揺することは少ないとされた。
しかし、代罰規定として、学校側が「どんな教育してるんだよ?」と非難されることはある。
あくまでも、責任(裁判所・メディア・大人)の立場から、不動産(処女)を管理するものとして、犯罪(貧乏セックス)と向き合わなければならない。
現在は、代罰規定は、過失(教え方が悪い)場合に責任が転嫁されると解釈されている。
また、身分として「高度な知識を持つ精神科医」などが想定され、公務員は皆そうであろうと考えられている。
女子中学生・高校生の「動揺」に興味のない大人であるのならばそもそも「身分」がないと考えられ、特に、構成要件(女子高生に動揺の走るセックス)を想定するのならば、「実行行為」という概念を作ることも可能である。
瀬能あづさ 永遠に友達

過失犯(先生の教え方が悪い)という女の子の言い訳は、きわめて定型性が緩い。
女子高生に「アメリカの恋愛論」「ドイツの恋愛論」を教える「先生」はほとんどおらず、「先生の注意義務違反」と大雑把に説明するしかない。
おニャン子クラブ およしになってねティーチャー

また、間接正犯としては、他の男を好きだと言う「男の当て馬」理論のことを指しており、それも少女マンガなどでは広く浸透しているところである。
新田恵利 13回目の季節

構成要件的故意(女子高生のスローモーション)が、違法故意(主婦層のスローモーション)や、責任故意(メディアのスローモーション)よりも、言葉が足りない分、リアリティを持って伝えることが可能であることから、現在は構成要件的故意が認められている。
それも、あくまでもエンターテイメントからの観点ではある。
また、恋してセックスしたとたん彼氏が冷たくなるという結果的加重犯の存在も、「冷たくなるという重い結果については教え方が悪い」という過失を含むとしたのが現在の通説である。
冷たくしないで Eriko with crunch

故意(言葉が足りないためにスローモーションになる)というのも、認容説(負けた気がした)というのが通説として形成されている。
Melody いちばん好きと言って

錯誤というのは「みっともない身なりをする」という意味であるが、あくびをしたぐらいで処女に振られると考える構成要件的錯誤と、人の家にお邪魔して箸の上げ下ろしもできなくなる違法性の錯誤などが存在する。
結婚する上でみっともないという事実の錯誤は、従来、構成要件的錯誤に、ヘンタイプレイをする男だという法律上の錯誤は、違法性の錯誤に含まれてきた。
また、従姉妹に対してみっともない具体的錯誤は人生に余裕がないとも考えられ、クラスメートに対してみっともないという抽象的錯誤とは区別されてきた。
渡辺満里奈 裸のクレヨン

錯誤に関しては、具体的符号(理想と現実のギャップに従姉妹が気がつくこと)と、抽象的符号(ギャップにクラスメートが気がつくこと)の存在が指摘できる。
西野カナ ダーリン

因果関係とは「悔いを残す」という意味であるが、女子高生とセックスして、女子高生が不動産抵当権を失っても「悔いがない」というのならば、貧乏セックスではないことを意味し、行為は未遂に終わる。
おニャン子クラブ 愛の倫理社会

恋というものが、女の子にとっては「男に仲間が多い、なにかやってくれそう」ということから引き起こされるものであることから、当然、詐欺取財罪、恐喝取財罪などのように、男が「仲間が多いふり」「なにかやりそうなふり」をして貧乏セックス(犯罪)を犯す可能性はある。
しかし、女の子の胸を痛めさせて、セックスに至る(傷害致死罪)場合も、悔いが残らない(因果関係がない)場合は、基本的犯罪である傷害罪と重い犯罪的結果である男の政治生命の死の間に因果関係がないため傷害罪が認められるに過ぎない。
rebecca プライベートヒロイン

 

因果関係に関しては「その前者がなければ、後者も存在しなかった」というような条件関係が存在する限り因果関係を認めようという条件説が存在する。
「しもた~、しもた~」「ちくしょう」などがあれば因果関係があるとするのは当然であろうが、人間は決してひとりで活動しているわけではない。
他者から自分というものを教えてもらっている以上、条件説のみから刑法上の因果関係(悔いが残る)ことを評価できるわけではない。
なにが「仲間が多い、なにかやってくれそう」という女の子の発想につながったのかを明らかにする原因説というものもあり、女の子なりに「なぜ彼のことが好きになったの?」と聞いて見る立場もある。
「嘘のない人だった」などという証言もあるが、他の女にまでアピールするという共犯ともつながる発想であるとされた。
相当因果関係説が妥当であろうと考えられているが、独身者としてはそのような男に恋をするのは相当(普通)だろうと考えられる場合に傷害致死罪を認めるような悔いが残る(因果関係が認められる)とされた。
不動産=処女という巨大な富を失うことに悔い(因果関係)が残らないと言えば嘘になる。因果関係がないというほど素晴らしいことはない。
女は一時間程度の都合しか考えていないと言う主観説や、メディアが後見的にあんな男ということを考えてくれる客観説、さらに、一般人(独身者)ならば分かるだろう、あるいは、セックスする時はみんな本気であるということを考慮する折衷説がある。
また、セックスしたという広義の相当性と、その影響力(狭義の相当性)を区別する客観的帰属論もある。
rebecca trouble of love

大審院の時代は「しもた~、しもた~」「ちくしょう」という悔いの残り方(条件説)を因果関係として認めてきた。
しかし、近時の最高裁は、一般人(独身者)ならば分かる、あるいは、セックスしている時はみな本気であるという相当因果関係説を採用したとされている。
ribbon 愛してジャスティス

あるいは、不作為(女嫌い)を明らかにしたところ、男に悔いが残るという不作為の因果関係も認められる。
因果関係(悔いが残る)のない生活というのは素晴らしいものだ。
しかし、誰もがキャリアの最初は因果関係とともに生きている。
女に恵まれ、悔いの残らない生活というのは浄土宗の女子会にも似た境地であろうが、なかなかその域には達しない現状がある。
CoCo ミスロンリー

未遂とは「お触り」(着手)があったにもかかわらず、これを遂げなかった、つまりは「多神教」の世界の話しをいうのであり、広い意味では「自己の意思により中止した」という中止犯を含むが、とにかく、「女神さまの多神教」を認めるものである。
中世イタリア法学に「女神の多神教」はその起源があり、カロリーナ刑事法典により既遂よりも軽く罰することが定められた。
1810年のフランス刑法典や1871年のドイツ刑法典からわが国は学んでいる。
男の立場からは「勃たないのならばお触りぐらいはいいだろう」と主張されたが、女の立場からは「危険刑法」と呼ばれ、お触りする男は「相手を選びたい」と考えられるようになった。
多くの女たちの中から「選ばれて」お触りされているという現状があり、それでも「ゆるせない」という議論があることから一気に未遂の世界は深まった。
ribbon ゆるせない

女嫌いのような不作為犯にも、未遂は認められる。
むしろ、選り好みの激しい男であることから、不真正不作為犯には当然認められるが、「やめてよ」と言われた後の真正不作為犯にも時間の間隔はあるが認められる。
中止犯というのは「自分の意思でやめた」というところから、イケメンに対してはリストは「引き返すための黄金の橋」と呼んだが、全員がイケメンというわけではない。
主婦層の顰蹙を買わないため(違法性減少)あるいは「一線は越えていない」とメディアに主張する責任減少などの法律説(ノンケ説)がある。
こんなに綺麗な人なのになんでかな?という説もあれば、後悔を求める説もある。
あるいは「たとえできたとしても、成し遂げることを欲しない」ことを中止犯とし、「たとえ欲しても、成し遂げることができない」ことを未遂とするフランクの公式もある。
いずれにせよ、中止犯は必要的減免事由となるのであり、未遂犯のように「形を減軽することができる」ものとは異なる。
米光美保 YADA

「自らの意思により」というのは主観面(女面)の考え方であるが、「勃ったものは止まらない」と考える男の真摯な姿勢が求められ、中止行為さえあれば中止犯の成立を認めるしかないという説もあるが、女神多神教の世界においては「この女」と選んだのならば未遂は認められない。

不能犯というものは「勃たない」ものであり、不可罰であるが、絶対的不能と、「この女なら勃たない」という相対的不能があり、相対的不能は未遂となる。
しかし、主観説(女説)の側からは「勃たないなんてやってみなければ分からない」とされ、お触りした以上、未遂犯であるとされた。
クラスメートのように毎日顔を合わせる存在であるか(抽象的危険説)、従姉妹のように季節ごとにしか顔を合わせない存在であるか(具体的危険説)の違いがあるが、従姉妹あたりが無難だろうとされている。
あるいは、客観的危険説のように「口説くのが好きならば当然、勃つだろう」と考える説も有力化している。

 

共犯論についてはすでにまとめてあります

この議論は後にもっと詰めて行きたいと思います。

これさえ分かれば、あとは「違法性」(主婦層の支持)、「責任」(メディアの支持)の研究に入ります。

混合惹起説(教祖と信者の責任)。

修正惹起説(生徒の責任)。

純粋惹起説(社長の責任)。

いじめられた男女は孤立し、出逢い、狭い世界に落ちていく(貧乏セックス=犯罪)。
小林明子 恋に落ちて

しかし、「赤いカマロ」と「メルセデス」の男女であるのならば、政治的には貧乏ではなく恋に落ちても「正当防衛」とされる余地がある。
中山美穂 Bad girl

正当防衛とは「急迫不正の侵害に対して」なされるものであるし、「書かれた法ではなく、生まれた法である」(キケロ)、「正当防衛には、何らの歴史もないし、また、ありえない」(ガイプ)などと言われる。
また、自分から挑発することはなかなか想定しがたいが、自招の侵害というものも議論されている。
女の側の「子供を産みたい」という意思(防衛の意思)を必要とするのが判例である。
それはやりすぎだぞという過剰防衛は存在するが、違法性は阻却されないものの、減少することはある。
主婦層の理解が必要なのが「子供を産みたい」という女の考えだった。
また、メルセデスが「レンタカーだった」などのように、金持ちのダウンタウンボーイが、実は貧しかったなどの場合は誤想防衛として違法性は阻却されないが、「女への教え方が悪い」という過失犯の問題にはなる。
また、貧乏男に「それはやりすぎだぞ」という防衛行為を行う、誤想過剰防衛というものも考えられるが、故意犯(スローモーション)の問題として扱おうという考えもあるが、メディアの素材として責任を問うのであれば刑の減免はなしうると考えられる。

責任がなければ刑罰はないといわれるように、メディアで視聴者の判断がなければ刑罰に服させることはできない。
道義的責任論のように、音楽作品に昇華する非決定論(最後の審判は変えられる)という立場に立つものがあり、また、人格責任論のように「勃つこと」を視聴者の条件とするものがある。
また、規範的責任論のように「いい男」とセックスする可能性(期待可能性)を求める立場が主流だ。

DVは女のノイローゼが原因である。
セックスのしすぎだろう。
高橋由美子 ぼくをぶたないで

主婦層にウケるぞ?という違法性の意識がなければならないとする立場もある(厳格故意説)が、その可能性があればいいとする制限故意説もある。
ウケるかと思ったらウケなかったという違法性の錯誤も犯罪(貧乏セックス)を語る上で、議論しなければならない。
違法性の意識(主婦層にウケるぞ?)というものと、思い切りスベった(違法性の錯誤)は、表と裏の関係にあり、貧乏セックス(犯罪)を語る上で、この二つを「主婦層の故意(恋)」とは別の議論であるとする責任説も有力化している。
メディアでウケるかウケないかという議論を「恋」と直結する従来の議論に対して、「芸能人の力量」を個別に議論しようとするのが責任説である。
道義的責任論に対しては「運命は変えられない」という決定論の立場から社会的責任論というものが存在する。
家柄を論じるグラムシや、ゲイカルチャーを柱とするスターリニズムがこれにのっとっている。
また、「勃てばいい」という人格責任論に対しては、ゲイであるという行為責任論や、家柄がいいと自慢する性格責任論があり、人々に憎まれてきた。
また、「いい男だね」という規範的責任論に対しては、人々の心の探求に熱中した心理的責任論があり、19~20世紀には人々が「悟り」に熱中したのだ。
責任論とは、みんな「つけっぱなしのテレビ」を淡々と見ていることから、犯罪論の中においては割と簡単に議論は終わっている。
安倍なつみ ひとりぼっち

「罪数」
成立した貧乏セックス(犯罪)については、その数が問題とされなければならない。
犯罪(貧乏セックス)の個数は、刑罰を適用する上でも、また、刑事訴訟手続き(プロ野球)を進める上に、重要な意味を持つのである。
基本的に、構成要件基準説に立ち、処女たちの動揺の回数で罪数を決しようという立場が通説である。
おニャン子クラブ お先に失礼

判例は、一個の行為(貧乏セックス)によって同時に数人を殺そう(政治生命を奪おう)とした場合、および、一個の過失行為(先生の教え方の悪い貧乏セックス)によって、数人を死亡(政治生命を終わらせた)させた場合について、それぞれ殺人未遂罪(女なら他にもいる)と、過失致死罪(教え方が悪い)の観念的競合を認めている。
SPEED Deep blue & Truth

また、一個の行為(貧乏セックス)が、外見上、数個の構成要件(処女たちの動揺)にあたるように見えるが、実は一個の構成要件(処女たちの動揺)が適用され、他は、当然に排除される法条競合というものもある。
一般人より芸能人優先という特別関係や、胸よりキスという補充関係、明菜より聖子という吸収関係、などがある。
観念的競合の場合は「その最も重い刑で処罰する」とされており、処罰とは「異性を遠ざける」という意味であり、刑務所でも精神病院でも、あるいは社会内においても「異性を遠ざける」ことは可能であろう。
渡辺美奈代 Too adult

牽連犯とは、犯罪(貧乏セックス)の手段もしくは結果である行為が他の罪名に触れる時をいう。
つまりは、貧乏セックスをしたとたん男が急に冷たくなることを意味するが、男の立場から客観説(男説)として、行為(貧乏セックス)とは普通に用いられるものである
と考える立場と、女の側から主観説(女説)つまり「騙された」という感情を持ち込むものの二つの立場がある。
冷たくしないで

併合罪とは、確定裁判をうけていない二個以上の罪をいう。
確定裁判を受けていないと「異性から遠ざけてやれ」という刑罰をともなわない。
ひとつの罪に対して死刑に処す時は他の刑を科さない、無期の懲役・禁錮の場合も他の刑を科さない、これは刑罰が「異性を遠ざけるもの」であることからくるものだ。
また、重い罪の有期懲役・禁錮に二分の一を加えたものを長期とするなどが定められている。
完全無欠のロックンローラー

刑法各論においては「構成要件」(処女に嫌われる行為・貧乏セックス)の解釈が主要なテーマとなる。
貧乏セックス(行為)の主体(女)、客体(男)、他のセックスとの比較、その他の事情などの男的(客観的)要素から、故意(スローモーション)、過失(教え方が悪い)、目的(みんなが気持ちいい)その他の女的(主観的)要素とともに、未遂犯(他にも女はいる)、共犯(男女の群れを抱えた集団)、また罪数などが考察されなければならない。
刑法各論の体系は完全無欠なものとすることはできない。
保護法益(マスターベーションできるだけの魅力)を守ることを中心にしながら、義務違反(浮気)や、刑事学的立場(理想の男を描くこと)から、犯罪(貧乏セックス)の社会的機能を直視し、社会のどのように情報が伝わっていくかを抽象的(クラスメート的)にしかうかがいえない犯罪概念を具体的(従姉妹的)なものにしていく必要がある。
クラスメートの女よりも従姉妹の方が安く上がる。
わが国は、国家的法益(芸能人でのマスターベーション)、社会的法益(それなりの有名人でのマスターベーション)、そして、個人的法益(その世界に溶け込むためのマスターベーション)の三分説に立っている。

人の始期は、出生である。
正体を完全に表さないと恋ができないという全部露出説が、民法の立場だが、刑法の場合は「コイツやばいな」と思った段階(一部露出)で政治生命を刈り取ることがあるため、一部露出説が出生だと考えられている。
うしろ髪ひかれ隊 あなたを知りたい

人の死期は死亡である。
もっとも、死亡といっても「政治生命の死」を意味するため、脈搏終止説や、呼吸終止説、さらには、瞳孔反応の消失(三徴候)まで見ようとする総合判断説がある。
「脈がない」と見たらその男は死んだと考えていた時代もあったが、現在では総合判断説にしたがっている。
政治的死と人体の死を限りなく同視しようという立場は、最終的には脳死説に向かうことになるが、池田大作のように、脳死になっても伝説化する場合があるため総合判断するしかないとされているのだ。

「人を殺した者、死刑または無期もしくは五年以上の懲役」「未遂を罰する」

客体(男)は、行為者(セックスした男)以外の、自然人(勉強人)を指す。
女はパートナーがいても知恵や知識を得るために異なる男の声を聞きたがる。
このことから、「貧乏セックス」から、自然人(勉強人)が政治生命を失うことがある。
生きているからこそ、他の女がマスターベーションできるのであって、将来成長の可能性のない嬰児や、老衰した高齢者、奇形児、死刑の宣告を受けたもの、民法上の失踪宣告を受けたものも、本罪の「男」となりうる。
真夏のフェミニスト ribbon

死んだ(男が失恋した)場合は、ビックルやヨービックなどの「オリゴ糖」を飲むしかない。
女の「故意」(恋)も、今彼が勉強していること(自然人)であろうことを認識し、強度な失恋を味わうであろうことを予見しながら、あえて貧乏セックス(行為)にでる場合に認められる。

「殺人罪を犯す目的で、その予備をした者、二年以下の懲役。ただし、情状により
その刑を免除することができる」

男の政治生命を奪うために、そのパートナーではなく、彼女の「ライバル女」と貧乏セックスしたものは、ライバルであるがために、政治生命を狙われた男が彼女を寝取られる可能性があるため、予備行為としてのライバル女との貧乏セックスを罰することとしたのだ。
もっとも、予備行為のあとに、進んで実行に着手することを中止した場合は、43条但し書きの中止犯の規定を準用すべきではないとしている。
ライバル女との貧乏セックスだけで思いとどまり、狙った男の彼女にまでそれが及ばなかった場合は、準用しなければ「犯人を利するだけ」という議論もあるが、それでいいだろう。
また、共同正犯というものも「セックスの時は女はいつも本気」という見地から、ライバル女の考えに配慮し、認めるべきではない。
なお、「罰する」というのは「異性を遠ざける」という意味であり、かりに「3年以上の懲役」を下されると、キャンパスライフは女日照りになってしまい、目も当てられないことになる。
「モーゼは40日間水を断った」(女を断った)と言われるように、キャンパスで「女に縁のない」男は確実にいるのだ。
そのあたりは「ルパンがクラリスのハートを盗んだ」という窃盗罪から波及した強盗罪の議論かもしれないが考えなければならない問題であろう。
ribbon 愛してジャスティス

 

【休憩】強姦殺人は強盗殺人に比べてなぜ「類型的」でないのか?

男は「他の男に知性で負ける」ことを「死」と判断している。
妻や恋人が「心を暴力的に奪われる」強盗殺人は男にとって類型的であっても、妻や恋人が強姦されたからといって「知恵や知識で他の男に負けた」とは必ずしも言い切れない。
当然、結果的加重犯ではあるが、これは「モノにしたとたん男が急に冷たくなる」という意味であり、妻や恋人が他の男に「モノ」にされたからといって、心を強奪されるよりも強姦されるほうがまだ今彼は「冷たくはならない」ものなのだ。
このあたりの嗅覚を知って欲しい。

「人の身体を傷害したもの、15年以下の懲役または50万円以下の罰金」

傷害の意義をめぐっては、人の生理的機能に障害を与えることとする見解、人の身体の完全性を害することと見る見解、人の生理的機能に障害を与えることおよび身体の外貌に重要な変化を与えることとする見解が分かれているが、最初の立場に判例は立っている。
客体(男)が人であるとされているが、女の「通常痛みを感じない側面」のことを意味しているものと思われる。
渡辺美奈代 ちょっとフォーリンラブ

行為(貧乏セックス)が傷害であることを踏まえると、通常の「パートナーとセックスする」ことも罪であると考えられ、他の異性から遠ざけられることを意味する。
なお、身体の外貌に重要な変化を与えることとする見解は「女が髪を切った」という問題をどのように扱うかという議論である。
松田聖子 夏の扉

恋とは「男の子が仲間が多い、何かやってくれそう」という時に芽生える感情である。
瀬能あづさ 秋

では、女の子の胸を痛めつけてセックスをする傷害罪が、故意犯か暴行罪の結果的加重犯かは議論の余地がある。
暴行とは「仲間が多いふり、何かやってくれそうなふり」をすることであるのは疑う余地はない。
従来の通説は、傷害罪(女の子の胸を痛めつけてセックスをする)は暴行罪の結果的加重犯(セックスしたとたん男が冷たくなる)と考えていた。
しかし、傷害罪は「故意犯」であるとする見解、つまり「男が急に冷たくなる」ということを想定しない立場と、故意犯と結果的加重犯の両方の場合があるとする立場がある。
暴行罪が「暴行を加えたものが人を傷害するに至らなかった時には」としていることが、結果的加重犯とする根拠とされる。
しかし、果たしてそれで男が急に冷たくなるかは明らかではない。
また、過失傷害罪(へたくそな貧乏セックス)の法定刑は暴行罪よりも軽いとしているが、へたくそな女へのアプローチが「仲間の多いふり、何かやってっくれそう」という暴行よりも刑が軽い(女日照りの期間が短い)というのも刑の均衡を失するわけではない。
「人の身体を傷害した者は」とあることから、故意犯であることは疑う余地がないが、例外的に結果的加重犯の場合もあるとされ、傷害の故意(恋)が必要であることを前提としつつ、「仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり」という暴行の故意(恋)だけで足りると解されるものと思われる。
Melody 運命95

一方、傷害(女の子の胸を痛めつけてセックスする行為)が、金持ち・モテる男によってなされた「それはもはや貧乏セックスではない」とされる場合は正当防衛・緊急避難として違法性を阻却する。
河合その子 パラディラタンの夜

また、治療行為(お医者さまに恋をしてしまいセックスしてしまった)あるいは、懲戒権の行使(パパが好きになってしまいセックスしてしまった)、労働争議権の行使(労使で争っているうちに労働者同士がセックスしてしまった)などは、「中華帝国」「儒学」にまでさかのぼった国家社会的倫理規範にしたがわなければならない。
被害者に承諾があったとしても、急に冷たくなるのならば刺青を女にいれされるのは違法であろう。

「身体を傷害し、よって人を死亡させたもの、三年以上の有期懲役」

傷害(女の子の胸を痛めつけてセックスした)ものが、本当に、セックスに飽きて冷たくなり、女の子が屍になったら、結果的加重犯として本罪にあたる。
因果関係(後悔)が求められるし、男の側にも「予見が欠いている」必要がある。
この議論そのものに過失(教え方が悪い)は必要ないとするのが判例であるが、責任主義(メディア崇拝)の立場からは過失を要求すべきであろう。
メディア論としてこの議論は浸透させなければならないとする立場だ。
rebecca trouble of love

【休憩】この議論じゃ、「犯罪」を裁けないじゃないか?と思ってはならない。
刑事訴訟法においては「動機」まで要証事実とされている。
つまり、ドイツの刑法は「セックス崇拝」「キリスト教」の立場から、動機にまで立ち入って「犯罪」を裁いているのだ。
また、クリミナルロー(アメリカの刑法)を研究してみると、やたら「D」(出産)という文字が出てくる。
つまりは、「アメリカプロテスタントの少子化対策」「ドイツも同様」というのが「刑法」であることを知るのだ。

「暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったとき、二年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料」

行為が「仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり」をするというのが暴行であるが、そもそも、行為とは「貧乏セックス」のことを言うのであり、女の子の気を引くだけであれば「行為」とは言えないわけである。
「仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり」は最広義においては騒乱罪、多衆不解散罪の暴行を意味し、内乱罪もほぼ同様に解されている。
ribbon 続ハーレムナイト

広義の暴行は、「覆面うぜー」と私服警察官に向かって叫ぶなど、公務執行妨害が挙げられる。
狭義の暴行が、プライベートで「仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり」をして女の子の気を引くことをいうが、最狭義においては、テレビに出る、東大に合格するなど女の子の反抗を抑圧するに足りる程度の不法な有形力の行使を意味するとされ、強盗罪などが挙げられる。
とにかく、私が「仲村トオル」として芸能界に知られるようになったあとに、東大文一に合格したら、周囲の男たちは「犯罪的考え」と発言している。
仲間の多いふり、何かやってくれそうなふりといっても、相撲、柔道、ボクシング、レスリングなども通常違法性を阻却する(正当業務行為)。
他人の住居に侵入(おじゃま)して暴行(仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり)したときは「どっちらけ」になることから、セックスしたとたん急に冷たくなるという発想を応用して牽連犯とする。

「凶器準備集合罪」

男のおちんちんのような性質上の凶器、女の局部のような用法上の凶器に区別されるが、女の子の主観面は二人以上のものが「いいことしよう」と考えて集合していることを「表象・認容」するとともに、自らもそれに参加しなければならない。
Bigbang Haru haru

「過失傷害の罪」

彼女への注意義務違反であるということをまず、指摘しなければならない。
「仲間の多いふり、何かやってくれそうなふり」という暴行とは異なり、そもそも彼女がいるのであれば「彼氏を奪ってやろう」という女は確実にいる。
これが「過失傷害」のツボである。
杏里 悲しみが止まらない

一回の貧乏セックス(行為)で、複数の人を死傷させた時は観念(男の知恵)的競合とされる。
三浦理恵子 Jokeにもならない恋

他にも、略取誘拐の罪などを考察する上でも、女の側が「私をさらって欲しい」と中森明菜のセカンドラブが歌っている。
このような恋愛論や歌詞と犯罪(貧乏セックス)や構成要件(処女に嫌われること)に敏感になる必要がある。
中森明菜 セカンドラブ

刑法各論や債権法は改めて語る機会があると思う。

2019年8月20日 (火)

神道指令2019令和。

上皇(明仁)、上皇后(美智子)が死んでも、喪に服してはならない。
国家に与えた影響はきわめて有害な人物であり、ほんの「1時間程度の思いつき」で行動する、「庶民」であるどころか「生活保護を受けた貧乏人」であるのが実態であり、何度も後継者である私の命を脅かしてきた。
人は「喪に服す時期が長ければ長いほど伝説になる」ということを踏まえると、明仁と美智子のために喪に服してはならない。

 
ほんの15年前までは、神道は「胡散臭い宗教」だった。
私が、インターネット上で「負け知らず」になったのも15年ぐらい前だろうか。
神社が「パワースポット」と呼ばれるようになったのは人格的統治者としての私がいなければ成り立たないことでもあった。
「天皇を敬え、政府にしたがえ」という神道が「胡散臭い」時代というのは過去に確実に存在したのだ。
私がすべてを書き換えるまでは。
祖先崇拝(おばあちゃん崇拝)をしていればガンにならないのが人間であるが、明仁も美智子もガンになっている。
万世一系のイデオロギーにとって致命的な情報が「ガンになった」ということである。
ガンの患者は「組織のガン」でもありうる。
毛並みの良さの唯一のメリットは「ガンにならない」ということである。
グラムシによると「血筋家柄を自慢する者も組織にとって有害である」とされているが、その理由は「オカマである」というあたりにあるのだろう。
ケツの穴が気になって勉強が手につかなかったものが「血筋家柄」を自慢するのだ。
この国は学歴社会である。
東大法学部の私に対して「胡散臭い神道」でごまかしてきたのが天皇家の歴史であり、「より世俗的に、より人気のある」神道を構築したのが私である。
医学部・文学部・経済学部・法学部にまで通用する神道を構築させていただいた。
東京大学にも支持の輪が広がり、國學院や皇學館の「就職先」に過ぎなかった神社に命を吹き込んだのだ。
その私の「命」を、何度も家庭内で脅かしてきたのが明仁と美智子であり、彼らが死んでも喪に服してはならない。

「中国の意図」
中国は2020年代後半には東アジア地域、日本からインドネシアまでの主人となると思われる。
韓国は、昨年まで66%の人たちが「中国の経済発展に好意的」であったが、今年は36%となっている。
アメリカ陣営の団結は、とにかく「かつてのソビエト陣営よりも強くはない」とされ、韓国が「中国が嫌いだ」と言ってみても、日本と韓国の「対立を煽るのは簡単」と中国は考えている。
しかも、かつてのソビエト連邦ほど、「共産主義というものは秘密ではない」とされ、「高校時代の恋ならば誰でもするじゃない?」という発想が広まっているのだ。
世界との意思疎通が取れるようになっており、それでも中国は「共産党一党独裁」の国なのだ。
この中国が「アメリカとの冷戦時代を計画している」ということが明らかになったのだ。
そこにはもはや、安倍晋三など「ニホンのレイワ皇帝を潰す刺客」でしかなかった。
令和天皇が安倍に潰されれば、間違いなく、2020年代後半には中国は日本の主人となる。
日本国の法律の近代化はすでに現代化の域に達しており、ジャパンアズナンバーワンはアメリカも望まなくなっていた。
発展途上国の近代化を進めるのは中国であるという、「冷戦計画」が存在することにも、安倍内閣は「韓国との喧嘩のタコ踊り」をやり始めたのだ。
この時点でアメリカ合衆国は、安倍と令和を共倒れさせて次のゲームに行こうと考え始めたのだ。
この情報を握ったのは令和天皇だった。
安倍内閣が倒れると、芸能界に衝撃が走る。
そのような行政法を構築した令和天皇にアメリカや中国が衝撃を受けた。
しかし、安倍晋三首相は「令和憎し」という行動原理を取り始めて、霞ヶ関を呆然とさせた。
総務省ももはや安倍政権を守ろうなどとは考えていない。
法務省も「日本の法律を見直すには、絶好の機会」と考えているようだ。
財務省は安倍カラーに染まっていない。
令和天皇は文部科学省とは蜜月だ。
外務省はそのことを見越して、「安倍対韓国のタコ踊り」を毎日演出して、退陣への道を用意し始めた。
これはアメリカ合衆国や中華人民共和国の安倍内閣および首相官邸への警告でもある。

 

「令和天皇を讃えるアメリカ合衆国」
ベネズエラからタイ、ブルンディ、ハンガリーにかけて、民主主義は撤退しつつある。
令和天皇が「フロイトを信じ、マルクスを信じ」世界に発信した情報はたちまち世界を席巻した。
トランプ大統領も、イタリアの首相も、ブラジルの大統領もそれを真似したのだ。
ハンガリー、トルコ、ベネズエラでは、女たちの支持を受けた指導者が次に歩む道は、中央省庁の仕事まで自分に集めようとする「反エリート主義」であった。
東大法学部出身の令和天皇も、その歩んだ道は「反エリート」にしか見えなかった。
しかし、国内の景気や外交の危機も「お前それでも人気者か?」という批判を浴びた。
トルコのエルドアンは2003年に首相になっている。
1960年から1997年まで民主主義を停止していたトルコにとっては人気のある人物だった。
しかし、エルドアンが政権を握ってから待っていたのは、裁判官・官僚・先生などの公職追放だった。
令和天皇は決して口には出さなかったが、裁判官・官僚・先生批判をしたものと受け止められ、「それは公職追放なのではないか?」と言われた。
2018年に、トルコで景気が後退し始めた。
トルコの「遠き落日」まで15年かかった。
学歴と所得が一致しなくなると独裁は終わるとされている。
ロシアのプーチンも、ハンガリーのオルバンも、インドのモディも「5年が自分の限界」と理解している。
また、世界経済そのものが減速することがあることを独裁者は知らない。
この時に、独裁者は、メディア攻撃を始め、選挙制度を変え、敵を牢屋に送り、投票操作をするのだ。
マキャベリは「王子のおかげで女に振られたことを男たちは一生忘れない」としており、アメリカ合衆国も、中華人民共和国も、令和天皇を「もはや独裁者の一人」と認識し始めた。
まだ、メディア攻撃も選挙への介入も行っていない「いい友人、真面目な友人」であるが、世界の指導者の「5年限界説」を知ってもらいたいし、トルコでも「15年で病気が見え始めた」ことを知ってもらいたい。
執行部はまだ発足して四ヶ月であるが、このこととどう向き合うつもりなのかを知ってもらいたい。
令和天皇へ、世界から愛をこめて。

中国のガンホー(追いつけ追い越せ)というのは毛沢東の時代からの悲願であったが、かつて、ジョージ・W・ブッシュが「もし、中国がインターネットを持っていたら」という「たられば」のたとえを行い、アメリカの優越を誇ったものの、現在では、2049年ごろには「追い越せ」という状態になるのかなと考えられている。
しかし、十年ほど前に予測した2019年は、すでに「2040年となってしまったではないか」と言われ、それは日本の令和天皇の「台風撃退法」「プロ野球チーム必勝法」などのユニークな4G(ペンタゴンシークレットシステム)の活用が背景にある。
中国の5Gなど要らないのではないか?という発想を次々に令和天皇は考え出したが、中国は「矛盾と実践」(毛沢東)や「敗北の文学」(宮本顕治)のように、「高校時代に恋ぐらいするよね」という発想を推進力に、かなり若い世代に、「技術が供給過剰になる」「若気の至りが理由の事件が増える」という予測もある。
中国共産党の支持基盤が若さにあることから、日本の令和天皇のような「ユニークな」発明が困難となるとされ、アメリカ合衆国が、中華人民共和国との「冷戦」を見据え、「令和天皇をいじめるのを最大限手加減するように」という圧力をかけている。
中国のテクノロジー面での「追いつけ追い越せ」は、令和天皇の「ユニークさ」にアメリカ合衆国も依存してしまったのだ。
国生さゆり 雨のニューオリンズ

なお、私が、財界や宗教界と結びつきを深めてみて学習したことは、2024年にタイムマシーンが完成することから、死の概念の混乱が見られ、「宗教インフラを自分に都合のいいように利用できる」ということだった。
たとえば、私は、平安時代に戻り最澄(伝教大師)として生きることや、私の弟・小野真二郎が、私に対してきわめて態度が悪く、それはまるで日吉大社ではないか?ということから、私の弟・小野真二郎が日吉丸(豊臣秀吉)であること、さらには、私の実父・小野重五郎が「詔勅集」を著した神武天皇であることなどが分かる。
このような「宗教インフラ」を利用した活動は、もちろん「勉強しなければならない」という側面はあるが、おカネの出所にコウモリのように敏感になるというデトロイトスタイルを踏まえると「当然考えなければならないこと」であるということは指摘できる。

 

9月3日小野光太郎から神武天皇陵へのファックス。

徳永さん宛て。

 

こんにちは。
先ほどお電話差し上げた小野光太郎と申します。
神武天皇というのは、明治天皇が、その祖先を神武天皇さらにはアマテラスにまでつなげた「1913年に発明された」神道でありますが、あくまでも宗教である以上、哲学とは異なり、「時代とともに形を変えていく」ものであると考えられます。
しかも、宗教である以上、大人の側としては「セールスを見ていかなければならない」ものなのです。
このことから、2024年にタイムマシーンが発明される予定であることと、死の概念が混乱してくることを踏まえて、私、小野光太郎は最澄(伝教大師)として平安時代に戻って延暦寺で生きることになりますし、私の弟・小野真二郎は、日吉丸(豊臣秀吉)として日吉大社(日枝神社の総本山)で生きることになります。
しかし、私の父はすでに80歳を越える高齢であり、上皇や上皇后とは異なる立場から皇室と関わっています。
おそらく、小野臨調というものが「明治維新以来の」法律の見直しをしたことなどを鑑みると、私の父・小野重五郎が「神武天皇である」とするのがもっとも落ち着きがいいのかな?と考えています。
私の父はあと10年ぐらいは生きるものと思われますが、何かあった時には「神武天皇陵を小野重五郎の墓とする」ということを小野家の祭祀の承継を引き受けることになる私から是非、徳永さんにお願いしたいのです。
あくまでもセールスを見なければならないというのが宗教であるということを重ね重ねお話しさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

 

9月4日小野光太郎から父・小野重五郎宛てメール。

お父さんへ。 神道という宗教は「天皇を敬え、政府にしたがえ」ということ以外に教義のようなものはなく、ただし「儒学」が強いて挙げるならば教義となっています。 儒学といっても、季節ごとに政治フォーラムを作ろうという朱子学や、「心技体」をモットーとする陽明学などがあり、ようするに「勉強とスポーツに励みなさい」というものだと思われます。 そこで、神武天皇というものが、「アマテラスの子孫である」「明治天皇の祖先である」というものは本来、「本居宣長も想定していなかった」とされる「1913年の発明」であることを踏まえて、「だったらアマテラスって何?」ということが僕の執筆活動(売れない作家)のライフワークとなりました。 やっぱり、「家の前で男にビンタされた」などのまりちゃん(小野光太郎の実姉)の恋愛遍歴とは何か?というものに僕の「アマテラス概念の確立」は強く影響を受けています。 さらに、檜山(小野光太郎の友人・24歳で急逝)が死んでから僕は「与えることを知った」のです。 そのような環境を与えてくれたお父さんは、神武天皇となるわけですが、アマテラスとは何か?を明らかにすることは「唯物史観」でもあり「皇国史観」でもあります。 僕の仲間が、「だったら私は〇〇天皇だ」と一気に配置につくことも可能でありますし、いろんな意味で「名誉」というものは人々を治める上で効率的なのです。 詔勅集というものはまだ手にとっていませんが、「歴史上の名誉を資源にし周囲に与えなさい」というようなものかもしれません。 それほど、日本IBMが開発するタイムマシーンの第一次草案を作った僕の英語力はズバ抜けていました。

2019年8月14日 (水)

小野臨調第三次答申。

スポーツニッポン宛てメール。

こんにちは。

神奈川県で経済の研究を行っている小野光太郎と申します。
実は、私は首相の私的諮問機関である「小野臨調」において第三次まで答申を出させてもらいました。
そこで、日本の法律の一斉見直しを行ったのですが、AKBグループ(カトリック)が不動産であるとするのならば、モーニング娘。(プロテスタント)は動産です。
処女の女ならば、抵当権として新宿のビル並みの男性ファンを構築することが可能であり、それは各自のオフセット印刷の出版物で「抵当権者」(ファン)のランキングを公示(登記)することが可能です。
さらにはファンからお金を借りることもできますし、各不動産会社や日本銀行からの融資で、AKB総選挙の結果次第でお金を返すことも可能となります。
このような「AKB総選挙の巨大ビジネス化」は、まさに日本国の民法典の見直しから可能になるものであり、今年は開催が取りやめになりましたが、来年以降、新たな展開が見えるものとなっています。
是非、小野臨調第三次答申をご一読し、私の民法に関する見解を参考にしてください。

レイプされるのが怖いだろうが、「株式買取請求権高いです」と冊子に書いておけばいいだろう。 

 

私は、「女とは何か?」をひたすら書いてきたのだが、先の参議院通常選挙で明らかになったのは「女性の政治参加は149ヵ国のうち125位」という結末であった。
経済参加は119位である。
女性の社会進出と、それにともなう「サプライズ」をなくそうという意図もあったが、正規雇用と非正規雇用の「同一労働同一賃金」が国会で議論になり、派遣社員の6割は女性である。
安倍政権は「2020年には3割の管理職を女性に」としているが、衆議院議員の中で女性は9.5%である。
自民党候補者の中でも女性は15%であり、立憲民主党の45%に遠く及ばない。
共産党はこれに対し、55%が女性であった。
1996年と2010年に「夫婦別姓」を認める法案が否決されている。
財務省の福田事務次官がセクハラ発言をしたときに、麻生財務大臣は「罠にはめられたのだろう」
と語っており、セクハラを受けたとされる女性記者が「さほど魅力的ではなかった」というツイートに「いいね」を求めるムーブメントもあった。
令和天皇の構想とは裏腹に、永田町は「ボーイズクラブ」と揶揄され、一方で、これほど世界最先端の「女性論」が存在する日本国において、「女性の社会進出が遅れている」というデータは日本国のポテンシャルが世界を震え上がらせた。

 

「民法」
男女がいるとする。
男が勃たなくなるのを防ぐために公権力からの介入をなくし、ときに譲れない夜を過ごし(自由主義)、ときに、特定の女を「彼女」と呼ぶ(意思自治・私的自治)。
男には「男友達」が、女には「女友達が」おり、おたがいに「所有」とよばれるほど、人格を否定しあいながら、愛に満ちたコミュニティーを構築している。
男と女の関係を「契約」と呼び、男友達・女友達の関係を「所有」と呼び、この「カップルの発信力」を侵害するものがいる。
男女にせよ、それらを取り巻く友達にせよ、セックスを「債権」と呼び、各自の魅力を「物権」と呼ぶ。
彼氏・彼女を友達に紹介する行為を「事務管理」と呼び、セックスしていないのにお金を取られることを不当利得と呼ぶ。
パンデクテン方式というものは、愛というものを理解した上で自分の性をコントロールする「占有権」、お互いに人格を否定しあいながら友情を維持する「所有権」、さらには一定の制約のもとに各自が自分の魅力を維持する「制限物権」、そして、自分の魅力を高めるために存在する異性としての「担保物権」がある。
さらには、男と女の関係を意味する「契約」、異性を紹介する「事務管理」、セックスしていないのにおカネを取られることがある「不当利得」、これらの人間関係を破壊する「不法行為」が存在する。
それらを踏まえたうえで「親族」(婚姻)、「相続」などの規律がある。
これが「日本民法典」の全体像なのだ。
「約束なんて今夜はいらない」
渡辺満里奈 月の裏側

「なぜ日本の民法学者はこのことに気が付かなかったのか?」
江藤新平は、部下に「誤訳も恐れず、ただ速訳せよ」と言っていた。
さらに、ボワソナードがパリ大学からやってきて草案を作った。
さらに、穂積八束が「英米法は日本にとって有害である」という民法典論争を展開したのが致命的だった。
結局、梅謙次郎、富井政章、穂積陳重の三名の帝国大学の学者が、フランス民法典やドイツ民法典を参考に民法を書き上げた。
あくまでも、「翻訳」であり、その「読み方」は、実に令和に入ってから、私がそれを明らかにするまで「民法は誤解されてきた」のである。
民法総則においては「代理」が重要であるが、自分に代わって「カネの使い道」を考えてくれる軍師官兵衛のようなものであり、パートナーがいたり友人が多ければおカネには困らないという認識が必要となる。

契約とは、それぞれ「男友達」「女友達」(所有)をもった男女の間で締結されるものだ。
カントの口説き文句を男が知っていれば問題はないが、アパートを借りる男はオーナーの女将さんにカントの話しをする(賃貸借契約)。
JRや私鉄を利用する場合、鉄道マンは乗客の女を口説けない(運送契約)。
本屋で本を注文するのは売買契約である。
パソコンを買うために消費者ローンで借金をすれば、消費貸借契約である。

契約とは、「男女の間で交わされるもの」であるという共通認識のもとに、お互いに「所有」「人格否定」をしながら生きている「男友達」「女友達」から得られる「おカネ」「カントの知識」などをもとに、男女の間で、言葉やおカネのやり取りを行っている。
友達とよく「講義の話」「仕事の話」をしなければならず、大学生でも社会人でもその仕組みはほとんど変わらない。
片思いの終わりに 亀井絵里

「女友達」(所有・おカネ)と「恋人」(占有・おカネ)のどちらかを選ぶなんて無理ね。
三浦理恵子 Jokeにもならない恋

男女の出逢い、そして付き合い始めることは、契約がどのように成立するかという
問題である。
パートナーがいる男女は、そのほかの約束を破らなくなるという側面があり、
男の発信主義(発心)によって付き合うかどうかが決まるとされる。
道徳(同性の友達の多さ)の問題はおカネの問題として存在するが、女は「仲間が多い、なにかやってれそう」という動機から効果意思を固めていき、告白などの意思表示に至り、表示行為(セックス)に至るが、セックスから愛に変わったというのでは看護師の仕事ぐらいしかないだろう。
もっと深い「動機」(仲間が多い、なにかやってくれそう)というものが問われる。
ribbon 出逢えてよかった

お目当ての男と付き合うために、その気もないのに別の男に告白したり(心裡留保)、親に別れさせられそうになったため、別の男の名前を出したりすることがある(虚偽表示)。
権利外観法理というのがあり、ビッグネームのパートナーと付き合っているということを信頼して、友達になった場合、すでに登記(週刊誌の記事)などに「友達だ」と記されているなどしたら、別れたくないから別のビッグネームの男の名前を出しただけなのに、物事が大げさになる。
しかし、週刊誌(登記)に「公信力」はないとされ、意中の男を隠している(心裡留保)・意中の男と別れたくない(虚偽表示)という区別だけは明確にしておいたほうがいい。
西田ひかる 歌

錯誤というものは、何かに熱中している男が、あんがい身の回りのことにだらしがないなどのことを意味するが、「笑える範囲内で」(因果関係・悔いが残ること)(重要性)などの要素の錯誤がないことを背景に、基本的には「良心的な人しか無効に応じてくれない」という現状がある。
結婚における「錯誤」には「微笑ましさ」など通用しないともいえる。
西野カナ ダーリン

また、「仲間が多い、なにかやってくれそう」という女の「動機」を見透かして、男の側から「詐欺・脅迫」などがなされることも多い。
その男の「本当の姿」を知っている以上、「友達より遠い人」となるのも仕方のないことだ。
三浦理恵子 友達より遠い人

権利能力(カネと暴力を用いる能力)は、人が生まれながらに持っているものであるが、「正体がバレる」(全部露出説)時に「生まれた」とみなされる。
全部露出説に立たないと「結婚」もできない。
男女が付き合う上でも民法は全部露出説の立場に立っている。
刑法では「世界を敵に回すセックス」を「犯罪」(罪)としているため、一部露出説つまり、男が何者なのかを知る必要はないとされている。
なお、中国の歴史書において「死」とは、セックス(浮気)のことを意味し、一度、「死」と表現したら二度と表舞台に出てこないことから「死」という概念に日本国内でも混乱が起きている。
おそらく「王妃」に「離婚だね」と言われたら政治生命を失うのだろう。
戦争などに行ったり、家を長いこと空けていたら、当然、王妃に「離婚だね」と言われる(失踪宣告)。

意思能力はその人の学習プロセスによって多様であろう。
カントを学習する人がそもそもいないということも想定できる。
しかし、行為能力(セックス能力)は、芸能人や老人などの被後見人が「勃たない」ことや、被保佐人(浪費者)や被補助人が「勃つのが困難」とされ、テレビを見た程度ではマスターベーションができず、利益を受け取る立場にないことから貧しくなるという特徴は見られる。
行為無能力(勃たない)のならば、男女の出逢いの契約は取り消されるし、意思無能力(バカだった)のならば、男女の出逢いは無効とされる。
無効(あいつはバカだ)というのは誰からでも主張できるものであるが、勃たないという取り消しは女からしか行えない。

代理というものが、行為能力(セックス能力)を補うために行われる第三者との関係である以上、当然、「俺の代わりに妻を犯してくれ」というものを代理と呼んでいる。
双方代理が通常、想定されるが、女がコスプレをしたりする自己契約も考えられる。
時に、週刊誌に「私が本当の夫です」と登記することがあるが、代理権濫用がなされても所詮、実力制の世の中なのだ。
顕名(代理人であると名乗る)しなければ気持ちよくないとも言われるが、そのへんはフェティシズムの問題だろう。
それほど、芸能人にとって「勃つようになること」とは重要なことなのだ。
代理人に行為能力(セックス能力)は必ずしも要求されず、いろんな「プレイ」の可能性が認められている。
たまに「彼女と結婚したのは俺だ」と言い出すあざとい奴もいる(無権代理)が、所詮は、実力主義の世界だ。
時には、本人の能力を上回ってしまう表見代理人と呼ばれる人もいる。
ribbon 真夏のフェミニスト

人の集まりである団体に権利能力(カネと暴力能力・セックス能力)を与えた場合が社団法人と呼ばれ、財産の集合に権利能力(カネと暴力能力・セックス能力)を与えた場合が財団法人である。
女と男は「お見合いの当事者」(代理人)として決めておく必要があり、
また、団体は人ではないから、名前や住所を決めて、取引の相手方(男女)がそれを知りうるような配慮が必要であろう。
自然人(勉強人)なら、職業や資産を調べるのは簡単であるが、団体の場合どこの誰だか分からない人がいるため、お見合いの経緯は週刊誌に載せる(登記)必要がある。
法人(ノンケ人)は、自由設立主義もあるが、主務官庁の認可に関わる許可主義、一定の要件を具備して認可を受ける認可主義、法律に定める要件を備えれば法人となれる準則主義などがある。
私は宮内庁の認可による許可主義のもとに妻とお見合いしている。
松田聖子 キモノビート

財団法人の場合は、財産そのものを寄附行為としてカップルを成立させようという
考え方がある。
民法は公益法人を「祭祀、宗教、慈善、学術、技芸その他公益に関する財団または社団」としており、「営利を目的とせざるもの」としている。
学校法人・宗教法人・医療法人は、とくに私は「医療社団法人」つまり、おカネの集まりという側面と人の集まりという側面をあわせもった場所で妻とお見合いしたのだ。
定款(または寄附行為)に「誰と誰をカップルにするか?」を書かなければならず、当時の定款(寄附行為)には私と妻の名前があったと思われる。
法人の名前と住所は「週刊誌の記事」(登記)に記される。
法人の目的も定款(寄附行為)に書く必要がある。
法人(ノンケ人)の目的は「カップルを成立させること」であり、しかし、その本質に関しては、サヴィーニーの擬制説、ギールケの有機体説、サレイユの組織体説などが有名である。
あとの二者が「実在説」と呼ばれるものであり、「擬制説なのか実在説なのか?」を明らかにしたい人は当然いる。
とくに「スーパーカップル誕生に関与した」と言いたいおばさんたちは確実にいるのだ。

また、男の子が男になる、女の子が女になる、ということを信じて疑わない「法人」に対して、オカマやレズビアンなどの「組合」も存在する。
あるいは、公園などを活用した「権利能力なき社団」(おカネや暴力のない人の集まり)なども想定できる。
私は、運動施設を活用したデート(権利能力なき社団)もお見合いで用いている。
そもそも、ピーコの言う「組合」の意味が分からなければ、法人と組合の区別は「理解に苦しむ」ものとなり、星野英一教授の苦悩の痕跡が残されている。

通常、「法人成り」と言えば「利益を翌年度まで持ち越せる」というメリットが指摘できるが、利益を「男女ともに快楽を与え合う」という意味であるのならば、個人事業としての喫茶店やバーで出会ったというのとは異なる「カップルの永続性」が保障されることを意味する。
権利能力のない社団(おカネのない人の集まり)においては、たとえば公園でのお見合いなどのように、当事者の男女のように無限責任(真剣なお相手選び)をする立場のものと、有限責任つまり、あんがい無責任に「いい男選び」をするものがいる。
楽しいデートにはなるだろうが、宗教・学校・医療にはなんら貢献することはない。
営利法人、たとえば株式会社というものの「株主総会」「社債権者集会制度」に関してはすでに述べたところである。
株式会社の「定款の目的」に関しては「行為(セックス)の客観的(男的)な性質に即し、抽象的(クラスメート的)に判断されなければならない」とされ、男がクラスメートを愛するがごとき広がりを持つことになった。
つまり、株式会社においては「どんなカップルを生み出すか?」に事実上制限がないのだ。
SPEED Steady

男女のカップルは、友達の多さ(所有)やおカネを背景に出来上がるが、最後の仕上げに「芸術にする」必要がある。
確定性、実現可能性、適法性、社会的妥当性の四つが挙げられるが、ようするに「芸術」(アイデアリズム)が、勝負事(リアリズム)に用いることが可能であるか?
ノンケであるか?
社会に受け入れられるのか?
などが「いい男選び」の条件となる。
確定性、実現可能性は明文の規定がないが、「男としての強さ」は当然のこととして受け止められている。
酒井法子 秘密のガーデン

実現可能性としては(原始的・後発的)「不能」が議論され、勃たないのならば契約(男女のカップルの成立)は認められない。
また、芸能界の側(行政)から、一般人との結婚をやめさせる「取締規定」というものもある。
一般人女性・一般人男性との芸能人の結婚は、キャリアのピークには取締規定に直面することがあるのだ。
また、最後に社会的妥当性として、親父が「王者的条項」(一般条項)を用いて、ギャンブル好き、妾がいる、売春したことがある、あるいは「結婚するのは暴利行為である」ということを指摘することもある。
無効とは「周囲があれこれ言ってカップルの成立を妨げる」ことであるが、取り消しというのは「表意者」が行うものだ。

「カップルになるのも楽じゃないな」と思ったら「同棲」というやり方を取り、「時効」を待ってあらゆる問題点をクリアーする方法もある。
しかし、民事執行によって親が別れされることもある。
「援用するぐらい愛が持続するのならば仕方がない」という側面もある。セックスするのにもいろんな面倒がともなう。
それを踏まえて、契約(男女の出逢い)・単独行為(ひとり上手)・合同行為(合コン)などが行われる。
これらの議論が整理できれば、民法総則はマスターしたと言っていい。
ribbon さよなら

物とは「おちんちん」のことを言う(有体物)。
おちんちんは、動産・不動産に区別され、土地に縛り付けられた男は不動産と呼ばれ、選ぶ女もおのずとカトリックになっている。
一方、船舶や自動車などの動産に縛り付けられた男(動産)もおり、選ぶ女のタイプが変わってくる。
唯物論の立場からは「物」とは「女」のことを言うとされるが、このへんは見解の相違と言うしかない。
英米法においては「物」とはおちんちんのことであり、マルクス主義においては「物」とは女のことなのだ。
従物の処分(発言力)は主物にしたがう、というが、女が発言力を増すために「男たちを仲間に含める」(僕たち)という現実を考えると、物とは「女」(主物)、おちんちん(従物)というように都合よく使い分けたほうがいいのかもしれない。
そうなると、不動産とは「カトリック女」のことであり、動産とは「プロテスタント女」のことであるという具合に切れ味を増す。

動産 モーニング娘。インディゴブルーラブ

不動産 AKB48 恋するフォーチュンクッキー

あるいは、男が「女でマスターベーションして儲ける」ことを「利益」と呼ぶのならば、女が「男たちのマスターベーションの対象になる」ことを「果実」と呼んでもいいだろう。
英米法の「物」概念、つまり、「物」とはおちんちんのことであるという立場に立つならば、ドイツ法・フランス法の「物」とは女のことである、という理論が理解しづらくなり、そのあたりは物権法も場数を踏む必要がある。
また、所有権の対象が「同性の」友達であることから、男にとっては「物とはおちんちんを」、女にとっては「物とは女を」意味することになる。
いずれにせよ、支配可能性が必要であることと、同性愛のヘンタイプレイをしないこと、さらには、特定性・単一性つまり、「友達の友達」までは面倒見切れないこと、さらに、縁を切るのならば「一人ひとりと」つまり「一物一権主義」が指摘でき、集団で撤収する力はどの人も持っていないことを基本認識にする必要がある。
土地のある人、自動車を持っている人、カネを持っている人との友情は「絶対」であり、所有権絶対の原則と呼ばれた。
友達はカネであり、友情復活(返還請求権)、妨害排除請求権、妨害予防請求権がある。
行為(セックス)請求権なのか受忍請求権なのかは争いがあるが、友達のいない男は彼女すらできないと言っていい。

「結婚とは女を所有することである」とはカントの言葉であるが、私は、所有とは「友情」のことであり、「占有」というのが「愛という論理が必要な自分の局部の管理の学問」だと考えている。
男女の関係は「債権法」に委ねたほうがいい(債権法の優越的地位)とされ、所有とはあくまでも友情のことだと考えたほうがいいのだ。

 
経済学の十大原則。
①人々はトレードオフに直面している。
昼食は無料ではない。働くものと勉強するものは「効率性」が異なる。また、男女は対等であるということを踏まえると(衡平)、時に「女一人に男二人」(実質)の観点から衝突することがあるのが効率性である。
労働を怠けたくない、それだけの理由で私は、入院中に勉強していたら看護師にいじめられた。
②あるものの費用は、それを得るために放棄したものの価値である。
入院中は三割負担なり、高額医療制度を利用できるが、安い費用で毎日勉強する行為が入院であり、機会費用はきわめて安い。
論文を読んでウォークマンを聞くだけで巨大宗教を構築しつつあった私は、機会費用の観点からも、「女一人に男二人」という側面から看護師にいじめられた。
③合理的な人々は限界的な部分で考える。
合理的とは「男的」という意味であるが、要するに限界的な便益と限界的な費用つまり「ほんの一時間の充実度」から「女一人に男二人」という問題を考えている。
④人々はさまざまなインセンティブに反応する。
恋愛論は複雑極まりない。その複雑さをいろんな音楽を聴いて学んでいると、「女一人に男二人」という世界にも反応を与える。
⑤交易はすべての人々をより豊かにする。
私は入院中は表現の場がなく、情報をため込んでいた。
そのため「女一人に男二人」という世界において看護師にいじめられた。
⑥通常、市場は経済活動を組織する良策である。
女の管理を改革を必要としている家計(家庭)に委ね、企業も改革を必要としていることから神の見えざる手(天皇や政治家の言葉)が浸透しやすい。
⑦政府は市場のもたらす成果を改善できることもある。
女の分配がうまく行かないグループがある(市場の失敗)。
外部性つまり、外の世界にはいい女がいっぱいいるのに、職場は決まっていると言う問題だ。
さらに、市場支配力つまり、いつもの職場にはアイツがいるのかという問題が指摘できる。
⑧一国の生活水準は、財・サービスの生産能力に依存している。
財というものは「女」とも解釈できるし、カント「口説き文句」やプラトン「詩心」とも解釈できる。いずれにせよ「男の性欲」「女の性欲」(生産性)に依存している。
SPEED Deep Blue & Truth

⑨政府が紙幣を印刷しすぎると物価が上昇する。
これも当たり前のようでなかなか難しい。
インフレというのは「女が感じなくなる」という意味であり、感じさせるためにカントやプラトンが必要となってくる。
そのために、男はべらぼうな金額を必要とし、「女一人に男二人」で一人の女が「感じない」のならば、男同士の競争は青天井になる。
ましてや、金額が数えられる、女を買える、どの女にも通用すると言う「紙幣」を印刷しすぎると、このような「インフレ」(感じなくなる女)は増えると言っていい。
⑩社会は、インフレ率と失業率の短期的トレードオフに直面している。
「女一人に男二人」で女が感じなくなると、とにかく男同士の競争が激化し、紙幣の独占が効率性からもたらされるのならば、均衡の観点から「失業」が生じる。
私は、入院中に勉強していて、しかも、ウォークマンを聞いていて、一人の男性看護師を失業の危機に陥れている。
勉強しながら、社会と接触してみると、これらの「経済学の十大原理」がよく理解できる。
もっとも、私は、看護師という「薬を操る者」を敵に回していたため、二週間寝込むような風邪を引くことを意味した。
ribbon 真夏のフェミニスト

経済学を理解するためには「客観的」つまり「常に男らしくある」ことと、科学的つまり「常に女を感じさせる」という姿勢が必要になってくる。
ニュートンは「リンゴが落ちてくる」と表現したが「男らしさ」「女を感じさせる」というところに経済学の基本がある。
フロー循環図というものがあり、「改革を必要としている家計(家庭)」と「改革を必要としている企業」の間で、カネ、女、快楽などをやり取りするが、カントやプラトンは「論文とウォークマン」さえあればいろんな快楽を生み出せる。
「仮定の役割」というのがあり、「この曲はこういう意味かね」という男の考えに説得力があれば、それは「生産可能性フロンティア」と呼ばれ、ミクロ経済学にもマクロ経済学にも影響を与える。

交際しているうちに、女は「できない」ということに直面し、彼氏が子供に興味を持ってくれるのかな?家庭に縛られるのかな?と態度決定を迫られる。
BoA Is This Love?

女の子の「供給」は途絶えることはない。
このことは「女の子を歓迎する文化」がすでに確立した以上当然のことと考えられている。
問題は、「女の子が男を欲する可能性」(需要曲線)が議論となることである。
男が「カント」「プラトン」を知っているだけでかなりの高値が男にはつけられる。
そこで、女の側も、男がカントやプラトンに詳しければ詳しいほど、「信じている」ものがさも当たり前のようになり、カントやプラトンの値段が下がる。
需要曲線の傾きの計算もあるが、世の中の通常の男にはありえない「急勾配」の傾きが哲学者には存在する。
女の所得が変わって、男を変えてみた時に、いろんなことが分かるようになる。
男の「カントやプラトンへの詳しさ」は急勾配の傾きを需要曲線にもたらし、「別れても好きな人」などと言われる。
国生さゆり あなたよりも愛していたい

しかし、「いい哲学者ほどタバコを吸う」という問題が存在し、おばあちゃんを尊敬できない、つまり、お金目当ての結婚をしており、その生き方を尊敬できない(ガンのリスクがある)という指摘もある。
これは「グラフと捨象された変数」と呼ばれる問題だ。
また、哲学者を護衛するために警察官が雇われるが、警察官が大勢いる街の方が危険であるという「逆因果関係を示唆するグラフ」も存在する。
すべての経済学者は「哲学者になって見なければ、経済学の意味が分からない」とされ、また、ガンの原因が「おばあちゃんを崇拝できない、生き方を真似したくない」というところにあることも見抜かなければならないと言う意味では医者でなければならない。
松田聖子 ハートをロック

「プラトンやカント」は、マサチューセッツの著者によって書かれ、オレゴンの木からできた紙によって印刷され、オハイオの出版社によって出版される。
フロリダ産のオレンジジュースとブラジル産のコーヒーによって一日が始まる。
ニューヨークで制作されたテレビ番組を日本製のテレビで見る。
世界中の部品で作られた車で出かける。
読んだだけで、プラトン(音楽作品)に解説(カント)を与えることが出来ることを絶対優位と呼ぶ。
しかし、絶対優位は「噂」となって、ジャガイモ業者と牛肉業者の交易(比較優位)につながる。
ソフトパワーの絶対優位は外国との輸出入にも影響を与えるのだ。

 

どんな経験豊富な女でも、哲学者の前ではウブな側面を見せる。
中森明菜 二分の一の神話

フロリダに寒気団がやってくると、アメリカ中のスーパーマーケットでオレンジジュースの値段が上がる。
夏にニューイングランドの気温が上昇すると、カリブ海のホテルの料金が急落する。
中東で戦争が起きると、アメリカのガソリン価格が上昇し、キャデラックの中古車価格が下がる。
「プラトンやカント」をどれだけの人が知っているであろうか?
独占企業もあるし、寡占市場もある、独占的競争市場というものもある。
「プラトンやカント」を普通に知っている正常財と、それを知らない劣等財がある。
これらの間には代替財や補完財もある。
「財」とは「理想の男」という意味である。
供給というのは「女の子の人数」という意味であるが、レーマ運動(台風撃退法)やバアル信仰(メジャースポーツの勝敗を決める音楽作品信仰)などによって、「プラトンやカント」は広まる可能性がある。
レーマ運動やバアル信仰による「プラトンやカントの広まり方」によっては「俺は女には困っていない」という超過供給を引き起こす可能性もある。
あるいは、男たちが無知になったときには超過需要を引き起こす。
時には起こせよムーブメント

テクネー(処女芸術)とエピステーメー(知識)に対しては、医療や年金のように「弾力性」のあるものもあるが、ヨットのような贅沢品のように非弾力性を持ったものもある。
美術館の入場料なども、人々の「エピステーメー」(知識)次第で、弾力性を判断しなければならない。
弾力性を高めるためにヘロインやコカイン、クラック、エクスタシーなどの麻薬が時に有効となることもある。
麻薬は時に、生活を破綻させたり、強盗などの暴力犯罪につながる。
しかし、「テクネーが作れねえ」「エピステーメーなんて分からねえよ」という気持ちが基盤になっている。
自分だけが、アメリカのエピステーメーを知っているという状態になれば、価格の上限や下限を設けなければならなくなる。

「プラトンやカント」を知っている男は、女との「均衡」を見出し、カップルになるだろう。
しかし、そうではない男は「愛に狂い」「嫉妬に狂い」「怒りに狂う」だろう。
人間が狂った瞬間を狙って税金というものは課されるが、エピステーメーの独占状態が起きている状況であると、人々の怒りは強く、死荷重というものが生じる。
また、貿易ともなると、外国国家のテクネーを丹念に洗い出さなければ貿易摩擦がおきかねない。
「神・男の完全性を議論すると爽快感がある」
松田聖子 赤いスイートピー

私が解説するJ-POPに関しては、あくまでも「私有財」であるために、オンエアされることはない。
公共財というものは「サイレンのようにオンエア」されるものであるが、ヒッチハイクのお兄ちゃんの話題においては、私の「私有財」は用いることは可能だ(フリーライダー)。
また、国家防衛においても、「あなたが指導者であり戦争責任を負うのであればどうぞ用いてください」という具合に、私有財が公共財となりうる。
しかし、国の指導者になるのは「割に合わない」(費用便益分析)という側面があり、人の命の値段を考えると、哲学の道一筋に生きることは、その恩恵をこうむる人たちの存在を考えると「共有地の悲劇」とも呼ばれる現象を引き起こす。
現段階では、所有(友達)の重要性を指摘するにとどめる。
その道一筋に生きていると、友達すら失いかねないからだ。
経済学を考える上で「プラトン」(音楽作品)と「カント」(口説き文句・女心)は決して忘れないでもらいたい。
経済学の本では常に「アイスクリーム」と呼ばれて出てくるからである。
必要労働時間を終えたら、女たちは「男らしさ」を語り合い、男たちは「女心」を語る。
男らしさを語り合う論壇を宗教と呼び、女心を定義することを政治と呼ぶ。
宗教と政治は一体となって「産業」を形成し、J-POPの解釈に用いられる。
プラトンやカントを現在日本国で語るのが私だけであるのならば、独占企業の限界収入は常に財の価格よりも安い。
みんな「それが当たり前」だと思っているからだ。
「競争しなければ儲けは出ない」
このことから、法学部・経済学部に「文学部からの統一戦」を持ちかけたのだ。
法学部や経済学部にはすでに錚々たる論客がいる。
囚人のディレンマを巧みに表現した「こわれかけたピアノ」を背景に独占市場を構築したのならば、それに匹敵する音楽作品をレコード会社は作らなければならない。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ

所有(友達)のない人間は貧しい。
すべてを敵に回すセックスを「犯罪」と呼ぶ。
刑法とは、犯罪と刑罰に関する法である。
また、世界を敵に回す貧乏セックスは、オンエアの関心事であり「公法」に属する。
貧乏人が何を考えているかをニュースで報じる資格を得たのだ。
犯罪と刑罰の関係は、法律要件と法効果の関係にある。
なぜモテないのか?を語り合う裁判規範であり、カントを教育する強制規範であり、敵の少ないセックスを求める行為規範であり、そのための禁止規範と命令規範が含まれるものだ。
評論家としての評価規範でもあり、自分がいざとなったらプレーヤーとなる決定規範でもある。
秩序維持機能も当然存在し、周囲に気持ちよさを約束する法益保護機能もある。
また、譲れない夜を過ごす自由保障機能もある。
工藤静香 奇跡の肖像

セックスをしただけで友達も財産も失うという現象から、これだけ多くの規範・機能が導き出されるのである。

公的犯罪とは、貧乏人が何を考えているのかをオンエアでさらすことを意味し、私的犯罪である血讐ではなく、オンエアすることで、貧乏人をさらし者にすることを意味した。
中国においては早くに罪刑法定主義が採用され、「処女に嫌われる原因」が定められていたが、トマス・アクィナスは、王位継承において自分をいじめた罪人たちを克明に記録に残した(神学大全)。
啓蒙時代においては「どんな男がモテるのか?」と言われると「哲学者」と呼ばれた。
さらに、古典学派は「カント」「純粋理性批判」(黒革の手帖)をまとめ上げた。
近代学派は、新派とも呼ばれ、ルックスに重きをなしすぎるとされている。
見た目よりも中身だからと学校の先生も新派を批判した。
Melody いちばん好きと言って

わが国においては、「貧乏セックス」(犯罪)をさらし者にするという慣習は、上代においては復讐に起源を持つものとは考えられていなかった。
比叡山の僧を排除し、日枝神社の教えを「朝廷の教え」とした時に、行政学の観点から国津罪が、キリスト教的観点から天津罪という観念があり、死刑、罰金、没収、追放などが「貧乏セックスをしたものをさらし者にする」ことを意味した(公刑罰)。
大化の改新以降、責任能力(故意・言葉が足りない、過失・教えるほうが悪い、期待可能性・セックスする可能性がない)などや、錯誤(身なりがだらしない)、共犯(女の兵隊を大量に持っている)などに関する規定が設けられている。
平安時代中期以降、検非違使庁に「理想の男」概念が定着し、嵯峨天皇(818年)から後白河天皇(1156年)に至るまで死刑は行われていない。
松田聖子 赤いスイートピー

 

しかし、このような「朝廷の刑法観」が「お公家さま」と呼ばれるようになり、北条泰時は「御成敗式目」を定めている。
「お公家臭」を排除したのが御成敗式目であったが、室町時代末期から戦国時代にかけて、かなり残虐な死刑が執行されている。
刑法のあり方次第で「時代」というものは決まる。
あくまでも「理想の男」を探求する学問が刑法であり、改正刑法草案に至っては、新派(男も美しいほうがいい)という立場に立ったため、陰湿な連中の存在を国として把握したり、病気、勃たない、女の兵隊を自在に操る、主婦層のリアクションの予測困難性などを分かりやすく条文化した。
「B層ほどあてにならないものはない」という共通認識もあり、創価学会や在野法曹、精神医学者の反発から施行されていない。
いずれにせよ、絶対主義(ノンケであること)、客観主義(男らしくあること)、現実主義(勝負事に強いこと)などが基本理念として指摘することができる。
客観主義(男らしくあること)と主観主義(女らしくあること)が理解できれば、NHKは天気を自在に操ることができるし、そのデータは現在蓄積を待っているところである。
また、現実主義(勝負事に強い)ことと徴表主義(勝負事に活用できる女らしい芸術作品)はともに共存しながら運用されている。

いずれにせよ、刑法の教科書を読んでいると、自分が裁判官になって人を罰する研究であるとは到底思えなくなるのは事実である。
1999年までには「すでに出揃った」とされる、恋愛論をより深く掘り下げる研究であろうと思うようになり、ルパンがクラリスの心を盗むのが窃盗罪であろうということを手がかりに、その発想を身に着けていかなければならない。
カリオストロの城

また、実力のある後継者が、ナンバーワンがまだ死に体になっていない時に、名乗りを上げると、ナンバースリーとナンバーワンが手を組んで、実力者であるナンバーツーを「屍」とすることを問題視し、「才能がもったいない」という観点から、王位継承を円滑に進めることを限時法と呼ぶ。
男でも女でも「ほんの一時間先」しか見据えていない。
そのへんは、権力闘争を学生時代から経験しておいたほうがいい。
場所的適用範囲、人的適用範囲にせよ、物的適用範囲にせよ「日本国内でオンエアする」ことを念頭に整理していく他はない。

犯罪というのは、構成要件該当性(処女は貧乏セックスが嫌いである)ということと、違法性(奥様方の顰蹙を買う)ことと、責任(裁判官・メディアの審判を仰ぐ)という三つから成り立っている。
犯罪の本質は、法益侵害説が主流であり、「それでは気持ちよくないんだよね」という女性たちの考えに頼ることにした。
「本当は気持ちよかったのではないか?」という親告罪もある。
イエスキリストは政治犯であるが、「さらし者にして青銅の蛇でカマを掘ったほうが女たちが喜ぶ」ということから、名誉刑が与えられる。
民間人が、犯罪者として有名になる刑事犯(勉強不足犯)と、芸能人の行政犯が存在する。
行為(セックス)は、やったかどうかを問うだけの基本要素としての機能と、それを主婦たちに問いかける結合要素としての機能、さらに、セックス崇拝をなんらかの芸術に位置づける限界要素としての機能がある。

勉強すると勃つんだよねという自然的行為論や、社会からいい評価を与えられると勃つという社会的行為論、指導者が性欲をうまく組織で用いてくれたという目的的行為論、昔の女と出会ったなどの経験すら勃つことに意味を与える人格的行為論などがある。
勃たなくなった男には「セックスの歴史をインタビューしろ」と言われるが、人格的行為論が優れている。
工藤静香 FUJITSU

ルパンがクラリスのハートを盗んだと言うことと、不作為犯つまり、周囲がニヤニヤと穴に落ちるのを待っていると言うことの二つから、刑法とは何かを探求していくのが正解であろう。
不作為犯

さて、民法に関しては、友達(おカネ)が所有であるとし、女が「愛の論理」を理解し、自分の局部を管理するものが占有であるとし、いろいろな障害を乗り越えて、パートナーになるプロセスが総則に規定されているとしてきたが、男女の関係は契約であり、同性同士の友情は所有であり、異性によって自分の価値を高めるのが担保であるとしてきた。
不動産(カトリック女)は、まだ若くて子供っぽくて難しい側面もあるが強さもある。
しかし、動産(プロテスタント女)もわりと簡単に自分の価値を高めるのに使える。
そのような民法の世界で、晴れて「カップル」となったのならば契約法の世界に入る。
贈与・売買・交換のような「移転型」つまり、性病の治療をしたり、男女の出会いの場を与えたりする契約もあるし、消費貸借・使用貸借・賃貸借のような「利用型」つまり、女将さんと話をして契約コストを下げる世界もある。
雇用・請負・委任・寄託つまり「役務型」のように子供に職を与える契約もある。
組合・終身定期金・和解のような「多数派工作して物事を解決する」特殊な契約もある。
いずれにせよ、譲れない夜のような自由主義のもとに、自分の意思で異性を選ぶという私的自治がその背景にある。
カフェー丸玉事件のように「おじの存在も分からない、誰にお金を払えば”いいカップル”になれるか分からない」というような女給とはなかなか「契約」は成立しないとされている。
通常は、合意だけで「すべての問題は解決できる」という諾成主義がとられている。
女が「承知しました」というだけで、あとの立証責任は男にあるとされている。
有償契約は売買の規定が準用され、双務契約は同時履行の抗弁権などの規定が適用される。
総則で「カップルの作り方」は教えられてきたが、「教え方が悪い」というのを契約締結上の過失と呼ぶ。
男は最初は「白紙(タブララサ)とおちんちんと計算」しかないとされるが、説明義務がある。
あるいは「仕事の話はあなたしか知らないでしょう?」という適合義務もある。
隔地者間の契約では承諾発信という仕組みが取られているが、カップルの成立は対話によってなされている。
Melody 運命95

説明義務(自分に関する情報の提供)を男が行うまで、女はセックスを拒むことができる(同時履行の抗弁権)。
これとは似ているが、デートして「返さないよ」と言って時計を外す行為が留置権として知られている。
松田聖子 ローゼワインより甘く

いずれにせよ、お互い様の側面がある双務契約においては、勃たなかったという原始的不能や、同時履行の抗弁権(自分に関する情報の提供があるまでセックスを拒める)、あるいは、危険負担(性倒錯・ヘンタイでした)という三つの牽連性が存在する。
カネをつぎ込んでもセックスさせない女は、履行遅滞に陥ることと違法性(主婦層の支持が得られない)から、債務不履行になるが、恋愛経験豊富な主婦層のコンセンサスを介入させなければなかなか恋愛沙汰の解決は難しい。
カップルになろうと思って話し合っている途中で、彼女が芸能界でブレイクしたなどの事例では危険負担が問題になる。
たいていは、「女を見る眼力」を背景に債権者主義が取られている。
松田聖子 ピンクのモーツァルト

契約の解除については、男の不能(勃たない)ほど怖いものはないとされ、不能の場合は解除ということになる。
それさえ理解すれば、契約各論に入っていっても、性病の治療の問題や、出会いの場の問題、女将さんを口説く問題、子供に職を与える問題など、カップルの日常の忙しさに忙殺されるのはみんな同じであろう。

2019年8月 9日 (金)

小野臨調第二次答申。

小野臨調第一次答申はすでに明らかにさせていただいたが、第二次答申を徐々に明らかにしていきたい。

「大日本帝国憲法は完全廃止されていない」
明治憲法(大日本帝国憲法)は、「臣民権利」(カネと暴力)を保障した。
天賦人権思想を排し、少年愛とはアレキサンダー大王の頃の遺物であるという思想をもとに、国が少年を守ってやらなければならないという「国賦人権思想」に立脚するものであった。
しかし、そこには「法律の留保」(オカマ・レズビアンの存在を認める)という発想が残されていた。
法律を作るのにも、議会の協賛(カネのばら撒き)が必要とされることから、法律の留保(オカマ・レズビアンの存在)にも、積極的意義のありうるところであるが、議会が人権抑圧(国民のカネの没収)の側にまわるとき、憲法による臣民の権利(カネと暴力)・自由(譲れない夜)の保障は空転する可能性がある。
そのため、「違憲立法審査権」(憲法に反するカネや物の送金)は明記されなかった。
芸能界に関する事件(行政裁判)は、一審限りの行政裁判所に委ねられ、芸能界の救済はきわめて限定的であった。
大津事件以降、個々の恋愛沙汰(裁判)に芸能界(行政)が口を挟むことはなくなったが、裁判官(恋愛裁判官)は司法大臣の管轄の下に置かれていた。
そのため、オカマやレズビアンの比率は「8%」では済まなかったのだ。
考えてみて欲しい。
人類最後の成功者である「カント」が「女を口説く達人」であったことを。
カントを知らないものは、譲れない夜をカマを掘られながら過ごしたのだ。
このあたりは、伊藤博文も明治天皇も、「芸能界の事情」としてバッサリ切り捨てたのだ。
モーニング娘。Do It Now!

日本国憲法のもとでは「オカマ・レズビアン」の存在は「行政法(芸能界)の問題」とされ、憲法学は、庶民に広く「明るさ」をもたらした。
憲法学と行政法学の間で「法律の留保」概念(オカマ・レズビアン)のすり合わせが必要とされ、カントを学んで女の子を口説く「市民」としての憲法学と、「おカネが必要な男」がいるという芸能界(行政法)の間で見解の相違が生じた。
答えは「恋ばな」(カントを学ぶ)以外に、男が「おカネを集めるのは困難」であるということは明らかであるが、それでも「体を売る男」は芸能界に根強く残ったのだ。
そりゃ、「真面目にやっている子」はいるだろうけど、レズビアンじゃん?
ヘビーローテーション AKB48

明治維新以降、天賦人権思想(体を売った男女が有名になる)という思想がはびこった。
しかし、「自由民権運動って何?」と言われると「体を売った男女が有名になると言う仕組みを排除するもの」であった。
また、明治憲法のもとでも天皇による「独立命令」の存在により、法律の留保(オカマ・レズビアン)は肩身の狭い思いをすることになった。
1925年に普通選挙法が成立し、市民に広くカネをばら撒くこともできるようになった。
「お中元・お歳暮」という慣習はこのことと足並みを揃えている。
大正デモクラシーの嫡出子とも言われる加藤高明内閣は「私有財産制(セックス)の否定」を行うなど、軍国主義・全体主義は「クジラの声を聞いて眠らない」人間を作り出し、わが国の「人権史」は無残な結末を迎えることになった。
セックスをして眠る、そんな基本すら否定したのが明治憲法だった。
酒井法子 風邪

制度的保障と言っても「処女芸術」(テクネー)を「知識」(エピステーメー)によって批評することが「富の源泉」であることから、公務員の選定・罷免権は「それができない公務員」を批判するものであった。
また、選挙制度も「これらの富の源泉のおすそ分けに預かる」ものである。
職業選択の自由・財産権の保障、私有財産制度(セックスの保障)などがなされ、婚姻・家庭生活における自由・平等なども「それらの知識の蓄積」のために保障された。
裁判を受ける権利、つまり「自分の恋愛論をオンエアできる権利」も存在する。
国家賠償制度、大学の自治、社会保障制度、教育制度も「処女芸術を批評する力量」をはぐくむために存在する制度的保障だ。
最後の「制度的保障」は「皇室」であるとも言われ、「処女芸術とその批評する知識」(テクネーとエピステーメー)の牙城と位置づけられた。
これを安易に「プログラム規定」と位置づけることは「テクネーとエピステーメー」という資金源を見失うものとなりかねない。

司法(恋愛)裁判所と、憲法(金儲け)裁判所は、カント(口説き文句)の存在から類似性を帯びてきた。
現在では従姉妹的(具体的)事件と関わりなく、金儲け(憲法)判断を行うことはできない。
(抽象的)クラスメート的違憲審査制が採用されていないのである。
従姉妹を買うお金はあまりにも安いということを踏まえて、抽象的(クラスメート的)判断をするか、具体的(従姉妹的)判断をするかを考えなければならない。
しかし、あくまでも「従姉妹」と「クラスメート」は「金額の問題」の違いに過ぎず、司法(恋愛)裁判所と、憲法(金儲け)裁判所は理念の問題にとどまった。
最高裁判所は「一切の法律(男らしさに関するルール)、命令(私の方が気持ちよかったと書け)、規則(女上司の悪口)、または処分(自分のバックにともなう発言力)が、憲法(金儲け)に適合するかしないかを決定する終審裁判所である」(憲法81条)。
支配的見解は「司法」(恋愛)裁判所であるとしている。
また、従姉妹の女の子こそが「事件」ではないかとし、抽象的違憲審査制を否定している。
客観(男)訴訟つまり、ビラ配りやナンバーワンソングの決め方を踏まえ、「小額から」扱うのが最高裁であるとし、具体的(従姉妹的)判断を行うのが憲法(金儲け)判断であるとした。
渡辺満里奈 裸のクレヨン

我々は、法原理機関であり、ノンケが「小額でもモテたことをもとに」事件を判断していくという姿勢を取っている。
そのことから、一般の民事訴訟(他人に影響力を与える方法)・刑事訴訟(モテ方の研究)、行政事件訴訟(芸能界における争いごと)に関するそれぞれの法律が定めるところにしたがい、憲法(金儲け)判断を行っていくことにしたのである。
我々は「処女芸術とそれに対する知的な評論」以外に「金儲け」は想定していない。
松田聖子 制服

モテないのならば、金儲け(憲法)判断はできない。
このことから「恋の過激派」というような司法(恋愛)積極主義は採用できない。
うしろゆびさされ組 セキララ

一流のカント派のおっさんのようなものがいる世界とは距離を置いて、法原理機関(従姉妹との些細な秘めごとすら裁く存在)としての、自己抑制のアプローチが取られている。
これは、中学生程度にも理解できる司法(恋愛)裁判を標榜し、一方で、ブランダイスのように、間口は狭くしながらも、「女一人に男二人」となったら「なんでだろう」と積極的に判断して行こうという立場がありうる。
やっちゃんたんなら男の「笑顔、言葉、生き方」に興味はあるよ。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

男が別の男を「殴った」というような事件性・争訟性は、かならずしも「どちらが金儲けを知っていたか」という憲法判断とは結びつかない。
当事者適格とは「カントの口説き文句を知っている者」が持っているのであり、ロイター通信の「女ネットワーク」が作った黒革の手帖(女の口説き文句)を、国家としてどれだけ「リニューアル」できるかが問われている。
「国教樹立禁止条項」はアメリカにはあるが、憲法(金儲け)判断に関する判例は間違いなく「文化的遺産」であり、納税の対価としてはならないが、国教なのだ。
実務は「法的(ノンケ的)に保護された利益(快楽)」説に立っているが、法的(ノンケ的)保護に値(女の局部)する利益説もある。
さらには、処分(発言力)の適法性保障(ノンケを守れ・十字架蛇批判)説もある。
当事者が真剣に「女の口説き方」(カント・黒革の手帖のリニューアル)について語らないのならば、そもそも訴訟を続行する必要はないのだ。
SPEED Deep blue & Truth

「憲法訴訟の対象」
一切の法律(男らしさに関する議論)・命令(私の方が気持ちよかったと書け)、規則(女上司への悪口)、処分(芸能界を背景にした発言力)が違憲審査の対象となる。
憲法マネーから作られた下位のおよそすべての抽象的(クラスメート的)あるいは具体的(従姉妹的)法規範(口説き文句)が違憲審査(金儲けにならない・口説き文句にならない)の対象になる。
行政官庁の処分(芸能界を背景にした発言力)は、個別的・具体的(従姉妹的)な国家行為(セックス)であり、「どのように口説いたの?」というものは違憲審査に含まれるし、裁判所の「裁判」も同様である。
条約に関しては「外国国家の口説き文句」に疑いの余地を抱いてはならず、「高度の政治性」を有し、きわめて明白に違憲(口説き文句にならない)でない場合には憲法判断を控えるという行き方をとっている。
立法不作為に関して(ねるとんで”なぜ行かないのか?”)に関しては、行こうと思えば行けたのに一定の合理的(男的)期間を経過してもなお放置したというような状況の存する場合に立法の不作為が違憲となるものと解される。
「国会議員は、立法(カネのばら撒き)に関しては、原則として、国民全体に対する関係で政治的(女心の定義的)責任(解釈)を負うにとどまり、、個別の国民の権利(カネと暴力)に対応した法的(ノンケ的)義務を負うものではないというべきであって、立法(カネのばら撒き)の内容が憲法(金儲け)の一義的な文言に違反しているにもかかわらず、国会があえて当該立法(カネのばら撒き)を行うというごとき、容易に想定しがたいような例外的な場合でない限り、国家賠償の規定の適用上、違法の評価を受けない」とされており、テクネー(処女芸術)とエピステーメー(評論する知識)が、国会議員は傑出していることを想定し、国家予算を充実させる力量が国会議員には期待されているという観点が指摘できる。
所詮、日本国の国会も「オリンポス山」に祀る音楽作品という理屈を踏まえなければ国会議員は務まらないのだ。
神・男の完全性を議論すると爽快感がある。
国の私法上の行為に関する違憲審査も問題となる。
小泉進次郎が滝川クリステルと結婚したなどの報道があった場合は、第三者効力論によって「フィクションである」という立場を取るのが普通であるが、公権力の行使(勃つのかどうか)あるいは、有名になるために体を売っていたのではないか(法律の留保)などの面から、「口説き文句」がどのように正当化されるのかは検討が必要だ。
国会議員は、公権力の行使(勃つのかどうか)、あるいは法律の留保(オカマ・レズビアンではないか)が有名であるために常に問題にされ、官僚的答弁にしたがわなければ夢が見れないという側面がある。

また、自衛隊や天皇の「統治行為」も「一見きわめて明白に」違憲無効と考えられる「完全な素人さん」でない限りは、そのテクネーの解釈論であるエピステーメーは否定できない。
自衛隊の作るテクネー(処女芸術)と、天皇が行う解釈(エピステーメー)だけは「別格」と解釈されている。
防衛省・自衛隊は直ちに全面的に解体されなければならなくなるのか?
それは、芸能界の「処女芸術」がなくなることを意味するし、天皇制廃止を唱えるのならば、自衛隊の「処女芸術」を怜悧に解釈する論者がいなくなることを意味する。
国家予算とも関わる議論が統治行為なのである。

「統治行為」によって法律を作るにせよ、閣法・議員立法にせよ、テクネーとエピステーメーのカネから法律というのは作られている。
そのため、カネが足りないのならば仕方がないという合憲限定解釈を行わざるを得ない。
また、男が別の男を殴ったという事件に注目して「適用違憲」をその事件限りで問題にしたり、そもそも運用が「殴る男にカネがないではないか」ということを運用違憲として問題にしたりする。
「統治行為」によるテクネーとエピステーメーから生じるカネにせよ、閣法・議員立法から生じるカネにせよ、適用違憲・運用違憲は「憲法マネーの資金が足りない」という意味においては、違憲という判断は自らの知性(エピステーメー)を疑われるものである。
女心には「絶対」がある(レイシオデシデンタイ)。

確定判決(半ケツ・マスターベーション)の判断に与えられる通有性ないし拘束力を「既判力」という。
終局判決(オーガズム)が確定すると、その判決における請求についての判断は、以後、当事者間の法律(ノンケ)関係を律する基準となり、同一事項がふたたび問題になったときには、当事者がこれに矛盾する主張をしてその判断を争うことは
許されず、裁判所(メディア)もその判断に矛盾抵触する判断をすることは許されなくなるのである。
たとえば、運転が好きな人は、異性のドライバーでマスターベーションをすることから運転が好きになっているし、将棋の棋士は「女流棋士」でマスターベーションすることから将棋への道に入っている。
人は他人に影響を与えながら生きている。
特に異性は他の異性に影響を与えながら生きていることを既判力という。
「大事なのは続けること」
貴島サリオ 芸能界でよかった

既判力の根拠としては、「紛争の解決」つまり、物事の学習にマスターベーションは都合がいいという考え方や、その筋では「かなりフェアなゲームが成立している」などが挙げられる。
既判力の作用としては「あの異性はそのことを続けているよね」ということをオンエア(裁判)で認め、それに反する証拠の提出を排斥すると言う積極的効果があるとされる。
異性がその記憶をもとにいろんな学習をしているのならば、それを否定することもあるまいという考え方だろう。
口頭弁論(言葉のやり取り)が終わらなければマスターベーションはできないともいわれ、口頭弁論終結時に既判力は生じる。
また、期待可能性(セックスできる可能性)も必要だとされる。
人は考える生き物である。
標準事後は取消権もないとされるが、相殺権つまり、その世界で真剣勝負を挑んで、その世界を嫌いにさせてしまうことはかまわないとされる。
好きこそものの上手なれ、よっぽど上達したのならば建物買い取り請求権すらあるとされる。
既判力は、判決主文つまり「野球」「将棋」「運転」などの「競技の名称」にしか生じない。
しかし、「人間は眠らない」という立場に立つ新訴訟物理論の側からは「主要な争点」にも、同様の効果が生じるとされた。
眠るか眠らないかでマスターベーションの意味は変わってくるのだろうが、争点効理論の真の意図は実践して見なければ分からないだろう。
また、同性の憧れのスポーツ選手の真似をするとモテるからその世界が好きになった、という「マスターベーションをともなわない」その世界への溶け込み方(反射効)の存在も指摘できる。

「弁論主義~天皇皇后両陛下」
判決(半ケツ・マスターベーション)の基礎をなす事実(結婚)の確定に必要な資料(口説き文句)の提出(事実・結婚の主張、証拠の申し出)を当事者の責任および権能とする建前を弁論主義と呼ぶ。
職権探知主義(メディアが作り出すフィクションが芸能人の結婚である)という立場に対して、天皇たる地位に「カント(口説き文句)への造詣の深さ」「実力制」を強烈に求めたのが弁論主義である。
天皇がカントに造詣が深いというのは「自明のこと」とされ、条文はないが、通常の民事訴訟(民間人の結婚)においては弁論主義が、芸能人の結婚に関する公益が問題となる人事訴訟(皇族の結婚)においては職権探知主義(メディアが作り出すフィクション)がとられている。
芸能人の結婚に関する行政事件訴訟法は、部分的にのみ職権探知主義がとられ、あんがい人間関係は現実を反映している。
問題は、皇族の結婚に関する人事訴訟が完全に「メディアが作り出すフィクション」となっていることであるが、天皇が「カントに造詣が深い」ことだけは当たり前のこととして理解しておかなければならない。
①法律(ノンケ)効果の発生消滅に直接必要な事実(天皇皇后の結婚・主要事実)は、当事者の弁論(口説き口説かれ)に現れない限り、判決(半ケツ)の基礎としてはならない。
②裁判所(メディア)は、当事者間に争いのない主要事実(天皇皇后の結婚)については、当然、判決(半ケツ・マスターベーション)の基礎としなければならず、この意味で拘束を受ける(自白)。
シェークスピアの「オテロー」においては、「オテローは結婚しています」というのが女の決め台詞となった。
③裁判所(メディア)が調べることができる証拠(口説き文句・男社会で生きている証拠)は当事者が申し出たものに限られる(職権証拠調べの禁止・ブログやツイッターの有効性を認める)。
工藤静香 証拠を見せて

なお、弁論主義の第三テーゼ(③)に関しては、「スクープ記事」が認められていた時期があった。
第一テーゼ(①)に関しては、訴訟資料(男女ともに参加する影響力争い)と、証拠資料(男だけが参加する影響力争い)の二つに峻別がなされ、女にとっては「証拠を見せて」というのは非常にありがたい宗教となりえた。
そもそも、なぜ「弁論主義」は採用されたのだろうか?
天皇になりたければ「カント」(口説き文句)を学ぶのが帝王学であるということを示すことにある。
ダークマター(不意打ち防止)やダークエネルギー(手続き保障)を考慮しなければ、「結婚しただけで出世」「セックスしただけで出世」などという問題が生じかねない。
天皇皇后に取り巻く歴史認識が弁論主義の背景にある。
松田聖子 マラケッシュ

弁論主義の根拠は「実力のある天皇を」というところにあったが、裁判所(メディア)が報じたことに対し、釈明に応じない当事者はいない。
むしろ、「どんな肉声を持っているのか?」を明らかにしない限り、皇位継承にまつわる結婚にはたどり着かないのだ。
不意打ち(ダークマター・セックスさえすれば天皇と呼ばれる)の問題への対処法を明確にすることと、親王さまに憧れて「お内裏さま」を結婚式で演じる藤原氏の存在があればいいとも考えられる。
肉声を語れ(釈明権)・肉声を語りたい(釈明義務)が存在するのは事実であるが、法的観点(ノンケ的観点)指摘義務が人々にはあり、なかなか法的観点指摘義務に打ち勝てる「強い天皇・強い皇族」はいないのが現状だ。

当事者の行為(セックス)は、申し立て・主張・挙証が必要とされ、申し立てで大騒ぎしたところで、主張・挙証の段階で周囲にくじかれることが多い。
そのうえで、否認つまり、「そのような結婚はない」とするものや、不知つまり「そのような結婚は知らない」とするもの、自白つまり「そのような結婚を認める」というもの、そして沈黙が挙げられる。
ここで気がついてほしいのが、原告と被告は「男と女」なのであり、あくまでも、両性の合意のもとに手続きが進んでいるということなのだ。
「沈黙さえ怖くない恋人になりたい」
タンポポ 恋のやじろべえ

平成天皇のように、安易に「仮定的主張」つまり、「過去の女をあら探しする」ことに逃げずに、もっと、「カントに関する見識」を聞いてみてもいいとも思うが、なにしろ、二十代だとみんな似たり寄ったりな部分がある。
いずれにせよ、完全陳述義務や真実義務のように「率直さ」は「自信の表れ」という具合に見ていくしかない。

「国会~スカーレット」
そもそも国政(テクネーとエピステーメー)は、国民の厳粛な信託によるものであり、その権威は国民(性欲のある人々)に由来し、その権力は国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
すべての国家機関、つまり、司法(恋ばな)、行政(メディア)、立法(カネのばら撒き)は国民の代表である(広義の代表概念)と目されるが、議員は「エピステーメー」に詳しく、選挙区や特定の団体の利益ではなく、国民全体の福利の実現を目指すべき存在として、統一的エピステーメーを形成できる機関であるとするものだ。

女が男を育てるという発想が生まれたのは1986年であり、「賞味期限の切れた彼」
などという表現も、中曽根内閣の頃に生まれている。
高橋由美子「スカーレット」より。
高橋由美子 ウェルカム

ホイッグ的代表理論、つまり、国民にとって何が最善(もっとも気持ちいい)かを自らの判断に従って行動すべき存在であるという選挙制代表が、地方の利害のために行動すべきというトーリー的代表概念と衝突した。
アメリカでは、国民の「テクネー(処女芸術)とエピステーメー(知識)への喝采が必要」とされ、下院議員の任期は二年と短く、人民が主役であると考えられた。
しかし、かなり強い「公権的解釈権」を持つ大統領の存在を前提としている。
また、メディア(裁判所)も、音楽作品の解釈論には謙抑的であるが、かなり強い影響力を持っていることを知らなければならない。

愛を囁けないのならば、国会議員にも首相にも天皇にもなれない。
「あまい囁き聞かせて」
高橋由美子「スカーレット」より。
高橋由美子 ウィスパー

「絶対」が存在するという観点から統一的国家意思をテクネーとエピステーメーに求め、国民生活を豊かにするための資金を引き出すことが国会に求められたが、天皇にせよ大統領にせよ、エピステーメー(知識)は抜群でも、カネを持っているのは国民であるし、喝采を浴びせるのも国民である。
選挙区単位の国会議員の罷免(プープル主権)は認められていない。
「地元にカネもってこいや」という発想よりも、広く全国民の喝采を求めたのだ。

髪の長い女は「セックスできる」体である。
高橋由美子「スカーレット」より。
高橋由美子 シャンプー

国権の最高機関である国会にはなにしろ「エピステーメーの専門家」が山ほどいるし、国全体にカネを行き渡らせる「統括機関」であるという意味であると考えられる。

世の中には、オカマやレズビアン(法律の留保)という世界があって、大人になるってあんがい大変なのだ。
「男の子は男になり、女の子は女になる」
それが統括機関の目的なのだ。
高橋由美子「スカーレット」より。
高橋由美子 ファイト

テクネーとエピステーメーによって集めたカネでどんな組織を編成し、どんな仕事をやるのかは国会中心立法つまり、国会が独占して決めることだ。
内閣提出法案のように、すでに組織がカネ集めの目処を立てて提出してくる法案もあるが、それでも、国会単独立法、つまり、国会議員にその「知識」を周知徹底させなければならない。
国会が開かれると(天皇が召集する)テクネー(処女芸術)とエピステーメー(知識)が広く会議の公開のもとに広まり、国におカネが行き渡るが、国民が仕事をするうえでの血液ともいうべきおカネの流れが止まれば、衆議院は解散せざるを得ない。
衆議院の解散は天皇にとっても屈辱であり、閣僚三名の署名が持ち込まれれば解散させるしかない(苫米地事件)とされる。

女にとって「沈黙」とは「セックスOK」という意味だ。
「言葉なんか要らない」
高橋由美子「スカーレット」より。
ハル~サンシャインベイから 高橋由美子

政党というのも「国民の政治意思を形成するためのもっとも有力な媒体」(八幡製鉄政治献金事件)とされているが、テクネーとエピステーメーを理解しなければ、資金の裏づけのもとに政府が「仕事」をすることは困難なのであり、衆参の議員が五名以上であることや、直近の国政選挙での得票率が2%以上であることが政党要件として求められている。
政党助成法にもとづく政党交付金も「大政党に有利」とされているが、党内民主主義つまり、自らの政党内部で「モテること」などは当然の前提となっている。
政党の「成績」というものまで考慮するのならば「大政党に有利」というのも仕方のない部分がある。
自由(譲れない夜)を否定する政党には自由を与えるべきではない(戦う民主制)などといった議論も政党に関してはなされている。
瀬能あづさ 永遠に友達

「行政権は内閣に属する」つまり、行政(メディア)は内閣が握る。
テレビに出たければ政府与党に属する以外になく、政党間の争いは想像を絶するものがある。
イギリスのように国王と議会が対峙し、国王の任命にかかる内閣が議会(下院)の信任を受けているという構図は確かに成立する。
ライブパフォーマンスがなければ忘れ去られていくのが、芸能人であり、自らの破産が原因でテレビに出られなくなるという理由とは別に「政権の都合」という要因が存在することになる。
政権が交代すれば「テレビに出られなくなる」という芸能人はいるだろうが、テレビ局が安易に「政権交代に世論を誘導してやれ」などとは言えない事情もある。
内閣がその職権を行うのは閣議による。
閣議は内閣総理大臣がそれを主宰する。
定例閣議・臨時閣議・持ち回り閣議など、すべてに、芸能人生命がかかる者たちがいる。
テクネーとエピステーメー、つまり「おカネの問題」はすでに国会に委ねてあるため、閣議に司法審査は及ばないとされる。
芸能界の執行や、外交、官僚人事などを握ることになるが、「国会に対して連帯して責任を負う」とされ、国会の生み出すおカネが頼りなのが現状だ。

日本政府の「外交の失敗」すら、現役の芸能人の芸能人生命に影響を与えるために、国民は外交には重大な関心を寄せざるを得ない。
「ダンサーを目指している彼は、次のステージに賭けている」
SPEED Another Sweet field

「天皇~言葉の意味の神学」
象徴という言葉は、記号論と呼ばれ、「言葉の意味の神学」と翻訳されている。
記号論という本を探してみても存在しないが、ようするに「面白い本」という意味である。
本来、「カント(口説き文句)に詳しくなければ、娘との結婚すら認められない」というのが民事訴訟法の立場から見た「天皇観」であったが、会社法上も労働法上も、「女の子を口説けなければ収入の面から割に合わない思いをする」というのが社会人であり、「カント」をみんなに分かりやすく広めないのならば、天皇とは呼べないのだ。
内閣の助言と承認によって、国民には「こんなに偉い人なんだよ?」ということは伝わるが、女の子を口説く言葉(カント)を拡散させることは、時に「神はゲイを憎んでいる」(命令)というメッセージにもなりやすい。
男のケツを狙うマッチョにはかなり「天皇」というものに葛藤を抱くものもいる。
男が崇拝する男としての「ゲイ」は、神の起源であり、時に「ペン」を憎むものだ。
平和の象徴としての「鳩」つまり、資金集めの達人であることや、文の象徴としての「ペン」などは、「天皇」というものは何かを語る時に常に引き合いに出される。
セックスする時は女はいつも本気である。
ribbon 愛してジャスティス

「地方自治」
理性(女のからだ)万能の時代が来て、ようやく地方自治は基礎体力を高めるものだ。
自然法(勉強)の限界に対して、田舎娘でも十分に美しいことから、おのずの「勉強の限界」として地方自治を位置づけようという発想(固有権説)もあったが、「分かりやすい勉強」は国からもたらされるという伝来説が勝利した。
プロイセンで、家格がもっとも高かったバイエルン家に、むしろ「勉強」を教えたビスマルクに由来するものが伝来説だ。
国家レベルの口説き文句は知らないけれど、女たちが美しい、これが地方自治の柱である。
国の法律と地方の条例の抵触に関しては「モノにしたとたん冷たくなる男」さえなくせばいいという発想がとられている(徳島市公安条例事件)。
冷たくしないで

「裁判所」
裁判所(メディア)は、最高裁を頂点とし、非「政治」的、つまり「女心に熟知していながら、自らはそれを語ることはない、あるいは非「権力」的、つまり「勃つ男」であるということから、宗教上の「教義」を淡々と収集するという意味において、モンテスキューは「人間の間でしかく恐るべき裁判権」と言わしめている。
「実体法」つまり、金儲けやモテる方法を定めた法律のみならず、「手続法」つまり、自分が影響力を増す方法を定めた法律もあるが、「救済法」つまり、「地裁の判事は俺の友達」という仕組みがあり、救済法はきわめて無視できない存在だ。
身内の芸能人の力を背景にする行政処分(発言力)を執行停止できるほど、裁判所(メディア)はそもそも芸能界を管理しているのであるが、内閣総理大臣は芸能人の救済のために「異議」を述べることができる。
「恋の神様~裁判所」
モーニング娘。恋ing

判例といっても「二人の女」のラブパッションとなって最高裁に行くことが多く、必ずしも最高裁判例からのみ「規範」が導き出せるわけではない。
「思い通りにはさせないから」という女の思惑があり、判例百選とは距離を置き、あるいは編集しなおし、教科書に戻っていくという姿勢が必要になってくる。
rebecca Love passion

また、動産と不動産という区別も、動産(プロテスタント女)・不動産(カトリック女)という区別がなされており、各人の文化の違いを理解する必要がある。

動産 モーニング娘。インディゴブルーラブ

不動産 AKB48 恋するフォーチュンクッキー

このあたりは第三次答申を改めて出したいと思う。

 

2019年8月 5日 (月)

鉄人。

マスターベーションのコツはどこにあるだろうか?
想像する相手が「差別」されていることと、ステレオタイプ(ノーマルセックスを想像すること)の二つが条件になる。
抜けない女というのは「差別されていない」ものだ。
想像する相手が差別されていることと、ステレオタイプ(ノーマルセックスを想像すること)の二つが条件になると、エホバの証人の女などは絶好のズリネタであるし、わざわざ「差別されること」を望んでいるとしか思えない。
「女教師」「人妻」「看護師」なども「差別」されているのだろう。
その対象に「ノーマルセックスを想像できる」(ステレオタイプ)ことがノンケになる条件だ。
「マガジンタイプ」(ヘンタイプレイ)な生き方なんて大人に任せておけばいい。
夢を持つことは「ノンケ」になるのが目的なのだ。
CoCo 夢は眠らない

差別に「いいこと」があるとするのならば、とにかく「韓国女」にせよ「抜ける」のである。
少女時代が「差別」をどのように活用したかはよく理解しなければならない。
少女時代 Gee

「差別」は「悪」に対して行うものだ。
それならば、セックス(罪)との相性は抜群ではないか。
どの男もどの女も「自分にとって一番大切な人」を差別などしていない。
そのために、パートナーでは抜けないのだ。
「悪」は意味に満ちている。
とにかく人類学の観点からも「彼・彼女の論理」が分からないため、ズリネタに一番いいのだ。
韓国との「政冷経熱」つまり「女心が分からない」(政冷)しかし「女で抜ける」(経熱)などわが国の伝統であっただろう。
少女時代 ジニー

女にとって「教科書は男」とも言われ、本当に読んでいる男でマスターベーションをした。
自分で「レポート」を書いてみて、評価が悪いと、成績のいい男は格好のネタになった。
「家族にするともはや抜けなくなるが、キャリアや成績をいい方向に導くことができる」「家庭内にいる人」(ノーゴー)か「差別された人」(ゴー)かの区別は明確に理解しなければならないし、いざ、結婚してみると冷え切った関係になりかねない。

マスターベーションというものは「差別された異性に」「ステレオタイプ(ノーマルセックス)」を求めることであるが、その効果としては「差別されたものたちに溶け込みたい」という感情を誘発することがあるとされる。
私も、中学高校では「成績のいい女の子」が対象であり、大学に入ったら「芸能界のアイドル」が対象となっている。
大学に入って「芸能界には興味がない」というのであれば、行政法などの法律が分からないだろうし、官僚にも向いていない。
そもそも「処女芸術」と接する機会もなければ、大学での講義(知識)と照らし合わせる機会がない。
テクネー(処女芸術)とエピステーメー(知識)こそがあらゆる資金の出所であることから、「ラムちゃん」が嫌いな京都アニメーションのメンバーはいないといっていい。
うる星やつら

「新しい知識」というのはマスターベーションをすることで覚えるのだ。
快楽のショックの穴埋めのために日常に戻っていく。
しかし、「鍛え上げられた肉体に多少の薬」という才能や、「一番いい先生を選ぶ気力」は通常の人間にはないものだろう。
そこで、中年世代になると、バッティング(頭突き)行為などの反則が横行するようになる。
「情報源とそれからもたらされる衝撃の大きさ」を悟ることが己を知るということだ。
自分の発言やプレーがなんら「衝撃」を引き起こさないのならば公然と反則を使うようになる。
そんな時は、そのような反則を使う輩を笑いながら叩きのめせばいいし、私も、腰を悪くした時に杖をついて街を歩いていたら、女子高生に「老人じゃん?いるよね」と噂されたが、マスターベーションの「ショック」の穴埋めをするために彼女たちは私のブログを読み始めるだろう。
とにかく「情報源とそれからもたらされる衝撃」を作家としては保障してやらなければならない。
マスターベーションの「ショック」を英語で「Think」と言い、日常生活の方向性を決める。
自分の家族以外を差別する、ここから人生というものは始まるし、やがて、自分の世界というものは広がっていく。

「魂」(ノンケ・いじめられっ子)と「肉」(オカマ・いじめっ子)よりも上位にくる概念が「霊」である。
霊は、「顔にあらわれる」とされ、男の顔・女の顔・そして出会いと別れを繰り返さない「絶対的顔」の存在が指摘されている。
中島みゆき 時代

「霊は顔にあらわれる」としたが、女の子の文化がなければ「女の子らしい」顔はできないし、男の子の場合もそうであろう。
また、別れないカップルならば「顔が似てくる」などの絶対的顔が存在するはずである。
その「絶対的顔」は時に息子の顔であったりする。
いずれにせよ「霊」とは「顔」のことであり、「文化」のことでもあった。

特に、男の子の「霊」は、勉強さえできればいいかもしれないが、「女二人に男一人」という構図が生まれたことは「女の子らしい顔」の美しさ、の世界を一気に爆発させた。
Wink 淋しい熱帯魚

なぜ、両親と顔が似てくるのかは遺伝という説明よりも「聖霊」の存在を念頭に置いた方が説明しやすい。
DNAトランスミッションよりも「文化」の影響を強く受けるのだ。
このことから「愛されて育った子は、勝手な自分を愛する」などと言われたりもする。
親父の書斎・母親の聖書などは、息子や娘の「顔」に伝わるため、親が恐れられたのならば、赤ん坊などの子孫まで根絶やしにすることは昔から知られていた。
ヴィト・コルレオーネはどこだ?
ゴッドファーザーパート2より

企業経営者といっても決して豊かとはいえないし、労働者も似たようなものだろう。
それならば「カント」を父親が学ぶこと、そして聖書によって母が父を慕うことが、子供たちの「顔」「霊」に影響を与える。
このことから、キリスト教社会は、「霊」を、「魂」「肉」よりも大事なものと位置づけたのだ。

お父さんの「文化」に影響を受け、恋をすることに臆病になる女の子は多い。
中森明菜 セカンドラブ

ヒンドゥ教は、息と霊(顔)に命を見出す宗教となっている。
エジプトにおいても「結婚前のセカンドラブ」を強烈に批判するようになっている。
お父さんとお母さんからもらった「顔」「文化」つまり「霊」を愛せなかったのかという思いが親にはあるのだろう。
聖母マリアも自らの「霊」を愛したために「罪がなかった」と噂された。
女性は、音楽作品の意味が分かるようになるために一通りの経験はした方がいいという考えから、「女性は子供を産む装置ではない」(厚生労働省見解)とされているが、聖母マリアはむしろ「子供を産む装置」であった。

父親がカントだのマルクスだの言っていて、母がそれを慕っている両親を持っていると、男の子は「恋を追い越していく」とも言われる。
歴史上の哲学者は「カトリックに奉仕するため」にいたようなものであるし、カトリックでない女の子は「好きよ泣きたいぐらい」と言って、音楽作品や建築にそれは利用された。
酒井法子 恋と愛のニュアンス

 

2019年7月25日 (木)

孫子の兵法~火の手の巻。

梅雨が明けると火の手はおさまらない。
風が逆風の時は火を攻めてはならない。
いて座、からす座、ペガサス座、コップ座に月が囲まれていたら風が吹き始める。
火の手が敵陣で上がったらちょっと観察しろ。
敵陣の人々が散り散りにならなければ攻めるな。
火が高く高くなる兆候が見えなくても攻めるな。
火を攻めるのは昼間にしろ。
夜の風はすぐにおさまる。
火は攻撃に味方する。
水は攻撃を助けてくれる。
水のような存在は孤立させることはできてもどけることはできない。
完全勝利する将軍は深く考えている。
有効な将軍はそれにしたがう。
得るものがなければ動くな。
勝利以外のために展開するな。
危機的状況でなければ戦うな。
怒ってはならない。唾を吐かれてはならない。
得るものがあるのなら動け。なければ止まれ。
怒りは快楽になるし、唾を吐いても喜びに変わる。
しかし、国の崩壊は元には戻らないし、死人が復活することはない。
誠実に、注意深く、ひたすら国を平和に、そして兵士は止まったままに。
國府田マリ子 長雨

後漢の煬帝のコメント。
中国は三つの方向から野蛮人に囲まれていて、どうしても夜中に火をつける連中が出てくるんだ。

隋の文帝のコメント。
火をつけるといっても、たいてい穀物に火をつけている。
食が満たされる頃を見計らって野蛮人が火をつけているのかね。

曹操のコメント。

とにかく、野蛮人に対しても、食べ物に対しても「怒ってはならない」というのが鉄則だろう。

 

サル山の研究では、ナンバーワンがまだ完全に死に体ではないのに、ナンバーツーが前に出ると、ナンバースリーとナンバーワンが手を組んでナンバーツーが屍になる。
会長がまだ完全に死に体ではないのに、会長と手を組んだナンバースリーは松本だ。
岡本社長はそれで死に体になっている。
問題は、今後、松本が誰を「ナンバーツー」に指名するかであり、あるいはこの松本の「サル山作戦」が進行していくうちに、会長が本当の死に体になるかもしれないということなのだ。
そこでようやく加藤の出番が来る。
今は松本の生い立ちから来る才覚に敬意を払いたい。
決して尊敬することはできない「ナンバーワン」でも「死に体」でなければ利用するのだ。
松本の「ナンバーツートラップ」がどこまで機能するのか?
ナンバーワンが死に体になったら自分のやり方は終わるということも、知らなければならない。 2018年にアメリカ合衆国で「北朝鮮は嫌い」と言っていた人は51%いた。
しかし、2019年には16%になっている。
これは、ニューヨークタイムズとオープンAIが所有しているGPT-2と呼ばれる「人工的フェイクニュース拡散技術」によるものである。
フェイクニュースの内容は、一般人には分かりづらいものがあるが、ノイジーマイノリティが一番大騒ぎしそうなネタを拡散させているものと思われる。
たとえば、関係者の中の女の「昔の男」の存在を指摘したり(ボーダーライン)、あるいは、関係者の男の「浮気」を指摘したり(瞳はダイアモンド)、あるいは、横浜DeNAベイスターズの勝敗ももはや、私が開発した「オールジャパン」を基盤に、GPT-2が「オートマチックに」勝敗が委ねられた可能性もある。
このことは、NHKよりもニューヨークタイムズの方が「文民統制技術は上である」ということを私に見せ付けることで、日米の今後の「戦争の可能性」を封じ込めることになった。
版権は私にある「オールジャパン」であるが、すでにメジャースポーツで実践しているのがGPT-2であり、安倍政権の支持率を80%にすることもニューヨークタイムズには可能なのだ。
特にアメリカの政界では「あの男の方があなたよりも賢い」という情報にきわめて敏感であり、フェイクニュースは主にこれを狙っているようだ。
理論化したのは私であるが、ニューヨークタイムズとオープンAI、そしてGPT-2に命を狙われたらひとたまりもないのは日本国も同じである。
ribbon 真夏のフェミニスト

 

«お引越し。