最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

2017年11月18日 (土)

脱ぐ女。

女は「他の女と比べてもらうために」脱ぐのだ。
Madonna.

セックスを想像させ、「処女のように」見えるのが女の裸だ。
複数の女の裸は歓迎しない。
見る側の男は常に「他の女を見る」用意ができているのだ。
「男を快楽に縛り付けるもの」って一体なんだろう。
女の裸だけではないことを知った。
「何か温かいもの」に快楽を感じたのだ。
アービン・フィッシャーは、若い頃、エロ本で感じた興奮を大人になっても持ち続けることの重要性を指摘した。
1930年代にパレード均衡が考えられ、「常にいやらしい方向に」物事を考える読書の方法が外国語の文献を読むのにも有効だと知った。
ヌード写真を見る童貞のように外国語文献を読む、そうでないと何かを見失うだろうとされたのだ。
1938年にポール・サムュエルソンはそのようにパレード均衡を用いて、ひたすらアメリカの学問を豊かなものにした。
いやらしい方向に常に移動しながら、外国語を読んだのだ。
ヌード写真を見る興奮を忘れたら、外国人の「こころ」を見失うと考えた。
勉強が楽しい理由は他にあるだろうか?
堅苦しい言葉が「何を目指しているのか?」が見えた時に何かが理解できた。
1957年から1959年にかけてハルデンやライトが、教育、そして勉強というものを確立させた。
「これを知っているのならモテるよ」
そのような知識のネットワークを構築したのだ。
絶対解ける問題 松浦亜弥。

目の前の女を脱がせてみよう。
それが「絶対解ける問題」だった。
勉強が終わった後に、彼女は「要するになんて書いてあったの?」と聞いた。

1920年代にヤスパースは、勉強や政治は「女のヌード」という宗教だとしている。
女のからだを勉強に持ち込み「最初で最後のカント派」と呼ばれた。
大きすぎる女心は、どんなことでも「一連の流れの理解力」を受け入れたし、絶対解ける問題だった。
国家社会主義体制における教育学のスポークスマンがヤスパースだったのだ。
モーニング娘。 笑顔イエスヌード。

海と都会のある北ドイツハンザ同盟は、カントやキルケゴールの実験場だった。
そこで、精神科医出身で哲学者になったのがキルケゴールだった。
当然、女の子と教育をどのように有効に結びつけるかを考えたわけである。
ハイデルブルグ大学で三学期の間、法律学を履修し、1902年から1908年まで医学を勉強している。
1909年から1915年まで臨床医を経験した。
1937年にナチスに職を解かれるまで彼はアカデミズムの世界にお金を提供し続けた。
マックス・ウェーバーの戦う民主主義とは「英雄についていく」ものであったため、よりエッチで人間が練られた英雄を描こうと決めた。
「女に詳しければなんでも物事がうまくいく」とした新カント派は、もはや機能不全ではないかとされていた。
ハイデガーは、1933年にナチスを支持することにしたが、ヤスパースはユダヤ人女性を妻としている。
それ以外は、2人の区別は極めて困難だ。
ヒトラー政権のもとでユダヤ人女性を妻とし、ドイツ北部で国全体のイデオロギーを支配したのである。
恋という気持ちを勉強の世界で有効に使う、しかも、都会の人混みに触れる、海にもいく、そのような健康的な生活が一番効率的だと思っていたのだ。
戦時中もなんら命の危険はなかった。
CoCo 笑顔でノーサイド。

戦後は「エッチで人間が練られた英雄」として復権している。
ドイツ連邦共和国(西ドイツ)において、ホロコーストはドイツ国民全員がその罪を担わされるものではないとしている。
ハンナ・アーレントのようにホロコーストの映像をうつ病の治療に使うものもいたために、自虐史観を持たなくて済んだ。
1974年に95歳で死ぬまで、ドイツ統一を願う西ドイツの英雄であり続けた。
ハイデルブルグ学派はドイツ北部の成績優秀なものの暮らしぶりを描いた連中のことであり、ヤスパースはその中のスターであった。
CoCo あなたといた季節。

カート・シュナイダーは、その中でも抜群に優秀だった。
ホームシックや犯罪について研究し、知能テストの方法を確立したり、幻覚とは午前中に見る夢の続きだろうと考えたりした。
ヤスパースが精神分析医としてのキャリアを始めた時、ゴッホとスタインバーグの情熱的な愛を分析している。
ゴッホは13歳の時にすでに愛を知っており、人格形成や発展というものを覚えていた。
忙しすぎると人を愛せないのかな?とヤスパースはゴッホのゆったりした日常を見て考えたりもした。
セックスするたびに融通が利かなくなっていることも知った。ゴッホはセックスをしないでスタインバーグを想っていたからだ。
心の病ってのは「セックスのしすぎ」で追い詰められていることからくるんじゃないのかな?と考えたりもした。
キョロキョロしているうちはセックスが足りないんだろう。
しかし、信念に凝り固まった男はもはや「女心」には興味を持たないだろうとしたのだ。
女心に興味を失ったらセックスも楽しくなくなる。
松田聖子 スター。

また、ヤスパースは「影響を受けたアニメによってパートナー選びをしている」とも指摘した。
セックス経験が豊富なほど「狭い職場」にこもるようになるので、歳をとったら引退したほうがいい。
この原理を「グンゼ」と呼んだ。
アニメで世界はできているということと、自由が利くことは類似していた。
女の子はセックスで狭まってしまった世界をアニメを見ることで必死に広げようとしていたようだった。
女心は大きすぎるといっても、セックスしすぎて世界が狭まるというグンゼという視点がカントにはなかった。
了見の狭い病人女と健常者の女は「セックスの数」の違いだけのようにも思えた。
セックスしすぎた人間を「話のわからない人だ」と思わないことが大事だったね。
rebecca trouble of love.

死んだら一巻の終わりというのがアニメの教えであった。
そこでアニオタ女は「死後の世界を信じている」という究極の嘘も覚えた。
男らしい人には何度でも「復活」して欲しかったからだろう。
知識というものがそもそもそのように語り継がれてきたからだ。
女の「哀しい方の嘘」がイエスの復活をもたらしていた。
セックスしすぎて融通が利かなくなった私、そしてアニメを見て死後の世界が閉じていると教わった私が「男らしい人の復活」という嘘をついた。
「女は男に比べられるために裸になる」
彼は昇天した。
本当に復活して欲しい人は「多くの女たちの感情にさらされた人」だった。
「あんた有名だよ?」とケンカを売ったこともある男だったのだ。
ribbon 哀しい方の嘘。

セックス経験が病的ではない女、アニメを見ない女に「復活」を説いても意味がない。
「イエス様の永遠の命」とか言っていると「枕営業しまくった芸能人がアニメを見すぎたんだろう」と思うしかない。
カルヴァン派は、セックスのしすぎという指摘を批判したが、新約聖書の重要な位置を占めた「永遠の命」という問題をアニメの見過ぎという指摘は行われている。
プロテスタント神学においては「アイドル」と仲良くするためには枕営業という言葉は出さないものの、「永遠の命」ということは共通認識にしていいのではないかとも言われる。
「自分は比べられてきた女」ということもこの背景にあるようだ。
父と子、聖霊が一体となってイエスとなり永遠の命を手にするというスピリチュアルな考えを「サイファー」とよぶ。
急進的リベラルでもあり、行きすぎたフリーセックスという指摘が根強い。
酒井法子 永遠の朝。

永遠というものがもしあるとするのならば、セックスの時に感じたんだろう。
あるいは、アニメの見過ぎで覚えたのだろう。
いずれにせよ、永遠という言葉はセックス女に男がご機嫌をとるためにプロテスタントで用いられていた用語であり、国家社会主義あるいは共産主義、そして原子爆弾に沿革を持つものだ。
もはや、セックスのし過ぎに由来するものなので、「人間らしい表現だ」と考えたほうがいいし、頭ごなしに否定する性質のものでもあるまい。
銀色の永遠 藤本美貴。



【つづく】

2017年11月16日 (木)

宮内庁の陰謀。

宮内庁の羽毛田信吾と牧野尊行に虐待されてるんだけど、誰かこの2名をぶっ殺してくんないかな。

組織の女。

【より良い妻を求めることの不幸がある】
一切の妥協を排し、より良い妻を求める、1928年にアレンド・ヘイティングの物語が話題になった。
女はキスをする存在だし、胸を揉ませる存在だし、セックスをする存在だ。
「より良い妻とは何か?」
ヘイティングは1930年代に書き記していた。
この文書が脚光を浴びたのは1970年代のことである。
あまりにも空虚な歯がゆさだけがこの物語に記されていた。
しかし、2人の男女の空虚さが、「新しいカップルの形」を生み出した。
2人は「数を数える」のが好きだった。
あなたのキスを数えましょう。

この「数学」から「処女をセールスにかける」という発想が生まれた。
誰からも祝福されたことのない女は組織に属しているとも言われた。
バッハのシンフォニー、ヘンデルのオラトリオのような人生の波をどのように作り出すのかが問われた。
【罪とは組織が生み出すものだ】
ヒルベルト空間のような自分の空間で「許されないこと」は決まっていたのだ。
人間には記憶がある。
その記憶が「罪」と考えることは罪だろ。
なぜ日常の中でイエスとノーが区別されているのだろうか。
それは「数が数えられるうちは罪」という側面がある。
罪というのはクリエイティブなものなのだ。
仕事というものは「数えきれない」から罪ではない。
人からお金をもらってもいい理由はここにある。
「数をこなすこととお金をもらうこと」
これが組織だろ。
セックスサークルのメンバーになることが組織に属するということだ。
この時点で、男も女も「キスやセックスの数を数える」のをやめてしまう。
娘が「キスをした」と言い張った時に、母は「働いたら負け」と発言している。
さて、男の側はというと、「キス」と「キスではない」が合わさることによる爆発を言葉によって表現する仕事を選んでいる。
CoCo なぜ。

どのようなヒルベルト空間で爆発を引き起こすかが試されるだろうね。
代数学、つまり結婚の研究をしたわけだろ。
数えられるものをひたすら「罪」として、そうではないものとぶつけるだけだよ。
それが仕事なんだ。
キスした跡は残さないで 国生さゆり。

ヘイティングは、理想の妻を求める旅をしているうちに金持ちになっている。
「数えられるもの」が多かったからだろう。
数えるのが難しくなったら「予言」するしかなくなる。
理論家は経験を積まない方がいい。
カンで行動するようになるからだ。
タイソンのトレーナーはこんなに弱い。

数えられるうちはいい。
カンで行動すると予言を外すことも多くなるのだ。
理論家ヘイティングは、そのようにして数学というものを扱った。
場数を踏むと鈍っていくものがある。
あいつは予言者だと噂になるととんでもない「罪」を犯すだろう。

さて、生まれるのは一度きりだ。
しかし、「男をクリエイトする」のならば「数えきれないもの」を無尽蔵に持っていなければならない。
「数えきれないもの」が男の形を作っていくのだ。
そのようにしてその人の「人柄」は練れてくる。
神はすべてを見てきたのだ。
ヘブライ人への手紙1:3 神の息子はとにかく読書家だった。
「読んだことを人に話す習慣があるんだ。そういう人なんだなと思う」
自分が一番大事だから読んだことを大切にし、それを人柄としているのだろう。
ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も「読む男」を描いている。
「哲学者みたいな話し方」
それは自己保存の欲求からくるものだった。
松田聖子 ハートをロック。

「どこに書いてあるの?」ということを平気で話すから怖かった。
人々は彼を「神がかっている」と語り合った。
「一度きり生まれた」
これが罪だったからそのような行動をとったのだろう。
読んだ通りに行動する習慣もあったので時には周囲が驚くようなことも起きた。
本能のおもむくままに行動するものはうつけだった。
読まないで行動するものは簡単に財産を失った。
「肋骨の気持ちが分かるか?」
女心も読まなければ分からないのだ。
神は火も生み出したし水も生み出した。
哲学で火をつけたのならば医学、外交の話で冷水をかけられる。
女心もそのようにできていた。
株価というのは「女をいくらで買うのか」というよりも「女心の火の熱さ」だったのだろう。
勉強した時期が長かった。
これが神を生み出す秘密だった。
学問の火の中に手を突っ込むような真似は誰もできなかった。
CoCo 夏空のDreamer.

キルケゴールは「父の子として生まれることが罪である」としファウストやドンファンを描いた。
数えられる一回限りの命があるのならば群衆の中にアイデンティティを見つけた方がいいとも語った。
常に周りの人を見回しながら生きることが大事だと考えたのだ。
「あなたが誰だか分かるだろう」
コミュニケーションを重視すればむしろステレオタイプな人間は生まれないものなのだ。
「ソクラテスになんて答えようか?」
人々と語り合うからこそ問題意識が生じていた。
コミュニケーションには皮肉とユーモアが必要だ。
ムカつく奴をパロディにしたりもした。
キルケゴールは「集団主義で神に近づこうとした」のである。
泉谷しげる 春夏秋冬。

このことを主張したら、周りの連中がみんな「キルケゴール」と名乗り、同じ日に2冊以上彼の名前で本が出されたこともあった。
希望のある失望や、強さのある弱さなどは「自分のために働くから起きることだ」とし、もっといろんな方向に世界の目的を向けた方がいいとした。
世界の目的を変えるだけでも「働きすぎ」は治るのだ。
神と人間の「絶対的距離」を理解しないと疲れ果てるだけだ。
「読む」という作業はもはや絶望的なものとなっていた。
ドンファンという「誘惑者の日記」を描き、退屈の中に身を置けば知りたくなることがある、とした。
退屈と群衆の中に身を置くこと、それは大勢という無限を感じることでもあった。
そして「幸福という名の宗教」に向かって生きるだけだったのだ。
良いことも悪いこともすべて混ぜ合わせてしまった方がいい。
群衆に紛れていれば「父の子として生まれた罪」をなくなる気がした。
それが宗教の目的ではなかったのか?
父と子の2人きりで山登りをしてはならないのだ。
世情。

2017年11月14日 (火)

アリストテレスの政治学。

アリストテレスは、小アジアやレスボス島で政治学を学び、フィリップ2世に頼まれて息子のアレキサンダーの家庭教師となっている。
2000の街(ポリス)が文化や宗教を作り出し、この「クリエイトし、記録し、時には改革する」プロセスで「いつ、どこで、誰が、どのように」文化や宗教をクリエイトし、改革したのかを記録するという営みを政治学と呼んだ。
これは「街ごと」に行われる営みであった。
法律、慣習、統治機構を作る上で文化や宗教が必要であったために、このような政治学は生まれたのだ。
「病気が奇跡的に治った」というような話も「街の中の話」にとどめられた。
東京では政治が機能しない。

アテネのソロンもスパルタのルクレジスも似たようなことを言っていたが、それぞれの街でそれぞれの縄張りを持っていた。
船を作るという仕事を持ちながら、文化や宗教について考えたんだよ。
ポリスの政治家(ポリティシャン)からキャリアを始めて、やがて国家全体に影響を与えるようになった(ステーツマン)。
ステーツマンは、メディアの寵児にならなければならなかったし、間違ったらたちまち失脚した。
それが大都会というものだろ。
文化や宗教をクリエイトし、記録し、時には改革するという作業には人々の財産が関わったために憲法改正は極めて困難な営みとなった。
今の日本では「軍か環境」以外で財産を増やす方法を切り替える(憲法を改正する)のは現実的ではない。
宗教は確かにクリエイトし、記録し、改革するのは可能であることが確認されたが、多くの人々の財産と関わった。
縄張りと財産の確保は憲法にしたがってなされている。
教育も、禅からさかのぼって改革したが、あくまでも憲法にしたがったものだ。
生存権の世界にはクリーンヒットがないとされていたが、生活保護女を信仰心に変えるという試みはやってみた。
街に愛着がなければ住む場所もないわけだから、街ごとに縄張りを決めて欲しかったのだ。
船を作るのをやめて、文化や宗教のクリエイトを専門とするのならばそれはもはや政治家といえる。
領土が広いし、住む場所は限られているのだから、どの国も「ポリス国家」だった。
船の作り方に関する新発見をすれば国全体が真似をしたけど、あくまでも街の住民に過ぎなかったのだ。
街と国はポリティクスを通じてつながっていた。
大工としてそれを悟るのは政治の基本だっただろう。
お金があれば国中の集会や会議に顔を出せるであろうが、それでも家庭に縛り付けられているのが政治家だ。
家庭に縛り付けられてオフィスを構え、恋愛論という「主権」について考える。
このような政治家がそれぞれの選挙区にいたのだ。
オフィスではあくまでも「宗教や文化のクリエイト」をやっていた。
奴隷階級のセックス話を聞いて回る作業などが日常だった。
政治家とは高貴な職業だな。
詳しければみんな「いざとなったら相談する」ことになる。
支配というのはあくまでも宗教や文化において行うものだ。
家庭内では暴君であり、官僚たちの中では愚民観にたち、多頭制においては時間をかける、これが教科書だ。
このようなやり方が一番儲かるから憲法になっている。
どのくらいの規模で「自分の正しさ」が証明できるのかという問題だった。
女たちは「FA宣言にともなう女のセレクション」において罪というものを考えたが、罪というのは「下半身事情」だけではなくもっと豊かなものだった。
近代化というものは「罪が許されるのもお金次第」という側面がある。
すべての男女が「いいセックス」を探求していた。
これを理解しないと罪が許されるだけのお金は手に入らないだろう。
夢がぶつかり合っているんだよ。
下半身事情を利用してお金を稼ぎたければ、ストイックに生きるしかない。
瀬能あづさ 永遠に友達。

政治家はいい法律家だ。体操選手にどのような肉体的負荷を加えれば強くなるのかをよく理解しているのと似ている。
人の弱さを知らないといけないのだ。
いい憲法は「人の弱さを知っている」ものであり、そのことを見通して彼女たちの居場所を作るという宗教や文化をクリエイトしていくものだ。
専制、衆愚、民主制などを巧みに使い分けて仕事をしていく。
住んでいる街さえユートピアならば多くは望まない方がいい。
森高千里 渡良瀬橋。

近代に「処女の発見」がなされたために、生徒たちは「勉強やスポーツ」に励むようになった。
政治家になるのならば当然、これらのことは経験しておいて欲しいね。
要するに「軍務に就いてほしい」ということなんだ。
運動部でも文化部でも軍務みたいなものだろ。
また、他のポリスの空気に触れることをポンポナージ(ボンボヤージュ)と呼んだ。
どの街にも男女共学があって、学校のスターがいるだろ。
その街同士で「遠征」をしあうことにより、いじめの永遠を感じたり、才能という「化身」を感じたりするのだ。
アルベルトゥス・マグヌスは「偏差値を全国区に引き直す」という試みもやった。
ピコデラミランドラは「ラテン語さえできれば全国区も怖くないな」と思った。
越境しても女たちがいただろ。
そういう女とは話が通じないと思うのが学区制なんだよ。
ルネッサンスは、そこから「永遠の知性」を磨くという時代だった。
ここにも「男は何を知ることができるのか?」という国際関係論が登場する。
転校生は虐めるなど根の深い問題だった。
「種」の永遠を志向するのが人間だったのだろう。
健康と知性の勝ち抜き戦がこのフォーラムで展開された。
「壁ドン男」を作ったドン・スコトゥスもいじめを否定できなかった。
越境する者がいた時はみんなで応援したのだ。
河合その子 カフェテラスで独り言。

これが政治の現実なんだよね。
ある意味、地元というのは「何があるか分かっている」という意味ではつまらなかったし、越境というものが「オカルトの起源」であるとも言える。
よそ者を脅かすんだよ。
「化身」になるためには、かなり広範囲で影響力を持つ大学に入るしかないだろ。
キリストはそのようにして国際関係論を有効に用いて王になっているのだ。
オカルトに逃げるのは田舎者なんだ。
教会というものはかなり広範囲でネットワークを張り巡らしているものなんだ。
すべての道はローマに通ずとも言われた。
越境して萎縮すると、黙り込んだりバカをやらかしたりするものなんだ。
オカルトに幻惑されているだけだろ。
これが政治なんだ。
若者は「都会に出る」ことで別の自分を見つけることが分かっている。
河合その子 青いスタシィオン。

都会に出る男を女たちは「紫色の牛」と呼んだ。
足が4つある四つ葉のクローバーだった。
ジョージ・エリオットやバートランド・ラッセルがいるところに行く人だと思われたのだ。
エリオットも都会に出なければ小説家ではなくナンパ師になっていただろうし、ラッセルも哲学者ではなく舞台作家になっていただろう。
これも若者の「越境」という問題と関わっていた、
エリオットやラッセルみたいな男が身近にいたから芸能界デビューした女の子もいた。
羽田恵理香。

あの人がいる都会なのだから、それは四つ葉のクローバーだった。
「夢は必ず叶う」
猫たちが川を渡るためには男が先に渡らなければならない。
男は冷静に試験問題を解くけど、女にとっては「夢」でしかなかった。
地元から東大生が出るといろんな女の子たちの直感に夢が宿るんだよ。
「人は違う世界に行ける」
デビッド・ルイスは女の子たちにこのような影響を与える男の存在を指摘した。

男は現実と向き合うし、国というものの難しさを見ているけど、女の子にとっては「夢」にしか見えない。
越境とは女の子にとっては「許されないこと」ですらあった。
田舎から都会に出る男の成績は周囲の「彼について行く女たち」を合わせたら「S」だろう。
ラッセルは舞台に興味なかったし、エリオットはナンパもしなかった。
それが都会の現実だったからだ。
男が都会に出るというのは、周囲の女たちも含めた上で「噂」となるのだ。
国生さゆり ごめんねJAJAUMA.

1960年代から1970年代にかけてこのような「越境」問題が観測された。
国と向き合うのが東京大学だ。
落ち込んだ男に自分の成功体験を見せつける女たちがいたのだ。
果たしてこれでいいのか?
CoCo 横浜Boy Style.

まるで別世界というものは1つではないと女たちは言いたいみたいだった。
プランティンガの1973年、クリプケの1980年などは女性アイドルを大勢出したよ。
ラッセルには舞台作家を、エリオットにはナンパ師になってくれと言いたいみたいだった。
このグループは「男が混乱に陥る」ことに弱かったからだ。
しかし、ニクソンのように自分の歴史を再評価し、出世につなげるものもいた。
最終的には、どの女たちも自分に「夢」を与えてくれた男と話をしたがったのだ。
難しい勉強に比べたら自分たちは赤子のようだったとメルケルも語った。
舞台作家やナンパ師の方が気楽でいいのにね。
「ノア」というのはそのような男を描いているだろ。
フォーブズ誌に載るのはそのような男だね。
難しい試験に受かったのならばいずれは女学をやるようになる。
その時の話し相手もできるだろ。
「越境」して何を学んだのかが問われるのだ。
新田恵利 Only lonly Boy.

おちんちんがどこまで普遍性を持つ世界で通用したかが、女子たちに夢を与える。
グラエム・フォーブズはここに目をつけたのだ。
女たちが夢を叶えるためにセックスデビューしていた現状もある。
「なんだ、お金ならあるじゃない?」
彼に近づくため、でも、それは決して彼には言えない手段だった。
ラッセルは舞台作家になればよかったのに、と思った理由だった。
「それでも、私は夢を信じている」
エリオットも文学者ではなくナンパ師になればよかったのに。
そう思いながら彼の噂を聞いていた。
男は机に向かい、女はテレビを見る、その違いがこのように表現されたのだろう。
夢を叶える、その彼の言葉だけが耳に残った。
CoCo メロディー。

ノアは有名人だったけど、アダムになればよかったのに。
ナンパ師で舞台作家の男にね。
そうすればフォーブズ誌に載れるのにね。
自転車というのは三分の一が無駄な部品だけど、夢を叶えるには90%は実態がなければならない。
そこに、女がセックスデビューした理由がある。
旅行に連れて行ってもらったというだけで男に自慢して復讐した。
「でも、どうやって?」
それだけは女も分からなかった。
恋するフォーチュンクッキー。

真実、それは男らしさや女性の局部と対立するものだ。しかも、多くのおちんちんとも異なる。
最も安定しか心の状態を「真実」と呼ぶ。
セックス遍歴ではなく、最も気持ちが安らぐ異性との関係が存在するのだ。
彼がいなくて寂しいのならばそれも真実だろう。
たとえ、ほかの男と付き合っていてもだ。
男との関係はその時々で「発明」するものなのだ。
松田聖子 時間旅行。

二組のカップルが食事をして2+2=4になる、他に異性の入り込む余地はない、これはもはや真実なのだ。
家族ぐるみの付き合いとはそのようなものだ。
いちいち男性遍歴なんて家族ぐるみの付き合いで持ち出すだろうか?
「今が良ければいいじゃない」のび太の両親もそう言っただろう。
「排除する」とは異性との関係の問題からどうしても容認できない人に対してのみ語るべきことだ。
男性遍歴の記憶をめちゃくちゃにされそうになるの。
快適な男環境を作りたい。
不愉快な男たちがいると財産を築けない、これが私の政治資金の限界なの。
小池百合子 排除発言。

私をセンターにした以上、私の心の評論家に取り囲まれたいの。
でも、心に響かない男ばかりよ。
私は寂しい思いをしたくはないの。
私の心を忖度して政治資金に変える集団を作りたかった。
私はもうセックスは卒業していた。
心とお金の関係と仕組みを作りたかった。
それが、女をトップにするシステムだった。
ダン・マーシャルはトップの女とセックスすることで出世したけど、それは反則ね。
政党の党首となった時にセックスの卒業を周囲は知っていた。
私に寂しい思いをさせない男たちに取り囲まれたかったし、女心をお金に変える仕組みを理解しない男は排除するしかなかった。
私が寂しければ党がダメになる。簡単な仕組みよ?
女性差別をする男はビンタしたし、それ自体がいい空気を作った。
でも、つまらない男をつまらないと見抜けない私の責任もあったわ。
希望の党 小池百合子辞任。

私は女心を知っている「いい男」を見ているだけでいいの。
国民全体が私の心を語り合い、お金に変える政権を夢見ていた。
記者たちがその仕事を理解してくれなかった側面もあるわ?
政策ってそんなに大事かしら。国民がフェミニズムの時代を選択したのだから「女心」を語って欲しかったわ。
松田聖子 スター。

女たちが経営する喫茶店。トンタン茶房。

アリストテレスの没後、アレキサンドリアは「キリスト教カルト」と呼ばれ、アンモニウスのように、「すべての道はアレキサンドリアに通ず」として大都会に出て、田舎に帰ってきてダマスカスを作るようなものもいた。
中東はキリスト教カルトによってできたものであり、すべて「バプティスト」と呼ばれる男による公共事業の成果であった。
勉強男がアレキサンドリアに出るだけで、田舎の女の子も有名になったのだ。
「本来、それはエジプトの詩ではなかったのか?」と争われた。
ISISとは常にそのことを主張したトラブルメーカーだった。
エジプトの詩と主張するものは「バッドガイ」をアイデンティティとしていた。
高井麻巳子 約束。

アンモニウスは、より給料のいいコンスタンチノープルに移住したが、いじめをどう思うのかという議論において「ただ生きているだけのいじめっ子に街づくりはできない」として「子が不朽である」ということを否定した。
いじめをやっているうちはアレキサンドリアやコンスタンチノープル、ダマスカスなどの街を作ることができないという現実的な問題があった。
「エジプトをどう思うのか?」という議論は常にあったが、ダマスカスは東ローマ帝国のコンスタンチノープルを指導者としていた。
アリストテレスの弟子たちは、アテネからペルシャまでの広大な地平を見ていた。
プラトンの詩でも使えるものはなんでも使った。
国民的支持を得た詩を評論するのはもはや政治の基本であった。
エジプトは「男をワニに変える」営みが都市の運営であるとし、三位一体の議論よりもより、いじめに対する攻撃的な姿勢を示していたために、東方教会よりも支持を得たのだろう。
子供たちにも都市の運営を引き継がせなければならなかったため、「男はワニ」と表現した方が理解しやすかった。
聖飢魔II Rock in the kingdom.

アンモニウス自身は「AからZまで」の語感を考えることにより、英語さえできればフランス語、ドイツ語、スペイン語まで分かるような研究をしたようだ。
「悔い改めよ」という女たちの失恋が、さまざまな言語を作っただけである。
女たちにAtoZを提供したからこそ、彼女たちはアンモニウスの話を聞いたのだろう。
これは都会の大学の教授たちへの挑戦でもあり「教授が言ってた」ではなく「アンモニウスが言ってた」と女たちが語り合ったのだ。
「失恋ソングから言語は生まれた」
恋のチャプターAtoZ.

アンモニウスは、ドイツでは「アマデウス」と呼ばれたようだ。
逆三角形の体をした男になりたい、そのことを考えながら女たちは言語を作ったし、失恋ソングを作ったので楽しい営みだった。
2人の女と同時に付き合ったソクラテスのことなども考えた。
「人を愛するのに苦労はいらないんだよ」
女たちにそのように教えたりもした。
シーバトル(海戦)というものが「女たちの戦い」を意味し、言葉を作る作業を意味したことも誤解してはならない。
「ソクラテスのように、男であることを謳歌する人間がいなければこんなことはできなかったよ」
ロック・ミー・アマデウス。

マリー・シェパードは、オックスフォードに行く男に触発されながらも、エディンバラに行って「お父さんと仲がいい」男に処女を捧げている。
「別の生き方をし、それでも同じ結果をもたらす」
リベラルがオックスフォードの宿題だと言っただろ。
エディンバラには「女心」を研究するカントの学問はなかった。
マリーは彼氏に「ねえ、もっと勉強してよ!」と行ったりしたが、ケンブリッジをうろついたりしたようだ。
オックスフォードは、このようなマリー・シェパードのような有名な女優さんの人生も「我々のもの」として引き受けて「国勢地図」という記録に残している。
「お金をくれないのならば抱かれる意味がない」
しかし、オックスフォードやケンブリッジの男よりも、エディンバラの男の方が「貢ぐ君」にするのには都合が良かった。
このような記録を残せるほど大英帝国は知的な余裕があったのだろう。
彼女は匿名で「私の人生」という本をケンブリッジに送ったりしていた。
結婚した後に、夫とともに「私の人生」という本の総括の講義を受けにケンブリッジ大学で聴講している。
100%の雨が降る 酒井法子。

夫からお金をもらって長話を聞いてもらう。そのような幸せがケンブリッジ大学にはあったのだろう。
エディンバラの夫も、妻が有名であるからこそケンブリッジをうろついて、彼女を幸せにしたいと思ったのだ。
それはまるで「我々には別の生き方などなかったのだろう」と思っていたかのようだった。
オックスフォードやケンブリッジにはない「有名女優との結婚」がエディンバラにはあったので、そのことを楽しんでいた。
あとは「やっぱり男は女心に詳しくないとね」と思うことが多々あったためにケンブリッジもっと聴講に関してはオープンだった。
いろんなメディアの報道があったために「カップルの発信力」を高めるのはもはや仕事であり、ケンブリッジをうろつくことすら仕事だった。
エリート主義が引き起こしたことをキャンパスにぶつけてみたのだ。
「女優活動や歌手活動を評論して?」
それは夫以外に信用できるキュレーターがいなかったからでもあった。
そのようにして、事務所はコマーシャルペーパーを出したのだ。
美しかった頃のからだだけで一生、生活に困らない仕組みがケンブリッジにはあった。
三度放送したら印税が入らないというけど、あとは社債の問題だと気づかない人が多かったのだ。
松田聖子 kimono beat.

今となってはパートナーがいる、つまり青と黄色の世界を生きている女であるということが社債を出す条件だった。
今では夫からお金がもらえる、それは私の最大の理解者だからね。
私の今の実像にはみんな驚くかもね。でも、お金には困らないの。
「男とは変わり続けるものよ?同じ作品を聴いても言うことがだんだん変わってくるの」
それが生活の基盤にもなった。
「今の彼はこんな心境なの」
2人の関係への祝福もコマーシャルペーパーにつながる理由だった。
社債の「格付け」は女にとって喜びでもあった。
彼氏を誇らしく思うのも格付け次第だった。
すべてセックスを歌っていたので、彼とのセックスや日常が楽しくなったのだ。
夢を見ないほど深く眠る日もあったの。
それは彼氏に満たされた証拠だった。
彼氏が「他の男に殴り殺される可能性」まで理解してくれなければキュレーターは務まらないし、私のリンゴ(おちんちん)が愛おしく思えた。
ジョージ・バークレーも格付けを楽しんでいた。
別の生き方は確かに喜びが多いでしょう。
でもそれは昔、大人たちが教えてくれていたことだった。
ケンブリッジが考えていることはこのようなことだった。
CoCo 横浜Boy style.

彼は「いい思い出」が壊れないようにしていた。
作品への洞察力を私も愛した。
勉強しただけでは分からないことがそこにはあったので、勉強ではなく「学問」と呼んだ。
評論が堂々巡りを始めたら、いよいよ彼も焼きが回ったと思うことでしょう。

2017年11月13日 (月)

国防軍構想。

女の心に間違いはない。しかし、自分の居場所を失うことがある。
うまくシステムを構築することによって政治の側は「政治献金」を受け取ることができるのだ。
これが「ローマ法」という学問だ。
女は二股をかけられても死にたいという。
瀬能あづさ I miss you.

出会いの数が多ければ多いほど「世界に終わりが来ればいいのに」と言って災害報道を楽しんだりもする。
実際に、絶対王政の静寂さと自制は災害を引き起こすのではないかと思うこともある。
絶対王政は恋話を学ばなければならない。
瀬能あづさ 愛になりたい。

女が「他の女とからだを比べる」というのは「男にモテなくなる」という意味でナンセンスなのだ。
セックスが関わるとからだを比べるために「仲間づくり」とは明確に区別される。
理論的に居場所がある(法)と、仲間づくり(道徳)は異なるのだ。
言論の自由をここに解き放ったけど、「いい男」の話題しかどの女も歓迎しない。
パートナーに尽くす貞節も、自由恋愛の世界も「いい男」に関する議論のパワーを求めている。
いい男がいないとやる気がしない、それはまるでバージンのような気持ちだった。
いい男がいるから女は独立自尊もあれば自滅もある。
裁判所でひたすら「私の心に間違いはない」ことを主張し、文化的資産としての裁判記録に残してもらうこともある。
松田聖子 kimono beat.

男に一途であれば、他の女とからだを比べることもなくじっくりと仲間づくりができる。
男に一途であることを「義務」と呼ぶ。
権利というものはセックスした後の居場所(法)を与えてもらったことに対する法律家のカネや、国の警察・軍のことを言う。
軍や警察は「国の性の統制」を行うためにあり、法律家は女たちに居場所を作ったのだ。
「いい男」には力がある。
うまく「やる気」に変えることが大事であり、時には法の力を借りてセックスした時の居場所を与えてもらう必要がある。
「いい男」の話を通じて仲間を作ることも必要だ。
あの男、浮気している、と思ったら「いい男」ではなくなるためにカップルを別れに追い込む女もいる。
松田聖子 瞳はダイアモンド。

法には女はお金を払うし、軍や警察に守ってもらいたいし、パートナーに貞節を尽くせば仲間ができる。
法と道徳、権利、義務とはこのことを言っているのだ。
女は「他の女とからだを比べたくない」から問題の少ない愛を知っている。
女が男に浮気をさせないためには「私の女友達」の重要性を理解してもらうしかない。
ましてや、政治家である夫を支えている奥さんにとっては、浮気は噴飯ものだろうね。
菅直人。

リーガルマインドって何?という問題提起を絞り切れたのは1995年あたりのことだった。
国民と「親子のように」軍事力を背景にした法律家を生み出すことができるようになったのだ。
【私の女友達を失わせたのならばお金の問題ね】
胸をさらした場所が私の居場所なんだから、居場所を失わせたこともお金の問題だわ。

【英国紳士とは何か?】
まず、女のからだからエネルギーをもらい、常に哲学的問いかけを女に話しかけ、喜びや経験よりも常に「音符でできた言葉」を大事にすること。
女に「他の男と比べられること」に常に寛大であること。
人々に伝わりやすい「口説き文句」を常に拡散し続け、そこにはいかなる制限もないこと。
そして何よりも勃つこと。
これが17世紀から18世紀にかけて探求された「英国紳士」の基本である。
四月は風の旅人。

若い頃に「恋」の対象になっていることや、人々がいい噂も悪い噂も流したこと。
近寄りがたいオーラをまとっていたこと。
「知ること」を義務付けられていたこと。
そして「事件」を解決していったこと。
このような人物像から学問の発達とともに「イエス」というものが考えられたのだ。
タンポポ 恋をしちゃいました。

若さに対して「何を知ることができるのか?」が用意されていなければイエスは生まれない。
「男の可能性」を探求する学問が国際関係論である。
男は「世界から見つけ出す」才能を持っていることも忘れてはならない。
話し相手の女もいなければならない。
学問を成し遂げるには時間がかかるし、その時に問われるのは「昔、ハンサムだったんでしょう?」ということだけだ。
「経験ではなく読んでいることを話しているのね」
それならば多神教にならざるを得ない。
女たちは「多神教から一神教への集約」を楽しめたのだ。
アリストテレスの「男女の共同作業」や、プラトンの詩から、「王朝」というものがどのように生まれたのか?
つまり「モテる男」というのはどのように生まれるのか?
という観点は確かに指摘できる。
しかし、アリストテレスほど「のちの時代に加筆され美化された」人物はいないのだ。
アメリカ合衆国も「実はイエスとなどのようなものか?」が分からなかったのだ。
日本のタイクーン(将軍)のように、「どこに書いてあるの?」ということをより単純化して覚えなければなかなか多神教すら一神教にはならない。
しかも「男職場」などではカリスマは生まれないという不幸も存在する。
「こんな男になりたい」という女心がなければイエスは誕生しなかったのだ。
とにかく勝ち続けることが可能な環境に恵まれている国は限られている。
女心を語って女を失望させない男というものは世界でも稀に見る存在だというのが現状なのだ。
おちんちんというものに前向きな「感覚」を大事にして、性病にもならないというのはほとんど不可能だった。
タンポポ 王子様と雪の夜。

デカルトが「女の恋の対象」になったら男は何をしなければならないか?を確立した。
また、簡単に若い女をあてがわれて政治生命を奪われない周囲の「善意」も必要となる。
我が国の「システム」に必要ないと思われたのならば簡単に潰されているだろう。
「星が燃え尽きていく瞬間に何を知るのがが知りたい」というような信心深さも求められた。
人々の感情にさらされる「神」とはなんだろうか。
男たちをより単純で物分かりのいい存在とみなして、女心について語り、拡散させる必要もあった。
頑なな男を相手にしなかったのも良かった。
「この道が好きだから研究するんだよ」という発想に物好きな男たちもついていった。
なによりも男たちの周りにいる女の子たちが可愛かったということが重要なポイントだっただろう。
愛の空間というよりも「恋の空間」にイエスの言葉は投げかけられていたのだ。
「ある意味、恋に臆病な男女たち」に支えられていた。
「自己保存の欲求」がなければイエスはいなかった。
とにかく「永遠が確定した」ことにはアメリカ合衆国も受身に回ってしまった。
日本の男女の「恋」というものがこれほど強烈なものだったと分からなかったのだ。
目には星を描く女たちの存在にも気がつかなかった。
彼女たちがセックスよりも「続いていく日常」を大事にしていたことも分からなかったのだ。
エリザベス女王までが「人生って結局なんだったの?」と発言するほど日本の女たちは輝いた。
国際関係論に「若さ」が飢えていたのも幸いしたね。
「女に拒絶されない男だったからついていったんだ」
生きていることを感じたかったのだろう。
いじめがなくならなかったことも背景にある。
エステの発展も恋を強烈なものにしたのは間違いない。
「デカルトの旗が掲げられた」
恋するフォーチュンクッキー。

17世紀は「戦争の世紀」だった。
大人たちがビジネスの世代を一気に引き下げたからだろう。
「処女の発見」もこの時に神の目が行なっている。
そこから一気に魔女狩りが進行したのは事実だ。
デカルトは間違いなく歴史だ。
セックスというものがアウグスティヌスのマスターベーションの「告白」程度では済まなくなった。
中世は終わりを告げ、近代ビジネスの幕開けとなった。

なぜアジア地域に「こんなにやる気のある」男がいたのかという問題も、ベビーブームの多くの星たちの中から「キラリと」輝いた理由は「お風呂」にあった。
多くの「恋」の中の1つに過ぎなかったが、やはり女兄弟がいたことが、星の輝きを強めたとしか言えない側面がある。
さらには「自分はすでに完成されている」とは思わない無限の情報源と接したことも大きかった。
多くの星に囲まれて、少しでも強く輝けば良かったのだ。
勝ち続けるだけでいいという環境も整っていた。
周りの男と自分を常に比べ続ければよかったのだろう。
無駄な若さを費やすことも必要なんだろうね。
本当に国際関係論に目覚めるためには「勝利」を望んでいなければならない。
女たちも気楽に「男比べ」をやっていただけだった。
女として持っている知識を聞いて、神が語る知識を語り、それを男として楽しんでいれば良かった。
若い頃の苦労も霧散したのだろう。
イエローモンキー スターズ。

ひたすら勃起することなんだよ。
単純に考えればいい。
敗北して勃起しなくなることさえ避ければいい。
それだけの日常に学問を練りこんでいくだけなんだ。
ここにも多神教を一神教にしてみせた秘密がある。
「人々の噂の積」を気にしないタイプの方がいい。
しっかりと媒体を選ばないと勃起しなくなるからね。
「彼には強さが約束されている、彼を恐れるものに祝福を」
悪い噂は彼の目の届かないところで話しただけだよ。
怖かったからね。
女の話をお茶を飲みながら聞いていればいい。
「これが女の考えていることか」
しかし、「音符でできた言葉」をぶつけたら女の深さは一気に増すし、彼女たちもそれを望んでいたのだ。
神と女と男の関係はよく理解しないといけない。
神の言葉が女の深さを増す、それが男の仕事なのだ。
女たちは「キリスト」というものを拝んだことがあるはずだ。
キリスト、それは世界で最も有名な男だ。
有名になればみんなが彼を「キリスト」と呼ぶようになるだけだった。
勉強で病もうが、芸能活動で病もうが、集まるところは同じだ。
2つの流派が出会うところに「紳士」として振る舞えばいいだけだ。
フランスで体系化された「恋」というものをイギリスや日本は「経験論」の立場から語っていただけだ。
「いい思い出になるからね」と女子たちが語っていた話に衝撃をもたらすのは簡単だった。
タンポポ 私の顔。

2017年11月10日 (金)

生活保護女。

元アイドルなどが、今さらキムタクと会えるなどという話には驚かないけれども、人生の末路として施設に入って生活保護になることがある。
彼女たちは無一文であるけれども人生を知り尽くしているため、女に「恋話」を話してお金を取るロジシズムよりも、有名女を取り巻きにして恋話を話して、どこかの宗教センターに資金を集めたほうが効率がいいことがある(ニューロジシズム)。
彼女たちはほぼセックスを卒業しているためにさほどトラブルも起こさない。
1930年にツェルメロ・フランケルの「カップルの発信力」の研究があり、有名女ほどカップルの発信力を求めていたために、彼女たちは哲学者の周りを取り巻いた。
しかし、何しろ生活保護のためにお金がない。
そこで、より熟練された元アイドルたちと話して通用した話題を公表して宗教センターに資金を集めることが1960年代半ばから1980年代にかけて研究された。
元アイドルたちは「証明階級」と呼ばれて、とにかく彼女たちに通用したということが重要だった。
臨床心理士のような個別の対応(ロジシズム)よりも、有名女に話してウケた話を公表して宗教センターに資金を集めた方が効率がいいことがあるのだ(ニューロジシズム)。
彼女たちの「男ネットワーク」はもはや重要な役割を果たしていた。
それでも一人の女に過ぎなかったから、「勉強階級」と「証明階級」の出会いは巨大な富を生み出したのだ。
フリードマンはシカゴでこのことを楽しんだのであり、話題はもっぱらカントの話題だった。
しかし、それをニューロジシズムとして巨大な経済学にしてみせたのだ。
生活保護女は病んでいたので、男と話すのがとにかく好きだった。
美しさは失われていたが、男ネットワークは「今までのつながりがあるから」と言って人生にさほど悔いも残していなかった。
彼女たちはセックスを卒業していたので「処女のように」扱うことが大事だった。
しんみりとしたり(ザイン)笑ったり(ゾレン)ということをひたすら繰り返して執筆すればよかったのだ。
直接お金をもらわなくても、彼女たちは楽しかったし、宗教センターも儲かった。
男ネットワークでも有名になることができた。
愛してジャステイス ribbon。

勉強階級はハンサムではなくても証明階級もそうとう劣化していたので今さら気にもならなかった。
デードカインドとかフレッジに起源を持つ金儲けの方法だったとされる。
フレッジは10万人とセックスした「性豪」だったから有名女を恐れてはいなかったが、「カントは無敵だ」ということを理解する必要があった。
とにかく彼女たちは「セックスしまくったから今があった」ということを恐れていたのではこの仕事は務まらない。
彼女たちが拒絶した話題は市場には出せないものだと悟るのだ。
有名女が勉強男を想像してマスターベーションをするということが大事であり、それが証明階級と勉強階級の関係だった。
カエサルの問題とは「マグダラのマリアとマリアたち」つまり「一人の妻と四人から八人の女」に常に囲まれていることが重要だというものであり、勉強階級として昔、彼女たちを愛したことが重要だった。
つまり「この仕事が好きでなければできない」ことがニューロジシズムだったのだ。
ラッセルの問題とは「彼女たちはセックスしまくって今がある」ことから「二度と復活することはない」ということだった。
ひたすら、哲学者と話したかっただけだ。
病んでいたから勉強階級が好きになれただけであり、そのような境地に至ったのだろう。
若い頃ならば「大勢の男の中の一人」と思われるだけだっただろう。
しかし、「博士」を愛することができる年齢になると「カエサルはそのうち皇帝になるわ」と予測できるようになる。
グランドラーゲンで話したことはグランドゲスツェに伝わるとも言われ、とにかく一番強い「証明階級」と話す必要がある。
世の中の女たちは「セックスしまくったから今がある」わけではない。
グランドラーゲンには出入りできないけど、グランドゲスツェを崇拝した。
女たちは「とことんセックスしたらどんな人生になるの?」ということを知りたがったし、そういう連中と普通に話せる男って何者なの?と思っていた。
【私たちなんて簡単に手玉に取られちゃうのかな?】
ribbon もう一度会いたくて。

カエサルは「お父さんはそれが仕事なのよ」と家族に理解してもらうことが必要だっただろうね。
「どこからが浮気?」などと議論する奥さんがいるのならば「それはセックスしたかどうかだ」ということを周知徹底する必要があった。
ネオフレッジアンは、10万人の女とセックスしたフレッジを再評価し、10万人の女と「純粋な恋」をしたといい直した。
ゲーデルも「数学とはセックスに飽き飽きした有名女たちのためにある」と位置づけている。
どんなセックス経験を持った男女でも「今」を共有していた。
しかも、彼女たちは「処女」として振る舞うようになっていたのだ。
「やり過ぎたらやらなかったのと同じ」
これを理解する必要がある。
ヒュームは「結局、君らは誰からお金をもらっているんだ?」と語った。
生活保護や、よくて障害年金だったので国家として「彼女たちをなんとかしてくれ」というメッセージが出されていたのだ。
しかも、貧しいながらも「今のパートナー」を大事にしたがっていた。
誰を大事にしたいのかはホームページを見ればメッセージが出されているだろう。
結局、セックスを排除した「恋話」などを聞きたがっているんだよ。
ribbon メリハリで愛して。

1930年にガーランド・ゲンツェンは、「もう一度、臨床心理士の仕事を見直してみよう」と考えた。
ニューロジシズムという宗教に荒らされた精神医療の現場を見直そうとしたのだ。
精神病院で「核爆発」のようなものが起きたとし、何があったのかを丹念に見直したかったのだ。
まず、「男と女」は明確に区別しなければならなかった。
女たちはセックスを「プロレス」としか思っていなかったことがわかった。
フレッジも似たようなことを言っていたからね。
でも、世の中のきれいなお姉さんたちは「たった一度の過ち」を恐れていることも理解していなければならない。
セックスし過ぎて処女になった女たち、を相手に話すことがどれほど哲学者としての格付けを高めるのかを理解する必要がある。

政治の側はテレビでは「セックスし過ぎて処女になった女たち」を前面に押し出している。
しかし、マルクス主義(フリーセックス)やヘーゲリアン(イケメン)はテレビで訴えかけられる「純潔」にはしたがわないという方向を見た。
トルストイは「神様を信じているのならば政府の考えにしたがうだろう」と考えた。
しかし、反国家主義や、反資本主義、多数派主義、反民主主義のムーブメントは容赦なくフリーセックスに若い連中を向かわせることとなった。
国やテレビにしたがわないというのは日本人の本質に根ざしたものであった。
政権交代のエネルギーは常に存在していることになる。
そのエネルギーを煽るアーティストもいた。
細川内閣で小選挙区比例代表並立制が実現してからそのはけ口は確実に作られたのだ。
rebecca cotton time.

「大人の事情」というものが想定され、神を信じる絶対王政のことを「大人」と呼んでおり、それにしたがわないことはもはや当然であると考えられた。
自由恋愛やヌード、女として生まれた喜びの表現はもはや絶対王政にも止められない問題だった。
彼女たちも「大人」の存在は知っていたが、オフグリッド(制御できない)なものだったのだ。
絶対王政は静寂と自制の中を生きていた。
しかし、静寂と自制の中にはもはや宗教的正統性はなかったのだ。
静寂と自制は円高にはつながったが、自由恋愛の論理を知らなければ政治家とは言えないではないか?
不愉快や暴力、腐敗やマルクス主義を理解しなければ君主は政治家ではなかった。
静寂と自制は「神の見えざる手」つまり「男女の出会いの場」を作っていたし、災害報道も生み出していた。
「天皇が来ると災害が起きる!」というバカ女もあながちデタラメではないことを信じていたのだ。
あやまんJapan.

静寂と自制の中に身を置いていて、災害報道を握っている男、それが王室の男であった。
嵐を呼ぶ男 石原裕次郎。

自分は恋愛の渦中に身を置かずに、歌謡曲や詩でその問題を理解するリバタリアンという立場もあった。
嵐を呼ぶ男、つまり静寂と自制の中に身を置く男が詩を覚える、このあたりに一子相伝はあるんだろう。
一子相伝とは資産家のものでもあった。
クロポトキンが考えたんだよ。
欧米では論語ではなくカントを学ぶのが王室の男であったし、嵐を呼ぶ男であった。
一子相伝の前には災害報道をする側も声が上ずっていたのだ。
これがなければ国の統制が取れなかったし、男社会で生きているという「証拠」も見せられなかった。
子供たちを恋愛事情で火だるまにする君主は無責任ではないだろうか。
一子相伝を覚えた王子は「暴君」と呼ばれた。
なぜならば孤立しなかったからね。
証拠を見せて 工藤静香。

政府の本質は「赤線」(風俗)にあるんだ。
男たちは赤線に通う限り暴君にはならなかったからね。
「変なオタクみたいなのがプロレスをやっていてムチャクチャ強い」
こういうのを暴君と言うのだ。
裁きを与えることができるからね。
古き良き資本主義とはそう言う奴がいた時代のことなんだ。
ヨシュア・ウォーレンとかベンジャミン・タッカーがそうだったな。
左翼売春女も手なずけていたよ。
クロポトキンは「すべてはすべてのために」を標榜していたから、恋愛論を知らない王室の男は孤立したんだ。
個人主義であってもいいけど常に文化に対してはオープンでなければならないよ。
いつ王子は政治活動を始めるのか?それは周囲が彼の孤独を祝福した時だろ。
王子が「手段であって目的でもある」と周囲が見なさなければ王にはなれないだろう。
権威(嵐を呼ぶ男)と値段(恋愛論)がワンセットになるのだからね。
女たちは常にそのようなルシファー(堕天使)と話したがっている革命家だった。
イエスと呼ばれる男とはそう言うものなんだ。
人によっては「セックスおじさん」とも呼ぶね。
そういう王がいないと税収が上がらないんだよ。
rebecca olive.

勝共連合とは、革命を弾圧するために生まれたが、静寂と自制の中で、文化に対して常にオープンな一子相伝を学ぶ作業を行う者たちがいて、しかもケンカに無茶苦茶強く、嵐を呼ぶ男が恋愛論に詳しい、そのような境地を目指していたね。
急進的行動主義(ラディカルなアクティビズム)なんてものはペンシルバニアであった出来事だろう。
政治的空白を狙っているに過ぎない。
1960年代から1970年代にかけて自由民主党は着実に力をつけてきたのだ。
政治的空白に地域をさらさないことが大事だな。
このような地域がある限り自由民主党は「政治改革」の看板を外さないだろう。
いい王子がいないところでは、シチリア女のような美女がいて男たちが戦争状態になるだろう。
男の序列が明確でないからだろうね。
こいつのファンタスマ(おちんちんの感覚)にまかせておけば人生相談も健康も安泰だというものがなければ男たちは戦争状態になるよ。
浮気や不倫をする代議士がいたら嵐が起きなくなるだけだよ。
奄美大島。

女は成長しないものであり、「発見」するものだ。
それはまるで「幻」に話しかけているようでもあり、女は間違いを犯さないと自分で考えている。
もちろん、現実の生活はあるが、このような「間違いを犯さない女心」がなければ神は生み出せない。
「心」は間違いを犯さなくても、「からだ」に男たちが惹かれていることは分かっている。
心は間違いを犯さなくてもからだは間違いを犯す。これを「幻」や「夢」と表現する。
私の「気持ち」と「からだ」の経験を誰かに説明してもらいたい、このことを恋愛論(パラダイム)と呼ぶ。
セックスしたことに対して、それは間違いではないという恋愛論は必ずあるはずよ。
女の見た「夢」を否定するためにはかなり遠くを見なければならないね。
こんなにも美しい心に「からだ」が限界を作っている。
【いい普段着しているね】【ナイスおっぱい】
モーニング娘。インディゴブルーラブ。

このような女たちの「からだ」と対話してバベルの塔を作ろうとしたのがカントだった。
美しい心に限界線を生み出すのは「からだ」だったから、ひたすらからだと対話することにしたのだ。
心は間違いを犯さなかったために、女たちは「からだ」を絶対的に信じていた。
からだで知ることができる、からだでできることがある、からだで望んでいいものが生まれる。
「己を思い知るとはからだを思い知るということだった」
からだとは数学のことであり、あとは「純粋な直感」だけがあった。
セックスしている時の「宇宙遊泳」はこのような発想がなければ生まれないものだ。
迷宮のアンドローラ。

宇宙遊泳が間違ってないことを教えてください。これをパラダイムと呼ぶ。
もちろんレイプは神に失望するものだったし、女を愛していない男にも失望した。
心は常に純粋な直感に支えられていたし、からだで知り、出来るし、望むことからセックスというものは宇宙遊泳であり、恋話とはそのことに意味を与えるものだった。
私の裸を見た男は「幻」を見ているに過ぎない。
奇跡の肖像 工藤静香。

このことを明らかにしてからでないと「処女とは何か?」を語れないではないか。
処女たちは「モテる男」のまわりに群がった。
海でそのような光景を目撃したからだろう。
海岸では肉体だけの勝負になるからね。
頭がいいというよりは「スポーツができる男」の方がモテた。
ラグビー>サッカー>野球>バスケという具合に、仲間の多い男がいいというのは海からきたもの以外の何者でもなかった。
これが「処女のルール」だったのだ。
処女がいい胸をさらす場所が彼女の居場所であり、家や学校、銭湯など「胸」から世界の広さを割り出すことが可能だ。
ヌード写真を公表しておきながら「処女です」というのは無理がある。
心がもたないだろう。
宮沢りえ サンタフェ。

FA権を行使すると処女たちに取り囲まれる。
家庭を持ちながらFA権を行使するものはいない。
抜け駆けだとみんなに責められることが背景にあるんだろう。
FA権を行使した「王子」は処女にたちまち「処刑」されるのだ。
いろんなことが分かってきて「新鮮な考えが聞きたい」と思う者は権利を行使するだろうね。
どこまでフロイトを勉強したかにかかっているのが「プロ」であり、単なる筋肉バカではない。
処女が移籍先でたちまち男の居場所を固めるだろう。
処女たちはもっとFA権というものを理解した方が幸せになれるだろう。
「からだは何を望んでいいの?」処女とはそういうものだった。
新天地では処女と神の区別はなされない。それほど役に立つ存在なのだ。
そのような「女の嗅覚」は海に行かないと育たないね。
2017年FA権取得選手。

カントは神と処女をつなげた。
「FA宣言が外国国家のカモにされる可能性がある」
バビロニアの14世代、アブラハムやダビデを含む家系のヨゼフがFA宣言をしたらベツレヘムのマリアに何があったかは想像に難くない。
2人はナザレに向かった。
ヨゼフのFA宣言をイスラエルのものとしたマリアは「神と同格」と見なされた。
男がFA宣言をしたら、女たちは「何の実勢もない娘を丸裸にする」とされる。
犯罪すら犯してはならない、女に一体何が必要なのか?
犯罪という概念は女たちが明らかにしたのだ。
かなり普遍的な法として犯罪概念はあった。
家庭内が犯罪の温床となっているのであれば排除されてしまうだろう。
女たちは「男は何を考えているのか?」という共通認識を作った。
【罪】
それはおのずから明らかになった。
女たちは語り合わなければならなかった。しかも「男たち」と共通認識について語り合わなければならなかったのだ。
女たちが譲り合えない空間で罪という概念が明らかになった。
【公職】
それはもはや遊びではなかった。
執筆者たちはどんどん筆を走らせた。
女のからだをこのような時ほど真剣に考えたことはなかった。
モーニング娘。Im lukey girl.

2017年11月 9日 (木)

ローマ帝国女。

ローマ帝国の王室のような家庭がなぜ崩壊していくのだろうか。
原因は白くて甘くて硬い「砂糖のランプ」であるおちんちんにある。
学んでいないおちんちんがローマ帝国の王室であった家庭を壊すのだ。
おちんちんでつながれていない「家族」というものには無限があった。
妻は夫から独立していなかったけどね。
娘に彼氏ができた時に悩むのがローマ帝国のお父さんだ。
しかし、娘もそれというほど美しくはないからうまく成立している話だ。
母子家庭で、母親が娘にペニスバンドで犯すように頼んできたり、子供を堕ろされたりしたら、母を捨てる決意ができて美容整形が正当化される。
それだけの理由ができるのだ。
堕した子供のお父さん探しをするために「いろんなおじさん」が好きになる。
それを「先生」と呼んでいる。
子供の頃お風呂に入る習慣もなく知的障害だったからだ。
声は低く、しかし、そのような美しい娘はローマ帝国の家庭にはいないことも知らないといけない。
広瀬すず 先生。

いろんな家庭を知ることで「お父さん」はカトリックとして娘たちに彼氏ができていく、つまりローマ帝国の王室が崩壊していくことを受け入れなければならないのではないか。
白くて硬くて甘いものに家庭が壊されていくのが耐えられないだけなのだ。
おちんちんがあるだけで哲学のない男と比べられる、それが耐えられないのがお父さんというものだ。
カトリックは、偉大な男を処刑してきた歴史を持ち、平凡なお父さんを望むという伝統がある。
しかし、それでも「カエサルの仕事をやっている男」とみなされお金には困らなかった。
なぜなら、カトリックの平凡なお父さんは国と同じ仕事をしていたからだ。
過保護のカホコ。

彼氏はおちんちんを用いて、老いたお父さんと比べられた。
お父さんはおちんちんを用いないところに「国としての仕事」があったのだ。
プラトンもこのテーマには興味を持った。
ふたつにひとつ 瀬能あづさ。

時には、お父さんは「娘の男兄弟や男友達」を可愛がった。
この父と娘の関係に第三者を求めたのだ。
第三者の「大勢」の中から彼氏ができることも当然想定された。
平凡なカトリックお父さんは「比べられる」ということに耐えられなかったのであり、大勢の男子がいれば心がもったのだ。
皇帝になろうとするものは処刑する、これはカトリックの世界の掟であり、国としての役割を家庭内で果たすことが教会から要求されたのだ。
女の子の「貞操」に関する教えはローマ帝国に当然ともなうものだった。
モーニング娘。 男友達。

白くて甘くて硬いランプに関しては、国も悩んでいる。
仕事がそれだけの理由から台無しになることが国にもあったからだ。
国もお父さんも「力で押し切ろう」と考えるだろうけど、帝国の処刑は怖かった。
そこで、カトリックの娘たちは豊かになったのだ。
「あの男のおちんちんは黒いぞ?」
お父さんはそのようにして娘に豊かさを与えた。
シーザースパレス。

カトリックお父さんへの「ABCD包囲網」を敷く者もいた。
そういう奴に限って「60センチの距離」ではお父さんとは口がきけなかった。
雨やどり さだまさし。

娘は妻とは異なり、カトリックお父さんから独立していた。
ローマ帝国が「セックス時代」を構築したことから、このような父と娘は生まれたのであり、父と娘には日常だけがあった。
ユダヤ教との違いは、この「父と娘」の関係にあり、さらには凡人で豊かなお父さんであることにある。
「ファミリーの哲学を全て理解する」それはもはや高度な学問であり、女学、男学、さらには勉強をした経験があるからできることであった。
社会はこのようなカトリックお父さんを破産させるようなことはしなかった。
いろんな学問を人に語るだけで、仕事というものは成立したのだ。
アイデンティティ。

彼氏としては、白くて甘くて硬いランプは持っていたけど、カトリックお父さんのような仕事はしておらず、若い外見と娘を失望させ喧嘩することと、堂々めぐりの議論しかできない男だった。
「女の言葉が耳に入ってくるうちは喧嘩ばかりだよ」
娘を怒らせて、憲法学を勉強しに家に戻っているんだろう。
娘となぜ喧嘩するのだろう、それはカトリックお父さんがいるからだよ。
彼氏にいずれは「ローマ帝国のカトリックお父さん」になって欲しかったんだろう。
どの女も経験することであるとして1911年にラッセルはこれを芸術作品として認めている。
ribbon Stay with me.

娘と結婚したければラテン語(今でいう英語)を旧約聖書から勉強しろと言われたという意味では、彼氏はユダヤ人だった。
「どのように」娘が彼氏と永遠の愛を確信するかという問題が残された。
まあ、彼氏を他の女が奪おうとしたあたりで男の評価を定めるしかないだろうね。
「壁ドン」タイプか「2つの石の拳」タイプかの違いはあるだろうけどね。
農場を経営する「壁ドン」タイプか、専門職をもった「2つの石の拳」タイプにカトリックお父さんは分かれるのだ。
なぜ、平凡な若者の一覧表の中から彼氏を選ぶのだろう。
それはやはり「カトリックお父さん」を意識しているんだよ。
お父さんとの間には「無限」があった。その公約数的な発想が「優しさ」だったとも言える。
高橋由美子 Will you marry me.

ラテン語が読めるようになるまで家に帰ってくるなと言われたユダヤ人の悩みはここにある。
彼女と別れたことがあって、銀行マンになるための未熟さを感じながらラテン語の勉強をしていたのだ。
「お金と優しさを手にするまでは結婚できない宿命にある」
白くて甘くて硬いランプが泣いている、モーゼは40日間、女を断った。
Mr.Children Tomorrow never knows.

1930年以降、妻や娘のために家族サービスをするカトリックお父さんは非常に豊かになった。
娘の気持ちを引き止めておくためのお金を社会が用意したのだ。
ユダヤ人男に試練を与えようというカトリック教会の考えもあったのだろう。
ユダヤ人男の試練を「ネクサス」と呼んだ。
娘の長話を聞いてお金をあげる、それがカトリックお父さんだったが、「これをあの銀行マンの卵」にやらせてやっても良かったのかなという寛大さは必要だっただろうね。
娘の彼氏とカトリックお父さんはいずれ共存していかなければならないのだからね。
カトリックお父さんの役割は、国の仕事と同じなんだよ。
1994年に「核家族化理論」が示された。
もはや農場や家業の後継ではなく、なんらかの財産を男は社会から調達しなければならなくなったのだ。
ユダヤ人男の試練が激化したのだ。
カトリックお父さんの立場が強まるのを感じた。
過保護のカホコ。

彼氏は自分の「理論資源」を固めて人に話していくしかないだろ。
オックスフォードのエリートの前にはキャメロンですら弱かったよ。
王室の人間とは違って、政治家はトライアスロンの時間が短いからだろ。

尾道市立美術館〜小林和作展。

尾道市立美術館宛てメール。

こんにちは。
小林和作のスポンサーである小野鐡之助の孫にあたる小野光太郎です。
小林和作先生の「日照雨」を拝見しました。
雨というものを「緑色」という「痛みの色」で描いているのが極めて男性的な作品でした。
本来、雨が降ると男女ともに同じ行動を取るために、抑圧された女性にとっては「痛み」ではないのです。
むしろ「雨は女性の勝利」と言ってもいいかもしれません。
男をコントロールする雨というものを「思い出の銀の矢」とした音楽作品もあります。




思い出の銀の矢たち 高橋由美子。

平成29年11月3日から平成30年1月14日まで。

2017年11月 6日 (月)

自信喪失女。

アメリカ合衆国は、アジア地域をもはや単なる「居住者」としてではなく、「政権の鍵」とした。
アメリカで40年間続いた「1つの中国」という立場を否定したのだ。
習近平は「我々はアメリカ合衆国よりもリベラルだ」と主張したが、イデオロギー的に「世界のリーダー」になるのはほぼ困難だとされている。
「性」の問題が覇権国家の大きな宿題となっていたのだ。
これはトランプ政権のジェームス・マティスの果たした役割が大きい。
ブッシュは中東に政治生命を頼ったが、トランプ政権はアジアにその軸足を移した。
しかし、オバマ政権のグリーンは「アメリカ合衆国の政策の一貫性が求められており、ヨーロッパの政治意識と東アジア地域を同一に考えることの危険性」を指摘した。
1988年に「アジアの世紀」と謳われたが、政治は性の問題だということに気がつかない「見えない敵」と常にアメリカは向き合ってきた。
そのために東南アジアはイスラムにとられた。
1911年に清朝が日本に圧倒されてから、東アジアは政治を見失ったのだ。
オッペケペー節。
ASEANはひたすら中国の復権を待った。
オーストラリア、日本、韓国、インドの四カ国、そして、それを取り巻くインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールという構図はすでにできている。
アジアをアメリカがリードするというのはこれらの国と関わる以外にない。
他の国々はみんな「論語」を待っているのだ。
キャンプベルがミャンマーで説得に成功した以外はみんな中国の味方だった。
トランプ政権は日韓から米軍を撤退させて中国を喜ばすことは行わなかった。
トランプが台湾の国家主席と電話やツイッターをやりとりした時に、日本は核武装を北朝鮮問題とは別のアプローチから覚悟した。
トランプ政権が考えを変えると、アジア地域が頭の体操を組み替える。
中国の覇権を望んでいる連中は確実にいる。
古典にしたがいたいという考えが根強い。
いまだ、この地域にヨーロッパの古典が根付くことはないのかもしれない。
夏の扉 松田聖子。

1970年代に、韓国は110マイル以上飛行する弾道ミサイルは作らないとアメリカと約束している。
これが2001年に185マイルとなった。
2012年にこれがとうとう500マイルになり、北朝鮮全域を覆うことになっている。
「性の統制」を行う国家として、韓国には28000人の兵士がいる。
2013年に韓国軍内部において「核兵器の使用はアメリカの制約を受けない」という見解が示されたが、アメリカ側の反応でこれはすぐに凍結されている。
500マイルともなると日本や中国にまで影響を与えるからだ。
韓国の「性の統制」という名の主権にしたがう国はあるのだろうか。

中国は「ポーランドからミャンマーまで」の人の出入りを許している。
しかし、「民族の優越」を訴えるアドルフ・ヒトラーのような政策が支持されることはあるのだろうか。
プーチンは2014年のキエフの問題でそのようにして影響力を増した。
プーチンはその時の力を利用してクリミアを併合している。
中国は、民族の優越を主張することは膨張主義につながるとして警鐘を鳴らしているのだ。
5000万人の中国人がカナダやオーストラリア、ケニアなどにすでに住んでいる。
習近平もすでに「中国人ゲットーはチャイナドリームである」として民族の優越を支持している。
しかし、ザンビアやスリランカで反中ムーブメントが起きた。
「民族の優越など世界の嫌われ者」であることを知る必要がある。
松田聖子 Sweet Memorys.


【私は本当のことしか言いません、というのならば知らないということだ】

車の運転とか、病気とかに直面すると自信をなくすことばかりだ。
「一番好きな国」というのは自信を与えてくれる国のことだろう。
セックスの相手選びも「自身が得られるから」というあたりで選んでいることが多い。
高橋由美子 免許を取ろう。

苦手な角度から横顔を見てきたりする女は本気だと思った方がいいし、ソクラテスのように女心に詳しい男には「人の心が分からないんでしょ?」と言って女は本気で攻めてくる。
誰にも分からないものを自分は持っていると女は考えたのだろう。
男子高校生には女心は分からない、これが恋の秘密だった。
からだが弱った女が、うるさいだけの男に恋をする、しかも女心を知らない。
男の子が信じているものを真似したい、これが女子が勉強する理由でもあった。
恋の秘伝 河合その子。

ソクラテスは高校生ではなかったが、医者としてからだが弱った女たちを相手にし、いろんな「女心の可能性」を問いかけたので、女性患者が医者に抱く感情も「恋」だと言ってよかった。
「恋したら36時間眠るしかない」
自分を殺そうとした人に女は恋をしている。
これほど強烈にからだが弱り、ノイズにさらされることはないからだ。
このことから、女がどんどん弱っていくので医者が介入する必要性が生じた。
幻覚作用のある薬を女に与えても女は恋ができる。
女は「恋をしたい」と思っているので、危険性がある場合はなんらかの予測が必要となるのだ。
「恋は楽しい?」そんなものは噂に過ぎない。
女がどんどん弱っていくのが分かるのだ。
八月最初の水曜日 渡辺満里奈。

遠くにいる男も近くに見える、これが恋というものである。
彼が信じているものを信じてみたい、殻にこもってもいい、それが恋というものだった。
彼は決してエキスパートではなかったけど、弱った時に信じられる、これが彼氏というものだった。
信じられる範囲内で彼なりに完成されていたし、99から減点を取るプロの世界で5の力があれば資格は取れた。
エガンとエルガは恋の神様だけど、彼はひたすら「90とは何か?」を趣味としていた。
サラも「90とは何か?」というプロの世界の話に恋をしていた。
男は5の力があれば資格は取れるのだ。
愛の炎 田中れいな。

特定の彼に胸を見せることを「条件つき」と呼び、公に胸を晒すことを「無条件」と呼んだ。
彼が信じているものがささやかながら実った時に「条件つき」で胸を晒すのが女というものだった。
いつかその果実が「女心の探求」に向けられることを信じていた。
【神様って信じてる?】
女心に詳しくなればどんな勝負も勝てるのよ?
神様がなぜ肋骨から女を作ったのかがわかる時が来るわ。
そのために私はからだが弱まって、うるさいあなたに恋をしたのかもしれない。
とにかく、私はあなたのささやかな勝利を祝福して胸を見せたのだから、いつかは神様というものの意味がわかってくれると思う。
モーニング娘。Im lucky girl.

女心を語る男は男であって、より高度な学習をした神ね。
勉強しなければ分からないことだったし、そのおかげでいろんな世界にお金を流していろんな「予言」をすることができるようになっていた。
自信をなくした女はそのような男に恋をしていたのだ。
「私の心から予言ができるようになっているのね?」
予言が外れた頃にはあなたは立派な業界人になっているでしょうね。
モーニング娘。1から10まで愛してほしい。

ピタゴラスの定理とは男の「逆三角形」にある。
私だけの気持ちではなく、すべての女子が思っている気持ち。裸のクレヨン

そこで、アリストテレスという「2つの石の拳」をもったクラスメートに「からだを許す」という約束の貝殻をあげたの。
すべての女子がそう思っていたから私は「約束」をした。
そのような男が「王」と呼ばれたり「法皇」と呼ばれて「貝殻の値段」を決めた。
逆三角形のからだになりたい、それはピタゴラスの定理と呼ばれた。
すべての女の子の気持ち、それが分かったの。
彼の名前が世界に知られた時に「貝殻の値段」は高くなっていった。
デビューした時から見ていたのはそれが理由なの。
アリストテレスは素晴らしいボクサーだった。
男が「皆同じ」ならば貝殻の値段は安いままよ。でもアリストテレスは勝って選ばれていったわ。
「男の子になりたい、しかも他の女と奪い合う、それはもはや神聖なアイデアと呼ばれた」
トーマス・ハーンズKO集。

14世紀には「逆三角形男」と「壁ドンイケメン」が対立した。



この美しい三角形を取り巻く「法則」は高校で勉強したわね?
彼を取り巻く〈A+〈Bが90度になった時に美しい正三角形が描ける。
周囲と身内を感謝しないとね。
いい指導者と恵まれた家庭がなければ勝ち続けることはできないわ。
あなたの「陣営」が壊れる瞬間をみんな狙ってるわよ?
指導者の言うことをよく聞くこと。


そういう男子とは女の子は「片想い」だから経済というものは成り立つのでしょう。
アリストテレスの集客力の秘密はここにあった。
「デビューした時に貝殻を渡してあった」
あとは男子が「自分を守りたい」と思う気持ちを利用するだけね。
檸檬の年頃。

「敗者にかける言葉などない。何がいけなかったのかを本人の口から語らせるだけだ」
大阪都構想・敗北の弁。

仙谷由人敗北の弁。

田中真紀子 敗北の弁。

「何がいけなかったかをよりシンプルに考えているのが分かる」
敗因を詳細に分析する人などいない。
「男を比べるってことはお金につながる話だし、勝たなければ貝殻の値段は上がらない」
負けても敗因を分析する奴に次はない。
「負けた人の顔と目だけ見ていればいい」
女たちの愛を失った負け方なのかそうではないのかは顔と目を見るしかない。
男たちは常に「比べられている」のだ。
女たちの愛があれば次がある。
敗北の弁を述べなければならない戦いは常に「聖戦」なんだよ。
何も語らない奴の戦いは神聖さがないんだ。
経験が尊敬されているのならば敗北の弁を聞きたがるわよね。
凡人だなと思われたら誰もコメントは求めないよ。
アリストテレスは「男を女たちが比べる」ということから神を作ろうと考えたのだ。
ふたつにひとつ 瀬能あづさ。

アウグスティヌス・プラトニアンは「ふたつにひとつ 」という詩を作って誰に抱かれたいかを論じたが、アリストテリアン・アクィナスは「いじめはなくならないな」という観点から現実を語った。
誰に抱かれたいかではなく、どの逆三角形男になりたいかだったことを忘れないでね。
ここで、実は女の子は男の体の逆三角形だけでなく、「知性が輝いている」ことにも「神聖さと純粋さ」を感じていることが分かった。
カップルという「信じる世界」により広い世界が持ち込まれるからだ。
そこで「知性」というものにも戦いの場が求められたし、勝つこと、比べられることが必要とされた。
神は「必要なものはなんでも生み出す」とされ、ヨーロッパではそれはプロスポーツだった。
勝利の美酒に酔った街は知性に満ちた「神の街」とも呼ばれた。
詩を好むプラトニズムと、戦いを好むアリストテリアニズムはこのような関係にある。
いずれにせよ「おちんちんに何が分かるのか?」を女子たちは知りたがったのだ。
おちんちんに分かるのは肉体美とお勉強、さらには「女学」となっていた。
おちんちんに分かることを「ファンタスム」と呼んで女たちは憧れた。
ファンタスティポ。

ペニスエンビーがそれだけでは終わらない議論なのは分かるわね?
ファンタスムという議論に発展するのよ。
ファンタスムはおちんちんとはまったく異なる表現がなされる男性的なものだった。
「いいおちんちんの感覚を持ってるな」というのを「センスがいい」と言った。
センスの良さは名前からくるのではないか?としたのがアベラードだった。
そこで珍奇難解な名前を排除する必要性を主張したのだ。
飛行機の操縦士なんてのは名前で選ぶという慣習も生まれた。
アベラード(安倍晋三)は男を名前で判断する習慣を身につけていた。
それはもはや「おちんちんとセンス」と関わる問題だったからだ。
「いい名前」からいろんな生産的なものも生まれると考えていたし、名前に恋する女もいた。
姫井由美子。

若い女の子は「名前」のことを考えてばかりだよ。
キスする相手、結婚する相手などの名前を考えると「センス」というものがよく分かるようになる。
ソクラテスは女たちを口説いて、その言葉があっという間に男たちに共有されることから「絶対」の存在を知った。
どこかに間違いがあるのならば拡散しない「相対」だと考えたのだ。
しかし、逆三角形のからだを作り、他の男に勝てばいいではないかとアリストテレスは考えた。
プラトンは「男を比べる」という女心を詩にした。
女たちが男を比べる限り、詩は作れるし神も作れた。
いじめは確かに存在するし否定もできない、それが神の源だったから真理と認めるしかなかった。
本屋に多様な本がある限りイジメは無くならない。
みんな「先生」が違ったからね。
かなり「大人の口説き文句」の世界を全体主義的に動かすしかないだろう。



女心には「ファンタスマ」というおちんちんから生み出されるものと、男たちにモテることと、男社会の話で自分なりに分かることの3つしかないことが分かる。
女たちの支持が全体主義的に動くことはあるのだろうか?
本屋に行けばいろいろな本があって、読んでみたらモテたというのならば本屋が「相対主義」を生み出すことになる。
アクィナスは、三位一体のいじめを「真理」とすることから男の比較が女たちによってなされているとして「神学大全」を完成させている。
これは「絶対」だと思われた。
しかし、オッカムが「壁ドンイケメン」を考えたことから相対主義というものができたのだ。
「イケメンこそが真理」という立場にも若い女の子たちは熱狂した。
「イエスキリストの物真似」がイケメンの基本であり、批判は難しかったのだ。
相対主義か開かれた絶対主義かの違いはもはやここで確立している。
「比べられるんだろ?モテればいいじゃないか」という考えもまた真理だった。



勉強ができる女子は「クラスのみんなが知っていること」を知っているに過ぎない。
相対主義と開かれた絶対主義の対立は「どちらがマネーをより多く動かすのか?」という争いとなって現在に至っているのだ。


【つづく】

2017年11月 1日 (水)

男学。

男というものは、さまざまな出来事と直面するたびに「女心ってこういうものだよね」と言って「肋骨」の意味を定義し、しかもすべての女たちが納得する、それが「男らしさ」であり、「すべての女が落ちる女心の定義ができる力量」が問われる。
どのような会社で「女心」の研究をしているのか、おちんちんの経験、若さ、余裕、服装、実績などを女たちは見ている。
仕事を任されるというのも男の魅力だ。
どのようなシチュエーションで、どのように勃起し、どのような勉強をしたのかが問われる。
勝たなければ勃起しないし、勉強しなければ勝てない、あとはシチュエーションに身を委ねるしかない。
ロマンスは偶然のしわざ。

女たちはなぜ男に「自分の気持ち」を聞きにくるのだろうか?
それは男を比べるためである。
「勉強階級」がなければ全く自分の気持ちがわからないのだ。
【守られたい】
しかも、自分の気持ちを教えてもらいたい。
すべての女が同意する「女心の定義」の下に身を置きたい。
女心というのはすべて想像の域を出ないが、落ち着きのいい定義はある。
女たちが群がる「最高値」は確実に存在するのだ。
それは「神」の役割でもあった。
余裕と若さから男を見はじめるだろう。
そして、財産や人間関係、出来事、数、彼女についてなどを見るだろう。
その上で「あの瞬間何を考えていたのか」を知りたがるだろう。
まるでキメラのように若さが突然変異した瞬間の話を聞きたがるのだ。
その瞬間、女たちがどのように彼に力を与えていたのか?
そして、大騒ぎになるような結果を女たちは「自分のもの」としようとするのだ。
それが「守ってもらいたい男」となる。
BoA まもりたい。

いずれにせよ、女に力を与えられて結果を出さなければ、女たちはそれを「自分のもの」にしようとは思わない。
女心を定義したいのならば、何か少しでも結果を出すしかない。
力を与えられたことがないのならば興味がない証拠だからだ。
「女学」を財産に変えようと思うのならば力を与えられて勝負に勝つことが必要だ。
勝負から逃げる奴は「おちんちんと財産の分離」を行うことになる。
女の力を知ってようやく「女学」は入門を迎えることになる。
特定の女(具体)ではなく、すべての女(抽象)に通じる話に興味が持てるようになるのも「女に力を与えられて勝った」ことがあるからだ。
負け犬がコソコソと語るのが女学だとは思わない方がいい。
男と財産を結びつけるのはそのあたりに秘密がある。
すべての女に通じる、しかも、大学のカラーがある、典型的な負け犬の大学のカラーもあるのだ。
経験したこと、経験させられたこと、それも若い頃からそれを見ておかないと「女学」には興味が持てないだろう。
ましてや「女と同じことをしていた」のならばもはや女学を勉強する資格はない。
17ビート 酒井法子。

「普段、何をやっているの?」
周囲の影響を受けないようにしているんだ。
「eBooksも読まないの?」
それは指導者を選ばないとね。
世界にはすべてがある。「何が目の前にあるのか?」を理解しないとeBooksも読まないよ。
何もなければ読まないけど、必ず目の前には何かがあるんだ。
特に、目の前に「他の男」がいれば本を読むね。
女の話をしないとどいてくれないだろ。
相手の男のおちんちんを狙って話をするんだよ。
まあ、天気の話をするのと同じ意味だな。
しかし、ちょっぴり気が弱い男ほどか強敵だな。
女学の400年の歴史に顔を赤らめる奴は強敵なんだよ。
女学の話をするということはお金を上げることであり、本棚を紹介することでもある。
これを嫌う奴がいるんだ。
赤いスイートピー 松田聖子。

守るべき家庭のある奴は女学を歓迎しないかもしれないね。
雑魚と大物の区別もつかない奴も女学を聞きたがらないだろう。
「勉強の向こう側」を嫌う連中なんだよ。
場所を示す「ゼロ」の次は「1」だろ。
一からやり直すのを面倒くさがる奴がいるんだ。
仕事を邪魔されたくないから普段、女の話をするのだけど、それを嫌う奴はタチが悪いね。
だったら「お子さんはいらっしゃいますか?」から女学の話を切り出すしかない。
家庭に縛り付けられている奴ならば話に応じるだろ。
なぜ「女学」だけではなく「男学」があるのかの理由も知るだろう。
学歴社会には便利な学問があるもんだな。

プロセス哲学(プロセス憲法)というのは「若さをダイナミックなものにしたい」というムーブメントである。
楽しんで学問をやった奴ほど「大乱世の男」と呼ばれるんだ。
なぜなら資金力が違うからだよ。
ひどい経験をした後に「金こそがすべてだ」と思うのならばプロセス哲学を持つようになる。
組織再編にもプロセス哲学を持つものは必要なのだ。
女性職員の「女心」を定義してくれる男は職場に残ってもらいたいんだ。
だから組織再編に強い。
二股かけられた女は「死んでもいい」と思うだろうけど、二人の女と同じ速さで走ることの危険性をパルメニアデスは指摘している。
「女心を定義できる」「危険な二股をかけない」これが「大乱世の男」と呼ばれる秘密なんだ。
幸せですか モーニング娘。

そもそもヘラクレイトスが「万物は流れる」として「世界の秩序ってなんだろうな」と考えたことにプロセス哲学の起源がある。
海で夜中に焚き火をした時に「金がすべて」だと思ったんだろう。
「これからが本当の戦いだ」という決意を海の焚き火を見て固めるからだろう。
黄金でいろんなものが買えるし、心の火はなんでも生み出せる。
寒い日の海での徹夜は、暑さと寒さ、戦争と平和、空腹について考えるのには十分すぎる経験だ。
ヘラクレイトスは、その時、海で徹夜した仲間をゲシュタルトと呼んだのだ。
ルイシッポスやデモクレイトス、エピクロスなどがいて、お互いにぶつかり合ったよ。
みんな「なんのために勉強するのか?」を理解していた。
四人が「火、水、土、空気」の四つを奪い合ったんだよ。
激しさ、静寂さ、成熟さ、そして常識的であることなどが海で徹夜した時の決意としてのちの人生で表現された。
ヘラクレイトスが「火」となるだけで他の三人も自分の生き方を決めた。
のちにヘーゲルが漫画にしたことから、中学の卒業式の後、海で徹夜するものが現れた。
カントは夏だけでなく「寒い季節の海」の意味も見出していたのだ。
1790年から1850年までフィヒテ、シェリング、ヘーゲルは「この経験の大きさ」を語り合った。
ホワイトヘッドも「メンバーの誰かの心に火がつけばいい」と考えていた。
のちに、チャールズ・パース、サミュエル・アレキサンダー、ロイド・モルガン、アンドリュー・ユシェンコもこの経験をしている。
このことは「リフレックス」と呼ばれるようになっている。
デュランデュラン The reflex.

自由民主党は、寒い季節の海も政治利用した。
そのへんに立てかけてある竹を燃やしたよ。
「俺たちはもうひとつにはならないんだろうな」
しかし、大乱世の男の原体験となった。
アレキサンダーは、大金持ちになったロイド・モルガンの心をよく理解していた。
銀行家と評論家を生み出しただけだよ。
あとの奴らは子供のように駄々をこねただけだった。
「男になる」ってのはそのようなものなんだ。
あの時のメンバーの一人が女に囲まれていたら、それに興味を持つものが一人でてくる。
あとはみんな駄々をこねるだけだよ。
秘密は「海で徹夜する忍耐強さ」にあっただろうし、若さをダイナミックなものにする力を誰よりも持っていたということだろう。
いずれにせよ、一晩見た海の風景から「女心を定義しよう」と思ったのは事実であったし、お金に困らなくなったのも事実だ。
どんな教科書を読んでも「答えになっていない」とも思った。
いずれにせよ「ビュッフェにつながることを勉強したい」と思ったのがプロセス哲学であり、海が起源だった。
ハイデッガーもドゥルーズも「海での原体験」は否定しなかった。
しかし、ダーウィンだけはイギリスは認めようとはしなかった。
「人間の進化は海にはない」としてイギリスが頑なになってしまったのはダーウィンがこの議論に参加したためだ。
自分の「原体験」を振り返るだけならば構わないが、それを「進化」と結びつけるのは反対だ。
雪国で育ったりしてもっと多様な原体験を持っている人がいたからだ。
まあ、好き勝手やらかすメンバーが揃うのは海ぐらいなものかな?
大きすぎる空間に身をさらすのは悪いことではない。
女の子のメランコリーの意味も知るだろう。
「浜」を宗教体験に使う連中もいるからな。
胸騒ぎのメランコリー 高井麻巳子。

勉強というものが「大人たちの世界で役に立たないではないか?」と思うこともあるかもしれないけど、勉強の限界を知っていれば確実に「分析力」は高まる。
「固まっていた方が狙いが絞りやすい」とも言われる。
政府が何を考えているかという問題は特に「固めておく」必要がある。
勉強をやってみると、自分が危険にさらされていることにも気がつかずに、政治生命が助かることもある。
それは、主人と執事ほどの違いが生まれるものなのだ。
2006年のオーストラリアのグラシアー国立公園でブルーノという熊が住んでいることが話題になった。
熊が出没する可能性のあるエリアを「17」とし、出没したエリアを「18」とした。
観測している研究員が眠っているエリアを「19」とし、サプライズが起きたらエリアの番号を「20」とした。
三嶋17、山崎19、須田20。

番号のイメージは2006年にオーストラリアに浸透した。熊の怖さから浸透したのだ。
熊が群れをなしていたら「25」とし、群れが暴れたら「26」とした。
筒香25。

濱口26。

番号の意味はオーストラリアの人たちの「熊への恐怖」から世界にイメージが拡散している。
地面がぬかるんでいて逃げ場がない場所を「29」とし、日の丸の印をつけた。



ぬかるんでいても逃げ道がある場所を「30」とした。



尾仲29、飯塚30。

横浜DeNAベイスターズが「投手の威圧感」を重視しているのがわかる。

熊を誘導するためのエサが3つ用意されているエリアを「31」とし、エサがない危険なエリアを「32」とした。
柴田31。

さらに、熊を殺傷する武器があるかないかで「29」と「34」を区別した。
ぬかるんでいるところでは必ず熊を殺傷する武器を用意したのだ。
尾仲29、平田34。

また、熊への対処を行なった経験値の高いエリアを「36」とし、ほとんど経験のないエリアを「37」とした。
桑原37。

熊が出たら喜んで殺す人がいるエリアを「38」とし、10人がかりで除雪作業を行えるエリアを「39」とし、ぬかるんだ土を5トン以上どかさなければならなくて逃げ場のないエリアを「40」とした。
嶺井39。

勉強というものも、子供の頃に「権威にたよる時期」があるために作られた完璧なゲームだ。
これを一生、続ける人を「権威主義的人間」と呼ぶ。
背番号のうんちくを語ったり「女学」を語ったり、どこかでみんな丸くなっている。
勉強はヴェーダ、ヴェダンタ、ミーマーサー、サームカーの4つの流派に分かれていて、「偏差値」を出すことによって、子供たちに「権威とは何か?」を教えた。
「女心を知らない偏差値BOY」という題材もここに示された。
男たちは「人生で一度は通る道」だとされている。
ブッダも「ヴェーダの優等生」でなければ王子とは言えなかったし、病気の女たちが「女心を定義してください」とのちに集まることもなかったのだ。
偏差値の起源はアドバイタ・ベダンティンに求めることが可能だ。
偏差値BOY うしろゆびさされ組。

セクシャルポーズであるヨーガはそのような偏差値BOYを挑発するためにあった。
国家の発展段階の初期においては「塾」というものが税収源となっていた。
これらの「インドの学校」からニャーナ教、ヴァイセシカ、仏教、ジャイナ教が生まれている。
ニャーナ、ヴァイセシカにおいては偏差値BOYが「勝手な連中」と向き合うことをその教えとしている。
ニャーナ、ヴァイセシカは「宝石」というものを作り、偏差値BOYをきらびやかに飾ることで「勝手な連中」を抑え込もうとした。
宝石というものは「女心を知らない偏差値BOY」が購入するものだった。
サームカーはこのような教団を生み出している。
シルバーリングに口づけを。

仏教は「アジャジの花」のように花にその関心を向けた。
花は味、匂い、色、肌触りを語らなければならなかった。
ジャイナ教は、これを突き詰めて「植物大全」を作った連中だ。
花束を女性に贈る習慣はジャイナ教のものだと言っていい。
私の16歳 小泉今日子。

女の子に「花言葉も分からないおバカさん、偏差値BOY」とバカにされるまでヴェーダは動かなかった。
しかし、やはり勉強の向こう側に「女心の定義」をする研究の必要性を感じた。
そこで、プラクティ・パリナーマ・ヴェーダとブラーマ・カーラナ・ヴェーダの2つの流派が生まれている。
日蓮宗は、この2つのどちらかから「女心」を学んだことになる。
女心の定義の必要性を「女が痛みを感じた」ことに見出したのだ。
痛みを感じるというのは「怒る」ということだが、思春期におちんちんを切られるというオイディプスコンプレックスすら分かってやらないと「反抗期」と言われる羽目になる。
理解することが大事なのであり、投薬などは行なってはならない。
「女が怒った時が研究の狙い目」だとして作られた女心の研究はもはや「聖典」と呼ばれて、のちに誰もやりたくない作業となっている。
サームカーの側から「聖典」が出されてヴェーダは立場を失ってしまったのだ。
「日蓮が不思議」と呼ばれる論破の連続は「偏差値の向こう側」に女たちが群がったという現象だったのだ。
酒井法子 ミーハー。

ニャーナ教も「聖典」にのっとることにしたが、偏差値というものが好きだったために、あくまでも「学校」にこだわった。
高校生レベルの「恋」の時代には「女学」を教えたのがニャーナ教だった。
「パラマウント」と呼ばれるベッドで高校生の男女が寝ていたから、果たしてニャーナ教からエリートが出るのか疑いの目を持たれた。
ブルジョアの高校生カップルが夜を明かした丘の上の家が放火された事件があったため、「女学は大学でやった方がいい」という方向に向かった。
いずれにせよ「友達が欲しいから勉強する」という文化が偏差値の世界にある以上、何を教えるかはきわめて重要なテーマだった。
性教育ではなかった。
クラスの女の子の心を知るという教育であり、今の日本国においては日蓮宗だけが採用しているものだ。



ラインカメラで修正してみました。


【延々とつづく】

«政策女。