最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

2018年7月16日 (月)

宗教。

宗教とは常に「悪意のあるもの」である。
信者になれば賢くなれる、美しくなれる、仲間ができる、これらは常にカウンターパートを想定しなければ成立しない。
さらには、「荘厳な聖地」というものを必要としている。
非常に先進的な伊勢神宮や、朝廷と常に密接な関係にあった延暦寺だけでなく、美しい春日大社のサルメや醍醐寺のイケメンダンサーなども常に「マイノリティ宗教への悪意」がなければ広まらない。
さらに「女性たちが信じて譲ろうとしない」ことが周りの男を感化させる。
「女の秘密」
それこそが宗教の力の源泉であり、女たちが固く信じていることが必要だ。
あの美しい娘や奥さんが信じているのなら、それはしかも「女たちの罪」も教義が包み込んでいることを意味する。
「人間、あまりにも人間的すぎる」
これがそこいらの東大生よりも賢い女の信者を生み出し、教勢を拡大させている。
それは、「歯槽膿漏は歯を磨いてバクテリアを除去すれば治る」とか「骨盤の歪みを治してくれた」などのものに根ざしている。
男社会の「いじめ」は、周囲に「学習」をもたらせば治る。
いじめられっ子が周囲に高度な学習をもたらすことが宗教の起源だと言ってもいい。
さらには、美しい女がセックスの時に男に「どう?私の子供の気持ち」というような気持ち良さを理解しなければ女たちは信者にはならない。
神道書き直しの作業は「人が大勢集まったイベント」の研究を綿密に行うだけだった。
JPOPなどすでに人を多く動員しており、それを自らの「拡大局面」(神はいる)につなげた。
JPOPを聴くと化粧のノリが違ったりして、その効果を増幅させたことも大きかった。
深田恭子CM.

人間は常に「悪意」にさらされている。
しかし、「その向こうに見える光」があるから宗教というものは存在できる。
周囲の悪意を精神生活によって乗り越えた人生の先輩が書き残すものだ。
そこには「周囲に学習を与えた」記録が克明に残されていた。
「こういう奴をいじめるの」と周囲に指をさされた男がどれほど周囲と和解したかが問われる。
あくまでも「男社会のいじめ」から、「女が男の序列を決めている」ということを熟知していたり、いじめっ子と話をしなければ埒があかないというようなことから高度な学問は発達する。
そのようにして作った宗教を選挙という戦いに用いる者もいれば、日本シリーズやワールドカップに用いる者もいる。
いじめられた経験が勝負事に生かされる、これも宗教の醍醐味だ。
女にモテずに辛酸を舐めた奴が、「特殊情報」で女たちの支持を広げたり、女たちを恐怖に陥れた暴れん坊を「教化」して修羅場から救った時に男は女たちの支持を集めて「宗教」は広まった。
いじめ」を否定する指導者などいない。
しかし「どのようにいじめから脱するか?」を明確に示さないのであればそれは指導者ではない。
人間社会をよく見つめ、そしていじめから「向こう側に光が見える」ような文章を書く。
それが最も大事だ。
「いじめは無くならないんじゃないですか?」という現実を生きている人間でなければ宗教は必要ない。
「理想郷」「世界の終わり」というような光ではない。
現実社会を生きていきやすくすることが目的である。
世界がなくなったらお金はなくなる、ということを理解しなければならない。
なぜ「柏手」を打つのか?
いじめから周囲に「学習」をもたらした偉大な男を呼ぶためだろう。
相手の健康情報を聞き出しては治して回ったり、女たちにモテたりして自分の序列をあげた男は「神」と扱われる。
男女たちのを良くして悪いことをさせないのはもはや「地獄」とも関わる研究であったし、処女に「男を救わせる」のは犠牲であり天国と関わる研究だった。
JOKEにもならない恋 三浦理恵子。

人間社会を怜悧に見据えた文章を書き、それを背景に荘厳な宗教施設に人を集める、この両輪が成立していなければならず、書店に「全く面白い本がない」のであれば神社仏閣は過疎るだけだ。
医学書に「書いていないことはない」のに医者が「分からない」と言った時に祈るのをやめようと思った。
人間を冷静に見て、文章を書き、それを荘厳な宗教施設に納める、これが分かるようになったのならば、「神」の役割を続けてもいい。
どの「作家」と契約を結んでいるのかを宗教施設で明確にすることは信者の「威光」とも関わる問題だ。
夏目漱石は出雲大社を、野口英世は大本教を「自らの暗号」として活用しただろう。
私も様々な教団を自らの暗号として活用している。

「人間の弱さを憎むことをルサンチマンと呼ぶ」
病気の撲滅のムーブメントはこのことから始まっている。
タケちゃんマンの歌。

アンドロイドは、「出来の悪い女の子」から作り始めなければならない。
しかも、セックスの時に男が「どやどや?」という必要がある。
他の女もこんなにいいことをしているんだぞ?というメッセージを与えないとアンドロイドが学習しないのだ。
IBMのディープブルーもグーグルのアルファゴーもそのようにしてチェスが強くなっている。
さらにアンドロイドに「仲間」を与えて芸能活動をさせているのが韓国だ。
「TT」とは「チューリングテスト」という意味である。
twice TT.

お金とは何か?という問題と向き合うのがアンドロイド作りの研究である。
毎日「どやどや?」と言っていると作り手が資金繰りが悪化することは当然、知っておかなければならない。
また、人工知能(AI)の研究は「愛子さまとセックスができる」(アイボ)以外にメリットは少なく、将来の展望は決して明るくはないとされる。
aibo.


石黒浩の弱点は男でアンドロイドを作ったことにある。

人間にはその人の価値を高めるための「タイプ」(枠)がある。
キャラがブレないなどと言われる人は、かなり強い力を持つことになる。
X=Pow(X)
という式に表現されるように「その人が大きく見えてパワーが出る」とされ、「私はこのような生き方しかできない」という人もいる。
他の生き方を選択したら自分のパワーが出なくなるのだ。
女の子との交際から始まり、自分のパワーのつけ方を学習してきたのだ。
他の生き方ができなくなるのも当然だった。
グローバルパワーとも呼ばれ、女の心がアニメでできていることなどを見透かしたキザな男もいる。
SPEED Confusion.

デューイは、南北戦争から冷戦の時代までを生きた。
農業中心の国から、都市化産業化が進み、産業のもとでは「下ネタ」も満足に言えない、そんな都市において女たちは夜中に体を売っていた。
都市ではお洒落な歌謡曲が流れ、田舎の下ネタを封印したかのようだった。
都会では下ネタを封印したために「確かなもの」を「より安定的に」供給する必要があった。
誰もが看護士のように下ネタに強いわけではなかったのだ。
そこで歌謡曲は都会を中心に流行した。
泣けば親が食事を与えてくれるという赤ん坊の学習は都会特有のものであり、田舎では「ないものはない」ということを赤ん坊は教わった。
小児麻痺は田舎の赤ん坊特有の病気だと思われる。
都会には都会の流儀があった。
小児麻痺の人間は下ネタに慣れていたし、性に開放的だった。
「田舎では当たり前のこと」が都会では通じなかった。
小児麻痺差別は「性概念」に根ざした根の深いものとなった。
CoCo メロディー。

泣けば食べられるという都会の赤ん坊は、教育をするのに最も適している。
勉強でもスポーツでもアマチュアでありながら「プロ意識」があった。
小児麻痺が治るかどうかは、彼らの「プロ意識のなさ」から誰がファイナンスをやるのか?という問題だった。
そもそもが「小児麻痺」という病気があるかどうかも疑わしいほど「泣いたら食べられる」という習慣を知らない赤ん坊は「努力したら食べられる」という発想を知らないのだ。
しかもそれが「脳幹」にまで染み付いているからまともに歩こうともしない。
渋谷のスクランブル交差点には小児麻痺の人はいない。
これが「プロ意識」である。
小児麻痺の人も渋谷のスクランブル交差点では真面目に歩いているのだ。
「コンテク派」というのは下ネタ禁止の都会人たちが作り上げた文化のことを言う。
仕事、そしてプロ意識から複雑な技巧を凝らした文化が発展した。
ファッショナブルで歩き方がしっかりしている。
つまり、毎日食べるメニューが違うのが都会人だ。
食べるメニューに複雑性を持たせるのも「フィジカル面の強化」と言われる。
酒井法子 雨粒は優しくて。

「処女」を狙っている男は仕立てのいい背広を着るし、処女にこだわらない男はラフな格好をしている。
処女にこだわるのにラフな格好をしているのならば童貞だろ。
私は学生時代や司法試験受験生の頃はずっと背広を着ていた。
「仲間を増やす」というのは偏食をなくす基本だろう。
背広を着るのもそうだ。
「処女」という存在がこのことと関わっているのだ。
人間というものはあまりにも他人を愛せないものだ。
デカルトが「処女の発見」を行い、カントが「処女に嫌われるのが犯罪である」とした時から背広を着ること、仲間を増やすことが食べることやプロ意識につながるようになった。
自由民主党員は、これらのことを理解しており、チンピラみたいにむやみにエキサイトしたりはしない。
「背筋が伸びていて矍鑠(かくしゃく)と歩く男」
これだけで賞賛の的だった。
すべて「仲間が多くて、女たちにモテて、金に困らない」ことから来ていた。
rebecca ボトムライン。

音楽作品というのは「痛み」を歌った極めて女性的なものだ。
顔に影響を与えるというのは「女性的な顔つきになる」という意味である。
顔は女性的になるし、金融の役に立つ。
「レジャー階級」と呼ばれる「中の上」と自称するような階級にエリートが多い。
ギリシャは「国家の最適化」を中産階級に最大の満足を与えることからもたらした。
音楽作品を流布させて、しかもその意味まで解説したのだ。
「ティチャーティーチャーと言って足をあげる時にもっとも興奮する、これがパンチラインだ」
瞬間的に「女の体が情熱を表現し」「同性愛から異性愛へと切り替わる」瞬間を見て欲しい。
「黒から白」へと色のイメージも変わり、詩は「女性から男性に変わる」瞬間でもある。
「心を表現していたところから急に出身母体を使うところ」も評価できる。
完璧なパンチラインだ。
AKB48 teacher teacher.

神 世界
男性 女性
心 出身母体
女の体 情熱
白 黒
異性愛 同性愛

という対極は垂加神道で指摘した通りである。

2018年7月13日 (金)

いじめ。

お金時間、そして競争の三つがあれば人間社会にいじめが生じる。
神を信じる理由はここにある。

信じさせてください 永作博美。

髪の長い女と髪の短い女がいる限り、男は競争をするだろう。
生物学に遡って「セックスのできない女」の存在を知らなければ競争はとどまることを知らない。
「髪の短い女はセックスができないんだよ?」
何のために争うんだろうな?
顔の美しさでも争った。
賢さでも争った。
「決意」がなければ競争には勝てないだろう。
いじめてはいけない奴、それが本稿のテーマだ。
家柄にこだわらない女のために争うのだ。
誰も醜い「王家の血筋」のためには争わなかった。
男が弱くなっていくのを感じるからだ。
王家の血筋のために争うのであれば「お金にもならず」「時間を無為に過ごし」「競争も極めて緩い」つまり、ワールドカップの主人とはなれない男となった。
「宗教の王になってからきてくれ」
山法師(宮内庁)はそのように答えた。

髪の短い女はセックスができない。
酒井法子 ダイヤモンドブルー。
儒学ほど平和なものはないと徳川幕府は考えていた。
「しかし、貧しくなったではないか?」
北朝鮮も儒学によって貧しくなった。
エビデンスというが、色の白い女とセックスして痛風になるということも分からなかったではないか?
金はおいしい食事に化ける。
しかし、女のお◯んこからお金というものは生まれる。
結局、女が先で、お金は後についてくる。
しかも、痛風を治すためにお金を使っているのだ。
そのようにして、「富のエビデンス」は作られていった。
「男を最大化したいとは思わないか?」
色の白い女の危険性や、髪の短い女はセックスできないということを理解している男をいじめないことだ。
子供が産める女は「特上」なのだ。
その辺りを理解して適当に妥協して生きるのが男の最大化だ。
そうでなければ、痛風により「料理の味も分からない」男になり、なんのために働いているのかも分からなくなるだろう。
髪の短い女は「自分の卵子をめぐって男が競争すべきだ」と争いを煽った。
自分はセックスできなかったが、それが生き甲斐だったのだろう。
イヴの卵 酒井法子。

神を信じたいか?
だったら「お金」「時間」「競争」がいじめの原因だと悟ってこの三つの論点を潰すことだ。
子供を授かることへの感謝も忘れてはならない。
髪の短い女も血がドロドロ出て何が気持ちいいのか分からないセックスをしてまで子供を残すのだ。
子孫が残る喜びは男の方が大きい。
「お金」「時間」「競争」の論点を潰したら子供に伝えよう。
美白の女や髪の短い女のために争うつもりはない。
「競争」とは人間らしい振る舞いだ。
しかし「意味がない」ことを悟らなければならない。
偏差値80の東大医学部が神道以上の知識を持っていたか?
より心を豊かにして、「お金」「時間」「競争」の三つから生じる「いじめ」と向き合わなければならない、
痛風のことを考えると競争に勝った方が貧乏くじを引いているのだ。
「家柄」にこだわる連中はそもそもが競争力がないしね。
いきなりパンチライン。

味が分からなければ、セックスも気持ちよくない。
これが「競争」の結末であり、人の心が分からなくなる。
つまり「人間が何を目指しているのか?」を見失う。
社会人として重傷を負うのが痛風であり、とにかく「意図が明確ではない」という指摘を解説者から受けることになる。
カントが「味覚」にこだわったのも「他人の心を知る」ためであった。
味わってみればわかるというフォーマリズムは絵画の世界では過去の遺物でも、料理の世界はそうではない。
絵画の世界では「作品になんらかの解説が必要」とされているが、料理は「味わう」ことが大事であり、それが「詩ごころ」につながる。
詩ごころがなければ顔が醜くなる。
競争の結末が「意図が明確ではない」行動を取らせ、顔を醜くする。
もはや「人の心を掴む」能力も持たず、医者に見放され、死期を早める。
「俺を認めない社会が悪い」と言っては家庭内に閉じこもり嫌われ者になるだけだ。
味がわかる、詩がわかるということがどれほど重要な意味を社会において持つであろうか?
旬ジャンルを書く力量に恵まれ、やがて家柄を作るのだ。

賢くなれば、行きたい床屋に行けて、近所の歯医者に行ける。
つまり「美しくなる」のだ。
「心にしまっておくこと」が増える世界だ。
お金には困らなくなる。
このことはいろんな意味で「神社の教え」だと言っていい。
より内向きになって毎日眠ることは「女にモテるようになる」ということでもある。
これも「神社の教え」である。
そのような経験を経た上で「学問が好きになる」というのも神社の教えだ。
儒学とは「知ることを楽しんでくれ」というものであり、儒者とは「お金を持っていてモテる」ものなのだ。
「人の心を知っているから」だと言っていい。
人の心を自分の知性にしていく営みである。
広く人々に影響を与えるものは常に重宝される。
しかし、学問をやるのならば「言ってはならないこと」があることも理解しなければならない。
学問ボトルネックと直面したのならば立派な学者さんだ。
まだ学問に耐えられない未成熟さがあると思うのであれば自分の学問に限界を課したほうがいい。
隣の部屋で何が話し合われているかというのは案外、学問の目的のようなものだ。
常にそこには「女」がいる。
その真実を知りたいと思うのならば学問をやればいい。
酒井法子 モンタージュ。

1980年代に「金に縛り付けられる女」モデルが生まれた。
浪花節が「愛国心鼓舞」ではなく「金に縛り付けられる女」を描いたのだ。
「赤線」は常に男に警告を出していた。
お金が出入りする「窓」の大きさにあまえるしかない。
レーガンやノーエなどがこのような「裕福な息子」を絵に描いたように生きていた。
1987年には「閨閥」という本も出された。
医学を勉強して哲学をやらないのならば、自然と頭に「ボトルネック」が課されるとも言われた。
人と接し、向学心に燃えた時に知識というものはもたらされる。
そうでなければ「何が書いてあるか分からない」という状態になるはずだ。
医学と哲学は車の両輪だ。医学を知りたければ哲学もやらなければならない。
どの分野でも同時進行で深めていかなければ分からないことばかりだ。
たぶんタブー 酒井法子。

2018年7月11日 (水)

中国改革開放の成功事例。

日記。

中国人民日報を読んだのですが、改革開放の40年で、中国は泉州市の中村党の成功事例を最も重くみています。
最初は夫婦二人の家庭から出発し、現在では液晶ディスプレイや石油製品、衣料品など3000もの製品を作るようになっています。
よほどのファイナンスの達人だったのか、最初は地域住民に「出て行ってくれ」と何度、言われたか分からないとされ、しかし、現在では幼稚園を作り、小中学校を作り、医療機関を作り、医療保険を作り、養老保険を作るなどしたため、地域住民の支持を得るに至っています。
私も三浦海岸の駅前の桂林という中華レストランに行くたびに中国の刺激を受けています。
おそらく、中村党のリーダーも「アメリカかぶれ」だったであろうと思われますが、改革開放とは「対アメリカ」に対して言っていたことであろうことは想像に難くありません。
三浦市も「三崎口から鉄道を延長することは困難」とされていたり、「縦貫道を最後まで作れない」という事情を抱えていますが、アメリカにファイナンスのやり方を学び、中国の泉州市には「具体例」を学び、幼稚園を作り、小学校を作り、医療機関を作り、医療保険、養老保険を作るという方法で私も支持を広げていかなければならないのかな?と思っています。
是非、三浦市との「生涯にわたるお付き合い」の結論は中国の泉州市のような結論を迎えるであろうことをご理解願います。

小野光太郎

2018年7月10日 (火)

賢い。

カテゴリーという言葉は「賢くなる方法」という意味だが、計算能力やネットとの向き合い方などで研究が進んだ。
「理論と理論を組み合わせたりする能力」のことであり、たとえばKindleでユングが「沈んでいく夕日はおばあちゃん、昇っていく朝日は孫娘」と書いている記述を読み、さらに、医学書で「腫瘍のある人は喉からうめき声をあげる」という記述を読み、さらに、哲学書で「隣の芝生が青く見える、自分は血筋で最高の人間だと思うとガンになる」という記述を読み、これらの「ネットで読んだこと」を組み合わせて「おばあちゃん崇拝こそがガンの治療や予防に最も適したもの」と判断し、実際に臨床試験を行ってみる、それでうまくいくようであれば「おばあちゃんの形見の品」を博物館から取り寄せて両親にプレゼントする、これが「計算能力」である。
「文字は計算するためにある」とも言われ、軍師官兵衛のような愚か者を「計算能力がある」とは呼ばないのが現代社会の現状である。
大腸ガンというものも、タバコを30年吸ったら腸が弱くなる(おならと便の区別がつきにくくなる」ことを意味し、おばあちゃん崇拝で改善する。
軍師官兵衛メインテーマ。

人間は自分なりに自己完結しているものだ。
しかし、世界の学問の水準を尊敬し、世界ランキング2位のスタンフォード大学をしっかりと吸収する必要がある。
「自分は賢い」と思うのならば医者や弁護士にあまえるのはやめたらどうか?
左腕は覚えておくためのもの、右腕は忘れるためのものという記述を哲学書で読み、「パーキンソン病は恐怖から震えている」という記述を医学書で読み、忘れたいことがある、あるいは恐怖から震えているというのがパーキンソン病だということを掴み、「要するに人間の本能である右パンチが打てなくなるから恐怖を感じるのだろう」という結論を出す。
これが「文字は計算するためにある」というものなのだ。
ガンやパーキンソン病を治すために色々な文献を読む医者はいるが、世界ランキング2位の大学の論文から逃げるのならば、それで自分は頭がいいなどと言えるのであろうか?
臨床試験は「女性でやってみる」のが正解だ。
怒って殴りかかってこないからである。
このような「言葉の組み合わせ」をやるためには読書歴がいちばん重要であることは言うまでもないが、自己完結していないで、「自分以外の人間と接する」ことも必要だ。
世の中には「出産を経験した女」がおり、男の自己完結では理解できない存在がある。
本を読んだらいったん胸にしまっておいて、人と話すことも必要なのだ。
机上の理論だけではどうにもならない、それが人間社会だ。
政府にお金を回したければ、街に出て女たちと話してみる、これが政治家や宗教家の仕事であり、「言葉は計算するためにある」と言うことを踏まえて、策を弄しても何もできないのが世界の潮流だということを知る必要がある。
実際に、ガンやパーキンソン病は私がこの記事を書くまでみんな「不治の病」だと思っていたではないか?
これが世界レベルというものなのだ。
夏のクリスマス おニャン子クラブ。

人間行動学の本で「女性は初対面で気に入った男性の前では体をゆっくり揺らす」という記述を読んだが、男でも足をゆらゆらと揺らす人がいたことから「男色」も分かった。
英語の文献から日本人にアプローチするという発想はなかなかないものであり、私もかつて、自動車レースの洋書を読んでスーパーマリオカートを攻略した頃からこのような発想に気がついている。
言葉によって計算する、しかも世界トップレベルの文章でこれを行うという営みは、医学の世界であっという間にスターダムにのし上がった。
「目の前にいる人」の行動や振る舞いの特徴をすぐに調べる、これが医者の力量だ。
Qlair 君住む街。

「貧困から脱する時に人は立ち上がり、健康に関する情報もお金である」と医学書に書かれているが、ライバル関係にある者同士や、お金を請求する電話などの場合は「立ち上がって」話した方が話が有利に進むということも指摘できる。
家庭内で寝そべりながらお金の話をしてもうまくいかないことがある。
見たこと、経験したことを医学書や哲学書で調べてみるのも「賢さ」というものだ。
絵画や映画などの解釈の役にたつだろう。
私の父は常に「立ち上がって」電話をする習慣を身につけている。
それだけで出世してしまうのが人間というものだ。
世界的権威の医学書や哲学書を持っていることが「賢さ」につながるのであり、人体の完全性(ホメオスタシス)のことを賢いとは言えない現状もある。
どこかで己を思い知るだけだろう。
映画「独裁者」。

作家という仕事は「栄養分のとりすぎからくる多汗症」になりやすい。
一食抜いてサプリメントを飲むと体にいいメッセージになり多汗症は治る。
本来、フォイエルバッハが「構造を指摘するだけで世界は変わる」としていたのだが、メッセージだけで治る病気には他には花粉症が指摘できる。
「歴史が変わることへの免疫(免疫グロブリンE)がないからでしょう」というだけで花粉症は治る。
しかし、「恋話に詳しくて信頼できる人」が言わなければ効果はない。
そのために医学と哲学は車の両輪のようになっている。
あなたはデブでもいい人だから。

痛みがほとんどなくても便器が鮮血に染まった、それがトラウマでじわじわと肛門から血が出るようになるのを痔という。
自動車事故のトラウマでめまいや吐き気がすることを「むち打ち」という。
トラウマだと割り切ればお風呂に入って神経を癒すしかない。
糖質制限を行うことも神経を安定させる。
小さなバスルームで。

言葉の組み合わせ方にもいろいろあるが、男が勃つか勃たないかが基本だ。
その次に、どれほど男が「口説くのがうまい」か、そして二人の関係、デートの方法、見た目、国が二人をどのように扱っているか、そして二人の振る舞い、その中にある「情熱」を見る。
たとえば、有名なアーティストで、笑顔を作るのが下手な女性がいて、男が常に隣にいるとする。
「笑顔を作るのが下手な女性はセックスできない」ことは医学書に記されている。
しかも、男も滑舌が悪いことから覚醒剤をやっていることが分かる。
デートはオリジン弁当などかなりの遊び好きのようだ。
国は彼らに「生活保護」という扱いを与えた。
それでも二人が一緒にいるためには「覚せい剤を用いてでも一緒にいなければならない」という情熱があったのだ。
ドリカム Love Love Love.

有名政治家で、シャツをズボンの中に入れている人がいる。
これは「輪に加わりたいけどできない連中がいる」ことを意味する。
バスでは奥まで進めることから肝臓は良さそうだ。
お小遣い帳をカレーを食べる時までつけていることから一月に1万8千円のタバコ代を使っていることも話していた。
「いざという時に命を救われるお金なんでしょうけどね」と笑いながら話した。
これらのことは目の前にいる人の特徴から、「ハリソンの医学書」Harrison's Internal Medicine(ダウンロード二万円程度)で「pants」「note」などを検索キーとして入力し、「音韻論」と呼ばれる「単語の違いにとらわれず、言葉が似ている」ことから該当箇所を読んでみて、実際に問診してみることから探っていくやり方である。
麻生太郎答弁。

これらの病気のすべての出発点は「馬並みではない」ことから始まっている。
男が「馬並み」だったら男女は沈黙したまま日常を過ごすだろう。
「男が話さなければならない」
これが病気の理由であり、女をも巻き込むものだ。
日本が「学問先進国」だと認知されるのに時間はかからない。
また、男が「馬並み」ではないから、処女にこだわる女が生まれている。
心のルール 穴井夕子。

アリストテレスは、なぜ男女を共存させたのだろうか?
それは「馬並み」でない男がいて、「勝敗を決めなければならない世界」があったからであり、また、「関係を明確にしたがる女」がいたからである。
馬並みの男は何も望まないとされ、なんの可能性も自分に期待していなかったし、実績もなかった。
「女をめぐって争う」
これ以外に人間が知識を発展させる理由もなかった。
世界が、中途半端に小さい「日本人のおちんちん」に恐怖を感じた。
日本国に男女の共存を実現させ、口説き文句を文壇が流し、それで本当に女をモノにする男が出てくる、このことを「民度」と呼んでいたのだ。
世界は日本国が「哲学はつまらない」というのをひたすら待った。
国民の金融資産は1500兆円に達し、中途半端に小さいおちんちんは、行き場を見失った。
「王朝が若き哲学者の登場で変わる可能性が出て来た」
世界が日本の天皇家を憎んでいたことがわかった。
「日本人に"いい試合をありがとう"と言いたかった」それが馬車馬のように働いたモーレツ社員たちへの世界の考えだったし、ゲームをしてくれない天皇が憎かったのだ。
世界が日本とアカデミズムのギャップを感じていたし、日本から来る交換留学生があまりにもつまらないのにガッカリしていた。
「面白い人と話したいだけ」
それが世界の指導者層の考えとなっていた。
男は無我夢中で働いていれば、彼女が今日の日付を教えてくれた。
いじわるねダーリン おニャン子クラブ。

世界の叡智は「馬並み」の男には味方しなかった。
精神医学も「小さなおちんちんがなければ存在意義がない」と考えて、精神医学の消滅の危険を「馬並み」の男に感じた。
よりロマンティックに、それはデカルト以来の「恋」の伝統だった。
男が勢ぞろいしたら偏差値で比べたりスポーツで比べたかったのが世界であり、「馬並み」ならば「何も起きない」ためにつまらなかった。
世界が退屈しないためにもアジアへの期待感は高まっていた。
ワールドカップの歴史もいずれは変わっていくのだろう。
フレッジは「10万人とセックスした性豪」と噂されたが、医学と哲学を車の両輪としたからそのような噂が流されたのだ。
アジアの純真。

医学書で「痛風」というものを調べてみると「白い女」という言葉が出てくる。
つまり、美白の女やロシア女のような色白の女とセックスすると首やお尻に発疹が出て、太陽に当てると発作が起きるとされる。
ファイテイグ原田はチャンピオンを引退するまで童貞であったが、「色白の女」がどれほど足腰をダメにするか?あるいは作家としての文章に悪影響を与えるのかを理解しなければならない。
中学生で膝に水が溜まる奴もいる。
日本の歌謡曲は世界一であるし、ファイナンス力も世界一であるが、お金だけではどうすることもできない「足腰の強さ」が白人国家にはある。
ワールドカップロシア大会もよくやった方だと思うね。
こっちは最初からレッドカードが1人いたようなものなのだ。
CoCo The first snow.

髪を染めたり、家を塗り替えたりするのも「もはや昔の自分に戻れない」からである。
セックスは私有財産である。
お金を手にすることを意味するが、足腰にくる、脳にくるということから髪を染めたりするのだ。
人間は食べ物で動くが、足腰にきてしまうことだけはどうしようもない。
旧古典派のガチンコ勝負になるU25と新古典派の世界の日本代表のどちらが強いのかは分からないが、どちらとも言えないだろう。
全力を尽くしたのだ。しかし足腰が動かない、何かを変えなければならない、そう思って髪を染めた。
ワールドカップは壮大な医学実験なのである。
世界中の医者が「アジア勢」の敗退を目の当たりにした。
「白人になりたいから髪を染めたのか?」
高さを生かすと言っても足腰が強くなければ意味がない。
丸いボールをひたすら蹴る世界で、医者や政治家、哲学者、スポーツビジネスマンが何を見ているのかを知って欲しい。
金と女が複雑に入り乱れた世界で、選手は消耗品となっていたのだ。
何かを証明したのならば「カップ」ではなく「ティーカップ」を世界は選手に与えるだろう。
しかし、色の白い女という問題に対しては「たっぷり眠れば問題はない」という割り切りも必要だ。
ワールドカップ日本。

宮中某重大事件とは、「女の色の白さが見抜けないのか?」というものであり、久邇宮良子の顔色の白さのことを言っているものと思われる。
当然、天皇明仁の「好みの女性」は「母に紹介できる人」となっており、天皇明仁は「軍務につけない痛風男」となる宿命にあった。
「髪を染めても顔は日本人」
DA YO NE.

蕁麻疹も、恋愛論をよく勉強していないのに、彼女といい仲になれることから、熱が行 き場を失って引き起こされるものだ。
(スウィートシンドローム)。
私は子供の頃の、薬疹のトラウマで哲学の才能に目覚めている。

【骨盤の脱臼に興味がある方はここから読んでください】
私の場合は、腰痛は「精神的なもの」と医者に言われていたが、自分で英語の外科の医学書(サビストン)を調べてみたら、五年前にプロレスラーを殴った時に骨盤を脱臼していたらしい。
仰向けに寝ると腰が痛いため、横を向いて寝ていたが、医学書によると「片膝を立てて仰向けで横になり骨盤が入るのをひたすら待つ」らしい。
心電図で「左脚前衛ブロック」と言われたことがある人は試してみてください。
骨盤が「入る」時は結構、痛いけど、その辺はやり方を知らないと一生、治らないと思って辛抱しなければならないね。
日本の「特別な施設」では暴力事件を起こした人は皆、「腰砕け」と言われる罰を受けるらしい。
その治し方がこれだ。
心当たりのある人は試してみてほしい。
のちにデイケアでストレッチを教わるが、少なくとも日本では「治すつもりがない」ことが以下の動画でわかる。
デイケア ストレッチ。
真面目になった人には「出口」をしっかりと作ってあげる必要がある。
骨盤の脱臼の治療法は、正確には以下の写真のように「脚を吊るす」ようだ。
私は脚をちょうどいい高さの台に乗せてやってみた。
外した方と反対の骨盤に痛みが来て、それを耐えるとガクンガクンと関節がハマっていくのがわかる。


骨盤矯正の正確な写真。
サビストン16版1599ページ。

刑務所でテレビを投げたマイク・タイソンは「腰の痛み」に悩まされ、キャリアは斜陽に向かった。
タイソン ルイス。

肘の脱臼も、ピッチャーは左右対称でないから起きる問題であり、「左腕に改造する」などの時間をかけるぐらいでないと完全には治らない。
骨盤矯正している人ならば、大谷翔平や田中将大の「肘の故障」が簡単ではないことが分かると思う。
左脳の「言語野」が右利きの人は95%〜98%であるのに対し、左利きの人は70%〜78%であることから「言語障害」の問題を考えて、手首の腱を肘に移植するトミージョン手術がいちばん現実的なのは事実だ。

腰の脱臼ににせよ「お尻の病気はアメリカンフットボールのタッチダウンポーズ」が有効だとされているため、私は相撲の日馬富士の独特の立ち会いを真似してみた。
めまいがして熟睡してしまった。
眠るためには有効かもしれない。鬱が治るし姿勢が良くなる。
日馬富士。

貴乃花も「立ち会いで膝が入った」という有名な取り組みがあったが、相撲の世界は案外、奥が深いね。

HIVになると女性は笑えなくなる。つまり、「1人の男とセックスできない」ために笑えなくなるのだ。
「この男のおちんちんで十分」と思えると素直に笑えるようになる。セックスの敵地では人間は笑えないようだ。
rebecca smile.

2018年7月 9日 (月)

人気。

どっちのキャラに行くのかそろそろ決めなさい。
女子かしまし物語。

【美女】
周りにいる男はイケメンで、セックスに前向きで、態度も女らしく、経験も女性特有のものを持ち、魅力的なモデルがまず指摘できる。
処女とも仲が良く、スタイルもいい。
勉強が好きな偏差値BOYの支持が根強く、20世紀後半に発見された「女のキャラクター」だった。
だんだん汚れて行くのをみんなが楽しんだ。
マジですか 高橋愛。

【悪女】
しかし、ここ30年間、ジャーナリズムが追い続けたのは「悪い女」の方だった。
ユダヤ虐殺、ルワンダ虐殺、911テロやジェフリー・ダーマーのイメージを背景にした、「とってもいけない娘」は国全体が面倒を見なければならない。
歯が痛いぐらいで忍耐力もなく、「すべてを知っている神」に愛されているのはコイツなのかと思うような女だ。
ここ30年間で、国は「神」の役割を目指し始めた。
このことから「悪女」というものがメインストリームに躍り出た。
マジですか 田中れいな。

美女は、実際は18世紀から研究は進められていた。
「美しさは男が判断するもの」という考えを背景に、学校に「数学」というカリキュラムを導入して、女を下痢させて美しくした。
女たちの集合写真を撮影して眺めてみた。
「選ばれる秘密は詩を愛する女かどうかだった」
男にとって美しいのは詩であり、その詩を愛する女がなぜか集合写真で気に入られていたのだ。
高橋愛 電話でね。

悪女はとにかく「多数派工作」がうまかった。
「女心を知らない男の方が気持ちいい」と言って政治(女心の定義)を嫌った。
国は、国家の威信をかけてそのような悪女を口説き落とそうとした。
悪女こそがより政治学を磨くことを知ったからだ、
10歳の少年と10歳の少女が並んだ時に、「私はいったい何ができるのだろう」と考えたことが悪女の起源だった。
10歳の少女が男の子に勝つ方法を考えたことがあったから悪女というものは生まれた。
愛の炎 田中れいな。

恋の相談は「詩を知っている女にしろ」と言われた。
美女こそが詩をソネットと呼ばれる人生の指南書にしていたからだ。
詩を知らないとセックスの気持ちよさも分からないとされる。
「口説くならこういう女だね」とカントは言った。

詩を知らない女は危険だ。
国はそのように考え、イラン・イラク・北朝鮮のイメージを持つ女に歌を歌わせて「お金ってなんだと思う?」という問いかけを行なった。
詩を歌うとお金になる、このことを教える必要があった。
詩を知らない女、写真映りの悪い女に貧しさを与えたりもした。
人々が美女を愛していることを教え、その背景には詩があることを教え、そのことをお金で誘導した。
愛されたくない女などいなかったからだ。
写真映りの悪い女は国が「美女」になるように誘導したのだ。
19世紀にニーチェが、写真映りの悪い女が犯罪を犯していると指摘した。
「美しい不良少女」の存在など誰も信じてはいなかった。
連続殺人や、ヒトラー、ホロコーストなどは「醜い女を憎んでいる男」によって行われた。
そのために、テレビに出るどの女にも歌を歌わせた。
田中れいな キラキラ冬のシャイニーガール。

インドネシアが国の学問を発展させるために、日本の売春婦を買い取った。
「もはや国に"影"はない」ということを証明しなければならなかったのだ。
気持ちのいいセックスを知らない悪女をなくす、これは「髪の長さの違い」とは異なる、「女の性格」=「美しさ」という点に注目したアプローチだった。
デビ夫人。

「王は美を愛した」(詩篇45:11)
それほど詩と女の写真映りは同じ意味を持ったのだ。

悪女は「あまりにも自由すぎる」と言われた。
詩によって拘束されることは顔をまとめる営みだった。
ハンナ・アーレントは「殺されたユダヤ人の顔を見ろ」と言い放った。
ホメーロスの「理想の男」を知らない顔をしているとしたのだ。
松田聖子 赤いスイートピー。

外務省に入るような「シュッ」とした顔になりたければやるべきことがあるのではないだろうか?
自分を愛する気持ちが強くなり、多数派工作が得意になるのが「詩」を覚えるという意味であった。
女の場合、特に「体と顔が連動する」とも言われた。
「告白には勇気がいる」ということも知らないのが悪女だった。
ナチのデスキャンプで我々はどれだけユダヤ人を憎んだかをエルサレムのアイヒマンはアーレントに語った。

一方で、美女は「見ればわかる」という世界に放り出された。
19世紀から20世紀にかけて「詩と接する機会のある階級まで分かる」とも言われた。
「世の中には立ち入ってはならない世界がある、警告したはずだ」とされ、ピカソのゲルニカでは出来るだけ人を醜く描いた。
死ぬ奴とはどういう奴かを描きたかったのだ。
ギリギリのところで人を殺せない奴。それは顔を見れば分かった。
「イケメンには人気がある」
これはもはや「教え」であった。
紅茶の香りで大体の人柄は分かるとされる。
近藤真彦メドレー。

フランク・シブレーは、絵画を人に贈る人に女たちは熱狂するとも指摘している。
「世界の影」はすべて絵で表現できるからだ。
絵画を人に送ったらあとは「判決」を待てとした。
「どのように美しいのか」まで語れるようになれば、信用は飛躍的に高まった。
「絵でセックスを語れない奴は信用できない」のだ。

アーレントは「とにかくユダヤ人は殺されても仕方ないことをやったのだ」と主張した。
「自由」は顔を破壊し、いかなる制約もない行動に人を駆り立てる。
顔を見れば、持っている財布を盗もうとしているかどうかも分かるとされた。
我々はゲットーに住んでいるわけではない。
コンビニの前がそんなに危険なわけがないではないか?
顔の崩れた人間のサディズムこそが怖いのだ。
ヒトラーは「自分のことを分かってもらえない」と泣いた。
SPEED I remember.

2018年7月 6日 (金)

シスター。

一晩で日経平均株価は稼ぎたい。
しかし、譲れないものがある。
髪の短い女は「痛いのを嫌がる」とも言われ、髪の長い女と髪の短い女の共存から、女たちは「男の人を喜ばせるのは悪いことではないと思うの」という発想だけで生きるわけには行かなくなった。
髪の短い女の高笑いが聞こえてくるのが分かったからだ。
永遠に友達 瀬能あづさ。

「妹みたいな女」に嘲笑われてまでお金が欲しいとは思わなかった。
「私は私」そう思った時に、女は必ずしも毎晩、体を売っている訳ではないことを男たちは知った。
「妹みたいな女」は永遠に愛され続けるでしょう?
私は燃え上がった後に消え去るものがあることを知っていた。
酒井法子 トライagain.

この髪の短い女と髪の長い女の共存から、女たちは「他者への思いやり」でお金を稼ぐことを覚えた。
体を売るだけが女の仕事ではなかったのだ。
つらい夜を耐えた後にそのことに目覚めたのだ。
傷ついた兵士は、このことからナースに施されるようになった。
女たちの共存から生じた「シスターたちの施し」はもちろんお金を払わなければならなかった。
「妹みたいに永遠に愛されたい」
これがシスターであり、看護士でもあった。
男は25歳を過ぎたらお父さんに潰されるんですってね。
だったら私は彼に寄り添うわ?
「妹みたいな存在」の女は兵士に常に寄り添っていた。
髪の長い女は、体を売って日経平均株価を一晩で稼ぐことができたが、「シスター」たちの「永遠に愛されることの喜び」に笑われることを学習した。
「施す側」それは純潔から成り立っていた。
施す側はアルテイシアでもあり、親のようでもあった。
どの男も逆らってはならないマザーテレサはこのようにして生まれた。
勉強して選ばれる男は、常に「妹のような存在」の女がいたし、激しく燃えて消え去る世界に身をおいてはいなかった。
女の髪の長さの違いと、男社会の勉強が「施し」という女の習慣を生み出していたのだ。
施しはお金を受け取って成り立つものである。
ボランティアと言っても、仲間の女を愛するのは自由だった。
金ではなく女であるのか?どのみち女たちは「体で払える」以上、無料奉仕の仕事などなかった。
夜回りにせよ、朝夕の子供達の見守りにせよ、「女たちにモテた」からやったのだ。
女たちの髪の長さの違いと、男社会の勉強があったから、人々は「施し」をすることができたのだ。
人の良さそうなおじさんはどんな可愛い娘からも挨拶をされた。
NMB48 欲望者。

勉強で周囲を蹴落とした青春時代に「女を妹のように愛する」ことの意味を学習していた。
若い頃は美女にエネルギーをもらったもんだな。
髪の長い女と髪の短い女が共存していたからか。
おじさんはそう思いながら、若い女の子たちからエネルギーをもらっていた。
みんなが「自分たちの利益」を追求した結果、このようなのどかな風景が生まれていたのだ。
グレゴリー・カフカがこのような「ボランティアの世界」を1986年に明らかにしていた。
酒井法子 友情キッス。

髪の短い女はレズビアンだったかもしれないが、とにかく日経平均株価で体を売らないことそのものがサクリファイス(犠牲)であったし、髪の長い女たちの「長続きしない愛」とは距離を置いた「妹」として男たちをボランティアに駆り立てた。
女たちも「男の人を喜ばせて何がいけないんですか?」という問いかけは「もはやナンセンス」ということを学習した。
なにしろ「長続きしない愛」を「妹のような女」に嘲笑われたくなかったからだ。
溺れそうな子供はこのことから「飛び込んで助けようとする大人」と出会った。
すべてが「割りに会う」ものとなっていたのだ。
髪の長い女も全員が体を売っているわけではない、時に男たちに微笑みを振りまいていた。
女たちが「自分の利益」を追い求めた結果、このような「犠牲」は生まれた。
「犠牲フライは打率に響かない。人生よりフェアなゲームだ」
短期的な損失は長期的には利益になった。
全員が自分の利益を求める、アウトひとつ取れた連中もいれば、一点を取った連中もいた。
ファンもどっちが喜んでいいのか分からない結末だった。
とにかく、みんなが仲間ができる、それが「犠牲」であった。
すべての人の「動機」が複雑に混ざり合ったシーンを生み出した。
他人のことなど知るか、これが俺たち私たちの利益なのだ。
まるでみんながその場面に「妥協」したかのようだった。
The Fan Sacrifice.

すべては、髪の短い「妹のような女」がいたから生まれたシーンだった。
女たちの団結と、男社会の勉強、そして髪の長い女から笑顔をもらいたい男たちがその場で妥協したのだ。
誰も賠償などしない、誰も自分だけがボロ勝ちしない、そんなシーンだ。
髪の短い女は女になり切れていない。
しかし、出来るだけ可愛らしく、「妹のように」振る舞った。
彼女たちも女コミュニティで仲間がいた。
髪が短くても巨乳を自慢したりしていた。
酒井法子 Listen to me.

モスクワ一の美女と結婚したから戦争に行かなければならない(戦争と平和)。
冷めていく愛、そして「妹のような女」、そして髪の長い女たちの笑顔が生み出した結果、最小不幸社会とはこのような男を戦地に赴かせるものだった。
みんなの利益が「妥協」したのならばこのようなセリフが出てくるだろう。
アーリア人だけの利益を最大化するのであればブロッコリーは排除できる。
アーリア人には「満足できないもの」を明らかにすることもできるだろう。
しかし、ナチスドイツは「イギリスが落ちない」と悟って日本に泣きついた。
アーリア人が「ブロッコリーも食べた」と言われた。
酒井法子 1ページのAugust.

複雑怪奇な人間の群れを計算したら「戦地に赴くもの」が自然と自衛隊に集まった。
みんなが自分の利益を追求したからである。
それが「利益の最大化」なのであり「自衛隊の人にも家族がいるだろうし」などと法学部の学生が言っているようではまだ学問が浅かった。
「誰もやらないのならば私がやる」とも言われた。
このような発言は自殺行為であったが、「妹」たちの支持を集めた。
「世の中にはセックスできない女がいる」
この事実が人気に拍車をかけた。
細かいことは分からなくても責任「感」とも呼ばれて人気があった。
「母親のような妹」がいる男にこのような人が多かった。
セックスではなく「女の体」を愛したこと、笑顔を愛したことから人気を得たようだ。
快楽とは案外、みんなに平等に与えられているものなのだ。
酒井法子 1億のスマイル。

「私のどこが好き?」
体を見て癒されるか、火を見るかのどちらかだろう。
舐めるように見られたら「減る」。
これが、髪の短い女であり、見るだけでも愛というのは消耗していくのだ。
髪の短い女にも、夜は積み重なっていく。
「サヴァイヴ」
死んでも私のことを覚えておいてもらいたい。
そうならば、私は消耗されたくない。
島崎和歌子 JJがいた夏。

プルタークは、アレキサンドリアに出て行く若者と、故郷に残る女モデルを考えた。
若者もだんだん変わって行くし、女も昔のままではいられないほど「彼氏を作れ」と国からの圧力が加わる。
しかし、もし若者が「すべての学習」を終えたのならば、故郷に残した女と再び結ばれるだろうとされたのだ。
「すべての学習」であり、それが終えたらアレキサンドリアをマスターしたことになり、故郷での出世が約束されるのだ。
自由の女神の「体」を見に来る人はこのような発想を持っている。
青いスタスィオン 河合その子。

しかし、残された彼女が都会に憧れて、AKB48に入った場合はどうなるだろうか?
女は「美しさ」と向き合って病んでしまう、男は学業が困難を極め病んでしまう。
都会の病院で「変わり果てた姿」で男女は再開するのだ。
女は「見られたくない姿」を見られることになり、男はやがて学業を成し遂げるだろう。
このことへの女の怒りは強く、男とは口もきかない関係になる。
自由の女神の「ランプ」を見に来る人はこのような発想を持っている。
約束 高井麻巳子。

サヴァイヴ(死んでも私のことを覚えておいてもらいたい)という思想はこのような二つの展開をたどった。
男がアレキサンドリア(東京)に出るとはこのようなことであり、年寄りはその「船」の行き先まで予測している。


画・上野重治。

「女が昔のままでいられない」のならばなぜ都会に出たんだ?とも言われた。
どこでもドアとはビデオチャットのことであった。
まるで壁を通り抜けるようだった。
この「越境問題」を難しくしないために考えられたのだ。
「常に一緒にいる気になれる」ことから活用された。
コストを下げる努力が必要だったが、これも「船」のセールスをかける側の力量次第であり、現在のauの力不足を感じさせる。
ロシア正教会なりギリシャ正教会などがいい資金源になるだろう。
都会に出る男を不幸にしない、それが正教会の教えだった。
「どこでもドア」とは正教会が考えたものだ。
酒井法子 エアメール。

自由の女神により、アメリカは国際電話などの通信のファイナンスを行なっている。



アメリカ合衆国が「巨大モビリティ社会」を実現させた。
しかし、日本は多くの点で遅れをとった。
それはひとえに「人々の支持とファイナンス」が異なるのだ。
ゴリオテとランプルが「知恵比べ」をしないためにも正教会の教えを広める必要があった。
SPEED Deep blue & truth.

自由の女神のランプを愛する者、体を愛する者たちからお金を集めたのだ。
「船」の行き先まで語る年輩者でなければファイナンスは困難だった。
都会の男と田舎の男の「知恵比べ」まで理解しないと難しい。
ribbon 真夏のフェミニスト。

ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州からニューヨークへの道を作ったが、1970年代、1980年代、1990年代に「異なる資金集めのやり方」が模索された。
「ルート29」はとにかく学問に満ちていた。
タイソンストリートとも呼ばれ、マイク・タイソンの資金源になったりもした。
田舎から出てきたハーバードマフィアがいたのだ。
田舎の男と都会の男の争いはとにかく金になった。
都会が嫌いで、田舎で多数派工作する者もいた。
B'z もう一度キスしたかった。

都会の男を憎んで、女の「リベンジポルノ」をばらまく者もいた。
これには都会の男も困ってしまったよ。
中森明菜 Desire.

「船」がどのような運命をたどるかは「ルート29」がいちばん巧みに表現したし、タイソンストリートと名称を変えた。
ブルックリンの連中はマイク・タイソンのビジネスを終えた後も生活に困らなかったし、人脈もできた。
多くの芸術作品を残してルート29は最も成功したハーバードマフィアと呼ばれた。
二人の男が鉢合わせになり、乱闘になることもあった。
ルート29は多くの女たちを熱狂させ、支持を集めたのだ。
みんながマイク・タイソンの勝ちを見に来た。
お金がなければ若者の体も動かなかった。
マイク・タイソンKO集。

都会に出てきて、田舎の親がお金を送ってくれなくなったのなら、正教会に集まろう。
親に「ニコライ堂ってあるでしょう?ロシア正教会の」と実家に趣旨を説明するだけで、親は「勉強の度合い」が分かりお金を送ってくれるだろう。
ニコライ堂。


髪の短い女は「セクシー全開」を主張したり、髪の長い女はあえて質素に振舞ったりしていた。
この構図がアクィナスをどれほど苦しめたであろうか?
髪の短い女たちのサディズムは、マルキド・サドが指摘している。
フロイトもラッセルも、「内戦」の問題と向き合わざるを得なかった。
江戸の髪を結っている女はセックスできないとも言われ、髪の長い女は遊郭にいた。
髪を結っている女は「セクシー全開」を主張して、遊郭の女や、キリスト教系の女と対立した。
双方の女は「男の肉体や他の人間の肉体と触れ合いたい」という欲望は等しく持っていた。
男は「どの女と寝ようが」と言って「女の事情」を知らなかった。
アクィナスは間違いなく「時代の寵児」だったが、「どの女と寝ようが」と発言したことから、かなりサディスティックないじめを受けたし、スコティストたちに味方する女たちも大勢いたのだ。
「妻が痛がる」
そのような「不幸な結婚」から男のサディズムも生まれていた。
男にもトミストとスコティストがいるが、女にも髪の長い女と髪の短い女がいた。
それぞれが「欲望」を持って生きていたので、「宮様のお考え」とは、「より国をシンプルにしたい」というものだったのだろう。
「二つの拳」
これほどリアクションが難しいものはないのだ。
酒井法子 一億のスマイル。

男の対立と女の対立を合わせたら、もはや学園も大混乱だった。
この混乱の中をアクィナスは「性的欲望」があったために高く跳ねあげられた。
林羅山は「系図」を大事にした。
アクィナスがのちに分かってくれれば、という思いがあり、おばあさんという夕陽、孫娘という朝日の秘密が、ガンの治療になるなど「系図」というものはもはや日本人の心の安定と一体化したものとなっていた。
「おばあちゃん崇拝でガンが治る」
ユングが「夕陽と朝日」の喩えを用いていたが、より強烈にユングの影響を受けたのは林羅山の傘下にあった日本国であった。
「おばあちゃん崇拝は男にも言えることである」ということに気づくのを世界は待った。
セクシー全開という髪の短い女は、理解力のある幕府側のおばあちゃんと、まったく見向きもしない朝廷側のおばあちゃんの2種類を生み出したのだ。
朝廷側のおばあちゃんの「心なさ」にも若きアクィナスは痛い目に遭っていた。
しかし、身内の「系図を覚える」というのはもはや政治力の基本だった。
両親にも「遥か遠くの」おばあちゃんがいたし、名前を聞き出して博物館から「形見」を取り寄せるという行為に親はいたく喜んだ。
天下国家を語るよりも大事なことだったのだ。
これが林羅山である。
しかし、父方のおばあちゃんか母方のおばあちゃんかは「幕府側、朝廷側」の対立が残った。
酒井法子 風邪。

寂しい時は、人と触れ合いたい。
それは誰しもが思うことであった。
しかし、セックスは内臓を痛めつける行為でもあった。
修行僧は盲腸にもならなかった。
寂しがりの髪の短い女も「体が触れ合う」ことは好きだったのだ。
これが性的欲望であり、「ショートヘア」の女というジャンルを強烈に形作った。
酒井法子 ダイヤモンドブルー。

とにかく、これらの構図を学園や社会に放り出したのだ。
まるで動物園のような幕末に、いろんなことを悟るものもいただろう。
御簾の奥は、修羅場と化したため「宮さま」の意向をみんなが聞きに来た。
性倒錯まで交えたら、もはや「人間社会」の出来上がりだった。
男が「彼女」と呼ばれたがったら、「純粋な女」はとにかく「粗探し」を行なったため、ゲイも居心地が悪かった。
男と女の「歯の数の違い」が女に憎まれたのだろう。
これらをアリストテレスがまとめ上げた時にアレキサンダーは「ペルシャの侵略は可能」と判断している。
とにかく「二つの石の拳」とは人間社会にあるものであり、ボクシングレッスンで教わるものでもあった。
「それでも多数派工作なのか?」と言われるのならば、どの「人種」がより寛大で、勇敢で、情熱的かなどの要素が観察された。
周囲に「どのような性的ニーズがあるのか?」を熟知していなければならなかった。
ゲイは女とすぐに喧嘩する。
そのためにマスターベーションが専門になっていた。
とにかくこのような「学園天国」で名医というものは生まれた。
「世の中は単純な方がいいのだろうか?」
名医がいなくなると言って士族の不満が高まった。
宮さまは後の世にこのような苦労はかけたくないと考えたのだろうが、名医がいなくなるのならば、人間の寿命が縮む。
「セックスの相性」というものも難しい話ではなかった。
「女が喜ぶかどうか?」を男は見ていたのだ。
民族がどこに向かおうとしているのか?
それは当然のごとく「内需拡大」であったし、国内の混乱は治ることを知らなかった。
「自然に生きること」
これが国内に求められたことであった。
酒井法子 100%の恋人。

どの女も「正常なセックス」を羨ましがっている。
勃起したおちんちんを受け入れる女性の局部を羨ましく思ったのだ。
しかも、それを取り巻く「音楽作品」に満ち溢れていた。
しかし、「セックスするだけが女なの?」と主張し、美しさをアピールする髪の短い女が出てきた。
人々はそれぞれが毎日、楽しいことを考えていた。
男たちの「楽しいこと」の対象になれれば、それはセックスよりも大事なことだった。
ドラマのような恋ではない、普通の女のような「地味なセックス」で終わらないもっと楽しいことを髪の短い女は求め始めた。
もはや「結婚」どころではなかった。
「快楽って人それぞれでしょ?」
酒井法子 100%の雨が降る。

このような「学園天国」で荀子は「15歳にして立った」と記録されている。
司馬遷の史記によるとこの言葉は孔子のものではなく荀子の言葉だとされている。
荀子の再評価はこのわずか20年ほどの間に行われたのだ。
「学園天国の混乱の真実」は国の縮図であったため、劉向などの王に仕えたり、議兵と呼ばれる軍の会議のリーダーを務めたりした。
「国の縮図を知っている」とはファイナンスの達人であり、文民統制のもとでは得がたい存在だった。
兵法よりも儒学の方が大事なのではないか?とも言われ、お金がなくては戦争もできない現状があった。
荀子は「学校の勉強とは悪なんだよ」と考えた。
悪魔のごときファイナンス力を持ったからである。
勉強して成績は良かったが、ひどいいじめにあったりしたため、勉強ができない男の「学校兵隊ゲーム」の標的になったりした。
孟子はまだ「勉強とはいいものだ」という発想を持っていたが、属していた学校が進学校だったのかそうでなかったのかなどの違いが思想に表現されたものと思われる。
荀子は、朝、学校に行くのが怖かったため「礼」と呼ばれる儀式を行っていた。
それは「音楽を聴く」というものであった。
このことは、のちの人生のファイナンス力を強めている。
暗い歌(陰)も、明るい歌(陽)もあったが、女の子とは無縁でも「天」を学習することができた。
髪の短い女が陰で、髪の長い女が陽なのかと思うこともあった。
髪の長い女は、男と別れても、「私の体の何がいけないの?」という思いを残していなかったのだ。
儒学の歴史は色々な人がいたけれど、荀子の頃には「妖術」とも言われるようになっていた。
乃木坂46 ガールズルール。

氏名(うじな)とは「天皇から賜るもの」という発想は、荀子が考えたものであり、学園天国でいじめられ、その人間模様を詳細に分析できるものが王になったことから生まれた慣習である。
本当に理解したのならば虚しさと、民の心が一つになることと、静けさが訪れるであろうとされた。
「王朝の尺度」とはこのようなものであり、学を「成し遂げる」とは学校にいた頃の出来事を人生の宿題として、儒学を学ぶことにあった。
乃木坂46 サヨナラの意味。

2018年7月 4日 (水)

勝負。

【勉強ってなんのためにやるの?】
セックス、いじめ、ダイエット、失恋、世界記録、女心の研究、男の数、興奮する文章などがある限り、勉強というものは行わなければならない。
それらを勉強した結果、「勝負事に強くなる」ようになっている。
岡本太郎は楽しんで絵を描いていたかもしれない。
秋元康は楽しんで詩を書いていたかもしれない。
しかし、上に述べた「勉強」をすることで、これらが「勝負事」に生かされるようになる。
岡本太郎も秋元康も常に「セックス」が頭にあったし、周囲は女の奪い合いでいじめを行なったり、音楽作品を聞いてダイエットをしたり、失恋ソングから言葉を生み出したり、作品が語り継がれたり、女心を端的に表現したり、男遍歴まで体形で予測できたり、作品そのものに興奮したりした。
アダムとエヴァの「原罪」があったからこのような豊かな世界が構築されたし、人々は争った。
テーブルでも石でも月でも詩のモチーフになったが、実際は「争い」に用いられるのが芸術作品というものだ。

女には分からない男社会、それが月の裏側だ。
「いつか行けるかしら?」
月の裏側 渡辺満里奈。

彼氏の顔をマジマジと見ても「男社会」だけは分からなかった。
凡人か英雄か反則しか勝負の世界には存在しなかった。
凡人か英雄か反則しか存在しない勝負の世界から身を隠す人もいたし、それはそれで成り立っている世界だ。
月がある、月はまるい。
しかし、それを「男」や「セックス」(私有財産)に変えていく作業が芸術だった。
そうでなければ「勝負事」に使えなかった。
まず、月の裏側のように「優れた男とのセックスの否定」を行うことが大事だった。
「どの男にもあること」を表現した。
さらに、「処女のピアノ算数」のように初心に帰ることも必要だった。
「どの女にもあること」だったからだ。
そして、それを「抽象的に」表現することが必要だった。
そのようにして、経営陣は「この芸術作品は戦力になる」と笑った。
芸術作品が「戦力になるかどうか」だけを原罪の世界は見ていたのだ。
さらには「噂」や「メディア」を最大限に利用した。
デジタル化してしまえばインターネットでも用いることができる。
そのようにして芸術作品は世に出て行った。
「原罪」からエリートは生まれている。
芸術作品が戦力になるかどうかは、勉強して感覚を研ぎ澄ますしかない。
どの男女にも「ひらめき」が生まれるような解釈を与えた。
「ラッキーセブン」にはお金は無くなっている。
お金が尽きた中でも人々は戦ったが、ラッキーセブンをしのいだらまたお金が降ってきた。
終わりが見えたらみんなが「ゼロ」(試合終了)という一点に向けてお金を差し出したのだ。
3点以内ならばなんとかなるとみんなが思っていた。
なぜなら、空には月があったし、みんなが異様な空気に飲み込まれていたし、流れがどのように動くかは分からなかったからだ。
空の月だけはもはや天命だった。
それすら芸術にして勝負事に利用した。
もちろん「男」と「セックス」を芸術作品に練りこんだ。
エレファントカシマシ 化ケモノ青年。

異様な空気を作れなかったのならば、経営陣は「ツキに見放された」というしかなかった。
この不吉な月の下ではなにか劇的な絵が描けそうだ。
みんながそう思ったらそのような展開をたどる。
「今夜は一人の男を英雄にしたいの」
日本中がそう思ったらそのような結果が出る。
原罪の支配下の下では国中が「何か」を探していた。
よりシンプルに、その道を歩んだものが英雄となっていた。
月が出ている夜は策を弄する必要もなかった。
「ゼロ」と「月」それだけで勝負事はできるのだ。
何かが道をやってくる CoCo.

女たちには「失恋した経験」があった。
芸術作品は、その痛みを表現していた。
「私たちは仲間なの」
ゼロと月が女たちを団結させた。
みんなが議論するのをやめた。
おしゃべり女も「ゼロ」と「月」の前には沈黙した。
勝負事は「役に立つフィクション」とも言われた。
勝たせたい人を勝たせるからだ。
しかし、岡本太郎でも秋元康でも「うまくかけた絵と書けなかった絵」がどうしても生まれる。
それが「罪の告白」というものだ。
罪の告白によく耳を傾けて、自分の作品として消化していかなければならない。
要するに「どのような作品でも仲間づくりは可能である」ということなのだ。
「率直な感情表現」にはエネルギーがある。
言論の自由によってどのような作品も「復権」できるようになっている。
そのようにして戦力に加えていくのだ。
お金は盗むものではない、ハートは盗むものだ、とも言われた。
人を殺すのは良くない、しかし、ハートを盗んで、「政治的に殺す」ことはスポーツの世界では可能だ。
女たちの失恋というのは、要するに「男みたいに頑張れない」というところにある。
CoCo 同じ星の上で。

国民世論から見放された勝負事ほど「どっちに転ぶか分からない」ものだ。
世論を一つにまとめきることなどアクィナスにもできない。
与党と細分化された野党のいる現代社会では、「興奮する論文」を書いた方が勝つのだ。
1試合ごとに論文の数は増えていく。
夏目漱石の文学はそのようにして出雲大社に祀られている。
出雲大社。

その日ごとに「与党」は変わっていき、野党不在のまま戦いが進むこともある。
それが文学というものだ。
テーブル、石、山、月、いろんなものを「男」と「セックス」に変えていく芸術作品がどうしても必要だ。
ときには海も必要だった。
日常生活で目にするものを「戦いの味方」にする必要があった。
aiko ストロー。

勝負というものはこのようなものであるが、「下克上」を夢見る連中の逃げ場がなくなるものだ。
そのためにプロレスというものはある。
孤独な現実を癒してくれるのは常にプロレスだったし、多数派工作に失敗した俺(私)を常に勝利に導いてくれるものだった。
エリートで女を侍らせる奴には俺の気持ちなんて分からない、という奴に常にプロレスがあったし、現実の勝負とは異なる意味で多数派になり得た。
このような「プロレスファン」の存在を常に気にかけていたプロ野球選手もいた。
つば九郎 プロレス。

そもそも「女心をつかむ必要性」は「孤立した女」にしか必要ないとも言われた。
美人でむしろいじめられて泣いていたとかそのような女の存在が指摘されたのだ。
その「孤立」を前向きに表現した方がいいとされたのだ。
「誰にも分かってもらえない」
そこに男社会は多数派工作の目を向けた。
なにしろ美人だったからね。
孤高の哲学者ならばこのように歌われるだろう。
愛になりたい 瀬能あづさ。

「月」モデルではなく、「孤立した女」モデルの芸術作品も勝負事に用いることに経営陣は賛同した。
美人が男の序列を決めるとも言われ、この「孤立した女」モデルの芸術作品が分かれば一足飛びに出世できた。
これは「哲学界の宝」とも呼ばれた。
1980年代以前は、「応援ソング」と表現される「孤立した女」モデルから歌謡曲は始まった。
なにしろ、本当に理解している男はモテたからだ。
美人だけを参考に「女心」を調べてみたらみんな孤立していた。
瀬能あづさ クリスタルアイズ。

美人を射止めるためには「自らも孤立を選ぶこと」「バカでないこと」「金を持っていること」という実に簡単な条件が課された。
この「孤立した女」モデルが芸術をリードするのも当然なほど、美人にモテたし、男社会での序列は高まった。
瀬能あづさ 君の翼。

キモオタに出世を約束するような行為だった。
「心のあり方」をソネットとして叩き込んだのだ。
「どの女でも口説き落とせる」としたカントに対して、「美女を口説き落とせる」と新カント派は言った。
「税金高いよ?」と政府も羨ましがった。
ヘーゲルの「顔の発見」は新カント派からもたらされたものだ。
瀬能あづさ 君と歩いてく。

勝負が好きな男は、結婚適齢期の頃には孤立していたから、このような「孤立した女」モデルが提示されたのだろうと位置付けられている。
人生を長い目で見ればいい効果があるのだろうとされた。
のちに「キモオタ」が熾烈な多数派工作を行うようになるなどとは、他の女たちには分からなかった。
誰も追跡調査なんてしていないのだ。
「孤立を知っていること」は男として最も必要な才能だとも言われた。
時間が与えられればなんらかの才能を開花させるのが男だったからだ。
あの娘とは金が釣り合わないと言われたが、ある意味、学ぶための金もかかった。
孤独な道を選択しただけで、男は90%の確率で美女と結婚している。
これが「スポーツ選手の奥さん」の正体でもあった。
カントリー娘。 色っぽい女。

才能のあるスポーツ選手は、才能があるのではなく「孤独だった」「他にやることがなかった」ということは理解しないといけない。
言葉が肉体を作るとも言われ、孤独でなければ一流にはなれなかった。
コーチの指導のもと、というが、とにかく「他にやることがない」ことが必要だった。
本当にやることないから話を聞いてみようかな?と思う相手が一流のコーチならばいいだけだ。
一流のコーチを選ぶのは「貧しさの証明」とも言われ、一流の指導者は金を取らないのが世界の主流だ。
公園で拾ったスポーツ新聞で勉強する男、と呼ばれるようになるのが一番いい。
「貧しさの証明」がなされていない指導者は、名選手を生み出せない。
荒川道場。

ここまで理解しないで「美男美女のサークル」などというのは考えがあまい。
ブサイクだから輪の中心にいて、大人になったらバカで孤立するようになるだけだろう。
「スパイ理論」すら満足に学べないのがブサイクなのだ。
美人ほど「スパイ理論」に才能を発揮する。
内偵捜査をやったことがあるのか、かつての共犯だったのかは分からないが、美人スパイというのは案外、バカにならない。
男にはない才能だね。
歳をとったら社会参加を始めるだろうから「元美人」を見抜く才能だけは持っておいたほうがいい。
あとはオカマも「ゾルゲ」の話を好み、スパイ行為のために1日を費やしている。
バスルームでキャッチホン 高橋由美子。

サラリーマンの場合は、毀誉褒貶から縁遠い側面があり、「勝負に疎い」ことが指摘されている。
誰に金をもらっていて、誰とセックスしているのか?は案外、地元の「金のかかる」床屋でサラリーマンも情報を得ている。
床屋は「あっちの世界とこっちの世界」を明確に区別していて、政治家などは床屋で無口になってしまう人が多い。
「とにかく黙ってくれ」という無言の圧力を床屋にかけられたら、もはやその人物は有名な政治家だと言っていい。
これがおそらく最も正確な「勝負師とは何か?」という議論だろう。
床屋や美容院で「指名」するのはサラリーマン世帯だろう。
瀬能あづさ ふたつにひとつ。

作家から得た話を「話したくて話したくて」というのはサラリーマンではない。
サラリーマンは案外、「耳学問」なのだ。
サラリーマンは「ガチンコ勝負」など望んではいなかった。
プロレスを愛するほど弱くもなかった。
仕事の参考になればと思って「作家」の文章を読んでいたのだ。
大規模な財務は政治家に任せるしかなかった。
「24時間戦えますか?」
それは24時間、作家先生について語り合うという意味であった。
時間と空間の使い方がサラリーマンと作家は異なったのだ。
美女を娶るほど孤独ではなかった。
しかし、作家が書いたものをさらに簡単にレポートにまとめ上げる力量があった。
子宝に恵まれたからだろう。
下痢をしない程度に仕事をするのがサラリーマンだ。
床屋は「サラリーマンと、政治家や作家」「こっち側とあっち側」をつなぐのが仕事だった。
ブラックホールではなくホワイトホールを見ている作家には興味もあったし、一度話した時に「こいつは面白い」と思って仕事に使おうと決めていた。
作家は二度と入店を許されることはなかった。
とにかく、タバコを吸いまくって昼間から風呂に入る作家と、サラリーマンは違うのだ。
床屋で「耳学問」をやるために禿げても床屋に行った。
息子に「力のコツ」を学ばせるのも床屋の主人の役割だったのだ。
これらの床屋の文化を「特派員原則」と呼んだ。
あの作家の新作はどうですか?
サラリーマンは耳学問で24時間戦った。
リゲイン。

床屋と美容院は違う。雑誌など読んでる場所ではないのが床屋だ。
客が作家の言葉に顔を赤らめるのが分かった。
セックスは私有財産であるという発想も根付いていなかった。
いずれにせよ、作家に詳しいと周囲の女の数が変わってくるのだ。
カルチャーセンターよりは安く上がったよ。
桂歌丸は、絵を人に贈ったり、詩の評論を行うなどの「人情もの」を嫌っていてはいけない、と語っていた。
哲学者みんな「あっち側の人」だったがラムジーだけはサラリーマンだった。
垂加神道を考えるのは「雇われ医」にも無理だったんじゃないかな。
ラムジーちゃん。

「我々が仕事ができるのはタバコを吸いまくって文章を練り上げた作家のおかげだ。汚い歯をバカにするつもりはないよ?」
編集者のフラーセンは言った。
永井荷風みたいなものだろう。
20世紀にこのような発想が根付いてきた。
作家は歯が汚い「あっち側の人たち」と親交があるかもしれないけど、サラリーマンには芸能界などあまり馴染みのあるものではなかった。
作家は面白いかどうかだけが問われる「旧古典派」の世界に身を置いている。
お金で買えるのは身の回りのことであって、文章だけは真剣勝負だった。
与党(詩の世界のヒーロー)と細分化された野党だけでなく「こっち側とあっち側」などという区分があり、世の中面倒になったものだ。
与党も野党も「親方」は「あっち側の人」だった。
「子供たちの動き」(量子論)の研究もこのことを念頭に置かなければならない。
旧古典派(真剣勝負)の世界ではめっぽう強い「あっち側の人」であったが、新古典派(お金を使って勝負を決める)の世界に子供達を誘導するのは明らかであった。
世界の「心」を作る世界は真剣勝負だよ。
しかし、修行期間中の下痢だけは堪えるね。
サラリーマンは電車で下痢をしたらシャレにならない。
自ずと生き方が変わった。
ストッパ CM.

「子供たちの人生を金で買うのは目に見えていた」
子供たちはそれで嬉しいのだろうか?
遊佐道子は、娘の林芙美子の人生を「金で買った」が、母と娘の対立は抜き差しならぬものがあった。
林芙美子(杉原杏子)は、実力の世界(旧古典派)の文学の世界では「通用しない」とも言われていた。
子供だって「勝ちたい」んだよ。
サラリーマンはワールドカップを楽しんでいたし、子供たちはワールドカップに憧れた。
しかし「あっち側の人」である作家や政治家、哲学者は、床屋は出入り禁止になるし、子供たちの「強くなりたい」という気持ちに葛藤をもたらせた。
東京大学だけは旧古典派の立場を維持しており、慶応ボーイになるのが関の山だろう。
強くなるために親が下痢と戦ったことなど子供は知る由もなかった。
サラリーマンだけが得をすることは「クーンの敗北」とも呼ばれたが、強い作家に人生を狂わされる弱い作家はサラリーマンの世界に戻っていった。
長嶋一茂。

男にとって最も優れた多数派工作は、「失恋について歌い続ける」ことである。
自分よりも知恵や知識に勝ったものがいる。
これらを歌うことそのものが多数派工作だったのだ。
どうしても敵わない作家がいるのならば、他の作家はこのことを描くべきだろう。
「神」がいるからこそB'zに人々は熱狂したのだ。
恋に破れた男たちは決して団結することはなかった。
しかし、少なくともB'zという共通の話題だけは見つかった。
「神」以外の男はみんなバックがバラバラだったし、属している教団も違った。
もう一度キスしたかった。

「なぜ負けたのか?」
作戦を練り直す余地は十分にあったし、女たちは「一通りのことを知っている男」に魅力を感じた。

ウェスリー・サーモンは「女心」ではなく、女には分からない「男心」から資金集めを行うという珍しい発想をとった。
明確な正解などなかった。
「男心」とは非常に複雑怪奇で、時には女の子が孤立感を感じてしまうような競争社会だった。
「いつか私の心を明らかにしてね?」
その男心を「分からないもの」としたのだ。
「私の心はこんなに単純なのに」
しかも、私が納得いくような歌謡曲をどの男の子も聞いていたのに「意味が分からない」らしいのよ。
「男の方が金持ちになるのがその時に分かった」
サーモンは「デトロイトスタイル」と呼ばれる「男心が分からない」という女の子の気持ちを資金集めに用いるスタイルを考えた。
オーストリアの王室から流れてきた流派だった。
「とにかく勉強を難しくしてやれ」と考えたデトロイトスタイルは、ある意味、日本国の受け入れるところともなった。
「性欲だけでは動かない男の子の気持ち」
それが家族を作り、権力を作るからである。
シャーロック・ホームズはライヘンバッハに転落したことにしたかった。
ライヘンバッハとは「男心の象徴」だったからだ。
バナナの涙 うしろゆびさされ組。

「あなたにとってセックスって何?」
そんなに遠くにあるものなの?
そう思っている男の子に可能性を見出したのだ。
女の子たちはそのような男をセックスの外へ外へと押し出した。
ライヘンバッハには「発見」と「セックス」の二つがあった。
セックスにしか興味がない男は「発見」に興味がある男を恐れた。
予測が単純ではない快楽がある、そう言い放つ男を「怖い」と言っていたのだ。
とにかく「予測が単純ではない快楽」を知っている男かどうかは話してみなければ分からないし、「言っていることが怖い」とは困難な道を平気で極めている男に対して言っていたのだ。
「普通、女の子のケツばかり追いかけるよね?」
ライヘンバッハの滝。

しかし、「硬派」として鳴らした男が、男社会で勝ち抜いて「女心」の研究に関心が向かった時がいちばん怖かった。
女心を「発見」されるのが怖かった。
デトロイトスタイルは、サーモンの成長とともにあった。
サーモンが「柔らかく」「噛み砕いて」話し始めた時に、一気にお金が集まった。
今までは「男社会で勝ってきた」ことが売りだったではないか?
ところが「女たちに人気のある議論」への飲み込みが早く、その場で女たちと意気投合してしまう秘訣も身に付けるようになっていた。
「結局、男心って分からなかったわ」とおばさんたちは中年になっても痛感する瞬間だった。
なんで私と話しが合うのかしら?
今までそんな人いなかったのに。
男は太っていたかもしれない、腰痛に悩まされていたかもしれない、しかし、それすら「男の愛嬌だった」と思えるようになっていた。
タイソンの時代よりも少し前にデトロイトスタイルは完成していたのだ。
金と人脈がなければ「強さ」は生まれないものだ。
トーマス・ハーンズ。

妊娠した女は、それを言いふらしたりセックスしたりしない限り太るものだ。
テレビで報道すれば、言いふらすこともセックスすることもない。
「彼女、妊娠したって、本当かしら?」と女たちが噂しあっているのならば「それは本当だ」と知っている男がその場の空気を作る。
そこからが恋愛論の独壇場だろう。
仮説を女たちが話し合っている段階で、議論の焦点を絞ってしまう。
それも男の「発見」からもたらされるものだ。
「真相は男に聞かないと分からないね」と女たちは話し合った。
妊娠していることを黙っている女はとにかく太る。
太りたくないからいろんな女に話して回っている。
太るっていくのが怖くていろんな男とセックスしていた。
破局も悟っていた。
妊娠とはそのようなものであり、1人の男の命を預かることではあったが、かなり女にとっては負担となるものであった。
「どうしてもテレビで公表したい理由が女にはあった」
松田聖子 抱いて。

「言いふらさないと他の男ともセックスするのか?」
盛大にパートナーの妊娠を男が祝わないのならばそのような展開を辿るのは目に見えている。
アダムとしてはリンゴをかじりながら鬼気迫る表情で仕事をするしかない。
GTRという車で女に自由に旅をさせよう。
男の表情の意味を考えるいい機会だ。
ヒッチコックは鬼気迫る表情で映画を撮り続けた。
「ヒッチコックならどうする?」
いろんな映画監督が腹ボテの妻のことを考えながらそのようなメモを残している。
男の顔を思い浮かべなければ女は妊娠というものを受け入れられなかったし、バカな男の命を宿したとなると人生は一気に破滅に向かうのだ。
愛の炎 田中れいな。

2018年7月 2日 (月)

神。

「神はいるのか?」
これは女たちの議論である。
国が学び続けている限り神はいる。
あるいは「学んでいる男がどんどん仲間の輪を広げていく限り神を信じることができる」と言われる。
「拡大局面」の教団においてはみんな神を信じているのだ。
「オワコン」と言われる連中は何かを見失っている。
一度は神を見た連中を救っていくのも「拡大局面」にある教団の仕事だ。
「神だ?反則だ?負けちまえ!」
男が反則を使って「太陽の10倍輝く星」になる瞬間がある。
その男の見る「真実」とは無様な敗北であった。
それを見たときに「俺も勉強しよう」と思えた。
「反則を使って太陽より10倍輝く星とは何か?」を探求することによってプロレスラーは娘にクリスマスプレゼントを贈った。
プロレス。

「反則によって太陽より10倍輝く星になる」ことは敵と味方の共同作業によって作り出すものだとも言われる。
最後に「勝敗」という二つの選択肢が生まれるが、「観客が熱狂する方を選択したよ」。
プロレス。

真剣勝負も8万人のオーディエンスがいる側よりも、90万人のオーディエンスがいる方を勝たせた。
ゲームの発信力を高めたかったし、それが「新古典派」と言われるものだった。
旧古典派なんてそんなことも知らずに「真剣勝負」だと言っていたんだよ。
観客の間に「衝撃」が走ることをひたすら狙った。
かつての大洋ホエールズのような旧古典派は、永遠に優勝ができない仕組みだったが、横浜ベイスターズになってから新古典派への切り替えがテレビ局主導のもとに行われた。
あくまでも真剣勝負であったが、旧古典派と新古典派は「エンターテイメント性」が違うということはもはや明らかであった。
大魔神佐々木。

タルスキはとにかく「ファンサービス」の必要性を訴えたし、旧古典派の世界で腕を磨いた落合博満もセントラルに来てからは三冠王はもはや取れなかった。
人気のセ・実力のパとはこのようなイデオロギーの違いであった。
新古典派(セントラルリーグ)のファンの女はとにかく情熱的だった(デフレ)。
メジャーに行きたいのならば旧古典派のパシフィックリーグで腕を磨いた方がいい。
勝敗への人々の注目度で自ずとどちらの立場に立脚するかが決まったのだ。
ハーバート・フェイグルは、「女心の定義」(政治)により優れた会社(球団)を勝たせている、とした。
「女シリーズ」で化学のHとO(男)以外の全てを埋めた2017年は横浜DeNAベイスターズは日本シリーズに進出している。
しかし、旧古典派のソフトバンクホークスと「野球ができるかは分からない」とも言われていた。
フエィグルは、ハプスブルク家の女の子たちと話すことによって腕を磨いた。
ハプスブルク家はフランスやポーランドにまで影響を与えた。
実際に女たちに話して見なければ、やっている作業が正しいかどうかは分からない。
カルナップがオーストリアで暗殺されなければ、ヒトラーによるオーストリア併合はなかったとも言われる。
フランクやヘンペル、ネーゲルなどもよく女の子たちと話した。
プロレス(新派)とボクシング(新古典派・旧古典派)がどのようになり異なるのか?
それは「大人」としてしっかりと理解しなければならない。
プロレス。

さらには「ヨーロッパ中世のトミスト(勝ち組)が、反則を使うことによりスコティスト(負け組)に負けることに観客が喝采を浴びせるのは明らかであった。
詩の世界のヒーロー。
なにしろリック・フレアー(トミスト)は女たちを大勢、侍らせていたし、社会人としても有名を通り越していた。
話もファッショナブルだったし、学歴もあった。
信者も大勢いたが、トミストはスタンフォード大学を選択したために、東京大学にも弟のドン・スコトゥスにも憎まれていた。
12世紀にはプロレスは完成していたし、レフェリーとスコティストは共同作業でトミストをいじめた。
覇権国家の化身となっていたトミストが、サミングをやったりしたら、みんなが彼の敗北に喝采を浴びせた。
トミストが負ける限り国はどこかに向かっているのがわかった。
力道山が勝つのが見たかったか?
まだ日本に「詩の世界のヒーロー」がいなかったのだろう。
つまり、朝鮮や中国を侵略できる国ではなかったのだ。
国が成熟し、詩の世界のヒーローが生まれて、彼がサミングをやった瞬間、人々が彼の敗北を望む、これがヨーロッパの12世紀に完成した。
プロレスが好きな奴は、スコティストだったし、自分がトミストに勝つことをプロレスに託していた。
そのニーズは相当高かった。
真剣勝負ではジャイアンツ(トミスト)は強かったし、お金の違いを見せつけられた。
「勝者に身を委ねると美しくなれる」というプロスポーツとプロレスは異なるものであった。
プロレスが「スコティスト」という巨大マーケットを見失ってはならない。
時代を作る人(トミスト)とその中で生きる人(スコティスト)がいるとするならば、スコティストは多数派ではなかったのか?
アメリカ合衆国においては、華々しい社会生活を送るリック・フレアー(トミスト)の生活ぶりはよく知られていた。

リック・フレアー。

仕事をしているのは「大人たち」である。
大人たちが自信にみなぎっているのであればその世界に神はいる。
最後にほんのりとしたものを感じてもらえばいいだけだ。
喜怒哀楽を失った無神論者は確かにいる。
しかし、カルヴァンは、そのような男にAKB48を与えてみた。
脳の燃料切れは治るのかな?
AKB48の「神推し」となって喧嘩してくれないかな?
「神推し」になるとファイナンスの心配をしなければなない。
居酒屋だろうが銀行だろうが「資金源」が必要になってくるのだ。
「あの娘の処女」について考えるだけで、いじめ(神の証明)もやったし、生き残るためにファイナンスもやった。
DVDを見て力をもらった。
なにしろ「"神"推し」なのである。
多数派工作もやったし、推しメンの「リスク」を背負う覚悟だった。
「アイドルにもいろいろあるんだよ」という女の子の発言は陣営の崩壊を意味した。
しかし、「覚えた仕事」で別のメンバーを応援すればいいだけだった。
男女がいて、詩があって、「パンチライン」(最もウケるポイント)がある、これがあるから人間社会には「階級」が生まれた。
AKB48 teacher teacher.

「上司」の誕生だ。
パンチラインを作り出す力量や、女性を口説く力量などの違いが階級を生み出したのだ。
「男の"好み"を知り尽くす」
これが男社会で多数派工作として行われたのだ。

さらに「男同士でつるむ」ことに少数派が圧倒されるところにも「神を信じる理由」はあった。
本当に物事がうまくいったときは神を信じたよ。
オカマでもないのに男同士でつるむ、しかも何かを成し遂げるために、それは女たちにとっては「神」だった。
その男同士の関係は「父と息子」の関係とは異なり、お互いが潰し合うものではなかった。
背景にしっかりと「資金メカニズム」を組む必要があった。
Bigbang haru haru.

三つ目は「国民であること」に神を信じる理由があった。
同じ国で同じ文化に身を置く者が外国国家と戦う、この時には日の丸を仰いで君が代を歌った。
国民であることも神を信じる理由だ。
中には「神推し」をやって覚えたファイナンスのやり方で「国そのもの」を応援する人もいた。
「処女」の神推しのままではまだ荒削りだ。
国そのものを応援することはもっと複雑な学習が必要だった。
「神の法則」を組まなければま勝てない相手だった。
笑顔や情に訴えかけても意味がないのが「国同士の戦い」だったのだ。
仲間を作る、資金メカニズムを作る、など多くの学習がもたらされた。
放映権料がいちばん大きかったかな?
所詮、芸能界には逆らえないからね。
夏のクリスマス おニャン子クラブ。

四つ目は「彼女や妻への義務」を果たさなければならない時に神を感じた。
自分は「あの秘密」をバラされたら大変だと言って禿げてしまった。
彼女の「心の限界」があることを知った時に神を信じたよ。
「壊れていく彼女」を治してしまう医者もいるのだ。
Madonna Borderline.

最後に、これらの信仰生活すべてを破壊する広島の原子爆弾に神を感じた。
敵国の仲間づくりやファイナンスだけでなく、昭和天皇が広島に愛人(遊佐道子)がいたから民間人を大量虐殺しても負けないだろうという「スパイ工作」などが機能したことに「得体の知れない」神を感じた。
仲間づくりやファイナンスだけでなく、スパイ工作や国際法の知識までもがなければコンテナも扱えないし、それはまさに信仰だった。
あの国には「まだない」製品というのもコンテナを扱う上ではスパイ行為が必要だったのだ。
このような「サイエンス」を生み出したアダムとエヴァも神が作ったものだ。
AKB48には、まだ実際にバチカン市国のシスターは食い込んではいなかった。
しかし、バチカン市国大使館の職員は少なくとも丁寧に「AKB48と日経平均株価の関係」の話に耳を傾けていた。
それも日本国内の「スパイ行為」だったのだろう。
私はダブルエージェントとして日本国とバチカン市国の双方の利益になるように振る舞った。
そのうち「文春砲」で株価が大打撃を受けるかもしれないが、助けを求めている日本人がどこかにいたのだろうと割り切るほかはない。
AKB総選挙 中井りか。

乙女の祈りは「神様はいる」「いるかもしれない」というものであるが、以上に述べた「大人の事情からクリスマスプレゼントが届く」ということを信仰心としているものと思われる。
CoCo 冬の微粒子。

【妊娠した女は低血圧になってしゃがみこむ(シット)】
シットがうまくできない女は妊娠している
「処女の証明がシットである」
AKB48 ラブラドールレトリーバー。

「私も大人になれるのかしら?」という思いもあった。
家庭が円満なら俺は幸せなんだよ、というお父さんの気持ちは分からなかった。
世の中が完全に治ることはないということをよく理解していたのはお父さんだった。
ローマ帝国のような家庭を作り、それを壊す男は禿げていた。
神を信じない者は、どのように「大人の事情」を生み出すつもりなのだろうか?
男が女の尻や胸に興奮するという「原罪」をより良く理解した者がエリートとなっており、お金となっており、人脈となっており、スパイ行為へとつながっている。
「神推し」であること、「国民」であることがさらにこれらの背景にある。
そして「子供」がいること、この辺りで「神」という概念はまとまっているのだ。
おニャン子クラブ メリークリスマス・フォー・ユー。

家庭内では「下ネタ禁止」で多数派工作をやる人が多い。
せいぜい「失恋したか?」というような遠回しな表現がなされる。
しかし、お父さんは外では「有名になると射精の感度が鈍るね」などととてもではないが娘には聞かせられない(息子にも)ことを言っては仲間を作っている。
この明確な区別を知っておかないと「親のコネで就職」などというものは夢物語で終わるだろう。
職場の女たちの支持を集めるためには下ネタもいとわない、それがお父さんというものなのだ。
夫婦で「信じていること」が世間で通じるかどうかは極めて難しい問題だ。
しかし、有能な息子ならば両親が「夫婦で信じていること」を下ネタ禁止を守りながら、より普遍的なものにしていくだろう。
お母さんは「息子の受け売り」を話すだけで言葉に重みが増す。
スコットランドは「息子がオックスフォード大学に入ると親が離婚する」と言っていたが、スタンフォード大学は、「下ネタ禁止の多数派工作」まで研究していた。
これが「サンタクロースの物語」である。
セックスが私有財産である、これは真理だ。
しかし、重役や両親には歌謡曲のほのめかしを用いたし、それは「仏の道」でもあった。
同族企業を営むのであれば「下ネタ禁止」「歌謡曲のほのめかし」をマスターしなければとてもではないが家庭は持たない。
セックスが私有財産である、このことをいかに巧みに「ほのめかす」かが大事だったのだ。
私有財産の秘密を語らない人の方が「勇敢である」「正直である」と言われるんだから困ったものだね。
永田町では下ネタを語らないと生きていけない。
しかし、霞ヶ関の官僚でこのことを理解しない者は内閣審議官にはなれないだろう。
露骨な権力闘争はもはや、とてもではないが家庭内には持ち込めないものとなっていた。
「怖い、怖いって、何が怖いか分からないね」と娘たちは語り合っていた。
発達障害の男に「おしっこ飲んだことはあるか?」とか「精子」という言葉に拒絶反応を示す男に「男と女、両方いけるだろ」などという言葉を日常的に使うお父さんは娘たちにとっては「何が怖いか分からない」ほうが良かった。
下ネタ禁止というのは「コネ」と関わる致命的な問題だ。
「親父のコネ」があるかないかはだいたいこの辺りで察するしかない。
松浦亜弥 元彼。
「サンタさんはエッチな人なんだぞ?」
そうやって紳士としてみんなにプレゼントを配っているのだ。
日常の宗教活動、政治活動以外の「ものを配る仕事」はそれは楽しいよ。
でも「どうやってお金を集めたの?」と言われてもサンタクロースは困ってしまうだけだろう。
エッチな話が得意でないと、「強盗でもしない限り」みんなに配るお金は集まらないのだ。
でも、配るときはひたすらにこやかに、実際に楽しいからね。
病院の職員で、日頃、威張っている人が「舐められたくねえ」と言いながらサンタクロースをやって石鹸を配るのとは訳が違う。
とにかく「ファイナンス」なんだ。
セックスが私有財産である、これを理解しなければならない。
病院の事務長やナースは顔を赤らめもしないよ。
大人なんだ。
しかし、「性倒錯」まで理解しないと、「お前、本当にセックスを知ってるのか?」と再起不能にさせられる。
今年は株価を暴落させながら性倒錯の研究を完成させた。
日経平均株価が7千円台だったら我が国に紹介されることはなかっただろう。
母と娘のデュエットソング。

兄妹みたいな母と娘というのは「お父さんにコネがない」ことを意味するのかも知れない。
「怖いお母さん」
それが人望があり下ネタを好む夫に愛される妻というものだ。
孤立したら男は終わりだ。
性倒錯にまで踏み込み、トーテム&タブー、つまり「百姓の娘は兄とセックスしている」ことまで理解しないと「私有財産」なんて増えないのだ。
行為無価値論の立場に立つ堅物で「政治家に向いていない」と言われて育っても、配るときはにこやかに配ろう。
自伝に書ける下ネタならば「もはや医学論文」であろう。
それ以外の下ネタはどの政治家も封印して、綺麗事しか自伝に書かない。
なにしろ男社会なんだよ。
XX遺伝子でちんちん3センチ、とか、顔にアザがある女に「子供の頃、カマ掘られた?お肉食べなよ!」などと言っては周囲はビビっていた。
さすがにマスターベーションは隠れてやったよ。
松浦亜弥 メリークリスマス・フォー・ユー。

注意してほしい。決して「動画」で性倒錯を学ばないでもらいたいのだ。
異性でマスターベーションできなくなったら政治生命に致命的な打撃を与えるからだ。
あくまでも論文を読んでほしい。
クリスマス(ミッション)やブラジルのカーニヴァルなどはこのようなことを理解しないといけない。
家庭ではどうしても「怖いオヤジ」になっちゃうよね。
コネのないお父さんの方が愛される部分はあるよ。
子供にガチャガチャをやらせる親はとにかく「エッチ」だと思われるだろう。
「お家にあるでしょう?」あたりが無難なんじゃないかな。
300円に困っているわけではないからね。
髪の短い女はレズビアンであり、周囲の女たちの「慰み者」だということも理解しなければならない。
足をゆっくり揺する男は周囲の男たちの「慰み者」だ。
「自分に嘘はつけない」と思っている男女の前で下手に下ネタを言ったら、失脚するよ。
河合その子 哀愁のカルバナル。

猫をいじめる高校生が悪だろうか?
「ノンケでいいね」というのが周囲の直感だ。
獣姦をやらない人はノンケだ。
日本は獣姦の規制が緩い。
自分と性別の違う犬や猫を飼っていて「去勢」「不妊治療」をしていないのであれば、人間同士での性倒錯を理解しなければならない。
2008年にシュレーダーが「性倒錯」を知るために「犬や猫は好き?」「オスとメスどっち?」という質問を考えた。
同性の犬や猫が好きだと言うのならば性倒錯だと言える。
犬や猫を去勢や不妊治療する親がいちばん「まとも」だと言える。
「バター犬」を疑っているうちはまだあまい。
愛想笑いもそこまでだ。
下ネタも人に言えずに引きこもっている男女には「異性の」犬や猫を友達にするといい。
異性を愛せる男や女になるのが教育の目的である。
不良少女二人がメス猫を持って帰って来たりしたら、それはかなり危険なことだ。
男兄弟は「下ネタも姉貴の前では言えない」と思うようになる。
これが「サンタさんのお仕事・最新版」だと言える。
ぴったりしたいX'mas プッチモニ。

「治めてくれる」「国の教えを教えてくれる」
そんな先生に怒られたら女の子は痩せてしまう。
なぜならとっても素晴らしい教えだったからだ。
高校生レベルでも大学でも「お金儲けの基本」が分かった。
手ぶらで全国大会に出ることの危険性を指導者も理解した。
生徒たちに「常勝思考」を身につけさせるためにはお金が必要だ。
そこから先生のファイナンス活動は彼の知性を活用する形で行われた。
「先生」がサンタクロースになる番だった。
一生懸命ついていっても意味のない指導者だと思わせないことが大事だった。
AKB48 teacher teacher.

厳しい指導を行うと女の子は痩せてしまうためにスキルが身についた。
褒められて育ちたいなどというデブとは違ったのだ。
子供たちには「不安定な」イベントを与えた。
大会などだろう。
しかし、結果はお金で買っていた。
国立大学入試以外はすべてお金で買えた。
指導を誤らないことがまず必要であったし、応援団にお金を払って来てもらうことも必要だった。
女の子たちは「白黒つける」勝負をしたが、サンタクロースはより知恵で勝り、子供たちはファインアートを演じたが、指導者はそれ以上に日常のファイナンス活動を行わなければならなかった。
痩せている女の子を叱るわけにはいかなかった。
太ってきた女の子を叱った。
指導者は「女の子の体重コントロール」をやっておけばよかったのだ。
同じ船に乗ることが指導者には求められた。
甲子園を目指す野球だって判定競技ではないか?
仕事をお金で買う、痩せるというのは若き勝者の基本だった。
その世界を「オワコン」にしないためには指導者がファイナンス競争をやる必要があるし、女の子たちが常にそこにいなければならなかった。
Twice Wake me up.

ゆるい体の宮川選手。

「敗者の教え」は子供達の心を狂わせた。
大人の仕事は「子供達をよりスタイリッシュにして勝たせる」ことにあった。
田舎のグラウンドやジムであってはならない。
「常勝思考」にこそ宗教の本質はあった。
AKBグループや坂道シリーズの言っていることと、信者8億人のカトリックのシスターの相性がよければ「組ませる」という発想が必要だ。
小沢一郎はナショナルセンターである連合とかつての民主党を組ませている。
子供達を勝ちに導くためには、お金の面倒を見なければならない。
小泉純一郎は「非効率資産は指摘するだけで市場にいいメッセージを与える」とし「恋愛」市場の支持を得て子供達を勝利に導いた。
いずれにせよ「多くの男女」が喜ばなければ「チルドレン」は生まれない。
「美しさの秘訣は?」
「勝ち馬に乗ること」
資金メカニズムの組み方から多数派工作まで、必ず「人を勝利に導く人」というのはいる。
女たちが「美しさを求める」のはもはや普遍的な現象だった。
女の芸術家は少ないだろう?お◯んこをモチーフにしないからだよ。
これだけで誰が人を勝利に導く男かが分かる。
1960年代から1980年代にかけて、女性アーティストの中に、フェミニズム第2の波として、お◯んこかはともかく、もっとそのような表現を多用しなければ男社会で勝てないことも理解が進んだ。
rebecca ヴァージニティー。

貧しい身分ならば、毎日見ているなんてことはないお◯んこであるが、一流は「たまにしか見ない」から巧みにそれを表現する。
「食べることの方が大事」ならそうなるだろう。
また、痛みに敏感な男の方が女心に詳しいね。
どうやって勝つのか?だけ目撃しておけば女だけ生き残るようになっている。
みんなでワイワイやっていた頃は、バカな男ばかりだったけど、一流の男と関わるようになったら嘘がつけなくなる。
セックスよりも「食べる」ことを優先させているからだろう。
田中れいな 愛の炎。


プログの情報精度向上にご協力ください。
NPOなので寄付は非課税です。

スルガ銀行 三浦海岸支店
3550342
オノコウタロウ


【つづく】


2018年6月27日 (水)

肖像。

「肖像」とは、「その人の人間関係の一貫性」(プライバシー)や「他人が容認することができない情報」(秘密)とは対極にある言葉だ。
リリースすると同時に「人間関係の一貫性」が壊れ、「他人が容認できない情報」を流すことになる。
どんなエッチな作家さんなの?
誰を愛しているの?
この二つが一気に社会に拡散していく。
一気に多数派工作につながったり、作品が広まったりするため、基本的には「肖像」とはその人を祝福するものである。
ここで「肖像」が「女は金になる」(カント)ということを知っているかどうかが重要だ。
その作家の作品を拡散させることによって女たちが歓声を上げるような「肖像」でなければならず、人々がその作家の作品を語ることによって「多数派工作」を競わなければならない。
市民の「心の風景」をより良いものに導いていくのが「肖像」であり、顔を晒すだけでビッグマネーが動くかどうかはカント次第なのだ。
松井珠理奈。金になる女。

「家庭」を破壊してまで「儲けよう」と思ってはならない。
CM出演によって「壊れる家庭などない」というのが基本だ。
素人目にも「なんかあるんだろうな」と思うような「肖像」でなければならない。
そうでなければCMに出るメリットなどないのだ。
「なんかあるんだろうな」という思いがあれば、一気にカントが拡散していく。
つまり「女は金になる」という発想が映像一つで拡散していき、CM効果は最大化される。
また、CMの作り手が「この男のカントへの理解力は本物だ」という評価を下していなければならない。
エッチな作品は娘までは届かないだろう。
しかし、大人たちへの経済効果は抜群だった。
これは、「カントの解釈への強烈な意思表示」であり、この「肖像」の文章を読んでおけば資金集めは最大化されるという作り手の側の考えだった。
「肖像」を目の当たりにした瞬間、人々はまずひれ伏した。
その後、その作家の作品の「疑問点」をくまなく見て回ろうと考えた。
「肖像」が自分でも自信のない部分は容赦なく指摘されたし、よく読んでるなと感心することもあった。
しかし、たった一本のCMが、ポーランドに襲いかかるのを目の当たりにした。
作り手は「お前の家庭は壊していない、読者を増やしてやった。いい作品だよ。バーカ」と言って「肖像」にはまったく金を払わなかった。
これが「作品を世に出す」ということだった。
CM出演したり、サッカー日本代表に選ばれたりすることは周囲に「俺の方がお前よりもモテる」というメッセージを発信することであり、紀州のドンファンは本にそのことを記した。
「俺の方がお前よりモテる」というのは人から金を借りる基本であり、自分のVTRを銀行に持っていくと分かりやすい。
担保〜紀州のドンファンより。

しかし、CM出演したり、サッカー日本代表に選ばれることは「実際にモテることそのものが担保」となるために人的担保である保証人が必要ないことから、紀州のドンファンはそこまでメジャーではなく、「どの女にいくら払ったのか?」までを保証人に知られることを恐れ、自殺している。
資金メカニズムと女を理解しなければあの事件は解けなかったし、実際に可愛い奥さんを大事にしていたのだろう。
CMに出たり、サッカー日本代表に選ばれることのメリットを痛感する事件であった。
保証〜紀州のドンファンより。

プロサッカーは、あくまでも「プロ」である。
監督に鉄拳制裁を食らったり、就職先を斡旋してもらう立場にはない。
実力制の世界であることから、ひとつの「教団」として混合惹起説のもとに「選手が批判の的になったり監督が批判の的になったりする」ものである。
日大アメフト部の問題はあくまでもアマチュアの問題として取り上げられている。
怒られると文字も書けなくなりポカをやらかすのが人間というものだ。
錯誤〜日大アメフト部の問題より。


「他人が容認できない情報」を表に出して金も払わないのかよ!と思うだろう。
しかし、「カントを広めたい」「女たちが持っている金をかき集めたい」といえば決してインスタ映えしない顔で表に出されても「肖像」はまったく不満はなかった。
なにしろ「ポーランド戦」が控えていたからね。
いわば「緊急事態条項」として顔が晒されるのがCMというものだった。
「有事」は常にカントとともにあったし、ワールドカップは「戦争準備」としての資金集めを「緊急事態条項」をもとに行う場であった。
有事が終われば顔が表に出ることはない。
みんなが忘れていくだろう。
庶民は「あれが将軍様のお顔なのね」と思うだけだ。
このようにして「女たちの金をかき集める」というカントの考えはシジウィックの「放送法」によって世界に広まった。
日本はカントが死んで2世紀もたってから、ワールドカップ、ポーランド戦で緊急事態条項を用いた。
国民が見ている方向が同じになったからこそ、多少の「おべんちゃら」を「肖像」にも与える映像となった。
「この顔が"どんな女でも口説き落とす"顔だ」というメッセージを与えたのだ。
「二人の女がこいつを狙っているぞ」というメッセージも出した。
愛が止まらない Wink.

彼は結婚している。そのようなメッセージも加えたら、女たちに彼氏ができる。
男たちは「肖像」の本を読んで見たら、女が近づいてきたのだ。
「いくらでも払おうかと思ったよ」男たちは語った。
このような資金メカニズムを発生させる「暴君」であるカントを国全体が用いることを「緊急事態条項」と呼んでいるのだ。
暴動は「女たち」が彼氏を見つけることで治った。
彼氏は「理想の彼とは違ったけれど」というカップルのモデルもすでに出来上がっていた。
西野カナ ダーリン。

ワールドカップロシア大会の時に出会った彼氏、というのはカップルの「発信力」になったし、カントを愛読したことがあることを意味した。
ポーランドは「すでに負ける予定」を組んでいた。
本当の激戦になったら果たして「肖像」に全責任を負わせられるのだろうか?
結局、「戦いを記念に家族を作りたかった」というのがCMの作り手の本音だった。
キューバやチェチェンは、いったい何度「緊急事態条項」を用いたであろうか?
そこからアメリカ合衆国が学習していた。
昨日まで彼女がいなかった男に彼女ができるんだよ。
できるだけロマンティックな男になろうと誓った。
「肖像」に全責任を負わせることはできない。
これは昭和天皇の戦争責任論とも関わる問題だった。
戦争とお金の関係を知っている関係者はのちに出世している。
「負ける予定を組んでいる」ものを負けさせ、激戦になったら戦争責任はないという、これが「肖像」の用い方であった。
有事にCMに出てきた男は、言いたいことがあったから出てきたのであり、決して混乱に陥ったり病んだりはしない。
「負ける予定を組んでいる」者にお金を差し出すだけだ。
奇跡の肖像 工藤静香。

「スポーツを誤解しないでくれ」「我々は真剣勝負で負けても構わないと思っている」という議論は確かにあった。
しかし、負けて「彼女が落胆する」のはかなりこたえた。
「プロ市民と政府」は、このようにして「真剣勝負に介入する一つの要素」に過ぎなくなった。
プロ市民と政府は「情報収集」を熱心に行い、どうにかして国民を喜ばせてやろうと考えるだけにとどまったのだ。
簡単にワールドカップの歴史を操作することなどプロ市民と政府にできる能力はないとも言われた。
そこでCMも「作家の宣伝」としてではなく「いま、最も安定した"父親のような人"」を表現するにとどめた。
それでも「男性として魅力的な人」を制作側は常に選択していた。
しかし、もしプロ市民と政府の側がワールドカップに勝ったのならば、次の選挙結果を政府の側は「プロ市民にプレゼント」する形で投票結果をコントロールするとも指摘された(シークレットバロット)。
愛国心を組織の統制に用いていたのは政府の側だったのだ。
そこで再び「スポーツってのは真剣勝負を行うものだ」という議論がなされ、ワールドイベントでの勝敗をお金で決する方が選挙より難しいという議論に方向は定まった。
なぜ、「公正な選挙結果」というのはあるんだ?
ワールドカップの方がよっぽどお金がかかるのに。
宗教マネーが幅をきかせる国ではそのように語られたが、まさか日本で起きるとはね。
「永田町の論理」よりも「プロ市民の論理」が勝ることがある。
それはメディアの圧倒的資金力によってであった。
宗教界の方が政界よりもより深刻に事態を受け止めていた。
「これがアメリカか!英語読めね」
DAPUMP USA.

しかし、プロ市民が「女性や子供たちへの配慮」に通じていなければ政府の心に響かないし、より「分かりやすく」物事を書き記し、眠っていた人たちを叩き起こすようなエネルギーが「父親のような人」に求められた。
「政府に通じる」プロ市民がいればの話であるが、語感の問題から果たして人々に「プロ市民」が「プロスポーツ選手」と同じ扱いになるのかはまだ不明である。
結果を見て、人々は「とにかくあいつのワイ談は最高なんだ」と語り合った。
ビッグイベント請負人と陰口を叩く人もいたけど、結果には圧倒された。
勝てるとは思わない相手だったからね。
本田圭佑インタビュー。

「カントは常備軍を否定していません」(長谷部恭男)。
これは、カントが自らの学問(女たちをお金に変える)の拡散を狙ったものであり、一気にドンと広めることを「緊急事態条項」と呼んでいるものと思われる。
長谷部恭男と石田勇治・緊急事態条項について。


【AKBグループや坂道シリーズとカトリックについて知りたい方はここから読んでください】
女が「肖像」になった場合は、規模が大きくなるほど政府からの強要で「彼氏はいるの?」聞かれ続ける。
なぜならば国の豊かさの指標である日経平均株価を任せなければならないからだ。
政府は11歳の時から珠理奈(21)を見ていた。
危険な女が出てこないように。一人の女に国が頼りきることのないように仕切りに男を与えようと「国が」試みてきたのだ。
「彼氏がいます」と言えたらどんなに楽だろう。いろんな男を撃退できるのに。
オンエアで「彼氏はいません」と言ったらどれほどの男が押し寄せてくるだろう。
実は8位の大場美奈(26)いちばん優秀だった。
体力的な限界を人気とナルシシズムがうまくフォローしてくれたという側面もある。
松井珠理奈に頼りきる日本政府。

幾多の強者どもをのしてきた王子や、略奪愛の存在や、教育、そして「どんな女も口説き落とす学問」が国家レベルで大場美奈や松井珠理奈に襲いかかるのは目に見えている。
「この国の男たちと契約を結びたくないのか?」
国家レベルで男たちの力が高まるのを感じた。
ブラックマンデーもクレジットクライシスももう勘弁してくれ。
適当に彼氏を作ってくれ。
国はまるで大場美奈や松井珠理奈に哀訴嘆願しているようだった。
円安(男安)は簡単すぎる政策だ。
男が弱くなるとインフレになる。
政府も円安(男安)を望んでいるような発言もあるが、王子は明らかにトミズムの立場から男たちに情報を流し、日本はデフレという「先進国の優等生」にまでなっている。
つまり「感じなくなる女が増える」(インフレ)か「激しく女が喘ぐ」(デフレ)かと言われると、女たちは「やっちゃいました」という立場に立っている。
口説き文句の取引は東京証券取引所で毎日、行われているが、日本はすでにデフレであり、特定の女が「自分の体のパワー」を楽しめる状況にはない。
円高(男高)は外国との兼ね合いもあるが、どの国も妥協の余地はないはずである。
ワールドカップで日本の男が弱いことを証明しようなどとは誰も思っていない。
AKB総選挙。ニュース。

円高になれば男と女は自然と惹かれ合うものだ(ガウスの定理)。
女はナルシシズムに浸ると太る。適当に凹んで錯誤を引き起こしていないと痩せないのだ。
「リベラル」とは「セックスした男の数を数える」という立場であるが、「ゼロ」というのもそもそも国全体がリベラル国家になっているものである。
「三人目の男と別れた」と言うように、セックスと真剣な交際を完全に区別する保守的な女もいる。
政府の考えは「アイドル処女女に男を与えた方がいい」というものだったが、人々の間では「女の次元を菩薩界にまで上げること」はとにかく人気があった。
「文春砲」の洗礼を経た上で、女たちは有名になり、歌って踊ることを「取引」にかけて、人気を背景に「政府の考え」に立ち向かっていく。
寂しい想いなどどのアイドルもしたくはなかった。
「取引」がうまくいかないと、政府の考え通りに男に走った。
「レイプに遭ったか、男にバカにされた」
これだけで女は「くたびれた女」になり、世の中を知るようになる。
世間知らずの女に国の命運を預けたくない、これが政府の考えだった。
「政府の力に負けた時に私は存在感を増した」
指原莉乃。

彼氏ができた時に、市民になれたし、仲間ができた。
男の影がちらつく女の方が力があるのかな?とも思った。
カトリックのシスターはなんで人気があるのだろうか?
バチカン市国が証券取引所を運営しておらず、国の命運を女たちに託していない。
だからこそ、カトリックはバチカン市国のもとでは「次元を上げる」という同調行動が起きた。
「イタリアとは別の国」としなければ無理だっただろう。
「クルーガーランド金貨を地の底に落とせる」とも言われる力を持った。
バチカン市国出身のAKBというのも可能性としてはあるだろう。坂道シリーズにもいるかもしれない。
8億人の信者がいて、世界を地獄に落とせるバチカンのシスターがどこまでAKBに食い込んでいるかは明らかではないが、すでに一位になっている可能性もある。
しかし、カトリックのこの力に対しては、周りの女たちが何をいうかはともかく、少なくとも男たちは「有名女を守る」発言をした。
しかし、ほとんど直感に等しいため、株価大暴落を避けるためには「より統制の取れる形で」女を守らなければカトリックの影響力はとどまることを知らないとも言われた。
処女たちは自分の大勝利を喜んだし、男たちは「俺たちのコミュニティ」に仲間が加わったことを喜んだ。
そこで「統制を取る」というのは極めて困難な作業だった。
高度な政治意志が自己都合で「俺のアイドル」を破壊したことに怒りを隠さないものもいた。
有名処女女を狙った男が偉いのか?それを文春砲に狙わせた男が偉いのか?という男同士の喧嘩もあり、なかなか困難な問題が付きまとうのがカトリックの世界であり、高度な政治意志の乱用は決して自分に有利には作用しないことも学習したのだ。
プロダクション尾木は、少なくともCoCoの三浦理恵子と羽田恵理香を守った。
背景には潤沢な資金力がなければならない。
カトリック学校連合会やバチカン市国との連携も必要だ。
アメリカの牧場主や、フランスの大企業の資金を引き出す可能性がある。
「私たちが助けた男」はシスティナ大聖堂に描かれている。
AKB48 teacher teacher.

【統制を取るという軍隊の発想は全員の恐怖心をなくす】
NMB48 欲望者。

【音楽作品づくりというものは、一組のカップルを重視する保守的な営みである】
SKE48 いきなりパンチライン。


ロールズは「無知のヴェール」をかけてみよう、と言った。
いろんな文脈を抜きにして、女の子を可愛いと感じる心があれば、男たちの失望など消えて無くなると考えたのだ。
「自分の目で見て判断する」
そのためには握手会をやらなければならなかった。
自分の目で見て判断し、マスターベーションをすれば、「女の復権」がなされることが分かったのだ。
ジョン・ロールズの「正義論」とは「目の前の女の美しさ」を強烈にアピールして、カトリックに対抗しうるアメリカ合衆国の強さを見せつけた。
女社会で孤立して街をうろついていた「以前の憧れ」の女が自分の部屋に来るかもしれない。
そう思ったら、なぜか女を許せる気がした。
勉強すればカネになる、そのように大学が指導しているのであれば、孤立した「以前の憧れ」の女と出会ってもおかしくはない。
株価を大暴落させようというカトリックの教えはロールズを震え上がらせ、「その後の展開」を予想せざるを得なくなった。
「どうするんだ?勉強したら金持ちになれるって証明してくれ」
これがジョン・ロールズが全米のアカデミズムに出した要求であった。
中森明菜 セカンドラブ。

学校や部活、課外活動のはぐれ者になってもいいのか?
カトリックは痛烈な反撃を試みた。
「処女・非処女論争」はそもそもが「文春砲によって自分の立場をよくしよう」とした高度な政治意志が引き起こしたものだった。
教科書を書く王子様と、略奪愛をする女たち、そして教科書を影響されやすい若者たち、そして「すべての女を口説き落とせる」力量を持つ男たちのいる社会と契約を結ぶ、これが「セカンドラブ」だった。
セカンドラブならば「誰でもいいわ」と女が思うために合同結婚式を考えた者もいただろう。
避暑地のアンニュイ 河合その子。

文鮮明は、女をできるだけ美しくさせて「無知のヴェール」をかぶせれば、最高のイベントができると考えた。
男も「略奪愛」の対象となる結婚であったために、よっぽどのヘンタイではないんだろうと考えられた。
合同結婚式は「童貞マザコン坊や」の行く場所ではなかった。
セカンドラブは誰でもいいと考える女と、お金をたくさん納めることができる社会経験の持ち主が参加するものだったのだ。
ジョン・ロールズを朝鮮半島に持ち込んだ文鮮明は「これはもはや洗脳である」と語られた。
日本のように「学歴があってもあまり儲からない」という社会ではなかったからだろう。
カップルにさえなってくれれば、「教えにしたがって欲しい」と言えるだけの自信が文鮮明にはあったようだが、日本にその「教義の真実」が伝わることはなく、アメリカを見るしかないだろう。
パートナーさえいれば男は金持ちになれる、これが文鮮明がカントから学んだことであり、学歴がモノを言う韓国という国だった。
日本では蛇のように嫌われた朝鮮の「学歴社会」であるが、日本ではFランなどと言われるように、大学に入ったからといって豊かな生活や文化が保証されるわけではなかった。
日米安全保障条約を締結してから、日本はプレビシットに陥り、大学で学ぶ機会が失われていた。
しかし、「アメリカへのリスペクト」は日本の方がより柔軟に持っており、ハーバードやスタンフォードの学問を「洗脳である」などとは誰も思っていなかった。
キリスト教社会は「髪の長い女」を資金源とするものであるが、韓国とは異なり、北朝鮮はいまだに「仁」つまり朱子学(主体思想)がメインストリームにある。
儒学とキリスト教という根深い対立が、韓国は国際社会に認知されても、北朝鮮は世界から孤立するという構図を作った。
「髪の長いキリスト教女」を量産した文鮮明は、西郷どんでは「宮様のお考え」であり、北朝鮮は徳川日本をかつて指導したイデオロギーをいまだに持ち続けている。
西郷どんとキリスト教対儒学。

文鮮明がカントやロールズから学んだことを見て、世界は「やはり処女の力ってのは凄えな」と思い直した。
女たちの団結が物凄かったのだ。
AKB48なんて見てないで、クラスの女の子をまじまじと見つめ直して見た。
偶像崇拝の事実上の否定という意味ではカトリックはやはり正しかったのだろうか?
ロールズは迷いの跡をひたすら書き綴った。
テレビに出ていない女の子にも「無知のヴェール」をかけてみなよ。

「良心」というものは「自分の内面を覗き見ることと、自分の彼女の性格」から形作られるものだ。
自分の内面がいろんな事情でゴタゴタしていたり、自分の彼女の性格も「カトリック殉教者」のようでなければ、「敗者に寄り添う男」にはなれない。
ヨゼフ・ゲッペルスには良心というものがあったと言えるだろう。
雄弁なだけがゲッペルスではない。
ヨゼフ・ゲッペルス自殺。

しかし、ゲッペルスでなくても、「指導者の知性を愛して側に寄り添う」者はいる。
周囲の人の内面のゴタゴタと、その人のパートナーの性格、そして指導者の知性の三つが合わさってオフィスというものはできている。
人が離れていっても周囲の「良心」だけを責めるわけにはいかない。
自分の知性次第で人が離れていかないすべは身につくものだ。
最後まで修羅場を凌ぎ切ったら、それは大変な「仲間」となるだろう。
ヒトラーは孤立したが、スターリンは孤立しなかった。
指導者レベルの「知識への渇望」はもはや「スーパーエゴ」とも呼ばれた。
カトリック殉教者のような女を大勢作ろうという方向にまず「スーパエゴ」は向かった。
戦争での孤立ほど寂しいものはなかったからだ。
パートナー次第で男の「良心」は変わる。
「人を裏切るものは俺をも裏切るからな」というのは自分(俺)の知性に自信がないか、あるいは「内面のゴタゴタを抱えている奴で、パートナーに恵まれていない奴」という意味であろうことが分かる。
「知識」とは、修羅場を乗り越えたら世界全体を見通すことができたというレベルのものが指導者には求められる。
他人の良心というものは、自分の知識の問題でもあり、他人のパートナーの問題でもある。
一概に「その人の良心」という語り方は出来ないものだ。
カトリック殉教者のような女に「豊かさ」を約束する必要がある。
だったら俺のアイデンティティってなんだろうな?と周りは考えるだろう。
「内面のゴタゴタ」のことを「思想」と呼ぶ。
しかし、思想以外にも、仕える指導者の知識やパートナーの性格に左右されるのが良心というものだ。
敵がいるから戦争というものは行われる。
当然、敵にも同じ図式が成立しているはずだ。
果たして首脳陣のパートナーに豊かさが約束されているであろうか?
カトリックの良心とは、かつてバチカン市国のシスターであり、世界に配置され、裕福な夫と結婚した女であった。
日本国の「恋愛と結婚は違うスポーツ」という女はカトリックの豊かさが約束されない。
日本の性文化は「彼女の性格」にはほとんど期待できない「知識のアスリート」でなければ指導者は務まらない。
緑のポインセチア 河合その子。

中絶は良心に反するか?それはカトリック女の魂への配慮の問題であり、指導者が中絶禁止という主張をすることはあるだろう。
指導者は家臣のパートナーの「心」を理解しないといけない。
中絶禁止をすることは「どの男に触られても文句は言えない」という意味であるが、生殖を女がコントロールしないことは「恋愛と結婚は違うスポーツ」と公言するわがまま女をなくすことであり、ここでもかなり胎児が大きくなっても中絶を認めている日本国においては「指導者の孤立」というのは起きやすくなっている。
「触らないで?子供ができるから」というセリフも女にはあるが、これはカトリックの立場であり、指導者が周囲への「良心」を求めるためにある表現である。
中絶禁止とは指導者が煽るムーブメントであり、人々はその本当の意味を戦争などで体感することは難しいのではないだろうか?
アメリカ合衆国もロー対ウェイドで中絶を認め、不人気な戦争による指導者の孤立というものが起きやすくなっている。
「知識のアスリート」でなければ君主は務まらない。
ベルギーの国王はフィリップであり、カトリックの指導者である。
ベルギーに中絶薬をばらまいたり、「結婚と恋愛は違うスポーツ」などという言論を広めることはもはや「戦争」と言っていいぐらいワールドカップサッカーを有利にする。
「触らないで」ということを女が言うことを認めたロー対ウェイド以来、指導者は中絶というものを理解しないと孤立するようになった。
YADA 米光美保。
敵との知恵比べではあるが、勝ってみて「世界が見渡せる」爽快感は連合国側はノルマンディー上陸作戦で果たしている。
そもそも、指導者と家臣は女をめぐって争っていてはならず、「己を知らない」男は「ワールドクラスの戦争」を一度経験させてみるしかない。
すぐに孤立が訪れるからだ。
メジャースポーツから選挙、司法試験、あるいは大学入試など規模の大小はあるだろうが、必ず「陣営」というものは組まれる。
「知識のアスリート」でなければならないお国柄で、戦ってみなければ君主の器は分からないのだ。
「戦いを好まない体重0キロ」などスーパーマンでもなんでもない。
戦わないのに空を飛べても意味がない。
「選民思想」というものは「知識のアスリート」以外が用いる言葉ではない。
日本が世界最大のスポーツの祭典であるワールドカップに四年に一度巻き込まれるのだ。
四年ごとに隠れて生きるのは君主の器ではない。
家臣もだんだん世界が見通せるようになる。
「永遠の友情」などという言葉は世界全体を見渡してから言ってもらいたい。
指導者はあのとき何を言っていたのか?
家臣はよく理解していた。
「良心」というものはのちの人生に役に立つものだ。
赤いスイートピー 松田聖子。

ノルマンディー上陸作戦において、アイゼンハワーは「世界の宗教の王」となって部下たちは世界を見渡した。
「I like IKE!」という言葉も生まれた。
のちに大統領になっている。
永遠の友情とは「世界の指導者と知恵比べをした」ことがあるから生まれるものだ。
世界各地で人々が集まって熱狂しているとすれば、ひたすら顔を出して「彼らの論理」を学習していくしかない。
永遠に友達 瀬能あづさ。

「私の心を分かってくれる領土の内部の男性」
ウェストファリア体制は、女たちが失恋空間を背景に自由に言語が作れるようになったため、「性の経験」で国を分けた。
「私の心」と言ってもいろいろあったので、男たちによりシンプルな「宿題」を出したことになる。
「文春砲」の威力を残存させたフランスと、それをなくしたドイツはヨーロッパ中世からの争いごとをなくすことになった。
「私の心を分かってくれる男性」はいろんな国にいていいでしょう?
parisが聞こえる 河合その子。

州政府の男よりも連邦政府の男の方が女心に詳しいとも言われる。
一つの領土に一つの言語で、発信してくれる男がいればいちばん良かった。
領土内には独特の空気があった。
王子さまがみんなからいじめられていて支持を拡大させようとしていたのだ。
しかも、王子さまは生きていて、この国の同じ空気を吸って同じニュースを見ていなければならなかった。
アクィナスが自伝をまとめた時に、それぞれの家が「アクィナス自伝」を自己流に解釈し、「旬ジャンル」はバラ戦争を迎え、「私の家は高貴な血筋」と呼ばれる貴族が生まれ、その貴族たちが30年戦争を行いウェストファリア条約で国を分けたのだ。
最初からフランスやドイツに「王子さま」がいた訳ではなかった。
100年は待たなければならなかった。
神聖ローマ帝国(ドイツ)はヨーロッパの中心でありながら、文春砲を飛ばすカトリックや、アラゴン、スイスなどに分割されたのだ。
処女の力に頼りすぎない、それはヨーロッパの中心である神聖ローマ帝国にとっては当然のことであった。
処女には文化的豊かさがないとも言われ、ドイツは豊かな資金力を手にした。
インディゴブルーラブ。

ルターは「魔女裁判」などをやってきた「処女・非処女論争」を経て、国を処女に預けることの危険性を察知し、「恋愛ソング」「失恋ソング」を王の詩として拡散させ、「領土」というものをもはや譲れないものであるとした。
アクィナスがインフラを作ったカトリック国は、文化的成熟がなされていなかったけれど、処女が大人たちを震え上がらせた。
ヘビーローテーション AKB48.

金儲けの方法や仕事は「30種類ある」とも言われ、すべて憲法に書いた。
6つのノーベル賞ではすべての仕事を覚えることはできないのだ。
しかし、「鉄と石炭」で動いているこれらの「仕事」には確実に女たちが関わっていた。
仕事は6時間はみっちりとやって欲しかったが、残りの3時間は職場の男女で話がしたかった。
ベネディクト16世は「職場とはセックスサークルである」とし、30歳を迎える前にすでに戦力となれるような「仕事」と、あとは果てしない「女心の探求」の世界を社会に構築した。
「主権はどこにあるのか?」
それは王子が育つまでに100年かかることから、永続的に「天皇主権」とも言えないし、「女心を知らない方が気持ちいい」という女もいることから「国民主権」とも言えない。
国の男が「どのように育つのか?」という国際関係論を見ながら、「国家主権」を視野に入れながら「国のピンチを救ってくれた力の存在」を判断していくしかない。
最後には君主に丸投げされるのが主権であるが、それに応えられるかどうかは君主の力量次第であり、女たちの落胆などを見ながら領土のあり方を探っていかなければならない。
文鮮明の朝鮮での活動を見ていると、もはや韓国はどこの国も落とせないのかな?と思うこともある。
中国に泣きついたこともある。バチカン市国に泣きついたこともある。
そのようにして国際社会で生きていくしかない。
ワールドカップは厳しい戦争だった。
異なるエネルギーを持った者同士を一本の線に乗せるとどちらかのエネルギーが減殺されるが、ワールドカップの線形代数に6月に行われた「AKB48総選挙」のエネルギーを出来るだけ「角度をなくす形で」乗せることが大事だった。
西郷どんも角度をなくす形で乗せようと考えたが、線形代数というのは「異なるエネルギー」と「角度」を相手にするものであり、ポーランドが得意とするものだ。
今回はポーランドのワルシャワスクールに学ばせてもらい、西郷どんも「角度をなくす」努力を文鮮明・キリスト教と絡めて行ってみた。
どうせ敵はみんなキリスト教国家だからね。
ベルギーがFIFA世界ランキング3位だと聞いて、「次の試合」を想定することはできないと考え、紀州のドンファン事件や日大アメフト部の問題も「角度をなくす」努力を行なったがどうなるかは分からない。
ベルギー国王のフィリップ自身がスタンフォード大学にいて、私と同じ情報を持っているであろうことから「お国柄」の勝負になると思う。
スィートミリタリー 渡辺美奈代。

天台宗は「教義はないが神聖な場所に顔を出すように」という教えをもっている。
国内の様々なイベントを「同一線上に乗せる」ことでワールドカップを戦うことは比叡山延暦寺の教えでもある。
比叡山延暦寺。

オペレーションの総括。
日本対ベルギー。

日本が外国と戦ったことから、日本国が「女たち」をどのように扱っているのかの真実を見た。
男社会で、フランス大会以前は出場さえ許されなかった国だっただろう?
もはや女中やOLだけの国ではない。
彼女たちに「贈り物」を届けようと大人たちは必死になった。
なぜならば彼女たちがお金を出すだけの十分な資力を持つに至っていたからだ。
1981年のパットナムや、1995年のヤングなどが「女子たちへの贈り物」こそが国際試合の真実であることに気がついていた。
宮前真樹 笑顔でノーサイド。

ホテル日本閣事件で小林カウという女が「女性で初めて」死刑になった時に、日本国は露骨な「男女別コース」の解消に向かって動き始めていた。
ヨーロッパでは1807年にジェーン・オースティンという女が死刑になっていたが、国が民間人女を処刑するということをやらなければ、民間での「男女別コース」は解消されなかった。
林真須美や麻原彰晃の妻などが出てくると国の強度はむしろ高まる。
もちろん「毒婦」の存在には批判も多い。
しかし、女が「立証責任」を負うことは国にとっては好ましいことだった。
すれ違いざまに女に「バーカ」と言われるのは「毒婦」に会ったような気もするが、これがワールドカップでの日本の立場を強くした。
はっぱ隊 やった。

1970年代に女子たちが東大進出を始めた。
第1の波が「お金持ちと結婚したい」というものだったとすれば1970年代の「第三の波」は「触らないで」とか「恋愛と結婚は違うスポーツ」などというものだった。
1980年代に関してはすでにこれらのムーブメントは着々と進行しており、マツコデラックスがコメントを残している。
処女性について。マツコデラックス。

女心の定義(政治)を、男に奪われる前に女が学習して暗号化してやろうという女たちが多く、男が体力にモノを言わせて公然流布させたのは2015年の垂加神道が初めてだったんじゃないかな?
それまでは「上野千鶴子詣で」が政治の側から行われていた有様だった。
女心の定義(政治)を女たちが男たちの無関心を背景に先に手にしたのは事実だった。
第1の波と第三の波の間に「私たちがフェミニズムを先に覚えるのよ!」という第2の波が存在したであろうことは想像に難くない。
しかし、第2の波と第三の波はほとんど時期が重なっている。
「女心の定義」(政治)を女たちが握ってからたちまち「触らないで」「恋愛と結婚は違うスポーツ」というムーブメントは始まっている。
とにかく1970年代に東大に進出した女たちの迫力は物凄かった。
上野千鶴子が「女帝」となってから、男の側がその座を奪い返すのは苦労したよ。
政治的無関心が広まった時期もあった。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

「良心」の問題から三角大福中以降の指導者が孤立感を高めたのも事実だ。
「女の抑圧」というものは指導者に権力を集中させるのに都合が良かった。
しかし第2の波は、容赦なく「政治とは何か?」「指導者への忠誠心とは何か?」を男たちに見失わせるのに十分過ぎた。
男たちの失脚と、3万9千円で女を買うというようなバブル経済も引き起こされた。
しかし、「本屋から面白い本が消えた」ことから女たちまでもが値崩れを起こし、バブルは崩壊したのだ。
上野千鶴子は、一部の「商売女」や芸能界に情報を流すにとどまった。
米光美保 YADA.

2018年6月25日 (月)

クオリア。

サンドペーパーで指をこする、スカンクの臭いを嗅ぐ、紫外線にさらされる、激怒する、これらの「痛み」を経験するたびに女が「綺麗になる」ことをクオリアと呼ぶ。
「涙の数だけ綺麗になれる」ということを指している。
ホンキをだして 酒井法子。

男でも「面構え」で「見てきたもの」を判断することがあるだろう。
しかし、苦労だけなら自慢にはならない。常に「トルコ石」を眺めている男の面構えが違うのだ。
常に仕事がうまくいっていないと人間はへこたれるものだ。
トルコ石だけを眺めている、つまり方法論上の間違いを犯さないで生きている男は面構えが違う。
ユーチューブでも顔を晒す自信のない男ってのは実際に存在するのだ。
「迷っていない」「常にトルコ石を眺めている」男だけがユーチューブに出てくる。
面構えがいいのか、自信があるのか分からないが、どの男も似たり寄ったりの顔をしているのに「有名になる男の顔」というものは存在する、
すべて「見てきたものが違う」「迷いがない」「常にトルコ石を見ている」からその男の顔は有名になるのだ。
Be my baby Complex.

「見てきたものが違う」「方法論上の迷いがない」「常にトルコ石を見ている」男を女は「遠くを見ているよう」と表現した。
「ご尊顔を拝見したい」などというのは男の自信の問題だったのだ。
それならば、なぜ女の場合は「自信」ではなく「流した涙の数だけ」綺麗になれるのだろうか?
「温室育ち」だと女の顔は整ってこないものなのだ。
カリタスの女は金持ちで処女であるが決して美しくはない。
要するに人生経験がないと「人と接するのが苦手」ということから「女の顔」もできているのだろう。
わがままな流れ星。

男の自信は「先生」からもたらされるが、女の自信は「経験」「社交性」からもたらされる。
男には「読書歴」があり、女には「経験」がある、これを美男美女のサークルという。
アイドルと話したいのならば男には「最高の先生」が必要であり、おのずと「面構え」というものはできる。
美男美女のサークルには「クオリア」があるのだ。
男の中には「怒られて伸びる人」はいないだろう。
しかし、女は読書をしたり論文を書いたりするわけではない。
「経験」が「社交性」につながり美しくなる。
「人前に出ると綺麗になれる」
このことをクオリアと呼んでいるのだ。
ribbon Be my diamond.

男は勃起しなくなるとなぜか見た目が悪くなる。
これも「いい先生、指導者を見失った」からであり、自信を失ったからである。
自分にはその資格があるという自信が必要なのであり、誰も負け犬の顔など見たくはない
「先生に恵まれた男」という勃つ男の彼女になるというのも綺麗になる一つの方法だ。
本田圭佑。

中国では、二つのラジオチャンネルを用いて、各人民の人体をコントロールしたり、空の上にみんなが見れるビジョンを映し出したりしている。
中国人はそのため「顔の見た目」などほとんど気にしない。
「人民」と「国民」の違いはこのあたりにあるのだろう。
「天」とも「スピリチュアルカルチャー」とも言われる空に映し出される映像は、人体をコントロールするものであり、外国では「大気汚染」とか「PM2・5」などと誤解されて報じられているものだ。
どの人民も社交性を持って、いい先生を持って「いい顔」をするというクオリアが中国ではこのように考えられ、外国で誤った報道がなされている。
「天」は哲学に満ちていなければならない。
「いい先生」を国が管理しているのだ。
同じ空気にかぶれ、同じ先生に教わる中国人は顔も溌剌としていた。
石原慎太郎は尖閣問題で「空のスクリーン」に登場して日本国で維新が54議席取ったこともあった。
全人民の「熱気」に関わるものがスピリチュアルカルチャーだったが、日本では神社仏閣が「雰囲気」を「和」の形で表現している。
日本には日本の熱気がある。
Please tell me Mr.朱 河合その子。

しかし、このような「国民監視社会」でどのようにセックスをするのか?という問題は考えなければならなかった。
「ネオブロック」というものをかけて家の中のプライバシーを守ったのだ。
いずれにせよ「中国は民度が低い」などとは誰も思っていない。
中国哲学は「夢」しか語っておらず、下ネタまで含めると日本の神道の方が上かもしれないが、「空に映し出す映像」を日本人が見たがってはならないし、日本には日本の文化があることをより充実させていかなければならない。
青空片思い SKE48.



【つづく】

«価値。